上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

奈良井翼が鮮やかTKOでボクシング新人王&MVP

プロボクシング全日本新人王決勝戦を制し記念撮影に臨む選手たち。左からミニマム級の小島、ライトフライ級の狩俣、フライ級の宝珠山、スーパーフライ級の久保、バンタム級の冨田、スーパーバンタム級の福永、フェザー級の平野、スーパーフェザー級の奈良井、ライト級の浦川、スーパーライト級の高畠、ウエルター級の山崎、ミドル級の中田(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:全日本新人王決勝戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇スーパーフェザー級◇無観客開催

スーパーフェザー級で、東軍の奈良井翼(21=RK蒲田)が鮮やかな1回TKO勝ちで全日本新人王を獲得し、MVPにも輝いた。

西軍の福田星河(21=エディタウンゼント)と対戦すると、左ボディーで相手ガードを下げさせ、得意の左フックからの連打でダウンを奪取。立ち上がった福田に対し、さらに連打を浴びせて右ストレートでレフェリーストップに追い込み、1回2分5秒、TKOで撃破した。なお技能賞はスーパーフライ級の久保春平(23=宮田)、敢闘賞はライトフライ級の狩俣綾汰(25=三迫)が受賞した。

2度目の新人王挑戦で頂点にのぼりつめた奈良井は「多分、左フックを警戒していると思ったが、うまく当てられる練習をしていて、ずっと考えていました」と得意パンチで勝利できた喜びに浸った。スーパーバンタム級でエントリーした初挑戦の19年は東日本新人王準決勝で体重超過し棄権。今回は一気に2階級上げての挑戦だったが「パンチには自信があった」と自信ものぞかせた。

小学校でキックボクシングを始めた際、自宅1階にサンドバッグが吊された練習場が設置されるなど、常に家族のバックアップがあったという。リング上で父優さん(40)、母幸さん(40)、妹愛さん(17)に向けて「ママ、おとん、愛、ありがとう」と感謝の言葉を送った。特に父が1月1日に50歳の誕生日を迎えており「これがプレゼントです」と満足そうな笑みもみせた。

中学から始めたボクシングで東京オリンピック(五輪)を目指し、自衛隊に入った。射撃練習などをしていたものの、競技に専念できる環境まで時間を要したためにプロ転向を決断。ようやく区切りとなる称号を手にした。7勝(6KO)と負けなしで、日本ランキング入りも確実となった。奈良井は「日本ユース王座がほしい。2~3年で日本王者になりたい。目標は5年で世界王者です」と気合十分だった。

プロボクシング全日本新人王決勝戦のスーパーフェザー級 1回、福田(手前)からダウンを奪う奈良井(撮影・小沢裕)
プロボクシング全日本新人王決勝戦のスーパーフェザー級 1回、福田(手前)からダウンを奪う奈良井(撮影・小沢裕)
プロボクシング全日本新人王決勝戦のスーパーフェザー級 1回、福田(右)からダウンを奪う奈良井(撮影・小沢裕)
プロボクシング全日本新人王決勝戦で表彰される、左から技能賞のスーパーフライ級・久保、MVPのスーパーフェザー級・奈良井、敢闘賞のライトフライ級・狩俣(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

福永宇宙が最優秀選手、新人王西軍代表決定戦

新人王西軍代表決定戦MVPの福永宇宙(撮影・実藤健一)

<プロボクシング:新人王西軍代表決定戦>◇27日◇エディオンアリーナ大阪第2競技場

12階級が行われ、勝者が来年2月21日に後楽園ホールで行われる全日本新人王決定戦に臨む。

最優秀選手はスーパーバンタム級の福永宇宙(23=黒潮)が手にした。「自分の武器はメンタル。そこだけは負けないように前に攻め続けることを意識した。四国(のジム)初の(全日本)新人王を目標にやってきた、それに挑戦できるのはうれしい」。

敢闘賞はバンタム級の冨田風弥(22=伊豆)。「しっかり勝ててうれしい。何かしらの賞がもらえてうれしいです」。技能賞を獲得したミドル級の中田勝浩(29=井岡弘樹)は、東北大で相撲部に所属していたという異色の経歴を持つ。「ひと安心、それだけです」と喜びを語った。各階級の代表は以下の通り。

▽ミニマム級 小島蓮(19=江見)

▽ライトフライ級 木村彪吾(20=グリーンツダ)※引き分けで勝者扱い

▽フライ級 神崎靖浩(20=倉敷守安)

▽スーパーフライ級 杉本太一(22=勝輝)

▽バンタム級 冨田風弥(22=伊豆)

▽スーパーバンタム級 福永宇宙(23=黒潮)

▽フェザー級 福永輝(22=沖縄ワールドリング)

▽スーパーフェザー級 福田星河(21=エディタウンゼント)

▽ライト級 戸川叡二(23=姫路木下)

▽スーパーライト級 高畠愛大(20=タキザワ)

▽ウエルター級 能嶋宏弥(25=薬師寺)

▽ミドル級 中田勝浩(29=井岡弘樹)

関連するニュースを読む