上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

王者ドーリングに宮原健斗が挑戦 3・25に3冠戦

3月25日のさいたまスーパーアリーナ大会で3冠ヘビー級選手権が決定した王者ドーリング(右)と挑戦者の宮原(撮影・桝田朗)


 全日本プロレスは5日、横浜市内の事務所で会見し、3月25日のさいたまスーパーアリーナ大会で、3冠ヘビー級選手権を行うと発表した。

 王者ジョー・ドーリング(35=米国)が、宮原健斗(28)の挑戦を受ける。4度目の防衛戦となるドーリングは「がん(脳腫瘍)を克服して復帰して、私のすべての目標がこのベルトだった。防衛するために気持ちをもっと高くなっているし、宮原がその気持ちをさらに高めてくれる」と決意を話した。一方、ドーリングとは3冠戦では初対戦となる宮原は「自分にはこの3冠ベルトを巻いて、日本全国を回ってメインイベントを締めないといけない使命がある。ドーリングはNO・1外国人、オレも日本で最高だと思っている。宮原とドーリング、NO・1対NO・1の対決を楽しみにしていてください」と抱負を語った。

関連するニュースを読む

ドーリングがV3、宮原健斗が挑戦表明に「歓迎だ」

<全日本:横浜大会>◇3日◇横浜文化体育館


 3冠ヘビー級選手権は、王者ジョー・ドーリング(35=米国)がKAI(34)の挑戦を退け3度目の防衛を果たした。

 かつてともに全日本で修業した同士の対決だったが、デビュー10年目に王座挑戦のチャンスをつかんだKAIと、王座の地位を築いたドーリングの差は歴然。

 前半こそ、KAIの善戦があったものの、ドーリングがレボリューションボムで勝利した。試合後は、宮原健斗が「みなさん、ジョーと宮原健斗の3冠戦を見たくないですか。オレとジョーで全日本プロレスの試合を見せよう」と次期挑戦者に名乗りを上げると、ドーリングは「誰でも、どの団体でも挑戦は歓迎だ」と自信をのぞかせた。

関連するニュースを読む

石川修司が初代D王GP王者、リング上で「恋」熱唱

DDTの第1回D王GPで初代チャンピオンに輝いた石川修司(撮影・桝田朗)

<DDT:後楽園大会>◇28日◇後楽園ホール


 第1回D王グランプリ(GP)2018の優勝決定戦が行われ、Bブロック1位の石川修司(42=フリー)が、Aブロック1位のHARASHIMAを破り、初代王者となった。

 序盤は、HARASHIMAのフットスタンプやランニング・ダブルニー(蒼魔刀)などで攻め立てられ、石川が劣勢。中盤も、エルボーの打ち合いなど互角の展開となったが、終盤に体力で勝る石川が、ラリアットや膝蹴りでリズムをつかむ。最後は、強烈な膝蹴りをHARASHIMAの顔面にたたきこみ、ジャイアントスラムで試合を決めた。この結果、3月25日の両国国技館大会メインで、石川は竹下幸之介(22)の持つKO-D無差別級王座への挑戦が決定した。

 昨年全日本プロレスで3冠ヘビー級王座を獲得するなど、ブレークした勢いは今年も健在。優勝トロフィーと賞金200万円をゲットした石川は、ダムネーションの仲間と、リング上で星野源の「恋」を熱唱。「両国で竹下に勝って、もう一度恋を歌います」と会場のファンと約束した。

関連するニュースを読む

KAI3冠挑戦が正式決定「取れる自信はある」

2月3日の横浜文化体育館大会で挑戦が決まった3冠ヘビー級王者ジョー・ドーリングとの前哨戦に快勝したKAI。左はタッグを組んだTAJIRI

<全日本:後楽園大会>◇3日◇後楽園ホール◇観衆1438人


 KAI(34)の3冠ヘビー級王者ジョー・ドーリング(35=米国)への挑戦が3日、正式決定した。

 KAIは2月3日の横浜文化体育館大会で、ドーリングの3度目の防衛戦の挑戦者となる。この日は前哨戦のタッグマッチで、TAJIRIと組んで、ドーリング、ブラックタイガー7組と対戦。ドーリングと激しい場外乱闘を繰り広げ、リング上ではドーリングの体を持ち上げるパワーを見せつけた。試合は、TAJIRIの毒霧をドーリングが浴びたすきに、KAIがわずか3分32秒でブラックタイガー7からフォールを奪い、ドーリングの前で勝利を誇示した。KAIは「今日の試合を見てもらえば分かるとおもう。(ドーリングから勝利を)取れる自信はある。試合が正式に決まって、気が引き締まりました。試合当日は節分の日だから、鬼ぐらい強いジョーを倒します」と勝利宣言した。

関連するニュースを読む

王者ドーリングV2、KAIが次期挑戦者に名乗り

挑戦者ゼウスを破り2度目の防衛を果たした3冠ヘビー級王者ジョー・ドーリング

<全日本:後楽園大会>◇2日◇東京・後楽園ホール◇1522人(超満員)


 全日本プロレスの後楽園大会が2日行われ、3冠ヘビー級選手権は、第59代王者ジョー・ドーリング(35=米国)が、挑戦者のゼウス(36)を下し、2度目の防衛を果たした。

 体格、パワーに勝るドーリングは、ゼウスの驚異の粘りに遭うが、最後は、パイルドライバーから、レボリューションボムで20分9秒に勝利した。試合後、新春無差別級バトルロイヤルで優勝したKAIがリングに登場し次期挑戦者として名乗り出た。2月3日の横浜文化体育館で、3度目の防衛戦が決定的となった。

関連するニュースを読む

ジョー・ドーリング2度目防衛 挑戦者ゼウス下す

挑戦者ゼウスを破り2度目の防衛を果たした3冠ヘビー級王者ジョー・ドーリング

<全日本:後楽園大会>◇2日◇東京・後楽園ホール◇1522人(超満員)


 3冠ヘビー級選手権は、第59代王者ジョー・ドーリング(35=米国)が、挑戦者のゼウス(36)を下し、2度目の防衛を果たした。

 ドーリングは、試合序盤にエプロンから場外にダイブしてゼウスを攻撃するなど主導権を握った。しかし、10分過ぎに垂直落下式ブレーンバスターで腰にダメージを受け、動きが止まった。その後は、ラリアット合戦や、パワーボムなどで窮地に陥ったが、要所でフライングボディアタックを繰り出し反撃。最後は、パイルドライバーから、レボリューションボムで20分9秒、試合を決めた。

 試合後、新春無差別級バトルロイヤルで優勝したKAIがリングに登場し、2月3日の横浜文化体育館での挑戦を直訴されると、握手をして快諾した。

関連するニュースを読む

橋本真也さん長男大地が大金星「全勝優勝する」宣言

全日本の世界最強タッグリーグで宮原健斗組を破り3戦全勝でトップに立った大日本の橋本大地(左)神谷英慶組

<全日本:横浜大会>◇28日◇横浜ラジアントホール


 全日本プロレスの横浜大会が28日行われ、世界最強タッグリーグで、大日本の橋本大地(25)神谷英慶(25)組が、元3冠ヘビー級王者の宮原健斗とヨシタツ組を破る大金星を挙げた。橋本組は、3戦全勝の勝ち点6で単独首位に立った。

 橋本は宮原から容赦ない頭突き攻撃や、蹴りを受けるも、相棒の神谷が驚異的なパワーで劣勢を挽回。最後は橋本が右膝蹴りを宮原の顔面に決めフォール勝ちした。故橋本真也さんの長男大地は、ゼロワン、IGFと渡り歩き、大日本でついに大きな勝利。「この勝利は大きい。これでオレらは全勝優勝する」と高らかに宣言した。

関連するニュースを読む

橋本大地、元3冠王者宮原健斗に初のフォール勝ち

全日本の世界最強タッグリーグで宮原健斗組を破り3戦全勝でトップに立った大日本の橋本大地(左)神谷英慶組(撮影・桝田朗)

<全日本:横浜大会>◇28日◇横浜ラジアントホール


 世界最強タッグリーグで、大日本の橋本大地(25)神谷英慶(25)組が、元3冠ヘビー級王者の宮原健斗とヨシタツ組を破る大金星を挙げた。橋本組は、3戦全勝の勝ち点6で単独首位に立った。

 橋本は、出だしから宮原組に捕まり、激しい攻撃を浴びた。宮原から容赦ない頭突き攻撃や、蹴りを受けるも、相棒の神谷が驚異的なパワーで劣勢を挽回。大日本で最侠タッグリーグを制し、関本大介組との最強タッグリーグ出場権決定戦に勝って出場権を得た「大神」コンビの勢いは止まらない。2人の連係で、宮原を痛めつけ、最後は、橋本が強烈な右ひざ蹴りを宮原の顔面に決め、フォール勝ちした。

 故橋本真也さんの長男・大地は、ゼロワン、IGFと渡り歩いたが、大日本でついに大きな勝利をつかんだ。「この勝利は大きい。これでオレらは全勝優勝する」と橋本は高らかに宣言した。また、宮原にフォール勝ちしたことについて「1回じゃまだまだ。これから2回、3回、5回、10回ととって、ようやく宮原より上に行ける」と話していた。

関連するニュースを読む

王者ジョー・ドーリング、全日本3冠初防衛に成功

3冠ヘビー級王座初防衛に成功した王者ジョー・ドーリングは、勝利者インタビューで興奮気味にまくしたてる(撮影・桝田朗)

<全日本:後楽園大会>◇9日◇後楽園ホール◇観衆1241人


 3冠ヘビー級王者ジョー・ドーリング(35)が、新日本プロレスのヨシタツの挑戦を退け、初防衛に成功した。

 体格、パワーに勝るドーリングは、序盤からヨシタツを圧倒した。場外戦からリングに戻ると、ランニングエルボー、ボディースラム、逆エビ固めとヨシタツを攻め立てた。ヨシタツのドラゴンスクリュー、足四の字固めで苦悶の表情を見せるも、ボディープレス、パンチ、ひじうちとペースを引き戻す。最後は、相手の隙を突いてのダイビングボディーアタックで動きを止め、レボリューションボムでとどめを刺した。

 WWEでも活躍したヨシタツに、わずか11分49秒で勝利したドーリングは「初めての3冠戦のときより、感触は良くなっている。オレは日本で戦う外国人の中でNO・1だ。誰でもかかってこい」とご機嫌だった。

関連するニュースを読む

ジョー・ドーリング悪性脳腫瘍乗り越え3冠王者に

<全日本:横浜大会>◇21日◇横浜文化体育館


 3冠ヘビー級選手権で、挑戦者のジョー・ドーリング(35=米国)が、王者諏訪魔を破り、新王者となった。

 ドーリングは、16年4月に悪性脳腫瘍が見つかったことで長期欠場。放射線治療をなど化学治療で復帰を目指した。その後、17年1月に全日本マットに復帰し、この日を迎えた。試合は、巨漢同士の肉弾戦。諏訪魔の厳しい攻めで、何度も頭部からマットにたたきつけられたが、不屈の闘志で立ち上がった。最後はラリアットからフライングボディーアタックを決め、必殺のレボリューションボムで試合を決めた。ドーリングは試合後「ガンに苦しんでいるすべての人にささげたい。カムバックのクライマックスだ。ガンに苦しんだけど、今は最高だ。こんな風にカムバックできるとは思っていなかった。サポートしてくれた家族や友人に感謝したい」と、興奮気味に話していた。

関連するニュースを読む

3冠王者宮原健斗、石川修司ら2回戦 全日本王道T

<全日本:後楽園大会>◇12日◇後楽園ホール◇観衆1130人


 16人が出場する第5回王道トーナメントが開幕し、1回戦の4試合が行われた。3冠ヘビー級王者宮原健斗(28)は、KAIを破り2回戦進出を決めた。

 先月27日の両国国技館大会で石川修司からベルトを奪還した宮原は、試合開始からKAIと激しいバトルを展開。場外では頭突き2連発から、強烈なヒザを見舞うなど容赦ない攻撃でKAIを痛めつけた。

 しかし、鉄柱への膝蹴り誤爆で形勢は一変。痛めた右膝を徹底的に攻められ、試合中盤は劣勢に。KAIのハイキックからのラリアット、さらにコーナーからのダイビングボディープレスを何とかしのぎ、最後はシャットダウン・スープレックス・ホールドでKAIを仕留めた。

 試合後は、2回戦で対戦するヨシタツがリングに乱入し「9月18日の大阪で、この3冠チャンピオンを倒して第5回王道トーナメントを制するのはこのワールドフェイマス(世界で有名な)ヨシタツだ」と挑発された。

 宮原は「1回戦を勝ち進めば、おのずと優勝は見えてくる。KAIは最高のレスラーだが、おれの次の次ぐらい。2回戦はワールドなんちゃらに勝って優勝してやるぜ」と高らかに優勝宣言した。

 宮原のほかに石川修司、ゼウスが2回戦に進出した。

関連するニュースを読む

全日3冠王者の宮原「キャンパスシリーズ開催」発表

会見に臨んだ3冠ヘビー級新王者宮原健斗

 全日本プロレスの3冠ヘビー級王者宮原健斗(28)が28日、神奈川県内の事務所で会見し、新規ファン開拓のため全国の大学に無料で出向く「キャンパスシリーズ」開催を発表した。第1弾は11月4日に愛知・長久手市の愛知医科大で開催する。

 宮原は27日の両国大会で前王者石川から王座を奪還。一夜明けの会見で新プロジェクトをぶち上げた。「もっと10~20代の人たちに会場に来てほしい。それを形にしようと考えたとき、こちらから行こうということになった。それが、キャンパスシリーズ」と説明した。プロレスを見たいと希望する大学に宮原ら全日本のレスラーが出向き、入場無料の大会を開催するという。

 全日本は経営者が代わるなどお家騒動が続き低迷していたが、14年7月に社長に就任した秋山準らの地道な努力と宮原ら若手の台頭で人気が回復。4月の後楽園大会では満員、27日の両国国技館も6550人の満員を記録した。宮原の新プロジェクトはこれを後押しするものだ。「第1弾をやれば、全国各地の大学から声が上がる。将来は小、中、高校にも広げたい」と宮原は抱負を口にした。【桝田朗】

関連するニュースを読む

宮原健斗「皆さまに背中を」3冠新王者ファンに感謝

3冠ヘビー級王座獲得から一夜明け会見に臨んだ新王者宮原健斗

 全日本プロレスは28日、神奈川県内の事務所で27日両国大会の一夜明け会見を行った。

 最初に大森隆男取締役が大会を総括。「両国大会は厳しい時期を乗り越えてきたみんなの気持ちが1つになった大会になった。試合を見て、若い選手の成長を感じ、大会のテーマとなった『新たなる決意』のネーミングにふさわしい、すばらしい大会になった」と語った。

 世界タッグ王座を獲得した大日本の関本大介は「大日本にベルトを持って帰ることができる。このベルトを持って暴れたい」と決意を語った。同じく、岡林裕二は「この選手権が決まってから、気持ちを上げて、最高な状態で両国大会に臨めた。気持ちで勝った試合だった」と、KAI、野村直矢組との王座決定戦を振り返った。

 GAORA TV王者の秋山準は、45周年記念試合の勝利のどさくさに丸山敦の挑戦を受けてしまい、2人そろっての会見となった。秋山が「リング上でボコボコにして2度と挑戦できないようにしてやろうか」と威嚇。これに対し、丸山は「どちらが勝つか分からないようなルールをつくる」と、段ボール紙に赤いテープを巻いて自作したワイルドカード3枚を提示。「ボクがピンチになったときは、1枚につき20秒間、大森隆男が使える」と説明した。やけになった秋山は「丸山、それ全部飲み込んでやってやるよ」と丸山の策略にはまった形となった。

 3冠ヘビー級新王者となった宮原健斗は「ファンのみなさまに背中を押してもらって3冠ヘビー級チャンピオンになることができました。チャンピオンとして9月の王道トーナメントに優勝したい」と次なる目標を掲げた。宮原は、新プロジェクトのキャンパスシリーズも発表。「10~20代の人たちにプロレスの会場に来てもらうために、ボクらが行こうという企画」として、宮原ら全日本のレスラーが希望のある大学に出向き、入場無料でプロレスを見せるという。第1段は愛知・愛知医科大学(長久手)で11月4日(土)に開催される。

9月3日の千葉大会で丸山敦(左)の挑戦を受けることになったGAORA TVチャンピオンシップ王者秋山準

関連するニュースを読む

宮原健斗、3冠ヘビー級王座奪還「さらなる高みに」

石川から3冠ヘビー級王座を奪回した宮原は、ベルトを横に会見(撮影・桝田朗)

<全日本:両国大会>◇27日◇両国国技館

 45周年記念大会で、全日本プロレスの至宝、3冠ヘビー級王座を宮原健斗が奪還した。

 1年3カ月前、現王者石川修司に奪われた王座。石川の巨体とパワーに、宮原は得意の膝で反撃。石川が、宮原の両腕をつかみ、膝蹴りをたたきこもうとするところに、逆に膝蹴り3連発。続けざまにシャットダウン・スープレックスホールドで3カウントを奪った。

 試合後、宮原は「まだまだこのベルトと一緒に全日本をさらなる高みにつれて行かなきゃいけない。さらに全日本は攻めていきます。攻めの中心は、このオレ、宮原健斗だ」と王者としての決意を語った。

関連するニュースを読む

小島聡「尊敬してる」諏訪魔と7年越し因縁対決制す

諏訪魔との因縁対決も、不完全燃焼に終わった小島は、複雑な表情で会見した(撮影・桝田朗)

<全日本:両国大会>◇27日◇両国国技館

 小島聡(46=新日本)が諏訪魔(40)との因縁の対決を制した。

 かつて全日本で先輩、後輩でともに戦い3冠ヘビー級王座にも輝いた盟友の2人。06年には諏訪魔の3冠ヘビー級王座初挑戦の相手となったのが小島だった。

 7年前、小島が退団した際に「逆境から逃げた」と諏訪魔から批判された。小島も「7年間、積もりに積もった思いがある」と、遺恨を抱えての対決となった。

 しかし、試合前にドーリングの襲撃を受け首を負傷した諏訪魔は、小島の敵ではなかった。終始攻勢の小島が、得意のラリアットで諏訪魔を沈めた。試合後、小島は諏訪魔に握手を求めたが拒否された。

 小島は「なんて切ないんだ。せっかくの7年越しの試合なのに。普通は次なんて考えてやらないが、全日本の管理体制の問題なのか。ただただ切ない。諏訪魔は本当に強い男。あいつの全てがむかついて嫌いだけど、あいつのことをプロレスラーとして尊敬している」と話した。

関連するニュースを読む

諏訪魔vs小島聡、全日本45周年試合へ一触即発

27日の全日本両国大会で小島(左)が全日本退団以来の試合を行う、諏訪魔と小島は、感情むき出しで写真撮影に応じる

 27日に創立45周年記念の両国国技館大会を開催する全日本プロレスが25日、都内の後楽園ホール展示場で、出場選手による記者会見を行った。45周年記念試合として8人タッグに登場する社長の秋山準は「ごった煮感は否めないが、こういうところからいろんな物語が始まっていく。誰が目立つか。45周年記念試合は、オレが目立ってやろうかなと思います」と宣言した。

 アジアタッグ選手権でTAKAみちのく、ブラック・タイガー7の挑戦を受ける王者組の青木篤志は「全日本のジュニアヘビー級を活性化させるためにも、しっかり防衛したい」とコメント。同じく王者の佐藤光留も「相手のような急造チームに全日本の2トップがやられることがあれば、すべてを否定される。どんな状態になって負けない」と話した。

 セミで全日本45周年記念試合として対戦する諏訪魔と新日本の小島聡は、バチバチの一触即発ムード。7年前に全日本を退団した小島を批判した諏訪魔は「自分としては特別な試合。でもG1で1勝しかできないとか、今のフニャフニャな感じが腹が立つ。残念な先輩を両国でたたきつぶします」と宣言。小島が「7年間で何も成長してなかったと思うと本当に残念」と返し、最後は乱闘寸前になった。

 メインの3冠ヘビー級選手権は、全日本のホープ、宮原健斗が、第56代王者石川修司に挑戦する。宮原は「プロレス界で最高のチャレンジャー宮原が、最高のプロレスラー石川とリング上で向き合います。8月27日は、第57代3冠ヘビー級王者宮原健斗の誕生日です」と王座奪取を宣言。石川は「チャンピオンとしてメインイベントに立てるのは光栄。最高の試合をして、自分が最強であることを証明したい。まだ、ベルトを手放したくないし、防衛を続けたい」とこちらも絶対の自信をのぞかせた。

関連するニュースを読む

石川修司が諏訪魔破って3冠V2「一段強くなれた」

諏訪魔を下し、2度目の防衛に成功した3冠王者の石川

<全日本:後楽園大会>◇17日◇東京・後楽園ホール

 全日本プロレスの3冠ヘビー級選手権試合は17日、東京・後楽園ホールで行われ、王者石川修司(41)が2度目の防衛に成功した。

 諏訪魔のラリアットや岩石落としで窮地に陥ったが、ニーリフト、スプラッシュマウンテンで応戦。最後は19分37秒、ジャイアントスラムで仕留めた。「諏訪魔選手がこのベルトを懸けて戦ってくれて、もう1段階強くなれた」。V3戦は、試合後に挑戦をアピールした前王者宮原と、団体45周年記念の8月27日の両国国技館大会で激突することが確実。同大会には新日本の小島が参戦、諏訪魔と対戦することも発表された。

関連するニュースを読む

石川修司が諏訪魔にリベンジ3冠ヘビー級2度目防衛

諏訪魔を下し、2度目の防衛に成功した3冠王者の石川修司は安堵(あんど)の表情(撮影・藤中栄二)

<全日本:後楽園大会>◇17日◇東京・後楽園ホール◇観衆1595人

 3冠ヘビー級選手権試合で、王者の石川修司(41)が2度目の防衛に成功した。序盤は、挑戦者の諏訪魔(40)から場外でのラリアット、ロープ越しの裸絞めと首を集中的に攻められた。再び短距離ラリアットを浴びた後、ニーリフトで応戦。原爆固めを受ければ、原爆固めで返すなど意地のぶつかり合いを展開した。

 会場が「諏訪魔コール」に包まれる中、2度の岩石落としを食らって窮地に陥った。何とかフォールを返すと変形デスバレーボム、エルボー合戦の後、ニーリフトとスプラッシュマウンテンで主導権を握り返した。最後は19分37秒、必殺のジャイアントスラムで3カウントを奪取。春のチャンピオンカーニバルで敗れていた諏訪魔にリベンジを達成した。「諏訪魔選手がこのベルトに挑戦してくれて、前哨戦から戦い続けて、あらためて諏訪魔選手の強さを知りました」と敬意を表した。

 試合後、リング上に現れた前王者の宮原健斗(28)の挑戦アピールを受けた。全日本45周年記念興行となる8月27日の両国大会で激突することが確実となった。正式に決まれば、王座奪取した5月の後楽園大会以来の再戦となる。石川は「両国国技館という舞台、45周年という舞台でフリーの自分が王者として最後に呼ばれるのはレスラー冥利(みょうり)に尽きる」と3度目の防衛戦を見据えた。

関連するニュースを読む

小島聡「いっちゃうぞバカヤロー」5年ぶり全日参戦

小島聡(写真は2017年7月15日)

<プロレス:全日本後楽園大会>◇17日◇東京・後楽園ホール◇観衆1595人

 02~10年に全日本所属として活躍した元3冠ヘビー級王者で新日本の小島聡(46)が、団体45周年記念興行となる8月27日の両国大会に参戦することが発表された。

 約5年ぶりの全日本参戦となる小島は会場内に設置されたビジョンに動画で登場し「45周年、全日本プロレス8月27日両国大会に、いっちゃうぞ、バカヤロー!!」と力強くアピールした。

 対戦相手は小島との対戦を希望していた諏訪魔(40)となる。諏訪魔が3冠に初挑戦した06年、当時の王者が小島だった。

関連するニュースを読む

森葉子アナと交際のオカダ「プロレスで盛り上げる」

 東京スポーツ新聞社制定16年度プロレス大賞の授賞式が19日、都内のホテルで行われた。

 制御不能ユニット「ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン」で大ブレークしMVPに輝いた新日本プロレスの内藤哲也(33)は「誰がどう考えても16年のMVPはオレ。当然の結果。17年は、2年連続MVPとベストバウトのダブル受賞を目指します」と鼻息荒く語った。

 年間最高試合ベストバウトを受賞した新日本のIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)は、テレビ朝日森葉子アナウンサーとの真剣交際の話題を振られると苦笑しながら「17年は、しっかりプロレスで盛り上げていきたいと思います」と話すにとどまった。

 全日本プロレスから4年ぶりの殊勲賞受賞となった3冠ヘビー級王者宮原健斗は「光栄な賞をいただきありがたい。17年は最高の年にしたい」と話した。11年ぶり2度目の敢闘賞受賞となったノアの中嶋勝彦は「11年間死にものぐるいでプロレスをやってきてよかった。心が救われた。GHCヘビー級王者としてノアを引っ張っていきたい」と決意を語った。

関連するニュースを読む

ベイダー、余命2年宣告 元IWGPヘビー級王者

ベイダー(04年1月3日撮影)

 全日本3冠ヘビー級、新日本IWGPヘビー級元王者ベイダー(61=米国)が複数の医師から余命2年と宣告されたと米テレビ番組で語ったことが24日、米メディアに報じられた。NFL、プロレスでの激闘でうっ血性心不全と診断されたという。

 11月には米コロラド州で深夜に交通事故に巻き込まれたベイダー。車が2回転し、35分意識を失っていたとツイッターで明らかにしていたが、今度は病に襲われた。来年1月2日からは、元WCW世界ヘビー級王者DDP(ペイジ)を米アトランタに訪れ、DDPのヨガ療法で現在173キロの体重から45キロ減量を目指す構えだという。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

宮原健斗、過去全敗の諏訪魔を破り6度目の防衛成功

諏訪魔(左)の顔面にひざ蹴りを浴びせる宮原(撮影・小沢裕)

<全日本:両国大会>◇27日◇両国国技館

 3冠ヘビー級王者宮原健斗(27)が、挑戦者の諏訪魔(40)を下し6度目の防衛を果たした。

 今年2月、前王者諏訪魔の負傷による王座返上を受け、26歳と史上最年少の若さで王座を奪取。その後、関本、秋山ら5人の挑戦者を退け9カ月間ベルトを守り抜いてきた。

 過去4戦全敗の諏訪魔戦も、ピンチの連続だった。強烈なラリアットにカウント2・8まで追い詰められた。しかし、それでもヒザ蹴りの連発から、必殺のシャットダウン・スープレックスで勝利。ようやく諏訪魔の壁を乗り越えた。宮原は「全日本を守ってきた人だから、諏訪魔とこの国技館という舞台をクリアできたことは、大きな自信になった」と胸を張った。秋山社長はこの日、来年8月27日の両国国技館大会開催を発表した。

関連するニュースを読む

ベイダーが交通事故に巻き込まれ九死に一生得る

ベイダー。左はチョップを決める小橋建太(写真は02年9月)

 全日本の3冠ヘビー級、新日本のIWGPヘビー級の元王者ベイダー(61)が8日(日本時間9日)、米コロラド州で深夜に交通事故に巻き込まれ、九死に一生を得た。

 車が2回転し、35分意識を失っていたとツイッターで明らかにした。両目の周りが黒ずみ、額に傷痕が残る写真も投稿した。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

諏訪魔6カ月ぶり復帰戦「デビュー戦より緊張した」

<全日本:後楽園大会>◇14日◇後楽園ホール◇観衆1163人

 右足アキレスけん完全断裂で長期欠場していた諏訪魔(39)が、約6カ月ぶりに復帰戦を行った。1月2日の後楽園大会で負傷。その後、治療のため欠場を決め、3冠ヘビー級王座も返上していた。

 諏訪魔はメインの6人タッグに登場。青木、野村と組んで石川修司、ゼウス、スーパータイガー組と対戦した。試合前の入場では、リングに青色のテープが多数投げ込まれた。試合は、最後は石川にジャイアントスラムを決められ、3カウントで敗れた。

 試合後も大歓声を浴びた諏訪魔は「復帰戦で負けて、プロレスの厳しさ、難しさが身に染みて分かりました。不安だらけで、デビュー戦より緊張した。これから、本格的に動きだし、また新しいものを見つけてやる」と話していた。

 セミでは、23日の博多スターレーン大会で3冠ヘビー級選手権を戦う王者宮原健斗と挑戦者秋山準がタッグ戦で対戦。秋山が、宮原をスターネスダストで破り、前哨戦を2連勝とした。

関連するニュースを読む

3冠の宮原健斗に秋山準が挑戦 全日23日博多大会

23日の博多大会で3冠ヘビー級選手権試合を戦う王者宮原(右)と挑戦者秋山

 全日本プロレスは11日、横浜市内の事務所で、23日の博多大会で3冠ヘビー級王者宮原健斗に、秋山準が挑戦する選手権試合を開催すると発表。

 秋山は「いつもは後輩が先輩を踏み台にするが、宮原はおいしく育っているので、今回はオレが宮原を踏み台にして、ベルトを巻きたい」と語った。また、14日の後楽園大会では世界ジュニアヘビー級王者佐藤に高岩が挑戦する。

関連するニュースを読む

全日本が世界ジュニア、3冠ヘビー級選手権を開催

 全日本プロレスは11日、横浜市内の事務所で会見し14日の後楽園大会で世界ジュニアヘビー級選手権、23日の博多スターレーン大会で3冠ヘビー級選手権試合を開催すると発表した。

 世界ジュニアは、王者佐藤光留に高岩竜一が挑戦する。12年ぶりのタイトル挑戦となる高岩は「IWGPジュニア、GHCジュニアとやって、いやでも意識する。ずっと、ボクの中に世界ジュニアはある。44歳になって本当にチャンス巡ってくるか。今回逃すといつ回って来るか分からないので、今回取りたい」と話した。

 3冠ヘビー級選手権は、王者宮原健斗に、秋山準が挑戦する。秋山は「いつもは後輩が先輩を踏み台にするが、宮原はおいしく育っているので、今回はオレが宮原を踏み台にして、もう1度ベルトを巻きたい」と語った。

関連するニュースを読む

宮原健斗3冠ヘビー3度目防衛、挑戦者に秋山指名

<全日本:後楽園大会>◇15日◇後楽園ホール◇観衆1227人

 3冠ヘビー級王者宮原健斗(27)が挑戦者の真霜を下し、3度目の防衛に成功した。宮原は、真霜の右腕への集中攻撃で大苦戦を強いられた。場外乱闘でも痛めつけられ、何度も窮地に陥った。それでも、得意のヒザ蹴りを顔面、アゴに決めて流れをつくり、最後は21分59秒、原爆固めで勝負を決めた。

 試合後、リング上でマイクを持った宮原は「チャンピオンカーニバル(CC)で敗れた関本さんに勝ち、引き分けた真霜も倒した。今日でV3です。でも、CCであと1人、悔しい思いをした人がいます。秋山準さん、出てきてください。オレが言いたいことはただ1つ。秋山さん、3冠ベルトで勝負しませんか」と、次期挑戦者に秋山準を指名した。

 秋山は「健斗、お前、いいチャンピオンになったな。でも、オレは負けない。もう1度ナイフを研いで、お前の前に立つから」と、宮原の要求に応じた。

関連するニュースを読む

潮崎豪がノア再入団 7・30後楽園で杉浦と防衛戦

 ノアは13日、前全日本でフリーのGHCヘビー級王者潮崎豪(34)が、同日付で再入団したと発表した。

 潮崎は、12年12月末にノアを退団し全日本に移籍。15年1月には3冠ヘビー級王座を獲得したが、同年9月30日に退団し、フリーとなって古巣のリングに上がっていた。7月30日の後楽園大会で、杉浦貴を相手に2度目の防衛戦を行うことも発表された。

関連するニュースを読む

宮原健斗3冠ヘビー2度目防衛「オレは日々進化」

<全日本:後楽園大会>◇25日◇後楽園ホール◇観衆1396人(満員)

 3冠ヘビー級選手権は、王者宮原健斗(27)が挑戦者で今年のチャンピオンカーニバル優勝者、関本大介を下し、2度目の防衛を果たした。

 試合は、パワーの関本に宮原も真っ向勝負で応戦。関本のラリアットで吹き飛ばされながら、宮原もヒザ蹴りを顔面にお見舞いし、互いの意地がぶつかり合った。最後は、宮原が関本を後ろから抱え込み、後頭部からマットにたたきつけ、そのまま3カウント。

 宮原は「関本という強豪を相手に防衛できて、ほっとしている。でもオレは日々進化しているし、今日がゴールではない」と防衛にも、気を引き締めていた。

 試合後に真霜がリングに上がり次期挑戦者に名乗りを上げ、宮原も応じるそぶりを見せた。「すぐに(挑戦者が)出てくる。チャンピオンは休む間もない。次から次に包囲網ができてくる。でも全日本の先頭に立つ覚悟も自覚もある」と宮原は、胸を張った。

 セミで行われた世界ジュニアヘビー級選手権は、王者青木篤志が、挑戦者竹田誠志を破り3度目の防衛に成功した。勝者青木には、佐藤光留が挑戦表明。青木は「やってもいいかな。まだまだ世界ジュニアを面白くしますよ」と宣言した。

関連するニュースを読む

ジュニア青木篤志が白星発進「とにかく勝ちにいく」

<全日本:後楽園大会>◇9日◇後楽園ホール◇観衆1299人

 チャンピオンカーニバルが開幕し、Bブロックでジュニアの青木篤志がジェイク・リーを破り、白星発進した。

 青木は、悪性脳腫瘍のため欠場したエボリューションの仲間ジョー・ドーリングに代わって出場。試合巧者らしくリーの左足を集中的に攻め、最後は変形膝固めで勝利。「入場式でもみんなオレの倍ぐらいでかい選手ばかりだが、とにかく勝ちにいく。優勝を目指す」と宣言した。Aブロックでは秋山がスーパー・タイガーの右ハイキックを後頭部に受け失神。レフェリーストップで敗れる波乱があった。3冠ヘビー級王者宮原は、真霜と30分を超す激闘にも決着がつかず、時間切れ引き分けに終わった。

関連するニュースを読む