上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

武井壮「ルール変えなきゃ」比嘉体重超過問題で持論

左から比嘉大吾、武井壮


 武井壮(44)が16日、文化放送で放送された特番「武井壮のガッとしてビターン!」で、親交が深いプロボクサーの比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が、体重超過でWBC世界フライ級王座を剥奪された揚げ句、級2位クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)に9回TKO負けした件に触れ「ルールを変えなきゃいけない」と訴えた。

 武井は、「比嘉選手は、日本の世界王者として初めて世界戦で体重超過をやってしまったことは汚点を残したなと思います。僕は普段かわいがっている後輩だし、仲の良い友人でもあるけれど『やっちゃったな、やってはいけないミスを犯したな』と思っています」と比嘉を厳しく批判した。

 その上で、山中慎介さんがWBC世界バンタム級タイトルマッチで、前日計量の大幅な体重超過で王座を剥奪された前王者ルイス・ネリ(メキシコ)と再戦し2回TKO負けした件と比較し、比嘉の今回の体重超過は「最大級の迷惑をかけなかったことが救い」と語った。

 武井 (山中さんとネリの試合は)体重超過してかなり重い状態で作ってきて、体力を消耗していない選手と試合をして2ラウンドでKOされてしまうっていうようなことが起きてしまった。まともに体を作って絞って削れた状態で試合会場にきてたった1日リカバーした分で戦う、という今のボクシングのルールを守らなかった選手にメリットがあるということなんですよ。(中略)ただ今回の比嘉選手は負けたから。調整に失敗して、パワーもなくて、しかも相手も強くて。だから、やられちゃった側がデメリットを被っていないからまだ良かった。比嘉選手が最大級の迷惑をかけなかったことが救いだったと僕は思っていて。

 その上で「きちっと作った挑戦者がチャンピオンを打ち負かすということ以外に幸せなゴールが何一つないということになっちゃう。だからルールを変えなきゃいけないんじゃないかなあと」とルール改正を訴えた。そのポイントは

 (1)初日の計量でオーバーしちゃったらその時点でハンディマッチにする。例えば12ラウンドある中を3分割して4ラウンド分、4ポイント減点した状態からスタートするとか。そしたら例えば、数百グラムのオーバーを2回目の計量までに落として来たら、そのポイントだけで済む。4ラウンド取れているんだからもう無理して攻める必要ないし、しっかりパンチを見られるし、一方相手はしっかり攻めていかないと取り戻せないから体力も使うだろうし。フラット(平等)にはならないけれど、そこでちょっと少しやってしまった側にハンディキャップを与えられるじゃないですか。

 (2)2回目の計量もだめでした、そして当日の何キロまでに抑えてくださいというところまでを守った。つまり今回の比嘉選手のように、1日目の計量が全部だめだったら、もうその時点で、王座移動でいいと思う。相手がチャンピオンでいい。それでも興業の問題で試合を行わなくてはいけないんだったら、まずチャンピオンが入れ替わった状態で、比嘉選手がチャレンジャーとして挑戦することになる。しかもそこにハンディキャップがもうある。しかも初日のハンディキャップよりも二日目の方が大きくて、判定になったらもう勝てない。KOして勝った場合だけ無効試合になる。チャンピオンを奪った選手はチャンピオンのまま。

 武井は「賛否あると思うんですけど、けどまあ危険性をはらんだ試合を行う、体重超過をしていない選手にメリットを与えるという意味ではこのくらいないといけないと思う」と持論を展開した。

関連するニュースを読む

ダブル世界戦「ボクシングモバイル」が生配信

前日計量をともに1発でクリアした山中(左)とカジェロス(撮影・清水貴仁)


 ボクシングのダブル世界戦(18日、神戸ポートピアホテル)が生で楽しめる! スマートフォン専用サービス「ボクシングモバイル」を運営する株式会社キュービックス(東京・千代田区)は17日、ダブル世界戦を生配信すると発表した。

 カードはWBO世界ミニマム級王者山中竜也(22=真正)が同級4位モイセス・カジェロス(28=メキシコ)の挑戦を受ける初防衛戦と、WBA世界ライトフライ級2位小西伶弥(24=真正)が同級1位カルロス・カニサレス(25=ベネズエラ)とベルトを争う王座決定戦。今回の配信はカンテレとの協業によるもので、業界初の試みとなる。地上波で生放送されない映像を見られるタイアップ企画で、選手情報を閲覧しながら見る「ながら見機能」も採用している。

 有料配信となるが、ボクシングモバイル会員は150円、一般は250円(いずれも税込み)で視聴可能だ。解説は山中と小西が所属する真正ジムの元世界3階級王者の長谷川穂積氏で、ゲストはタレントの武井壮。

 カンテレでは試合翌日の19日24時25分から録画放送を行う。

関連するニュースを読む

井上尚弥のKO勝利を石川遼と武井壮が観戦

防衛に成功した王者井上尚(中央)は、観戦した石川遼(左)、武井壮と記念撮影

<プロボクシング:WBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦>◇4日◇神奈川・スカイアリーナ座間

 WBOスーパーフライ級王者井上尚弥(23=大橋)がアクシデントを乗り越え、意地のKO防衛を果たした。

 井上と親交のあるプロゴルファーの石川遼が、フジサンケイ・クラシック終了後に観戦に訪れた。リングサイドでタレント武井壮とともに観戦。KO勝利を見届けると武井とハイタッチして喜び、リングから下りた井上に近寄り祝福した。「招待されてきたので。申し訳ないです」と、試合についてのコメントはなかったが興奮した様子だった。

関連するニュースを読む

武井壮、稀勢の強さに「こんちきしょう」

取材で訪れたタレントの武井壮(右)に「倒せない」と言わしめた稀勢の里

 大関稀勢の里(26=鳴戸)は百獣の王に匹敵!? 千葉・松戸市内の鳴戸部屋で8日、陸上10種競技の元日本王者で「百獣の王」を目指すタレント武井壮(40)が朝稽古の見学に訪れた。

 TBSラジオ「たまむすび」内の自身のコーナー「けものみち」(毎週月曜午後3時~)の取材で、大関の激しい稽古に心がうずいた様子。「こんちきしょうと思うぐらい、こんな稽古が毎日できるのがうらやましい。大関は体は力士だけど、心はアスリート。基礎をすごく大事にしている」と感動していた。

 想像上で猛獣や人物を倒すのが十八番のネタ。ただ、子どものころは力士になりたかったというだけに、大関相手にはさすがにひるんだ。「強さが本当に分かるので、1ミリも押せないと思う。フィジカルコンタクトを絶対にしちゃいけない生き物なんです」と恐れ、敬っていた。

 この日の対談は10日午後3時から放送予定。

関連するニュースを読む

あのタレントが新横綱日馬富士の弟子!?

タレント武井壮(中央)に稽古をつけた日馬富士(左)と安美錦

 新横綱日馬富士(28=伊勢ケ浜)が10日、肉体派タレントの武井壮(39)を指導した。稽古が終わった後、若い衆に胸を出させて、武井に押しの姿勢などを教えた。慣れない相撲に四苦八苦する陸上十種競技の元日本王者のタレントに「もっと、頭をまっすぐ!」などと声をかけた。

 ラジオ番組の取材で訪れた武井は「猛烈に楽しかった。小中学生の時は、相撲取りになるのが夢だったけど、身長が伸びず、シリコーンを入れる経済力もなかったので」と興奮気味。稽古を見守った安美錦は「動きがいい。新弟子に欲しいくらいだった」と絶賛した。

 この様子は、15日放送のTBSラジオ「たまむすび」内のコーナー「武井壮のけものみち!」(午後3時~)で紹介される。

関連するニュースを読む