上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

17年11月 日馬富士の暴行発覚/貴親方激動の1年

報道陣のインタビューに答える貴ノ岩(左)と貴乃花親方(18年3月1日撮影)

大相撲の貴乃花親方(46=元横綱)が25日、日本相撲協会に退職の届け出を提出したことを明らかにした。昨年10月、弟子の貴乃岩が被害者となった横綱日馬富士による傷害事件に端を発した激動の1年を振り返る。

◆横綱日馬富士の貴ノ岩暴行発覚(17年11月14日) 鳥取巡業中の10月26日未明、酒席で日馬富士が弟子の貴ノ岩に暴行を加えたことを受け、同29日に巡業部長の貴乃花親方が鳥取県警へ被害届を提出。11月5日に貴ノ岩は福岡市内の病院に入院。同13日に「右中頭蓋底骨折」などの診断書が公表されていた。

◆事情聴取拒否(同11月22日) 日本相撲協会執行部から貴ノ岩への危機管理委員会の事情聴取を要請されたが「お断りします」と拒否。被害届も「取り下げるつもりはない」。同29日に日馬富士は協会の処分決定を待たずに引退届を提出し、同日引退を発表した。

◆史上初の理事解任(同12月28日) 協会の臨時理事会で、巡業部長でありながら日馬富士の暴行事件の報告を怠り、危機管理委による貴ノ岩への聴取の要請を拒否し続けたとして、役員待遇委員への2階級降格となる理事解任を評議員会に諮ることが決定。18年1月4日の評議員会が全会解任決議を承認した。

◆理事候補選挙で大敗(18年2月2日) 定員10人に対して11人が立候補した理事候補選挙に貴乃花一門から、阿武松親方(元関脇益荒雄)とともに初めて2人で立候補。阿武松親方は8票を集めて当選したが、貴乃花親方はわずか2票の得票で最下位で落選した。

◆内閣府に告発(同3月9日) 部屋のホームページ(HP)で日本相撲協会を監督する内閣府の公益認定等委員会に告発したと発表。理事を解任されたことや、同事件への協会への対応について「重大な疑義が生じています」と訴え、同委員会に立ち入り検査や適切な是正措置を求めた。

◆貴公俊が付け人暴行(同3月18日) 春場所で貴乃花部屋の東十両14枚目の貴公俊が、敗れた取組後、支度部屋で付け人の序二段力士の顔面を複数回殴った。出番の時間を誤って伝えられ、土俵下の控えに駆け込んだが、審判長に注意されたことで、怒りの矛先が付け人に向けられた。

◆告発状取り下げ(同3月23日) 貴公俊の付け人への暴行を受け、翌19日の臨時役員会合で八角理事長(元横綱北勝海)に謝罪。同23日には内閣府公益認定等委員会に提出していた告発状を取り下げる意向を示し「一兵卒として出直して精進します」と話した。同28日の臨時年寄総会でも全面謝罪した。

◆年寄降格(同3月29日) 協会の理事会で貴公俊の暴力問題の監督責任などを問われ、親方衆の階級で最も低い「年寄」への降格が決まった。1月の理事解任から3カ月で5階級降格で、元横綱の年寄降格は金銭問題を起こした輪島(当時花籠親方)以来33年ぶり。なお新体制では審判部に配属された。

◆貴乃花一門返上(同4月19日) 自ら立ち上げた貴乃花一門について「一門は返上しますので、ご検討くださいと伝え、受け入れていただいた」と、1週間前の一門の会合で返上を了承されていた事実を自ら明かした。6月には自ら貴乃花一門を離脱し「阿武松グループ」への名称変更を協会執行部に申し入れていることも判明。

◆救急搬送(同8月21日) 夏巡業が行われていた秋田県立体育館で倒れ、秋田市内の病院に救急搬送された。若手力士の指導中に体調が悪化し、「けいれんを発症して意識がない」と消防局に通報があった。24日に検査に問題はなく、熱中症を起こしたようだと、親交のある会社のHPにコメントした。

貴乃花一門の返上を報じた18年4月19日付本紙(東京最終版)

関連するニュースを読む

貴親方と「いつか一緒に」/八角理事長語る1

3期目を迎え笑顔で抱負を語る八角理事長(撮影・小沢裕)

 不祥事が相次いだ大相撲で、新体制後初の本場所となる夏場所(東京・両国国技館)が13日に初日を迎える。3月26日の日本相撲協会理事会で、全会一致で3選が決まった八角理事長(54=元横綱北勝海)がインタビューに応じた。これまで語ることの少なかった思いを口にした。【取材・構成=高田文太】

 ◆貴乃花親方との確執

 昨年11月から半年間、土俵外の出来事が相撲界の話題の中心だった。その度に八角理事長と、貴乃花親方の対立が注目された。春場所初日2日前の3月9日には、貴乃花親方が内閣府に告発状を提出。対立の最終形ともいえる、当時の心境を振り返った。

      ◇       ◇

 八角理事長(以下八角) 何でって(思った)。その前に言ってくれればいいのに、と。理事会で顔を合わせているわけですから。しかも何で場所前に? びっくりしたというよりも、困惑ってやつです。

 春場所中の貴乃花親方の勤務態度も問題となった。無断欠勤、役員室滞在30秒足らずで帰る-。元横綱日馬富士関に暴行された、弟子の十両貴ノ岩から目が離せないことが理由だった。

 八角 そんな説明で通るかという話。(春場所中)最初に来た時にちゃんと言ったけど、意に介さずというか。いろいろと注意はしています。聞く耳を持つかは本人次第。ただ、指導もしていかなきゃいけない。

 告発状は春場所中に取り下げの手続きが取られた。きっかけは貴乃花親方の弟子の十両貴公俊が、付け人を支度部屋で数発殴る問題を起こしたことだった。

 春場所後の臨時年寄総会で、貴乃花親方は約100人の親方衆を前に、相撲協会に協力的ではない言動を責められた。同総会前には解雇相当の契約解除を求める声も、一部の親方から出ていた。それでも八角理事長は、個人的には契約解除は考えになかったという。

 八角 失敗はあるから、その後ちゃんとすればいいと思ってます。まじめに働いてくれれば。一緒にみんなでやっていかないといけないわけだから。1回の失敗で全部終わってしまうのではダメ。今後、理解してくれればと思っています。

 故北の湖前理事長時代には、ともに協会執行部にいた。腹を割って話した経験についても「ありますよ」と即答した。貴乃花親方から仕事面で、質問されることもあったという。

 八角 その時は「はい、はい」と納得して聞いてくれた(笑い)。だから話せば分かる。(元日馬富士関の暴行事件後は)何か、かたくなになっちゃって。

 一般的な企業とは違い、裸同士でぶつかり合い、同じ釜の飯も食べたことのある間柄だ。現役時代の対戦成績は1勝1敗。互いの良い面も悪い面も分かるからこそ見捨てられないし、分かり合えると信じている。

 八角 ちゃんとやってくれれば、いつか一緒にやれるわけですから。(貴乃花親方の)考えを支持してくれる人も出てくると思う。

 ◆八角信芳(はっかく・のぶよし)元横綱北勝海。本名・保志信芳。1963年(昭38)6月22日、北海道広尾町生まれ。79年春場所初土俵。立ち合いの当たりと突き、押しを武器に、87年夏場所後に第61代横綱に昇進。92年春場所限りで引退。通算591勝286敗109休。優勝8回、殊勲賞3回、敢闘賞3回、技能賞5回、金星1個。

18年3月11日付の日刊スポーツ紙面

関連するニュースを読む

貴親方へ厳しい言葉、期待も/年寄会出席親方衆語る

会場入りする貴乃花親方(撮影・岡本肇)

 大相撲の貴乃花親方(45=元横綱)が、100人近い親方衆に謝罪した。28日、大阪市で行われた臨時年寄総会に出席し、元横綱日馬富士関の傷害事件以降、協会側と対立してきた言動について反省の弁を繰り返した。一部から契約解除を求める意見も出たが、年寄会は貴乃花親方への処分を今日29日の理事会に一任する。

<「臨時年寄総会」出席各一門代表のコメント>

 ◆高田川親方(元関脇安芸乃島) 一門の中には、貴乃花親方の言動、行動は本来なら契約解除になる部分が6つ7つある、という声もあった。契約解除までは、という声もあった。その中間もあった。処分は理事会に一任したい。だが、名前も実績もある方だし、今後どのような行動をとっていくか、が一番の問題と思う。

 ◆入間川親方(元関脇栃司) テレビに無断で出演したり、貴乃花親方の言動、行動は協会と結んだ契約にかなりの部分で触れていたが「間違っていた。申し訳ない。適切でなかった」と言ってもらった。

 ◆錦戸親方(元関脇水戸泉) 場所前の告発など、なぜこのようなことになったのか? 告発の撤回は本当なのかなど、その真意を深く知りたかった。真摯(しんし)に答えていただいた。反省して「もうこのようなことをしない」と言っていただいた。あとは理事会に一任したい。

 ◆玉垣親方(元小結智乃花) 協会一丸となって公益財団法人となったのに、貴乃花親方の発信する意見を聞けなかった。協会と対立しているような空気は本当か? それを総会で聞けた。「反省している」との返事を聞けた。一から出直してほしい。理事会のいかなる処分も厳粛に受け止めてほしい。

 ◆伊勢ノ海親方(元前頭北勝鬨) 最初にまず貴乃花親方の声を聞きたかった。これからは協会と一丸となって頑張ってほしい。処分については理事会にお任せします。

会見する高田川親方(撮影・岡本肇)
会見する入間川親方(撮影・岡本肇)
年寄総会で会見する錦戸親方(撮影・岡本肇)
会見する玉垣親方(撮影・岡本肇)
会見する伊勢ノ海親方(撮影・岡本肇)

関連するニュースを読む

貴乃花一門は親方の処分に陳情…「お願い」文書提出

貴乃花一門を代表して会見する千賀ノ浦親方(撮影・岡本肇)

 大相撲の貴乃花親方(45=元横綱)が、100人近い親方衆に謝罪した。28日、大阪市で行われた臨時年寄総会に出席し、元横綱日馬富士関の傷害事件以降、協会側と対立してきた言動について反省の弁を繰り返した。一部から契約解除を求める意見も出たが、年寄会は貴乃花親方への処分を今日29日の理事会に一任する。

 貴乃花一門の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は、貴乃花親方の処分について陳情したことを明かした。「(同親方が)協会に多大な迷惑をかけたことは見ての通りです」と認め「反省がにじみ出た受け答えをしたと思う」と語った。その上で処分について「契約解除。これだけは取り下げて欲しいとお願いする文書を(年寄会に)出しました。後はいい方向にいってほしいと願うだけです」と頭を下げた。

会見中にも頭を下げる貴乃花親方(撮影・岡本肇)

関連するニュースを読む

八角理事長が語る貴親方の「花形」への配属意図とは

新体制の発表記者会見をする八角理事長(撮影・岡本肇)

 大相撲の貴乃花親方(45=元横綱)が、100人近い親方衆に謝罪した。28日、大阪市で行われた臨時年寄総会に出席し、元横綱日馬富士関の傷害事件以降、協会側と対立してきた言動について反省の弁を繰り返した。

 貴乃花親方は新体制での職務として、審判部に配属された。八角理事長(元横綱北勝海)は配属の理由について「人気というものがあると思いますので、ぜひ見ていただきたい。お客さんの前で仕事ぶりを見て欲しいと思いました」と説明した。

 審判部長には、貴乃花一門の阿武松親方(元関脇益荒雄)を任命した。新理事としては抜てきとも言える大役で、貴乃花親方の上司に相当する役職になる。ファンの目に触れられながら土俵下で勝負を見守る審判は「花形」とも言われる。貴乃花親方は審判部長の経験もある。八角理事長ら執行部による一定の配慮も透けて見えた。

 何より、八角理事長が「仕事ぶりを見て欲しい」と話した通り、今後も協会の一員として認めていることの表れでもある。処分を協議する理事会で、解雇に相当する契約解除は避けられる見通しだ。

 八角理事長は「100年先も大相撲の文化を残していきたい。協会員全員で力を合わせていきたい」と、一致団結を強調した。

厳しい表情で会見する貴乃花親方(撮影・岡本肇)
日本相撲協会職務分掌
親方衆の階級

関連するニュースを読む

降格の貴親方に怒号、謝罪繰り返すも「ぬかにくぎ」

会見を終え深々と頭を下げる貴乃花親方(撮影・岡本肇)

 大相撲の貴乃花親方(45=元横綱)が、100人近い親方衆に謝罪した。28日、大阪市で行われた臨時年寄総会に出席し、元横綱日馬富士関の傷害事件以降、協会側と対立してきた言動について反省の弁を繰り返した。一部から契約解除を求める意見も出たが、年寄会は貴乃花親方への処分を今日29日の理事会に一任する。この日の理事会では新体制での職務が決まり、貴乃花親方は役員待遇委員から1階級降格の委員となり、審判部・指導普及部に配属された。

 春場所が行われた会場の一室で、貴乃花親方は100人近い親方衆と対面した。役員以外の親方衆で構成される年寄会の会長を務める錦戸親方(元関脇水戸泉)が仕切る中、各一門の代表者から質問を受けた。約30分の中断を挟んで約2時間、謝罪を繰り返した。怒声が飛んでも、年下の親方から苦言を呈されても頭を下げた。

 弟子の貴公俊の暴行が明らかになると、それまでの協会への対立姿勢を一転させた。その真意を問われたが、すべての親方を納得させるには至らなかった。ある親方は「具体的なことは何も話さず『すみません』と『心を入れ替えてやります』の繰り返し」と明かした。「ぬかにくぎだ」と、あきれ気味に帰途に就いた別の親方もいた。

 この日に先立ち、各一門で話し合いが持たれ、二所ノ関一門の高田川親方(元関脇安芸乃島)は「本来なら契約解除になる部分が6つ7つある、という声もあった」と明かした。不信は根深く、誓約書を書かせるべきだとの意見もあったという。錦戸親方は「物足りないと言う親方もいた。これだけの大騒ぎになったし、今後のことが大事」と見守る構えを示した。年寄会として意見を集約した上で、理事会に処分を委ねることに決めた。

 年寄総会後、貴乃花親方は「これまでの私の行動によって、協会の皆さんに多大なご迷惑をおかけしたことをおわびしました」と話した。告発状については「本日取り下げました。年寄会の皆さんにも報告しました」と明かした。一方、一連の言動について「考えが間違っていたということか」と問われると「いや、まずこれから微力ながら協会の一員としてやっていかなければならないという気持ちで、私の監督責任を全うしていかなければならない」と明確な回答は避けた。

 ある役員は「結局、本人は『間違っていた』とは認めていない」と指摘した。今日29日の理事会では、さらなる「降格」や、弟子の指導など一切の活動を禁じる「業務停止」の厳しい処分が決まる可能性もある。この日の答弁内容を含め、役員が判断する。

厳しい表情で会見する貴乃花親方(撮影・岡本肇)
最近の不祥事をめぐる人間関係
相撲協会の最近の不祥事と処分

関連するニュースを読む

貴乃花親方「貴公俊のこと思い」心境変化/一問一答

厳しい表情で会見する貴乃花親方(撮影・岡本肇)

 日本相撲協会の臨時年寄総会は28日、大阪市内で行われ、貴乃花親方(45=元横綱)が、100人近い親方衆を前に全面的に謝罪した。

 時間制限を設けず、理事会中の一時中断を除いて合計で約2時間行われた臨時年寄総会は、役員以外の親方衆で構成される年寄会からの要望で実現したもの。元横綱日馬富士関による暴行事件が起きた昨秋以降の言動について、貴乃花親方に説明を求めた。

 以下は年寄総会後の会見での一問一答。

-年寄総会でどんな話をしたのか

 貴乃花親方(以下親方) これまでの私の行動によって協会の皆さんに多大な迷惑をおかけしたことをおわびしました。

-いろいろな質問が出たようだが、具体的にはどういう話を

 親方 それぞれにおいてご迷惑をおかけした、ということです。

-なぜそういう思いに

 親方 やはり(付け人に暴力をふるった)貴公俊のことを思いまして、監督責任は十分に私にあると思いましたので、まず私の行動から襟を正していかないといけないと思いました。

-親方衆からどんな意見があったのか

 親方 今後は微力ながら、協会の方と(親方の)みなさんと力を合わせて精進していかないといけないと、そういうお声をたくさんいただきました。

-「一兵卒として」「ゼロから」と言っているが

 親方 告発状を出しまして、本日取り下げ状を(弁護士を通じて)内閣府に提出いたしました。

-親方自身もまた1からスタートということか

 親方 はい。ゼロからやってまいります。

-錦戸親方は「今後の行動を見て」と言っていた

 親方 与えられた職責をまっとうできるように努力いたします。

-明日(29日)の理事会で処分が決まる

 親方 理事会の処分を厳粛に受け止めます。

-貴乃花一門は「契約解除だけはしないでほしい」と書面を提出したようだが

 親方 あらためて深く反省している気持ちを伝えたい思いでいっぱいです。

-今後の行動は

 親方 錦戸親方の言うように「これからの私の行動いかん」ということは存分にあると思いますので、精進いたします。

-元横綱日馬富士関の事件については親方は被害者の師匠。「間違っていない」という人は多いと思うが

 親方 真実を追求しようという気持ちが強くかたくなな姿勢をとってしまった。協会に対して多大な迷惑をおかけしたという思いです。

-契約解除の声もあった

 親方真摯(しんし)に受け止め、なすべきこと、やるべきことをやる気持ちです。

-正しいと思って告発したと思うが、自分の考えが間違っていたということか

 親方 いや、まずこれから微力ながら協会の一員としてやっていかなければならないという気持ちで、私の監督責任を全うしていかなければならないと、そういう思いです。

-相撲ファンに対して一言

 親方 一連の行動でご心配、ご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます。今後は職責をまっとうして、精進してまいります。

会見中にも頭を下げる貴乃花親方(撮影・岡本肇)
会見を終え深々と頭を下げる貴乃花親方(撮影・岡本肇)

関連するニュースを読む

貴乃花親方が頭下げ謝罪「皆さまに多大なご迷惑」

会見を終え深々と頭を下げる貴乃花親方(撮影・岡本肇)

 日本相撲協会の臨時年寄総会は28日、大阪市内で行われ、貴乃花親方(45=元横綱)が、100人近い親方衆を前に全面的に謝罪した。

 時間制限を設けず、理事会中の一時中断を除いて合計で約2時間行われた臨時年寄総会は、役員以外の親方衆で構成される年寄会からの要望で実現したもの。元横綱日馬富士関による暴行事件が起きた昨秋以降の言動について、貴乃花親方に説明を求めた。

 会合を終えて会見に臨んだ貴乃花親方は「これまでの私の行動によって、協会の皆さまに多大なご迷惑をおかけしました」と、反省の弁を口にした。日本相撲協会と対立を続けていたが、春場所中日の18日に、弟子の十両貴公俊が支度部屋で、付け人を数発殴る暴力問題が発覚して以降は一転して、謝罪と反省の言葉を口にしていた。この日も「貴公俊のことで監督責任は十分、私にあると思います」と話した。

 また、元日馬富士関の暴行事件に関して協会の対応を問題視して、内閣府に提出していた告発状についても「本日(28日)、取り下げ、年寄会の皆さんにも報告しました」と明かした。

 貴乃花親方と貴公俊の処分については、29日の理事会で協議し、決定する見込みとなっている。

会見中にも頭を下げる貴乃花親方(撮影・岡本肇)
厳しい表情で会見する貴乃花親方(撮影・岡本肇)

関連するニュースを読む

貴親方に契約解除要求か「過激な人もいる」年寄総会

貴乃花親方(18年3月23日撮影)

 大相撲の貴乃花親方(45=元横綱)が、時間無制限で親方衆から質問を受ける日本相撲協会の臨時年寄総会が今日28日、大阪市内で行われる。貴乃花親方は、元横綱日馬富士関による暴行事件が起きた昨秋以降、協会執行部と対立。協会発表と異なる証言や春場所初日からの欠勤、内閣府への告発状の提出など一連の行動への説明を求めた、役員以外の親方衆で構成する年寄会の要望で実現する。協会関係者によると、一部親方から「解雇」に相当する「契約解除」を含めた厳罰要求が出る見通しという。

 貴乃花親方との質疑応答後に処分案が出た場合、約80人からなる年寄会として決議する方針。八角理事長(元横綱北勝海)ら執行部は年寄会の総意を重視する意向で、処分を協議する29日の理事会に影響を与えそうだ。年寄会会長の錦戸親方(元関脇水戸泉)はこの日「過激な人もいるので、私と他の5つの一門の代表者が中立な立場で、まずは代表質問する」と、自ら司会役を務め、冷静に話し合いを進める意向を語った。

 年寄会は不定期で会合を開いて意見を集約する。今回は八角理事長らと協議し、全親方対象の年寄総会に拡大して実施。錦戸親方は「貴乃花親方に不信感を持っている人は多い。代表質問だけでは終わらないと思う」と、長期戦も予想していた。

錦戸親方(元関脇・水戸泉)(10年8月2日撮影)

関連するニュースを読む

池坊議長、貴乃花親方に「天知る、地知る、人知る」

評議員会終了後の会見で資料を手に記者からの質問に答える池坊議長(撮影・足立雅史)

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開いて理事長を互選し、八角理事長(54=元横綱北勝海)の続投を決めた。

 この日は理事会、横綱審議委員会に先だって、評議員会が開かれた。2月の役員候補選挙で当選した力士出身の理事候補10人を、正式に理事として選任。新たに芝田山親方(元横綱大乃国)阿武松親方(元関脇益荒雄)高島親方(元関脇高望山)の3人が理事となったが、池坊保子議長は「1人ずつ名前を呼びましたが(評議員から)異議も質問もなく了解してもらいました」と、選任に支障がなかったことを明かしていた。

 一方で同議長は、貴乃花親方の言動に対してかねて苦言を呈しており、この日は貴公俊の暴力問題について「多くの方々に失望や落胆を与えた」と語った。また貴乃花親方についてコメントを求められると「天知る、地知る、人知る。神さまがいるんだなと思いました」と、意味深な言葉を残した。貴乃花親方を巡る言動で、SNSなどを通じて世間から多くの批判も浴び「袋だたきに遭いました」と、自虐的に打ち明けながらも笑顔を見せていた。

 貴乃花親方は28日に協会の臨時年寄総会で説明を求められ、29日の理事会では貴公俊とともに処分対象となっている。

 ◆「天知る、地知る、我知る、人知る」 中国の故事で誰も知る者がおらず、2人だけの秘密にしようと思っても、天地の神々も知り、自分も相手も知っているのだから、不正は必ず露見するという意味。

関連するニュースを読む

貴親方出席の年寄会、錦戸親方「時間かかっても」

会場入りする貴乃花親方(撮影・鈴木正人)

 役員以外の親方衆で構成する年寄会が求めていた貴乃花親方との話し合いの場は、時間無制限で行われることになった。

 昨年末からの貴乃花親方の言動を問う臨時年寄総会(28日)について年寄会会長の錦戸親方(元関脇水戸泉)は「時間がかかっても大事なこと。中途半端にならないようにやりたい」と説明。開始1時間後に理事会が始まるため役員は途中退席するが、必要な場合は議論は続ける見込み。貴乃花親方も出席を明言している。

関連するニュースを読む