上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

初V王手の正代、八角理事長「12勝は立派」

正代(左)は朝乃山を押し倒しで破り2敗を死守した(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇14日目◇26日◇東京・両国国技館

千秋楽を前に単独トップに立った関脇正代(28=時津風)の破壊力に、協会トップの八角理事長(57=元横綱北勝海)も「馬力勝ちした」と思わずうなった。

1差で追う大関朝乃山(26=高砂)との一番は、はじき飛ばすような立ち合いで大関をのけ反らせ、左にくいつくと上手を結び目あたりに取り、なぎ倒すように押し倒した。

その破壊力に開口一番、八角理事長は「(正代が)馬力勝ちした。ちょっと想像できなかったな…」と重さのある大関を、ここまで圧倒するとは予想できなかった様子。「朝乃山も立ち合いは悪くなかったのに浮いちゃったね」と驚きの様子で話した。立ち合いで圧倒し、さらに前に出る圧力に「押し込んでいるから朝乃山がバランスを崩した。今日は正代を褒めるべきでしょう」と続けた。

にわかに大関昇進の可能性が浮上した。「12勝は立派。ただ横綱2人が休場しているわけだから。ただ出てこないことには仕方ない」と言及は避けたが「でも立派。内容がいいですよ。よく鶴竜とかが出稽古に来てるようだけど、知らず知らずのうちに力がついてきたんじゃないかな」と好成績の要因を推察した。

もう1人の新入幕でトップを並走していた翔猿(28=追手風)は、結びの一番で3敗の大関貴景勝(24=千賀ノ浦)に敗れ3敗に後退。千秋楽の正代との一番は優勝決定戦進出をかけた勝負になる。一歩、後退した新入幕について八角理事長は「新入幕でここまで立派です。何とか、いなしたいと思っても、前に出る力不足で(貴景勝に)見られてしまった。明日は思い切っていくしかないでしょう」と、ねぎらいと期待を込めて話した。

正代に押し倒しで破れ、土俵下でうずくまる朝乃山(撮影・河田真司)     

関連するニュースを読む

翔猿3敗目にも笑顔 初結び&大関戦「楽しくて」

貴景勝(右)に敗れた翔猿は不思議と笑顔を見せる(撮影・河田真司)

<大相撲秋場所>◇14日目◇26日◇東京・両国国技館

自身初の結びで、初の大関戦。新入幕で快進撃を続ける翔猿(28=追手風)は「盛り上がり方が全然違う」と土俵上で興奮していた。

馬力のある貴景勝相手に、立ち合いは正面から思い切りぶつかった。押し込むことはできなかったが、手を出し、足を出してくらいついた。それでも攻略はできず、はたき込まれてトップから陥落。「楽しくてしかたなかった。大関にどれぐらい通用するか思い切りいきました。まだまだ稽古が足りないですね」とやりきった表情を浮かべた。

3敗で優勝争いから後退したが、千秋楽は2敗の正代との対戦が組まれた。勝てば優勝決定戦にもつれる。1914年(大3)夏場所での東前頭14枚目の両国以来、106年ぶりの新入幕優勝はまだ途絶えていない。「思い切りいくだけ」と無心で臨む。師匠の追手風親方(元前頭大翔山)は「運がいいというか、乗っている。結果が出てるからいつも以上の実力が出ている。残りはいい意味で調子に乗っていってくれればいい」と弟子の快進撃を期待した。

千秋楽の27日は、毎週欠かさずに見ているTBS系の大人気ドラマ「半沢直樹」の最終回。翔猿は「前座に僕の相撲を見て楽しんでもらって、半沢直樹で締めてもらえれば」と言って、報道陣を笑わせた。泣いても笑っても、残り一番。横綱不在の混戦場所を、歴史的快挙で締めくくるためにも、まずは正代に勝って望みをつなげる。【佐々木隆史】

貴景勝(右)にはたき込みで敗れた翔猿(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

朝乃山V消滅「強かった。うまかった」正代に脱帽

正代(左)に押し倒しで敗れる朝乃山(撮影・鈴木正人)

<大相撲秋場所>◇14日目◇26日◇東京・両国国技館

朝乃山は4日目からの連勝が10で止まり、優勝争いから離脱した。

立ち合いから正代の圧力に押され、一方的な相撲で押し倒された。「正代関の方が強かった。うまかったということ」と素直に認めた。優勝の可能性を残した貴景勝との千秋楽結びの一番に向けて「自分の相撲を取ってケガなく終わればいい」と話した。

朝乃山(後方)を押し倒しで破った正代(撮影・鈴木正人)
正代に押し倒しで破れ、土俵下でうずくまる朝乃山(撮影・河田真司)     
正代に押し倒しで敗れ悔しそうな表情を見せる朝乃山(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

正代●貴景勝○ならともえ戦に/優勝争いの行方

左から正代、貴景勝、翔猿

<大相撲秋場所>◇14日目◇26日◇東京・両国国技館

関脇正代(28=時津風)が、悲願の初優勝に王手をかけた。

2連敗中だった大関朝乃山を圧倒。力強い出足から最後は押し倒し、ただ1人2敗を守った。千秋楽、新入幕の翔猿戦で熊本出身力士初の優勝を決める。

◆優勝争いの行方 千秋楽結び前の一番で正代が翔猿に勝てば、13勝2敗で正代の優勝が決定。正代が翔猿に敗れ、結びで貴景勝が敗れると、3敗で並んだ正代と翔猿による決定戦。貴景勝が勝って正代、翔猿と並べばともえ戦(3人での優勝決定戦)となる。実現すれば幕内では94年春場所の曙、貴ノ浪、貴闘力以来7度目で、当時は曙が制した。

関連するニュースを読む

正代突進V王手、朝乃山へのライバル心で弱気打破

正代(左)は朝乃山を押し倒しで破り2敗を死守した(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇14日目◇26日◇東京・両国国技館

関脇正代(28=時津風)が、悲願の初優勝に王手をかけた。2連敗中だった大関朝乃山を圧倒。力強い出足から最後は押し倒し、ただ1人2敗を守った。千秋楽、新入幕の翔猿戦で熊本出身力士初の優勝を決める。大関連破で審判部は「明日の相撲を見ての判断」と結果次第で大関昇進の可能性も示唆。正代が人生最大の大一番を迎える。

   ◇   ◇   ◇

まるで重戦車の突進だった。「最近負けている相手なんで、思い切りいった」という正代の踏み込みは一瞬、大関朝乃山の体を浮かせた。その圧力で横向きにさせると、左でたてみつをつかみ、休まずグイグイ前に出て最後は押し倒した。

「休まず前に出ることを意識した。当たり勝ったんで、止まったらまわしをとられるんで、そのまま出ました」。3連敗から10連勝と勢いづいてきた大関さえも吹き飛ばす破壊力。進撃の相撲でついに単独トップに立った。「素直にうれしいです」と言いながら、表情は全く崩れなかった。

弱気な“ネガティブ力士”から変身のきっかけとなった要因のひとつが、朝乃山への“ライバル心”だった。正代が2歳上だが、同じ学生相撲出身で巡業などでは「人に言えないぐらい、くだらない話をする」仲だ。東農大2年時に学生横綱になった正代が、アマ時代の実績は圧倒。しかし、大相撲の世界では初優勝も、大関の座もあっという間に追い越された。

朝乃山の活躍に「同じ学生相撲出身で悔しい思いはある」とメラメラした思いを隠さなかった。「強い相手とはだれとも対戦したくない」と公言していた男が変わった。地道な努力で大関を連破する立ち合いの馬力を身につけた。「それなりに緊張はするけど、落ち着くところは落ち着いてメリハリができている」。相撲への自信は、精神面の成長にもつながった。

場所前にはなかった「昇進ムード」も急浮上した。高田川審判部副部長(元関脇安芸乃島)は「明日の相撲を見ての判断」と、千秋楽の結果次第で大関昇進の可能性を示唆した。そんな機運を知らずに場所を後にした正代は「(単独トップで千秋楽は)初めての経験ですから。明日になってみないと分からないが明日で終わり。思い切り相撲をとれたらいいと思います」。

故郷の熊本・宇土市では市民体育館で応援会を開催する。前日13日目は20人程度が、この日は100以上の大盛況。熊本出身力士初の賜杯に期待は高まる。初優勝と大関。ダブルの歓喜を目指し、正代が人生最大の一番に臨む。【実藤健一】

▽八角理事長(元横綱北勝海) 正代の馬力勝ち。朝乃山も悪い立ち合いではなかったが浮いた。ちょっと想像できなかった。正代を褒めるべきでしょう。12勝は立派。内容がいい。優勝に近づいたが本当のプレッシャーはここから。新入幕で翔猿も立派。千秋楽は思い切って行けば面白くなる。

▽幕内後半戦の高田川審判長(元関脇安芸乃島) 正代は立ち合いが強い。迷いなく真っ向勝負。小細工がなく好感が持てる。貴景勝は硬くなっていたけど、無難に勝った。プレッシャーはあったと思う。

◆優勝争いの行方 千秋楽結び前の一番で正代が翔猿に勝てば、13勝2敗で正代の優勝が決定。正代が翔猿に敗れ、結びで貴景勝が敗れると、3敗で並んだ正代と翔猿による決定戦。貴景勝が勝って正代、翔猿と並べばともえ戦(3人での優勝決定戦)となる。実現すれば幕内では94年春場所の曙、貴ノ浪、貴闘力以来7度目で、当時は曙が制した。

◆大関への道 昇進目安は三役で直近3場所33勝。しかし、32勝以下での昇進も珍しくない。平成以降では朝乃山、豪栄道、稀勢の里、千代大海が32勝で昇進。また照ノ富士は、昇進3場所前(15年初場所)が平幕で8勝、2場所前(16年春場所)が関脇で13勝の優勝次点だったが、関脇だった16年夏場所を12勝で優勝すると昇進した。正代は今場所13勝でも直近3場所の合計は32勝。しかし八角理事長(元横綱北勝海)は、正代の直近3場所の成績よりも、この1年の安定感を評価している。

正代(左)に押し倒しで敗れる朝乃山(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

貴景勝3敗死守「出し切る」千秋楽は朝乃山と対決

翔猿(手前)をはたき込みで破る貴景勝(撮影・鈴木正人)

<大相撲秋場所>◇14日目◇26日◇東京・両国国技館

大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が3敗を死守して、優勝戦線に踏みとどまった。

立ち合いは踏み込まずに見ながら立ち、突っ張り合いからいなしで翔猿を崩す。果敢に直進する相手を、最後ははたき込み。勢いある新入幕力士に大関の貫禄を見せた。負ければ優勝の可能性が消滅する一番だったが「いつも通りあまり変わらず、自分の体の反応に任せてやった」と冷静だった。

小兵にはめっぽう強い。照強や阿武咲、炎鵬ら身長180センチ未満(対戦時)の相手に対して、約2年間負けなし。175センチの翔猿に勝って15連勝とした。

千秋楽で翔猿が正代に勝ち、自身が勝てば、3敗で並んだ3人による優勝決定ともえ戦にもつれ込む。黒星が許されない千秋楽は結びで朝乃山との大関対決。「自分の持っている力を全て出し切りたい」と静かに闘志を燃やした。

大関の優勝は17年初場所の稀勢の里以来、21場所遠ざかっているだけに出場最高位の意地を見せたい。複数の横綱全員が初日から休場するのは83年夏場所以来。その場所を制したのは、場所前に婚約した千葉有希奈さんの父で、当時関脇だった元大関北天佑だった。天国で見守る“義父”の再現となるか。【佐藤礼征】

貴景勝(右)にはたき込みで敗れた翔猿は笑顔を見せる(撮影・河田真司)     

関連するニュースを読む

翔猿3敗も笑み、正代は初V王手/14日目写真特集

<大相撲秋場所>◇14日目◇26日◇東京・両国国技館

注目の結びの一番は大関貴景勝が制した。新入幕の翔猿の当たりを受けると、冷静に突き押しで対応。翔猿に粘られたが、最後は冷静にはたき込んだ。翔猿は14年秋場所の逸ノ城以来、戦後13人目となる新入幕での大関戦だったが黒星。3敗に後退した。

2敗の関脇正代は、3敗の大関朝乃山を破って単独トップに立った。立ち合い激しくぶつかり、朝乃山の体勢を崩すと、左上手を取って右ののど輪で押し倒した。朝乃山は優勝争いから離脱した。優勝争いは2敗で単独トップに立った正代と、3敗の貴景勝と翔猿の3人に絞られた。

幕内

徳勝龍押し出し琴勝峰

徳勝龍(左)の攻めを耐える琴勝峰(撮影・鈴木正人)

徳勝龍(左)を押し出しで破る琴勝峰(撮影・鈴木正人)


竜電上手投げ琴奨菊

琴奨菊(手前)を上手投げで破る竜電(撮影・鈴木正人)

琴奨菊(手前)は竜電に上手投げで敗れる(撮影・小沢裕)


魁聖押し出し碧山

碧山(左)を押し出しで破る魁聖(撮影・鈴木正人)

魁聖(手前)は碧山を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


妙義龍突き落とし明生

明生は突き落としで妙義龍(手前)を破る(撮影・小沢裕)


炎鵬送り出し照強

照強(左)に立ち合いで変化する炎鵬(撮影・鈴木正人)

照強(左)に立ち合いで変化する炎鵬(撮影・鈴木正人)

照強(右)を攻める炎鵬(撮影・鈴木正人)

立ち合いで炎鵬(左)の変化を受けた照強は土俵際でこらえる(撮影・小沢裕)

炎鵬(左)は照強を送り出しで破る(撮影・小沢裕)


北勝富士叩き込み高安

高安は北勝富士(手前)をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)

北勝富士(右)をはたき込みで破る高安(撮影・鈴木正人)


栃ノ心寄り切り玉鷲

玉鷲(右)を攻める栃ノ心(撮影・河田真司)     

栃ノ心は玉鷲(手前)を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)


阿武咲叩き込み隆の勝

隆の勝(左)ははたき込みで阿武咲を破る(撮影・小沢裕)

阿武咲(右)をはたき込みで破る隆の勝(撮影・河田真司)     


隠岐の海寄り切り霧馬山

隠岐の海(右)を寄り切りで破る霧馬山(撮影・河田真司)     


若隆景下手投げ御嶽海

若隆景(右)を下手投げで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)

御嶽海に下手投げで敗れ、悔しい表情を浮かべる若隆景(撮影・河田真司)     


朝乃山押し倒し正代

正代に押し倒しで破れ、土俵下でうずくまる朝乃山(撮影・河田真司)     

正代(左)は朝乃山を押し倒しで破り2敗を死守した(撮影・小沢裕)

正代(左)は朝乃山を押し倒しで破り2敗を死守した(撮影・小沢裕)

正代(左)は朝乃山を押し倒しで破り2敗を死守した(撮影・小沢裕)


翔猿叩き込み貴景勝

貴景勝(右)にはたき込みで敗れた翔猿は笑顔を見せる(撮影・河田真司)     

貴景勝(右)は翔猿をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)

貴景勝(左)の攻めに耐える翔猿を土俵下で見つめる正代(撮影・河田真司)     

関連するニュースを読む

正代初V王手「止まらず前へ」朝乃山の体浮かせ突進

朝乃山(左)を押し倒しで破る正代(撮影・河田真司)     

<大相撲秋場所>14日日◇26日◇東京・両国国技館

関脇正代(28=時津風)が、大関朝乃山(高砂)も圧倒し、単独トップで千秋楽を迎える。

立ち合いで勝負は決まった。左からかち上げるような突進に大関の体は一瞬浮き上がり、横向きになった。休まず左でたてみつをつかむと、さらに圧力をかけて最後は押し倒した。「とてもうれしいです。自分の一番いい立ち合いができた」と表情は変えずに振り返った。

朝乃山には2連敗中だった。「最近負けている相手だったんで思い切りいった。止まらず前に出ただけ」。最高の相撲で朝乃山の優勝の可能性を消した。

初優勝の意識について「まだですかね。たぶん、部屋に帰ったらするのかな」と平然。打ち出し後の時点では千秋楽の取組は決まっていなかった。それでも「最後の1番なんで。どういう結果でも悔いが残らない相撲をとろうと思います」。熊本出身力士初Vに王手をかけた。

正代に押し倒しで破れ、土俵下でうずくまる朝乃山(撮影・河田真司)     

関連するニュースを読む

貴景勝が翔猿を下す 正代は朝乃山破って単独トップ

正代(左)は朝乃山を押し倒しで破り2敗を死守した(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇14日目◇26日◇東京・両国国技館

注目の結びの一番は大関貴景勝が制した。新入幕の翔猿の当たりを受けると、冷静に突き押しで対応。翔猿に粘られたが、最後は冷静にはたき込んだ。翔猿は14年秋場所の逸ノ城以来、戦後13人目となる新入幕での大関戦だったが黒星。3敗に後退した。

2敗の関脇正代は、3敗の大関朝乃山を破って単独トップに立った。立ち合い激しくぶつかり、朝乃山の体勢を崩すと、左上手を取って右ののど輪で押し倒した。朝乃山は優勝争いから離脱した。

2敗勢を1差で追いかけていた2人の平幕も、ともに優勝争いから離脱した。西前頭8枚目の若隆景は、三役初挑戦となる関脇御嶽海との一番に負け、西前頭9枚目阿武咲は隆の勝に負けた。

優勝争いは2敗で単独トップに立った正代と、3敗の貴景勝と翔猿の3人に絞られた。

貴景勝(左)の攻めに耐える翔猿を土俵下で見つめる正代(撮影・河田真司)     

関連するニュースを読む

正代の前に出る力が本物ということ/大ちゃん大分析

貴景勝(下)を突き落としで破る正代(撮影・河田真司)

<大相撲秋場所>◇13日日◇25日◇東京・両国国技館

関脇正代(28=時津風)が悲願の初優勝に前進した。大関貴景勝との2敗対決を力強い立ち合いの踏み込みから、最後は突き落としで制した。関脇で2場所連続11勝と大関の座も見据えて残り2日。今日14日目の大関朝乃山戦にも勝てば、熊本出身力士初の優勝が大きく近づく。

  ◇   ◇   ◇  

大関の押しを正代は、しのいで勝機を見いだしたように見えるが、前に圧力をかけ続けた攻めの姿勢こそが勝因だ。押し切れない貴景勝が苦し紛れに、横に回っていなしても微動だにしない。あれだけ胸を出す相手は、本来の押し相撲ならゴッツアンなのに押し切れない。正代の前に出る力が本物ということだ。14日目に対戦する朝乃山は、この日の御嶽海戦のように押し負けしないで左上手を取れるか。正代は粘り強く圧力をかけられるかだな。

新入幕の翔猿は勝ち運に乗っている。待ったと思い一瞬、力が抜けて隆の勝に出られたが、これが幸いしたか。喜んで出る隆の勝の右腕を、うまく引っかけ泳がせた。まともに当たったら勝機は薄いのだから何か考えていたんだろう。14日目も動き回る中で何か仕掛けがあるだろうから、貴景勝も取りづらいはず。大関の意地を朝乃山ともども出せば大混戦の千秋楽が面白くなる。(高砂浦五郎=元大関朝潮・日刊スポーツ評論家)

正代(左)は貴景勝を突き落としで破る(撮影・柴田隆二)

関連するニュースを読む

翔猿2敗堅守「ワクワク」106年ぶり新入幕V前進

2敗を死守し勝ち名乗りを受ける翔猿(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>13日日◇25日◇東京・両国国技館

新入幕の東前頭14枚目翔猿(28=追手風)が、平幕の隆の勝を破ってトップを守った。

大関貴景勝との2敗対決を制した関脇正代とともに、トップを並走。注目の14日目は、3敗に後退した大関貴景勝との対戦が決定した。新入幕の大関対戦は14年秋場所の逸ノ城以来、戦後13人目。結びの一番で埼玉栄高の後輩を破り、1914年(大3)夏場所の両国以来、106年ぶりの新入幕優勝へ、また1歩近づく。

   ◇   ◇   ◇

新入幕らしからぬ、強心臓ぶりを翔猿が見せた。初の幕内後半戦での取組を「ワクワクしていました。『後半で取っているな。幕内力士らしいな』と思った」と無邪気に振り返った。入門して以降、幕下と十両で過去5戦全敗だった隆の勝に、重圧がかかる中で初勝利。トップを死守した。

ふわっと、立ち上がってしまった立ち合い。先に力なく立ち「待ったかと思った」と立ち合い不成立と思ったという。しかし、行司からの「待った」の声は掛からず、隆の勝の鋭い立ち合いを受けた。たちまち土俵際に後退。のど輪も受けて上半身が起きてのけ反ったが、下半身は崩れず。しこ名の「猿」のごとく、素早く体を開きながらいなして送り出した。土俵上では少し驚いた表情。「勝っちゃった、みたいな感じでした。体は動いてますね」と明るい声で話した。

徹底した基礎運動が快進撃を支える。入門当初は、部屋の中でも四股やテッポウをこなす回数は多い方ではなかった。しかし、今では師匠の追手風親方(元前頭大翔山)が「一番する」と言うほど。転機は17年夏場所後に新十両に昇進し、巡業に参加するようになってから。日々の朝稽古で、誰よりも基礎運動をしていた横綱白鵬の姿に感化された。「強い人は基礎をたくさんやっているんだなと思った。自分も基礎をしっかりするようになってからケガをしなくなった」と基礎運動の大切さを身をもって経験。この日も、その成果を感じさせる軽やかな身のこなしで白星を挙げた。

優勝争いでトップに立ち、14日目は貴景勝との対戦が組まれた。新入幕の大関対戦は戦後13人目、快進撃しているからこその一番となり「思い切り、平常心で、挑戦者の気持ちでいくだけ」と待ち遠しそうに意気込んだ。幕内後半戦の藤島審判長(元大関武双山)も「大関相手にどんな相撲を見せてくれるか。熱戦を期待したい」と注目した。

106年ぶり、史上2度目の新入幕優勝が迫っているが「本当に意識はない。思い切りいくだけ」。無心の先に、偉業達成が待っている。【佐々木隆史】

◆翔猿正也(とびざる・まさや)本名・岩崎正也。1992年(平4)4月24日、東京都江戸川区生まれ。小学1年の時に東京・葛飾区の葛飾白鳥相撲教室で相撲を始め、埼玉栄高では3年時に全日本ジュニア体重別で優勝。日大の2学年先輩である遠藤を追って追手風部屋に入門し、15年初場所に「岩崎」のしこ名で初土俵。17年名古屋場所の新十両昇進を機に「翔猿」と改名。20年秋場所新入幕。家族は両親、兄(十両英乃海)。175センチ、131キロ。血液型A型。得意は押し。

◆新入幕の大関戦 戦後では12人の新入幕力士が大関と対戦して7勝10敗。00年夏場所の栃乃花、14年秋場所の逸ノ城は2大関に連勝しており、2日連続で大関戦勝利は逸ノ城が初めて。95年名古屋場所の土佐ノ海は、先の夏場所で14勝1敗で十両優勝をしたことから、新入幕ながら西前頭7枚目。番付上の関係から、初日に大関若乃花、2日目に横綱貴乃花と対戦した。

◆106年前の新入幕優勝 1914年(大3)夏場所は、新入幕で東前頭14枚目の両国が9勝1休で優勝(10日間制)。初日から7連勝で8日目は相手の寒玉子が休場(不戦勝制度がなく、相手が休めば自分も休場扱い)、9日目以降も2連勝。2場所連続優勝中だった横綱太刀山も負けなしだったが、9日目の関脇朝潮戦が預かり(物言いがついて判定できない取組)となり8勝1休1預かりで、勝ち星1つ両国に及ばなかった。

▽八角理事長(元横綱北勝海) 翔猿はタイミングが合ってうまく対応した。勝っている時は動きがいい。28歳ということは若くしての新入幕ではない。高校、大学でここ一番の力の出し方も知っているだろう。これまでの経験があるし度胸もあるような気がする。

翔猿(左)は隆の勝を送り出しで破る(撮影・柴田隆二)

関連するニュースを読む

八角理事長「経験と度胸ある」旋風起こす翔猿を評価

隆の勝(手前)を攻める翔猿(撮影・河田真司)     

<大相撲秋場所>◇13日目◇25日◇東京・両国国技館

今場所も大混戦のまま優勝争いも、いよいよ大詰めを迎えようとしている。今年は幕尻優勝が2回も出る波乱の年だが、今場所も東前頭14枚目で新入幕の翔猿(28=追手風)が旋風を巻き起こしている。協会トップの八角理事長(57=元横綱北勝海)も「度胸がいい」と高評価した。

新三役を有望にしている押し相撲の隆の勝(25=千賀ノ浦)との一番も“ミラクル”だった。立ち合い、翔猿本人は呼吸が合わず「待っただと思った」と吐露したが、そのまま成立。押し相撲相手にフワッとした踏み込みになってしまった。だが、これが幸い。喜び勇んで出た隆の勝と絶妙な間合いができ、突き出してきた右腕を引っかけるように手繰った。これで横につき、右手で相手の頭を押さえ付け、左は相手まわしの結び目付近をとり、背後に回って送り出し。2敗で優勝争いのトップを守った。

この何とも言えない一番に八角理事長は「タイミングが合ったというかな。優勝がかかってくる相撲には、こうゆうことがある。うまく対応したんじゃないかな」と評した。持ち前の反射神経を生かした翔猿を、さらに「勝ってる時は動きがいい。よく頑張っている」と続けてほめた。

新入幕だが28歳。「年齢が上がっての新入幕だから、大人になって、というか若くして上がったわけではない。高校、大学と経験があるから、ここ一番の力の出し方とか知っているんだろう。度胸もあるような気がする」と内面を察した。

優勝争いは正代と2敗でトップに並ぶ。その正代は14日目に3敗の大関朝乃山と戦う。その見通しについては「正代は勢いがあるし、朝乃山も(初日から3連敗の連勝で)復活しつつある。面白い相撲になると思うよ」と大きな鍵を握る一番を占った。

翔猿(左)は隆の勝を送り出しで破る(撮影・柴田隆二)
2敗を死守し勝ち名乗りを受ける翔猿(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

朝乃山3連敗から10連勝「先考えず」V争い平常心

御嶽海(下)を上手投げで破る朝乃山(撮影・河田真司)

<大相撲秋場所>13日日◇25日◇東京・両国国技館

大関朝乃山(26=高砂)が3連敗から10連勝で優勝争いに踏みとどまった。

関脇御嶽海(27=出羽海)を得意の右四つから豪快な左上手投げで土俵にたたきつけた。「しっかり踏み込めて上手がとれたんであとは思い切り。思い切りやるのが相手に効くと思うんで」。完全に本来の姿を取り戻し、14日目は2敗の正代戦。「先のことは考えず、目の前の1番に集中するだけ。(優勝争いは)何も考えてません」と平常心を強調した。

白星を2ケタに乗せた朝乃山は花道を引き揚げる(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

貴景勝痛恨3敗、14日目は高校後輩の2敗翔猿と

正代(左)に突き落としで敗れた貴景勝(撮影・柴田隆二)

<大相撲秋場所>◇13日目◇25日◇東京・両国国技館

大関貴景勝は痛恨の3敗目を喫した。立ち合いのぶちかましに正代が1歩も引かず、いなしで崩しにかかったがすぐに向き直られた。下から突き起こすも正代の腰は重く、最後は左にかわされバッタリ。2連敗中の相手を攻めあぐね「まだビデオを見ていないので何とも言えないけど、自分が負けたってことです」と、敗因については言及しなかった。

大関として賜杯争いを引っ張ってきたが、1歩後退した。今場所は取組後に首付近を気にするそぶりを見せる場面もあるが、痛みを訴えて弱みを見せることはない。14日目は結びで2敗を守る新入幕、翔猿と対戦する。「特に。一生懸命自分の力を出そうと頑張ります」と、いつも通り相手を特別視することはない。埼玉栄高の4学年先輩だが、プロでの実績は雲泥の差。格の違いを見せつけ、逆転優勝に望みをつなげる。

正代に敗れ引き揚げる貴景勝(撮影・柴田隆二)

関連するニュースを読む

正代、貴景勝との2敗対決制す/13日目写真特集

<大相撲秋場所>◇13日目◇25日◇東京・両国国技館

関脇正代が、大関貴景勝との2敗対決を制してトップを守った。 立ち合いは互角で、正代は貴景勝のいなしにも崩れなかった。下から突き起こされても引かず、最後は左から突き落とし。悲願の初優勝に前進した。

新入幕として106年ぶりの優勝が懸かる翔猿は、隆の勝を破って2敗を守った。1914年夏場所の両国以来となる新入幕優勝に、また1歩近づいた。

大関朝乃山は関脇御嶽海を下し、3連敗から10連勝となった。14日目は正代との対戦が組まれ、千秋楽は結びで貴景勝と対戦することが確実。逆転優勝に向けて、引きずり落とすことはできるか。

照ノ富士の休場により不戦勝となった若隆景、宝富士を破った阿武咲も3敗を守り、優勝戦線に残った。 正代、翔猿が2敗でトップを守り、貴景勝、朝乃山、若隆景、阿武咲の3敗勢4人が1差で追走する。 14日目に貴景勝は翔猿と、朝乃山は正代と対戦する。

優勝争い

【2敗】正代、翔猿

【3敗】貴景勝、朝乃山、若隆景、阿武咲

13日目の取組模様を写真で振り返ります。

幕内

大相撲13日目 幕内土俵入り(撮影・柴田隆二)

土俵入りに臨む翔猿(中央)(撮影・河田真司)     

炎鵬はたき込み明生

明生(右)は炎鵬をはたき込みで破る(撮影・柴田隆二)


徳勝龍不戦千代大龍

千代大龍休場のため、徳勝龍の不戦勝(撮影・河田真司)     

千代大龍休場のため、徳勝龍の不戦勝(撮影・河田真司)     


琴恵光寄り切り碧山

琴恵光(左)は寄り切りで碧山を破る(撮影・小沢裕)


高安つき手琴勝峰

琴勝峰(左)の付き手で勝利をものにした高安(撮影・小沢裕)

つき手のため琴勝峰(右)が高安に敗れる(撮影・河田真司)     


阿武咲寄り切り宝富士

阿武咲(手前)は宝富士を寄り切りで破る(撮影・柴田隆二)

幕内取組前半を終え土俵を回る、新型コロナウイルス感染拡大防止を呼びかける懸賞旗スタイルの告知旗(撮影・河田真司)     

押し出し栃ノ心

輝(右)に押し出しで敗れる栃ノ心(撮影・河田真司)     

輝(左)は栃ノ心を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)

物言いがつき、協議結果を待つ栃ノ心(撮影・河田真司)     


翔猿送り出し隆の勝

翔猿(左)は隆の勝を送り出しで破る(撮影・柴田隆二)

翔猿(右)は隆の勝を送り出しで破る(撮影・柴田隆二)

翔猿(左)は送り出しで隆の勝を破り2敗を死守する(撮影・小沢裕)

隆の勝を破った翔猿はほっとした表情を浮かべる(撮影・河田真司)     


照ノ富士不戦若隆景

照ノ富士休場のため、若隆景の不戦勝(撮影・河田真司)     

照ノ富士休場のため、若隆景の不戦勝(撮影・河田真司)     


大栄翔押し出し霧馬山

大栄翔(右)の攻めに耐える霧馬山(撮影・河田真司)     

霧馬山は大栄翔(手前)を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


正代突き落とし貴景勝

正代(左)を攻める貴景勝(撮影・河田真司)     

貴景勝(右)の攻めに耐える正代(撮影・河田真司)     

正代(左)は貴景勝を突き落としで破る(撮影・柴田隆二)

正代(左)は貴景勝を突き落としで破る(撮影・柴田隆二)

貴景勝は正代に敗れる(撮影・柴田隆二)


朝乃山上手投げ御嶽海

御嶽海(手前)を上手投げで破る朝乃山(撮影・河田真司)     

朝乃山は御嶽海(左)を上手投げで破る(撮影・小沢裕)

朝乃山(左)は御嶽海を上手投げで破る(撮影・柴田隆二)

朝乃山は御嶽海を上手投げで破る(撮影・柴田隆二)

関連するニュースを読む

正代が貴景勝撃破、天分の足運びに努力で馬力加え

懸賞金を受け取る正代(撮影・柴田隆二)

<大相撲秋場所>13日日◇25日◇東京・両国国技館

関脇正代(28=時津風)が悲願の初優勝に前進した。大関貴景勝との2敗対決を力強い立ち合いの踏み込みから、最後は突き落としで制した。関脇で2場所連続11勝と大関の座も見据えて残り2日。14日目の大関朝乃山戦にも勝てば、熊本出身力士初の優勝が大きく近づく。

   ◇   ◇   ◇

大関の圧力を自信を持って胸で受け止めた。「いい立ち合いができたと思います。思い切り当たることを意識していた。イメージしていた相撲がとれたと思います」と正代。下から突き上げるような貴景勝の出足を食らっても下がらず、左からおっつけ、最後は突き落としを決めた。

磨いてきた立ち合いの成果だった。新型コロナウイルスの影響で夏場所が中止になった。相撲の稽古もできない中、自身の相撲を見直す時間になった。「立ち合いの踏み込み、馬力を強化する意識があった。それが形になってきた。稽古が生きてきている」。

正代の立ち合いは低く頭からではなく、頭を上げて胸で受ける。その形の矯正は「癖もあるんで短い時間には改善できない」とし、「筋力アップしたら(踏み込みが)強くなるのかなと思って」独自の研究で下半身強化に取り組んだ。部屋付きの井筒親方(元関脇豊ノ島)が場所中の解説で正代について「相手に体を寄せる足の運びは天才的」と評していた。その天分に努力で得た馬力が加わった。

13勝の今年初場所、11勝の先場所と今年すでに2度も千秋楽まで優勝争いに絡んだ。その経験をへて「不思議なくらい(優勝争いを)意識できない」という。「経験させてもらったんで1月場所ほどの緊張やあせりはない。今のところ普通にやれている」。先場所も照ノ富士に勝った相撲でガッツポーズのような感情を爆発させる場面があったが、この日は大関に勝っても淡々と表情も変えない。

故郷の熊本は初の優勝力士誕生を心待ちにする。「自分の相撲で喜んでくれる人がいるなら頑張りたい」。その夢は今日14日目、大関朝乃山に勝てば現実に近づく。「けがなくあと2番。笑顔で部屋に帰れたらいいんじゃないですか」。かつて“ネガティブ力士”と言われた弱気はない。大関の座も見据え、勝負の2日間に臨む。【実藤健一】

▼八角理事長(元横綱北勝海) 今日の正代は下がらず強かった。左の使い方がうまく押っつけが効いた。変に気負わず冷静に集中しているようだ。立ち合いで押されないという自信がついたのでは。(優勝は)明日は朝乃山戦。まだまだ分かりません。

貴景勝(左)を突き落としで破る正代(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

翔猿、2敗対決制した正代がトップ守る 3敗に4人

翔猿(左)は隆の勝を送り出しで破る(撮影・柴田隆二)

<大相撲秋場所>◇13日目◇25日◇東京・両国国技館

関脇正代が、大関貴景勝との2敗対決を制してトップを守った。

立ち合いは互角で、正代は貴景勝のいなしにも崩れなかった。下から突き起こされても引かず、最後は左から突き落とし。悲願の初優勝に前進した。

新入幕として106年ぶりの優勝が懸かる翔猿は、隆の勝を破って2敗を守った。1914年夏場所の両国以来となる新入幕優勝に、また1歩近づいた。

大関朝乃山は関脇御嶽海を下し、3連敗から10連勝となった。14日目は正代との対戦が組まれ、千秋楽は結びで貴景勝と対戦することが確実。逆転優勝に向けて、引きずり落とすことはできるか。

照ノ富士の休場により不戦勝となった若隆景、宝富士を破った阿武咲も3敗を守り、優勝戦線に残った。

正代、翔猿が2敗でトップを守り、貴景勝、朝乃山、若隆景、阿武咲の3敗勢4人が1差で追走する。

14日目に貴景勝は翔猿と、朝乃山は正代と対戦する。

正代は貴景勝(右)を突き落としで破り2敗を死守する(撮影・小沢裕)
物言いがつき、協議結果を待つ栃ノ心(撮影・河田真司)     

関連するニュースを読む

引かない翔猿V争いトップ「ワクワク強い」緊張なし

2敗力士同士の直接対決で若隆景(左)の攻めをこらえる翔猿(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇12日目◇24日◇東京・両国国技館

新入幕の東前頭14枚目翔猿(28=追手風)が、西前頭8枚目若隆景との2敗対決を制し、10勝目を挙げた。

12日目を終えて新入幕がトップに立つのは57年夏場所の房錦、07年秋場所の豪栄道以来3人目。13日目は隆の勝との対戦が組まれた。しこ名も含め個性満点のイケメン小兵が1914年(大3)夏場所の両国以来、実に106年ぶり2人目の新入幕優勝へ突き進む。不戦勝の大関貴景勝、関脇正代が2敗でトップを並走している。

   ◇   ◇   ◇

翔猿のちゃめっ気たっぷりの明るい性格が、画面からもあふれ出た。2敗を守って向かったNHKのインタビュールーム。賜杯争いの先頭を走る心境を問われると「それは考えずに、あと3連勝ぐらいしたら考えます」と答えた。残りは3日間、つまり全勝宣言? 噴き出す汗も、乱れる呼吸も止まらなかったが、天然とも冗談とも取れる発言が、精神的な余裕をうかがわせた。

しこ名通り、機敏な動きが光った。立ち合いで左に変わった同じ2敗だった若隆景の動きも想定内。差し身のうまい相手に距離を取り続け、左に開いてはたき込んだ。「すぐに引かないで攻めることができた」。最注目の取組に懸かる懸賞「森永賞」も獲得。「(懸賞を)全然もらえてないのでうれしい。まだまだ人気ないですね」。こんな自虐発言とは裏腹に、存在感は増すばかりだ。

177センチ、131キロと幕内では小兵の部類だが、まともに引く場面はほとんどない。師匠の追手風親方(元前頭大翔山)によると、基本は押し相撲。日大時代に足首にボルトを入れるほどのけがをしている。それもあって、一時は立ち合いでの小細工が目立つようになったが「今は当たれている」と師匠。十両を3年以上抜け出せず「悔しい思いをしている。稽古場ではずっと体を動かしている。ここ1、2年で変わった」。師匠も認める努力が実を結びつつある。

初の優勝争いの中でも、師弟ともリラックスしている。コロナ禍で千秋楽はあらゆるセレモニーが中止となった。この日の朝には師匠から「パレードもないから、優勝してこいよ」と一風変わった激励が。翔猿本人も緊張とは無縁で「ワクワクの方が強い」という強心臓だ。横綱不在の大混戦で、優勝争いが混沌(こんとん)とする中、千秋楽は歌舞伎俳優が大活躍するTBS系の大人気ドラマ「半沢直樹」の最終回。歌舞伎役者似? で甘いマスクの翔猿にも、劇的なクライマックスが待っているかもしれない。【佐藤礼征】

▽幕内後半戦の伊勢ケ浜審判長(元横綱旭富士) 朝乃山は押し込まれても引かれてもついていけている。正代は立ち合いが高いが、前に出る相撲を続けている。翔猿は動きがいい。やったこともない相手ばかりだが、いい相撲を取っている。

◆106年前の新入幕優勝 1914年(大3)夏場所は新入幕で東前頭14枚目の両国が9勝1休で優勝(10日間制)。初日から7連勝で8日目は相手の寒玉子が休場(不戦勝制度がなく、相手が休めば自分も休場扱い)、9日目から2連勝。2場所連続優勝中だった横綱太刀山も負けなしだったが、9日目の関脇朝潮戦が預かり(物言いがついて判定できない取組)となり8勝1休1預かりで、勝ち星1つ両国に及ばなかった。

▽翔猿アラカルト

◆本名 岩崎正也(いわさき・まさや)

◆出身 1992年(平4)4月24日、東京都江戸川区。

◆相撲歴 小学1年の時に東京・葛飾区の葛飾白鳥相撲教室で始める。高校相撲の名門、埼玉栄高では3年時に全日本ジュニア体重別で優勝。高校の同級生に前頭北勝富士。日大では2年時に全日本相撲選手権16強。

◆入門の動機 大学4年時に角界入りを意識し、日大の2年先輩である遠藤を追って追手風部屋を選ぶ。初土俵は15年初場所、新十両は17年名古屋場所。

◆兄弟幕内 3学年上の兄で木瀬部屋の十両英乃海は幕内経験者で、兄弟幕内は史上11組目。

◆しこ名 自身の相撲が素早く逃げ回る猿のようで、干支(えと)も申(さる)年のため。

◆締め込み 青色。コロナ禍の最前線で戦う医療従事者への感謝の気持ちを込めている。

◆英語に関心 元々抱いていた興味と「外国の人に話しかけられることが多かった」ため、今年の自粛期間中にオンライン英会話などで語学力を強化。外国人から注目を浴びようと、土俵下で使う座布団に「flying monkey」と入れるか悩んだというが、見送った。

若隆景(右)の攻めに耐える翔猿(撮影・河田真司)     

関連するニュースを読む

八角理事長「13日目が大事」V争い三者三様評価

八角理事長(2020年4月3日撮影)

<大相撲秋場所>◇12日目◇24日◇東京・両国国技館

2敗で優勝争いのトップを並走する3人を、協会トップの八角理事長(57=元横綱北勝海)は三者三様に評価した。

2敗同士の対戦で若隆景(25=荒汐)を退けた新入幕の翔猿(28=追手風)については「度胸がある感じがする」と怖いもの知らずの勢いを精神面から察した。小兵ながら腰が崩れない動きについては「下半身がドッシリと安定している気がする」と話し、今後の対戦相手の心理を「明日(13日目の対戦相手の)隆の勝はそうでもないだろうけど、優勝に絡む力士はやりづらいだろうな」と読み解いた。

残る3日の星次第では、大関の声がかかる可能性のある関脇正代(28=時津風)については「冷静に取れているのはいいことだ」とし2場所連続の2ケタ勝利には「立派ですね。序盤から勝ち方がいい」と相撲内容も認めた。昨年九州場所から5場所中、優勝次点2回を含む4場所で2ケタ勝利。関脇も3場所連続で、すっかり「実力者」として定評を高める正代を評価した。

大関貴景勝(24=千賀ノ浦)は、対戦相手・遠藤(29=追手風)の休場で不戦勝。「追い風になるか」という問い掛けに「精神的に1日、勝負のことを考えないで済む。精神的な疲れはあるだろうから」と話しつつ「でも、大関だからね」。優勝争いで先頭を走る3人だが「明日(13日目)が大事になってくる」と1つのヤマ場と読み、3敗の3人の逆転優勝の可能性については「計算上はあるけど、どうだろう。割(取組)の組み方次第でしょう」と見通した。

関連するニュースを読む

正代10勝目、V争い「今は不思議と意識せずに」

正代は懸賞金を受け取る(撮影・柴田隆二)

<大相撲秋場所>◇12日目◇24日◇東京・両国国技館

関脇正代(28=時津風)が平幕の宝富士を寄り切りで下して10勝目を挙げた。7月場所に続く2桁で、11月場所の大関とりへ足固め。2敗を守り、大関貴景勝、新入幕翔猿とトップを並走。大関とりに挑む11月場所に、弾みをつける初優勝へと突き進む。

   ◇   ◇   ◇

正代は立ち合いすぐに左を差して、ベテラン宝富士に何もさせずに寄り切った。関脇で11勝した7月場所に続く2桁白星で、11月場所での大関とりへの足固めができた。「こんなに早く2桁勝てるとは想像できなかった。いい流れだと思う」と手応えを口にした。

それでも「あと3日ある。集中を切らせないようにする」と引き締めるのは、優勝争いでトップに並んでいるため。昨年九州場所と今年の初場所は、優勝次点とあと1歩届かなかった。待望の初優勝に向けて「今は不思議と意識せずにいけている」と自然体で臨む。

今場所は取組当日まで、対戦相手を見ないようにしている。「初日から見ないようにしていい流れがきている。自分の相撲を取り切ることに集中したい」。目の前の一番に集中するためだ。13日目は貴景勝と2敗同士の対戦。無心で挑み、初賜杯へと近づきたい。

大栄翔(右)を土俵際へ追い込む朝乃山。後方左は正代(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む