上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

宇良、業師の本領発揮「ひっかけ」で勝ち越し決めた

宇良(右)は武将山を引っ掛けで破る(撮影・柴田隆二)

<大相撲春場所>◇13日日◇26日◇東京・両国国技館

東十両7枚目の宇良(28=木瀬)が、業師の本領発揮の「ひっかけ」で勝ち越しを決めた。

新十両の武将山と対戦。「(新十両との対戦に)15日間とることのしんどさも踏まえて、気持ち的にはこちらが上。気持ちを強く持っていけると思いました」。立ち合い、左をのぞかせて一気に前に出る。押し返されたところで引きながら、左腕をたぐるようにひっかけを決めた。自身は倒れ込んだ武将山の背中でかわすように1回転。さすがの運動能力だった。

左ふくらはぎの肉離れで2日間休場、再出場して3日目の相撲だった。休場をはさんでの価値ある勝ち越しではの問いに「純粋に勝ち越しはうれしいが、2日休んでいるから価値があるとか、決してそういうことはないと思う」と言った。

十両復帰後も3場所連続の勝ち越しで、着実に再入幕にも前進する。宇良自身は「全然ほど遠いですね。まだまだという気持ちしかないです」。館内をわかせられる1人。「(残り2日)白星を伸ばせるように頑張ります」と誓った。

宇良(右)は武将山を引っ掛けで破る(撮影・柴田隆二)

関連するニュースを読む

新十両の貴健斗5日目に初白星「何とか勝てました」

武将山(右)を突き落としで破る貴健斗(撮影・河田真司)

<大相撲春場所>◇5日目◇18日◇東京・両国国技館

新十両の西十両11枚目・貴健斗(25=常盤山)が、5日目にようやく初白星を飾った。同じ新十両の武将山に攻め込まれたが、土俵際で執念の突き落としが決まった。「あせらずいけたのがよかった。何とか勝てました」と息をはずませた。

先場所まで大関貴景勝の付け人を務めた。「勝ち負けは気にするな」「真っすぐいけ」が教え。この一番もひたすら前に出続けた。「(最後は)反応しかない。考えて相撲はとれないですから」。必死のパッチでつかんだ1勝から、逆襲を開始する。

武将山(左)と攻め合う貴健斗(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

新十両武将山は黒星発進「攻められて後手後手」反省

錦木(左)に押し出しで敗れる武将山(撮影・鈴木正人)

<大相撲春場所>◇初日◇14日◇東京・両国国技館

新十両の東十両14枚目武将山(25=藤島)は、黒星スタートとなった。幕内経験者の西十両13枚目錦木との一番。立ち合いから左のおっつけで攻めるもかわされ、突き、押しで対抗したが、じりじりと体を寄せられて押し出された。

取組後は「全然ダメでした。当たりもないし、攻められて後手後手だった」と反省。2日目以降に向けて「集中して一番一番頑張りたいです」と話すなど、多くは語らなかった。

錦木に押し出しで敗れ、土俵から引き揚げる武将山(撮影・河田真司)
十両土俵入りする武将山(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

2年ぶり十両の土俵、炎鵬に注目 初日十両取組

炎鵬

日本相撲協会は13日、大相撲春場所(14日初日、両国国技館)の初日と2日目の取組を発表した。

新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査の結果、山響部屋付きの小野川親方(元前頭北太樹)と、尾上部屋付きの音羽山親方(元前頭天鎧鵬)の2人に、新型コロナ陽性を確認。力士に濃厚接触の可能性もあるため、その結果を待っていたが、両親方以外に陽性は確認させず、12日に審判部が開いた取組編成会議で決めた取組をこの日、発表した。

初場所では新型コロナウイルスの影響で、幕内7人、十両9人の休場者を出したが、今場所の関取衆の休場は、左足負傷の横綱鶴竜(35=陸奥)ただ1人となった。

十両では、幕内から陥落し2年ぶりに十両の土俵に上がる東4枚目の炎鵬(26=宮城野)が注目される。2年前の夏場所の新入幕以来、幕内の座を守っていたが、昨年11月場所で3勝12敗と大負けし先場所、東十両3枚目に陥落。その先場所は、新型コロナウイルスの陽性反応が出た横綱白鵬の濃厚接触者として、部屋全員の休場措置が取られ全休。今場所は1枚、番付を下げて臨む。初日は千代ノ皇(29=九重)と対戦する。業師の宇良(28=木瀬)との好勝負も熱戦が期待される。その宇良は千代鳳(28=九重)と初日に対戦する。

新十両の貴健斗(25=常盤山)は千代の海(28=九重)と、武将山(25=藤島)は錦木(30=伊勢ノ海)と戦う。関取初陣を白星で飾れるか注目される。

初日の十両取組は以下の通り(左が東)。

王  鵬-一山本 

武将山 -錦  木

常幸龍 -錦富士 

千代の海-貴健斗 

東白龍 -矢  後

貴源治 -白鷹山 

水戸龍 -松鳳山 

旭大星 -東  龍

宇  良-千代鳳 

若元春 -旭秀鵬 

美ノ海 -佐田の海

炎  鵬-千代ノ皇

千代丸 -大翔丸 

石  浦-天空海

関連するニュースを読む

高安、御嶽海、大栄翔が小結 幕内十両一覧/新番付

高安(2020年11月9日撮影)

日本相撲協会は1日、新型コロナウイルス感染防止の観点から、通常の大阪から東京開催に変更した大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。十両以上の番付は以下の通り。

<東>  <西> 

 【横  綱】   

白  鵬    鶴  竜

 【大  関】

正  代    朝乃山

貴景勝

 【関  脇】   

照ノ富士    隆の勝

 【小  結】

高  安    御嶽海 

        大栄翔

 【前  頭】   

宝富士  <1>  阿武咲 

北勝富士 <2>  若隆景 

明  生 <3>  志摩ノ海

霧馬山  <4>  妙義龍 

遠  藤 <5>  隠岐の海

玉  鷲 <6>  逸ノ城 

栃ノ心  <7>  輝   

琴ノ若  <8>  翔  猿

千代の国 <9>  豊昇龍 

翠富士  <10>  竜  電

千代大龍 <11>  琴勝峰 

明瀬山  <12>  碧  山

照  強 <13>  千代翔馬

琴恵光  <14>  剣  翔

豊  山 <15>  英乃海 

魁  聖 <16>  大奄美 

 【十  両】   

徳勝龍  <1>  天空海 

石  浦 <2>  大翔丸 

千代丸  <3>  千代ノ皇

炎  鵬 <4>  佐田の海

美ノ海  <5>  旭秀鵬 

若元春  <6>  千代鳳 

宇  良 <7>  東  龍

旭大星  <8>  松鳳山 

水戸龍  <9>  白鷹山 

貴源治  <10>  矢  後

東白龍  <11>  貴健斗 

千代の海 <12>  錦富士 

常幸龍  <13>  錦  木

武将山  <14>  一山本 

関連するニュースを読む

徳勝龍、幕内Vから5場所で十両は史上最速/新番付

徳勝龍(2021年1月10日撮影)

日本相撲協会は1日、新型コロナウイルス感染防止の観点から、通常の大阪から東京開催に変更した大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。

入幕の新顔はなく、返り入幕は3人。先場所十両優勝の剣翔(29=追手風)は5場所ぶり、英乃海(31=木瀬)は17場所ぶりの幕内復帰。英乃海は弟が西前頭8枚目の翔猿(28=追手風)で、新たな兄弟同時幕内は14年春場所の千代鳳&千代丸以来、史上9組目となった。大奄美(28=追手風)は5場所ぶりの幕内復帰を果たした。

また初場所で幕内の東前頭8枚目だった徳勝龍(34=木瀬)が十両に陥落したが、幕内優勝経験者の十両陥落は史上14人目。優勝場所から5場所での十両陥落は元小結若浪の7場所を抜いて最速となってしまった。

既に発表されている、晴れて関取の新十両は2人。貴健斗(25=常盤山)は、現在の師匠(元小結隆三杉)が先代(元関脇舛田山)から部屋継承後としては初めての新十両。熊本県からは19年名古屋場所の竜虎以来、戦後34人目の関取誕生となった。また武将山(25=藤島)は、現師匠の部屋創設後としては10年九州場所の剣武以来、2人目の関取誕生。茨城県からは、18年初場所の天空海以来、戦後22人目の新十両となった。再十両は2人。錦富士(24=伊勢ケ浜)は2場所ぶり、一山本(27=二所ノ関)は7場所ぶりの十両復帰を果たした。

大相撲春場所は、12日の取組編成会議で初日と2日目の対戦相手が決定。14日の初日を迎える。

関連するニュースを読む

関取はコロナ休場の救済なし 据え置きなら影響大

両国国技館(2021年1月10日撮影)

日本相撲協会は27日、大阪での開催を目指す大相撲春場所(3月14日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、新型コロナウイルス感染の影響で初場所を全休した力士65人の成績について協議した。幕下以下の力士は番付据え置きとしたが、十両以上の関取は番付据え置きにはしなかった。また、貴健斗(24=常盤山)と武将山(25=藤島)の新十両昇進を発表した。再十両は、一山本と錦富士の2人。

   ◇   ◇   ◇

報道陣の電話取材に応じた伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)は「関取衆に関しては休んだ力士全員の公平性を保ちながら番付を作成しました」と説明した。新型コロナの影響で休場した幕下以下の力士については、番付据え置きの救済措置をとったと明言。一方で、新型コロナの影響で休場した十両以上の関取については「全員を公平にして番付を決めたということ。そういう言い方しかできない」と番付据え置きにしたかどうかは明言しなかった。

しかし、関係者によると、出場力士の成績に配慮した形で、休場した力士の番付を微変動させたという。新型コロナの影響による休場者は、幕内では42人中6人、十両では28人中9人と多かった。番付を据え置きにした場合、出場力士の番付変動に大きく影響を及ぼすため、十両以上の力士については番付据え置きの措置をとらなかったという。

関連するニュースを読む

武将山が新十両「素直にうれしい」藤島親方初の関取

春場所での新十両昇進が決まりリモートでの会見に臨む武将山(日本相撲協会提供)

日本相撲協会は27日、大相撲春場所(3月14日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、武将山(25=藤島)の新十両昇進を決めた。元大関武双山の藤島親方が育てた力士としては、初の関取となる。

初場所は東幕下2枚目で4勝3敗とぎりぎりの勝ち越しで昇進を決めただけに「素直にうれしいです。師匠から電話があって知りました。うれしかったけど、気を引き締めて来場所に向けて頑張らないと、と思った」。体重は170キロ台も身長172センチと小柄で押し相撲が武器。師匠の藤島親方は「丸い体を武器に前に出る相撲が脅威になる。前に出る相撲を徹底してとれれば」と期待した。

高校相撲の名門、埼玉栄高の出身。同期入門の貴健斗と同時に新十両昇進となった。「ずっとライバルでやってきた。負けたくないんで、これからも切磋琢磨(せっさたくま)して頑張りたい」。もう1人、刺激を受けた存在が部屋の後輩、鈴木(20)だった。グイグイ番付を上げて昨年11月場所では西幕下11枚目と、関取の座も射程圏にとらえた逸材。幕下上位の壁に阻まれていた武将山だが「部屋の弟弟子の鈴木の存在が大きくて負けたくなかった。悔しい思いをしてきて、身近に鈴木が入ってきてより一層気が引き締まった」と話す。

新十両場所に向けて、「15日間毎日相撲をとるんで体力、精神面も強くしていきたい。前に出る真っ向勝負で頑張りたい。師匠のように押し相撲で活躍できる力士になりたい」。初場所も突き、押しを徹底した大栄翔が初優勝を飾った。差さない、まわしを取らない、そして引かない。押し相撲を極めて、さらに上の番付を目指していく。

春場所での新十両昇進が決まりリモートでの会見に臨む武将山(右)と師匠の藤島親方(日本相撲協会提供)

関連するニュースを読む

貴健斗が十両昇進「平常心」突き押し相撲が武器

春場所での新十両昇進が決まりリモートでの会見に臨む貴健斗(日本相撲協会提供)

日本相撲協会は27日、東京・両国国技館で春場所の番付編成会議を開き、貴健斗(25=常盤山)の新十両昇進を決めた。都内の部屋でリモートでの会見に臨んだ貴健斗は「喜びはあるけど、いつも通り平常心です」と、落ち着いた表情で関取の座をつかんだ心境を明かした。

14年初場所の初土俵から7年かかった。アマチュアでは高校相撲の強豪、鳥取城北高で3年時に主将を務めるなど活躍。序ノ口デビューから所要4場所で新幕下昇進を果たすなど期待されたが、幕下上位で停滞する期間が長かった。「精神的に未熟だったので時間がかかった。(性格的に)ネガティブなところもあったので…」。転機は2年前、同部屋の大関貴景勝からの言葉だったという。「『(新十両昇進を)2年と決めてやらないと、膝のけがもあるし、分からなくなるぞ』と。目標を立てていけと言われて、覚悟を決めた」。

東幕下38枚目だった昨年初場所から6場所連続の勝ち越しで新十両を射止めた。会見に同席した師匠の常盤山親方(元小結隆三杉)も「関取衆(貴景勝、関脇隆の勝、十両貴源治)に胸を出されて、ぶつかりで泥だらけになっていた。押し相撲は(ぶつかりが)特に大事」と振り返る。旧貴乃花部屋付きの親方として、「水田」のしこ名の時から貴健斗を見ていた同親方は「入ったときから真面目。コツコツとやっていた」と、柔和な笑顔を見せた。

丸太のような太ももが支える突き押し相撲が武器。「(太ももは)2、3年前に測ったときは80センチくらいだった。今はもうちょっと大きくなっているかも」。旧貴乃花部屋の時に先代師匠の貴乃花親方(元横綱)から突き押しに徹するように指導を受け、地道に磨いてきた。

同時昇進を決めた藤島部屋の武将山は同学年の同期生で「ライバルというより戦友。苦手な相手ではあるので、十両では借りを返したい」と意気込む。初めての15日間。「まずは十両で勝ち越すこと。できるだけ早く幕内に上がりたい」と次の目標を設定した。

春場所での新十両昇進が決まりリモートでの会見に臨む貴健斗(日本相撲協会提供)
春場所での新十両昇進が決まりリモートでの会見に臨む貴健斗(右)と師匠の常盤山親方

関連するニュースを読む

初土俵が同じ貴健斗、武将山ら4力士が十両昇進

貴健斗(2020年10月22日撮影)

日本相撲協会は27日、大阪での開催を目指している大相撲春場所(3月14日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、十両昇進力士4人を発表した。

新十両は2人で、貴健斗(24=常盤山)と武将山(25=藤島)。

貴健斗は相撲の強豪・鳥取城北高から貴乃花部屋に入門し14年初場所初土俵。同部屋の閉鎖に伴い、大関貴景勝らとともに千賀ノ浦部屋に転籍(師匠の年寄名跡交換により現在は常盤山部屋)。幕下に長く定着していたが、自己最高位の西幕下筆頭で臨んだ今月の初場所で5勝2敗の成績を収め、約7年で念願の関取の座を射止めた。

その貴健斗と高校時代に強豪校同士でライバル関係にあった武将山は、貴景勝や初場所優勝の大栄翔らを輩出した埼玉栄高から藤島部屋に入門し、やはり14年初場所で初土俵。こちらも幕下に約5年も定着したが、自己最高位(東幕下2枚目)の初場所で4勝3敗の成績で、初土俵が同じ貴健斗とともに新十両昇進を果たした。

再十両は19年九州場所以来、7場所ぶり復帰の一山本(27=二所ノ関)と、2場所ぶりの十両復帰となった錦富士(24=伊勢ケ浜)の2人だった。

関連するニュースを読む

「押し1本」武将山が執念の下手投げ 新十両へ前進

竜虎(右)を攻める武将山(撮影・鈴木正人)

<大相撲初場所>◇12日目◇21日◇東京・両国国技館

東幕下2枚目武将山(25=藤島)が7番相撲で勝ち越しを決め、来場所の新十両昇進に前進した。東十両14枚目竜虎を破って4勝3敗とした。

得意ではない四つ身で白星をもぎとった。相手が立ち合いで変わったが「(頭には)多少あった」と武将山。本来は押し相撲で、左四つになってしまい「相撲は全然だめだった」と振り返る。それでも左下手でまわしを離さず、最後は執念の下手投げ。「どんなかたちになっても、諦めないことだけを考えた」と胸を張った。

自己最高位の今場所は1番相撲から3連勝と最高のスタートを切ったものの、そこから3連敗で後がない状況だった。師匠の藤島親方(元大関武双山)からは「『器用なことができるわけじゃない。押し1本しかできないんだから』と言われた」と、ハッパをかけられた。勝てば新十両昇進に近づく一番でも「新十両とかそういうのは考えていない。日々稽古をして、どの番付でも勝ち越せるように頑張るだけ」と無心を強調した。

竜虎(右)を下手投げで破る武将山(撮影・鈴木正人)
竜虎を破り勝ち名乗りを受ける武将山(撮影・河野匠)
竜虎を下手投げで破り土俵を引き揚げる武将山(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

武将山が痛い黒星「弱いから負けたんだと思います」

武将山(右)を突き落としで破る錦富士(撮影・河田真司)

<大相撲初場所>◇9日目◇18日◇東京・両国国技館

東幕下筆頭の武将山(25=藤島)が、痛い星を落とした。錦富士と激しい攻防の末、土俵際で突き落としを食らった。

「ダメでした。弱いから負けたんだと思います。稽古します」。自己最高位で勝ち越しをかけた一番。勝てば新十両へ前進していただけに、表情も曇る。「1日一番なんで集中してやりたい。自分の相撲を取りきることだけを考えて頑張ります」と残り2番に関取の座をかける。

武将山(右)を錦突き落としで破る錦富士(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

宇良、けが克服しての勝ち越しに「本当にうれしい」

武将山(手前)をはたき込みで破る宇良(撮影・鈴木正人)

<大相撲7月場所>9日日◇27日◇東京・両国国技館

東幕下19枚目の元幕内・宇良(28=木瀬)が、勝ち越しを決めた。

武将山(藤島)の突き押しをよく見てかわしながら、最後は左手で首をつかみながらのはたき込みを決めた。「相手は押しが強い。気持ちで負けないようにいきました」と振り返り、「押し相撲の相手に押し合うことができた。力がついてきたというか、リハビリをやってきたかいがあったなという思い」。長期離脱の原因、手術した膝の感触を確かめる白星となった。

「前にけがをした時、同じぐらいの地位で2勝3敗から休場で負け越した。前回の自分を超えられたのはうれしいですね」。19年初場所、西幕下23枚目での悪夢がよみがえる。克服しての勝ち越しに「今場所も怖い部分があった。勝ち越せるとは思わなかった。本当にうれしい」とかみしめた。

4勝1敗とし、来場所はさらに関取復帰へ近づく。「けがしないよう、力強い相撲を心がけて残り2番頑張りたい」。より地位を上げるためにも、残り2番に全力を注ぐ。

武将山(手前)をはたき込みで破る宇良(撮影・鈴木正人)
武将山を破り、勝ち名乗りを受ける宇良(撮影・河田真司)  

関連するニュースを読む

大鵬の孫納谷が負け越し「我慢しきれなくて引いた」

武将山(奥)は納谷を突き落としで破る(撮影・前岡正明)

<大相撲名古屋場所>◇12日目◇18日◇ドルフィンズアリーナ

元横綱大鵬の孫、西幕下6枚目納谷(19=大嶽)が6番相撲で東幕下9枚目武将山(23=藤島)に敗れ、今場所の負け越しが決まった。2勝4敗。

立ち合いから猛然と前に出たが、突っ張り合いの末、我慢できずに引いてしまった。「最後は我慢しきれなくて引いてしまった」と肩を落とした。

幕下10枚目圏内は今場所が初めてだった。「戦う相手はそんなに変わらないけど、違うなと思うところはあった。一番に懸ける思いとか、スキがない」。連続勝ち越しは4場所でストップ。それでも白星を挙げた2番を含めて、確かな手応えがある。「今日もいい相撲は取れていた。不完全燃焼というのはない」と前を向いた。

武将山に引き落としで敗れた納谷(撮影・前岡正明)

関連するニュースを読む

元横綱大鵬の孫納谷が充実6勝「自信ついた」風格も

納谷(左)は武将山を突き出しで破る(撮影・柴田隆二)

<大相撲夏場所>◇13日目◇24日◇東京・両国国技館

元横綱大鵬の孫で、東幕下22枚目の納谷(19=大嶽)が、6勝1敗で今場所を終えた。

西幕下15枚目の武将山(藤島)に、立ち合いこそ押し込まれたが、すぐに突き返して危なげなく勝ちきった。「(突きの)高さをしっかり合わせて、慎重に1発ずつ当たるようにいこうと思っていて、それ通りにできた」と、取り口同様に冷静に振り返った。

今場所は、7戦全勝で幕下優勝した貴ノ富士に敗れたものの、あとは完勝という内容が続いた。「星だけでいえば、あと1番だったので、負けるよりは勝った方がいい。でも内容は悪くない。先場所も6勝、今場所も6勝だけど、今場所の方が全然(内容は)いい」と、納得した表情で話した。

先場所までとの違いは「気持ち。前までは『勝てるかな』『負けたらどうしよう』という気持ちだった。でも今場所は『絶対に勝つ』という気持ちだった。そこが違う」と、内面の差だと明かした。続けて「自信がついたのと、いい意味で慣れてきたのかなと思う」と、冷静さも今場所の充実の要因と分析した。

来場所は、新十両昇進の可能性が出てくる、幕下15枚目以内へと番付を上げることが確実な成績を収めた。それでも「貴ノ富士さんとの一番のように、チャンスと思うと抱えてしまうのが課題」と分析。

来場所については「番付のことは、なってみないと分からない。しっかり集中して(勝ち越しの)4番勝って、その次のことは、そこから考えたい」と、どこか風格すら漂わせながら話していた。

関連するニュースを読む