上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

堤聖也「デビュー戦のつもりで」バンタム級T制す

3回KO勝ちで、B級トーナメントのバンタム級決勝を制した堤聖也

<プロボクシング:B級トーナメント決勝>◇4日◇東京・後楽園ホール◇857人


今年3月にプロデビューした堤聖也(22=ワタナベ)がバンタム級トーナメントを制した。

稲元純平(19=熊谷コサカ)との決勝では、2回に右ショートで先制のダウンを奪取。さらに強烈な右ストレートでぐらつかせた。3回にはスピード感あるパンチで相手を左目上カットに追い込み、そのままドクターストップ。同回1分35秒、TKOで優勝を飾り「今日は良い経験になりました。周囲のアドバイスも聞こえてきて、その声で修正ができました」と満足げに振り返った。

過去2戦はいずれも外国人相手に1回KO勝ちをおさめている。「2試合で計3分も戦っていないので、今日はデビュー戦のつもりで戦いました」と振り返る。身長165センチのオーソドックスながら、スイッチもできる万能タイプ。アマチュア経験も抱負で、今春に平成国際大を卒業し、尊敬する元WBA世界スーパーフェザー級王者内山高志氏が所属していたワタナベジムに入門していた。

今月24日に世界最速の3階級制覇に挑む田中恒成(畑中)、元WBC世界フライ級王者比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)、3階級制覇王者井上尚弥の弟で来週11日にWBC世界バンタム級次期挑戦者決定戦を控える井上拓真(大橋)とアマ時代は同学年。

「プロ1年目で日本ランキング入り」を目標に掲げる堤は「バンタム級でもスーパーフライ級でも問題ないです。次は日本ランカーと戦いたいです」と意欲を示した。

関連するニュースを読む

英タイソン・フューリーが復帰2連勝 ボクシング


 ボクシング元世界ヘビー級統一王者タイソン・フューリー(30=英国)が復帰2連勝を飾った。18日に英アイルランド・ベルファストでのノンタイトル10回戦で、フランチェスコ・ピアネッタ(イタリア)に大差の判定勝ちを飾った。

 初回に相手の連打をノーガードで再三かわして会場を沸かせたが、攻撃ではジャブから右ストレートと基本にパターンで見せ場は作れず。6回に連打で攻勢、終盤はサウスポーで攻勢も判定となった。レフェリーのみが採点し、100-90のフルマークで6月の2年7カ月ぶりの再起から2連勝となった。

 勝利コールとともに、WBC王者デオンタイ・ワイルダー(32=米国)がリングインした。2人はフェイスオフ。フューリーは「今夜は10回かかったが、ラスベガスではお前をノックアウトする」とほえれば、ワイルダーは「この試合は必ず実現する。ベストとベストの対決だ」とアピール。11月か12月にラスベガスで対戦が見込まれている。

 WBC世界フライ級タイトルマッチは、王者クリストファー・ロサレス(ニカラグア)が4回KO勝ちした。4月に日本で計量失格の比嘉大吾(白井・具志堅)からを奪ったベルトの初防衛を果たした。

関連するニュースを読む

拳四朗、一撃でKO!ロペスを破り3度目の王座防衛

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ 拳四朗対ロペス 拳四朗対ガニガン・ロペス 入場時にDJ KOO(手前)とグータッチする拳四朗(撮影・滝沢徹郎)

<WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ>◇25日◇東京・大田区総合体育館◇12回戦◇リミット48・9キロ


 王者拳四朗(26=BMB)が前王者で同級1位のガニガン・ロペス(37=メキシコ)を破り、3度目の防衛に成功した。

 2回1分45秒すぎ、強烈な右パンチを相手ボディーに叩き込むと、ロペスはたまらず前のめりにダウン。2回1分58秒、この一撃であっさりと勝負を決めた。

 拳四朗は「最初1ラウンドは緊張してドキドキでした。自分の距離が取れていたので、いけるかなと思った」と喜びのコメント。ボディー一撃で仕留めたことを問われると「昨日の夜ごはんの時に(父がボディーへのパンチを)ワーワーしゃべっていて、それでいけるとは…。倒せてよかった」と満面の笑みを浮かべた。

 1年ぶりの再戦は、王者と挑戦者という「立ち位置」が逆になったリマッチだった。王座奪取へと攻める挑戦者に対し、王者はベルトを守る意識が高まる。立場の変化がプラスに働くのか、それともマイナスに動くのか-。笑顔がトレードマークの拳四朗は、ロペスの迎撃を前向きにとらえた。「2回目なので今度はしっかりと倒していきたい。今回は倒します」。V2王者らしく、揺るぎない自信をみなぎせリングに立った。

 1度は拳を交えたベテランのサウスポー。戦いにくい相手であることを身を持って知っているだけでも、精神的なアドバンテージがある。1年前は12回判定で2-0の僅差判定で王座を奪った。WBC独自の公開採点で劣勢を知ったロペスに後半追い上げられた展開でもあった。王座奪回に執念を燃やすであろう11歳年上のロペスに対し「距離感が独特でやりにくい相手だけど、序盤から積極的に攻めて下がらせたい」との戦略を口にしていた。

 もともと4月15日、WBA世界ミドル級王者村田諒太、前WBC世界フライ級王者比嘉大吾とのトリプル世界戦で行われる予定だった一戦だ。両陣営の了承を受けた主催者サイドの日程再調整で約1カ月ほどスライドし、3階級制覇に挑む井上尚弥(25=大橋)とのダブル世界戦になった。結果的に、前回のロペス戦では見送られた地上波での試合生中継が実現することになった。「KO勝利して、もっと有名になる」との宣言を後押しする環境が整った。自然と気持ちも高揚していた。

 前回の試合間隔は2カ月だったが、今回は5カ月弱と十分すぎる調整期間もあった。既に2月上旬、三迫ジム勢と一緒に神奈川・茅ケ崎で3泊4日に合宿を消化した。砂浜での計90キロ以上のロードワークで強靱(きょうじん)な下半身をつくりあげてきた。3月上旬に1週間、そして4月下旬から5月上旬までフィリピン遠征を敢行し、実戦トレーニングにも着手してきた。サウスポー対策を練りながらのスパーリング合宿には十分な手応えがあった。

 「サウスポーには距離の長い左ジャブをいかに当てるかがポイント」と師匠である父の寺地永会長は指摘する。その上で「前回のロペス戦は初の世界挑戦で十分な力を出せずにギリギリの勝利だった。1度戦っているので、今回は(ロペスの動きを)読みやすい。前回、最後の打ち合いは打ち負かした。あの後半に見せた打ち合いを早いラウンドで出せれば」と早期のKO勝ちまで予想していた。

 この1年間、ロペス戦を含めて3度の世界戦を経験した。拳四朗は「防衛ごとに自信はついている。8回ぐらいに倒したい」とKO勝利に意欲的だ。今や勝利後も決めポーズとなりつつある、両手でのピースサインをリング上で再び披露することを意識しながら、リターンマッチを締めくくった。

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ 拳四朗対ロペス 2回、拳四朗は(奥)は右ボディーでロペスをノックアウトする(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

比嘉処分 ジムは真摯な姿勢示すべき/記者の目

比嘉大吾(右)、具志堅用高会長


 日本ボクシングコミッション(JBC)は25日、体重超過でWBC世界フライ級王座を剥奪された比嘉大吾(22=白井・具志堅)に、ボクサーライセンス無期限停止処分を下した。ファイトマネー相当額の20%を制裁金とし、復帰には1階級以上上げることを義務付けた。処分停止解除は定期的に体調管理報告などを受け、総合的に勘案して決める。具志堅会長、野木トレーナー、滝田マネジャーは戒告処分。世界戦で日本人初の失態に過去例のない重い処分となった。

      ◇       ◇

 比嘉の処分発表前、26日のIBF世界2位決定戦の前日計量があった。日本人対決の両者はほれぼれするような肉体で、リミットにピタリだった。耳に残る一言がある。ネリが2・3キロ超過の瞬間、山中が吐き捨てた「ふざけるな!」。外国人の失敗はよく見てきたが、日本人が失敗するとは思いも寄らなかった。

 試合間隔の短さ、筋肉増強のフィジカルトレ、体質…。理由はいろいろだろうが、ジムの管理責任は重い。計量2日前の予備検診では見る影もない姿だった。その夜は他選手の試合で、戒告処分の3人は比嘉と別行動だった。危機感があったのだろうか。

 「あってはならない事態を引き起こしてしまったことを深く反省しております。JBCの処分を厳粛に受け止め、選手の健康管理を徹底する所存です。お騒がせ致しましたことをあらためて心よりおわび申し上げます」。ジムはコメントを出すにとどまった。せめて真摯(しんし)な態度、姿勢を示す会見をすべきだった。【河合香】

関連するニュースを読む

比嘉ライセンス無期限停止 体重超過失態に重い処分

報道陣に処分を説明する日本ボクシングコミッションの安河内事務局長


 日本ボクシングコミッション(JBC)は25日、体重超過でWBC世界フライ級王座を剥奪された比嘉大吾(22=白井・具志堅)に、ボクサーライセンス無期限停止処分を下した。ファイトマネー相当額の20%を制裁金とし、復帰には1階級以上上げることを義務付けた。処分停止解除は定期的に体調管理報告などを受け、総合的に勘案して決める。具志堅会長、野木トレーナー、滝田マネジャーは戒告処分。世界戦で日本人初の失態に過去例のない重い処分となった。

 JBCは前日24日にジムから報告書が届くと、この日午前に倫理委員会を開いた。比嘉が900グラム超過で世界戦では日本人初の計量失敗、王座剥奪の上にギブアップで9回TKO負けから10日目。階級制スポーツに反する大失態に、処分は厳しいものとなった。

 安河内事務局長は「影響は計り知れなく、懲罰の意味で重い処分とした。日本の宝であり、将来を見据えた救済も考えた」と説明した。体重超過は過去1年間停止が最長も、興行優先で途中解除した例もある。「期限を設けて再起ありきではない」とし、処分解除は定期的に健康状態や管理報告を受けて判断していく。

 倫理委員会では再発防止策として、体重超過への罰則規定も話し合われた。5月中旬までにまとめる予定だが、制限体重を3%超過した場合は、再計量もせずに試合中止とする規定を設ける方針を明かした。

 世界戦は認定団体との合意が必要だが、安河内事務局長は「階級制であり、フェアが条件の競技。日本が世界の流れをつくっていきたい」と話した。JBCでは当日計量も実施し、8%超過選手には昇級を勧告している。今後は2回目の8%、1回目も12%超過選手は強制的に昇級させる考えも示した。

 3月に山中の世界再挑戦で体重超過した王者ネリは、日本から永久追放となった。国内では今年、体重超過がすでに6件と増加傾向にあり、計量失敗で棄権した日本王者もいる。今、ボクシング界のあり方が問われている。【河合香】

関連するニュースを読む

体重超過した比嘉大吾にライセンス無期限停止処分

ロサレスに破れ、一礼する比嘉大吾(2018年4月15日撮影)


 日本ボクシングコミッション(JBC)は25日、体重超過でWBC世界フライ級王座を剥奪された比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)にライセンス無期限停止処分を下した。また、制裁金としてファイトマネー相当額の20%を徴収する。前日にジムからの報告書が届いたことを受けて、この日倫理委員会を開いて協議した。体重超過では過去例のない最も重い処分となった。

 さらに次戦は1階級以上上げて試合を実施することを義務付けた。管理責任としてクラブオーナーの具志堅用高会長、野木丈司トレーナー、瀧田通子マネジャーに対して、管理責任懈怠(けたい)を理由に戒告処分を課した。無期限停止解除は、定期的なコンディションの管理報告、健康状態報告などを受け、総合的に勘案して決定するとした。

 処分理由は「階級制を前提としたプロ競技スポーツであるボクシングに対する社会的信用を著しく毀損(きそん)する行為である。また、世界タイトルマッチにおける公式計量で日本選手が失格となったことは長い日本プロボクシング史上一度もなく、この点からもボクシングファンの信頼並びに社会的なボクシングに対する信頼を揺るがす結果となった」とした。

 比嘉は制限体重を900グラムオーバーし、世界戦に出場する日本選手として初の計量失敗。9回TKO負けした15日の試合後には入院し、既に退院したが今も体調回復に努めているという。

 安河内事務局長は「影響は計り知れなく、懲罰の意味で厳しい処分となった。犯罪とは違い、日本の宝であり、救済の観点も必要と総合的に勘案した」と説明した。今後については「ジムや本人とまず話し合い、その後は定期的に報告を受けながら解除を判断していく。再起ありきにはしない」と話した。

 倫理委員会では再発防止策として、体重超過への罰則規定についても話し合われた。5月中旬までにまとめる方針だが、制限体重の3%超過で試合中止とする規定を設けるという。世界戦は認定団体の承認が必要だが、安河内事務局長は「階級制であり、フェアが条件。日本が世界の流れをつくっていきたい」とも話した。

 白井・具志堅ジムは「このたびは比嘉大吾の計量失格という、あってはならない事態を引き起こしてしまった事を深く反省しております。比嘉は試合後、検査のために入院しましたが、現在は退院しております。JBCの処分を厳粛に受け止め、選手の健康管理等を徹底する所存です。お騒がせ致しましたことを、あらためて心よりおわび申し上げます」とのコメントを出した。

関連するニュースを読む

比嘉体重超過でJBCに報告書、近日中に処分検討へ

比嘉大吾(右)、具志堅用高会長


 日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長は24日、体重超過のためWBC世界フライ級王座を剥奪された比嘉大吾が所属する白井・具志堅スポーツジムから報告書が同日に届いたことを明らかにした。近日中に倫理委員会を開き処分を検討する。

 長期出場停止の可能性もあり、安河内事務局長は「しっかり精査して判断する」と述べた。比嘉は制限体重を900グラムオーバーし、世界戦に出場する日本選手として初の計量失敗となった。9回TKO負けした15日の試合後には入院したが、既に退院し体調回復に努めている。

関連するニュースを読む

京口紘人5・20V2戦、相手はパッキャオ援助の男

今年に入って新調した「バンクール」社製のスーツを着用して会見に臨んだ京口


 ボクシングIBF世界ミニマム級王者京口紘人(24=ワタナベ)が5月20日に東京・大田区総合体育館で、WBA世界ライトフライ級7位ビンス・パラス(19=フィリピン)と2度目の防衛戦に臨むことが23日、発表された。1階級上の挑戦者はIBFに転級申請済みで、来月発表の同団体ミニマム級最新ランキングに入る見通しだという。

 13勝無敗のパラスは、幼少時代に出会った元6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の心遣いで、病気の父の治療費などの援助を受けていた。路上でゴミを集めて働くなど苦労を重ねながら、パッキャオを目指し、プロボクサーになったという。

 都内のジムで会見した京口は「ハングリーな選手だと思うので、そういった選手にしっかり勝ちきることが、成長につながる」と気合を入れ直した。また親交の深い前WBC世界フライ級王者比嘉大吾の体重超過については「プロなので何も言い訳にならない」とあえて厳しい言葉を口にした。

関連するニュースを読む

比嘉は脱水症状続く 復調後リポート提出、処分検討

15日、8回に比嘉(右)はロサレスの攻撃に苦しむ


 ボクシングの前WBC世界フライ級王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が16日、師匠の元WBA世界ライトフライ級王者具志堅用高会長(62)と一緒に受賞した沖縄県民栄誉賞の辞退を同県に伝えた。同日に同県が発表したもので、2人そろって辞退したいとの意向を示しており、今日17日午後に県庁で予定されていた表彰式も取りやめになった。

 翁長雄志知事は「2人の気持ちにも配慮した。ぜひ受けてもらいたいと考えており、相談しながら進めたい」とコメントした。14日の前日計量で体重超過による王座剥奪、15日の試合もプロ初黒星で日本新記録の16連続KO勝利を逃した比嘉に向け、同知事は「さらに精進し、これまで以上に活躍されることを期待している」とエールを送った。

 関係者によると、比嘉は15日の試合後、神奈川県内の病院に直行してあらためて検査を受けた。点滴などの治療を受けたものの、まだ脱水症状が続いている状態だという。日本ボクシングコミッションは16日、比嘉の体調が落ち着いた後にヒアリング、あるいは所属ジムからの体重超過に至るまでのリポート提出を要請する方針。その後、今回の世界戦での体重超過に対する処分を検討するという。

関連するニュースを読む

比嘉大吾と具志堅会長、謝罪文を掲載/コメント全文

比嘉大吾(右)、具志堅用高会長


 体重超過で王座を剥奪されたプロボクシングWBC世界フライ級王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)と師匠の具志堅用高会長(62)が16日、所属ジムの公式サイトで謝罪文を掲載した。

<具志堅会長のコメント>

 この度のWBC世界フライ級タイトルマッチ 比嘉大吾(白井・具志堅)対クリストファー・ロサレス(ニカラグア)におきまして、比嘉が規定体重に至らず、正式なタイトルマッチとして行うことが出来なかったことを深くお詫び申し上げます。

 適性体重でないにもかかわらず対戦を望んでくださったロサレス選手、陣営の皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。そして、何より今回の試合を楽しみにして下さったボクシングファンの皆様にも心よりお詫びいたします。

 2月の試合が1ラウンドで終了しダメージもなかったことから、今回の試合の出場を決定いたしました。結果的にこのような事態を招いた全責任は会長である私にあります。

 ボクシング界に与えてしまった影響を厳粛に受け止め、JBCの処分を待ちたいと思います。

 多大なるご迷惑をおかけしましたことを、改めて心よりお詫び申し上げます。

白井・具志堅スポーツジム

会長 具志堅用高

<比嘉大吾のコメント>

 4月15日のタイトルマッチで体重調整が上手くいかず、計量をクリアすることができませんでした。

 対戦相手のロサレス選手はもちろん、この試合に携わってくださったすべての皆様、ファンの方々に心からお詫び申し上げます。

 試合をするための大前提である、体重を作るという事が出来なかったのはプロとしてとても恥ずかしいことです。今回このような結果になってしまった事を深く反省しています。

 今は体調回復に努め、今後の事はJBCの処分に従います。

 本当に申し訳ございませんでした。

白井・具志堅スポーツジム

比嘉大吾

関連するニュースを読む

武井壮「ルール変えなきゃ」比嘉体重超過問題で持論

左から比嘉大吾、武井壮


 武井壮(44)が16日、文化放送で放送された特番「武井壮のガッとしてビターン!」で、親交が深いプロボクサーの比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が、体重超過でWBC世界フライ級王座を剥奪された揚げ句、級2位クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)に9回TKO負けした件に触れ「ルールを変えなきゃいけない」と訴えた。

 武井は、「比嘉選手は、日本の世界王者として初めて世界戦で体重超過をやってしまったことは汚点を残したなと思います。僕は普段かわいがっている後輩だし、仲の良い友人でもあるけれど『やっちゃったな、やってはいけないミスを犯したな』と思っています」と比嘉を厳しく批判した。

 その上で、山中慎介さんがWBC世界バンタム級タイトルマッチで、前日計量の大幅な体重超過で王座を剥奪された前王者ルイス・ネリ(メキシコ)と再戦し2回TKO負けした件と比較し、比嘉の今回の体重超過は「最大級の迷惑をかけなかったことが救い」と語った。

 武井 (山中さんとネリの試合は)体重超過してかなり重い状態で作ってきて、体力を消耗していない選手と試合をして2ラウンドでKOされてしまうっていうようなことが起きてしまった。まともに体を作って絞って削れた状態で試合会場にきてたった1日リカバーした分で戦う、という今のボクシングのルールを守らなかった選手にメリットがあるということなんですよ。(中略)ただ今回の比嘉選手は負けたから。調整に失敗して、パワーもなくて、しかも相手も強くて。だから、やられちゃった側がデメリットを被っていないからまだ良かった。比嘉選手が最大級の迷惑をかけなかったことが救いだったと僕は思っていて。

 その上で「きちっと作った挑戦者がチャンピオンを打ち負かすということ以外に幸せなゴールが何一つないということになっちゃう。だからルールを変えなきゃいけないんじゃないかなあと」とルール改正を訴えた。そのポイントは

 (1)初日の計量でオーバーしちゃったらその時点でハンディマッチにする。例えば12ラウンドある中を3分割して4ラウンド分、4ポイント減点した状態からスタートするとか。そしたら例えば、数百グラムのオーバーを2回目の計量までに落として来たら、そのポイントだけで済む。4ラウンド取れているんだからもう無理して攻める必要ないし、しっかりパンチを見られるし、一方相手はしっかり攻めていかないと取り戻せないから体力も使うだろうし。フラット(平等)にはならないけれど、そこでちょっと少しやってしまった側にハンディキャップを与えられるじゃないですか。

 (2)2回目の計量もだめでした、そして当日の何キロまでに抑えてくださいというところまでを守った。つまり今回の比嘉選手のように、1日目の計量が全部だめだったら、もうその時点で、王座移動でいいと思う。相手がチャンピオンでいい。それでも興業の問題で試合を行わなくてはいけないんだったら、まずチャンピオンが入れ替わった状態で、比嘉選手がチャレンジャーとして挑戦することになる。しかもそこにハンディキャップがもうある。しかも初日のハンディキャップよりも二日目の方が大きくて、判定になったらもう勝てない。KOして勝った場合だけ無効試合になる。チャンピオンを奪った選手はチャンピオンのまま。

 武井は「賛否あると思うんですけど、けどまあ危険性をはらんだ試合を行う、体重超過をしていない選手にメリットを与えるという意味ではこのくらいないといけないと思う」と持論を展開した。

関連するニュースを読む

ロサレス新王者「比嘉のパンチに力は感じなかった」

6回、比嘉(右)はロサレスから連打を浴びる(撮影・足立雅史)

<プロボクシング:WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦>◇15日◇横浜アリーナ


 体重超過で王座を剥奪された前王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が9回1分14秒、TKO負けでプロ初黒星を喫し、日本新記録の16連続KO勝ちも逃した。当日計量を規定体重内でパスし、同級2位クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)と対戦。左ボディーなど軸に攻め続けたが、公開採点でも劣勢となっていた9回、具志堅用高会長(62)の棄権要請でレフェリーストップとなった。

 ロサレスはリーチの長さを生かしたパンチを次々と繰り出した。比嘉の攻撃を受けてもひるまず、連打でお返し。9回が始まって相手の手数が減り、勝利を確信したという。「大変幸せ。待ちに待った瞬間が訪れた」と歓喜に浸った。試合前日に比嘉が体重超過で王座を剥奪された。想定外の事態だったが、ロサレス自身は集中を乱さなかった。「比嘉のパンチに力は感じなかった。だから攻撃的にいくことができた」と誇らしげに話した。

比嘉(右)はロサレスに9回TKO負けを喫し観客に頭を下げる。後方左は具志堅会長

関連するニュースを読む

JBC比嘉陣営聞き取り調査へ「悪質ではないが…」

具志堅会長(左)が見守る中、当日計量をパスした比嘉


 JBCの安河内剛事務局長は15日、体重超過で世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座を剥奪された比嘉大吾の陣営に対して16日から聞き取りなどの調査を行うことを明らかにした。

 報告書の提出も求めるとし「悪質ではないが、しっかり精査しないといけない」と話した。出場停止などの処分が予想される。比嘉と同じ沖縄県出身で、日本記録の15戦連続KO勝利で並ぶ元世界チャンピオンの浜田剛史氏は「特に世界王者が体重オーバーをやってはいけない。処分を受け入れ反省してほしい」と指摘した。

 ◆比嘉の前日計量VTR 14日午後1時、都内のホテルで開かれた計量で、リミット(50・8キロ)よりも900グラムオーバー。再計量へ2時間の猶予を与えられたものの、1時間半後となる午後2時半過ぎ、具志堅会長が再計量することなくギブアップを発表。同会長は「あってはならないことがあった。申し訳ありません。一生懸命努力したが、とにかく汗が出ません。選手を信用していた。まさかという…。短期間でもってきて…。最終的に私の最大の責任」と頭を下げて謝罪した。

関連するニュースを読む

比嘉大吾、出場直訴も9回限界 処分待ち長期休養へ

9回、ロサレス(左)に破れ、引き揚げる比嘉(撮影・林敏行)

<プロボクシング:WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦>◇15日◇横浜アリーナ


 体重超過で王座を剥奪された前王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が9回1分14秒、TKO負けでプロ初黒星を喫し、日本新記録の16連続KO勝ちも逃した。当日計量を規定体重内でパスし、同級2位クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)と対戦。左ボディーなど軸に攻め続けたが、公開採点でも劣勢となっていた9回、具志堅用高会長(62)の棄権要請でレフェリーストップとなった。日本ボクシングコミッション(JBC)による処分を待ちながら、比嘉は長期休養に入る。

 力尽きた、ふらついた体で、比嘉は頭を下げながらリングから下りた。WBCの公開採点でジャッジ3人中2人がロサレスを支持した8回終了時、具志堅会長からJBCに棄権の要請が入った。接近戦で打ち合っていた途中に試合はストップ。控室に戻ると涙を流し、そして泣き続けた。「ごめんなさい」と同会長に謝罪。「心配するな、よくやった」と褒められ、心が救われた。

 当日朝の計量で、試合実施のために設定された55・3キロを下回る54・7キロでパスした。しかし脱水症状になるまで極限まで追い込んだ肉体のダメージは大きかったが、周囲の心配を振り払い、自ら出場を直訴。落ち込んだ気持ちを奮い立たせるため、通常よりもウオーミングアップし、顔を紅潮させてリングに立った。試合後は「何も出てこない。改めて話します。ごめんなさい」とだけ話した。

 当日朝に計量パスした後には「世界王者にもかかわらず、計量をミスして申し訳ありません。ロサレス陣営に申し訳ないです。ボクシングファンのみなさま、プロモーションの方々に謝りたいです」と深々と頭を下げた。リングで拳を交え、来日した挑戦者に敬意を表したかったようだ。具志堅会長も「2~3回で止めることも考えていた」。ギリギリの状態だった。

 体重超過の原因について具志堅会長は「今回(の減量ミス)は短期間だったこと。体重を落とすにはもう少し余裕が必要だった」と分析。その上で「2カ月ぐらいで試合をさせた本当に私の責任。甘かったです」とあらためて謝罪した。今月中にもJBCから体重超過に対する比嘉への処分が決まる見通し。長期間の出場停止も想定されるため、同会長は「今後のことは全く考えていない。JBCの処分があるので、しっかりと決定を待ちたい」と神妙な面持ちだった。

 まずは長期休養で疲労が蓄積し続けた心身を癒やす方向。22歳と若いものの、試合できない状態が続けば誰でも実戦感覚は鈍る。比嘉の再起は、いばらの道になりそうだ。【藤中栄二】

9回、クリストファー・ロサレスにTKO負けする比嘉(右端)。右から3人目は具志堅会長(撮影・狩俣裕三)
8回、ロサレス(左)に左フックを食らう比嘉(撮影・狩俣裕三)

関連するニュースを読む

比嘉大吾、栄誉賞辞退も「沖縄行ける状態ではない」

9回、クリストファー・ロサレスにTKO負けする比嘉(右端)。右から3人目は具志堅会長(撮影・狩俣裕三)


 体重超過で王座を剥奪された前王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が9回1分14秒、TKO負けでプロ初黒星を喫し、日本新記録の16連続KO勝ちも逃した。

 比嘉が、明日17日に故郷沖縄県庁で予定される県民栄誉賞の授賞式に出席できない見通しとなった。2月に地元沖縄での2度目の防衛戦で勝利後、具志堅会長と一緒に受賞することが発表されていた。15日の試合でのダメージが大きいためで、同会長は航空便での移動は難しいと判断した様子。「本人は沖縄に行ける状態ではない。受賞も辞退した方がいいのではないかと思っている。明日、相談してから決めたい」と明かした。なお翌18日に比嘉、具志堅会長の2人で出席予定だった東京シティ競馬(東京・大井競馬場)のトークショーも中止が発表された。

関連するニュースを読む

村田諒太が初防衛、比嘉TKO負け/W世界戦詳細

<プロボクシング:ダブル世界戦>◇15日◇横浜アリーナ

 2012年ロンドン五輪金メダリストでWBAミドル級王者の村田諒太(32=帝拳)が同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(38=イタリア)を8回TKOで下し初防衛戦に成功した。

 WBCフライ級では体重超過で王座剝奪となった比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が同級2位のクリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)に9回TKO負けを喫した。連続KO勝利は15でストップし日本新記録はならなかった。ロサレスが新王者となった。

8回、ブランダムラ(後方右)をTKOで破り、初防衛を果たす村田(撮影・狩俣裕三)

WBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦

王者村田諒太(32=帝拳)8回TKO同級6位エマヌエーレ・ブランダムラ(38=イタリア)

【1回】村田は相手の様子を見ながら徐々に間合いを詰める。2分30秒すぎ、左ジャブから右ストレートが有効、2分50秒すぎ、右ストレートが相手のボディーにクリーンヒット

【2回】1分20秒すぎ、村田の右フックから左ボディーがヒット。2分10秒すぎ、ガードの隙間から村田は白いマウスピースをのぞかせニカッと笑う。相手も左ボディーから左フックのコンビネーションで応戦

【3回】1分30秒すぎ、村田は相手のガードの上から右ストレートを3発。相手はロープを背に動き回ってかわす。2分30秒すぎ、フットワークで距離を詰めさせない相手に村田はガード越しに右ストレートを断続的に見舞う

【4回】1分30秒すぎ、村田の左ジャブがヒット。1分45秒すぎ、村田は相手のガードの上から右ストレートを何度も繰り出す

【5回】相手は左右体を振って村田に的を絞らせない。村田は2分30秒すぎ、右ボディーを立て続けにヒットさせる

【6回】50秒すぎ、右ストレートが顔面を捉える。1分10秒すぎに村田の右ボディーに相手は顔をしかめる。2分すぎ、村田の強烈な右ストレートをもらい相手の足元がふらつく。2分45秒すぎ、村田のラッシュ。右ストレートで追い詰める

6回、ブランダムラ(左)に右ストレートを打ち込む村田(撮影・狩俣裕三)

【7回】2分10秒すぎ、村田の右ストレート。2分30秒すぎにも右ストレートを村田が繰り出すも単発。相手はのらりくらりと村田のハードパンチをかわす

7回、村田(右)はブランダムラをロープ際に追い詰める(撮影・足立雅史)

【8回】2分10秒すぎ、村田は左ジャブの連打から間合いを詰めて右ストレートをヒットさせる。2分40秒すぎ、村田は左ジャブから右ストレートをクリーンヒット。相手の足元がぐらついた2分44秒すぎ、村田の得意の右ストレートが相手の顔面をとらえダウンを奪う。そのままTKO勝ちで初防衛成功

8回、ブランダムラ(右)を右フックでダウンを奪い、TKO勝ちする村田(撮影・狩俣裕三)

8回、ブランダムラ(手前)に強烈な右ストレートを打ち込む村田(撮影・狩俣裕三)

村田諒太対エマヌエーレ・ブランダムラ 村田(右)は8回TKOでブランダムラを破り、初防衛に成功する(撮影・足立雅史)

◆村田のコメント

「みなさん早く倒せよと思っていたと思うけど僕も早く(KOにもって)いきたかった。ラッキーでした。(前回は試合後に号泣も)泣いていません。見たら分かるじゃないですか。今回は(王者として)見られる立場だった。気が引き締まった。より自分と向き合う時間が多かった。(今日は)もっと行けよと言われるかもしれないけど、初防衛戦ということで及第点というところ。戦いたい相手は(3団体統一王者)ゴロフキン目指してやりたい。今のままなら勝てる気がしないので、しっかり練習したい」

WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦

前王者比嘉大吾(22=白井・具志堅)9回TKO同級2位クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)

9回、ロサレス(右)にTKO負けする比嘉(撮影・狩俣裕三)

【1回】比嘉は相手のジャブをガードしながら、ステップインジャブで様子を見る。1分すぎ、比嘉は相手の左ジャブにカウンター気味に左を合わせる。相手も負けじとコンビネーションでパンチを積極的に繰り出す

【2回】比嘉は1秒すぎに左ボデイーをヒットさせる。相手も比嘉の左ボディーに左フックを合わせ、1分20秒すぎには比嘉の顔面をヒットさせる

2回、比嘉(左)はロサレスに強烈な左ストレートを見舞う(撮影・足立雅史)

【3回】1分25秒すぎ、比嘉は左ボデイーをヒットさせる。ボディーを嫌う相手は前傾姿勢の比嘉に左右のアッパーで応戦。2分すぎ、比嘉の強烈な左ボデイーがヒット。2分10秒すぎ、比嘉は左ボデイーをフェイントに左フックを顔面にヒット

【4回】相手が積極的にパンチを繰り出し2分10秒すぎ、右ストレートを比嘉の顔面にヒット。2分20秒すぎ、比嘉は相手の右フックをもらう

◆4Rまでの公開採点=比嘉1-2ロサレス

【5回】両者壮絶な打ち合いを展開。2分すぎ比嘉の左右のボディーが相手をとらえる。残り10秒、相手も比嘉の右ボディーを捉える

【6回】10秒すぎ、相手の左右のフックをもらった比嘉の足元がふらつく。2分30秒すぎ、比嘉は左ボディーから右フックをヒット。2分40秒すぎ、相手の左右のフックに比嘉は左ボディーを連打で応戦

6回、ロサレス(左)に強烈な右フックを食らわす比嘉(撮影・狩俣裕三)

6回、比嘉(右)はロサレスから連打を浴びる(撮影・足立雅史)

【7回】1分40秒すぎ、比嘉の左ボディーがヒット。2分すぎ、比嘉の左ボディーに相手が顔をゆがめ、動きが鈍くなる。比嘉は左ボディから左フックをヒットさせる

【8回】2分すぎ、比嘉の左右のフックが相手の顔面をヒット。相手も負けじと左右のフックで応戦し壮絶な打ち合いに。2分45秒すぎ、比嘉は左右のボディーから左右顔面にフックをヒット

◆8Rまでの公開採点=比嘉0-2ロサレス、ドロー1

【9回】相手の猛攻でパンチを浴びる比嘉サイドからタオルが投入され、比嘉のTKO負け

試合を観戦する山中氏(撮影・狩俣裕三)

関連するニュースを読む

比嘉大吾と具志堅会長の大井競馬イベントが中止に

前日計量を前に険しい表情の比嘉大吾(左)と具志堅用高会長(2018年4月14日撮影)


 大井競馬を運営する特別区競馬組合は15日、具志堅用高会長と比嘉大吾が18日に大井競馬場で出演予定だった「レジェンドトークショー」とメインレース「東京スプリント」の表彰式プレゼンテーターの実施を中止すると発表した。出演者の意向だという。

 なお当日は、松村邦洋、神奈月らものまねタレントによる「東京スプリント TCK ものまねライブ!」を開催する。

関連するニュースを読む

体重超過の比嘉TKO負け、日本新16KOならず

8回、ロサレス(右)にパンチを出すもかわされる比嘉(撮影・林敏行)

<プロボクシング:WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦>◇15日◇横浜アリーナ


 前王者・比嘉大吾(22=白井・具志堅)が、挑戦者のクリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)に9回TKO負けを喫した。

 9回に相手のパンチを浴びる中で棄権の意思を示し、初黒星。日本新の16連続KOもならなかった。

 比嘉は14日の前日計量で51・7キロとリミットを900グラム超過。2時間の猶予も1時間半後にギブアップして王座を剥奪された。15日の当日計量を規定内の54・7キロでパスして臨んでいた。

関連するニュースを読む

王座剥奪の比嘉、当日計量パス 頼みは16連続KO

当日計量にパス後、ロサレス陣営(左端)に謝罪し、握手を求められた前WBC世界スーパーフライ級王者比嘉(右)


 14日の前日計量で体重超過し、王座剥奪されたボクシング前WBC世界フライ級王者比嘉大吾(22=白井・具志堅)が15日、東京・文京区の日本ボクシングコミッションで当日計量に臨み、規定内の54・7キロでパスした。

 会場の横浜アリーナでの健康診断は残るものの、同級2位クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)との試合は成立となった。これでロサレスが勝った場合、王座獲得、引き分けか負けならば王座は空位になる。

 当日計量パス後、比嘉は具志堅用高会長、野木丈司トレーナーとともに謝罪。日本人初の世界戦体重超過での王座を剥奪を受けて「世界王者にもかかわらず、計量ミスして申し訳ありません。ロサレス陣営に申し訳ないです」と深々と頭を下げた。さらに「体重オーバーしてまでも試合をオッケーしてくれたロサレス陣営の方々に感謝しています。ボクシングファンのみなさま、試合を組んでいただいたプロモーションの方々に謝りたいです」と神妙な面持ちで口にした。

 比嘉は14日に都内で開かれた前日計量で51・7キロとリミットを900グラム超過した。2時間の猶予も1時間半後にギブアップ。試合開催は当日計量で55・3キロが設定されていた。これで日本新の16連続KOの可能性は残った。

具志堅会長(奥)が見守る中、当日計量をパスした前WBC世界フライ級王者比嘉

関連するニュースを読む

浜田剛史氏「減量は当たり前…大きく裏切った」

険しい表情の帝拳ジム浜田代表(撮影・河野匠)


 ボクシングWBC世界フライ級王者比嘉大吾(22=白井・具志堅)が、日本人初の世界戦体重超過で王座を剥奪された。15日の横浜アリーナでのダブル世界戦前日計量が14日に都内で行われた。比嘉は51・7キロとリミットを900グラム超過し、2時間の猶予も1時間半後にギブアップ。試合開催は当日計量で55・3キロが設定された。日本新の16連続KOの可能性は残るも、減量失敗頻発の中で大きな汚点を残した。同級2位ロサレス(ニカラグア)が勝った場合は王座獲得、引き分けか負けならば王座は空位になる。

 同じ沖縄出身で元WBC世界スーパーライト級王者浜田剛史氏 間隔が2カ月で逆に増やさずいいのかと思っていた。想定外でまさか。減量は何キロ落としても自慢ではなく当たり前。沖縄ファイターが出て盛り上がっていたが、大きく裏切った。技術、根性すべてが飛んだ。

比嘉の再計量断念を報道陣に伝え、頭を下げる具志堅会長(撮影・河野匠)
前日計量で900グラムオーバーとなる比嘉(撮影・河野匠)

関連するニュースを読む

比嘉に挑戦のロサレス心痛「夢を失うのと同じ」

前日計量をパスする挑戦者のロサレス(撮影・河野匠)


 ボクシングWBC世界フライ級王者比嘉大吾(22=白井・具志堅)が、日本人初の世界戦体重超過で王座を剥奪された。15日の横浜アリーナでのダブル世界戦前日計量が14日に都内で行われた。比嘉は51・7キロとリミットを900グラム超過し、2時間の猶予も1時間半後にギブアップ。試合開催は当日計量で55・3キロが設定された。日本新の16連続KOの可能性は残るも、減量失敗頻発の中で大きな汚点を残した。同級2位ロサレス(ニカラグア)が勝った場合は王座獲得、引き分けか負けならば王座は空位になる。

 50・5キロでパスしたロサレス すごく残念で悲しい。夢を失うのと同じで心を痛めている。試合できることを祈っている。世界を取りに来たので、王者になって国に帰る。(試合時に体重差があったとしても)リスクだとは思っていない。私は順調に回復して力強い。

1回目の計量で900グラムオーバーとなり、うなだれる比嘉(左)と具志堅会長(2018年4月14日撮影)
前日計量で900グラムオーバーとなる比嘉(撮影・河野匠)

関連するニュースを読む

比嘉に「厳格な処分」ネリはJBC永久追放/解説

比嘉の再計量断念を報道陣に伝え、頭を下げる具志堅会長(撮影・河野匠)


 ボクシングWBC世界フライ級王者比嘉大吾(22=白井・具志堅)が、日本人初の世界戦体重超過で王座を剥奪された。15日の横浜アリーナでのダブル世界戦前日計量が14日に都内で行われた。比嘉は51・7キロとリミットを900グラム超過し、2時間の猶予も1時間半後にギブアップ。試合開催は当日計量で55・3キロが設定された。

<解説>

 3月の山中-ネリ戦以来、国内外で計量失格へ批判の声が強まる中、日本人選手が絡んだ世界戦の計量失敗は10例目で、日本人のミスは初めてだ。再計量で1・3キロオーバーのネリはJBCから永久追放の処分が下った。比嘉は900グラムで減量ミスの原因はさまざまだが、結果的には同じ体重超過。JBC安河内事務局長は「出場停止や罰金など厳格な処分を考えざるを得ない」と話した。JBCと日本プロボクシング協会が体重超過に関する独自ルールを検討し始めた直後の不名誉な出来事だった。

 本来は当日計量だったプロボクシングが健康上の理由で前日計量に変更されたのは90年代初頭から。それを逆手に取り、大幅な減量で階級を下げて戦う流れが海外選手の主流になった。水分や吸収の良い食物で体重を一気に戻し、パワーで優位に立つ方法だ。日本勢も負けじと同じ方法を導入してきたが、無理な減量を伴う階級設定はそろそろ転換期にきているのではないか。健康面も考慮に入れ、選手たちの「適正階級」を見直す時期だろう。【藤中栄二】

前日計量で900グラムオーバーとなる比嘉(撮影・河野匠)

関連するニュースを読む

王座剥奪の比嘉、統一戦など夢プランすべてが霧散

前日計量で900グラムオーバーとなる比嘉(撮影・河野匠)


 ボクシングWBC世界フライ級王者比嘉大吾(22=白井・具志堅)が、日本人初の世界戦体重超過で王座を剥奪された。15日の横浜アリーナでのダブル世界戦前日計量が14日に都内で行われた。比嘉は51・7キロとリミットを900グラム超過し、2時間の猶予も1時間半後にギブアップ。試合開催は当日計量で55・3キロが設定された。日本新の16連続KOの可能性は残るも、減量失敗頻発の中で大きな汚点を残した。同級2位ロサレス(ニカラグア)が勝った場合は王座獲得、引き分けか負けならば王座は空位になる。

 まさかの900グラムオーバー。計量会場が1度沈黙し、ざわついた。比嘉には再計量へ2時間の猶予を与えられた。涙を流し自室へ戻ったが、1時間半後に具志堅会長がギブアップを発表した。再計量しないまま、比嘉は王座を剥奪された。王座は空位となった。具志堅会長は「あってはならないことがあった。申し訳ありません」と神妙な面持ちで頭を下げた。「一生懸命努力したが、とにかく汗が出ません」。

 リミット(50・8キロ)まで、比嘉は11・2キロの減量が必要だった。2月4日の故郷沖縄での2度目の防衛戦から約1週間で体重は62キロまで増えた。3度目の防衛戦まで試合間隔は70日。今回は自炊をやめ、野木丈司トレーナー夫人によるカロリー計算された弁当を3月9日から毎日2食分を手渡され、食事制限してきた。もっとも重要視してきた減量のミスは痛恨だった。

 昨年5月の世界王座奪取前、比嘉はつらい減量でパニック症候群に陥った。同10月の初防衛戦は計量後の食事でおう吐し、体調を崩した。昨年2月のV2戦は約1カ月前に風邪でダウン。今回も1週間前のロードワークで倒れたという。世界戦前に減量苦が原因と思われるアクシデントが続き、同会長は「選手を信用していた。まさかという…。短期間でもってきて…。最終的に私の最大の責任」と再び頭を下げて謝罪した。

 試合開催について、WBCは管轄する日本ボクシングコミッション(JBC)に従うとした。JBCは両陣営が開催を望んだことから、午前8時に当日計量を設定。リミットの50・8キロから10ポンド上回る55・3キロをオーバーしなければ、コンディションも見て開催を決める。検診した中村ドクターは「脱水症状はあるが試合するには健康上問題はない」と話した。

 日本新記録がかかったV3戦の大一番が、一転して国内で日本人初の世界戦計量失格。比嘉が17年に王座奪取の一戦も王者が体重超過した末と、皮肉な巡り合わせの王座陥落だ。次戦は海外進出、統一戦などのばら色のプランも霧散してしまった。【河合香】

 ◆比嘉大吾(ひが・だいご)1995年(平7)8月9日、沖縄・浦添市生まれ。宮城小-仲西中まで野球部。中学3年時、具志堅用高会長の現役時代のKO動画に触発され、宮古工に進学してボクシング部へ。アマは国体8強が最高成績。具志堅会長に誘われ、プロ転向。14年6月にプロデビューし、1回KO勝ち。15年にタイでWBCユース・フライ級王者、16年に東洋太平洋同級王者に。昨年5月にWBC世界同級王者となり2度防衛。今年2月に沖縄県民栄誉賞を受賞。家族は両親と兄。身長160・8センチの右ファイター。

関連するニュースを読む

比嘉が日本人初の計量失格で王座剥奪、試合は開催

1回目の計量で900グラムオーバーとなりうなだれる比嘉(左)は具志堅会長から声を掛けられる(撮影・河野匠)


 ボクシングのダブル世界戦(15日、横浜アリーナ)の前日計量が14日、都内で行われ、16連続KO勝利の日本記録がかかるWBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22=白井・具志堅)は午後1時からの1回目で制限体重の50・8キロを900グラムオーバーした。2時間の猶予の間にパスすればクリアとなったが、午後2時半過ぎに計量会場に具志堅用高会長が1人で現れ、ギブアップする意志を伝えた。この時点で王座剥奪となった。過去、日本人王者が計量失格となったケースはない。具志堅会長は「本当に申し訳ございません」と頭を下げた。

 3度目の防衛戦だった比嘉は軽量級では際立つ筋肉の持ち主で、ここ数戦は毎試合で減量苦があった。13日の公式会見では「今回も1ラウンドから全力で倒しにいきます」と述べていたが、ひげを伸ばした表情に覇気はなく、体調面での心配が募っていた。この日も生気がない顔つきだった。

 挑戦者の同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)は50・5キロで一発パスした。WBC、JBC(日本ボクシングコミッション)、両陣営で協議した結果、試合は行う方針。当日午前8時からリミットから10ポンド超えの122ポンド(55・3キロ)を上限にした当日計量を設け、比嘉がクリアした場合はタイトル戦が行われる。その場合は比嘉が勝利すれば王座は空位、ロサレスが勝利した場合のみベルトが移動する。

関連するニュースを読む

比嘉が体重オーバー 猶予2時間ダメなら王座剥奪

1回目の計量で900グラムオーバーとなる比嘉。左後方では具志堅会長が心配そうに見つめる(撮影・河野匠)


 ボクシングのダブル世界戦(15日、横浜アリーナ)の前日計量が14日、都内で行われ、16連続KO勝利の日本記録がかかるWBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22=白井・具志堅)は1回目で制限体重の50・8キロを900グラムオーバーした。

 2時間の猶予の間にパスしなければ、王座剥奪となる。過去、日本人王者が計量失格となったケースはない。挑戦者の同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)は50・5キロで一発パスした。

 3度目の防衛戦だった比嘉は軽量級では際立つ筋肉の持ち主で、ここ数戦は毎試合で減量苦があった。13日の公式会見では「今回も1ラウンドから全力で倒しにいきます」と述べていたが、ひげを伸ばした表情に覇気はなく、体調面での心配が募っていた。この日も生気がない顔つきだった。

関連するニュースを読む

比嘉大吾、銀グローブで日本記録16連続KO勝利だ

調印式を終えて写真に納まるチャンピオン比嘉と挑戦者ロサレス(撮影・丹羽敏通)


 ボクシングのダブル世界戦(15日、横浜アリーナ)の会見と調印式が13日に都内で行われた。

 16連続KO勝利の日本記録がかかる比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)はシルバーのグローブを選択した。3度目の防衛戦となる今回は白と銀をべースにしたコスチュームを着用するため、カラーを統一した。比嘉は「今回も1ラウンドから全力で倒しにいきます」と気合を入れ直した。今日14日の前日計量に備え、体重もリミットまで残り1キロ弱まで落とし、具志堅会長は「昨日に比べて今日はまったく違うし、ウエートも順調」と減量面の不安を払拭(ふっしょく)した。

関連するニュースを読む

比嘉は体調回復「1回から全力で。絶対倒します」

調印式を終えて写真に納まるチャンピオン比嘉と挑戦者ロサレス(撮影・丹羽敏通)


 ボクシングのダブル世界戦の調印式と記者会見が、13日に都内のホテルで行われた。

 15日の横浜アリーナで、WBC世界フライ級は王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)のV3戦で、同級2位クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)の挑戦を受ける。グローブはともに日本製で比嘉がシルバー、ロサレスが青を選んだ。

 比嘉は前日の予備検診よりは体調も回復している様子。「コンディションはいつもとあまり変わらない。試合には100%にもっていきます」とはっきりと答えた。具志堅会長も「きのうと顔色はまったく違う。ウエートも順調」と強調した。

 日本新の16連続KO勝利がかかるが、比嘉は「1回から全力で倒しにいきます。絶対倒します」と宣言した。ロサレスは世界初挑戦となる。「待ち望んでいた試合。コンディションはパーフェクト。特別な練習をして、特別な戦術もあり、比嘉も研究してきた。比嘉が負ける日になる」と応酬した。

関連するニュースを読む

比嘉16連続KOへ試練、減量苦「厳しい状況」会長

予備検診を終え写真に納まるチャンピオン比嘉(左)と挑戦者ロサレス(撮影・丹羽敏通)


 ボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ(15日、横浜アリーナ)の予備検診が12日に都内で行われ、V3戦の王者比嘉大吾(22=白井・具志堅)がパスした。

 16連続KOで日本新狙いの比嘉は、最大の難関の減量苦があらわだった。直前までホテルの自室で寝ていて髪に寝癖、こけたほおに無精ひげを伸ばし放題。写真撮影では力なく拳を握った。体格差に「身長の高い人としかやってない。大丈夫」、対面した印象は「映像で見たのと一緒」、「怖さは」に「ありませんでした」。野木トレーナーに寄り添われて部屋に戻った。具志堅会長も「厳しい状況ではある。試練になるかも」と心配しきりだった。

WBC世界フライ級検診表

関連するニュースを読む

比嘉大吾過酷減量に元気なし…具志堅会長「試練に」

予備検診を終え写真に納まるチャンピオン比嘉(左)と挑戦者ロサレス(撮影・丹羽敏通)


 ボクシングのダブル世界戦の予備検診が、12日に都内のホテルで行われた。15日の横浜アリーナで、WBC世界フライ級は王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)は同級2位クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)の挑戦を受ける。両選手とも異常なしと診断されたが、比嘉は最大の難関である減量のピーク。会見では三言答えだけで早々に自室へ引き揚げた。

 直前まで部屋で寝ていたそうで、髪は寝癖がついたまま。こけてきたほおには無精ひげを伸ばし放題だった。記念撮影でも最初はポーズもとらず。うながされて力なく拳を握った。3つの質問に答えると、野木トレーナーに寄り添われて自室へと戻っていった。

 比嘉の体格データはV2戦とほぼ同じも、ロサレスより身長で8センチ低く、リーチは18センチも短かった。これには「身長の高い人としかやってない。大丈夫」。対面しての印象は「映像で見たのと一緒」。「怖さは」と問われると「ありませんでした」と力なく答えた。

 比嘉は元々減量に苦しんできたが、今回は特に元気がなかった。具志堅用高会長(62)も「厳しい状況ではある。きついと思う。試練になるかも。相手も今までの中では根性ありそうで強いし」と心配しきりだった。

 ロサレスは逆に元気そのもので、リーチ差には「最大限に生かしたい。パンチも入れやすい」と優位を強調した。体重は「あと1・5ポンド前後(約680グラム)を維持している」という。胸囲の差には「的が広くパンチ当てやすい」。比嘉の姿に「ユーチューブで見た時はパワフルで強かった。今日は小さく細い。強い印象はなかった」と話した。

予備検診を終え取材を受ける比嘉と具志堅会長(撮影・丹羽敏通)
会見を終え具志堅会長と引き揚げる比嘉(撮影・丹羽敏通)

関連するニュースを読む

木村吉光「スパーリング80回」王者戦へ手応え十分

10戦目でタイトル初挑戦の木村吉光


 12日に東京・後楽園ホールでのボクシング・ダブルWBOアジア太平洋タイトル戦の前日計量が、11日に都内で行われた。

 フェザー級では10戦目で初のタイトル戦となる同級10位木村吉光(21=白井・具志堅)は57キロ、王者リチャード・プミクピック(27=フィリピン)は5・9キロでリミットの57・2キロをクリアした。

 木村は15年5月にプロデビューし、まだ3年目に「早い気もするが、試合を組んでくれた期待に応えたい」と意気込む。幼稚園のころからフルコンタクト空手をやり、中学からはキックボクシングでプロ5勝(4KO)1分の実績を持つ。尽誠学園ではボクシング同好会にも所属し、顧問が具志堅会長と知り合いの縁で上京して入門した。

 16年全日本新人王になるなど、ここまで順調に白星を積み上げてきた。今回はジム恒例の階段トレに加えて、フィジカルトレにも取り組み、同門のWBC世界フライ級王者比嘉大吾と同じ練習をこなしてきた。「比嘉先輩と同じメニューをやってきた。スパーリングも80回で大振り相手の対策などをした。今まででベスト。体も自信も手応えがある」。3日後にV2戦の比嘉のためにも、王座奪取でいい流れを作りたい。

関連するニュースを読む