上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

井上尚弥2年連続2冠 最優秀選手賞と年間最高試合

ドネアを破りWBSS優勝を果たした井上尚弥はアリ・トロフィーを掲げる(2019年11月7日撮影)

ボクシングの19年度年間表彰式が8日に都内で開催され、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)が、最優秀選手賞と年間最高試合で2年連続2冠となった。

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝では2回TKOでIBF王座を獲得し、決勝では5階級制覇のWBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)に判定勝ちでWBA王座を統一した。

最優秀選手は4人の候補がいたが、年間最高試合とも32票中27票を獲得した。いずれも2年連続3度目の受賞で、14年はKO賞と3冠で3度目の複数受賞となった。

技能賞は日本人初の4階級制覇を達成して初防衛した井岡一翔(30=Reason大貴)、殊勲賞はWBA世界ミドル級王座を奪回して初防衛した村田諒太(34=帝拳)が初受賞した。村田は2連続KOでKO賞も初受賞し、初の複数受賞となった。

この賞は日本ボクシングコミッション、日本プロボクシング協会、東京および関西運動記者クラブ・ボクシング分科会の主催、選考による。各賞の受賞者は以下の通り。

◆最優秀選手賞 井上尚弥(大橋)=2年連続3度目

◆技能賞 井岡一翔(Reason大貴)=初

◆殊勲賞 村田諒太(帝拳)=初

◆努力敢闘賞 永野祐樹(帝拳)=初

◆KO賞 村田諒太(帝拳)=初

◆新鋭賞 中谷潤人(M.T)=初

◆年間最高試合 WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一戦 井上尚弥(大橋)-ノニト・ドネア(フィリピン)

◆世界戦以外の最高試合 WBOアジア太平洋ウエルター級王座決定戦 矢田良太(グリーンツダ)-別府優樹(久留米櫛間&別府優樹)

◆女子最優秀選手賞 天海ツナミ(山木)=2年連続2度目

◆女子最高試合 WBC世界フライ級王座戦 藤岡奈穗子(竹原&畑山)-天海ツナミ

◆優秀選手賞 井岡一翔(Reason大貴)、井上尚弥(大橋)、岩佐亮佑(セレス)、京口紘人(ワタナベ)、田中恒成(畑中)、寺地拳四朗(BMB)、村田諒太(帝拳)

◆特別賞 河野公平(ワタナベ)、田口良一(ワタナベ)、福原辰弥(本田)、故三迫仁志(元日本プロボクシング協会会長)

◆優秀トレーナー賞 加藤健太(三迫)

関連するニュースを読む

小原佳太2階級制覇、世界再挑戦視野も「まだまだ」

日本ウエルター級王座を獲得した挑戦者の小原

<プロボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇1日◇東京・後楽園ホール

ボクシングの日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦は1日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者の同級1位小原佳太(33=三迫)が王者永野祐樹(30=帝拳)に7回2分39秒、TKOで勝利し、スーパーライト級に続く2階級制覇を果たした。

試合開始から前に出ると、2回に左フックでダウンを奪取。その後は2度目の防衛を目指す永野の反撃に苦しむ場面もあったが、7回に連打を集めたところでレフェリーが試合を止めた。16年に世界挑戦し、現在もIBF同級4位。2度目の世界挑戦を目指すが「まだまだ実力が足りない。もっと練習量を上げていく」。三迫会長は「ありとあらゆる可能性を全力で探って、もう1度チャンスをつくりたい」と話した。

関連するニュースを読む

王者永野祐樹が気合十分 小原佳太と屈指の好カード

日本ウエルター級王者永野祐樹(2019年9月7日撮影)

ボクシング日本ウエルター級タイトル戦の前日計量が31日に都内で行われ、同級王者永野祐樹(30=帝拳)、同級1位小原佳太(33=三迫)とも1回でクリアした。今年のチャンピオンカーニバル開幕戦で屈指の好カードとなる。

V2戦の永野は、格上相手となるが世界ランク奪取へ気合十分。対する小原は6年ぶりの日本王座戦だが、前半KOで世界再挑戦への足がかりとしたい。

関連するニュースを読む

井上尚弥らボクシング最優秀選手賞候補 2・7発表

アリトロフィーを掲げる井上尚弥(2019年11月7日撮影

日本ボクシングコミッションと東京運動記者クラブのボクシング分科会が12日、都内で19年の年間表彰ノミネート選考会を開いた。

最優秀選手賞候補はワールド・ボクシング・スーパーシリーズを制した井上尚弥(大橋)、日本人初の4階級制覇の井岡一翔(Reason大貴)、ミドル級王座奪回の村田諒太(帝拳)、唯一世界戦3勝の田中恒成(畑中)の4人。受賞者は2月7日に都内のホテルで発表、表彰される。他の各賞候補は次の通り。

◆技能賞 井岡、寺地拳四朗(BMB)、田中

◆殊勲賞 岩佐亮佑(セレス)、村田、井岡

◆KO賞 村田、寺地、栗原慶太(一力)、吉野修一郎(三迫)、勅使河原弘晶(輪島功一)

◆新鋭賞 重岡銀次朗(ワタナベ)、井上浩樹(大橋)、中谷潤人(M.T)

◆努力敢闘賞 野中悠樹(井岡弘樹)、渡部あきのり(角海老宝石)、永野祐樹(帝拳)、田中教仁(三迫)

◆年間最高試合 WBA&IBFバンタム級井上-ノニト・ドネア(フィリピン)、同井上-エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)、WBOスーパーフライ級井岡-アストン・パリクテ(フィリピン)、WBAミドル級村田-ロブ・ブラント(米国)

◆世界戦以外の最高試合 日本ミドル級竹迫司登(ワールド)-加藤収二(中野サイトウ)、WBOアジア太平洋ウエルター級別府優樹(久留米櫛間&別府優樹)-矢田良太(グリーンツダ)、日本ユース・バンタム級石井渡士也(REBOOT.IBA)-石川春樹(RK蒲田)

◆女子最優秀選手賞 天海ツナミ(山木)、佐伯霞(真正)、吉田実代(EBISU K’s BOX)

◆女子最高試合 WBCフライ級藤岡菜穗子(竹原&畑山)-天海、WBOミニマム級佐伯-エリザベス・ロペス(メキシコ)、WBAアトム級モンセラッット・アラルコン(メキシコ)-宮尾綾香(ワタナベ)

バトラーに5回TKO勝利して初防衛を果たし、1本指を立てる村田諒太(2019年12月23日撮影)

関連するニュースを読む

小原佳太2階級制覇に王手「次も勝つのが最低限」

日本王者永野祐樹(左)への挑戦権獲得の小原佳太は試合後にフェイスオフ

<プロボクシング:チャンピオンカーニバル最強挑戦者決定戦>◇26日◇東京・後楽園ホール

日本ウエルター級1位小原佳太(32=三迫)が2階級制覇に王手をかけた。元はスパーリングパートナーだった同級2位垂水稔朗(25=協栄)と対戦。4回に右ストレートで2度ダウンを奪い、4回2分59秒TKO勝ち。同級王者永野祐樹(30=帝拳)への挑戦権を獲得した。

垂水とは16年の世界初挑戦前からスパーしてきた。7連勝中に急成長を認め、「日本人では一番怖い相手」と警戒していた。「インファイトを予想していた」が、本来の中間距離での戦いに。「自信を持って、正々堂々と、実力で勝ちに来た。でも、この距離はボクが一番の自負がある」と勝利を確信した。

3回から攻勢を強め、4回には右ストレート2連発でダウンを奪った。立ち上がってきたところへ再び右を打ち込んで勝負を決めた。「あそこはいかないと自分の良さは出せない。あのまじめさではボクに勝てない」と涼しい顔だった。

来春には13年のスーパーライト級以来の日本王座挑戦となる。試合後にリング上で永野とフェイスオフで向き合った。「左は強いし、自信を持っている」と評価はしたが「次も勝つのが最低限のノルマ」と言い切った。「世界ランカーとやりたい」という目標がある。

現在IBFだけ8位にランク入りしている。三迫会長も「日本王座をとれば日本で一番。また世界戦線へといいアピールになる」と、2階級制覇を再び世界へのステップを期した。

バンタム級は1位沢田京介(31=JBスポーツ)が、田中一樹(26=グリーンツダ)に3-0で判定勝ちした。王者は鈴木悠介(31=三迫)。

フェザー級は2位丸田陽七太(22=森岡)が1回に左フックでダウンを奪う。元王者の3位大橋健典(30=角海老宝石)は鼻の傷が悪化でドクターストップとなり、3回2分TKO勝ちした。王者佐川遼(25=三迫)は12月12日に1位日野僚(29=川崎新田)と初防衛戦で、この勝者と対戦となる。

ライト級は2位富岡樹(22=RBOOT.IBA)が、1位斉藤一貴(27=角海老宝石)に3-0で判定勝ちした。王者は吉野修一郎(27=三迫)。

フライ級は3位藤北誠也(31=三迫)が、相手のケガで不戦勝となった。27日に1位ユーリ阿久井政悟(24=倉敷守安)対2位小坂駿(24=真正)の王座決定戦があり、この勝者と対戦する。

関連するニュースを読む

永野祐樹が初防衛、左ボディーから連打「仕留めに」

2回TKO勝ちで初防衛に成功した日本ウエルター級王者永野

<プロボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇7日◇東京・後楽園ホール

同級王者永野祐樹(30=帝拳)が、初防衛に成功した。同級9位川崎真琴(35=RK蒲田)の挑戦を受け、2回2分41秒、TKO勝ちを収めた。

4月に大阪で王座奪取したばかりの永野は1回、ガードで攻撃を封じられると右ショートや左フックを浴びた。しかし2回に強烈な左ボディー、右フックで形勢逆転して勢いに乗ると、ロープ際まで追い込んで強烈な左からの連打でレフェリーストップ勝ち。「1回から攻めるつもりが相手に受けてしまった。(2回に)左ボディーが効いたのが分かったのでレフェリーが止めるまでいこうと仕留めにいきました」と防衛成功にも反省を忘れなかった。

10月26日に開催予定の日本同級次期挑戦者決定戦では同級1位小原佳太(三迫)-同級2位垂水稔朗(協栄)が対戦する。世界挑戦経験があり、IBF同級8位にランクされる小原に勝てば世界ランクにも入る。永野は「小原選手が勝ちあがってくれば、自分にはチャンスしかない」と小原-垂水戦の結果を楽しみに待つ姿勢をみせた。

関連するニュースを読む

永野祐樹が初防衛戦「1回が大事、自分から攻めて」

初防衛戦に臨む日本ウエルター級王者永野(左)と挑戦者の川崎

日本ウエルター級王者永野祐樹(30=帝拳)が、東京凱旋(がいせん)試合となる初防衛戦に臨む。

7日、東京・後楽園ホールで同級9位川崎真琴(35=RK蒲田)とのV1戦に備え、6日には東京・文京区の日本ボクシングコミッションで前日計量に臨み、両者ともに66・5キロでクリアした。

今年4月、アウェーの大阪に乗り込み、矢田良太(グリーンツダ)を7回TKO撃破して同王座奪取に成功した。後楽園ホールでの試合自体も18年5月以来、約1年4カ月ぶり。久しぶりの東京の試合で、メインイベンターを務める永野は「気持ちは大阪の試合の時と変わりません。1回が大事で自分から攻めていってペースを取っていきたい」と冷静に話した。

王座奪取後、SNSを通じてチケット購入を希望するファンが増えたと明かし「メッセージも多くもらうようになりました。今回はどんな形でも勝てれば。結果的にKO勝ちなら最高です」と静かに燃えていた。

関連するニュースを読む

元3階級王者リナレス、4年9カ月ぶりに日本で試合

ホルヘ・リナレス(2014年12月30日撮影)

ボクシングの元3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(33=帝拳)が4年9カ月ぶりに国内リングで試合に臨む。

22日に帝拳ジムの公式サイトで発表されたもので、9月7日に東京・後楽園ホールでノンタイトル10回戦に出場する。対戦相手は後日発表される。

WBC世界ライト級王座決定戦を制した14年12月30日以来の日本での試合となる。なお同日のメインイベントには日本ウエルター級王者永野祐樹(帝拳)の同級9位川崎真琴(RK蒲田)との初防衛戦が組まれている。

昨年5月にワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との4度目の防衛戦に敗れていたリナレスは今年1月、1階級上のスーパーライト級で臨んだ再起戦で1回KO負けを喫していた。

関連するニュースを読む

永野祐樹が最優秀選手賞 ボクシングCC表彰選考会

永野祐樹(2019年4月21日撮影)

ボクシングのチャンピオンカーニバル表彰選考会が13日に都内で開かれ、最優秀選手賞に日本ウエルター級王者となった永野祐樹(29=帝拳)が選ばれた。賞金30万円を獲得となった。技能賞は日本ライト級王者吉野修一郎(27=三迫)、敢闘賞は日本バンタム級王者斉藤裕太(31=花形)、殊勲賞は日本ミニマム級王者田中教仁(34=三迫)が選ばれ、賞金10万円を贈られる。

永野は4月に敵地大阪に乗り込んで、V3を狙った矢田良太(29=グリーンツダ)と対戦した。3回にダウンを奪うも、4回にダウンを奪い返された。激しい打撃戦となったが、永野が7回に連打でストップ勝ちで新王者になった。

吉野はアクセル住吉(33=関門ジャパン)を迎え撃ち、7回にダウンさせてストップ勝ち。デビューからの連勝を10に伸ばして4度目の防衛に成功した。

斉藤は昨年9月に2度目の挑戦で王座を獲得したが、直後に潰瘍性大腸炎を発症した。闘病中に暫定王者となった木村隼人(29=ワタナベ)との王座統一戦に、5回TKO勝ちで初防衛に成功した。

田中は世界ランカーの王者小野心(36=ワタナベ)を相手に、3回にダウンを奪い、8回に2度目のダウンを奪ってTKO勝ち。3度目の挑戦で初の王座獲得となった。

関連するニュースを読む

矢田良太が防衛失敗「左もらいすぎた」7回TKO

TKO負けで日本ウエルター級王座の5度目の防衛に失敗した矢田(撮影・加藤裕一)

<プロボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇21日◇エディオンアリーナ大阪第2競技場

王者矢田良太(29=グリーンツダ)が7回1分9秒TKO負けを喫し、3度目の防衛に失敗した。

サウスポーの同級1位永野祐樹(29=帝拳)の左ストレートを何発も食った。3回にはタイミングのいい1発を浴び、しりもちをつくようにダウン。最後は左から細かい連打を浴び、棒立ちとなった試合を止められた。

それでも“ナニワのターミネーター”は見せ場は作った。オーバーハンドで繰り出す大振りの右、力任せの左が随所でヒット。4回には左を食って腰が落ち、ダウン寸前の体勢から、豪快な右で相手をぐらつかせ、ダウンを奪い返した。洗練された永野と対照的に、粗削りで豪快なボクシングで場内をわかせ続けた。

矢田は「左をもらいすぎました。効いた感じはなかったけど(右目が腫れて)見えにくくなって。やっぱり、相手が強かったということです」と潔く完敗を認めた。

苦手のサウスポー対策に、対戦が決まってから1日10時間以上のハードワークで追い込んだ。「もうこれ以上できんぐらい練習をしてきた。世界で1番やった自信があります。それでダメやったんやから、これ以上どうやったら強くなれるんか…。だから、全然悔いはないし、涙も出ません」。今後については「しっかり考えて、嫁さん、会長、応援してくれる人と話し合って決めます」と明言を避けた。

関連するニュースを読む

永野祐樹が日本王者「目標は達成」矢田にTKO勝ち

7回TKO勝利で日本ウエルター級王座を奪取した永野祐樹(撮影・加藤裕一)

<プロボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇21日◇エディオンアリーナ大阪第2競技場

同級1位永野祐樹(29=帝拳)が王者矢田良太(29=グリーンツダ)を7回1分9秒TKO勝利で破り、日本タイトルを奪取した。

帝拳の大先輩で元世界王者の浜田剛史氏、山中慎介氏らがリングサイドで見守る中、サウスポーからの左ストレートで主導権を握った。3回にはドンピシャリの左でダウンを奪った。4回には矢田の豪打でダウンを奪い返され、ピンチはあったが、冷静さを失わず、フィニッシュシーンは休む間を与えぬ連打でまとめた。

王者の地元大阪に乗り込んでベルトを奪った。「左ストレートしか、自分には武器がない。それが当たらなければどうしようもないんで。ちょっと危ないかなという場面はあったけど、平静を装いました。ベルトを取ったのは100点ですが、内容は20~30点。正直、このベルトのために東京から出てきたんですから、最低の目標は達成できました」と笑顔を見せた。

永野の戦績は16勝(12KO)2敗。

関連するニュースを読む

矢田と奥本4・21ダブル防衛戦 元世界王者も応援

グリーンツダジムの本石昌也会長、日本ウエルター級王者矢田良太、同スーパーフライ級王者奥本貴之、元WBC世界スーパーフライ級王者徳山昌守氏(撮影・加藤裕一)

ボクシングの日本ウエルター級王者矢田良太(29)同スーパーフライ級王者奥本貴之(27=いずれもグリーンツダ)が3日、大阪市内で4月21日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で次期防衛戦を行うと発表した。

3度目の防衛戦となる矢田は同級1位永野祐樹(29=帝拳)2度目の防衛戦の奥本は同級1位松尾雄太(29=ワールドスポーツ)の挑戦を受ける。

19勝中15KO勝ちを誇る“なにわのターミネーター”矢田は勝負カラーのピンクのスーツで登場。「永野選手は強打のサウスポーですが、4月と言えば桜、桜と言えばピンク、ピンクと言えば矢田良太。4月21日はなにわのターミネーターの日にします」と宣言した。

一方、奥本は「僕はおもしろいことは言えませんが、試合は絶対におもしろくします。絶対に勝って(将来は)世界に行きます」と意気込みを語った。

グリーンツダジムの本石昌也会長(42)は近い将来、2人に世界挑戦の期待をかけており「相手はともに最強の挑戦者。非常に大事な位置づけの試合になると思っています」と力説。また、会場には同ジムOBの元WBC世界スーパーフライ級王者徳山昌守氏(44)も駆けつけ「矢田選手の相手はサウスポー。奥本選手の相手はオーソドックス。それなら、2人とも徳山昌守の動画をユーチューブで見ろ!」とアドバイス? ハッパを掛けた。

グリーンツダ所属で、次期防衛戦を発表した日本ウエルター級王者矢田良太(右)日本スーパーフライ級王者奥本貴之(撮影・加藤裕一)

関連するニュースを読む

強打炸裂!別府優樹が会長夫人に捧げる4連続KO

6月に亡くなった櫛間峯子会長夫人(遺影)に捧げる勝利の別府優樹

<ボクシング:ウエルター級ノンタイトル8回戦>◇6日◇東京・後楽園ホール

 日本ウエルター級1位別府優樹(27=久留米櫛間)が、4連続KOで19戦無敗を守った。タイのスーパー・ライト級王者ポンサートーン・ソムポン(27)に右ストレートをボディーに打ち込み、1回1分26秒KO勝ちした。

 昨年1月に引き分けで連続KOは14で止まったが、デビューからで18勝すべてがKO勝ち。10月21日には地元久留米で、同級3位永野祐樹(28=帝拳)との日本王座挑戦者決定戦に臨む。

 早々に強打がさく裂した。「こんな早く終わるとは思わなかった」と苦笑いも、得意のボディーがまた決まった。「前回より冷静で見えていて余裕があった。ボディーを出して、ケガなく倒すという目標は果たせた」。念願のベルトへはあと2勝だ。永野はサウスポーだが「左には負けていない。地元でできるし、自信はバッチリ」と笑みを見せた。

 試合後は遺影を手にした。櫛間会長の峯子夫人が、6月1日に67歳で亡くなった。5月14日に入院したが末期がんだった。「ずっとすごくお世話になった。必ずチャンピオンになって恩返しをしたい」と誓った。

関連するニュースを読む

市村蓮司が最優秀選手賞「ちょっと期待してました」

三賞に選ばれた(左から)坂本、市村、梶(撮影・横山健太)

 ボクシングの第62回全日本新人王決定戦が20日、後楽園ホールで行われ、12人の王者が決まった。

 最優秀選手賞は、スーパーバンタム級でこの日最短の1回1分36秒KOで勝利した市村蓮司(22=RK鎌田)が受賞。市村は「東日本では1回KOしてもらえなかったので、うれしい。タイムにはこだわってなかったけど、ちょっと期待していました」と表彰式後に笑顔で話した。技能賞はスーパーフライ級で、井上太陽を1回KOで破った梶颯(18=帝拳)、敢闘賞は志賀弘康を3回KOで破った坂本真宏(24=六島)が受賞した。書く階級の全日本王者は以下の通り。

 ▼ミニマム級 小浦翼

 ▼Lフライ級 ユーリ阿久井政悟

 ▼フライ級 坂本真宏

 ▼Sフライ級 梶颯

 ▼バンタム級 武田航

 ▼Sバンタム級 市村蓮司

 ▼フェザー級 萱沼徹平

 ▼Sフェザー級 中谷有利

 ▼ライト級 中嶋龍成

 ▼Sライト級 藤田光良

 ▼ウエルター級 永野祐樹

 ▼ミドル級 長浜陸

関連するニュースを読む

永野祐樹が初の決勝に意欲「KOで新人王とりたい」

 プロボクシング東日本新人王決勝発表会が15日に都内であった。

 11月3日に東京・後楽園ホールで行われ、3階級はケガで棄権のために9階級が実施される。

 帝拳ジムからは6人が決勝進出したが、同門対決となった2階級は一方が棄権のため、2人の新人王が確定した。ウエルター級の永野祐樹(26)は2年ぶり3度目の出場で初の決勝進出。「これがラストチャンスなので、KOで新人王をとりたい」と意欲を示した。勝者は12月20日に東京・後楽園ホールで、西日本代表と全日本新人王を争う。

関連するニュースを読む