上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

元蔵玉錦の安達敏正さん葬儀、井筒親方らが別れ

都内で行われた元前頭蔵玉錦の安達敏正さんの葬儀

大相撲の元前頭蔵玉錦(ざおうにしき)の安達敏正(あだち・としまさ)さんの葬儀・告別式が13日、東京・葛飾区の千代田鎌倉ホールで営まれた。

時津風親方(元前頭時津海)、井筒親方(元関脇豊ノ島)や時津風部屋の若い衆、親交の深かった大島親方(元関脇魁輝)ら、前日12日の通夜を含めてのべ180人が参列。喪主の妻とき子さんが弔辞を読み上げ、別れを告げた。

安達さんは元横綱柏戸の鏡山親方の内弟子として伊勢ノ海部屋に入門し、70年秋場所初土俵。翌年、鏡山部屋の創設にともなって移籍した。最高位は前頭筆頭。83年初場所限りで現役を退き、引退後は親方として後進の指導にあたり、最後は武隈親方として時津風部屋に在籍した。

この日は館内の葬儀場とは別室に、現役時代の写真や化粧まわし、最高位の前頭筆頭だった81年初場所の番付表などが展示された。現役時代の映像も流され、同時期に活躍した大島親方も「懐かしいな。(対戦時は)のらりくらりとはいかなかったな」と懐かしんだ。

新型コロナウイルス感染予防の観点から関取衆は参列しなかったが、井筒親方は2日連続で参列した。井筒親方は02年初場所が初土俵で、安達さんは先代武隈親方として同年に鏡山部屋から転籍してきたため、20年近い付き合いだった。井筒親方は7月場所中にお見舞いに訪れていたことを明かし「そのときもしゃべりづらそうにしていた。『(時津風部屋の力士は)みんな頑張っています。正代もいいですよ。いい成績を残すので、みんなのことを見てやってください』と伝えました。そのときにぐっと手を握ってくれて。(千秋楽まで)持たないかもしれないと聞いていたが、今場所を見届けてくれた。そこは力士だなと感じましたね」と振り返った。

関連するニュースを読む

大島親方が先代武隈親方悼む「よく飲みにも行った」

大島親方(17年6月11日撮影)

9日に67歳で死去した大相撲の元前頭蔵玉錦(ざおうにしき)の先代武隈親方について、親交の深かった大島親方(元関脇魁輝)が11日、故人との思い出を振り返った。

65年秋場所に初土俵を踏んだ大島親方が5年早く入門したが、2人は同学年だった。弟弟子の元前頭王湖が先代武隈親方と同期生だった縁もあり、仲が深まったという。「ザオウ(蔵玉錦)が関取になったくらいからよく話すようになった。巡業に行けば山稽古もしょっちゅうやった。昔は山稽古が普通だったから。夜はよく飲みにも行ったね。黒姫山さん(先々代武隈親方)や俺が教習所で一緒だった佐渡ケ嶽部屋の琴ケ嶽とかも交えてよく行ったね」。

先代武隈親方は元横綱柏戸の鏡山部屋で育った。「良くも悪くも周りのことを気にせず自分の道をいく。先代の鏡山さん(柏戸)の教育だったと思う。豪快に飲むやつだったけど、周りに迷惑をかけなかったし、切りのいいところで切り上げていた」と人柄を懐かしんだ。

最後に会ったのは「去年の暮れか今年の年明け」で、先代武隈親方はつえをついて歩いていたという。「腰のヘルニアだかで悪かったのは聞いていたし、心配してた」と話した。

先代武隈親方の弟弟子だった鏡山親方(元関脇多賀竜)は「早く亡くなったことに驚いた。ご冥福をお祈りするしかない」と悼んだ。

関連するニュースを読む

井筒親方「本当に相撲が好きで」先代武隈親方を悼む

元豊ノ島の井筒親方(2020年7月23日撮影)

元幕内蔵玉錦の先代武隈親方が9日に67歳で死去し、元関脇豊ノ島の井筒親方が10日、故人との思い出を語った。井筒親方は2002年1月に初土俵を踏み、同年に鏡山部屋から転籍してきた先代武隈親方から、2019年に退職するまで指導を受けてきた。井筒親方は「自分が新弟子の時に部屋にいらしたので、かれこれ20年近い月日を過ごしました。本当に相撲が好きで、稽古場での指導のポイントは聞いていて勉強になりました」と振り返った。

先代武隈親方は、元横綱柏戸の鏡山部屋で育ち、最高位は西前頭筆頭だった。井筒親方は「お酒を飲むと、口癖は『うちの柏戸は…』でした。今ごろ、柏戸関とお酒を飲みながら怒られているんじゃないでしょうか」と思いをはせた。

関連するニュースを読む

元幕内の蔵玉錦さん死去、67歳 昨年9月に退職

元前頭・蔵玉錦の錦島親方(2010年9月18日撮影)

大相撲の元幕内蔵玉錦(ざおうにしき)の安達敏正(あだち・としまさ)さんが9日午前5時56分、多発性骨髄腫のため千葉県市川市の病院で死去した。67歳だった。

安達さんは元横綱柏戸の鏡山親方の内弟子として伊勢ノ海部屋に入門し、70年秋場所初土俵。翌年、鏡山部屋の創設にともなって移籍した。76年九州場所で新入幕、最高位は西前頭筆頭。83年初場所限りで引退した。幕内在位24場所、金星は北の湖から1個。

引退後は親方として後進の指導にあたり、最後は武隈親方として時津風部屋に在籍。17年9月の日本相撲協会定年後は再雇用制度で協会に残り、昨年9月に退職した。

時津風親方(元幕内時津海)は「1カ月くらい前に入院したと聞いていた。腰の神経をやられて、歩くのもきつかったそうです。自分が不在の時に部屋付き親方としていろいろ助けてもらった」と話した。

葬儀・告別式は13日午前11時から東京都葛飾区鎌倉3の39の20、千代田鎌倉ホールで。喪主は妻とき子(ときこ)さん。

76年秋場所の各段優勝者。左端が十両安達(のち蔵玉錦)(1976年9月26日撮影)

関連するニュースを読む

栃ノ心は西関脇、豊ノ島、貴源治、栃煌山ら十両降格

大関栃ノ心(2019年1月16日)

日本相撲協会は28日、大相撲九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)の新番付を発表した。降下、改名、引退などの力士、年寄は以下の通り。

【降下】

<大関から三役>

栃ノ心(32=春日野)東大関から西関脇

<幕内から十両>

東龍(32=玉ノ井)西前頭15枚目→東十両筆頭

栃煌山(32=春日野)西前頭16枚目→東十両2枚目

貴源治(22=千賀ノ浦)東前頭17枚目→東十両6枚目

豊ノ島(36=時津風)西前頭14枚目→西十両8枚目

<十両から幕下>

朝玉勢(26=高砂)東十両14枚目→東幕下2枚目

貴ノ富士(22=千賀ノ浦)西十両5枚目→西幕下5枚目

千代の海(26=九重)西十両11枚目→東幕下6枚目

青狼(31=錣山)東十両12枚目→西幕下6枚目

【改名<1>】(しこ名の上の部分)

<十両>

琴手計→琴勝峰(ことしょうほう=佐渡ケ嶽)

<三段目>

越錦→越乃花(えつのはな=立浪)

<序二段>

小浜海→佐田の龍(さだのりゅう=境川)

森田→雅(みやび=二子山)

塩谷→木瀬ノ海(きせのうみ=木瀬)

上田→藤乃波(ふじのなみ=藤島)

海波→瑞光(ずいこう=立浪)

<序ノ口>

光内→土佐緑(とさみどり=阿武松)

大国旭→大國旭(おおくにあさひ=中川)

【改名<2>】(しこ名の下の部分も含める)

琴手計富士紀→琴勝峰吉成(ことしょうほう・よしなり)

越錦政虎→越乃花友弥(えつのはな・ともや)

光内洸太→土佐緑清太(とさみどり・きよた)

【年寄襲名】

嘉風→中村

誉富士→楯山

【退職(年寄)】

理事・音羽山広生(前阿武松、元関脇益荒雄)

参与・武隈敏正(元前頭蔵玉錦)

【死亡】

副理事・井筒好昭(元関脇逆鉾)

【引退】

入江、佐田ノ里、武蔵國、春日国、藤大成、明石隆、大喜鵬、天司、鬨龍、若佐竹、駿河富士、琴隅田、福轟力

豊ノ島(2018年9月14日)
栃煌山(2016年9月11日撮影)

関連するニュースを読む

武隈親方が退職 定年後に再雇用制度で相撲協会残留

武隈親方(2014年8月12日撮影)

日本相撲協会は5日、元幕内蔵玉錦の武隈親方(67=時津風)が2日付で退職したと発表した。

2017年9月の定年後は再雇用制度を利用して日本相撲協会に残っていた。

関連するニュースを読む

暴行事件で実刑の前時津風親方が死去

 力士暴行死事件で実刑判決を受けた、元小結双津竜で前時津風親方の山本順一氏が死去していた。時津風部屋関係者が12日に明らかにした。64歳だった。02年に部屋を継承し、07年に起きた事件によって日本相撲協会を解雇され、11年には懲役5年の実刑が確定した。その後に肺がんとなり、都内の病院で死去した。葬儀は家族のみで行う予定。

 角界を揺るがす事件を起こした山本氏が、都内の病院でひっそりと亡くなった。時津風部屋付きの武隈親方(元前頭蔵玉錦)はこの日、秋田市での夏巡業の先発を務めていた。「夜中に亡くなったと午前中に聞いた」と話した。

 山本氏は11年に三重・津市の三重刑務所に収容された。現役のころからショートホープが大好きな愛煙家。武隈親方によると刑務所内で体調が悪くなり、肺がんと診断されて三重の病院に入ったという。

 その後に都内の病院へ移り、武隈親方は先月見舞いに行った。「すこぶる元気だった」と言い、食堂でかき氷を食べたという。師匠として指導した弟子のことを気にかけて「豊ノ島は太りすぎじゃないか」と話していた。

 現役時は巨体を生かした寄りを得意とした。引退後は部屋付き親方となったが、02年8月に部屋を継承。その5年後の07年名古屋場所前に事件は起きた。その年の春場所入門した時太山こと斉藤俊さんが死亡。死因は山本氏らによる集団暴行で、協会から当時2人目、師匠としては初めての解雇処分となった。

 体罰が問題視され、事件後は稽古場にあった竹刀がなくなった。最近はぶつかり稽古の少なさが指摘される。稽古の厳しさが薄れるきっかけにもなった。

 お盆休みで都内の部屋は静まり返っていた。跡を継いだ時津風親方(元前頭時津海)は「ご冥福をお祈りします。それ以上は差し控えさせてください」と話すにとどまった。

 ◆山本順一(やまもと・じゅんいち)1950年(昭25)2月28日、北海道室蘭市生まれ。中学生だった63年秋に初土俵。69年九州新十両、72年春新入幕、79年名古屋で新小結に昇進し、82年九州で現役を引退。幕内在位29場所。現役時185センチ、172キロ、得意は右四つ、寄り。年寄錦島となり、02年に定年を迎えた時津風親方(元大関豊山)の指名で部屋を継いだ。

 ◆事件メモ 07年6月26日に序ノ口だった斉藤俊さん(当時17)が稽古中に死亡した。両親が外傷などから不審に思い、地元新潟で解剖を実施して暴行が発覚。山本氏は稽古の厳しさなどがきっかけで部屋を脱走した斉藤さんに憤慨して同25日にビール瓶で殴り、力士にも暴行を指示。26日も30分のぶつかり稽古に金属バットで殴打など集団暴行。愛知県警は08年2月に山本氏らを逮捕し、3力士は執行猶予付き有罪確定で相撲協会を解雇された。山本氏は09年に1審懲役6年、10年に2審懲役5年、11年8月に最高裁が上告を棄却し、実刑判決が確定した。

関連するニュースを読む