上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

梶颯「一撃必殺をみせたい」 約10カ月ぶりリングで日本Sフライ級王座奪取に燃える

日本スーパーフライ級タイトル戦を控え、計量クリアした王者中川健太(左)と挑戦者梶颯

プロボクシング日本スーパーフライ級1位梶颯(24=帝拳)が「一撃必殺」でタイトル奪取を狙う。

9日、東京・後楽園ホールで同級王者中川健太(37=三迫)に挑む。

8日には東京・文京区の日本ボクシングコミッションで前日計量に臨み、100グラム少ない52・Oキロでパスした中川に対し、リミット52・1キロでクリア。昨年10月、当時の3冠(日本、東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック)王者福永亮次(角海老宝石)に0-2で判定負けして以来の再起戦で再び王座挑戦のチャンスを得た梶は「運命を感じます。非常に良い集中力で練習し、ベストな状態に持っていけたと思う」と自信をのぞかせた。

接戦の末に敗れた福永戦を振り返りながら「倒し切る力が足りなかった。正確で確実な1発ができるスタイル、一撃必殺のところをみせられたら」と約10カ月ぶりのリングでの王座獲得に燃える。6日には同じ時期にプロテストを受けた“同期”のアジア2冠ウエルター級王者豊嶋亮太(26=帝拳)が5回TKO勝ちでWBOアジア・パシフィック同級王座の2度目防衛を果たしたばかり。豊嶋の勝利に刺激を受けたとし「梶はレベルアップしているぞ、というところをみせられたら」と気合十分だった。

関連するニュースを読む

アジア2冠王者の豊嶋亮太V2成功「もう1つ上のレベルに」フィリピン王者に5回TKO勝利

WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王座の2度目防衛に成功した豊嶋亮太

<プロボクシング:WBOアジア・パシフィック・ウエルター級タイトルマッチ12回戦>◇6日◇東京・後楽園ホール

WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王者豊嶋亮太(26=帝拳)が2度目防衛に成功した。

同級13位のフィリピン王者アダム・ディウ・アブドゥルハミド(27=フィリピン)の挑戦を受け、5回0分37秒、TKO勝ち。4回に左フックで相手の左耳を腫れあがらせ、5回に左フックで右目上を切り裂き、さらに左フックで後退させ、最後にパンチをまとめてレフェリーストップ勝ちとなった。

現在は東洋太平洋王座も保持するアジア2冠ウエルター級王者。昨年12月の坂井祥紀(横浜光)との2冠戦で防衛して以来のリングだった。豊嶋は「内容を問われると言いながら、距離感覚を調整できない。王者としてどうなのかという試合になった。いきりすぎて空回りしてしまった。自分を強くしていくためには課題がないといけない。期待していただければ」と謙虚に振り返った。

世界ランキングでもWBC13位、WBO10位に入っている。豊嶋は「久しぶりの海外の選手を迎えて良い経験させていただいた。もう1つ上のレベルにいけるように」と世界へのステップとなるであろう次戦を見据えていた。

防衛に成功し、カルロス・リナレストレーナー(右)と写真撮影に応じたアジア2冠ウエルター級王者豊嶋亮太

関連するニュースを読む

アジア2冠王者豊嶋亮太「一味違うところをみせる」6日にフィリピン王者とのV2戦

6日のWBOアジア・パシフィック・ウエルター級タイトルマッチに向けて計量クリアした王者豊嶋亮太(左)と挑戦者アブドゥルハミド

プロボクシングのアジア2冠ウエルター級王者豊嶋亮太(26=帝拳)が、フィリピン同級王者とのタイトル戦に臨む。6日に東京・後楽園ホールでWBOアジア・パシフィック同級王座のみを懸けて同級10位のフィリピン同級王者アダム・ディウ・アブドゥルハミド(27=フィリピン)との2度目の防衛戦を控える、5日には東京・文京区の日本ボクシングコミッションで前日計量に臨み、両者ともに300グラム少ない66・3キロでクリアした。

昨年12月、坂井祥紀(横浜光)との2冠戦で判定勝利して以来、約8カ月ぶりのリングとなる豊嶋はカウンターパンチを中心に磨きをかけてきたとし「今年1発目の試合なので実力をみせないといけない。一味違うところをみせたい」と静かに闘志を燃やした。スパーリングは80回近く消化。「相手はガードもディフェンスもしっかりやるバランスの良い選手。カウンターの練習もしてきましたが、得意のボディー打ちは欠かさずに。自分のボクシングの軸は出していきたい」と気合を入れ直した。

昨年は日本人選手に3連勝し、現在の世界ランキングもWBO10位、WBC13位にランク。今年は年初から栄養バランスを意識した食事摂取を心掛け、昨年苦労した減量面の不安を取り除けたことも大きい。豊嶋は「ガッツリ動いてきた。体重の戻りも早いし、明日は良いパフォーマンスができそう」と手応えを示していた。

関連するニュースを読む

東洋太平洋など2冠スーパーウエルター級王者豊嶋亮太が8月6日フィリピン王者と防衛戦

豊嶋亮太(2021年5月20日撮影)

プロボクシング東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・スーパーウエルター級王者豊嶋亮太(26=帝拳)が8月6日、東京・後楽園ホールでフィリピン同級王者アダム・ディウ・アブドゥルハミド(27=フィリピン)との防衛戦に臨むことが20日、発表された。

WBOアジア・パシフィック王座のみの2度目防衛戦として開催される。所属ジムを通じ、豊嶋は「今回の相手は1カ月以上前から対戦候補として聞いていたので対策もしっかり練っていますが、こうして正式決定となると気持ち的にもいよいよだなという感じです」などと決意を新たにした。

なおセミファイナルでは日本スーパーライト級14位李健太(26=帝拳)がWBOアジア・パシフィック・ライト級9位キム・ムーヒョン(韓国)とのスーパーライト級8回戦に臨む。昨年3月、石脇麻生(寝屋川石田)戦以来、約1年5カ月ぶりのリングとなる。

関連するニュースを読む

ボクシング年間MVP 井上尚弥、井岡一翔、中谷潤人、矢吹正道が候補

井上尚弥(2021年12月14日撮影)

日本ボクシングコミッションと東京運動記者クラブのボクシング分科会は19日、21年の年間表彰ノミネートを選考した。最優秀選手賞(MVP)候補にWBAスーパー、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(28=大橋)、WBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(32=志成)、同フライ級王者中谷潤人(24=M.T)、WBC世界ライトフライ級王者矢吹正道(29=緑)の4人を選んだ。MVPを含めた各賞は1月28日に発表される予定。各賞のノミネートは次の通り。

    ◇    ◇    ◇

【男子】

★最優秀選手:井上尚弥(大橋)、井岡一翔(志成)、中谷潤人(M.T)、矢吹正道(緑)

★技能賞:井岡一翔(志成)、井上尚弥(大橋)、中谷潤人(M.T)、京口紘人(ワタナベ)

★殊勲賞:尾川堅一(帝拳)、谷口将隆(ワタナベ)、矢吹正道(緑)、井上拓真(大橋)

★努力・敢闘賞:麻生興一(三迫)野中悠樹(渥美)古橋岳也(川崎新田)

★KO賞:井上尚弥(大橋)、ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)

★新鋭賞:岩田翔吉(帝拳)、豊嶋亮太(帝拳)、西田凌佑(六島)、平岡アンディ(大橋)

★優秀選手賞:該当なし

★年間最高試合(世界戦):WBAスーパー、IBF世界バンタム級タイトルマッチ=井上尚弥-マイケル・ダスマリナス(21年6月19日)、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ=井岡一翔-フランシスコ・ロドリゲスJr.(21年9月1日)、WBO世界フライ級タイトルマッチ=中谷潤人-アンヘル・アコスタ(21年9月10日)、WBC世界フライ級タイトルマッチ=寺地拳四朗-矢吹正道(21年9月22日)、IBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ=尾川堅一-アジンガ・フジレ(21年11月27日)、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ=井岡一翔-福永亮次(21年12月31日)

★年間最高試合(世界戦以外):日本スーパーバンタム級タイトルマッチ=久我勇作-古橋岳也(21年1月22日)、日本フェザー級タイトルマッチ=佐川遼-丸田陽七太(21年2月11日)、東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・フェザー級王座統一戦=清水聡-森武蔵(21年5月21日)、ライト級12回戦=ワシル・ロマチェンコ-中谷正義(21年6月26日)、日本ユース・スーパーフライ級王座決定戦=中垣龍汰朗-花田歩夢(21年7月8日)、日本ユース・スーパーライト級タイトルマッチ=佐々木尽-湯場海樹(21年7月17日)、日本フライ級タイトルマッチ=ユーリ阿久井政悟-桑原拓(21年7月21日)、WBOアジア・パシフィック・ライト級タイトルマッチ=加納陸-栄拓海(21年7月23日)、WBOアジア・パシフィック・スーパーバンタム級王座決定戦=井上拓真-和気慎吾(21年11月11日)、52・5キロ契約体重10回戦=田中恒成-石田匠(21年12月11日)

【女子】

★最優秀選手賞:藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)、吉田実代(三迫)

★年間最高試合:IBF女子世界アトム級タイトルマッチ=花形冴美-松田恵里(21年3月18日)、WBO女子世界ライトフライ級タイトルマッチ=天海ツナミ-緒方汐音(21年4月4日)、東洋太平洋女子ミニマム級王座決定戦=千本瑞規-黒木優子(21年6月7日)、WBO女子世界スーパーフライ級タイトルマッチ=吉田実代-奥田朋子(21年6月29日)、WBA女子世界フライ級タイトルマッチ=藤田奈穂子-スレム・ウルビナ(21年7月9日)

防衛に成功しベルトを掲げ笑顔でガッツポーズする井岡一翔(2021年12月31日撮影)
中谷潤人(20年11月)
寺地拳四朗を破ってWBC世界ライトフライ級王者に輝いた矢吹正道(2021年9月22日撮影)

関連するニュースを読む

豊嶋亮太が判定で2冠防衛「世界へ飛躍できる豊嶋を見せたい」

東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王座を防衛した豊嶋(左)(撮影・藤中栄二)

<プロボクシング:東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・ウエルター級タイトルマッチ12回戦>◇4日◇東京・後楽園ホール

東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王者豊嶋亮太(25=帝拳)が両王座の防衛に成功した。

メキシコ、米国で試合経験を積んできた「逆輸入ボクサー」で東洋太平洋同級5位の坂井祥紀(30=横浜光)の挑戦を受け、3-0の判定勝利を収めた。「まだ練習でやったことを(試合で)出すことができず、いつものフィジカル勝負になってしまった」と反省点を挙げつつも「今日の内容ではおこがましいが、アジアのトップは証明できたかなと。世界を目指していきたい」と決意を新たにした。

ジャブ連打でリズムをつかもうとした坂井に対し、豊嶋は右強打を顔面やボディーを攻めたが、両者ともに鉄壁のディフェンスで決定打を与えなかった。さらに王者は左ボディー、左ボディーアッパーで坂井の体力を削り続けた。ワンツーなどで粘りの反撃をみせた挑戦者に対し、接近戦で押しながら、好打を浴びせて確実にポイントを獲得した。豊嶋は「期待させる、世界へ飛躍できる豊嶋亮太を見せていきたい」と強い決意を口にしていた。

関連するニュースを読む

王者豊嶋亮太が「逆輸入ボクサー」坂井祥紀との2冠防衛戦へ計量クリア

東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・ウエルター級タイトル戦に向けて計量パスした王者豊嶋(左)と挑戦者坂井

ボクシング東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王者豊嶋亮太(25=帝拳)が「逆輸入ボクサー」撃破で世界へのステップを踏む。4日、東京・後楽園ホールで東洋太平洋同級5位坂井祥紀(30=横浜光)との2冠防衛戦を控え、3日に都内で前日計量に出席。66・6キロのリミットでクリアした坂井に対し、64・4キロでパスした。メキシコや米国で試合経験を積んできた実績十分の坂井との王座戦に向け「国内で自分の力を証明するには、これ以上ない選手」と気合を入れた。

関連するニュースを読む

2冠王者豊嶋亮太が12・4東洋太平洋王座V2戦決定 坂井祥紀と激突

豊嶋亮太

ボクシング東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王者豊嶋亮太(25=帝拳)が12月4日、東京・後楽園ホールで東洋太平洋王座を懸けて同級5位坂井祥紀(30=横浜光)と2度目防衛戦に臨むことが決まった。4日、所属ジム公式サイトで発表された。今年1月に長浜陸(角海老宝石)を下して東洋太平洋同級王座を獲得した豊嶋は5月、別府優樹(久留米櫛間&別府優樹)を撃破してWBOアジア・パシフィック王座も獲得し、東洋太平洋王座の初防衛に成功していた。

所属ジム公式サイトを通じ、豊嶋は「コロナ禍で試合から遠ざかっている選手も多い中、今年3試合目を決めてくださった会長とマネジャーに感謝します。チャンピオンとして2度目の防衛戦になりますが、少しずつ自分にも自覚が出来、意識することも増えてきました。ですが目指す先のことを考えるとチャレンジャーの意識を忘れてはいけないと思い、いつも通り目の前の試合に全力で集中します。今年、チャンピオンになることが出来ましたが、チャンピオンに在位したままで1年を終えられるように、そして更に進化した姿をお見せ出来るような試合にしたいと思います」と意気込みを示した。

関連するニュースを読む

元プロボクサー小林孝彦がK-1白星デビュー、清水卓馬に2回KO勝利

清水卓馬対小林孝彦 勝利し写真に納まる小林(撮影・垰建太)

<K-1横浜大会:よこはまつり>◇20日◇横浜アリーナ◇日刊スポーツ新聞社後援

元プロボクサーでキックボクシングに転向した小林孝彦(25=K-1ジム総本部チームベガサス)が白星でK-1デビューを飾った。

プレミナリーファイトのウエルター級3分3回で、清水卓馬(24=K-1ジム川口TEAM SIRIうS)と対戦。清水のローキックを警戒しながら距離を詰め、2回に右ストレートでダウンを奪取。立ち上がった相手を再び右拳で追い詰め、同回2分10秒、KO勝利を挙げた。

プロボクシングで9勝(7KO)4敗の戦績を残す小林は15年4月、東日本新人王ウエルター級予選でデビューし、豊嶋亮太(帝拳=現東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック統一王者)に2回KO負けした。17年には日本ユース初代スーパーライト級王座決定戦で、現IBF世界同級6位平岡アンディ(大橋)に5回TKO負けを喫している。20年11月に梨川聖隆(横浜光)に5回TKO負けした後、キックボクサーに転向していた。

清水卓馬対小林孝彦 攻めこむ小林(右)(撮影・垰建太)

関連するニュースを読む

豊嶋亮太10回KO勝ち「世界向け切り開きたい」ウエルター級王座統一成功

東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王座を統一した豊嶋

<プロボクシング:東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王座統一12回戦>◇20日◇東京・後楽園ホール

東洋太平洋ウエルター級王者豊嶋亮太(25=帝拳)がWBOアジア・パシフィック同級王者別府優樹(30=久留米櫛間&別府優樹)に10回KO勝ちし、王座統一に成功した。7回に右アッパーからの左フックでダウンを奪取。10回にコーナーに追い詰め、最後は左フックでとどめを刺して東洋太平洋王座の初防衛にも成功した。今年1月に東洋太平洋王座を獲得したばかりの豊嶋は「初防衛戦で統一戦。早い時期に試合を決めていただき、感謝しています。統一できたことはうれしい」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

1度目のダウンを奪った右アッパーは、スパーリングの相手を務めてくれた同門の元世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレスから吸収したものだという。「緩急と高低差をつけたアッパー。勉強して出すことができた」と満足そうな表情。世界ランカーでもある別府を下し、世界ランキング入りも確実。「この階級は世界に名だたる選手がいるメジャーリーグのよう。研さんを積んで(世界に向けて)切り開いていきたい。期待してください」と決意を新たにしていた。

東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王座ベルトを肩にかけた豊嶋

関連するニュースを読む

ウエルター級王座統一戦 豊嶋亮太、別府優樹の両王者が計量パス

計量パスした東洋太平洋ウエルター級王者豊嶋亮太(左)とWBOアジア・パシフィック同級王者別府優樹(帝拳ジム提供)

ボクシング東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王座統一戦は20日、東京・後楽園ホールで開催される。

統一戦で拳を交える東洋太平洋王者豊嶋亮太(25=帝拳)とWBOアジア・パシフィック王者別府優樹(30=久留米櫛間&別府優樹)は19日に都内で前日計量に臨み、豊嶋はリミット66・6キロ、別府は300グラム少ない66・3キロでクリアした。

政府による緊急事態宣言の発出で約2週間の延期となったが、豊嶋は「これをプラスに捉えていました。攻めのパターン、最悪のことも考えて頭で整理できました」と自信をのぞかせた。所属ジム主催興行となるダイナミックグローブ区切りの600回大会でメインを務めることになり「運がいいなと思う。そういう節目でメインを張れることも楽しみです」と強い意気込みを示した。

一方の別府は「体調もいい。統一戦に勝ったら評価も上がると思う。防衛戦よりも大きなチャンスだと思っている」と気持ちを高揚させていた。

関連するニュースを読む

豊嶋亮太「むしろ強くなれる時間出来たと」王座統一戦が延期

東洋太平洋ウエルター級王者豊嶋亮太

東京・後楽園ホールで開催されるボクシングの日本ミドル級タイトルマッチ(5月1日)、東洋太平洋&WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王座統一戦(同6日)がいずれも延期されると24日、発表された。

3度目の緊急事態宣言の発出を受け、日本ミドル級タイトルマッチは5月19日、東洋太平洋&WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王座統一戦は20日にスライド延期となる。

WBOアジア・パシフィック王者別府優樹(30=久留米櫛間&別府優樹)とのウエルター級王座統一戦が2週間の延期となった東洋太平洋同級王者豊嶋亮太(25=帝拳)は所属ジムの公式サイトを通じ「延期となりましたが、もしならなくても自分のやることは同じと考えて、むしろ強くなれる時間が出来たと考えています。この2週間を有意義に使えるかどうかで勝負が決まるとも思っています」などとコメントした。

関連するニュースを読む

豊嶋亮太「挑戦者の気持ち持って」5・6王座統一戦

豊嶋亮太

ボクシング東洋太平洋ウエルター級王者豊嶋亮太(25=帝拳)が5月6日、東京・後楽園ホールでWBOアジア・パシフィック同級王者別府優樹(29=久留米櫛間&別府優樹)と王座統一戦に臨むことが12日、発表された。

今年1月に同王座を獲得した豊嶋にとって初防衛戦となる。所属ジムの公式サイトを通じ「王者として、挑戦者の気持ちを持ってリングに上がるつもり」と意気込みを示した。

関連するニュースを読む

豊嶋亮太「ベルト格好いい」タイトル初挑戦で王者に

東洋太平洋ウエルター級王座を獲得した豊嶋亮太

<プロボクシング:東洋太平洋ウエルター級タイトルマッチ12回戦>◇16日◇東京・後楽園ホール

挑戦者で同級12位の豊嶋亮太(25=帝拳)が新王者となった。

王者長濱陸(29=角海老宝石)に挑戦。3-0の判定勝ちを収め、タイトル初挑戦で王座を獲得した。1回からプレッシャーをかけ、右ボディーや連打で攻め込み、7回には右ストレートでダウンも奪取。19年9月以来、約1年4カ月ぶりのリングというブランクも感じさせないファイトをみせ、6連勝で東洋太平洋の頂点に立った。豊嶋は「やっぱりベルトは格好いいですね」と笑顔をみせた。

ダウンを奪った右ストレートはカルロス・リナレストレーナーとの練習で続けてきたパンチでもあり「会心の右でした」と納得顔。前試合で右拳の骨を脱臼していたこともあり「この期間は、ボクシングに対して真摯(しんし)に向き合う1年になった。正直言うとパンチを打たれすぎた。改善点は多いですが、今戦うことのできる並みいる強豪を倒し、世界に羽ばたくためにまい進したい」と決意を新たにしていた。

関連するニュースを読む

王者・長濱陸「逃げ道をなくしたい」初防衛へ自信

前日計量をクリアした東洋太平洋ウエルター級王者長浜(写真提供:角海老宝石ジム)

ボクシング東洋太平洋ウエルター級タイトルマッチ12回戦は16日、東京・後楽園ホールで開催される。

15日には都内で前日計量が開かれ、王者長濱陸(29=角海老宝石)は500グラム少ない66・1キロ、挑戦者で同級12位の豊嶋亮太(25=帝拳)は300グラム少ない66・3キロでそれぞれクリアした。

昨年2月、長濱は同王座決定戦でクドゥラ金子を判定で下し、新王者になった。約11カ月ぶりのリングで初防衛戦を迎える。王座奪取よりも難しいとされる初防衛戦に向け、長濱は「ベルトという失うものがあるので(初防衛を)失敗する人が多いのかも。自分はいつも通りやりたい」と自然体を貫いた。挑戦者となる豊嶋の実力を認めつつも「どの局面でも上回って、最終的に逃げ道をなくしたいですね」とベルトを死守する意気込みを示していた。

東洋太平洋ウエルター級タイトルマッチの前日計量をパスした王者長浜(左)と挑戦者の豊嶋(角海老宝石ジム提供)

関連するニュースを読む

豊嶋亮太ピンク髪で初王座挑戦「食らい付いていく」

東洋太平洋ウエルター級タイトルマッチの前日計量をパスした王者長浜(左)と挑戦者の豊嶋(角海老宝石ジム提供)

ボクシング東洋太平洋ウエルター級タイトルマッチ12回戦は16日、東京・後楽園ホールで開催される。

15日には都内で前日計量が開かれ、王者長濱陸(29=角海老宝石)は500グラム少ない66・1キロ、挑戦者で同級12位の豊嶋亮太(25=帝拳)は300グラム少ない66・3キロでそれぞれクリアした。

タイトル初挑戦の豊嶋は日本ランキングで1位の実力者で現在5連勝中。強烈なボディーが武器で勝負強さもある。19年9月以来、約1年4カ月ぶりのリングとなる豊嶋はピンク色にヘアを染め「今回は(王座)挑戦ということで、少し食ってかかるじゃないですけど、王座をとることを意識しました」と勝負ヘアにしたことを明かした。

長濱戦に向けたスパーリングは同門で元世界3階級王者ホルヘ・リナレスと拳を交えて調整。リナレスの弟カルロス・トレーナーの指導を受けて初王座挑戦に備えてきた。「先手必勝で。自分から挑戦者なので、食らい付いていくボクシングがみせられれば。チーム帝拳として身近の方々の支えでここまでたどり着けた。ベルトを持って帰ることで感謝に代えたい」と決意を新たにしていた。

東洋太平洋ウエルター級王座挑戦を控え、前日計量をパスした豊嶋(写真提供:角海老宝石ジム)

関連するニュースを読む