上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

サラリーマン能嶋宏弥が全日本新人王 ウエルター級

プロボクシング全日本新人王決勝戦のウエルター級 4回、山崎(左)に右パンチを放つ能嶋(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:全日本新人王決勝戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇ウエルター級◇無観客開催

ウエルター級は“サラリーマンボクサー”能嶋宏弥(25=薬師寺)が、明大在学の“大学生ボクサー”山崎海知(20=山龍)を3-0判定で下し、悲願の全日本新人王を手にした。

1回開始直後にダウンを奪うが、ダウン後の加撃で減点1も食らった。それでもペースを乱すことなく、7センチの身長差を生かしてさばき切った。

昨年度は西軍代表決定戦で敗れており、試合後はたまらず号泣。「昨年は負けてしまって、素晴らしい機会をもらって感謝申し上げます。ここまで僕1人ではできなくて会社、地元、ジムのおかげでボクシングができている。勝ててよかった」と感極まった。

プロボクシング全日本新人王決勝戦のウエルター級を制した能嶋(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

福永宇宙が最優秀選手、新人王西軍代表決定戦

新人王西軍代表決定戦MVPの福永宇宙(撮影・実藤健一)

<プロボクシング:新人王西軍代表決定戦>◇27日◇エディオンアリーナ大阪第2競技場

12階級が行われ、勝者が来年2月21日に後楽園ホールで行われる全日本新人王決定戦に臨む。

最優秀選手はスーパーバンタム級の福永宇宙(23=黒潮)が手にした。「自分の武器はメンタル。そこだけは負けないように前に攻め続けることを意識した。四国(のジム)初の(全日本)新人王を目標にやってきた、それに挑戦できるのはうれしい」。

敢闘賞はバンタム級の冨田風弥(22=伊豆)。「しっかり勝ててうれしい。何かしらの賞がもらえてうれしいです」。技能賞を獲得したミドル級の中田勝浩(29=井岡弘樹)は、東北大で相撲部に所属していたという異色の経歴を持つ。「ひと安心、それだけです」と喜びを語った。各階級の代表は以下の通り。

▽ミニマム級 小島蓮(19=江見)

▽ライトフライ級 木村彪吾(20=グリーンツダ)※引き分けで勝者扱い

▽フライ級 神崎靖浩(20=倉敷守安)

▽スーパーフライ級 杉本太一(22=勝輝)

▽バンタム級 冨田風弥(22=伊豆)

▽スーパーバンタム級 福永宇宙(23=黒潮)

▽フェザー級 福永輝(22=沖縄ワールドリング)

▽スーパーフェザー級 福田星河(21=エディタウンゼント)

▽ライト級 戸川叡二(23=姫路木下)

▽スーパーライト級 高畠愛大(20=タキザワ)

▽ウエルター級 能嶋宏弥(25=薬師寺)

▽ミドル級 中田勝浩(29=井岡弘樹)

関連するニュースを読む