上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

翔猿3敗も笑み、正代は初V王手/14日目写真特集

<大相撲秋場所>◇14日目◇26日◇東京・両国国技館

注目の結びの一番は大関貴景勝が制した。新入幕の翔猿の当たりを受けると、冷静に突き押しで対応。翔猿に粘られたが、最後は冷静にはたき込んだ。翔猿は14年秋場所の逸ノ城以来、戦後13人目となる新入幕での大関戦だったが黒星。3敗に後退した。

2敗の関脇正代は、3敗の大関朝乃山を破って単独トップに立った。立ち合い激しくぶつかり、朝乃山の体勢を崩すと、左上手を取って右ののど輪で押し倒した。朝乃山は優勝争いから離脱した。優勝争いは2敗で単独トップに立った正代と、3敗の貴景勝と翔猿の3人に絞られた。

幕内

徳勝龍押し出し琴勝峰

徳勝龍(左)の攻めを耐える琴勝峰(撮影・鈴木正人)

徳勝龍(左)を押し出しで破る琴勝峰(撮影・鈴木正人)


竜電上手投げ琴奨菊

琴奨菊(手前)を上手投げで破る竜電(撮影・鈴木正人)

琴奨菊(手前)は竜電に上手投げで敗れる(撮影・小沢裕)


魁聖押し出し碧山

碧山(左)を押し出しで破る魁聖(撮影・鈴木正人)

魁聖(手前)は碧山を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


妙義龍突き落とし明生

明生は突き落としで妙義龍(手前)を破る(撮影・小沢裕)


炎鵬送り出し照強

照強(左)に立ち合いで変化する炎鵬(撮影・鈴木正人)

照強(左)に立ち合いで変化する炎鵬(撮影・鈴木正人)

照強(右)を攻める炎鵬(撮影・鈴木正人)

立ち合いで炎鵬(左)の変化を受けた照強は土俵際でこらえる(撮影・小沢裕)

炎鵬(左)は照強を送り出しで破る(撮影・小沢裕)


北勝富士叩き込み高安

高安は北勝富士(手前)をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)

北勝富士(右)をはたき込みで破る高安(撮影・鈴木正人)


栃ノ心寄り切り玉鷲

玉鷲(右)を攻める栃ノ心(撮影・河田真司)     

栃ノ心は玉鷲(手前)を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)


阿武咲叩き込み隆の勝

隆の勝(左)ははたき込みで阿武咲を破る(撮影・小沢裕)

阿武咲(右)をはたき込みで破る隆の勝(撮影・河田真司)     


隠岐の海寄り切り霧馬山

隠岐の海(右)を寄り切りで破る霧馬山(撮影・河田真司)     


若隆景下手投げ御嶽海

若隆景(右)を下手投げで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)

御嶽海に下手投げで敗れ、悔しい表情を浮かべる若隆景(撮影・河田真司)     


朝乃山押し倒し正代

正代に押し倒しで破れ、土俵下でうずくまる朝乃山(撮影・河田真司)     

正代(左)は朝乃山を押し倒しで破り2敗を死守した(撮影・小沢裕)

正代(左)は朝乃山を押し倒しで破り2敗を死守した(撮影・小沢裕)

正代(左)は朝乃山を押し倒しで破り2敗を死守した(撮影・小沢裕)


翔猿叩き込み貴景勝

貴景勝(右)にはたき込みで敗れた翔猿は笑顔を見せる(撮影・河田真司)     

貴景勝(右)は翔猿をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)

貴景勝(左)の攻めに耐える翔猿を土俵下で見つめる正代(撮影・河田真司)     

関連するニュースを読む

琴奨菊が黒星、顔面から流血/12日目写真特集

<大相撲秋場所>◇12日目◇24日◇東京・両国国技館

東前頭14枚目翔猿が、 2敗でトップを並走していた若隆景との一番を制し2桁白星に到達、優勝争いもトップを守った。 大関貴景勝は、遠藤の休場による不戦勝で2敗のまま。関脇正代も、宝富士を下して2敗を死守した。

12日目の取組模様を写真で振り返ります。

幕内

幕内土俵入り(撮影・柴田隆二)

幕内

琴勝峰つきだし石浦

琴勝峰(右)は石浦を突き出しで破る(撮影・小沢裕)

琴勝峰に突き出され、土俵下の明生(右)めがけ落ちる石浦(撮影・河田真司)     


志摩ノ海つきおとし琴奨菊

琴奨菊(右)を突き落としで破る志摩ノ海(撮影・河田真司)     

顔面から流血する琴奨菊(撮影・小沢裕)


翔猿はたきこみ若隆景

2敗力士同士の直接対決で若隆景(左)の攻めをこらえる翔猿(撮影・小沢裕)

若隆景(右)を攻める翔猿(撮影・河田真司)     


佐田の海つきだし碧山

碧山(左)は突き出しで佐田の海を破る(撮影・小沢裕)

幕内取組前半を終え土俵を回る、新型コロナウイルス感染拡大防止を呼びかける懸賞旗スタイルの告知旗(撮影・河田真司)     


妙義龍おしだし琴恵光

妙義龍(右)は押し出しで琴恵光を破る(撮影・小沢裕)


北勝富士おしだし玉鷲

玉鷲(左)を突き押しで攻める北勝富士(撮影・小沢裕)

玉鷲(右)の攻めに耐える北勝富士(撮影・河田真司)     


照ノ富士よりたおし阿武咲

照ノ富士(左)を寄り倒しで破る阿武咲(撮影・河田真司)     

照ノ富士(左)を攻める阿武咲(撮影・河田真司)     

阿武咲に敗れた照ノ富士は悔しそうな表情を見せる(撮影・柴田隆二)


おしだし隆の勝

輝(右)を押し出しで破る隆の勝(撮影・河田真司)     


隠岐の海よりきり栃ノ心

隠岐の海(左)は栃ノ心を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)


高安かたすかし御嶽海

高安(左)の攻めに耐える御嶽海(撮影・河田真司)     

高安(右)に肩すかしで敗れる御嶽海(撮影・河田真司)     

御嶽海(右)を肩すかしで破り、勢いで転がる高安(撮影・河田真司)     


正代よりきり宝富士

正代(手前)は宝富士を寄り切りで破る(撮影・柴田隆二)


朝乃山おしたおし大栄翔

大栄翔(右)の攻めに耐える朝乃山(撮影・河田真司)     

大栄翔(右)を土俵際へ追い込む朝乃山。中央土俵下は正代(撮影・小沢裕)

大栄翔(右)を押し倒しで破る朝乃山(撮影・小沢裕)


遠藤不戦勝貴景勝

遠藤休場のため、貴景勝の不戦勝(撮影・河田真司)     

遠藤休場のため、貴景勝の不戦勝(撮影・河田真司)     

関連するニュースを読む

3連敗から朝乃山逆転Vへ 持病に苦しむ師匠の為に

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる朝乃山(撮影・鈴木正人)

<大相撲秋場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館

大関朝乃山(26=高砂)が、前代未聞の逆転優勝に挑む。小結隠岐の海を上手投げで下し、初日から3連敗も、4日目から8連勝で勝ち越しを決めた。2日目以降はオンライン取材に応じてこなかったが、節目の日に胸中を打ち明けた。1場所15日制が定着した49年夏場所以降、初日から2連敗以上した優勝力士はいない。しかし、大関貴景勝らトップ4人との差は1。大混戦場所で大関の意地を見せる。

   ◇   ◇   ◇

2日目から口を閉ざし続けてきた朝乃山が、オンライン取材に姿を現した。パソコン画面に映る報道陣に向かって「久しぶりです」と開口一番。そして、明るい声で「応援してくれる方が記事を見て『どうしたんだろう』と思う。『自分は元気です』と言いたい」と応じた理由を明かした。

初日からの3連敗を忘れさせる大関相撲だった。立ち合いすぐに左上手を取り、すかさず右を差してベテラン隠岐の海を上手投げで転がした。危なげのない相撲で勝ち越しを決め、「どっしりとした相撲が自分の相撲」とうなずいた。

横綱不在で優勝への期待がかかる中、初日からまさかの3連敗。「休場したいぐらいショックだった」とどん底気分を味わった。同時に「追い詰められたらやるしかない」と開き直ることもできたという。4日目に初白星を挙げると、肩の力が一気に抜けた。ただ「すぐに取材に応じたくはなかった。勝ち越したら答えようと思った」。自身と向き合い続け、破竹の8連勝で勝ち越し。それでも「大関の勝ち越しは当たり前」と気を引き締めた。

15日制が定着して以降、初日から3連敗して優勝した力士はいない。しかし、1差で追いかける貴景勝、正代との直接対決を控えるだけに、逆転優勝の可能性は残っている。持病の膝痛で7月場所から外出もままならない師匠の高砂親方(元大関朝潮)に何よりもの良薬が白星。加えて賜杯を掲げることができればなおさらだ。「自分は3敗。先は考えずに自分の相撲に集中する」。無心の先に賜杯が待っている。【佐々木隆史】

隠岐の海(右)を豪快な上手投げで破る朝乃山(撮影・丹羽敏通)
隠岐の海(左)を上手投げで破る朝乃山(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

“大混戦場所”は2敗4人並走に/11日目写真特集

<大相撲秋場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館

終盤戦に突入した“大混戦場所”は、相星対決以外の2敗勢が全員白星を挙げ、トップは5人から4人となった。3人の3敗勢が1差で追走する。 大関貴景勝は宝富士に完勝で9勝を挙げてトップを守ったが、右肩付近を気にするしぐさを見せた。残り4日間は上位戦。万全な状態で臨めるか。

両横綱が初日から休場する異例の場所は、残り4日間で2敗が貴景勝、正代、若隆景、翔猿、3敗が朝乃山、照ノ富士、阿武咲となった。

11日目の取組模様を写真で振り返ります。

幕内

土俵入りする左から琴勝峰、石浦、翔猿(撮影・鈴木正人)

翔猿はたき込み阿武咲

翔猿(右)は阿武咲をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)

阿武咲(下)をはたき込みで破る翔猿(撮影・鈴木正人)


炎鵬引き落とし志摩ノ海

志摩ノ海(手前)を引き落としで破る炎鵬(撮影・鈴木正人)

志摩ノ海(左)を引き落としで破った炎鵬(撮影・丹羽敏通)

志摩ノ海(右)を引き落としで破る炎鵬(撮影・鈴木正人)


千代大龍押し出し若隆景

若隆景(左)は千代大龍を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


琴勝峰引き落とし碧山

琴勝峰は引き落としで碧山(左)を破る(撮影・小沢裕)


玉鷲押し出し隆の勝

隆の勝(右)は押し出しで玉鷲を破る(撮影・小沢裕)


照ノ富士寄り切り妙義龍

妙義龍(右)を攻める照ノ富士(撮影・丹羽敏通)

照ノ富士(右)は寄り切りで妙義龍を破る(撮影・小沢裕)

妙義龍(右)を寄り切りで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)


栃ノ心はたき込み遠藤

栃ノ心(左)は遠藤をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)

遠藤をはたき込みで破った栃ノ心(撮影・丹羽敏通)

遠藤(手前)をはたき込みで破る栃ノ心(撮影・鈴木正人)

遠藤(手前)をはたき込みで破る栃ノ心(撮影・鈴木正人)


正代押し倒し高安

正代(左)は押し倒しで高安を破る(撮影・小沢裕)


大栄翔押し出し照強

照強(手前)を押し出しで破る大栄翔(撮影・鈴木正人)


寄り切り 御嶽海

御嶽海(左)は輝を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)


宝富士押し出し貴景勝

宝富士(右)を激しく攻める貴景勝(撮影・鈴木正人)

宝富士(奥)を押し出しで破った貴景勝(撮影・丹羽敏通)

宝富士(左)を押し出しで破った貴景勝(撮影・鈴木正人)

宝富士を押し出しで破った後、しばらく動けない貴景勝(撮影・鈴木正人)


朝乃山上手投げ隠岐の海

隠岐の海(右)を豪快な上手投げで破る朝乃山(撮影・丹羽敏通)

隠岐の海を上手投げで破った朝乃山は勝ち名乗りを受ける(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

朝乃山勝ち越し「休場したいぐらい」から一番に集中

隠岐の海を上手投げで破った朝乃山は勝ち名乗りを受ける(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館

大関朝乃山(26=高砂)が、小結隠岐の海(35=八角)を下して勝ち越しを決めた。立ち合いすぐに左上手を取り、右を差して上手投げで転がした。2日目から取材に応じてこなかったが、この日は取材に応じ「しっかり体が動いている。どっしりとした相撲が自分の相撲」と相撲内容を振り返った。

横綱不在の場所で、まさかの初日から3連敗。周囲からの優勝への期待も高かっただけに「ショックでした。休場したいぐらいでした」と、どん底気分を味わったという。しかし、同時に「追い詰められたらやるしかないと思った。目の前の一番に集中してやろうという気持ちで4日目からいった」とふっきれたという。そして4日目に初白星を挙げ、肩の力が一気に抜けた。そこから8連勝としたが「大関が勝ち越すのは当たり前」と浮かれる様子はなかった。

3敗を守り、2敗の大関貴景勝、関脇正代、平幕の若隆景、翔猿を追いかける。1場所15日制が定着した49年夏場所以降、初日から2連敗以上した優勝力士はいない。しかし、貴景勝と正代とは直接対決を控えるだけに、逆転優勝の可能性はある。「自分は3敗。先のことは考えずに自分の相撲を取りたい。今日は今日、明日は明日で切り替えたい」と目の前の一番に集中する。

隠岐の海(右)を豪快な上手投げで破る朝乃山(撮影・丹羽敏通)
懸賞金を受け取る朝乃山(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

照ノ富士が勝ち越し 3年ぶり三役復帰濃厚に安堵

妙義龍(右)を攻める照ノ富士(撮影・丹羽敏通)

<大相撲秋場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館

2場所連続優勝を目指す照ノ富士(28=伊勢ケ浜)が、東前頭筆頭で勝ち越しを決めて三役復帰を濃厚にした。

妙義龍からまわしを奪えなかったが、抱え込んで土俵際まで攻めると、最後は回り込んで逃れる相手に右を差して寄り切った。前日10日目は隆の勝に完敗して3敗目を喫したものの、引きずらずに完勝を収めた。

照ノ富士は取組後のリモート取材で「とりあえず(三役に)上がれると思うので良かった」と胸をなで下ろした。上位の成績次第だが、小結遠藤はすでに負け越しが決まっており、関脇大栄翔と小結隠岐の海は黒星先行。来場所は3年ぶりに三役の地位へと返り咲く見通しだ。

賜杯争いでは大関貴景勝ら2敗の4人を1差で追いかける。史上初の平幕での2場所連続優勝に向けて、まだまだ可能性を残す大関経験者は「まだ終わってないので残り頑張りたい」と気合を入れた。

懸賞金を受け取る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

貴景勝、正代ら2敗勢トップ4人 3人が3敗で追走

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる貴景勝(撮影・鈴木正人)

<大相撲秋場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館

終盤戦に突入した“大混戦場所”は、相星対決以外の2敗勢が全員白星を挙げ、トップは5人から4人となった。3人の3敗勢が1差で追走する。

大関貴景勝は宝富士に完勝で9勝を挙げてトップを守ったが、右肩付近を気にするしぐさを見せた。相手に左差しを許さず、1歩も引かない相撲内容だったが、押し出して土俵に倒れ込むと、なかなか立ち上がることができず、右肩付近がけいれんしているような動きが見られた。立ち上がるとその後は何事もなく、勝ち名乗りを受けて土俵下に降りた。残り4日間は上位戦。万全な状態で臨めるか。

大関昇進を目指す関脇正代も、大関経験者の高安を退けて9勝目を挙げた。三役で2場所連続の2桁白星に王手。悲願の初優勝に向けて突き進む。

初日から3連敗を喫した大関朝乃山は隠岐の海を上手投げで下し、4日目からの連勝を8に伸ばして勝ち越しを決めた。3敗を守って優勝争いに食らいつく。

同じく3敗で2場所連続優勝を目指す照ノ富士は、妙義龍を寄り切って勝ち越しを決めた。序二段まで番付を落とした大関経験者は、来場所の三役復帰にも大きく前進した。

新入幕の翔猿は阿武咲との2敗対決を制した。幕内3場所目の25歳、若隆景も千代大龍を下して9勝2敗とした。

両横綱が初日から休場する異例の場所は、残り4日間で2敗が貴景勝、正代、若隆景、翔猿、3敗が朝乃山、照ノ富士、阿武咲となった。

高安(手前)を押し倒しで破る正代(撮影・鈴木正人)
宝富士を押し出しで破った後、しばらく動けない貴景勝(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

翔猿が走り抜けた、貴景勝は客席へ/9日目写真特集

<大相撲秋場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館

大関貴景勝は、7月場所で敗れた新鋭の霧馬山との2敗対決を制した。 初日から3連敗を喫した大関朝乃山は、結びで栃ノ心を上手投げで下して6連勝とした。大関昇進を目指す関脇正代は、関脇大栄翔との取り直しの一番に勝って2敗を守った。 2場所連続優勝を目指す大関経験者の照ノ富士は北勝富士を突き落とし2敗を守った。 新入幕の翔猿は、明生との攻防のある相撲を制して勝ち越しに王手をかけた。 両横綱の休場で大混戦となっている秋場所は、2敗は貴景勝、正代、照ノ富士、若隆景、阿武咲、翔猿、3敗は朝乃山、霧馬山、高安、琴勝峰となった。9日目の取組模様を写真で振り返ります。


明生押し出し翔猿

明生を押し出しで破り勢い余って空席を走り抜ける翔猿(撮影・中島郁夫)

明生(左)を激しく攻める翔猿(撮影・鈴木正人)

明生(右)を押し出しで破る翔猿(撮影・鈴木正人)


琴勝峰押し出し阿武咲

琴勝峰(右)を押し出しで破る阿武咲(撮影・鈴木正人)

琴勝峰(右)を激しく攻める阿武咲(撮影・鈴木正人)


徳勝龍突き落とし琴奨菊

琴奨菊(左)を突き落としで破る徳勝龍(撮影・鈴木正人)


高安送り出し若隆景

高安(右)を送り出しで破る若隆景(撮影・中島郁夫)


照ノ富士突き落とし北勝富士

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる照ノ富士(撮影・鈴木正人)

北勝富士(左)を突き落としで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

北勝富士(右)を突き落としで破る照ノ富士(撮影・中島郁夫)


隆の勝突き落とし遠藤

遠藤左を突き落としで破った隆の勝(撮影・中島郁夫)

遠藤(手前)を突き落としで破る隆の勝(撮影・鈴木正人)


隠岐の海肩透かし照強

隠岐の海(左)を肩すかしで破った照強(撮影・中島郁夫)

隠岐の海(左)を肩すかしで破った照強(撮影・中島郁夫)

隠岐の海(手前)を肩すかしで破る照強(撮影・鈴木正人)


妙義龍押し出し御嶽海

妙義龍(右)を激しく攻める御嶽海(撮影・鈴木正人)

妙義龍(右)を押し出しで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)


正代突き落とし大栄翔

大栄翔(右)を突き落としで破った正代(撮影・中島郁夫)

正代(上)の右足が残っているようにも見えたが、大栄翔と同体と判断され取り直しとなった(撮影・中島郁夫)

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる正代(撮影・鈴木正人)


霧馬山押し出し貴景勝

霧馬山(左)を押し出しで破り勢い余って客席付近まで行く貴景勝(撮影・鈴木正人)

霧馬山を押し出しで破り勢い余って客席付近まで行く貴景勝(撮影・鈴木正人)

霧馬山(右)を押し出しで破る貴景勝(撮影・中島郁夫)

霧馬山(右)を押し出しで破る貴景勝(撮影・中島郁夫)

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる貴景勝(撮影・鈴木正人)


朝乃山上手投げ栃ノ心

栃ノ心(右)を上手投げで破る朝乃山(撮影・河田真司)     

栃ノ心(右)を上手投げ朝乃山で破る(撮影・鈴木正人)

栃ノ心(右)を上手投げ朝乃山で破る(撮影・鈴木正人)

栃ノ心(右)を上手投げ朝乃山で破る(撮影・鈴木正人)

懸賞金を手にする朝乃山(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

正代2敗後退も前向き「今日の相撲は振り返らない」

隠岐の海(右)に突き落としで敗れる正代(撮影・滝沢徹郎)

<大相撲秋場所>◇7日目◇19日◇東京・両国国技館

関脇正代(28=時津風)が、小結隠岐の海(35=八角)に負けて2敗目を喫した。

立ち合いでもろ差しになったが深く入らず、右腕が抜けた。左は深く差したが、巧者の隠岐の海に回り込まれながらの強烈な右のおっつけで突き落とされた。「ちょっと(もろ差しの)入りが浅かった。結構おっつけられたのできつかった」と反省した。

すでに全勝力士はおらず、1敗を守りたかったところだが2敗に後退。それでも横綱不在の場所とだけあって、優勝の行方はまだまだ分からない。

「今日の相撲はあまり振り返らないかな。悪いイメージを持ちたくないから」と先を見据える。もちろん「立ち合いが甘いから徹底したい」と修正箇所は理解していた。

隠岐の海(右)に突き落としをくらう正代(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

朝乃山3連敗から4連勝、貴景勝ら3人1敗守る

朝乃山(左)は照強を押し出す(撮影・山崎安昭)

<大相撲秋場所>◇7日目◇19日◇東京・両国国技館

大関朝乃山が先場所不覚を取った相手を退けて連勝を4に伸ばし、白星を先行させた。先場所に続いて足取りを狙ってきた小兵の照強を落ち着いて対処。懐に入れずに押し出した。優勝を逃した7月場所で、14日目に足取りで敗れた因縁の相手にリベンジを果たした。

大関貴景勝は、豊山との激しい押し合いを制した。三役以上では唯一1敗をキープして中日を迎える。

大関昇進を目指す3関脇は総崩れとなり、波乱の様相はますます強まった。正代が隠岐の海に敗れて2敗目、御嶽海は玉鷲に敗れて3敗目、大栄翔は栃ノ心に敗れて5敗目を喫した。

琴奨菊は再出場の土俵で2勝目を挙げた。相手の小兵、炎鵬が腰砕け。左ふくらはぎの負傷で3日目から休場したものの、左膝下にテーピングを施して取組に臨んだ。

照ノ富士は小結遠藤を送り出した。2場所連続優勝を目指す大関経験者は初日から2連敗を喫していたが、立て直して5連勝とした。

21歳の琴勝峰は同学年で新入幕の豊昇龍を下し、6勝1敗とした。もう1人の新入幕、翔猿(とびざる)も千代大龍を破って6勝目を挙げた。

両横綱が初日から不在となっている異例の場所は、7日目を終えて1敗力士が3人、2敗が9人という混戦になっている。

豊山(手前)を押し出しで破る貴景勝(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

炎鵬ああ腰砕け、北勝富士痛々しい/7日目写真特集

<大相撲秋場所>◇7日目◇19日◇東京・両国国技館

大関貴景勝が三役以上では唯一、平幕琴勝峰、翔猿の3人が1敗をキープ。2敗に関脇正代らが9人という混戦に。

7日目の取組模様を写真で振り返ります。


琴勝峰つきおとし豊昇龍

豊昇龍(右)を攻める琴勝峰(撮影・河田真司)

豊昇龍(右)を突き落としで破る琴勝峰(撮影・河田真司)

千代大龍したてだしなげ翔猿

翔猿(右)に下手出し投げで敗れる千代大龍(撮影・河田真司)

炎鵬腰砕け琴奨菊

翔猿(左)魁聖(右)と並んで土俵入りする琴奨菊(撮影・山崎安昭)

琴奨菊(左)は炎鵬に体重をのせる(撮影・山崎安昭)

琴恵光押し出し若隆景

琴恵光(右)を押し出しで破る若隆景(撮影・河田真司)

阿武咲つきおとし

阿武咲(左)を攻める輝(撮影・滝沢徹郎)

阿武咲(右)を突き落としで破る輝(撮影・河田真司)

高安おしだし碧山

高安(右)に押し出しで破れる碧山(撮影・滝沢徹郎)

幕内取組前半を終え土俵を回る、新型コロナウイルス感染拡大防止を呼びかける懸賞旗スタイルの告知旗(撮影・河田真司)

北勝富士すくいなげ霧馬山

投げで土俵から落ちる霧馬山(左)と北勝富士(撮影・滝沢徹郎)

額が擦り切れる北勝富士(撮影・河田真司)

妙義龍おしだし隆の勝

隆の勝(後方)は妙義龍を押し出す(撮影・山崎安昭)

妙義龍(左)を押し出しで破る隆の勝(撮影・滝沢徹郎)

照ノ富士おくりだし遠藤

遠藤(右)を送り出しで破る照ノ富士(撮影・滝沢徹郎)

照ノ富士(中央)は送り出しで遠藤を破る(撮影・山崎安昭)

大栄翔よりきり栃ノ心

大栄翔(左)を攻める栃ノ心(撮影・滝沢徹郎)

大栄翔(左)の攻めに耐える栃ノ心(撮影・河田真司)

玉鷲おしだし御嶽海

御嶽海(左)は玉鷲に押し込まれる(撮影・山崎安昭)

正代つきおとし隠岐の海

隠岐の海(右)に突き落としで敗れる正代(撮影・滝沢徹郎)

豊山おしだし貴景勝

豊山(手前)を押し出しで破る貴景勝(撮影・滝沢徹郎)

貴景勝(左)は豊山の押しに耐える(撮影・山崎安昭)

攻め合う豊山(左)と貴景勝(撮影・河田真司)

貴景勝に押し出さた勢いで升席まで走り、手すりに捕まる豊山(撮影・河田真司)

朝乃山おしだし照強

朝乃山(奥)は照強を押し出しで破る(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

千代大龍に阿武咲敗れ全勝消える/6日目写真特集

<大相撲秋場所>◇6日目◇18日◇東京・両国国技館

単独トップだった阿武咲は、千代大龍に押し出しで敗れ今場所初黒星。全勝力士は消え、貴景勝、正代、千代大龍、阿武咲、琴勝峰、翔猿の6人が1敗で並んだ。朝乃山は妙義龍を寄り切りで下し星を3勝3敗の五分に戻した。

6日目の取組模様を写真で振り返ります。

幕内

土俵入りする幕内の関取(撮影・山崎安昭)

志摩ノ海突き落とし逸ノ城

志摩ノ海(右)は逸ノ城を突き落としで破る(撮影・山崎安昭)

翔猿突き落とし豊昇龍

豊昇龍(下)を突き落としで破る翔猿(撮影・河田真司)

琴勝峰下手捻り松鳳山

琴勝峰(右)に下手ひねりで破れる松鳳山(撮影・滝沢徹郎)

佐田の海押し出し琴恵光

佐田の海(右)を押し出しで破る琴恵光(撮影・滝沢徹郎)

千代大龍押し出し阿武咲

千代大龍(右)に押し出しで破れる阿武咲(撮影・滝沢徹郎)

阿武咲(右)を押し出しで破る千代大龍(撮影・河田真司)

炎鵬突き出し

激しく突き合う炎鵬(左)と輝(撮影・山崎安昭)

炎鵬(右)を攻める輝(撮影・滝沢徹郎)

炎鵬(右)を突き出しで破る輝(撮影・滝沢徹郎)

炎鵬(左)を突き出しで破る輝(撮影・河田真司)

輝(右)に突き出しで敗れた炎鵬(撮影・河田真司)

中入り前に土俵を回る、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた懸賞旗スタイルの告知旗(撮影・河田真司)

碧山すくい投げ宝富士

宝富士(左)を攻める碧山(撮影・河田真司)

宝富士(下)をすくい投げで破る碧山(撮影・河田真司)

隠岐の海寄り切り照ノ富士

隠岐の海(左)を攻める照ノ富士(撮影・滝沢徹郎)

照ノ富士(手前)は隠岐の海を寄り切る(撮影・山崎安昭)

隠岐の海(左)を寄り切りで破る照ノ富士(撮影・河田真司)

遠藤はたき込み御嶽海

遠藤(右)をはたき込みで破った御嶽海(撮影・河田真司)

正代寄り切り栃ノ心

栃ノ心(中央)を寄り切りで破った正代(左)。右は朝乃山(撮影・河田真司)

大栄翔押し出し豊山

豊山(右)を押し出しで破る大栄翔(撮影・滝沢徹郎)

朝乃山寄り切り妙義龍

妙義龍(左)を攻める朝乃山(撮影・滝沢徹郎)

妙義龍(左)の攻めに耐える朝乃山(撮影・河田真司)

妙義龍(左)を攻める朝乃山(撮影・滝沢徹郎)

妙義龍(左)を寄り切りで破る朝乃山(撮影・滝沢徹郎)

照強突き出し貴景勝

合わない立ち合いで貴景勝(左)は照強に思い切り当たられいらだつ(撮影・山崎安昭)

照強(手前)を突き出しで破る貴景勝(撮影・滝沢徹郎)

照強(手前)を突き出しで破る貴景勝(撮影・滝沢徹郎)

照強(左)を突き出しで破る貴景勝(撮影・河田真司)

照強を下して舌を出す貴景勝(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

照ノ富士4連勝、2場所連続Vへ「まずは15日間」

隠岐の海(左)を攻める照ノ富士(撮影・滝沢徹郎)

<大相撲秋場所>◇6日目◇18日◇東京・両国国技館

7月場所で復活優勝を果たした大関経験者の東前頭筆頭照ノ富士(28=伊勢ケ浜)が、連勝を4に伸ばした。隠岐の海から立ち合いすぐに左上手を取り、何もさせずに寄り切った。

初日から2連敗を喫したが、そこから4連勝と波に乗ってきた。「(初日、2日目と比較して)別にそんなには変わっていないけど、踏み込んで上手取って寄るのは常に頭に置いてやっている」と淡々。7日目の遠藤戦で三役以上との対戦を終える。2場所連続優勝に向けて場所は混戦模様だが「これから何があるか分からない。まずは15日間を務めることが大事」と気を引き締めた。

照ノ富士(手前)は隠岐の海を寄り切る(撮影・山崎安昭)
隠岐の海を破り、懸賞金の束を手に土俵から引き揚げる照ノ富士(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

炎鵬、勢い余って観客席近くまで…/5日目写真特集

<大相撲秋場所>◇5日目◇17日◇東京・両国国技館

大関朝乃山が今場所初の連勝を飾った。突き押しの玉鷲を相手に、まわしにこだわらず終始圧力をかけ続けた。3連敗からの2連勝。先場所12勝の大関に、復調の気配が漂い始めた。

平幕の阿武咲が唯一初日から5連勝を飾り、単独トップに立った。先場所は初日から13連敗と苦しんだが、21歳の三役経験者が絶好調だ。

大関貴景勝、関脇正代ら7人が1敗をキープした。

人気小兵の炎鵬は5日目にして今場所の初日を出した。新入幕の翔猿は今場所初黒星を喫した。


逸ノ城寄り切り魁聖

逸ノ城(左)は魁聖を寄り切りで破る(撮影・山崎安昭)

千代大龍突き出し松鳳山

千代大龍(右)は松鳳山を突き出しで破る(撮影・山崎安昭)

翔猿寄り倒し琴恵光

琴恵光(上)は寄り倒しで翔猿を破る(撮影・山崎安昭)

翔猿(左)を寄り倒しで敗った琴恵光は勢い余って土俵下に(撮影・小沢裕)

阿武咲押し出し碧山

阿武咲(左)は碧山を押し出しで破る(撮影・小沢裕)

阿武咲(手前)に押し出しで破れる碧山(撮影・滝沢徹郎)

初日から5連勝を飾り単独トップに立った阿武咲は勝ち名乗りを受ける(撮影・小沢裕)

竜電送り出し炎鵬

炎鵬(右)は竜電の腕を取って振り回す(撮影・山崎安昭)

炎鵬(左)は竜電の右足を取る(撮影・山崎安昭)

背後に回った炎鵬(左)は竜電を送り出しで破る(撮影・小沢裕)

竜電を送り出しで破った炎鵬は勢い余って観客席近くまで行く(撮影・滝沢徹郎)

高安掛け投げ栃ノ心

栃ノ心(手前)は高安を掛け投げで破る(撮影・山崎安昭)

栃ノ心(右)は掛け投げで高安を破る(撮影・小沢裕)

隠岐の海寄り切り遠藤

遠藤(右)は隠岐の海を押し込む(撮影・山崎安昭)

隠岐の海(右)の投げを土俵際でこらえる遠藤(撮影・滝沢徹郎)


正代押し出し北勝富士

北勝富士(手前)を攻める正代(撮影・滝沢徹郎)

北勝富士(右)を押し出す正代(撮影・滝沢徹郎)


大栄翔寄り切り照ノ富士

大栄翔(手前)を突き押しで土俵際へ追い込む照ノ富士(撮影・小沢裕)

照ノ富士(右)は大栄翔を寄り切りで破る(撮影・山崎安昭)


照強引っ掛け御嶽海

御嶽海(上)は照強を引っ掛けで破る(撮影・山崎安昭)

照強(左)の腕を取る御嶽海(撮影・滝沢徹郎)


妙義龍押し出し貴景勝

妙義龍(左)を押し出す貴景勝(撮影・滝沢徹郎)

貴景勝(左)は妙義龍を押し込む(撮影・山崎安昭)


朝乃山押し出し玉鷲

朝乃山(手前)は押し出しで玉鷲を破る(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

朝乃山、北勝富士を吹っ飛ばし初日/4日目写真特集

<大相撲秋場所>◇4日目◇16日◇東京・両国国技館

大関朝乃山が、東前頭2枚目北勝富士を寄り倒しで下して初日を出した。新大関場所だった7月場所は12勝で優勝次点だったが、大関2場所目は初日から3連敗。勢いに乗れずにいたが、押し相撲の北勝富士相手に積極的に前に出て、土俵際で粘る相手を力強く寄り倒した。5日目は西前頭2枚目玉鷲と対戦する。 先場所優勝の東前頭筆頭照ノ富士は、初日から3連勝中と勢いに乗る関脇正代を破って星を五分に戻した。正代が敗れたことで、4日目にして三役以上での全勝がいなくなった。 新入幕の東前頭14枚目翔猿は、魁聖を破って無傷の4連勝。西前頭9枚目阿武咲も炎鵬を破って無傷を守った。全勝は平幕2人だけとなった。

4日目の取組模様を写真で振り返ります。

幕内

玉鷲押し出し貴景勝

玉鷲(左)の攻めに耐える貴景勝(撮影・河田真司)

貴景勝(左)は玉鷲を押し出しで破る(撮影・小沢裕)

玉鷲を押し出しで破った貴景勝(右)と土俵下から引き揚げる朝乃山(撮影・河田真司)

懸賞金の束を受け取る貴景勝(撮影・鈴木正人)


朝乃山寄り倒し北勝富士

朝乃山(左)に寄り倒しで敗れる北勝富士(撮影・鈴木正人)

北勝富士を寄り倒しで破り初日を出した朝乃山(右)。左奥は貴景勝(撮影・小沢裕)

北勝富士を破り勝ち名乗りを受ける朝乃山(撮影・河田真司)

北勝富士を寄り倒しで破った朝乃山(右)は4日目での初日にふうっと息を吐く。左奥は貴景勝(撮影・小沢裕)


正代押し出し照ノ富士

正代(左)を押し出しで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

正代を押し出しで破った照ノ富士(撮影・鈴木正人)

照ノ富士(手前右)に敗れた正代(左)を見つめる朝乃山(中央)(撮影・河田真司)


隠岐の海寄り切り御嶽海

隠岐の海(左)に寄り切りで敗れる御嶽海(撮影・鈴木正人)

御嶽海は隠岐の海(手前)に寄り切りで敗れる(撮影・小沢裕)

御嶽海(左)を寄り切りで破る隠岐の海(撮影・河田真司)


大栄翔押し出し隆の勝

大栄翔(左)の攻めに耐える隆の勝(撮影・河田真司)

大栄翔を破り土俵から引き揚げる隆の勝(撮影・河田真司)


照強押し出し遠藤

豪快に塩をまく照強(撮影・河田真司)

照強(左)を押し出しで破る遠藤(撮影・河田真司)


妙義龍突き落とし豊山

豊山(左)の攻めに耐える妙義龍(撮影・河田真司)

妙義龍(左)を突き落としで破る豊山(撮影・鈴木正人)


霧馬山寄り切り高安

霧馬山(右)を突き押しで攻める高安(撮影・小沢裕)

霧馬山(左)を寄り切りで破る高安(撮影・鈴木正人)


竜電押し出し碧山

竜電(左)は左に回り込み、碧山の攻めをかわす(撮影・小沢裕)

碧山(左)を押し出しで破る竜電(撮影・鈴木正人)


炎鵬寄り切り阿武咲

炎鵬(右)を寄り切りで破る阿武咲(撮影・河田真司)

阿武咲(左)に寄り切りで敗れた炎鵬(撮影・河田真司)


翔猿送り出し魁聖

翔猿(右)は送り出しで魁聖を破る(撮影・小沢裕)

魁聖を送り出しで破った翔猿(撮影・鈴木正人)

琴奨菊が休場

休場欄に琴奨菊の名が加わった電光板(撮影・河田真司)

序二段

呼び出しが「華吹」の読みを間違え思わず微笑む華吹(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

貴景勝ら連勝 朝乃山、照ノ富士2連敗 秋場所

隆の勝(左)に寄り切りで敗れる朝乃山(撮影・鈴木正人)

<大相撲秋場所>◇2日目◇14日◇東京・両国国技館

大関朝乃山(26=高砂)が初日から2連敗を喫した。西前頭筆頭の隆の勝(25=千賀ノ浦)にもろ差しを許し、寄り切られた。隆の勝は大関戦初勝利。

大関貴景勝(24=千賀ノ浦)は小結隠岐の海(35=八角)を押し出して連勝。関脇御嶽海(27=出羽海)は東前頭筆頭の照ノ富士(28=伊勢ケ浜)を送り出して、2勝目を挙げた。先場所優勝の照ノ富士は連敗。

新入幕の東前頭14枚目翔猿(28=追手風)は西前頭15枚目松鳳山(36=二所ノ関)をはたき込みで下し、2連勝とした。

隆の勝に寄り切りで敗れ悔しそうな表情を見せる朝乃山(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

貴景勝2連勝、朝乃山は2連敗/2日目写真特集

<大相撲秋場所>◇2日目◇14日◇東京・両国国技館

大関朝乃山(26=高砂)が初日から2連敗を喫した。西前頭筆頭の隆の勝(25=千賀ノ浦)にもろ差しを許し、寄り切られた。隆の勝は大関戦初勝利。

大関貴景勝(24=千賀ノ浦)は小結隠岐の海(35=八角)を押し出して連勝。関脇御嶽海(27=出羽海)は東前頭筆頭の照ノ富士(28=伊勢ケ浜)を送り出して、2勝目を挙げた。先場所優勝の照ノ富士は連敗。 新入幕の東前頭14枚目翔猿(28=追手風)は西前頭15枚目松鳳山(36=二所ノ関)をはたき込みで下し、2連勝とした。

2日目の取組模様を写真で振り返ります。


志摩ノ海寄り倒し豊昇龍

豊昇龍(左)寄り倒しで破る志摩ノ海(撮影・鈴木正人)

豊昇龍(左)寄り倒しで破る志摩ノ海(撮影・鈴木正人)

豊昇龍(手前左)は志摩ノ海に寄り倒しで敗れる(撮影・小沢裕)

物言いが付き、協議結果を待つ豊昇龍(後方右)(撮影・河田真司)

懸賞金を手に土俵を引き揚げる志摩ノ海(撮影・鈴木正人)


翔猿はたき込み松鳳山

松鳳山(左)をはたき込みで破る翔猿(撮影・鈴木正人)

翔猿(左)ははたき込みで松鳳山を破る(撮影・小沢裕)


高安寄り切り竜電

高安(右)は寄り切りで竜電を破る(撮影・小沢裕)


栃ノ心寄り切り照強

照強(右)は栃ノ心を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)


妙義龍押し倒し遠藤

立ち合いで遠藤(右)を突き押しで攻める妙義龍(撮影・小沢裕)


正代押し出し玉鷲

玉鷲(右)を押し出しで破る正代(撮影・河田真司)


大栄翔突き落とし北勝富士

北勝富士(左)と激しく攻め合う大栄翔(撮影・鈴木正人)


照ノ富士送り出し御嶽海

照ノ富士(右)を送り出しで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)

御嶽海(右)は送り出しで照ノ富士を破る(撮影・小沢裕)

照ノ富士(右)を攻める御嶽海(撮影・河田真司)

照ノ富士(左)を送り出しで破った御嶽海(撮影・鈴木正人)


朝乃山寄り切り隆の勝

隆の勝(左)に寄り切りで敗れる朝乃山(撮影・鈴木正人)

隆の勝(左)に寄り切りで敗れる朝乃山(撮影・鈴木正人)

隆の勝に寄り切りで敗れ悔しそうな表情を見せる朝乃山(撮影・鈴木正人)

朝乃山を寄り切りで破り、懸賞金の束を手にする隆の勝(撮影・河田真司)


隠岐の海押し出し貴景勝

隠岐の海(右)の攻めを耐える貴景勝(撮影・鈴木正人)

隠岐の海(右)を押し出しで破る貴景勝(撮影・鈴木正人)

貴景勝(手前左)は押し出しで隠岐の海を破る。右奥は初日から2連敗を喫した朝乃山(撮影・小沢裕)

結びの一番で高須クリニックの懸賞旗が回り、手を振り応える高須克弥院長(右)。左は西原理恵子氏(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

婚約貴景勝が白星発進、朝乃山は黒星/初日写真特集

<大相撲秋場所>◇初日◇13日◇東京・両国国技館

大関貴景勝が“新旧”大関対決を制した。7月場所を制した大関経験者の照ノ富士を一方的に押し出した。2人は17年名古屋場所で対戦しており、貴景勝が押し出しで勝利。当時は貴景勝が西前頭筆頭で、照ノ富士が大関と逆の立場だったが、3年ぶりの対戦も貴景勝に軍配が上がった。

貴景勝は先月8月30日に元大関北天佑の次女で元モデルの千葉有希奈さん(28)との婚約を発表。“婚約場所”を好発進した。先場所を12勝3敗で優勝を逃した大関朝乃山は、結びで小結遠藤にすくい投げで敗れた。白鵬、鶴竜の両横綱の休場で最高位力士として臨む両大関だが、明暗が分かれる結果となった。大関昇進を目指す3関脇は、正代、御嶽海が白星、大栄翔が黒星となった。元横綱朝青龍のおい、21歳の豊昇龍は逸ノ城を退けて新入幕1勝を挙げた。人気小兵の炎鵬は若隆景に敗れた。

初日の取組模様を写真で振り返ります。

協会あいさつに臨む、前列左から正代、朝乃山、八角理事長、貴景勝、御嶽海、後列左から隠岐の海、大栄翔、遠藤(撮影・小沢裕)


逸ノ城寄り切り豊昇龍

豊昇龍(左)は逸ノ城を寄り切りで破り新入幕初白星を挙げる(撮影・小沢裕)


炎鵬押し出し若隆景

炎鵬(左)を押し出しで破る若隆景(撮影・鈴木正人)


高安寄り切り宝富士

高安(左)はまわしを取らせまいと宝富士の左手をつかまえる(撮影・小沢裕)


霧馬山寄り切り栃ノ心

霧馬山(左)に寄り切りで敗れる栃ノ心(撮影・河田真司)


隠岐の海押し出し妙義龍

妙義龍(右)は押し出しで隠岐の海を破る(撮影・小沢裕)


大栄翔突き落とし玉鷲

大栄翔(右)の攻めに耐える玉鷲(撮影・河田真司)


北勝富士押し出し御嶽海

北勝富士(右)を攻める御嶽海(撮影・河田真司)


正代押し出し隆の勝

隆の勝(左)を攻める正代(撮影・河田真司)


照ノ富士押し出し貴景勝

照ノ富士(右)を攻める貴景勝(撮影・河田真司)


朝乃山すくい投げ遠藤

朝乃山(左)をすくい投げで破る遠藤(撮影・鈴木正人)

遠藤(上)にすくい投げで敗れた朝乃山(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

朝乃山は隆の勝、貴景勝は隠岐の海と 2日目取組

貴景勝(2019年3月9日)

日本相撲協会審判部は11日、東京・両国国技館内で審判部による大相撲秋場所(13日初日、両国国技館)の取組編成会議を開き、初日と2日目の取組を決めた。

白鵬(35=宮城野)鶴竜(35=陸奥)の両横綱は休場するため、今場所は横綱不在の場所になる。出場する力士の中で番付上、序列最高位となる大関2場所目の朝乃山(高砂)は2日目、平幕の隆の勝の挑戦を受ける。

もう1人の大関貴景勝(千賀ノ浦)は結びの一番で、小結隠岐の海(八角)と対戦。先場所、幕尻優勝を果たした大関経験者の照ノ富士(伊勢ケ浜)は、関脇御嶽海(出羽海)に挑む。2日目の幕内取組は以下の通り(左が西)。

逸ノ城 -旭大星 

豊昇龍 -志摩ノ海

松鳳山 -翔  猿

魁  聖-琴勝峰 

琴奨菊 -明  生

千代大龍-佐田の海

阿武咲 -琴恵光 

炎  鵬-徳勝龍 

碧  山-若隆景 

竜  電-高  安

宝富士 -輝   

霧馬山 -豊  山

照  強-栃ノ心 

遠  藤-妙義龍 

玉  鷲-正  代

北勝富士-大栄翔 

御嶽海 -照ノ富士

隆の勝 -朝乃山 

貴景勝 -隠岐の海

関連するニュースを読む

朝乃山は遠藤と、貴景勝は照ノ富士と対決 初日取組

朝乃山(2020年7月30日撮影)

日本相撲協会審判部は11日、東京・両国国技館内で審判部による大相撲秋場所(13日初日、両国国技館)の取組編成会議を開き、初日と2日目の取組を決めた。白鵬(35=宮城野)鶴竜(35=陸奥)の両横綱は、ともに7月場所を途中休場する原因となった右膝と右肘の負傷が完治には至らず、休場が決まった。

両横綱不在で出場する力士の中で番付上、最高位となる大関2場所目の朝乃山(高砂)は初日、返り三役の遠藤(追手風)の挑戦を受ける。婚約を発表した大関貴景勝(千賀ノ浦)は初日、先場所幕尻優勝を遂げ番付を一気に東前頭筆頭にまで上げた照ノ富士(伊勢ケ浜)との注目対決に臨む。

十両以上の休場者は両横綱の他に、幕内では石浦(宮城野)と出場停止中の阿炎(錣山)。十両は、新型コロナウイルスの陽性反応が出た富士東(33=玉ノ井)と、同部屋で19人の集団感染が発生したため陰性ながら部屋全員の力士が休場する東龍(33)の2人。初日の幕内取組は以下の通り(左が東)。

逸ノ城 -豊昇龍 

旭大星 -松鳳山 

翔  猿-志摩ノ海

琴勝峰 -明  生

魁  聖-琴奨菊 

千代大龍-琴恵光 

佐田の海-阿武咲 

炎  鵬-若隆景 

竜  電-徳勝龍 

碧  山-輝

高  安-宝富士 

霧馬山 -栃ノ心 

豊  山-照  強

隠岐の海-妙義龍 

大栄翔 -玉  鷲

北勝富士-御嶽海 

正  代-隆の勝 

照ノ富士-貴景勝 

朝乃山 -遠  藤

関連するニュースを読む