上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

「お互いに感謝を」八角理事長ら講師で付け人研修会

理事会に向かう八角理事長(撮影・鈴木正人)

日本相撲協会は19日午後1時から、東京・両国国技館内で関取衆を対象にした「付け人に関する特別研修会」を開いた。

今月上旬に幕内力士だった貴ノ岩(当時千賀ノ浦部屋所属)が付け人に対し、暴行した問題が発覚。元貴ノ岩は責任を取って引退した。今年3月には、当時十両だった貴公俊(当時貴乃花部屋所属)がやはり付け人を殴打。来年2月に「研修ウイーク」として暴力根絶の研修会を予定していたが、それを前倒しするかたちで開催された。

この日の研修は八角理事長(元横綱北勝海)と春日野巡業部長(元関脇栃乃和歌)が講師役としてマイクを持ち、付け人への接し方や、付け人は部屋の師匠から借りているという認識の徹底などを説いたという。

約15分の研修会終了後、力士会会長の横綱鶴竜(33=井筒)が取材対応。「関取衆も付け人も、お互いに感謝の気持ちを持って、暴力は絶対にふるってはいけないということ。関取衆みんなが胸に入れて常日頃からしっかり認識しないといけない」と説明。何度も強調するように「(付け人が)忘れ物や失敗があっても、今日言われたことを思い出して、暴力をふるってはいけない。一生懸命にやっている力士にも迷惑をかけることだし、関取衆の1人1人が自覚をもつことが大事。いくら言われても聞き入れなければ暴力は起こる。忘れないでしっかりやることが大事」と熱っぽく話した。

鶴竜によると、11月の九州場所前の力士会でも、尾車事業部長(元大関琴風)が講師役となり、暴力根絶を訴えたという。「その矢先の今回(の貴ノ岩)の問題。せっかく盛り上がっているのに残念」と力士会会長はとトーンを落としていた。

理事会に向かう春日野親方(撮影・鈴木正人)
関取研修会を終え引き揚げる鶴竜(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

鶴竜、春場所へ「もう動き始めている。でも右手が」

全力士を集めての研修会で青学大陸上競技部の原監督の講義が行われた(撮影・小沢裕)

 日本相撲協会は「研修ウイーク」最終日の16日、東京・両国国技館で、箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)を講師に招き、全年寄、力士を対象にした研修会を行った。

 横綱鶴竜は、初場所千秋楽に痛めた右手薬指の回復が遅れていることを明かした。豪栄道との取組の際に脱臼していたが、この日の研修後「まだ握ることができない」と、右手で弱々しくグーをつくって説明した。まわしを引きつける際の生命線だけに「もう動き始めている。でも右手が」と、稽古こそ再開したが春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)出場には慎重だった。

鶴竜

関連するニュースを読む

白鵬は春場所明言せず 両足親指は「良くも悪くも」

全力士を集めての研修会で青学大陸上競技部の原監督の講義が行われた(撮影・小沢裕)

 日本相撲協会は「研修ウイーク」最終日の16日、東京・両国国技館で、箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)を講師に招き、全年寄、力士を対象にした研修会を行った。

 研修会に参加した横綱白鵬は、春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)出場については明言を避けた。両足親指に痛みを訴え、1月の初場所は5日目から休場。前日15日に患部を検査したと明かしたが「良くも悪くもない。今日(16日)も少し運動したけど、また土俵に下りてみて」と、今後の回復ぶり次第で出場を決める方針だ。

横綱白鵬(17年12月27日撮影)

関連するニュースを読む

不祥事続く角界へ青学大・原晋監督が「理不尽」ダメ

講義を終え会見する青学大陸上競技部の原監督(撮影・小沢裕)

 日本相撲協会は「研修ウイーク」最終日の16日、東京・両国国技館で、箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)を講師に招き、全年寄、力士を対象にした研修会を行った。年寄と力士の2部構成で各1時間ずつ行われ、角界の暴力問題や未来などについて、原監督の独自の目線から指摘を受けた。貴乃花親方(元横綱)と弟子の十両貴ノ岩は欠席した。

 研修会冒頭で全力士は、原監督から強い口調で訴えられた。「魅力のあるスポーツ団体にしないと、若者が相撲界に入らない。イコール相撲団体が駄目になる」。昨年11月の元横綱日馬富士関の傷害事件発覚以来、角界で続く不祥事。原監督は研修会後、「本当の厳しさだったらトライする強い精神を持った若者は多い。理不尽な厳しさを若者は求めていません。そこに理屈があるかが問題だと思う」と、指導法についても言及した。

 そんな率直な意見を、力士らはしっかりと受け止めた。横綱白鵬は「鉄人の哲学。自分の考えていることと似ていることがあった」と言えば、大関高安は「勝負するのは自分1人と思っていた。組織作りの勉強になった」。八角理事長(元横綱北勝海)は「若い親方衆にも勉強になったと思う」と振り返り、「再発防止に全力で取り組んで参ります」とあらためて引き締めた。

関連するニュースを読む

青学大・原晋監督が相撲研修会、体罰問題へ持論展開

力士研修会での講義を終え会見する青学大陸上競技部の原監督(撮影・小沢裕)

 日本相撲協会は「研修ウイーク」最終日の16日、東京・両国国技館で全年寄、力士を対象に、箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)を講師に招いて研修会を行った。年寄、力士の2部構成でそれぞれ約1時間ずつ行われた。

 力士に向けた講習会では冒頭に「マスコミに来てもらえるのは当たり前のようで当たり前ではない。箱根駅伝も注目を浴びるがその代わり、逆に何かやらしかたらバッシングをされる。なぜなら多くの皆さんに愛されているから。皆さんも多くの皆さまに愛されているんです。そういうことは裏切られない」と強い口調で訴えた。

 冒頭のみの公開となった研修会後に原監督は、覚悟、コミュニケーション能力、ビジョン、目標設定の4つの視点で話をしたことを明かした。コミュニケーション能力に関しては「体罰の1つの要因が双方の思いが通じ合っていない。コミュニケーションが欠けているんじゃないかと思う」と、角界で途絶えることのない暴力問題の原因の1つと分析した。

 最後に「今の若い子が不祥事が続く中(角界に)魅力を感じるでしょうか。かっこいい力士、強い力士、国民から愛される力士、尊敬される力士、そういう世界に若者は夢を感じて入り込むんじゃないですか」と持論を展開した。

関連するニュースを読む

大相撲“研修”に貴ノ岩欠席「連絡はありました」

貴ノ岩(2017年9月20日撮影)

 日本相撲協会が13日、東京・両国国技館で、不祥事の再発防止に関する研修会を16日まで行う「研修ウイーク」を開始した。

 尾車事業部長(元大関琴風)と担当弁護士が同席し、十両以上の約70人の関取を対象に、昨年4月に交わした誓約書の内容を再確認。30項目の中には、暴力、賭博、薬物などに関するものもあり、同事業部長は「何回もやらないといけない。こういう時期だから。再確認することが彼たちへの諸注意にもなる」と、再確認の重要性を説いた。力士側からも質問があったといい、予定を20分超えて1時間20分行われた。十両貴ノ岩は欠席したが「欠席の連絡の旨はありました」と説明。無免許運転の疑いで自宅謹慎中の十両大砂嵐も欠席した。

関連するニュースを読む

力士会要望に協会が回答「力士シートはできない」

尾車親方

 日本相撲協会が13日、東京・両国国技館で、不祥事の再発防止に関する研修会を16日まで行う「研修ウイーク」を開始した。

 研修会の終わりに協会が、昨年九州場所前に行われた力士会からの提案について回答。尾車事業部長によると、場所中の力士シート設置は「公益財団法人だから力士会だけというのはできない」と説明。健康診断でのがん検診については腫瘍マーカー検査の実施を検討するとし、新年に関取衆全員による神社での必勝祈願は「来年の1月場所前に検討している」と明かした。

関連するニュースを読む

相撲協会が不祥事の再発防止へ研修会 貴ノ岩は欠席

貴ノ岩(2017年9月20日撮影)

 日本相撲協会が13日、東京・両国国技館で、不祥事の再発防止に関する研修会を16日まで行う「研修ウイーク」を開始した。初日となったこの日は、十両以上の関取を対象に実施。尾車事業部長(元大関琴風)と担当弁護士が同席し、昨年4月に交わした誓約書の内容について再確認した。

 同事業部長は「何回もやらないといけない。こういう時期だから。再確認することが彼たちへの諸注意になるから」と説明した。昨年11月に元横綱日馬富士関の傷害事件が発覚してから、立行司式守伊之助のセクハラ行為や十両大砂嵐の道交法違反(無免許運転)の疑いなど、不祥事が相次いでいるだけに注意喚起を徹底して行う構えだ。

 元横綱日馬富士関の傷害事件の被害者の十両貴ノ岩は、研修会を欠席した。尾車事業部長は「欠席の旨の連絡はありました」と説明した。

関連するニュースを読む