上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

10年に形成、14年から助成金受ける/貴乃花一門

報道陣の取材に対応する貴乃花親方

 大相撲の貴乃花親方(45=元横綱)が19日、都内の部屋で取材に応じ、貴乃花一門の名称変更を願い出ていたことを認めた。貴乃花一門詳細などは以下の通り。

 ◆貴乃花一門 10年の理事選で、二所ノ関一門に所属していた貴乃花親方は一門の意向に反して立候補。これを支持した4部屋の親方6人が二所ノ関一門を離脱し、「貴乃花グループ」を形成した。12年の理事選では、立浪一門の立浪親方(元小結旭豊)も貴乃花親方に投票し、同年5月に貴乃花グループに合流。14年には、当時の北の湖理事長に「一門」として認められ、日本相撲協会から助成金が支払われるようになった。

 ◆一門とは 連合稽古、冠婚葬祭などで協力関係にある複数の部屋の総称で、現在は6つの一門がある。もともと分家独立などで縁がつながっている場合が多い。1964年(昭39)までは、本場所で同じ一門の力士は対戦しない「一門別総当たり制」だった。協会全体でなく一門ごとに巡業を行うこともあった。脱退や移籍もある。最大派閥は出羽海一門で、力士出身の現職理事10人のうち4人を輩出している。

貴乃花一門相関図
テレビ局の取材に「協会の許可は取っていますか」と確認する貴乃花親方

関連するニュースを読む

貴乃花親方「看板下ろしたい」阿武松一門に名称変更

貴乃花親方(2018年3月25日撮影)

 大相撲の貴乃花親方(45=元横綱)が、自らが立ち上げた貴乃花一門について「看板を下ろしたい」と願い出ていたことが18日、分かった。同一門の複数の親方が明かしたもので、現在は一門から唯一、日本相撲協会の理事に名を連ねる阿武松親方(56=元関脇益荒雄)も了承。当面、解散には至らないが、近いうちに名称を変更する予定だ。今後、どのような形態を取るかは協議を重ねるという。

 約1週間前、都内で行われた一門の会合で、貴乃花親方は「貴乃花一門の看板を下ろしたい」と切り出していた。会合は急きょ開催が決まったこともあり、立浪親方(元小結旭豊)が所用で出席できなかったものの、残る7人の親方が出席し、30分近く話し合われた。現在、一門内で唯一、理事に名を連ねる阿武松親方が「分かりました」と了承して閉会。今後は貴乃花一門に変わる名称に変更することだけが決まった。

 阿武松親方は「本人の意向をくんで取り下げることになった。一門の新たな名称は何も決まっていないが、協会執行部とも相談していきたい」と明かした。貴乃花親方は3月の春場所中に、弟子の十両貴公俊が起こした暴力問題の監督責任などを問われ、親方衆の階級では最も低い「年寄」に降格。会合での様子について、別の親方は「何度も『今回の件でご迷惑をおかけしました』と謝っていた。貴公俊の暴力問題が起きて『ゼロからスタート』と言っていたので、自分の名前が入った一門があることも良しとせず『ゼロ』にしたいという思いなのでは」と推し量った。

 1月に理事を解任されてから計5階級降格した貴乃花親方は、2月の役員候補選挙でも落選し、入れ替わる形で阿武松親方が理事となった。その役員候補選挙で協力関係だった無所属の錣山親方(元関脇寺尾)ら3人の親方は、今回の会合には出席していない。選挙後に立浪親方は、一門とは一定の距離を置くことを明言。何よりも貴乃花親方が責任を感じて、一門から離れる可能性もある。この日更新された部屋のウェブサイトでは「永遠の風を吹かせようと貴乃花部屋は奮闘いたします」などとコメント。一門としての発展を願っていた従来よりも、部屋に特化した表現が目立った。

 一門の中心だった貴乃花親方が自ら看板を取り下げるものの、阿武松親方は「解散ではありません」とした。関係者によると、当面は「阿武松一門」という仮称で活動する可能性がある。貴乃花親方は将来的に、復権を目指すのか。ゼロからどこへ向かうのか。まだ示していない。

 ◆一門とは 連合稽古、冠婚葬祭などで協力関係にある複数の部屋の総称で、現在は6つの一門がある。もともと分家独立などで縁がつながっている場合が多い。1964年(昭39)までは、本場所で同じ一門の力士は対戦しない「一門別総当たり制」だった。協会全体でなく一門ごとに巡業を行うこともあった。脱退や移籍もある。最大派閥は出羽海一門で、力士出身の現職理事10人のうち4人を輩出している。

 ◆貴乃花一門 10年の理事選で、二所ノ関一門に所属していた貴乃花親方は一門の意向に反して立候補。これを支持した4部屋の親方6人が二所ノ関一門を離脱し、「貴乃花グループ」を形成した。12年の理事選では、立浪一門の立浪親方(元小結旭豊)も貴乃花親方に投票し、同年5月に貴乃花グループに合流。14年には、当時の北の湖理事長に「一門」として認められ、日本相撲協会から助成金が支払われるようになった。

関連するニュースを読む

雷親方退職で「伊勢ケ浜一門」に改称

 大相撲の五つある一門の一つ、春日山・伊勢ケ浜連合は19日、福岡市内で会合を開き「伊勢ケ浜一門」に改称すると決めた。一門の代表として日本相撲協会の理事を務めていた雷親方(元幕内春日富士)が9月に退職したことを受けての変更。

 同連合は5月の相撲協会理事会で「立浪一門」からの改称が報告されたばかり。一門の新たな代表者となった朝日山親方(元大関大受)は「いろんなことがあったが、これから少しずつ落ち着いていくと思う」と話した。

関連するニュースを読む

不知火型2人は初めて/秋場所

<大相撲秋場所>◇千秋楽◇23日◇東京・両国国技館

 大関日馬富士(28=伊勢ケ浜)の師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は、横綱昇進が確実な弟子の土俵入りについて「うちの(一門の)伝統だからね」と話し、自身の現役時代と同じ不知火型とする意向を明かした。

 日本相撲協会広報部によると、土俵入りで不知火型を披露する横綱が同時期に複数いたことはない。日馬富士は白鵬とともに、立浪一門の流れを継ぐ春日山・伊勢ケ浜連合の所属。日馬富士が昇進すれば、史上初めて不知火型の横綱2人が並び立つ。

 「不知火型は短命」といわれることもあるが、白鵬の活躍でイメージは変わりつつある。雲竜型は朝青龍が引退して以降は途絶えている。

関連するニュースを読む

13年夏場所、1週間遅らせて開催

 日本相撲協会は24日の理事会で、発表済みの来年夏場所を1週間遅らせることを決めた。13年4月29日に番付発表、5月12日初日に変更した。今年は昨年までより開催を1週間早めたが、当て込んでいたスカイツリー開業が2カ月遅れて場所後になった。黄金週間明けでもあり、2日目は史上最多、3日目は史上2位の残券など前半の入りは不調だった。このため、昨年までの開催時期へ戻すことになった。また、14年本場所日程も承認した。

 その他に花籠親方(元関脇太寿山)以下、力士8人、行司ら裏方4人が、この日付で元前頭三杉磯の峰崎部屋へ転属を承認した。新たな横綱審議委員として矢野弘典中日本高速道路顧問に委嘱。九州場所の維持員席を50席減らして250席とし、6月1日付での寄付行為改定も決めた。また、立浪一門が春日山・伊勢ケ浜連合に改称も承認した。

関連するニュースを読む

立浪一門名称「春日山・伊勢ケ浜組合」に

 大相撲の立浪一門は14日、東京・両国国技館で一門会を開き、名称を「春日山・伊勢ケ浜組合」に変更することを決めた。15日に北の湖理事長(元横綱)に報告する。3月の一門会で、立浪親方(元小結旭豊)が、1月末の理事選で一門の意向に沿わない投票をしたと表明。処遇を一任されていた雷理事(元前頭春日富士)は「今日(一門の親方衆の)意思確認をした。立浪親方には、今日連絡を入れます」と話した。

関連するニュースを読む

鶴竜 大関待遇に調子狂った

遠慮気味に? ぶつかり稽古で白鵬に胸を貸す鶴竜

 新大関鶴竜(26=井筒)が、昇進後の待遇に戸惑った。29日、両国国技館での横審稽古総見は横綱、大関を相手に3勝5敗。稽古開始が昇進前より遅く設定され、リズムを崩して、相撲に狂いが生じた。昨年の4倍以上となる7500人もの観衆からは温かい拍手が送られたが、北の湖理事長(元横綱)からも心配された。

 鶴竜が、正直に打ち明けた。「気持ち的な問題がある。ちょっと戸惑っています。悩んでいるところがありますね。気持ちの持っていき方で、自分の相撲が乱れている」。前日、立浪一門の連合稽古に参加して6勝14敗。この日は大関陣と3勝3敗、横綱に2敗。動きのキレを欠いた。

 真面目な新大関らしく、十両が稽古している午前8時50分すぎに登場。しかし、大関陣は関脇以下が終わった10時半ごろから土俵に上がる。「待ってる時間で、気が抜けちゃうところがあった。今まで通りにいこうと思ったら、長かった。体も冷えちゃう」。総見も出稽古も、大関の待遇に戸惑っていた。

 優勝決定戦まで持ち込んだ春場所の勢いがなくなり、北の湖理事長からは「鶴竜はいまひとつ。新大関なんだから、もっと張り切ってほしかった。慣れていないのがあったのかも」と心配された。一方で観衆からは、誰より大きい拍手を浴び、期待感も実感した。

 夏場所の国技館入りは、大関特権として地下駐車場に直接入れる。鶴竜は「親方と相談して決めたい」と慎重だが、車で乗り付け、歩いて門を通ることも考えている。土俵外の忙しさも増し、注目度がアップして勝手が変わる新大関場所。「リズムを崩さないようにしたい」と繰り返した。【佐々木一郎】

関連するニュースを読む

白鵬14番全勝 「気温上がって」絶好調

 立浪一門の連合稽古に参加した横綱白鵬(27=宮城野)は、14番の申し合いを消化した。出稽古に来た新大関の鶴竜(26=井筒)、関脇豊ノ島(28=時津風)を相手に全勝と、万全の仕上がりをアピールした。白鵬は「春を通り越して夏みたいに暑いね」と気持ち良さそうに話し、「気温も上がってきていい稽古ができた」と満足げな表情を見せた。

関連するニュースを読む

白鵬が連合稽古を欠席…意図は?

 横綱白鵬(27=宮城野)が27日、東京都江東区の朝日山部屋で行われた立浪一門の連合稽古を欠席し、墨田区の友綱部屋に出稽古した。白鵬は「雨が降っているので」と報道陣を制し、意図を伏せた。

 友綱部屋も立浪一門だが、部屋の用事で連合稽古への参加を見送ったという友綱親方(元関脇魁輝)は、白鵬の出稽古に「突然来たのでびっくり」と語った。

 一門内の足並みがそろわず、連合稽古に参加した関取は小結安美錦(33=伊勢ケ浜)ら3人だけ。一門の長である雷親方(元幕内春日富士)は白鵬の欠席を不問に付す考えだが「もう少しにぎやかにやれれば」と寂しそうだった。

関連するニュースを読む

立浪親方が一門から離脱へ名称消滅

 立浪親方(43=元小結旭豊)が、立浪一門から離脱する見通しであることが26日、分かった。19日に行われた一門会の席で、1月末の理事選では一門の意向に沿わない投票をしたと表明。同親方の処遇は、4月の一門会で話し合われる。名跡変更の意思はなく、同親方が離脱した場合は、立浪一門の名称が消滅する。

関連するニュースを読む

定年大島親方「幸せな人生」/春場所

 4月で65歳となり、大相撲春場所限りで日本相撲協会を定年退職する大島親方(元大関旭国)=本名太田武雄、北海道出身=が25日、大阪府立体育会館で記者会見し「いい弟子に恵まれ、定年まで関取がいるのは本当に幸せな人生」と語った。

 現役時代は食い付いたら離れないしぶとい相撲で「ピラニア」の異名がついた。1979年に引退し、80年に立浪部屋から独立して部屋を創設。横綱旭富士やモンゴル出身力士の先駆けとなった小結旭鷲山ら10人の関取を育てた。「満足している。これからは一人のファンとして力士の将来を応援したい」と話した。

 大島部屋は閉鎖となり、幕内旭天鵬ら7人の力士らは同じ立浪一門の友綱部屋に移籍する。会見に同席した友綱親方(元関脇魁輝)は「将来の相撲協会を背負うような若手もいる。今から楽しみに育てたい」と話した。

関連するニュースを読む

親方定年で大島部屋力士が友綱へ転属

 大島親方(元大関旭国)の定年に伴い、大島部屋の所属力士らが同じ立浪一門の友綱部屋に転属することが24日、決まった。この日、大島親方と友綱親方の連名で相撲協会に転属願を提出。4月に理事会が開かれ正式に承認される。

 大島親方が4月24日に定年を迎えるため、旭天鵬をはじめとする力士7人、行司2人、呼び出し、床山それぞれ1人ずつの計11人が転属する。大島親方は「みんなの意見を尊重しながらまとまった。まだ若い力士が多いし頑張ってくれれば」と話した。友綱親方(元関脇魁輝)は「今、うちの部屋にいる力士にもいい刺激になるし、プラスになる」と話した。4月15日に都内で開催予定の、大島親方のお別れパーティー後、徐々に引っ越しなどが進められる。

関連するニュースを読む

大島部屋所属力士ら11人が友綱部屋転属

 大島親方(元大関旭国)の定年に伴い、大島部屋の所属力士らが同じ立浪一門の友綱部屋に転属することが24日、決まった。この日、大島親方と友綱親方の連名で相撲協会に転属願を提出。4月に理事会が開かれ正式に承認される。

 大島親方が4月24日に定年を迎えるため、旭天鵬をはじめとする力士7人、行司2人、呼び出し、床山それぞれ1人ずつの計11人が転属する。大島親方は「みんなの意見を尊重しながらまとまった。まだ若い力士が多いし頑張ってくれれば」と話した。友綱親方(元関脇魁輝)は「今、うちの部屋にいる力士にもいい刺激になるし、プラスになる」と話した。4月15日に都内で開催予定の、大島親方のお別れパーティー後、徐々に引っ越しなどが進められる。

関連するニュースを読む

白鵬「慌てずつかまえ」立て直す/春場所

白鵬は豪快に上手投げで安美錦を下した(撮影・外山鉄司)

<大相撲春場所>◇10日目◇20日◇大阪府立体育会館

 横綱白鵬(27=宮城野)が連敗を阻止した。関脇安美錦(33=伊勢ケ浜)にもろ差しを許しながら左からの上手投げ。同じ立浪一門で、土俵入りでは露払いや太刀持ちを務める力士を相手に「恐縮するし、やりづらい」気持ちがあったという。それでも前日の鶴竜戦の黒星から立て直した。「慌てずしっかり見て、流れでつかまえた」と納得の表情だった。

関連するニュースを読む

白鵬は連敗阻止も「恐縮」/春場所

<大相撲春場所>◇10日目◇20日◇大阪府立体育会館

 横綱白鵬(27=宮城野)が連敗を阻止した。関脇安美錦(33=伊勢ケ浜)にもろ差しを許しながら左からの上手投げ。同じ立浪一門で、土俵入りでは露払いや太刀持ちを務める力士を相手に「恐縮するし、やりづらい」気持ちがあったという。それでも前日の鶴竜戦の黒星から立て直した。「慌てずしっかり見て、流れでつかまえた」と納得の表情だった。

関連するニュースを読む

友綱親方あと1票、九重親方に届かず

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で役員改選の選挙を行い、10人の理事が決定。理事の互選で、北の湖親方(58=元横綱)が4年ぶりに理事長に就任することが決まった。

 3人立候補の立浪一門から、4期目を目指した友綱(元関脇魁輝)と初出馬の伊勢ケ浜(元横綱旭富士)の両親方が落選した。68年の立候補制後で最多12人が乱立。伊勢ケ浜親方は「最後まで迷ったが、一丸となるべきと判断した」と直前に辞退申し入れ。立候補受付期間が終了していたため受理されず、自らも友綱親方に投票して異例の0票という事態に。友綱親方も他からの上積みなく九重親方(元横綱千代の富士)に1票及ばず。「横綱に立ち向かう平幕。悔いはない」。初当選の春日山親方(元幕内春日富士)は1票回す余裕もあったが「応援してもらって向こうにとはいえない」と話した。

関連するニュースを読む

第2次北の湖体制の目玉だ貴親方

投票に向かう貴乃花親方(撮影・神戸崇利)

 第2次北の湖体制の目玉として、貴乃花親方(39=元横綱)が、大阪場所担当部長に就任することが有力になった。日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で役員改選の選挙を行い、10人の理事が決定。理事の互選で、北の湖親方(58=元横綱)が4年ぶりに理事長に就任することが決まった。昨年は八百長問題の影響で中止になり、2年ぶりの開催となる春場所(3月11日初日、大阪府立体育会館)は、最年少理事に立て直しを託す見通しとなった。

 理事選を終え、2月27日には春場所の番付発表が行われる。新体制となって最初の本場所は、2年ぶりの大阪になる。この日、理事の互選で就任した北の湖新理事長は、各理事の職務の検討を始めた。関係者によると、貴乃花親方を大阪場所担当部長に任命する方向でまとめているという。

 新理事長は前体制で大阪場所担当部長を務めた。しかし、昨年2月に八百長問題が表面化。史上初めて不祥事で本場所が中止になった。2年ぶりの再開は、ファンの減少やスポンサー離れが懸念される。そこで、信頼を置け、全国的に人気が高い貴乃花親方に、バトンを託す見込みとなった。

 貴乃花親方は、支持を得ているグループの親方7人の票に加え、時津風一門から3票、立浪一門から1票を上積みし、合計11票で2選を果たした。理事会後は「票に関しては非公表なので…」と、多くを語らず、国技館を後にした。新理事長からの期待は高く、失敗できない再開の本場所で手腕を発揮することになる。

 すでに春場所担当の親方5人は大阪の先発事務所で、準備を進めている。新職務発表は明日2月1日の理事会後になる。北の湖理事長は就任直後の会見で「みんなが一致団結して、土俵に向けて集中する」と決意を表明した。理事10人の平均年齢は放駒体制発足時の55・1歳から、53・5歳に若返った。フレッシュな力で、相撲界の難局を乗り切っていく。

関連するニュースを読む

友綱親方ら落選、立浪一門は当選1人

理事選に落選した友綱親方(撮影・神戸崇利

 30日に東京・両国国技館で行われた日本相撲協会の役員改選は、理事選挙が2期連続で投票となり、ともに立浪一門の友綱親方(元関脇魁輝)と伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が落選した。同一門の当選は春日山親方(元幕内春日富士)1人だけで、一門内の調整がまとまらなかった影響がはっきり出た。

 6票の友綱親方は、7票で当選した九重親方(元横綱千代の富士)に一歩及ばなかった。伊勢ケ浜親方が事前に辞退を申し出たため、定員10人を事実上11人で争う形に。一騎打ちで敗れた形の友綱親方は「相手が九重親方だから負けて悔いはない。横綱に立ち向かう平幕力士のようなものですから」とさっぱりとした表情で話した。

 “辛勝”で理事に復帰した九重親方は「やる気になってまた頑張っていきます。(立会演説会では)自分の思いを話した」と淡々と話した。

 伊勢ケ浜親方は「一門の和を乱したくなかった」と辞退の理由を説明。立候補を届け出た後の取り下げは認められず、同親方は得票ゼロに終わった。選挙管理委員長を務めた友綱部屋付きの武隈親方(元関脇黒姫山)は「最後の選挙なのにまとまれなかった。残念だし、それは(立候補した)当事者がそれぞれ感じているはずだ」とうなだれた。

関連するニュースを読む

九重親方苦戦 30日波乱の理事選

 2年に1度実施される日本相撲協会の役員改選で投票に持ち込まれた理事選挙が30日午後、東京・両国国技館で行われる。定員10人に対し、これまでで最多の12人が立候補。貴乃花親方(39=元横綱)が予想外に当選した前回同様、波乱の可能性がある。

 相撲協会の選挙は慣例で一門・グループ別に擁立した候補者へ票を投じる。候補者の絞り込みが不調に終わった立浪一門の友綱理事(59=元関脇魁輝)や伊勢ケ浜親方(51=元横綱旭富士)、時津風一門との連携による票固めに苦しむ高砂一門の九重親方(56=元横綱千代の富士)の苦戦が予想される。

 投票は全親方ら109人の評議員が実施し、すぐに開票。当選者が理事会を開いて互選で決める理事長には、2008年9月に弟子の不祥事で引責辞任した北の湖親方(58=元横綱)の復帰が確実な情勢だ。

 新たな公益法人制度で相撲協会が認定を目指す公益財団法人では、外部有識者で構成する評議員会に理事選任の最終決定権を持たせる方針のため、理事選挙は今回で最後となる。

関連するニュースを読む

相撲理事選に緊張感漂う立候補者12人

 理事選挙に名乗り出た12人の親方衆は緊張感を漂わせた。2人が落選する土俵外の争いは波乱含みの様相を呈する。

 理事長返り咲きが確実となっている北の湖親方(元横綱)は「(定年までの)残された時間は相撲協会のために頑張っていこうという気持ちが強い。一つ一つ取り組んでいく」と静かな口調で意気込んだ。

 前回に大逆転当選を果たした貴乃花親方(元横綱)は2期目も出馬。支持者の前大嶽親方(元関脇貴闘力)が野球賭博問題で一昨年に解雇されたが、時津風一門など複数の中堅、若手親方が新たに票を投じる意向を示しており、当選は確実だ。立候補後は「ノーコメントで。すみません」と慎重だった。

 立浪一門からは想定外の3人が出馬。現職の友綱親方(元関脇魁輝)は「協会が前進するために少しでも力になれれば」と話す。初の立候補となる春日山親方(元幕内春日富士)と当落線上の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は届け出後に会談。春日山親方は「協力してほしいと言われたが、そんなに票が余っていない」と複雑な表情だ。

 理事復帰をにらむ九重親方(元横綱千代の富士)は「後でそういう機会がある」と投票当日の演説に意欲。62歳で初出馬し、当選確実な楯山親方(元関脇玉ノ富士)は票の流出を引き締める二所ノ関一門の会合後に「先人が築いたものを受け継ぎ、元の相撲界に返ることが大事だ」と古参親方らしい決意表明だった。

関連するニュースを読む