上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

新婚K1愛鷹亮「自分の力に」愛妻の前で復活劇狙う

約1年ぶりに復帰するK-1クルーザー級の愛鷹亮(C)K-1

新婚のK-1クルーザー級・愛鷹亮(31)が愛妻の目の前で復活勝利を狙う。3月28日、東京・日本武道館でK-1年間最大の祭典ケイズフェスタ4大会Day2(日刊スポーツ新聞社後援)で、ANIMAL☆KOJI(29)との同級3分3回を控える。

昨年3月のケイズフェスタ3大会で、当時の同級王者シナ・カリミアン(33=イラン)とダウンの応酬の末に逆転負け。その後、両目の網膜剥離で手術を受け、昨夏には右太ももの筋断裂で長期離脱を余儀なくされた。ANIMAL戦は約1年ぶりの復帰戦となる。

度重なる負傷に見舞われた昨年は、元AKB48のすみれ夫人(27)と出会い、支えてもらった、昨年12月には婚姻届を提出し、今夏には第1子が誕生する。16日に神奈川K-1ジム相模大野KRESTで公開練習に臨んだ愛鷹は愛妻が観戦に駆けつけることを明かし「結婚して、帰る場所があることが自分の力になっている。今年は昨年の鬱憤(うっぷん)を晴らすべく、全試合KOで勝つ」と意欲満々だった。

3月28日のケイズフェスタ4大会Day2で1年ぶりに試合復帰するK-1クルーザー級の愛鷹亮(右)は右ストレートを確認(C)K-1
約1年ぶりのリングに向け、強烈な左フックを公開したK-1クルーザー級の愛鷹亮(左)(C)K-1

関連するニュースを読む

ANIMAL☆KOJI野獣対決制し王座挑戦へ意欲

バナナを持って気合十分の表情をみせたK-1クルーサー級のANIMAL☆KOJI(C)K-1

3月28日、東京・日本武道館でK-1年間最大の祭典ケイズフェスタ4大会Day2(日刊スポーツ新聞社後援)に出場するクルーザー級のANIMAL☆KOJI(29)が「野獣対決」を制し、一気に王座挑戦のチャンスをつかむ意気込みを示した。

昨年11月のK-1福岡大会で、同級トップ級のRUI(29)にKO勝利し、対戦要求していた愛鷹亮(31)とのカードが年間最大の祭典で決定した。15日、愛知県内で公開練習に臨んだANIMALは「前回の公開練習をやった時にユーチューブのコメント欄に『愛鷹に似ている』と書かれていた。同じ階級に同じキャラは2人もいらない。野獣は1人で十分」とトップ級ファイターに連勝する意気込みを示した。

5日のカード発表会見では、ANIMALが玩具のバナナを愛鷹に渡し「俺は本物の野獣でお前はニセモノ。おもちゃのバナナでも食っとけ」とも挑発した。その後もSNSを通じて挑発が続いていた。大人の対応で受け流す愛鷹に対し「舌戦は100対0で俺の勝ち。K-1の判定だったら、30-26くらいで俺の圧勝、ほぼほぼKO勝ちですよ。こっちが攻めて攻めて、相手が『いやいや…』みたいな返しだったので、最後まで攻めきった俺の圧勝です」と一方的に“前哨戦”を制した気分に浸った。

RUIに続いて愛鷹も倒すことになれば、一気にクルーザー級王座挑戦のチャンスも現実味を帯びてくる。同級王者K-Jeeが九州出身のため「僕も地元が福岡。K-1で初めて福岡で試合させてもらったので、福岡でK-Jee選手とタイトルマッチがやりたいですね。そのためにもヤツ(愛鷹)を倒さないと道は開けない。次は重要な試合ですよ。でも普通に勝てると思います」と自信たっぷりだった。

鋭いハイキックを公開したK-1クルーザー級のANIMAL☆KOJI(C)K-1

関連するニュースを読む

愛鷹亮「家族パワー」大けが乗り越え1年ぶりリング

3・28ケイズフェスタ4大会Day2で約1年ぶりの復帰戦に臨むクルーザー級の愛鷹(左)。右は対戦相手のANIMAL☆KOJI

K-1クルーザー級の愛鷹亮(31)が3月28日、東京・日本武道館で開催されるケイズフェスタ4大会Day2(日刊スポーツ新聞社後援)でANIMAL☆KOJI(29)と対戦することが5日、発表された。

1月1日に元AKBのクリエーター佐藤すみれ(27)との結婚、今夏の第1子誕生を発表。両目の網膜剥離、右太もも筋断裂の大けがを乗り越え、約1年ぶりのリングに臨む愛鷹は「家族がパワーになり、めっちゃ強くなっている。いずれ必ず王座を」と意気込んだ。

関連するニュースを読む