上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

悲報乗り越え復活勝利、江幡塁が口にした最澄の言葉

植山に勝利した江幡塁は、親友の故三浦春馬さんへの思いを語る(撮影・河田真司)

<RIZIN22>◇9日◇横浜ぴあアリーナMM

キックボクサー江幡塁(29)が、7月18日に亡くなった親友三浦春馬さんに白星をささげた。RIZINキックルールで植山征紀(24)と対戦し、激しい打ち合いの末、3-0で判定勝ち。三浦さんを思いながら臨んだ昨年大みそか以来約7カ月ぶりの試合で、復活勝利を果たした。

   ◇   ◇   ◇

親友三浦春馬さんがこの世を去ってから3週間。悲しみを乗り越えた江幡が勝利を手にした。勝負は最終3回。序盤に右ストレートでダウンを奪い、直後に激しいパンチの攻防で流血した。両者流血のためいったん試合は中断したが、再開後も最後まで激しく打ち合い、判定勝利を引き寄せた。

リングでマイクを持つと、三浦さんについて自ら語った。「僕が茨城で小さい頃から夢を語ってきた親友がなくなりました。本当につらくて、つらくて、目の前が見えないぐらい、つらくて…。でも僕の生き様はリングで見せるしかない。どんなにつらいことがあってもリングで、メッセージを送りつづけます。僕はこのリングに立てたことを感謝します」。三浦さん、兄睦と誓った「格闘技で輝く」という夢のため、力強く歩き出した。

三浦さんとは地元茨城・土浦市の小学校で知り合って以来の親友。昨年大みそかのRIZIN那須川天心戦では一緒に花道を歩き、セコンドにもついてくれた。那須川に敗れて以来の復帰戦となる8月の試合に向け調整していた時に届いたまさかの訃報。ショックで「パニック状態だった」。数日練習ができない状態が続いたが「僕は格闘家なので戦わないとと思った」。兄睦、ジムの仲間の励ましに支えられ、再び練習を再開。この日を迎えた。

“一燈照隅万燈遍照(いっとうしょうぐうまんとうへんしょう)”という天台宗の開祖、最澄が説いたとされる言葉をリングで口にした。「1人で頑張っていても隅っこしか照らせないけど、おのおのが隅っこでもいいから輝いて、それが集まったら国をも照らす大きな光になる」。親友の死と向き合った自分だけではなく、コロナ禍と戦う人々を思い、前を向こうと呼びかけた。【高場泉穂】

◆江幡塁(えばた・るい)1991年(平3)1月10日、茨城県土浦市生まれ。小4で空手を始め、中1でキックボクシングに転向。07年9月、新日本キックボクシング協会の試合で双子の兄睦とともにプロデビュー。これまで日本バンタム級王者、KING OF KNOCK OUT初代王者に輝き、現在はWKBA世界スーパーバンタム級ベルトを保持する。165センチ、56キロ。

江幡塁対植山征紀 2回、植山(左)に強烈なキックを見舞う江幡塁(撮影・河田真司)  
リングに向かう江幡塁(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

江幡塁が流血勝利「親友」三浦春馬さんへの言葉も

植山に勝利した江幡塁は、親友の故三浦春馬さんへの思いを語る(撮影・河田真司)

<RIZIN22>◇9日◇ぴあアリーナMM◇キック3分3回56キロ契約

キックボクサー江幡塁(29)、亡き親友三浦春馬さんに白星をささげた。RIZINキックルールで植山征紀(24)と対戦し、3-0で判定勝ちした。3回序盤に右ストレートでダウンを奪い、直後に激しいパンチの攻防で流血。両者流血のため、いったん試合は中断したが、再開後も最後まで激しい打ち合いを繰り広げた。

昨年の大みそかのRIZINで江幡はキック界の“神童”こと那須川天心(21)と戦い、1回TKO負け。入場の花道を双子の兄睦(むつき)、親友三浦春馬さんと歩いた。その親友三浦さんが7月18日に突然この世を去った。江幡は悲しみの中、参戦を決意。「ぼくが輝くことが、彼が喜ぶこと。しっかりぼくの生き様をRIZINで見せたい」と宣言していた。

勝利した江幡はリング上で「ご存じの方もいると思いますが18日、試合間近でした。僕が茨城で小さい頃から夢を語ってきた親友が亡くなりました。本当につらくて、つらくて、前を見えないぐらい。でも僕の生き様はリングで見せるしかない。どんなにつらいことがあってもリングで、メッセージを贈りつづけます。僕はこのリングに立てたことを感謝します」と思いを語った。

江幡塁(右)は、親友の故三浦春馬さんへの思いを語る。左は兄の江幡睦(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

那須川天心が皇治を「ボッコボコにしてやろうかな」

皇治(左)にリングに呼び出され、対戦要求される那須川(撮影・河田真司)  

<RIZIN22>◇9日◇ぴあアリーナMM

K-1からRIZINに電撃移籍した皇治(31)が試合間にリングであいさつし、那須川天心(21)に対戦要求した。

ゲストとして解説席に座っていた那須川も皇治に招かれ、リングに登場。突然の挑発に対し、「別にいいですけど、相手になるのかな」と口撃。皇治が去った後も、「みんな見たいですか?ボッコボコにしてやろうかな」と前向きな姿勢をみせ、大きな拍手を浴びた。

那須川は7月12日のRISE無観客試合でシュートボクシング日本フェザー級1位笠原友希(19)と戦い、1回90秒KO勝ち。大みそか以来7カ月ぶりの試合で変わらぬ強さを見せつけたが、拳を痛め、今回のRIZIN参戦を断念していた。

皇治(19年3月10日撮影)

関連するニュースを読む

RIZIN22矢地祐介ら全18選手が計量クリア

格闘技イベントRIZIN22大会(8月9日、ぴあアリーナMM)の前日計量が8日行われ、9試合18選手全員が契約体重をクリアした。

メインのスペシャルマッチで戦う矢地祐介は71キロの契約体重より0・25軽い70・75キロ、ホベルト・サトシ・ソウザは70・95キロだった。

昨年大みそかの那須川天心戦で敗れて以来7カ月ぶりの再起戦に臨む江幡塁はリミットの56キロでクリア。対する横山征紀は55・80キロだった。

関連するニュースを読む

遅咲きボクサー石月 元やんちゃがタイトル戦に挑む

「自分の戦いをするだけ」と、自然体でタイトルに挑む石月(2020年7月31日、KAGAYAKI)

キックボクシング「RISE」に参戦しているプロキックボクサー石月祐作(29、KAGAYAKI)が9日、DBS日本ムエタイスーパーフェザー級タイトルマッチ(宮城・ドラゴンボクシングスタジアム)で、王者の作田良典(35、GETOVER)と対戦する。25歳でプロ入りした遅咲きが初のタイトル挑戦で同ジム初の王座獲得を目指す。

   ◇   ◇   ◇   ◇   

気合を入れるたび、自然と大声が出る。試合直前の練習、石月は伊達皇輝代表(44)が構えるミットに力強く蹴りをヒットさせる。「得意のパンチ」だというストレートの連打は息が上がるまで続ける。「コンディションは今までにないくらいいい」。今回対戦する王者・作田はK-1のリングにも上がるベテラン。「相手の対策よりも自分の戦いをするだけ」と、07年創設のジム、そして自身初のタイトル獲得へ気負いはない。

伊達代表は「もっと早くタイトルに挑戦させてもよかった」と語る。石月は、キック界の“神童”那須川天心(21)も参戦する「RISE」で実績を積んできた。18年にはスーパーフェザー級新人王を獲得しており実力は証明済みだ。10月には30歳になる。キックボクシングを始めたのは25歳。20代前半が伸び盛りの世界にあって遅い方だ。ただ「年齢は関係ない」と伊達代表が言うように、それをハンディにはしていない。

普段はプレス加工業の「ミノル」(燕市)で午前8時30分から勤務。勤務を終えた後、1時間ほどランニングをしてからジムで汗を流す。練習は週6日。休日は総合格闘技の映像を見て研究もする。体重は1カ月で落ちるように67キロをキープ。日々、ストイックに過ごし実力をつけてきた。

10代のころは「やんちゃでした」と笑う。「好きでけんかをしていた」。今は正々堂々とリングで戦い、試合後にお互いをたたえ合う瞬間が何よりも充実している。「お客さんを楽しませたい。まず、目の前のタイトルを取る」と、王者として新潟に戻ってくる姿をイメージした。【斎藤慎一郎】

◆石月祐作(いしづき・ゆうさく)1990年(平2)10月9日生まれ、三条市出身。三条第一中から加茂農林へ。高校中退後、15年にスポーツ道場「KAGAYAKI」に入門。16年にアマチュアの全日本トーナメントで優勝。17年8月に「RISE」でプロデビュー。戦績10戦8勝(5KO)2敗。170センチ。血液型B。

力強いキックを打ち込む石月(右)(2020年7月31日、KAGAYAKI)

関連するニュースを読む

江幡塁、三浦春馬さんに約束「RIZINで輝く姿」

19年12月、RIZIN20で三浦春馬さん(左)と入場する江幡塁(中央)

亡き親友三浦春馬さんに白星をささげる。キックボクサー江幡塁(29)が28日、RIZIN22大会(8月9日、ぴあアリーナMM)への参戦を発表した。RIZINキックボクシングルールで植山征紀(24)と対戦する。江幡は18日に30歳で死去した幼なじみの三浦さんを思い、「ぼくが輝くことが彼が喜ぶこと」と勝利を誓った。

   ◇   ◇   ◇

昨年の大みそかのRIZINで江幡はキック界の“神童”こと那須川天心(21)と戦い、敗れた。入場の花道を双子の兄睦(むつき)、三浦春馬さんと歩き、試合中も2人がセコンドで見守ってくれた。その親友が今月18日に突然この世を去ってから10日。スーツ姿で会見に出席した江幡は、引き締まった表情で参戦を報告した。

「(昨年大みそかは)3人で入場させていただいて、夢の舞台でした。3人でみた景色は忘れません。残念な結果でしたが、もっともっと格闘技で輝いていくという約束が残っている。試合で語ろうと思っている。まだまだ見せれなかった自分があると思うんですけど、試合で語ろうと思っています。もう1度大みそかのRIZINで輝いた姿をみせられるようにしたい。今回リスタートです」。約束を果たすため、言葉に力を込めた。

三浦さんとは地元茨城・土浦市の小学校で知り合った。中学校でさらに仲を深め、三浦さんは俳優で、江幡兄弟は格闘技でトップを目指すと誓い合った。三浦さんが芸能界で活躍し、多忙となってもその縁は続いた。都合がつけば、江幡らの計量や試合時に送迎をしたり、相手の分析をするなどできる限りのサポートをしてくれていたという。今月20日に江幡は自身のインスタグラムを更新。「毎回、俺より緊張してる春馬の握ってくれた手がどれだけ心強かったか」と感謝の言葉をつづった。

悲しみの中から、次へと進む。昨年大みそかの那須川戦では“刺客”として期待されながら、2分40秒で3度ダウンを奪われた。完敗だった。「たくさんのことを感じました。またキックボクシングが面白くなった。まだ成長できると思った」。三浦さんへの思いをあらためて問われると、「やっぱり僕が輝くことが一番。僕が輝くことが、彼が喜ぶこと。しっかり僕の生きざまをRIZINで見せたい」。7カ月ぶりの再起戦で、思いをリングにぶつける。【高場泉穂】

RIZIN22大会(8月9日)
19年12月、那須川天心(右)にキックを見舞う江幡塁(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

江幡塁「生き様見せたい」亡き友三浦さんに勝利誓う

19年12月、RIZIN20で三浦春馬さん(左)と入場する江幡塁(中央)

亡き親友三浦春馬さんに白星をささげる。キックボクサー江幡塁(29)が28日、RIZIN22大会(8月9日、ぴあアリーナMM)への参戦を発表した。RIZINキックボクシングルールで植山征紀(24)と対戦する。江幡は18日に30歳で死去した幼なじみの三浦さんを思い、「ぼくが輝くことが彼が喜ぶこと」と勝利を誓った。

   ◇   ◇   ◇

昨年の大みそかのRIZINで江幡はキック界の“神童”こと那須川天心(21)と戦い、敗れた。入場の花道を双子の兄睦(むつき)、三浦春馬さんと歩き、試合中も2人がセコンドで見守ってくれた。その親友が今月18日に突然この世を去ってから10日。スーツ姿で会見に出席した江幡は、引き締まった表情で参戦を報告した。

「(昨年大みそかは)3人で入場させていただいて、夢の舞台でした。3人でみた景色は忘れません。残念な結果でしたが、もっともっと格闘技で輝いていくという約束が残っている。試合で語ろうと思っている。まだまだ見せれなかった自分があると思うんですけど、試合で語ろうと思っています。もう1度大みそかのRIZINで輝いた姿をみせられるようにしたい。今回リスタートです」。約束を果たすため、言葉に力を込めた。

三浦さんとは地元茨城・土浦市の小学校で知り合った。中学校でさらに仲を深め、三浦さんは俳優で、江幡兄弟は格闘技でトップを目指すと誓い合った。三浦さんが芸能界で活躍し、多忙となってもその縁は続いた。都合がつけば、江幡らの計量や試合時に送迎をしたり、相手の分析をするなどできる限りのサポートをしてくれていたという。今月20日に江幡は自身のインスタグラムを更新。「毎回、俺より緊張してる春馬の握ってくれた手がどれだけ心強かったか」と感謝の言葉をつづった。

悲しみの中から、次へと進む。昨年大みそかの那須川戦では“刺客”として期待されながら、2分40秒で3度ダウンを奪われた。完敗だった。「たくさんのことを感じました。またキックボクシングが面白くなった。まだ成長できると思った」。三浦さんへの思いをあらためて問われると、「やっぱり僕が輝くことが一番。僕が輝くことが、彼が喜ぶこと。しっかり僕の生きざまをRIZINで見せたい」。7カ月ぶりの再起戦で、思いをリングにぶつける。【高場泉穂】

関連するニュースを読む

三浦春馬さん親友の江幡塁、8・9RIZIN参戦

「RIZIN20」で那須川天心と対戦する江幡塁(中央)と、入場する三浦春馬さん(左)。右は江幡睦(19年12月31日)

格闘技イベントRIZIN22大会(8月9日、ぴあアリーナMM)の追加カード発表会見がYouTubeで配信され、キックボクサー江幡塁(29)の参戦が発表された。シュートボクサーの植山征紀と対戦する。

新日本キックボクシング協会のエース江幡は昨年大みそかのRIZIN20大会(さいたまスーパーアリーナ)で那須川天心と56キロ契約の特別キックボクシングルールで対戦。1回1分24秒でTKO負けした。それ以来2度目のRIZIN参戦で、初勝利を狙う。

7月18日に亡くなった俳優三浦春馬さんとは中学からの幼なじみ。昨年大みそかのRIZINでは兄の睦(むつき)と3人で入場し、。三浦さんはセコンドにもついた。スーツ姿で会見に出席した江幡は「(昨年大みそかは)3人で入場させていただいて、夢の舞台でした。3人でみた景色は忘れません。残念な結果でしたが、僕には格闘技で輝いていくという、3人の夢が残っている。試合で語ろうと思っている。RIZINの8月9日の試合をみていただいて、輝いた姿をみせられるようにしたい。今回リスタートです」と熱く語った。さらに三浦さんについて質問されると、「やっぱり、僕が輝くことが一番。ぼくが輝くことが彼が喜ぶこと。ぼくの生き様をRIZINさんで見せたい」と話した。

昨年大みそかの試合前には「春馬とは中学の頃から夢を語り合って、兄の睦(むつき)と3人で頑張ってきた。試合の時は毎回サポートしてくれている。近くにいてくれると安心する。僕より相手を研究している」などと語っていた。三浦さんは試合時によく車で送迎をしてくれていたという。今月20日に江幡は自身のインスタグラムを更新。試合前に三浦さんと握手する写真とともに「今日最後の別れをしてきました。毎回、俺より緊張してる春馬の握ってくれた手がどれだけ心強かったか。今はただ悲しみと寂しさとでいっぱいです。ですが僕達には小さい頃3人で誓った夢がある。これからもそれは一緒。この握手は約束の握手。心の中で手を繋いで一緒にまた笑おう」と追悼のメッセージを投稿していた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で予定していた試合は中止となり、江幡にとっては昨年大みそか以来、20年最初の試合となる。惨敗した那須川との戦いで「たくさんのことを感じました。成長させてくれる一戦だった」。敗戦を糧にこの7カ月間磨いてきたものを、リングにぶつける。

江幡塁(2019年12月30日撮影)

関連するニュースを読む

天心負傷で皇治RIZIN参戦、K1に違約金支払う

皇治(19年3月10日撮影)

格闘技イベントRIZIN22、23大会(8月9、10日、ぴあアリーナ)の追加カード発表会見が18日、都内で行われ、K-1の人気選手皇治(31)の参戦が発表された。

皇治は「K-1も大事ですけど、ファンに新しい景色を見せるのが1番」とK-1に違約金を払い、参戦を決めたと説明した。榊原信行実行委員長は9日のメインに出る予定だった那須川天心(21)が拳の負傷で参戦断念したことを明かし、その場で皇治に同日のセミかメインに出てほしいとオファー。皇治も「盛り上がるカードがあるなら」と快諾した。

関連するニュースを読む

那須川40連勝、見えてきた格闘家としての最終目標

2020年最初の試合でプロ40連勝を達成した那須川天心(C)RISE

<RISE>◇13日◇会場非公開

キックボクシング界の神童こと那須川天心(21)が昨年大みそか以来、半年ぶりにリングに帰ってきた。

12日、RISE初の無観客試合でシュートボクシング日本フェザー級1位笠原友希(19)に1回90秒KO勝ち。14年にプロデビューした記念日に、40連勝を達成した。

   ◇   ◇   ◇

やっぱり那須川天心は強かった。開始早々、強烈なワンツーで1つ目のダウンを奪取。勢いは止まらず、カウンターの右フックで2度目のダウン。立ち上がりなお向かってくる相手をカウンターの右フックで倒し、わずか90秒で勝利をおさめた。新型コロナの影響で何度も試合が中止、延期となり昨年大みそかのRIZIN参戦以来半年ぶりの試合。しかも初めての無観客。「ただいま。格闘技が帰ってきました」と画面の向こうのファンにうれしそうにあいさつした。

今回は相手を公募し、100通超の応募の中からシュートボクシング界の次世代エースとして期待される逸材、しかも自分より若い選手を選んだ。圧倒する形となったが「挑んでくれて本当にうれしかった。格闘技がもっと盛り上がると思った」と向かってきてくれた笠原に感謝した。

14年のプロデビューから6年間でキックボクシング、総合格闘技、ミックスルール合わせて40連勝を積み上げた。試合が出来なかったこの半年の間、おぼろげながら格闘家としての最終目標が見えてきた。プロボクシングの世界王者となった後、総合格闘技の最強王者とキックルールで戦うという前代未聞のプランだ。「世界の格闘技界で認められているのはボクシングか総合。でも、僕は何をやってもキックが大好き。いつか強いやつとそれができたら満足できるかもしれない」と夢を描く。

まだ21歳。世界進出、プロボクシング転向とまだまだやることはある。コロナでいったん止まった格闘技界を動かすのはやっぱり天心だ。【高場泉穂】

笠原友希(左)から2度目のダウンを奪う那須川天心(C)RISE

関連するニュースを読む

那須川天心90秒KO勝ち「記念日」40連勝で飾る

笠原友希(左)から2度目のダウンを奪う那須川天心(C)RISE

<RISE>◇13日◇会場非公開

キックボクシング界の神童こと那須川天心(21)が12日、RISE初の無観客試合でシュートボクシング日本フェザー級1位笠原友希(19)に90秒KO勝ちした。

19年大みそかのRIZIN以来約半年ぶりの試合。開始早々右のカウンターを当てダウンを奪取。さらに練習してきた右フックを連続で決め、わずか1分30秒で勝利。デビュー記念日に40連勝を達成した。試合後は「ただいま。格闘技が帰ってきました」とあいさつ。「挑んでくれてうれしかった。格闘技がもっと盛り上がると思った」と公募で挑戦を名乗り出た笠原に感謝した。

関連するニュースを読む

RIZIN元貴ノ富士と接触へ メイウェザーも交渉

フロイド・メイウェザー(左)、那須川天心(2018年12月31日撮影)

メイウェザーと元貴ノ富士も参戦? 格闘技イベントRIZIN榊原実行委員長はプロボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー陣営と年明けから連絡を取っていることを明かし「秋でも年末でも可能性がある」と18年大みそか、那須川天心戦以来の参戦もあるとした。

メイウェザーはSNSを通じプライベートジェットでの来日とRIZINとの交渉を予告していたが、「今は飛んでこれないですから(笑い)」と会談は否定。ただ「全部お金にまつわることなんですよ…」と本音も。高額のファイトマネーが準備できない現段階では実現は難しそうだ。また、7日に格闘技転向を発表した元十両貴ノ富士の上山剛氏については「1度会って話してみようと思う」と近日中にも接触する予定だ。

元十両貴ノ富士の上山剛氏(2019年7月17日撮影)

関連するニュースを読む

那須川に挑む笠原「身長いかす」Zoomで練習公開

12日の那須川天心戦に向け練習を公開した笠原友希(ABEMA提供)

7月12日のRISE無観客試合で那須川天心(21)に挑むシュートボクシング日本フェザー級1位笠原友希(19)が7日、オンライン会議システムZoomを通じて練習を公開した。シャドーとミット打ちを1回ずつ行い、長い手足から繰り出す力強い打撃を披露。「どんどん動きが良くなっている」と仕上がりに自信をみせた。

シュートボクシング界次世代のエースといわれる19歳。6月10日に那須川の対戦相手の公募が始まり、「すぐ自分がいこうという気持ちになりました」。若さが那須川の目に留まり、100通超の応募の中から選ばれた。憧れの那須川との対戦が決まった直後は「緊張して寝られなかった」が、今は勝利のイメージを膨らませ、日々天心対策に励む。具体的な策は隠したが、「1つのパターンになるとやられるので、いろんな技を出して当てていきたい」「リーチ、身長をいかして戦う」などヒントは明かした。

所属のシーザージムには、総合格闘技でも活躍する先輩RENAがいる。RENAからは「試合を楽しんで」とエールをもらった。プロ34戦無敗で、実績、知名度、経験で上回る那須川に「必死に食らいついていく」。注目の無観客試合で大金星を狙う。

公開練習でミット打ちする笠原友希(ABEMA提供)

関連するニュースを読む

那須川天心「思いつかない」100日企画のオチ募集

12日の試合に向けオンラインで練習公開した那須川天心(RISE提供)

キックボクシング界の神童こと那須川天心(21)が思わぬ悩みを明かした。4日、12日の笠原友希戦に向けオンラインで練習を公開。練習後に応じた取材では、ツイッター上で4月から継続している「100日後に那須川天心」企画のオチが「なんも思いつかない」と明かし、「締め方を募集したい」と話した。

那須川は、話題となった「100日後に死ぬワニ」に触発され、4月1日から自身のツイッター上で「100日後に那須川天心」企画を開始。新型コロナウイルスの影響で試合の見通しが立たない中、1日も欠かさず毎日違う筋トレの動画を投稿し続けた。7月4日時点で95日目を迎え、あと5日。「習慣づけることが大事なんだよ、ってことを100日間かけて教えたかった」と主目的は達成されそうだが、終了したと同時に映画化を発表した本家の「ワニ」のようなサプライズは現段階ではどうやらないようだ。

「けっこう見てくれている方もいるので、何かやろうと思っていたんですけど、なんも思いつかないんですよ…。締め方募集したいですね。どうしよう。ほんとにどうしよう」とアイデアを公募した。

一方、昨年大みそか以来半年ぶりとなる試合に関しては不安はなさそうだ。キレのあるミット打ちをみせた那須川は「久々の試合前の感覚。問題ないです」と自信を口にした。

感染予防のため試合は無観客で行われ、AbemaTVで放送される。自身初の経験を「格闘技の新しい形。今まで以上に見てくれる人は増える」と歓迎し、「その中で熱を伝えることができる自信がある。画面越しでいつも通り大声で叫んでもらえれば」とファンに呼びかけた。

試合の日はちょうどデビュー6周年記念日。「とにかく元気を与えられれば」とコロナでいったん止まった格闘技界に熱を吹き込む。

関連するニュースを読む

那須川天心が自信「一瞬かも」7・12劇的結末予告

半年ぶりの試合に向け練習を積む那須川天心(c)RISE

RISE世界フェザー級王者那須川天心(21)が27日、オンライン合同取材に応じた。7月12日のRISE無観客試合の相手が、公募でシュートボクシング日本フェザー級1位の笠原友希(19)と決まったばかり。「手足が長く、身長が自分より10センチぐらい高い」。さらに「気持ちは強い。まだ怖さを知らないこその強みを持っている」と初の年下の相手を警戒した。

一方、プロ34戦無敗の自信は揺るがない。笠原は那須川の弱点を見つけたと発言しているが、「何とも思ってないですよ。今までそう言ってきた選手は何十人もいたけど、誰も穴をついてこれなかった。過去の動画を見たからといって、そこが穴とは言い切れない」と話した。

新型コロナウイルスの影響で試合が中止、延期となりこれが昨年大みそかのRIZIN以来約半年ぶりの実戦。「一瞬で終わる可能性もある」と劇的結末も予告した。

関連するニュースを読む

那須川天心の対戦相手は初年下、19歳シュート逸材

那須川天心(2019年9月16日撮影)

キック界の至宝、RISE世界フェザー級王者那須川天心(21)の半年ぶりの試合相手が公募によりシュートボクシング日本フェザー級1位の笠原友希(19)に決定した。

23日、7月12日の同試合を放送するABEMATVが発表した。100通超の応募の中から選ばれた笠原はシュートボクシング界の次世代エースとして期待される逸材。決定を受けて笠原は「(那須川が)不得意なところをもう見つけているので、付け入る隙はある」と自信を口にした。一方、初めて自分より年下と戦う那須川は「格の違いを見せたい」と語った。

関連するニュースを読む

異例公募の那須川天心「バラエティーではない」

会見で次戦の対戦相手を公募した那須川天心(RISE提供)

那須川の相手出てこい! 立ち技打撃格闘技イベントRISEは10日、Youtubeの公式チャンネルを通し会見を開き、7月11日にAbemaTVで無観客テレビマッチを行い、参戦する那須川天心(21)の相手を公募で決めると発表した。応募資格は日本に在住する18歳以上の男性。試合は3分3回57~58キロの契約で行われる予定だ。

対戦相手を公募という異例の形だが、那須川は「バラエティーではない」「ガチの試合」と真剣勝負であることを強調。「なかなかないですし、非常に楽しみです。どういう人が来るのかわからないですし。強い人を選んで試合したい。那須川天心を倒してやってやろうという選手に来てほしい」と話した。伊藤隆代表も「那須川天心に勝てればすべてが変わる。ノリで出てくるんじゃなく、アスリートに出てきてほしい。ぎらぎらしている、特に若い子に名乗り出てほしい」と生きの良い対戦相手を求めた。応募は15日まで。会見中に那須川は自身のツイッターアカウントで「天心の相手を知りませんか」のハッシュタグをつけて早速応募フォームを投稿。Abema関係者によれば、約50分間の会見終了時点で既に数件応募があったという。

新型コロナウイルスの影響で試合の延期が重なり、那須川にとってこれが昨年大みそかのRIZIN20大会以来7カ月ぶりの試合となる。実戦間隔は空いたが、その分イメージトレーニングや基礎の見直しなどを行い、充実した練習ができていたという。「みなさん(僕が)試合するのをすごい待ってたと思うので、爆発させるというか、元気を与える試合をしたい」と意気込んだ。

昨年は3、4、6、7、9、12月とハイペースで6試合をこなすだけでなく、亀田興毅とのエキシビションボクシングマッチを行うなど年間通じて活躍し、格闘技界を盛り上げた。会見後の取材では今後の試合について、「決まればやる。条件があって、けががなければやりたい」とできる限り試合に参戦したい意向を示した。

関連するニュースを読む

那須川天心7・11無観客試合の相手公募「楽しみ」

那須川天心(2019年12月23日撮影)

立ち技打撃格闘技イベントRISEは10日、YouTubeの公式チャンネルを通し会見を行い、7月11日に無観客テレビマッチを行うと発表した。

試合はAbemaTVで生中継される。同大会に出場する那須川天心(21)の相手は公募で決める。応募資格は日本に在住する18歳以上の男性。試合は3分3回57~58キロの契約で行われる。那須川は「バラエティーではない」と真剣勝負であることを強調し「非常に楽しみ。強い人を選んで試合したい。那須川天心を倒してやろうという選手に来てほしい」と話した。

関連するニュースを読む

長与、那須川、本田が憤る/「誹謗中傷」反応まとめ

19年10月17日、明治記念館で行われたスターダム新体制会見で集合写真に並ぶ木村花さん

恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演する女子プロレスラー木村花さん(享年22)が23日に亡くなった。

同番組への出演に関し、木村さんのSNSには誹謗(ひぼう)中傷のコメントが多く寄せられていたとされており、ツイッターのトレンドワードにも「誹謗中傷」がランク入り。多くのプロレスラーや著名人がツイッターなどで、「誹謗中傷」への思いをつづった。

以下は主な著名人のコメント(ツイッターなどから。敬称略)

◇プロレス・格闘技

▼中野たむ(32=スターダム) この世は地獄かよ。画面の向こうにいるのは、偶像じゃなくて心を持った人間なんです。心無い言葉で傷ついた事が、あなたにもあるはずです。こんな理不尽な人の憎悪を受けて、自分の中にもまた憎悪が芽生えていく事に腹が立ちます。殺し合うんじゃなくて、生かしあおうよ。おかしいよ。

▼林下詩美(22=スターダム)ちょっとしたコメント、軽い気持ちで言った言葉じゃないんだよ。沢山の心無い言葉を目にする本人の辛さは計り知れないし、真っ直ぐな人だから誰よりも言葉を重く受け止めちゃうんだよ。度が過ぎた言葉を投げつけてた人はこれで満足なの?言葉は自由だけどさ もう少し考えようよ

▼長与千種(55=マーベラス)SNS書き込みは言葉で人を殺める事が出来るツールではないはず。顔隠し言論の自由として狂気のナイフを振り飾した奴って絶対的に人事にするはず。言っておく!! これからの選手、これからのプロレスラーだった。悪役を演じただけ。本当の彼女は礼儀も優しさも兼ね備えた後輩でプロレスラーだったから。

いまいちどだけ。殺め言霊の主人公の方々様へ 消すくらいなら 書くな 知らぬ存ぜぬは するな。これは歴とした事件です。ツイッターが悪いのではない。道徳心無き言霊の綴りで追い込んだ主人公の問題 逃げても 真実に時効無くついて回るはず。皆悲しんで心の憤りしかないんだよ!

▼中邑真輔(40=WWE)狂ってる。

▼WWEのアスカ(38)渡米するまで数年間、毎日沢山の、死ね、女子プロレスを壊すな、この業界から去れとメールが私の元へきました。そして今日は、他の選手がコメントを出してるのに、まだお前はコメントをださないのか、ときました。自分の正義感に前のめり過ぎて、同類だと気がついてないんですきっと。これが怖い。

▼KENTA(39)言葉は時として人を傷付ける武器にもなる。この事は肝に銘じないといけない。そして嫌な事や物から逃げるのは決して恥ずかしい事ではない。自分の人生だ。自分を大事にして欲しい。

▼那須川天心(21=格闘家)そんなに誹謗中傷したいのならみんな俺にしてください。それで心が落ち着くならそれで良いです。だから他の人にはやめてください

▼スペル・デルフィン(52=プロレスラー、大阪・和泉市議。自身が社長を務める沖縄プロレスに冠テレビ番組が誕生した際、当時中学生だった木村さんが、アイドルグループの一員に)やはりSNSの問題は絶対になくさないといけない。今回は有名人だから表面化しただけで、氷山の一角のはず。表現の自由の問題はあるのだろうが、SNSに対してAIの見張り番を強化させ、(中傷する言葉などに対して)自動削除と警告をできるシステムを導入するべき。市議会だけではどうにもならない部分があるので、ぜひ国にも動いてもらいたい

◇スポーツ

▼本田圭佑(33=サッカー元日本代表)弱い人を狙うな。誹謗中傷はやるなって言ってもなくならないし、なのでやってもいいからちゃんと強い人を狙うこと。『結論』俺んところに来い。そして末永く誹謗中傷のプラットフォームとして使用してください

▼ヤンキース田中将大投手(31)街中やSNS上などで、たくさん気持ちが温かくなる言葉をかけてもらえても、たったひとつの酷い言葉の方が尾を引くんだよな

▼マット・ギタウ(37=ラグビーの元オーストラリア代表)人々がインターネット上で与えることができる被害を理解するために、悪いコメントを送る前に考え直し、前向きになること。ポジティブになれないなら、その人をフォローしない方がいい。会ったこともない人そんなことを言うのは間違いだ(ハッシュタグで「RIPHanaKimura」と追悼)

▼藤田慶和(26=ラグビー・パナソニック)言葉って本当に怖い… 匿名でも書いていいことと書いてはいけないことがあると思います… 人は支え合って生きていく生き物だと思うから、人の良いところを見つけれる人が増えてほしいと心から願います!ご冥福をお祈りします

▼高梨沙羅(23=スキージャンプ・クラレ)言葉は人を癒やし、時にナイフのように人を傷つけてしまう。受け取る側によって感じ方も大小変わってしまう。だからこそ言葉を発する前に一瞬でも相手のことや、先のことを考えなくてはならない

▼本田真凜(18=フィギュアスケート・JAL)気にしたらダメだと、スルーしようと心掛けても、沢山の嬉しい言葉より、1つの誹謗(ひぼう)中傷の方が圧倒的に力が強い。そう思います

◇芸能・文化人

▼スマイリーキクチ(48=タレント)ネットの誹謗中傷の書き込みをされて傷ついている人に「たかがその程度で」と考える人もいます。程度のレベルを決めるのは、やった側ではなく、やられた側が決めます。いたずらとか死ぬとは思わなかったでは済まされない。書き込んだ者は言葉の凶器で命を奪った指殺人の犯人です。もうやめてください。

▼クロちゃん(43=安田大サーカス)本当にもうやめて。木村花さんの兄だとか、元彼だとか、ふざけないで。今って、そんなことがまかり通る世の中なの?どれほどのことをやってるのか、わかってるの?言論の自由と故人への冒涜を履き違えないで。本当にやめてください

▼JOY(35=タレント)こうして人が亡くなってもSNSでの誹謗中傷なんてなくならないんだろうな。そもそもそんなの書く人は他にもそういう事書き過ぎてて感覚バグってるし。捨て垢の透明人間だから逃げれるし余裕☆ こんな感じよね。そんなんだったら最初から書くなよ

▼きゃりーぱみゅぱみゅ(27=歌手)誹謗中傷を気にするななんて難しいよ。芸能人だって1人の人間だよ忘れないで

▼藤田ニコル(22=タレント)芸能人も人間だよ 知らない顔も見えない人に心ない事を言われ 知らない顔も見えない人に殺害予告されたり 人間がいっちばん怖い生き物だよ ストレス発散のため? 気にしない見ない。それしか解決策もない。芸能人になるんだったらそれも覚悟してでろって良く言われる。そうゆう考えなるのがもう怖い

▼武井壮(47=タレント)ツイートで汚い言葉を人に投げかけるってこと。。本当に人の心を傷付けるってまだ分かんねえのかなあ。。オレなんか陽気でそんなもんパコーンてできるけどさ。。そうじゃない人もいるんだよ。

▼真野恵里菜(29=女優)こういうときに出てくるな。って言われるけど、私は前々から誹謗中傷に対して意見を言ってきてます。事務所にも相談してました。でも結局、今すぐ何かが変わるわけじゃないってことも身をもって感じてます。だからこそ、こうやって声を出せる人が呼びかけていくしかないんですよ

▼ダレノガレ明美(29=モデル、タレント)え… テレビやネット配信などに出演すると少し強気な女の子などは批判される事が多い。私も昔毒舌だったからわかるけど批判の仕方が本当にすごいの。ネットに書き込んでる人からすると簡単にかいてるけど、受け取った側からしたらすごく精神的にやられてしまう人もいる。強気に見えて本当は心の弱い子はたくさんいるの。悩んじゃう人が多い。死ねとか消えろとか簡単に書く人いるけど自分がもしされたらって1回考えてください。私みたいに1書かれたら100にして返すような強い女の子は本当に一握りだから みんながみんな強いわけじゃないことをちゃんと知ってほしいな

▼太田光(55=爆笑問題)今の状態がその状態になっていて、中傷した人を今度は別の人が探して「お前、なんてことをしたんだ」って言う。実名を明かしてって言うふうになっていく状態になっていく。そこの時点でこの人が傷つくんだって。この人もちろん木村さんに対してひどいことをしたかもしれないけど、この人は被害者になっていくっていうことも意識しなきゃだめ。ほんとに公なんだって。本人が見るんだっていう意識と、何でも言っていい場所ってこの世界にはないですからね。家族との関係でもないわけですから、言霊っていうのがあって、それ最終的に自分に返ってくるわけだから。そういう意識がもうちょっと育つといいなと思う

▼はあちゅう(34=ブロガー、作家)罪の意識があればまだマシで、ほとんどの人が罪の意識なんて無いのかも...「あなたの指で打った言葉が花さんの命を奪ったのだ」と本人に突き付けたい。せめて罪を自覚してほしい。木村花さんを誹謗中傷していたアカウントを追跡して情報開示してほしいです、ツイッタージャパン…

私も言葉の暴力で傷ついてきた。自分のアンチと喋ったこともある。アンチの言い分は「親切で忠告したつもりでいじめてる意識はなかった」「みんなで中傷して弱るのを見るのが楽しい」「社会の害だから活動を停止させたい」「傷つくのにSNSするほうが悪い」「人それぞれだが罪の意識はないことも多い。花さんの命を奪った人たちは、いつも通り夕飯食べてテレビ見て、花さんのことなんて忘れてるかもしれない。人一人の命を奪ったのに、罪の意識もない。意識があってもアカウント消せば終わり。誰も捜査しない。捕まらない。だから犯人は暫く経てばまた違う人をターゲットにする。それが指殺人の怖さ

▼前澤友作(44=実業家)SNSの行き過ぎた誹謗中傷行為には厳罰を。スルースキルとか言ってる場合じゃない。被害受けた人はスルーせずに被害届けを。被害者のアクションが全体の抑止力になる。僕もスルーせずにこれからは遠慮なく被害届けを出す

▼乙武洋匡氏(44=作家)たぶん、そこまで悪意があったわけではなかったのだと思います。ナイフで刺したわけでも、ピストルで撃ったわけでもなく、ただそのへんの小石を投げただけの感覚だったのだと思います。だけど、投げているほうは「たった一粒の小石」でも、投げられている本人には見えない相手から投げられる言葉は鋭いナイフのように感じられるし、たとえ小石に感じられても、それがどこの誰かもわからない相手から無数に飛んでくれば、回復しがたいダメージが蓄積されていきます。あなたの、ほんの軽い言葉は、誰かの命を奪ってしまうかもしれないのです

▼水越愛華さん(22=テラスハウス共演)“テレビに出てるから仕方ない”“傷つくくらいなら出るな”“死ね”“出て行け” 沢山言われました。いわゆる有名な人には何を言ってもいい、そんな風潮を払拭しなければいけません。でも多くの人はあの映像が全てだと思うでしょ? またそこで弁解なんてしたら誹謗中傷される事なんて目に見えてる。言いたいのに怖くてずっと言えなかった

▼金尾玲生氏(27=プロサーファー、テラスハウス共演)これから将来がある大切な仲間を守れなかった…沢山アンチが来てもスルーするとか、いろいろなことを言う人もいますが、アンチを受けた人は一生忘れません。言う方は忘れると思いますけど。それはいじめも一緒ですよね。嫌な思いをした方は忘れないんですよ。言葉の暴力って言いますけど、それは本当なんですよ。うれしいことを言われた時はうれしいですよね? 悲しいことを言われた時は悲しみますよね? それが真実です。この事を無駄にはしない。絶対。ご冥福をお祈りします。ありがとう。花

▼トリンドル玲奈(28)人が人を不用意に傷つけることなく、もっと愛のある優しい世界をつくることはできないものだろうかと、考えております

▼チュートリアル徳井義実(45)未来のある若者の命が失われてしまったこと、彼女の身近にいる方々の悲しみを考えると、番組に関わらせていただいている人間としてやり切れない思いでいっぱいです。僕のように自分自身が引き起こした問題で批判を受けたりお叱りを受けたりするのは当然だと思います。でも彼女は違います。常軌を逸した誹謗(ひぼう)中傷を受けなければならないようなことはしていません。 他人に対して軽い気持ちで酷い言葉を投げつけた方々は、コメントを書いたその後、いつものように仕事をしたり学校に行ったり遊びに行ったりご飯を食べたりなさるのかもしれません。でもそういう言葉を受けた人は平穏な一日にはなりません。そんな日々を彼女が何日も過ごしていたのだとしたら、本当に本当に苦しかっただろうと思います。死ぬことは誰にとっても怖いことです。それでも死ぬことを選んでしまうほど辛かったんだと思うと言葉になりません。彼女の気持ちに寄り添うために何か出来ることはなかったのか自問しています。起こったことをしっかり受け止めて、そして彼女の素晴らしい才能と明るい笑顔をいつまでも忘れないようにしたいと思います

関連するニュースを読む

那須川天心「誹謗中傷なら俺に」SNSで思いつづる

19年10月17日、明治記念館で行われたスターダム新体制会見で集合写真に並ぶ木村花さん

女子プロレス団体スターダム所属の木村花さん(享年22)が23日に死去した。

木村さんは、19年9月からネットフリックスで配信され、フジテレビでも放送中の人気恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演。

番組内の言動に関して、SNSで誹謗(ひぼう)中傷を受けていた。そのことに対し、格闘家の那須川天心(21)は「そんなに誹謗中傷したいのならみんな俺にしてください。それで心が落ち着くならそれで良いです。だから他の人にはやめてください」ツイッターで思いをつづった。

木村さんが所属するスターダムの道場前には、ピンクの花束が置かれていた(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む