上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

Sフェザー級王者の坂晃典が初防衛 6回TKO勝ち

初防衛に成功した日本スーパーフェザー級王者坂(右)

ボクシングの日本スーパーフェザー級タイトルマッチ10回戦は22日、東京・後楽園ホールで開かれ、王者坂晃典(28=仲里)が初防衛に成功した。

同級1位渡辺卓也(21=DANGAN AOKI)の挑戦を受け、6回2分45秒、TKO勝ちを収めた。3回に右クロスなどで左目上カットを誘うと、6回には右ストレートでぐらつかせ、再び右でダウンを奪取。そのままレフェリーストップによるTKO勝利となった。19年12月に末吉大を下し、新王者となって以来、1年1カ月ぶりのリング。元WBOアジア・パシフィック同級王者渡辺を確実に仕留めた。

関連するニュースを読む

坂晃典「正直なめていた」TKO勝ちで初防衛も反省

初防衛に成功した日本スーパーフェザー級王者坂(右)

<プロボクシング:日本スーパーフェザー級タイトルマッチ10回戦>◇22日◇東京・後楽園ホール

王者坂晃典(28=仲里)が初防衛に成功した。

同級1位渡辺卓也(31=DANGAN AOKI)の挑戦を受け、6回2分45秒、TKO勝利でV1防衛。3回に右クロスなどで左目上カットを誘うと、6回には右ストレートでぐらつかせ、再び右でダウンを奪取。そのままレフェリーストップによるTKO勝ちとなり「初防衛してこそ真の王者、と聞いていたので。日本王者の坂晃典になれた」と死守したベルトを巻いて笑顔をみせた。

19年12月に末吉大を下し、新王者となって以来、1年1カ月ぶりのリングだった。試合途中で鼻から出血し、偶然のバッティングで左目上をカットし、同部からの流血で視界が遮られ「あんまり(流血に)なったことがなかったので分からなかったが、バチバチと集中力が切れた。鼻からの呼吸も苦しくなった。正直、なめていたかなと思いました。調子が良くて自分の調子におぼれていたところもある」と反省も忘れなかった。

次戦以降には地元大阪での防衛戦を希望。「次は大阪でやりたいですね。また大阪でも防衛戦ができたら」と、声をはずませていた。

関連するニュースを読む

Sフェザー級王者坂晃典「きれいに勝つ」初防衛戦

日本スーパーフェザー級タイトル戦前日計量をパスした王者坂(右)と挑戦者の同級1位渡辺(DANGANAOKI提供)

ボクシング日本スーパーフェザー級タイトルマッチ10回戦は22日、東京・後楽園ホールで開催される。

21日には都内で前日計量が行われ、王者坂晃典(28=仲里)、挑戦者の同級1位渡辺卓也(21=DANGAN AOKI)ともにリミット58・9キロでパスした。

昨年12月に末吉大を下し、新王者となった坂は1年1カ月ぶりのリング。初防衛戦は元WBOアジア・パシフィック同級王者渡辺との顔合わせとなり「変な試合はできない。きれいに勝ちたい。明日は強くなった坂晃典をみてほしいと思う」と意気込んだ。新型コロナウイルスの影響によるボクシング人生最長のブランクとなったものの「肉体的にも精神的にも良いクールダウン。心身ともに良い充電期間になった」と充実の表情を浮かべた。

一方の渡辺も19年11月以来1年2カ月ぶりのリング。3度目の日本王座挑戦でもあり「こんなチャンスをもらえる選手もいない。日本王座というメジャータイトルを取りたい。俺の中ではあこがれだし、取っておきたい」と三度目の正直で日本ベルト奪取を誓っていた。

日本スーパーフェザー級タイトル戦の前日計量をパスし、オンラインで取材に応じる王者坂(左)と挑戦者の渡辺

関連するニュースを読む

久我勇作「早く試合がしたい」悪夢払う再起目指す

日本スーパーバンタム級タイトル戦の前日計量をパスした王者久我(右)と挑戦者の同級1位古橋(DANGANAOKI提供)

ボクシング日本スーパーバンタム級王者久我勇作(30=ワタナベ)が悪夢を払う再起を目指す。22日、東京・後楽園ホールで同級1位古橋岳也(33=川崎新田)とのV2戦に臨む。

21日に都内で前日計量に臨み、両者ともリミット55・3キロでクリア。19年大みそかにWBOアジア・パシフィック同級王座決定戦でラモナル(フィリピン)に84秒でKO負けを喫して以来の再起戦。「勝つためにやってきた。早く試合がしたい」と防衛成功で復活を証明する。また日本スーパーフェザー級タイトル戦の計量も行われ王者坂晃典(28=仲里)、挑戦者の同級1位渡辺卓也(21=DANGAN AOKI)ともにリミット58・9キロでパスした。

日本スーパーバンタム級タイトル戦の前日計量をクリアし、オンラインで取材に応じた王者久我(左)と挑戦者の古橋

関連するニュースを読む

4年ぶり日本人と対戦の伊藤雅雪「次のステップに」

前日計量をクリアした前WBO世界スーパーフェザー級王者伊藤(右)と東洋太平洋同級王者三代(横浜光ジム提供)

ボクシングの前WBO世界スーパーフェザー級王者伊藤雅雪(29=横浜光)が約4年ぶりに日本人と対戦する。

26日、東京・墨田区総合体育館で東洋太平洋同級王者三代大訓(26=ワタナベ)とのライト級10回戦を控え、25日には都内で前日計量に臨み、100グラム少ない61・1キロでクリア。三代はリミットでパスした。

伊藤にとって16年大みそかの渡辺卓也との東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック同級王座統一戦以来となる日本人との試合。ライト級に階級を上げ、世界再奪取を狙う伊藤は「1度強い選手とライト級で戦い、アピールしないといけない。勝って次のステップになる試合がしたい」と自信を示した。

帝拳ジムへの出げいこでは元世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレス、前東洋太平洋ライト級王者中谷正義ら世界トップとのスパーリングを消化。12日に中谷が米国での世界ランカー対決を逆転TKO勝ちしたことにも触発され「スパーリングして強いなと思っていた。刺激になったし。ボクも頑張らなくてはいけないと思いました」と気合を入れ直した。

昨年5月に世界王座から陥落した伊藤は、同9月に再起戦で勝利を飾って以来約1年3カ月ぶりのリング。この三代戦は当初、11月5日に開催予定も9月に急性虫垂炎の手術を受けたため、この年末に延期されていた。待望の試合に向け「不安とワクワクが入り交じっている。虫垂炎は言い訳にならないぐらい調整はしてきた」とキッパリと言い切っていた。

関連するニュースを読む

CC最強挑戦者決定戦の対戦カード発表 ボクシング

最強挑戦者決定戦に出場する選手たち

日本プロボクシング協会が5日に都内で、日本王座挑戦権を争う「チャンピオンカーニバル最強挑戦者決定戦」の対戦カードを発表した。13階級のうちフライ級藤北誠也(31=三迫)は相手がケガで棄権、ミドル級国本陸(22=六島)は出場選手がいないため、いずれも不戦で挑戦権を獲得した。11階級の対戦カードは下記(○はランキング)。

◆ミニマム級(21日=後楽園ホール)

<1>谷口将隆(25=ワタナベ)-<2>石沢開(22=M.T)

◆ライトフライ級(12月15日=名古屋)

<1>矢吹正道(27=緑)-<8>芝力人(23=RK蒲田)

◆スーパーフライ級(未定)

<1>久高寛之(34=仲里)-<2>ユータ松尾(29=ワールドスポーツ)

◆バンタム級(10月26日=後楽園ホール)

<1>沢田京介(31=JBスポーツ)-<2>田中一樹(26=グリーンツダ)

◆スーパーバンタム級(13日=後楽園ホール)

<1>古橋岳也(31=川崎新田)-<2>田村亮一(32=JBスポーツ)

◆フェザー級(10月26日=後楽園ホール)

<4>丸田陽七太(22=森岡)-<5>大橋健典(30=角海老宝石)

◆スーパーフェザー級(11月9日=後楽園ホール)

<1>源大輝(28=ワタナベ)-<2>渡辺卓也(30=青木)

◆ライト級(10月26日=後楽園ホール)

<1>斎藤一貴(26=角海老宝石)-<2>富岡樹(22=REBOOT)

◆スーパーライト級(10月21日=後楽園ホール)

<1>アオキクリスチャーノ(30=角海老宝石)-<2>永田大士(29=三迫)

◆ウエルター級(10月26日=後楽園ホール)

<1>小原佳太(32=三迫)-<2>垂水稔朗(25=協栄)

◆スーパーウエルター級(11月2日=後楽園ホール)

<1>新藤寛之(33=宮田)-<2>清水優人(31=木更津グリーンベイ)

関連するニュースを読む

三代大訓が判定勝ち「世界を目指したい」V2成功

2度目の防衛に成功した王者三代大訓

<プロボクシング:東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦>◇27日◇東京・後楽園ホール

ボクシング東洋太平洋スーパーフェザー級王者三代大訓(24=ワタナベ)が2度目の防衛に成功した。

27日に東京・後楽園ホールで同級4位渡辺卓也(30=青木)と対戦。ジャブで主導権を握り、有効打で上回り、3-0で判定勝ちした。中盤にアッパーから追い込んだが倒しきれず。「慎重になって、緩んだ部分があった。右ストレートは格段に上がった。リスクある相手を倒していき、世界を目指したい」とさらなる成長を期した。

関連するニュースを読む

V2戦へ王者三代「KOを」叩き上げ挑戦者と対戦

計量をクリアした王者三代(左)と挑戦者渡辺

ボクシング東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチの前日計量が26日に都内で行われた。V2戦となる同級王者三代大訓(24=ワタナベ)は58・8キロ、同級4位でシルバー王者の渡辺卓也(30=青木)はリミット58・9キロでパスした。

昨夏にはスパーリングして互いの実力を知る者同士。中大出身で7戦6勝(2KO)1分けと無敗のホープと、45戦目で4度目の王座挑戦となるたたき上げの対決となる。

三代は初防衛戦で日本同級王者末吉大(帝拳)と統一戦も、三者三様で引き分けた。左は得意だが、右は大振りと課題にし、右ストレートを磨いてきた。「総合力が高く、国内に4、5人いる強い選手の一人。ベルトよりもやらないといけない相手と思っていた。流れの中でKOを狙いたい」と気合を入れた。

渡辺は国内では2年ぶりで、これまで地域タイトルを5度とったが、日本は2度と東洋太平洋王座挑戦は失敗してきた。30日に上海で再起する同門の前世界王者木村翔とは同じ年。「国内はやっぱり楽。久々で成長した姿を見せたい。木村には刺激をもらってきたが、今回は勝利のバトンをつなぎたい」と意気込んだ。

関連するニュースを読む

伊藤雅雪と渡辺卓也が対戦 12月に初の王座統一戦

東洋太平洋王座の伊藤(左)とWBOアジア太平洋王座の渡辺

 ボクシングの東洋太平洋、WBOアジア太平洋スーパーフェザー級王座統一戦が12月に日本で初開催されることになった。

 1日に都内で行われた記者会見には東洋太平洋スーパーフェザー級王者の伊藤雅雪(25=伴流)と、WBOアジア太平洋同級王座の渡辺卓也(27=青木)が出席。伊藤は「パワーもスピードも技術も僕が上。圧倒して勝って世界に行きたい」、渡辺は「これから世界を目指す選手と戦い、自分が上にいく実力を示せる試合ができればいい」と健闘を誓い合った。

 WBOアジア太平洋タイトルはJBC非公認ながら、今年9月より国内での試合が許可されたばかり。統一戦を仕掛けた株式会社DANGANの古沢代表は「タイトルが多くなっている状況で、同級の日本人王座も増えた。乱立を避けて、今後は統一していく流れを作りたい。その第1歩です」と趣旨を説明した。

 伊藤は09年デビューで21戦19勝(9KO)1敗1分、渡辺は07年デビューで37戦30勝(16KO)6敗1分。

関連するニュースを読む

細野悟2-0判定で4度目防衛成功「一番緊張した」

渡辺(左)に右フックを浴びせる細野(撮影・中島郁夫)

<プロボクシング:日本フェザー級タイトルマッチ10回戦>◇22日◇東京・後楽園ホール

 日本フェザー級タイトル戦は、王者細野悟(31=大橋)が2-0の判定で勝利し、4度目の防衛に成功した。

 中盤までは同級3位渡辺卓也(青木)と互角の打ち合いも、終盤に有効打を集めて接戦を制した。「プロに入って一番緊張した。必ず勝ち抜いて世界王者になります」と話した。

関連するニュースを読む

細野悟風邪に負けず防衛も「自覚足りない」大橋会長

渡辺(左)に右フックを浴びせる細野(撮影・中島郁夫)

<プロボクシング:日本フェザー級タイトルマッチ10回戦>◇22日◇東京・後楽園ホール 

 王者・細野悟(31=大橋)が、苦しみながらも4度目の防衛に成功した。同級3位・渡辺卓也(青木)と対戦。5回終了時までポイントでリードを許す展開も、左ボディーからのコンビネーションを中心に反撃し、逆転で勝利をつかんだ。

 試合後の控室で、数日前から風邪をひいていたことを明かすと「終盤はゴングが鳴ったら倒れてもいいと思って戦った。とにかく勝ててほっとしている」と振り返った。

 陣営の大橋秀行会長は「このコンディションで良く勝ったと言ってやりたいが、プロとしての自覚が足りない」と猛省を促した。

関連するニュースを読む