上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

K1王者武居、涙でKrush53キロ級の王座返上

涙でKrush53キロ王座を返上した武居由樹(左)(C)M-1 Sports Media

 K-1第2代スーパー・バンタム級(55キロ)王者・武居由樹(20)が22日、都内で会見し、Krush53キロ級の王座を返上した。

 昨年6月に同級初代王座に就き、同年12月に初防衛に成功した武居は4月にK-1王座も獲得した。次戦は軍司泰斗(18)とKrushの防衛戦を行う予定だったが、2階級で試合を行っていくにあたり、血液検査とドクターチェックを行ったところ「成長ホルモンの分泌異常から来る過敏性腸症候群」であることが判明した。

 これは成長ホルモンの分泌がやや少なく、体重増や成長の妨げになっているというもの。医師からは減量の負担が少ない階級で試合をするべきだと勧められたという。

 「両方の階級で防衛戦を行うつもりだったので、何とも言えない」という武居。「中途半端な気持ちで取ったベルトではないので、返すのは辛い。もしも次のチャンピオンが中途半端な試合をしているようだったら、身体を壊してでも僕がベルトを取りに行く」と涙を浮かべて言葉を絞り出した。

 武居の王座返上に伴い、第2代同級王座決定戦を行うことが決まった。タイトル挑戦権を持っていた軍司が赤コーナー、「Krush・76」5・28後楽園大会で対戦する隆聖-隼也ウィラサクレックの勝者が青コーナーとなる。決定戦の日程は28日以降に発表される。

関連するニュースを読む

閉じる

「新K-1伝説」武居由樹-オルデンら迫力シーン

 テレビ東京「新K-1伝説」は毎週金曜日深夜に放送されるが、第83回の19日は深夜2時から、4・22K-1代々木大会で行われた第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント1回戦、石田圭祐-チャールズ・ボンジョバーニ、武居由樹-アントニオ・オルデンを放送する。

 軽量級ならではのスピード、そして、迫力あるKOシーンは見逃せない。

 さらに、来る6月18日のK-1さいたまスーパーアリーナ・コミュニティーアリーナ大会から、第2代スーパー・ウエルター級王座決定トーナメント1回戦、城戸康裕-ジョーダン・ワトソン、K-1 WGPライト級タイトルマッチ、王者ウェイ・ルイ-挑戦者ゴンナパー・ウィラサクレックも特集する。

関連するニュースを読む

閉じる

武居由樹「楽しくて記憶ない」足立区パレード熱望

リラックスした服装で優勝会見に臨んだ武居由樹

 「K-1 WGP 2017」(22日、東京・代々木第2体育館、日刊スポーツ新聞社後援)の、第2代スーパー・バンタム級(55キロ)王座決定トーナメントで優勝した武居由樹(20)が23日、都内で公開会見に臨み、ファンに笑顔を見せた。

 大会前日会見で宣言した3試合KO勝ちこそ逃したが、2KOとフルマークの判定勝ちは文句の付けようがない内容。しかし、武居は「1回戦は緊張の上、相手オルデンの圧力を感じてやりにくかった。会長に怒られた」と反省した。その一方で「昨日は夢の中で戦っている感じだった。楽しくて各試合の記憶がない」と笑った。

 今回の戴冠で、Krush53キロと併せ、2つの王座に就いた武居。「両方防衛できればと思う。(試合が)決まった方の体重に合わせられるよう、普段からコントロールしていきたい」とさらなる精進を誓った。

 「初代(武尊)がすごいチャンピオンだったので、このベルトの価値を下げないように努力したい」という武居。最後に自分への今回のご褒美について聞かれると、冗談めかして「(地元の)足立区でパレードでもやってもらえたら」と、武尊も考えつかないアイデアで、ファンを笑わせていた。

関連するニュースを読む

閉じる

武居由樹が久保破り頂点「自分が疲れる試合をした」

鋭いキックで試合の主導権を握った武居由樹(左)。右は久保賢司

<K-1:WGP 2017>◇22日◇東京・代々木第2体育館

 「K-1 WGP 2017」が22日、東京・代々木第2体育館で行われ、武尊が返上したベルトを争う第2代スーパーバンタム級王座決定トーナメントで武居由樹(20)が優勝した。決勝で久保賢司(28)に3-0で判定勝ちした。

 武居は1回戦でオルデンに3回2分31秒KO勝ち、準決勝で石田に1回1分32秒KO勝ちして勢いに乗った。決勝はKOこそ逃したが、得意のワンツーにキックを加えた攻撃で終始圧倒。ジャッジ3人とも30-27のフルマークで完勝した。

 「1回戦は自分の思った通りに動けなかった」と言う。しかし、準決勝以降は本来の動きを取り戻した。「会長から『楽しんでやれ』と言われた。いっぱい動いて自分が疲れるような試合をした」といつものユニークコメント。それでいて「今ダメージはない」と言い報道陣をけむに巻いた。

 55キロのスーパー・バンタム級王者となり、Krush53キロ王者と併せ、体重の違う2つの王座に就いた。「今後はジムのみんなと相談してやっていく」と、ともに防衛していく構想も明かした。「K-1チャンピオンらしい選手になっていきます」。新生K-1に、また若いスター候補が現れた。

関連するニュースを読む

閉じる

武居由樹がバンタム級王座に K-1WGP結果

K-1ガールズに囲まれ照れる武居由樹(中央)

 「K-1 WGP 2017」(日刊スポーツ新聞社後援)は22日、東京・代々木第2体育館で行われ、武尊(25)が返上したベルトを争う第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントで武居由樹(20)が優勝した。武居は決勝で久保賢司(28)に3-0で判定勝ちした。

 王者ゲーオ・ウィラサクレック(32=タイ)に山崎秀晃(30)が挑んだスーパー・ライト級タイトルマッチは、ゲーオが2度目の防衛に成功した。

◆プレリミナリーファイト第1試合

 K-1 スーパー・フェザー級 3分3ラウンド

 ○西京佑馬 KO(1回2分48秒) ×小久保裕気

◆プレリミナリーファイト第2試合

 K-1 ライト級 3分3ラウンド

 ○上田誠也 判定(3-0) ×将~masa~

◆プレリミナリーファイト第3試合

 K-1 スーパー・ウエルター級 3分3ラウンド

 ○和島大海 TKO(1回1分13秒) ×記村一成

◆第1試合

 K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・リザーブファイト

 3分3ラウンド、延長1ラウンド

 ○伊沢波人 判定(延長2-1) ×鈴木優也

◆第2試合

 K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・1回戦(1)

 3分3ラウンド、延長1ラウンド

 ○石田圭祐 KO(2回1分43秒) ×チャールズ・ボンジョバーニ

◆第3試合

 K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・1回戦(2)

 3分3ラウンド、延長1ラウンド

 ○武居由樹 KO(3回2分31秒) ×アントニオ・オルデン

◆第4試合

 K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・1回戦(3)

 3分3ラウンド、延長1ラウンド

 ○寺戸伸近 判定(延長2-1) ×ジェイミー・ウィーラン

◆第5試合

 K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・1回戦(4)

 3分3ラウンド、延長1ラウンド

 ○久保賢司 判定(3-0) ×ソン・ダーチェン

◆第6試合

 K-1 ヘビー級スーパーファイト

 3分3ラウンド、延長1ラウンド

 ○KOICHI KO(3回38秒) ×K-Jee

◆第7試合

 K-1 スーパー・ライト級スーパーファイト

 3分3ラウンド、延長1ラウンド

 ○大和哲也 KO(2回58秒) ×HIROYA

◆第8試合

 K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・準決勝(1)

 3分3ラウンド、延長1ラウンド

 ○武居由樹 KO(1回1分32秒) ×石田圭祐

◆第9試合

 K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・準決勝(2)

 3分3ラウンド、延長1ラウンド

 ○久保賢司 TKO(2回3分6秒) ×寺戸伸近

◆第10試合

 K-1 フェザー級スーパーファイト

 3分3ラウンド、延長1ラウンド

 ○武尊 KO(3回2分23秒) ×ビクトー・サラビア

◆第11試合

 K-1 スーパー・ライト級タイトルマッチ

 3分3ラウンド、延長1ラウンド

 ○(王者)ゲーオ・ウィラサクレック 判定(3-0) ×(挑戦者)山崎秀晃

◆第12試合

 K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・決勝

 3分3ラウンド、延長1ラウンド

 ○武居由樹 判定(3-0) ×久保賢司

関連するニュースを読む

閉じる

K1・53キロ王者武居「全試合KOで」世界王座を

1回戦の相手アントニオ・オルデン(右)に闘志を燃やした武居由樹(撮影・吉池彰)

 20歳のKrush53キロ王者・武居由樹が21日、K-1世界王座獲得を宣言した。

 22日開催の「K-1 WGP 2017」(東京・代々木第2体育館、日刊スポーツ新聞社後援)で、第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントに出場する武居は21日、都内で行われた公開計量、記者会見で決意を新たにした。

 3月11日のファン集会で、優勝候補のKrush55キロ王者・寺戸伸近(36)から決勝の対戦相手に指名された武居。あれから1カ月余りで仕上がった体を見せた。

 リミットいっぱいの55キロで計量をパスすると「減量もきつくなかったし、パワーでも負けない。全試合KOで勝つ」と気合を入れた。そして「明日はきついと思うので、今日は早めに寝ます」と言って会場を笑わせた。同トーナメントでは、1回戦でアントニオ・オルデン(25=スペイン)と対戦する。

 その他の1回戦カードは石田圭祐(21)-チャールズ・ボンジョバーニ(30=フランス)、寺戸伸近(36)-ジェイミー・ウィーラン(22=英国)、久保賢司(28)-ソン・ダーチェン(21=中国)。リザーブファイトとして、伊沢波人(24)-鈴木優也(29)が組まれている。

関連するニュースを読む

閉じる

22日の「K-1 WGP 2017」試合順が決定

先月、ビクトー・サラビアの等身大写真を横にファンにKOを誓った武尊(撮影・吉池彰)

 22日に東京・代々木第2体育館で行われる「K-1 WGP 2017」(日刊スポーツ新聞社後援)の試合順が決まり、15日に主催のK-1実行委員会が発表した。

◆プレリミナリーファイト第1試合

K-1 スーパー・フェザー級 3分3ラウンド

小久保裕気-西京佑馬

◆プレリミナリーファイト第2試合

K-1 ライト級 3分3ラウンド

上田誠也-将~masa~

◆プレリミナリーファイト第3試合

K-1 スーパー・ウエルター級 3分3ラウンド

和島大海-記村一成

<開会式>

◆第1試合

K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・リザーブファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

伊沢波人-鈴木優也

◆第2試合

K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・1回戦(1)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

石田圭祐-チャールズ・ボンジョバーニ

◆第3試合

K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・1回戦(2)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

武居由樹-アントニオ・オルデン

◆第4試合

K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・1回戦(3)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

寺戸伸近-ジェイミー・ウィーラン

◆第5試合

K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・1回戦(4)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

久保賢司-ソン・ダーチェン

◆第6試合

K-1 ヘビー級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

KOICHI-K-Jee

◆第7試合

K-1 スーパー・ライト級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

HIROYA-大和哲也

<休憩>

◆第8試合

K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・準決勝(1)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

1回戦(1)勝者-1回戦(2)勝者

◆第9試合

K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・準決勝(2)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

1回戦(3)勝者-1回戦(4)勝者

◆第10試合

K-1 フェザー級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

武尊-ビクトー・サラビア

◆第11試合

K-1 スーパー・ライト級タイトルマッチ

3分3ラウンド、延長1ラウンド

(王者)ゲーオ・ウィラサクレック-(挑戦者)山崎秀晃

◆第12試合

K-1 WGP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・決勝

3分3ラウンド、延長1ラウンド

準決勝(1)-準決勝(2)勝者

関連するニュースを読む

閉じる

K1寺戸伸近、武居由樹と決勝対決をファンに予言

ファンに武居由樹(左)との決勝対決を予言した寺戸伸近(中央)(撮影・吉池彰)

 「K-1 WGP 2017」(4月22日、東京・代々木第2体育館、日刊スポーツ新聞社後援)の、第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントに出場する寺戸伸近(36)が11日、ファンに武居由樹との決勝対決を予言した。

 寺戸はこの日、東京スカイツリータウンで行われたK-1の「4・22代々木大会・大決起集会!」に出演。世界タイトル獲得を誓った。

 Krush55キロ現王者の寺戸は、1回戦の相手ジェイミー・ウィーラン(英国)が57・5キロから55キロに落として参戦することを踏まえ、「僕には強いのを当ててくるなと思った。厳しい戦いになる」と気を引き締めた。

 しかし、勝利のイメージはできている様子で「決勝の相手は武居選手と予想している。スピードとテクニックがある」と20歳との16歳差対決を思い描いていた。

関連するニュースを読む

閉じる

王者大雅も来る、11日K1「大決起集会」

弱冠20歳の新世界王者・大雅(C)M-1 Sports Media

 K-1の「4・22代々木大会・大決起集会!」は11日午後6時30分から、東京スカイツリータウン・ソラマチイーストヤード5階、J-COM Wonder Studioで行われるが、スーパー・フェザー級新世界王者・大雅の出演が決まった。

 同集会は「K-1 WGP 2017」(4月22日、東京・代々木第2体育館、日刊スポーツ新聞社後援)を、ファンにアピールするために、観覧無料で開かれるもの。

 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント出場の寺戸伸近、武居由樹、石田圭祐、久保賢司をはじめ、スーパー・ファイト出場のフェザー級世界王者・武尊も出演するが、2月25日に前王者・卜部弘嵩から王座を奪取したばかりの大雅も姿を見せる。

 そのほかの出演ファイターは山崎秀晃、HIROYA、大和哲也、KOICHI。K-1公式サポーターの関根勤、K-1ガールズも参加する。ファンにはたまらない顔ぶれだ。

 【問い合わせ】グッドルーザー=03・6450・5470、K-1=http://www.k-1wg.com/

 <主催>K-1実行委員会<企画・制作>M-1スポーツメディア<協力>GAORA SPORTS

関連するニュースを読む

閉じる

K-1公式サポーター関根勤参加 11日に決起集会

 「K-1 WORLD GP 2017」(4月22日、東京・代々木第2体育館、日刊スポーツ新聞社後援)のファン集会が11日午後6時30分から、東京スカイツリータウン・ソラマチイーストヤード5階、J-COM Wonder Studioで行われる(観覧無料)。

 「4・22代々木大会・大決起集会!」のタイトルで開催され、第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントなどの出場ファイターをはじめ、K-1公式サポーターの関根勤も参加する。

 同トーナメント1回戦では石田圭祐-チャールズ・ボンジョバーニ(フランス)、武居由樹-アントニオ・オルデン(スペイン)、寺戸伸近-ジェイミー・ウィーラン(英国)、久保賢司-リャン・ボーユー(中国)が対戦。リザーブファイトには鈴木優也-伊沢波人が組まれた。

 【問い合わせ】グッドルーザー=03・6450・5470、K-1=http://www.k-1wg.com/

 <主催>K-1実行委員会<企画・制作>M-1スポーツメディア<協力>GAORA SPORTS

関連するニュースを読む

閉じる

寺戸伸近「面白くすることにした」王座決定T出場

対戦相手のパネルを横に気合を入れる、左から石田、武居、寺戸、久保のトーナメント出場選手(C)M-1 Sports Media

 「K-1 WGP 2017」(4月22日、東京・代々木第2体育館、日刊スポーツ新聞社後援)の第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント出場選手決定記者会見が29日、都内で行われ、Krush55キロ王者の寺戸伸近(36)ら選手8人と対戦カードが発表された。

 同級のタイトルは初代王者・武尊(25)が返上したもの。武尊はフェザー級に転向、K-1初の2階級制覇を達成した。今回は空位となった王座を争う。

 かつて全日本キックボクシング連盟バンタム級王者など3団体のベルトを持ち、「キック3冠王」だった寺戸は、昨年11月の初代フェザー級王座決定トーナメントで武尊と対戦したジェイミー・ウィーラン(22=英国)と、1回戦で顔を合わせる。

 「最初にオファーをもらった時は出るつもりがなかった。でもトーナメントの(日本人)メンバーを見て、これじゃパッとしないんで俺が出て面白くすることにした」という寺戸。「ウィーランはアグレッシブで危険な選手。上の階級から(体重を)落としてくるので、それに対抗する力をつけて臨みたい」とやる気を見せた。

 そして、「武尊選手の試合で、K-1のスーパー・バンタム級は激しいKOが見られる階級だと思われている。ファンを裏切らないようにKOを見せる」と、寺戸は世界王座獲得に照準を合わせた。

 その他の1回戦のカードは石田圭祐(21)-チャールズ・ボンジョバーニ(30=フランス)、武居由樹(20)-アントニオ・オルデン(25=スペイン)、久保賢司(27)-リャン・ボーユー(22=中国)に決まった。

関連するニュースを読む

閉じる

平本蓮-デルバール戦特集 19日「新K-1伝説」

新生K-1の申し子、平本蓮(C)M-1 Sports Media

 テレビ東京「新K-1伝説」は毎週木曜日深夜に放送されるが、第66回の19日は深夜1時35分から、「K-1 WGP 2017」2・25代々木大会の「初代ライト級王座決定トーナメント」1回戦、平本蓮-ブリース・デルバールを特集する。

 現在、18歳の平本は、これまで5勝3敗の戦績。しかし、2014年K-1甲子園王者として17歳の時から強豪と対戦し、3敗も佐々木大蔵らに僅差判定負けという実力を持つ。「新生K-1の申し子」として、2017年にかかる期待は大きい。

 また、番組では、昨年12月18日に行われた「Krush・71」後楽園ホール大会のKrush53キロタイトルマッチ、武居由樹-隆聖も放送される。

関連するニュースを読む

閉じる

新K1伝説12・8放送は久保優太-牧平圭太など

激しいキックの応酬を見せた久保(右)と牧平(C)M-1 Sports Media

 テレビ東京「新K-1伝説」は毎週木曜日深夜に放送されるが、第61回の8日は深夜1時35分から、「K-1 WGP 2016」(11月3日、東京・代々木第2体育館、日刊スポーツ新聞社後援)のスーパーファイト2試合をおくる。

 放送するのはスーパー・ウエルター級のサニー・ダルベック-城戸康裕、ウエルター級の久保優太-牧平圭太。ともに激闘を繰り広げるが、スーパー・ウエルター級では1回に、ウエルター級は2回に、見逃せないシーンがある。

 番組ではさらに、12月18日の「Krush・71」後楽園ホール大会で行われるKrush53キロタイトルマッチ、王者・武居由樹-挑戦者・隆聖も特集する。

関連するニュースを読む

閉じる