上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

元横綱朝青龍ら北の湖さんに合掌 協会葬2500人

北の湖前理事長の協会葬で国技館の玄関に並び合掌する力士たち(撮影・神戸崇利)

 先月20日に62歳で死去した大相撲の第55代横綱で、日本相撲協会の北の湖前理事長(本名小畑敏満)の協会葬が22日、東京・両国国技館で営まれた。05年に亡くなった二子山親方(元大関貴ノ花)以来10年ぶり23度目の協会葬には約2500人が参列。参列者は大横綱との別れを惜しむとともに感謝の言葉を口にした。

 問題を起こす度に支えられた元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏は「優勝パレードの前に、理事長室でお祝いのビールを一緒に飲んだ。かばってくれる理事長だった」と回想。「まだ生きているような存在感が残っている」と、現実を受け入れられない様子だった。

 故二子山親方の長男で、元横綱3代目若乃花の花田虎上(まさる)氏は「父からは常に『北の湖さんのような四股を踏みなさい』と言われていた」と、基本を徹底する姿勢を学んだという。元小結舞の海氏は頭にシリコーンを入れて臨んだ新弟子検査で、身長を測定してもらったといい「『もう少しの辛抱だから頑張れ』と言っていただいた。角界入りの夢をかなえてくれた」と懐かしんだ。

 プロ野球元楽天の山崎武司氏は現役時代に助言を受けていたと明かし「お力添えがなければ、僕の復活はなかった」と神妙に話した。【桑原亮】

関連するニュースを読む