上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

谷津嘉章の義足デビュー幻 DDTさいたま大会中止

谷津嘉章(20年3月撮影)

DDTプロレスリングは23日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえ、6月7日のさいたまスーパーアリーナ大会「WrestlePeterPan2020」の開催を見合わせると発表した。

同会場での大会開催は、20周年記念大会を行った17年以来3年ぶり2度目。親会社のサイバーエージェント藤田晋社長も実行委員長を務めるなど、団体をあげたビッグマッチとなる予定だった。高木三四郎社長(50)も自身のツイッターで報告。「2年以上前から企画していて2017年のリベンジとしてただけに悔しさしかありません。でも新たなリベンジの目標ができたとして前向きに捉えることにしました。代替え日は未定ですが必ず開催します!それまでは生き残る」と前向きなメッセージを発信した。

また、同大会に出場予定だった元DDTで現AEW所属のケニー・オメガ(36)もDDTを通じ、ビデオメッセージを発表した。「DDTファンの皆さん、ケニー・オメガです。ひじょうに残念なお知らせですが、現状、私は日本に行くことができません。さいたまスーパーアリーナに出場できません。コロナウイルスの影響で我々の生活は大きく変わりました。仕事に行けなかったり、外出できなかったり…、ペットと家にいることはできますね。この状況が落ち着くまで私は家に居て、また皆さんに会える機会を待ちます。日本の友人や家族、そしてDDTUNIVERSEのみんなにまた会えることを心待ちにしています。その時が来たら、すぐに飛んでいくことをお約束します。それまでは……Good bye and good night BANG!」と、収束後の参戦を誓った。

昨年6月に糖尿病の悪化で右足を切断し、同大会で義足をつけて復帰予定だった谷津嘉章(63)も開催見合わせを受けて、ツイッターを更新。「大変残念ですが、義足デビューは幻となりました。また、デビューに向けて次のチャンスを目指します。ご声援ありがとうございました。オリャ」と前を向いた。

関連するニュースを読む

谷津嘉章が復活生報告「義足でもやるところをぜひ」

DDT後楽園大会でプロレス復帰を報告する谷津嘉章

<DDT:後楽園大会>◇20日◇東京・後楽園ホール

義足レスラーとして、6月7日のDDTビッグマッチ「Wrestle Peter Pan2020」(さいたまスーパーアリーナ)で復帰する谷津嘉章(63)が、DDT後楽園大会でファンに生報告した。

リング上で「何回もアプローチして、ようやく了承してもらいました。義足でもやるんだというところをぜひ見せたいと思います。オリャ!」とあいさつし、大歓声を浴びた。

谷津は昨年6月に糖尿病の悪化で右足を切断。懸命なリハビリを続け、いまはリング上で動けるまでに回復。義足メーカー特注のプロレス専用義足で6月の復帰戦に向け、練習を続けている。

関連するニュースを読む

谷津嘉章 義足レスラーで復帰「冒険心が生まれた」

義足プロレスラーとして6月7日DDTビッグマッチで復帰することが決まった谷津嘉章。会見後にプロレス用の義足を持ち、ファイティングポーズ

「義足プロレスラー」の誕生だ。昨年6月に糖尿病の悪化で右足を切断したプロレスラー谷津嘉章(63)が18日都内で会見に臨み、6月7日さいたまスーパーアリーナで行われるDDTビッグマッチ「Wrestle Peter Pan2020」での復帰を発表した。谷津は「足をなくした時はこういう場が来るとは思わなかった」と喜びを語った。

谷津はレスリングで76年モントリオールオリンピック(五輪)8位、80年モスクワ五輪は金メダル候補ながら日本のボイコットにより不参加。その後プロレスラーに転向し、さまざまな団体を渡り歩き、長州力、ジャンボ鶴田のパートナーとして活躍した。10年引退するも、15年に復帰。昨年春からDDTに参戦していた。だが、糖尿病による壊疽(えそ)で昨年6月に右足下を切断。手術後は「目標がなくなった」といったん喪失感に見舞われたが、東京五輪聖火リレー走者の依頼を受け、走るという新たな目標に向かって、リハビリに専念。そのうち、「やればやるほど、鍛えれば鍛えるほど、もっともっととわがままな気持ち、冒険心が生まれた」とプロレスへの思いもよみがえった。

プロフェッショナルが復帰を支える。今年1月、DDT高木三四郎社長の紹介で義肢装具業界のリーディングカンパニーである川村義肢の川村慶社長と面会。日本初のプロレス用義足を開発してもらい、今回の復帰がかなった。特注義足の重さは約2・2キロ。プロレスの動きに合わせ、ひねりやクッション性にこだわり、今も改良が続けられている。既に谷津は義足をつけてリング上で動いており、会見ではロープワークや、監獄固めなど技をかける動画も披露された。驚異的な回復ぶりに、川村社長は「アスリートだと思いました。義足をつけて、すぐぴょんぴょんできるのは天性のもの」と谷津の運動能力の高さと努力をたたえた。

6月のカードは未定。谷津は「障がい者、ハンディがあるから、また年下だから遠慮しがちですが、遠慮すると谷津のためにならないし、お客さんにも伝わる。遠慮するなよ」と真剣勝負を求めた。

20日のDDT後楽園大会では、リングに上がり復帰を報告する。

関連するニュースを読む

大鵬3世納谷がDDT移籍「どんな試合にでも挑戦」

リアルジャパンプロレスからDDTへの移籍を発表した納谷幸男(中央)。左はリアルジャパン平井社長、右はDDT高木社長(撮影・桝田朗)

DDTプロレスは14日、東京・神田明神で会見を行い、大鵬3世、納谷幸男(24)のリアルジャパンプロレスからの完全移籍を発表した。

昭和の大横綱、大鵬の孫で、元関脇貴闘力を父に持つ納谷は、13年3月に初代タイガーマスクの佐山サトルが主宰するリアルジャパンに入門。17年9月14日にプロレスデビューを果たしていた。しかし、年間4試合ほどと開催試合の少ないリアルジャパンから飛躍を求めて4月に移籍を決意。2月17日の両国大会に参戦したDDTを移籍先に選び、佐山に相談の上、両団体で話し合い移籍が決まった。

納谷は「自分としては、試合をもっとしたいというのが根本にあって、前回出場させていただいたDDTを選んだ。一番初めに佐山さんに相談し『お前が決めたのなら』と言っていただいた。どんな試合にでも挑戦していきたい」と話した。DDTの高木三四郎社長は「両国で初めて試合を見て、堂々としていてリング映えするなと感じた。リアルジャパンが大事に育ててきた選手なので、DDTでもちゃんと受け継いで、大事に育てていきたい」と期待を寄せた。

納谷のデビュー戦は、6月2日の愛媛・松山大会で、納谷は8人タッグで谷津嘉章、高木三四郎、ライジングHAYATOと組んで、藤波辰爾、竹下幸之介、彰人、勝俣瞬馬組と対戦する。

関連するニュースを読む

30年続く「ドームプロレス」令和へ新たな進化も

89年4月、チョチョシビリに抑え込まれるアントニオ猪木

<平成とは・バトル編(5)>

昭和末期のプロレス界は新日本、全日本、国際の3団体だった。平成を迎えて団体の乱立、交流戦を通じた淘汰(とうた)、そしてK-1、PRIDEの隆盛による人気低下の時期を乗り越え、2010年(平22)以降から新日本が中心となって復活を遂げた。そんな激動続きの平成の時代に幕を開け、30年間続いたのは「ドームプロレス」だった。

平成元年の89年4月24日、アントニオ猪木がけん引した新日本が最初に東京ドームに進出した。前年にマイク・タイソンの世界戦が開かれていたこともあり、世界的規模を意識。「日ソ異種格闘技戦」と題し、旧ソ連VS新日本を演出した。メインではロープのない円形リングで、猪木が72年ミュンヘン五輪柔道金メダリストのチョチョシビリと対戦。裏投げ3連発でKOされる結末に大きなインパクトを与えた。

豪華かつ派手、話題性を加えるため、選手移籍などで緊張感のあった団体間の「壁」が崩れた。翌90年2月、2度目の新日本の東京ドーム大会で全日本勢が参戦。ジャンボ鶴田、谷津嘉章、2代目タイガーマスク、天龍源一郎がタッグ戦に出場。ビッグバン・ベイダーVSスタン・ハンセンという新日本と全日本のトップ外国人が激突した。同年4月には米WWF(現WWE)、新日本、による「日米レスリングサミット」も開催。ハルク・ホーガンらも参加し、ドームプロレスならではの夢対決が実現していった。

ドーム大会で実現させた新日本の交流戦は、特に注目度が高かった。高田延彦のUWFインターとの対抗戦では、闘魂三銃士の1人、武藤敬司が輝きを増した。95年10月9日の東京ドーム大会のメインで高田と対戦し、ドラゴンスクリューからの足4の字固めで勝利。翌96年1月の東京ドーム大会での再戦は5年ぶりに地上波で生中継され、当時の武藤は「史上最大のイベントなんだから派手にやらなきゃ」と豪語した。97年には大阪、ナゴヤ、福岡を含めた4大ドームツアーが行われ、98年4月に猪木引退試合も開催。プロレス参戦した小川直也VS橋本真也との抗争など注目興行は00年初頭まで続いた。

その同時期からわき上がってきたK-1とPRIDEの隆盛で、ドームプロレスはピンチを迎えた。当時について武藤は「三銃士時代はドームと同じ時代を生きてきた。三銃士の成長曲線は、ドームのそれと一致している。オレたちが本流から外れ、ドームが寂しがっているようにも感じる」(09年日刊スポーツのインタビュー)と00年初頭まで続いた第1次ドームプロレスの終結を分析した。年2、3回のドーム大会を続けてきた新日本は集客に苦しみ、サイモン猪木社長(当時)は06年限りの撤退まで示唆する事態となった。

しかし危機こその結束感が当時の新日本にあった。中邑真輔は「新しい時代をつくる。絶対に最後のドームにしない」と全選手の言葉を代弁。社内会議は揺れ動いたが、菅林直樹副社長(現会長)は開催に反対意見があったことを認めた上で「待っているだけでは追い風は吹かない。最後は全員一致でした」と存続を決めた経緯を明かしていた。

一転、開催された07年1月4日のドーム大会は新日本35周年記念興行だった。武藤率いる全日本の全面協力を得て大会名も「レッスルキングダム」へ。06年以降は1月4日の年1回のドーム大会となったものの、年間最大の祭典に据えたことで全体の展開も分かりやすくなった。12年に凱旋(がいせん)帰国したオカダ・カズチカの活躍も重なり、団体の人気が回復を遂げた。16年以降は新日本、海外招請選手のみでマッチメーク。平成最後のドーム大会でIWGP王者となった棚橋弘至は「東京ドーム大会を見れば全部分かる。1年間のゴールであり、スタート」と分かりやすさを強調。新規ファンを増やそうとする姿勢、環境も人気回復のポイントとなった。

令和初となる来年の「1・4」は、翌5日も続くドーム2連戦に決まった。フルサイズでのドーム連戦は初の試み。新日本が平成元年から30年間定期的に続け、死守してきたドーム大会。90~00年代の交流戦、対抗戦を通じた人気とは違い、新日本独自の世界観で演出する第2次ドームプロレスに変貌を遂げた。

ドームプロレスという「文化」は令和でも新たな進化を遂げていくに違いない。(敬称略)【藤中栄二】(この項おわり)

90年2月、スタン・ハンセン(左)にドロップキックを見舞うビッグ・バン・ベイダー
94年1月、アントニオ猪木(右)にパワーボムを見舞う天龍源一郎
95年10月、高田延彦にドラゴンスクリューを決める武藤敬司
99年10月、橋本真也(手前)を蹴り上げる小川直也
04年5月、アントニオ猪木は得意のパフォーマンスを見せる

関連するニュースを読む

谷津嘉章が10年ぶり後楽園に復活「聖地だから」

「10年ぶりぐらい」という後楽園で、10年11月の引退以来、復活を遂げた谷津嘉章(撮影・桝田朗)

<ドラディション:後楽園大会>◇19日◇後楽園ホール

新日本プロレスなどで活躍した谷津嘉章(62)が、10年ぶりに後楽園ホールのリングで復活した。

10年11月に引退したが、その後地方プロレスなどで復活。この日は、かつての盟友、藤波辰爾(64)の要請を受け、第4試合にヒロ斉藤と組んで、新崎人生、新井健一郎組と対戦した。

元レスリングの日本代表としてモントリオール五輪に出場しただけあって、新井とのグラウンドでの腕の取り合いなどで会場を沸かせた。全盛期から体はしぼんだが、時折見せる動きのキレは往年の姿をほうふつさせた。

試合は、ヒロ斉藤が新井に得意のセントーンを決め勝利。谷津は「後楽園は10年ぶりぐらい。プロレスの聖地だから、新人のデビュー戦みたいな感じだった。今日はちょっとした小手調べ。藤波とシングルでやりたいね」と意欲を見せていた。

関連するニュースを読む

雷神矢口、佐山に大仁田の対戦相手受けるよう迫る

会見で納谷幸男(左)に有刺鉄線バットを手に詰め寄る雷神矢口と仲裁に入る初代タイガーマスク(撮影・村上幸将)

 横綱大鵬の孫の納谷幸男(23)と、納谷がプロレスデビューする9月14日のリアルジャパンプロレス東京・後楽園大会で、シングルマッチ30分一本勝負で戦う雷神矢口が23日、都内のリアルジャパンプロレス本部で会見を開いた。

 矢口は会見で、もし自分が納谷に勝った場合、邪道軍率いる大仁田厚(59)がリアルジャパンプロレス主宰の佐山サトル(59)に再三、要求し続けている、最後の電流爆破マッチの相手になってほしいという要求をのむよう、佐山に迫った。矢口は「この試合に勝って、初代タイガーマスクと大仁田厚最後の電流爆破を何とかね、俺は勝ち取らなきゃいけないわけだから」と訴えた。

 佐山は矢口に「幸男に勝った時点で、自分が大仁田とやる挑戦権を得るとおっしゃっていましたが、お受けしたことは全くない」と完全拒否の姿勢を示した。佐山は18日に同所で開いた会見でも「体調が戻るまではやるつもりはない。受ける、受けないかは、タイガーマスクの動きが出来るか、出来ないかで自分で決める。(リングに)ぶざまな格好で上がるわけにはいかない」と断言。15年5月に狭心症の手術を受け、休養中の体調がベストではなく対戦を受けない方向であることを示唆していた。

 その上で佐山は、矢口が有刺鉄線バット持参で会見場に乗り込んできたことに対し「何だか、記者会見上にバットを持ってくるのも何かと思う」と不快感を示した。そして「凶器OKなどというのは、矢口選手のプライドが許さないでしょう。バットも使わないでしょうし、通常ルールで臨みます」と凶器の使用を許さない姿勢を明確に示した。

 さらに「1つ条件があるのは、レフェリーをこちらで決めさせてもらう。(凶器を)使わせないようなことが、しっかり出来るレフェリーを認定する。ひどい状況になったら止めます」と、レフェリーの指名含め、納谷の安全確保を最優先にする考えを強調した。

 それに対し、矢口は「バットは俺にとって凶器じゃないから。電流爆破が本当の凶器だから」と、あくまでバットの持参を譲らない姿勢を強調。一方で「格闘スタイルも出来るし、長州力、天竜源一郎、谷津嘉章と、血へどを吐いてやってきた。大仁田厚との電流爆破も。セコンドに誰、連れて行くかはお楽しみだよ」と断言。リアルジャパンプロレス側のレフェリー指名に対し、大仁田をはじめとした邪道軍として総力戦を挑む可能性を示唆した。

 納谷は記者から「流血戦になった場合は?」と聞かれると「(流血戦への)恐怖は全くない」と答えた。【村上幸将】

会見に出席した左から納谷幸男、初代タイガーマスク、雷神矢口(撮影・村上幸将)

関連するニュースを読む

大森&征矢組王座返上 タッグLへ背水

内田社長(左)に世界タッグ王座のベルトを返上する征矢学(中央)と大森隆男

 全日本の世界タッグ王者の大森隆男(43)征矢学(27)組が30日、都内で会見して王座を返上した。11月17日の東京・後楽園大会で開幕の世界最強タッグ決定リーグ戦へ、背水の陣で臨むため。

 征矢は「全日本の40周年、大森隆男の20周年を記念して王座は返上する。最強タッグに優勝して、また世界タッグのベルトを巻きたい」と言い出し、内田雅之社長(50)が認めて同リーグ戦の優勝者が次期王者に就くことが決定した。

 大森は「返上する必要あるのか」と問うと、征矢は「過去の歴史を振り返ると7組が最強タッグ前に返上して、天龍、ハンセン組と三沢、小橋組が優勝して返り咲いている。2人でワイルドを極めるには、これしかない」に大森も「それがワイルドの道なら」と了承した。【小谷野俊哉】

 ◆世界タッグと最強タッグ インターナショナルとPWF世界の統一戦を制したジャンボ鶴田、谷津嘉章組が88年6月に世界タッグ初代王者に就いた。同年の世界最強タッグを前に鶴田、谷津組が王座を返上して、優勝者が王座に就くことに。その後も89年天龍源一郎、スタン・ハンセン組、90年鶴田、ザ・グレート・カブキ組、91年三沢光晴、川田利明組、92年鶴田、田上明組、93年ハンセン、テッド・デビアス組、94年三沢、小橋健太組が返上。優勝して返り咲いたのは89年天龍組と94年三沢組だけ。

関連するニュースを読む