上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

男子「阿修羅」女子「ブルーローズ」ボクシング代表

「阿修羅ジャパン」をイメージしたポーズを取る男子代表。後列左から成松、田中、森脇、前列が岡沢

日本ボクシング連盟は20日に都内で強化委員会を開き、東京オリンピック(五輪)の開催国枠の適用者3人を選出した。

男子フライ級・田中亮明(26=中京学院大中京高教)、ライト級・成松大介(30=自衛隊)、ミドル級・森脇唯人(23=自衛隊)が代表に決まった。 今月3日から11日までヨルダンで行われたアジア・オセアニア予選では、男子はウエルター級の岡沢セオン(24=鹿児島県体育協会)、女子はフライ級の並木月海(21=自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(19=日体大)が出場枠を獲得し、内定していた。男子は開催国枠による最低限の枠数「4」のうち、自力で枠を得た岡沢をのぞく、3枠を選考。女子は2人が自力で枠を得たことで、開催国枠「2」は消滅していた。

また日本代表の愛称も決まり、男子は「阿修羅ジャパン」、女子は「ブルーローズジャパン」となった。

青い薔薇を手にする女子日本代表「ブルーローズ・ジャパン」の並木(左)と入江
東京五輪代表選手。左から入江、並木、岡沢、森脇、成松、田中

五輪へ田中亮明「勝ちをつかみにいく」弟は田中恒成

東京五輪代表選手。左から入江、並木、岡沢、森脇、成松、田中

日本ボクシング連盟は20日に都内で強化委員会を開き、東京オリンピック(五輪)の開催国枠の適用者3人を選出した。男子フライ級・田中亮明(26=中京学院大中京高教)、ライト級・成松大介(30=自衛隊)、ミドル級・森脇唯人(23=自衛隊)が代表に決まった。

会見では、田中は「もっと攻撃的なボクシングをして、勝ちをつかみにいく姿勢を見せたい」と意気込んだ。弟はプロで史上最速の世界4階級制覇を目指す田中恒成で、兄は五輪で世界に挑む。リオデジャネイロ五輪に続く2度目の出場となる成松は「非常にうれしく思う。光栄です。一生懸命頑張りたい」、森脇は「選んでくれたからにはしっかり練習して結果で返したい」と述べた。

今月3日から11日までヨルダンで行われたアジア・オセアニア予選では、男子はウエルター級の岡沢セオン(24=鹿児島県体育協会)、女子はフライ級の並木月海(21=自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(19=日体大)が出場枠を獲得し、内定していた。男子は開催国枠による最低限の枠数「4」のうち、自力で枠を得た岡沢をのぞく、3枠を選考。女子は2人が自力で枠を得たことで、開催国枠「2」は消滅していた。

関連するニュースを読む

ボクシング田中亮明ら3人を五輪開催国枠に選出

日本ボクシング連盟は20日に都内で強化委員会を開き、東京オリンピック(五輪)の開催国枠の適用者3人を選出した。

男子フライ級・田中亮明(26=中京学院大中京高教)、ライト級・成松大介(30=自衛隊)、ミドル級・森脇唯人(23=自衛隊)が代表に決まった。

今月3日から11日までヨルダンで行われたアジア・オセアニア予選では、男子はウエルター級の岡沢セオン(24=鹿児島県体育協会)、女子はフライ級の並木月海(21=自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(19=日体大)が出場枠を獲得し、内定していた。男子は開催国枠による最低限の枠数「4」のうち、自力で枠を得た岡沢をのぞく、3枠を選考。女子は2人が自力で枠を得たことで、開催国枠「2」は消滅していた。

関連するニュースを読む

ミドル級森脇、2回戦敗退 ボクシング東京五輪予選

<ボクシング:東京オリンピック(五輪)アジア・オセアニア予選>◇5日◇アンマン

男子ミドル級の森脇唯人(自衛隊)は2回戦で第2シードのイラン選手に0-5の判定で完敗し、今予選での五輪出場権獲得を逃した。

男子は出場6階級中、5階級で敗退した。ウエルター級の岡沢セオン(鹿児島県体協)は6日に初戦を迎える。

森脇は28日までに決まる開催国枠で選ばれなければ、5月の世界最終予選(パリ)に回る見込み。

23歳の新鋭、森脇は国際経験の乏しさが敗戦につながった。ノーモーション気味に左を飛ばしてくる相手に距離をつぶされ、左ジャブや右ストレートが不発だった。

日本にはあまりいないタイプの相手に、自らのボクシングを封じられた。東京五輪に向け、この悔しさを糧にするしかない。「自分の適応力、対応力の未熟さ。一番いい動きができるようにしていかないといけない」と唇をかんだ。(共同)

関連するニュースを読む

フェザー級入江聖奈が五輪王手 ボクシング五輪予選

井上尚弥とスパーリングした堤駿斗(右)(19年3月30日撮影)

ボクシングの東京オリンピック(五輪)アジア・オセアニア予選は4日、アンマンで行われ、女子フェザー級の入江聖奈(日体大)が初戦の2回戦でニュージーランド選手に5-0の判定で勝った。9日の準々決勝に勝てば五輪出場が決まる。

男子フライ級1回戦で田中亮明(岐阜・中京学院大中京高教)はキルギス選手に1-4の判定で敗れ、この予選での五輪出場権獲得はならなかった。5月の世界最終予選(パリ)に回る。

3日の男子ミドル級1回戦は、森脇唯人(自衛隊)がイラク選手に5-0の判定で完勝し2回戦に進んだ。男子フェザー級1回戦では堤駿斗(東洋大)がフィリピン選手に2-3の小差の判定で敗れた。

当初、中国の武漢で2月に実施予定だったが新型コロナウイルス感染拡大の影響で変更された。

関連するニュースを読む

ボクシング世界選手権代表選考 元王者高山は対象外

高山勝成(2018年8月6日撮影)

日本ボクシング連盟は22日、9月にロシアで開催される世界選手権の代表選手選考方法を発表した。

本来は東京五輪の予選を兼ねる計画だったが、国際協会(AIBA)のガバナンス機能を問題視する国際オリンピック委員会(IOC)が現在までに実施の可否を決定していないため、予選とならない。

このほどAIBAからの開催概要通知があり、参加登録締め切りが6月28日となっていること、予選とならないことを鑑み、国内では一部階級で選考会を開かず、昨年度の全日本選手権優勝者を代表とすることに決めた。

実施階級別ではAIBA階級と体重区分の変更がない(幅が少ない)4階級が選考会なし。フライ級(52キロ級)は柏崎刀翔、ライト級(63キロ級)は成松大介、ウエルター級(69キロ級)は岡崎セオン、ミドル級(75キロ級)は森脇唯人が代表となる。フライ級で元世界王者の高山勝成は対象とならなかった。

フェザー級(57キロ級)はAIBA階級のバンタム級(56キロ級)とライト級(60キロ級)の上位選手4人で選考会を実施し、ライトヘビー級(81キロ級)については世界選手権大会に出場するに値するかの判断材料にするため、4人で選考会を実施する。

関連するニュースを読む