上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

井岡一翔がジム移籍「さらなる高みへ進んでいく」

井岡一翔(2019年12月25日撮影)

ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(31)が25日、オザキジムから改称したAmbitionジムに移籍を発表した。

ジム名は野心を意味し、井岡は「新たな気持ちでさらなる高みへ進んでいきます」とコメントした。元日本同級王者の木谷卓也氏(47)が会長で、17年にジム焼失で休会していたが、今年1年に間借りで再開していた。井岡は18年に海外でフリーとして復帰したが、国内復帰のために昨年Reason大貴ジム(現DANGAN AOKIジム)所属となった。6月に再挑戦で4階級制覇し、12月には初防衛している。次戦では3階級制覇王者のWBO1位田中恒成(25=畑中)との日本人対決が浮上している。

関連するニュースを読む

田中恒成「全部見せる」畑中建人がユーチューブ挑戦

田中恒成(19年12月撮影)

世界3階級制覇王者でWBO世界スーパーフライ級1位の田中恒成(25=畑中)と同ジムのWBC世界ユースフライ級王者の畑中建人(22)が「ユーチューバー」に挑戦する。田中は25歳の誕生日、今月15日からスタート。畑中は5月9日からすでに開始している。

田中は「ユーチューブ始めました。本当の俺の知らないあなたに私の全部をお見せします」。一方、元WBC世界スーパーバンタム級王者畑中清詞会長(53)の長男、建人は「登録者が1000人超えたら会長の親子スパーリングをします! 早く退治したいので皆さん応援お願いします(笑い)」とコメント。

両者とも新型コロナウイルス感染症の影響で、次戦は決まっていない。田中は4階級制覇を目指し、WBO同級王者井岡一翔(31)への挑戦を第1に陣営と交渉中。実現すれば、夢マッチは間違いない。

畑中建人(16年12月31日撮影)

関連するニュースを読む

中谷潤人延期の世界初挑戦は8・1 後楽園で無観客

中谷潤人(20年2月撮影)

ボクシングWBO世界フライ級3位中谷潤人(22=M・T)の世界初挑戦が、8月1日に東京・後楽園ホールで開催される。WBOが24日にSNSを通じて明らかにした。

同級1位ジーメル・マグラモ(25=フィリピン)との王座決定戦で、当初は4月4日に開催がウイルスの影響で延期されていた。

当初と同じ聖地と言える会場で、無観客試合となる見通し。国内では3月27日を最後に興行を自粛し、7月から再開を目指して準備に入っている。陣営は6月、7月にも日時を再設定したが、緊急事態宣言下のために延びていた。

中谷は3月には米ロサンゼルスで、今年2度目のスパーリング・キャンプを張っていた。感染拡大のために途中帰国したが、その後も朝のロードワーク、夕方のジムワークを続け、試合に備えていた。この王座は4階級制覇を狙う前王者田中恒成(24=畑中)が返上したもの。国内で今年初の世界戦で、今最も期待されるホープが世界に挑む。

関連するニュースを読む

ハーンズ大の字!ハグラーの右/畑中清詞会長の一撃

畑中清詞会長(19年3月撮影)

<ボクシング、忘れられない一撃~16>

一発のパンチですべてが変わるボクシング。選手、関係者が「あの選手の、あの試合の、あの一撃」をセレクトし、語ります。

元WBC世界スーパーバンタム級王者で、4階級制覇を狙う田中恒成を指導する畑中清詞会長(53)の印象深い一撃は「ハグラーの右」。85年に行われた統一ミドル級王者マービン・ハグラー(米国)-のちの初の5階級制覇王者トーマス・ハーンズ(米国)は「黄金の中量級」と称された80年代を象徴する一戦。劣勢の展開からハーンズを沈めたハグラーの右ストレートを畑中会長が語った。(取材・構成=実藤健一)

▼試合VTR 85年4月15日、米国ラスベガスで行われたビッグマッチ。開始早々、スロースターターだったはずのハグラーが逆手にとるように仕掛け、打ち合いに持ち込む。パンチのキレはハーンズで1回にハグラーの右目上、2回には額から流血させる。3回、出血のドクターチェックを受けてストップの危険を感じたハグラーが一気にギアを上げ、サウスポースタイルから右構えにスイッチして猛ラッシュ。ハーンズの弱点あごに右をヒットさせてぐらつかせ、さらに右ストレートを打ち抜くと、ハーンズは大の字に倒れ、10カウントが告げられた。

◇ ◇ ◇

俺が18の時だから、すでにプロになってた時だね。映像で見たのは覚えているけど、テレビ中継なのか、後でビデオで見たのかはっきりしないけど、すごいパンチだったのは記憶に残っている。あのハーンズが大の字に倒れて動けない。強烈に刺激を受けたよ。

といっても体格やバネは外国人特有のものだから。練習でまねしようとしたけど、すぐにあきらめた。日本人には無理だ、と。

黄金の中量級と言われた時代でね。4人(ハグラー、ハーンズ、シュガー・レイ・レナード、ロベルト・デュラン)の戦いが、楽しみでしょうがなかった。自分のボクシングの参考というより、違う次元のものとして見ていた。4人ともスーパーチャンプだからね。それぞれに個性があって、そのぶつかり合いにわくわくした。ファンだね。

ボクシングのスタイルはまねできないけど、当時のような活気は目指したいと思っているよ。その一環でU-15(ジュニア世代の強化を目的に07年に設立された全国U-15ジュニアボクシング大会)ができて、この大会から(WBA、IBF世界バンタム級王者)井上尚弥らがでてきた。

近い世代、階級にはうちの田中恒成もいる。それぞれが刺激し合い、いずれは「黄金の軽量級」となればいいね。あんなすごいKOシーンは、だれもが見たいもの。

◆畑中清詞(はたなか・きよし)1967年(昭42)3月7日、愛知県生まれ。中学からボクシングを始め、享栄高3年時にプロ入り。84年11月のデビュー戦で1回KO勝ちを飾り、その後5戦連続1回KO勝利。88年9月、15戦無敗でWBC世界スーパーフライ級タイトルに挑戦も、ヒルベルト・ローマンに完敗。91年2月、WBC世界スーパーバンタム級王座に挑み、計6度のダウンを奪って8回TKO勝ちでベルトを奪取した。戦績は22勝(15KO)2敗1分け。現在は畑中ジム会長。

関連するニュースを読む

畑中ジム会長、田中恒成の次戦「何も進めようない」

畑中ジムの畑中清詞会長(2018年9月18日撮影)

4階級制覇を目指す田中恒成(24)が所属する畑中ジムの元WBC世界スーパーバンタム級王者・畑中清詞会長(53)は、緊急事態宣言の期間延長を冷静に受け止めた。

当初は6日までの期間が今月いっぱいに延びた。プロボクシングはすでに6月いっぱいまでの興行中止、7月から条件付きで興行再開を目指す方針を示していた。政府の今後の方針を受けた畑中会長は電話取材で「変わりないよ。(それ以前に)5月いっぱいは(活動再開は)無理だろうと思っていた」と話した。

田中のマッチメークに関しても「何も進めようがない」としながら、ゴールデンウイーク明けにも単独でのジムワークは認める方向。日本フライ級2位の畑中建人(21)と時間差で使用する意向。通常に戻る日を見据え、徐々に動きだしていく。

田中恒成(中央)、畑中ジムの畑中清詞会長、左は田中の父・斉トレーナー(2019年3月17日撮影)

関連するニュースを読む

田中恒成、連休明けから“ひとりジムワーク”を再開

田中恒成(19年12月撮影)

ボクシングの世界3階級王者田中恒成(24=畑中)が、ゴールデンウイーク(GW)明けにも“ひとりジムワーク”を再開する。所属ジムの元WBC世界スーパーバンタム級王者・畑中清詞会長(53)が電話取材に応じ、田中の近況を伝えた。

田中は昨年大みそかに3度目の防衛に成功したWBO世界フライ級スーパー王者のタイトルを返上。4階級制覇を目指すとし、5月にもスーパーフライ級でノンタイトル戦を行い、年末にタイトル戦のプランが描かれていた。しかし、新型コロナウイルス感染の拡大により、ボクシングは6月いっぱいまで興行中止。当初プランも大幅変更を余儀なくされている。

畑中会長は「ジムは4月から閉めているが、(田中)恒成だけジムを開放していた。でも(緊急事態)宣言が出てからは、(5月)6日まで完全に閉めている」。現時点で宣言の期限は5月6日とされている。会長は「(世間の)情勢を見てからになるが、恒成1人でジムワークを始めることは問題ない」と語った。

ただ、目標とすべき試合は全く見えない状況。畑中会長は「年内に1試合できれば」と現実的な見通し。WBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(31)とのビッグマッチの可能性も浮上していたが、まずは日常の回復を待ち望む。

関連するニュースを読む

五輪へ田中亮明「勝ちをつかみにいく」弟は田中恒成

東京五輪代表選手。左から入江、並木、岡沢、森脇、成松、田中

日本ボクシング連盟は20日に都内で強化委員会を開き、東京オリンピック(五輪)の開催国枠の適用者3人を選出した。男子フライ級・田中亮明(26=中京学院大中京高教)、ライト級・成松大介(30=自衛隊)、ミドル級・森脇唯人(23=自衛隊)が代表に決まった。

会見では、田中は「もっと攻撃的なボクシングをして、勝ちをつかみにいく姿勢を見せたい」と意気込んだ。弟はプロで史上最速の世界4階級制覇を目指す田中恒成で、兄は五輪で世界に挑む。リオデジャネイロ五輪に続く2度目の出場となる成松は「非常にうれしく思う。光栄です。一生懸命頑張りたい」、森脇は「選んでくれたからにはしっかり練習して結果で返したい」と述べた。

今月3日から11日までヨルダンで行われたアジア・オセアニア予選では、男子はウエルター級の岡沢セオン(24=鹿児島県体育協会)、女子はフライ級の並木月海(21=自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(19=日体大)が出場枠を獲得し、内定していた。男子は開催国枠による最低限の枠数「4」のうち、自力で枠を得た岡沢をのぞく、3枠を選考。女子は2人が自力で枠を得たことで、開催国枠「2」は消滅していた。

関連するニュースを読む

「トンテキ家族」ボクシング中谷が世界奪取で恩返し

世界に初挑戦する中谷潤人

ボクシングWBO世界フライ級3位中谷潤人(22=M・T)の世界初挑戦が決まった。4月4日に東京・後楽園ホールで、同級1位ジーメル・マグラモ(25=フィリピン)との王座決定戦が、14日に都内で発表された。前王者田中恒成(24=畑中)が返上した王座を争う。中卒で米国での単身修行でスタートし、20戦全勝(15KO)でつかんだチャンス。国内で最も期待されるホープが、一家挙げてのサポートに恩返しのベルトを狙う。

  ◇    ◇    ◇

記者会見場の後方から、壇上の中谷を見守る3人の姿があった。両親と弟。待ちに待った世界初挑戦発表に、異例の家族同伴となった。中谷は「家族をずっと振り回し、今はサポートをしてもらっている。このチャンスを一発でとって、少しでもホッとさせたい」と誓った。

実家は三重・東員町でお好み焼き店だった。中谷が中1でボクシングを始めると、父澄人さん(43)は店の隣に手作りでジムを作り、サンドバッグをつるした。中谷はその時には「フライ級の世界王者になる」との目標を張り紙していた。

中卒前には米国での単身修行を決意し、高校進学を勧める両親を熱意で説得した。デビュー1年後の16年には、中谷が住む神奈川・相模原市に引っ越してきた。一家でサポートするためだった。

昨年には中谷がオーナーでトンテキ専門店とん丸をオープンした。四日市市の名物をメインに、弟龍人さん(20)を店長に一家で切り盛りしている。龍人さんはスポーツマッサージも勉強して、兄の体調維持にも協力する。家族への恩返しには世界王者は必須だ。

世界ランクは4団体すべて1ケタで、今日本で最も期待される。全日本新人王、日本ユース、日本王座、元世界王者戦と確実にステップを踏み、20個の白星を積み上げてきた。「やっと舞台に立てる。世界で一番強い男の肩書ができる試合。わくわくする」と目を輝かせた。

1月には米国で1カ月あまりスパーリング合宿した。前WBAスーパー&IBF世界スーパーバンタム級王者ローマン(米国)と40回手合わせし「いろいろ試して通用した」と手応えも得た。18日から熱海で走り込み、3月に米2次合宿で、決戦へ万全の準備をする。【河合香】

◆中谷潤人(なかたに・じゅんと)1998年(平10)1月2日、三重・東員町生まれ。米国で修行を積みながらアマ14勝2敗。15年4月にプロデビューで1回TKO勝ち。16年に全日本フライ級新人王、17年に日本同級ユース王座、19年2月に日本同級王座を獲得した。171センチの左ボクサーファイター。

「トンテキ専門店とん丸」ののれんを手にする中谷潤人(中央)と弟龍人さん
世界初挑戦する中谷潤人(左から2人目)。左から父澄人さん1人おいて母府見子さん、弟龍人さんの一家

関連するニュースを読む

田中恒成が優秀選手賞「しっかり準備」井岡戦へ慎重

「2019年度JBC年間表彰」で優秀選手賞を受賞した田中恒成

WBO世界フライ級王座を返上し、4日に4階級制覇挑戦を表明したばかりの田中恒成(24=畑中)が7日、都内の東京ドームホテルで行われた19年度ボクシング年間表彰式に出席。優秀選手賞を受賞した。

5日にはWBOのスーパーフライ級ランキング1位となり、一定期間の間に王者に挑戦できる権利を持つ指名挑戦者として認定された。現在の同級王者井岡一翔(30=Reason大貴)との対戦が期待されるが、田中は「挑戦できるように、しっかり準備したい」と慎重な姿勢を示した。まずノンタイトル戦に臨む予定で、「20年のうちにどういう形でもいいので4階級制覇したい」と語った。

関連するニュースを読む

井上尚弥2年連続2冠 最優秀選手賞と年間最高試合

ドネアを破りWBSS優勝を果たした井上尚弥はアリ・トロフィーを掲げる(2019年11月7日撮影)

ボクシングの19年度年間表彰式が8日に都内で開催され、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)が、最優秀選手賞と年間最高試合で2年連続2冠となった。

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝では2回TKOでIBF王座を獲得し、決勝では5階級制覇のWBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)に判定勝ちでWBA王座を統一した。

最優秀選手は4人の候補がいたが、年間最高試合とも32票中27票を獲得した。いずれも2年連続3度目の受賞で、14年はKO賞と3冠で3度目の複数受賞となった。

技能賞は日本人初の4階級制覇を達成して初防衛した井岡一翔(30=Reason大貴)、殊勲賞はWBA世界ミドル級王座を奪回して初防衛した村田諒太(34=帝拳)が初受賞した。村田は2連続KOでKO賞も初受賞し、初の複数受賞となった。

この賞は日本ボクシングコミッション、日本プロボクシング協会、東京および関西運動記者クラブ・ボクシング分科会の主催、選考による。各賞の受賞者は以下の通り。

◆最優秀選手賞 井上尚弥(大橋)=2年連続3度目

◆技能賞 井岡一翔(Reason大貴)=初

◆殊勲賞 村田諒太(帝拳)=初

◆努力敢闘賞 永野祐樹(帝拳)=初

◆KO賞 村田諒太(帝拳)=初

◆新鋭賞 中谷潤人(M.T)=初

◆年間最高試合 WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一戦 井上尚弥(大橋)-ノニト・ドネア(フィリピン)

◆世界戦以外の最高試合 WBOアジア太平洋ウエルター級王座決定戦 矢田良太(グリーンツダ)-別府優樹(久留米櫛間&別府優樹)

◆女子最優秀選手賞 天海ツナミ(山木)=2年連続2度目

◆女子最高試合 WBC世界フライ級王座戦 藤岡奈穗子(竹原&畑山)-天海ツナミ

◆優秀選手賞 井岡一翔(Reason大貴)、井上尚弥(大橋)、岩佐亮佑(セレス)、京口紘人(ワタナベ)、田中恒成(畑中)、寺地拳四朗(BMB)、村田諒太(帝拳)

◆特別賞 河野公平(ワタナベ)、田口良一(ワタナベ)、福原辰弥(本田)、故三迫仁志(元日本プロボクシング協会会長)

◆優秀トレーナー賞 加藤健太(三迫)

関連するニュースを読む

田中恒成「目標は4階級制覇」井岡とビッグマッチか

4階級制覇へ意欲を示した前WBO世界フライ級王者田中(撮影・実藤健一)

前WBO世界フライ級のスーパー王者田中恒成(24=畑中)が4日、名古屋市内で会見しタイトルの返上とスーパーフライ級に階級を上げて、4階級制覇を目指すと宣言した。

田中は昨年大みそかのウラン・トロハツ(中国)との3度目の防衛戦を3回KOで勝利。この日、今年の目標に関する会見を開き、4階級制覇を掲げた。実現すれば、WBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(30)以来、2人目となる。田中の4階級制覇のターゲットも、井岡が最有力。ビッグマッチの可能性が浮上してきた。

田中は1月31日付でベルトを返上。5月を目標に前哨戦をはさみ、スーパーフライ級で4階級制覇を目指す青写真を描く。田中は「フライ級で戦う思いも強く考えたが、今年はスーパーフライ級で。目標は4階級制覇です」と言い切った。

WBOでスーパー王者に認定され、通例では転級すれば1位にランクされるという。他団体で上位にランクされる可能性は薄く、最初のミニマム級から一貫してWBOで戦ってきた田中にとって、4階級制覇もWBOで狙うのが自然の流れ。現王者の井岡がターゲットになるが、畑中清詞会長(52)は「井岡陣営とは何も話をしてません。あくまでWBOのルールにのっとってやるだけ」と話した。

田中は仮定の上で「日本人同士の大きな試合、楽しみでしかない。ワクワクする。(井岡は)ただ強いというイメージ。(実現すれば)当たり前だけど、勝つ気で臨みます」。

昨年12月に来日したWBOのフランシスコ・バルカルセロ会長(71)が、井岡-田中戦について「このカードを実現させたいと思います」と後押し発言していた。田中のベルト返上、階級アップに伴い、夢物語だった超ビッグマッチが実現へ動きだした。

4階級制覇に向けた会見に臨んだ前WBO世界フライ級王者田中。左は畑中会長、右は田中トレーナー(撮影・実藤健一)

関連するニュースを読む

井上尚弥らボクシング最優秀選手賞候補 2・7発表

アリトロフィーを掲げる井上尚弥(2019年11月7日撮影

日本ボクシングコミッションと東京運動記者クラブのボクシング分科会が12日、都内で19年の年間表彰ノミネート選考会を開いた。

最優秀選手賞候補はワールド・ボクシング・スーパーシリーズを制した井上尚弥(大橋)、日本人初の4階級制覇の井岡一翔(Reason大貴)、ミドル級王座奪回の村田諒太(帝拳)、唯一世界戦3勝の田中恒成(畑中)の4人。受賞者は2月7日に都内のホテルで発表、表彰される。他の各賞候補は次の通り。

◆技能賞 井岡、寺地拳四朗(BMB)、田中

◆殊勲賞 岩佐亮佑(セレス)、村田、井岡

◆KO賞 村田、寺地、栗原慶太(一力)、吉野修一郎(三迫)、勅使河原弘晶(輪島功一)

◆新鋭賞 重岡銀次朗(ワタナベ)、井上浩樹(大橋)、中谷潤人(M.T)

◆努力敢闘賞 野中悠樹(井岡弘樹)、渡部あきのり(角海老宝石)、永野祐樹(帝拳)、田中教仁(三迫)

◆年間最高試合 WBA&IBFバンタム級井上-ノニト・ドネア(フィリピン)、同井上-エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)、WBOスーパーフライ級井岡-アストン・パリクテ(フィリピン)、WBAミドル級村田-ロブ・ブラント(米国)

◆世界戦以外の最高試合 日本ミドル級竹迫司登(ワールド)-加藤収二(中野サイトウ)、WBOアジア太平洋ウエルター級別府優樹(久留米櫛間&別府優樹)-矢田良太(グリーンツダ)、日本ユース・バンタム級石井渡士也(REBOOT.IBA)-石川春樹(RK蒲田)

◆女子最優秀選手賞 天海ツナミ(山木)、佐伯霞(真正)、吉田実代(EBISU K’s BOX)

◆女子最高試合 WBCフライ級藤岡菜穗子(竹原&畑山)-天海、WBOミニマム級佐伯-エリザベス・ロペス(メキシコ)、WBAアトム級モンセラッット・アラルコン(メキシコ)-宮尾綾香(ワタナベ)

バトラーに5回TKO勝利して初防衛を果たし、1本指を立てる村田諒太(2019年12月23日撮影)

関連するニュースを読む

井岡初防衛「ボクシングトリプル世界戦」9・4%

9回、井岡はシントロンに右ストレートを打ち込む(撮影・山崎安昭)

昨年12月31日にTBS系で生放送された「ボクシング トリプル世界戦」(午後5時)の視聴率が6・1%(関東地区)だったことが6日、ビデオリサーチ調べで分かった。

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチでは、日本人初の4階級制覇王者井岡一翔(30=Reason大貴)が、ジェイビエール・シントロン(24=プエルトリコ)を3-0の判定で下し初防衛に成功した。

WBO世界世界フライ級タイトルマッチは、王者田中恒成(24=畑中)がウラン・トロハツ(26)に3回KO勝ちして3度目の防衛に成功。WBO世界女子スーパーフライ級タイトルマッチは、王者吉田実代(31=EBISU K’s BOX)が、初防衛戦でシー・リーピン(21=中国)を3-0の判定で下した。

関連するニュースを読む

木村翔2・15に再起2戦目 世界前哨戦と位置付け

木村翔(2019年5月14日撮影)

ボクシング前WBO世界フライ級王者木村翔(31)が、2月15日にフィリピン・マニラで元世界王者と再起戦に臨む。5日に中国・上海で発表した。元WBO世界ミニマム級王者メルリト・サビーリョ(35=フィリピン)と対戦する。この一戦を世界前哨戦と位置付けている。

木村は18年のV3戦で田中恒成(24=畑中)に判定負けで陥落した。昨年5月の再起2戦目でWBA世界ライトフライ級で2階級制覇を狙うが失敗した。その後は所属していた青木ジムを離れ、フィリピンや中国で練習している。現在はフィリピン人トレーナーに指導を受けている。

当面はフリーで活動し、今回からマカオ中心に格闘技イベントを展開するマスファイトのサポートを受ける。日本で試合をする場合はジムに所属する必要がある。その時までに移籍先を探す考えだ。

青木ジムは有吉会長と選手、会員との金銭トラブルで、昨年限りで休止して事実上閉鎖となった。代わってReason大貴がDANGAN AOKIに改称して移転した。旧青木ジムの大半の選手、会員も引き継いで6日にオープンする。木村も受け入れる姿勢を示している。

関連するニュースを読む

トロハツ挑戦失敗 早期決着ショックで起き上がれず

3回、田中(左)はトロハツからKOを奪い、王座を防衛する(撮影・加藤諒)

<プロボクシング:WBO世界フライ級タイトルマッチ12回戦>◇12月31日◇東京・大田区総合体育館

WBO世界フライ級王者田中恒成(24=畑中)は、同級10位ウラン・トロハツ(中国)に3回KO勝ちし、3度目の防衛を果たした。

KOされた挑戦者のトロハツはしばらく起き上がることができなかった。早期決着にショックを隠しきれない様子で「(田中は)とても速く、パワーもあった」と語った。26歳での世界初挑戦は完敗に終わった。それでも、再戦について聞かれると「もちろんやりたい」と答えた。

3回、田中(右)はトロハツに左アッパーを打ち込みKO勝ち(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

井岡V1、恒成V3、吉田V1/トリプル世界戦詳細

<トリプル世界戦>◇31日◇東京・大田区総合体育館

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ

日本人初の4階級制覇王者井岡一翔(30=Reason大貴)は、WBO世界スーパーフライ級1位ジェイビエール・シントロン(24=プエルトリコ)を判定(3-0)で下し初防衛に成功した。

井岡一翔判定勝ちジェイビエール・シントロン

【井岡一翔の話】チャンピオンの強さと世界戦の厳しさを教えてやりたかった。息子が生まれて初めての試合。気持ちとしてプレッシャーもありました。

井岡は防衛に成功しリング上で長男を抱き笑顔を見せる(撮影・足立雅史)

【12回】王者井岡が前に出る。再びシントロンのグローブが緩み中断。試合再開。王者井岡が連打。王者井岡がコンビネーション。王者井岡がコーナーに追い詰め圧をかける。シントロンは足を使うので精一杯か。コーナーでお互い激しいパンチの交換。進撃の井岡が気迫のボディー。終盤に王者井岡が連打。判定は決着へ。王者井岡が判定3-0で初防衛に成功!

井岡はシントロンを破り防衛に成功する(撮影・足立雅史)

井岡(中央右)は防衛に成功しシントロンと互いの健闘をたたえ抱き合う(撮影・足立雅史)

【11回】王者井岡が激しく前へ。シントロンのグローブの緩みで試合ストップ。試合再開。シントロンと王者井岡がほぼ相打ち。王者井岡が圧をかけ左ボディー。ロープ際で井岡がガードの上からワン、ツー。終盤には王者井岡がコーナーに追い詰めボディー連打。

11回、シントロン(左)を連打で追い込む井岡(撮影・足立雅史)

11回、グローブを直すシントロン(左)を見つめる井岡(撮影・足立雅史)

【10回】王者井岡の圧にシントロンが上手く足を使えず。王者井岡が左ボディー。シントロンもアッパーで返す。シントロンの手数が少し多くなってきた。シントロン陣営は「とにかく凌げ」と指示。王者井岡の左フックにシントロンが一瞬足を止める。王者井岡が教科書通りのワン、ツーで徹底的にボディー攻め。シントロンはダウン寸前か。王者井岡が変幻自在にシントロンを追い詰める

10回、井岡(左)はシントロンを打ち込む(撮影・足立雅史)

【9回】静かな立ち上がりから王者井岡が懐に入り右。王者井岡が圧をかけ右アッパー。王者井岡がロープ際でガードの上から左右のボディー。シントロンはたまらずクリンチ。王者井岡の右でシントロンが一瞬ふらつく。王者井岡がたたみかけ連打。王者井岡が追って左ボディー。シントロンはジャブですら後退

9回、井岡はシントロンに右ストレートを打ち込む(撮影・山崎安昭)

【8回】変わらず追う井岡と逃げるシントロン。シントロンの左に王者井岡も合わせる。

王者井岡がコーナーで左ボディー。シントロンがスリップ。シントロンの左が王者井岡にヒット。王者井岡も返す。終盤にコーナー付近で激しいパンチの交換

8回、井岡(右)はシントロンを攻める(撮影・足立雅史)

【7回】王者井岡が前に出て右。シントロンも返す。王者井岡はシントロンのパンチが見切れてきた。井岡陣営は「頭を振ってアッパーを絡めていけ」と指示。王者井岡がロープ際でボディー連打。シントロンは王者井岡のボディー攻めに足を上手く使えなくなってきた

【6回】王者井岡が圧をかけ左ジャブ。シントロンの左に井岡は右ボディーを返す。再び王者井岡がボディー。シントロンがくの字に曲がる。王者井岡がロープ際でガードの上から連打。王者井岡は逃げるシントロンを追う。終盤にも王者井岡がガードの上から左ボディー。

【5回】王者井岡はプレッシャーを強めていく。シントロンの左が井岡にヒット。王者井岡が左フック。激しい打ち合いから井岡が左ストレート。立て続けに王者井岡がボディー。シントロンは口が歪み後ろに下がる。王者井岡が右からボディー。王者井岡が果敢に前に出て打ち込んでいく。井岡にはまだ余裕がみられる

5回、井岡(右)はシントロンに連打を浴びせる(撮影・足立雅史)

【4回】お互いにまずは間合いをはかる。相手の懐に入った王者井岡の右ストレートがシントロンにヒット。負けじとシントロンも長いリーチから左ストレート。王者井岡は前に出る。王者井岡がロープ際で連打。シントロンの足が一瞬もつれる。王者井岡がボディーからさらにコンビネーション。王者井岡が徹底的にボディー連打。王者井岡が距離感をつかんでくる

4回、井岡はシントロンに右ストレートを打ち込む(撮影・山崎安昭)

【3回】王者井岡はシントロンの懐に入り込もうとする。王者井岡の左ボディー。続けて井岡が連打。シントロンも返してくる。シントロン接近戦を嫌い足を使う。王者井岡のダブルがヒット。シントロンが左ストレート。井岡は変わらず前につめる。井岡の口から出血。シントロンも顔が腫れてきた

3回、井岡はシントロンに右ボディーを打ち込む(撮影・加藤諒)

【2回】王者井岡はシントロンのリーチの長さにどう対応していくか。王者井岡はやや前に出る。王者井岡が圧をかけ右ボディー。立て続けに王者井岡がガードの上から打ち込む。シントロンがノーモーションで左ストレート。王者井岡にヒット。王者井岡も右ストレートを返す。王者井岡が前に出る。お互い高い技術をみせる

2回、井岡はシントロンに右ストレートを打ち込む(撮影・山崎安昭)

【1回】王者井岡は足を使って距離をはかっていく。王者井岡が右ボディー。王者井岡が再び右ボディー。シントロンも合わせてくる。シントロンの左ストレートが王者井岡に当たる。王者井岡は足を使い様子を見る

【入場】王者井岡はAK-69の生歌で入場

井岡の登場曲を歌うAK-69(撮影・足立雅史)

WBO世界フライ級タイトルマッチ

WBO世界フライ級王者の田中恒成(24=畑中)は同級12位ウラン・トロハツ(26=中国)に3回KO勝ちで3度目の防衛に成功した。

田中恒成3回KOウラン・トロハツ

【田中恒成の話】序盤はジャブでペースを握ろうと。『もうそろそろ(相手との距離を)詰めていいな』と3回から圧力を強めた。いい手応えありました。

田中はトロハツを破り3度目の防衛に成功し笑顔を見せる(撮影・足立雅史)

【3回】王者田中恒成は執着せずに様々なパンチを織り交ぜていく。王者田中恒成が左右のボディー。王者田中恒成がロープ際でワン、ツー。王者田中恒成が左フックから強烈左ボディー。王者田中恒成はさらに圧をかけ連打。王者田中恒成がロープ際で強烈左アッパー。トロハツがダウン。王者田中恒成がKOで3度目の防衛に成功!ゴング後もトロハツはなかなか起き上がれず

WBO世界フライ級タイトルマッチ 3回、田中(右)はトロハツに左アッパーを打ち込みKO勝ち(撮影・山崎安昭)

WBO世界フライ級タイトルマッチ 3回、田中(右)はトロハツに左アッパーを打ち込みKO勝ち(撮影・山崎安昭)

WBO世界フライ級タイトルマッチ 3回、田中(右)はトロハツに左アッパーを打ち込みKO勝ち(撮影・山崎安昭)

【2回】王者田中恒成がプレッシャーを強めていく。王者田中恒成の左ボディーがトロハツにヒット。待ちのトロハツに対し王者田中恒成が上手く細かいパンチを当てていく。王者田中恒成が立て続けに再び左ボディー。王者田中恒成が追って右ストレート。トロハツの顔がやや腫れてきたか

2回、田中(右)はトロハツに右ストレートを見舞う(撮影・足立雅史)

WBO世界フライ級タイトルマッチ 2回、田中(左)はトロハツに右フックを打ち込む(撮影・山崎安昭)

【1回】ドリームボーイのV3戦が幕開け。まずは距離をはかり王者田中恒成が細かいパンチで組み立て。王者田中恒成が懐に入り右ボディー。王者田中恒成が左ジャブ3つ。王者田中恒成がカウンターで左フックを合わせる。

1回、田中(右)はトロハツを攻める(撮影・足立雅史)

WBO世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ

WBO女子世界スーパーフライ級王者の吉田実代(31=EBISU K’s BOX)はWBCアジア同級王者シー・リーピン(21=中国)を判定(3-0)で下し初防衛に成功した。

吉田実代判定勝ちシー・リーピン

【吉田実代の話】ふがいない試合をして申し訳ない。ダウンを取れなかったし、まだまだ自分は甘い。いい勉強になった。さらにレベルアップをして、防衛を続けたい。

吉田(左)は石麗萍を破り長女実衣菜ちゃんと笑顔を見せる(撮影・足立雅史)

【10回】王者吉田はこの回も強引に前へ。序盤からお互いに激しい打ち合い。リーピン

の顔が腫れてきた。リーピンの右に王者吉田が左を合わせる。王者吉田がロープ際で連打。最後まで王者吉田の手数は落ちず王者吉田が優勢の試合運び。王者吉田が判定3-0で初防衛に成功!

10回、吉田(左)は石麗萍に強烈な左ストレートを見舞う(撮影・足立雅史)

【9回】王者吉田はまずは距離をはかりカウンターを狙う。リーピンがホールディングで審判から1点減点を告げられる。王者吉田は相手の懐に飛びこむ。王者吉田の手数は減らない

9回、吉田(後方)はリーピンを攻める(撮影・足立雅史)

【8回】王者吉田は懐に入り右ストレート。リーピンのグローブが緩み一度タイム。試合再開。王者吉田のカウンターでワン、ツー。リーピンが一瞬ふらつく。王者吉田が連打でたたみかける。リーピンも何とかパンチを返していく

【7回】王者吉田はリーピンの打ち終わりに細かいパンチを繰り出しながら強引に距離をつめる。王者吉田には当てた後の次が欲しい。王者吉田が左ボディー。リーピンは苦悶の表情。王者吉田が左右のボディーでリーピンの体力を削りリーピンの足が止まってきた

7回、吉田(右)はリーピンに左を見舞う(撮影・足立雅史)

【6回】王者吉田が踏み込んで左フック。リーピンは足を使う。王者吉田が逃がさんとばかりに距離をつめる。王者吉田の左フック。終盤には王者吉田がリーピンをコーナーに追い詰め右ストレート。

6回、吉田(左)は石麗萍に右ストレートを打ち込む(撮影・山崎安昭)

【5回】この回も果敢に接近戦を挑んでいく王者吉田。吉田陣営は「強引にいきすぎるな」と指示。リーピンの大振りの右に王者吉田が左を合わせる。リーピンの手数がやや落ちてくる。

5回、吉田(左)はリーピンを攻める(撮影・足立雅史)

【4回】王者吉田が接近戦を嫌うリーピンに対してひたすら距離をつめていく。リーピンの右フックに王者吉田が左を合わせる。王者吉田に左フックがリーピンにヒット。王者吉田が終盤に圧をかけ再び連打

【3回】序盤はお互いに距離をはかっていく。王者吉田はリーピンの打ち終わりを狙う。

終盤には両者再び激しい打ち合い

3回、吉田(左)は石麗萍に左ストレートを打ち込む(撮影・山崎安昭)

【2回】お互いに激しいパンチの交換。王者吉田が圧をかけ右フック。大降りでパンチを繰り出すリーピンに対し王者吉田は距離をつめていく。リーピンの右ボディーに王者吉田が左でカウンターを合わせる。終盤には王者吉田がリーピンをコーナーに追い詰め連打。

【1回】王者吉田は序盤から距離を詰めて細かいジャブを出していく。王者吉田はリーピンの懐に入りこもうとする。王者吉田がワン、ツー。リーピンも返していく。

1回、吉田(左)はリーピンを攻める(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

田中恒成「気持ちよく年を越せます」失神KOで防衛

田中恒成はウラン・トロハツを破って王座を防衛し、肩車で祝福される(撮影・加藤諒)

<プロボクシング:WBO世界フライ級タイトルマッチ12回戦>◇31日◇東京・大田区総合体育館

王者田中恒成(24=畑中)が、失神KOで3度目の防衛に成功した。同級10位ウラン・トロハツ(26=中国)を序盤から圧倒。3回に強烈な左アッパーでダウンを奪い2分29秒、カウントアウトした。田中は15勝(9KO)無敗。具体的なプランは避けたが、20年はスーパーフライ級に上げての4階級制覇へ、意欲を示した。

   ◇   ◇   ◇

挑戦者は横たわったまま動かない。3回、田中の右からダブルの左アッパーがさく裂。戦意を失ったトロハツにレフェリーは10カウントを告げた。王者は「いい試合で満足している。気持ちよく年を越せます」と会心の勝利を堪能した。

今回のテーマに掲げたジャブが機能した。「下(腹部)を嫌がっているのが分かった」と2回はボディー攻め。動きを止めてアッパーで仕上げた。「1ラウンド目から支配できたから早い回にKOできた。地に足をつけて打てたのでよかった」。畑中清詞会長(52)は「今までの世界戦で1番じゃないか」と絶賛した。

「もうひと皮むけたい」。世界最速タイの12戦目で3階級制覇、無敗で王座に君臨しても「勝ち続けても、もやもやする試合ばかり」と言う。要因は「体調よく試合に臨んだことはほとんどない」というコンディション作りにある。前回、8月のゴンサレスとのV2戦で勝利もダウンを食らった。「体調がダメだった。減量、苦手なんですよね」。食生活を見直し、減量の幅を10キロ内に抑えた。

父の斉トレーナー(52)は「自分で痛い思いをしたから。何時に何cc飲んだかとかすべてメモってる」と自己管理の徹底ぶりを明かす。10キロ以降は歩いていた苦手なロードワークも最高15キロに距離を延ばした。自分で覆っていた殻を打ち破り、圧勝劇につなげた。

20年。畑中会長は「来年中に4階級(制覇)に向かいたい気持ちはある」と言った。新たな挑戦は田中も望むところ。「チャレンジして負けてなのか、勝ち続けてかは分からないが、どんな形でも変化を起こしたい」と強く誓った。【実藤健一】

◆田中恒成(たなか・こうせい)1995年(平7)6月15日、岐阜県多治見市生まれ。幼少期から空手をはじめ、中京高(岐阜)でインターハイ、国体優勝。13年11月にプロデビュー。14年4月に中京大進学。同年10月、4戦目で東洋太平洋ミニマム級王者、15年5月、日本選手最速の5戦目でWBO世界同級王座を獲得。16年大みそかに同ライトフライ級王者、18年9月に同フライ級王座を獲得し世界最速タイ12戦目で3階級制覇。身長164・2センチの右ボクサーファイター。

田中恒成はウラン・トロハツを破って王座を防衛し、チャンピオンベルトを巻いてガッツポーズ(撮影・加藤諒)

関連するニュースを読む

井岡一翔が大みそか7勝!次はロマゴンか田中恒成か

井岡は防衛に成功しリング上でベルトと長男を大事に抱く(撮影・足立雅史)

<プロボクシング:WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦>◇31日◇東京・大田区総合体育館

4階級制覇王者井岡一翔(30=Reason大貴)が、8度目の大みそかで初防衛に成功した。無敗の同級1位ジェイビエール・シントロン(24=プエルトリコ)との対戦。攻撃的ファイトで力の違いを見せて3-0で判定勝ちした。

日本人の世界戦最多勝利も16に伸ばした。来年こそ海外、統一戦などのビッグマッチへ挑む。

12センチも長い相手のリーチをかいぐり果敢に距離を詰めて圧力をかけ続けた。井岡は試合後のインタビューで「チャンピオンの強さと世界戦の厳しさを教えてやりたかった」。会場には8月に誕生した第1子となる長男磨永翔(まなと)君の姿もあった。「息子が生まれて初めての試合。気持ちとしてプレッシャーもありました」と涙を見せた。

井岡は大みそかの試合を「一つのルーティン」「任務」と表現していた。負けたのは18年に4階級制覇初挑戦した唯一海外のマカオだけ。国内では過去6勝(5KO)とより力の入る決戦で、19年も大トリを飾ってみせた。

シントロンは12年ロンドン、16年リオデジャネイロと同国初の五輪連続出場を果たしていた。井岡も五輪を目指していただけにリスペクト。プロでは12戦無敗で、江藤(白井・具志堅)とは挑戦者決定戦の再戦で勝ち上がってきた。

足を止めずに動き回ってカウンター狙いの相手。井岡は「逃げては勝てない。世界戦の厳しさを教え込み、世界王者のすごさを見せたい」と話していた。アマ実績では劣るが、プロでは4階級を制した格の違いを見せた。

サウスポーとは13年5月の2階級目の初防衛戦以来6年7カ月ぶりだった。身長では5・5センチ低く、リーチでは12センチ短かった。2カ月の米ラスベガス合宿では、身長のあるサウスポーを相手に116回のスパーリング。「常に探求心を持っている」とサラス・トレーナーと対策を練ってきた。これで左相手には6戦全勝と、逆にお得意さまを証明した。

6月に再挑戦で日本人初の4階級制覇を達成した。直後に元モデルの女性と晴れて再婚。8月には第1子となる長男磨永翔(まなと)君が生まれた。前回の合宿には身重の夫人も同行したが、今回は生後間もない息子も加わった。

井岡らの食事は夫人の手料理だった。同行した佐々木トレーナーは「助かった。何でもおいしい」と、こちらは5キロも体重が増えたという。一家の大黒柱を自覚し、その家族に支えられ、活力を与えられ、大きな励みに練習に打ち込み、指名挑戦者も下した。

2年前の大みそかに1度引退したが、18年秋に再起した。1年前の挑戦は敗れたが、2年越しで1つの目標の4階級制覇は達成した。もう一つの目標は海外でのビッグマッチだ。

20年はさらに飛躍の年にしたい。他団体王者との統一戦、4階級制覇王者のローマン・ゴンサレスも挑戦に名乗りを上げている。セミでV3に成功した田中も挑戦の意向を持ち、WBOが後押しを表明している。群雄割拠の同級で、井岡はNO1への新たな道に進む。

▽元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者内山高志氏の話 井岡は距離をつぶし、相手がしたいボクシングをさせなかった。ディフェンス技術と勇気が必要な戦い方だが、練習してきたことを信じ、それを貫いたことが勝利につながった。

◆井岡一翔(いおか・かずと)1989年(平元)3月24日、大阪・堺市生まれ。興国高で史上3人目の高校6冠。東農大2年中退で09年プロデビュー。11年に当時日本最速7戦目でWBC世界ミニマム級王座、12年にWBAライトフライ級、15年に18戦目の当時世界最速でWBAフライ級王座獲得。17年に引退も18年に復帰。昨年再挑戦でWBOスーパーフライ級王座を獲得し、日本初の4階級制覇達成。164センチの右ボクサーファイター。家族は夫人と1男。

井岡は防衛に成功しリング上で長男を抱き笑顔を見せる(撮影・足立雅史)
5回、井岡一翔(左)はジェイビエール・シントロンにパンチを食らう(撮影・加藤諒)

関連するニュースを読む

田中恒成が3度目防衛、貪欲に進化求め無傷15連勝

3回、田中(左)はトロハツからダウンを奪いKO勝ちする(撮影・足立雅史)

<プロボクシング:WBO世界フライ級タイトルマッチ12回戦>◇31日◇東京・大田区総合体育館

王者田中恒成(24=畑中)が3度目の防衛に成功した。同級10位ウラン・トロハツ(26=中国)を3回KOで下した。最高の形で19年を締めくくった。

試合後は「序盤はジャブでペースを握ろうと。『もうそろそろ(相手との距離を)詰めていいな』と3回から圧力を強めた」余裕の表情。「いい手応えありました」とフィニュッシュブローの左アッパーを振り返った。

試合前は「今回(の試合)に向けていい練習が積めた。自分自身との戦いをテーマに置いている」と話していた。さらなる進化へ、新たな試みに取り組んだ。「有酸素系の運動が嫌い」とこれまでロードワークは10キロまでと決めていたが「今回は11、12キロ、15キロいった」。田中いわく「10キロ以上は走らんと決めていた。嫌いやから。イヤだからいつもやめていたが、(超えた時に)やれた実感があった」。自身で覆っていた殻を打ち破った。

そしてジャブ。「今までジャブで差し負けることが多かった。スピードを意識しながらスピードを生かせず、最後はパワーでねじ伏せるパターン。倒すパンチじゃなく、ペースをつかむためのジャブです」。新たなボクシングスタイルを構築してきた。

これで無傷の連勝を15に伸ばした。最高の年越しを迎え、20年は新たな挑戦に臨む。

◆田中恒成(たなか・こうせい)1995年(平7)6月15日、岐阜県多治見市生まれ。幼少期から空手をはじめ、中京高(岐阜)でインターハイ、国体優勝。13年11月にプロデビュー。14年4月に中京大進学。同年10月、4戦目で東洋太平洋ミニマム級王者、15年5月、日本選手最速の5戦目でWBO世界同級王座を獲得。16年大みそかに同ライトフライ級王者、18年9月に同フライ級王座を獲得し世界最速タイ12戦目で3階級制覇。身長164・2センチの右ボクサーファイター。

田中はトロハツを破り3度目の防衛に成功し笑顔を見せる(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

田中恒成が計量クリア 中国語で「私は天才です」

前日計量をパスしてポーズを決める世界フライ級王者の田中恒成。奥は挑戦者のウラン・トロハツ(撮影・丹羽敏通)

WBO世界フライ級王者田中恒成(24=畑中)が30日、都内ホテルで前日計量に臨み、リミット50・8キロでクリアした。大みそかに同級10位ウラン・トロハツ(26=中国)と3度目の防衛戦(東京・大田区総合体育館)に臨む。

田中は「いい仕上がり。自信を持って臨めます」とキッパリ。その言葉を実証するように、中京大在学時に学んだ中国語で「私は田中恒成です。大学で中国語を学びました。私は天才です」と披露した。大学で中国語は通常2年+1年学んだと明かし「やっと出すときがきた」。余裕を持ってV3を狙う。

前日計量をパスして握手を交わす世界フライ級王者の田中恒成(右)と挑戦者のウラン・トロハツ(左)(撮影・丹羽敏通)
前日計量をパスして写真に納まる世界フライ級王者の田中恒成(右)と挑戦者のウラン・トロハツ(左)(撮影・丹羽敏通)

関連するニュースを読む