上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

桜庭が柴田とタッグ 16年8カ月ぶり新日

タッグを組んで新日本のリングに上がる柴田勝頼(左)と桜庭和志

 総合格闘家の桜庭和志(43)が元新日本の柴田勝頼(32=ともにlaughter7)とタッグを結成、23日の新日本・神戸大会で井上亘(39)高橋広夢(22)組と対戦する。8月12日の両国大会に2人で乗り込み売ったけんかが認められた。90年代後半から総合格闘技で一世を風靡(ふうび)した桜庭の新日本リング登場は、UWFインター時代の96年1・4東京ドーム以来16年8カ月ぶり。「総合にはタッグがないから、プロレスでタッグをやりたいと思った。強さを見せつけてやる」と言い切った。

 グレイシーハンターとして鳴らした桜庭の総合出場は一昨年9月のDREAM17が最後。「今は総合より、プロレスに集中したい」という桜庭。きっかけは昨年の大みそかの「元気ですか!! 大晦日!! 2011」に柴田と組んで、IGFの沢田敦士、鈴川真一組とタッグで戦ったことだ。「格闘技にはタッグがない。UWFインター時代のことを思い出した。格闘技や他団体からのオファーもあったけど、柴田とタッグの続きをやりたいと思った。で、殴り込むなら新日本と決めた」と言う。

 初代タイガーマスクに憧れたプロレス少年だった桜庭にとって、現在のプロレス界に不満を持っている。「マイクパフォーマンスで、若手が自分に対して『あいつ』とかいうのは駄目。相手を尊敬して戦うべきだ。カメラの前の口は、お笑い芸人に任せておけばいい」と苦言を呈する。

 プロレスを見ることは少ないが、総合格闘技に参戦したIWGPインターコンチネンタル王者・中邑真輔(32)らの動向は気にしている。「中邑はどうしてる? クネクネしてる? まるで酔拳じゃないか」。

 リング上では強さを見せることにこだわる。「俺たちが新日本の選手と同じスタイルでやっても2人増えただけにしかならない。ローキック連発より、一発をビシッと入れる。130キロぐらいまでなら、原爆固めで投げられる。痛みが伝わるプロレスで、新日本のリングを変えたい」と話した。日本の総合格闘技の歴史を変えた男が、プロレス界に新たな風を吹き込もうとしている。【小谷野俊哉】

関連するニュースを読む

DREAMが「なでしこGP」開催へ

 大みそかに「なでしこGP」が初開催される可能性が出てきた。DREAM.17から一夜明けた25日、都内で会見した笹原圭一イベントプロデューサーが「なでしこジャパンの活躍もあるので華のある大会にしたい」と話し、女子選手によるトーナメント開催を示唆した。今年もさいたまスーパーアリーナで例年のDynamite!!と同規模の興行を開催予定。

関連するニュースを読む

川尻に野望あり!「メーンでやりたい」

 総合格闘家の川尻達也(33=T-BLOOD)が、DREAMのメーンイベント出場に名乗りを上げた。DREAM17(さいたまスーパーアリーナ)から一夜明けた25日、都内のDEEPオフィシャルジムで他の勝利選手とともに会見を行った。フェザー級転向後の初戦となった同級ワンマッチでヨアキム・ハンセン戦に肩固めで1本勝ち。川尻は「1本勝ちは気持ちよかったが、まだフェザー級でしっくりこない違和感があった。気を引き締めて練習したい。DREAMのメーンでやりたいし、野望がいろいろあります」と闘志を新たにした。

関連するニュースを読む

桜庭ギブアップ復帰戦で惨敗/DREAM

桜庭は試合に敗れカラブルと抱き合う

<DREAM17>◇24日◇さいたまスーパーアリーナ◇ウエルター級ワンマッチほか

 桜庭和志(42=Laughter7)が、約9カ月ぶりの実戦復帰で惨敗した。昨年大みそかのDynamite!!以来となる今年初戦で、総合格闘技9戦全勝の新鋭ヤン・カブラル(28=ブラジル)に打撃、グラウンドともに圧倒され、2回2分42秒に肩固めでギブアップ負けした。ミドル級からウエルター級に転向2戦目も勝てず、昨年からの4連敗で今後の去就も微妙になった。

 桜庭はあおむけに倒れたまま、動けなかった。1回にカブラルの左フックを食ってぐらつくと、2回もマットに寝かされて防戦一方。最後は肩固めにタップ、自ら戦いの舞台を降りた。ウエルター級に転向して2戦目。10キロ近い減量でパワーを失い「コンディションの作り方を失敗した。今回の反省を生かして93キロに戻します」と階級再変更の冗談で力なく笑った。

 約9年ぶりのタイトル戦となった昨年末のDynamite!!で、ザロムスキーに右耳裂傷を負わされTKO負け。手術を2度受けた。医師の判断より早くヘッドギアを外して練習し「ザロムスキーとまたやりたい」と、再挑戦を視野に今回の快勝を狙っていた。

 試合後、桜庭は「また頑張ります」と再起を誓ったが、笹原イベントプロデューサーは「年末の大会まで時間もあるので、本人とゆっくり話をしたい」と去就について協議する考え。復活への道のりは、険しさを増した。【山下健二郎】

関連するニュースを読む

川尻初白星15キロ減量が実る/DREAM

ハンセン(下)の肩を締める川尻

<DREAM17>◇24日◇さいたまスーパーアリーナ◇ウエルター級ワンマッチほか

 川尻達也(33=T-BLOOD)がフェザー級転向初戦で鮮やかな白星を挙げた。ヨアキム・ハンセン(32=ノルウェー)をグラウンド勝負で攻め続け、3回には肩固めに入り、2分30秒にタップに追い込んだ。約15キロの減量を乗り越えた川尻は「おっさんだけど誰でもかかってこい。いつか世界一と言われるようになりたい」と決意を口にした。

関連するニュースを読む

青木一本勝ち合宿で技に磨き/DREAM

マックローを下しトロフィーを手にマイクパフォーマンスする青木

<DREAM17>◇24日◇さいたまスーパーアリーナ◇ウエルター級ワンマッチほか

 ライト級王者の青木真也(28=パラエストラ東京/Evolve MMA)が完封勝利を飾った。ムエタイ戦績35勝2敗を誇るロブ・マックロー(34=米国)に付け入る隙を与えず、1回4分57秒、裸絞めで一本勝ち。約2カ月間のシンガポール合宿で技に磨きをかけただけに「(結果は)想定内。アジアの総合チームが世界一になることを目指したい」と飛躍を誓った。

関連するニュースを読む

川尻フェザー級初白星/DREAM

サムアップポーズを決める川尻達也

〈DREAM17〉◇24日◇さいたまスーパーアリーナ◇9270人

 ライト級からフェザー級に転向した川尻達也(33=T-BLOOD)が勝利で同級初戦を飾った。ノルウェーの強豪ヨアキム・ハンセン(32)と5分3回で対戦。1回からグラウンドに持ち込み、パウンドや絞め技を仕掛けた。3回にはサイドポジションから肩固めに入り、2分30秒、タップを奪った。

 リング上でマイクを持った川尻は「タップが取れてうれしい。勝ちたい気持ちは大事だけど、とにかくリング上で自分の持っている力を出そうと思った。2回まではしょっぱい試合をしましたが、フェザー級デビュー戦で、1日1日精いっぱいやっていきたい」とファンに気持ちを伝えていた。

関連するニュースを読む

リオン武あこがれ宇野KO/DREAM

宇野薫を下しファンにあいさつするリオン武

<DREAM17>◇24日◇さいナたまスーパーアリー◇9270人

 フェザー級ワンマッチで、リオン武(31=シューティングジム横浜)があこがれの存在をKOで倒した。宇野薫(36=UCS)と対戦し、序盤から打撃で優位に立ち、右ストレートでダウンを奪取。2回には右ハイキックと右ストレートでダウンを奪い、そのままKO勝ちをおさめた。

 リオンは「12年前に格闘技ファンで、修斗好きでした。あこがれの宇野選手とやれて、お世話になった方々に感謝したい」と感激していた。

関連するニュースを読む

青木裸絞めで1本勝ち/DREAM

マイクパフォーマンスする青木(撮影・沢野健太)

〈DREAM17:ライト級ワンマッチ〉◇24日◇さいたまスーパーアリーナ◇9270人

 DREAM同級王者の青木真也(28=パラエストラ東京/Evolve MMA)が、完封勝利した。ムエタイで35勝2敗の実績があるロブ・マックローと対戦。相手の打撃をかいくぐってタックルを仕掛けると、マックローに反撃の機会すら与えずに1回4分57秒、裸絞めで1本勝ちした。約2カ月間、シンガポールのジムで技に磨きをかけただけに「想定内の結果だと思う。アジアが強くなってきている。アジアのMMAチームが世界一になることを目指したい」と目標を見据えた。

関連するニュースを読む

桜庭9カ月ぶり復帰戦惨敗/DREAM

<DREAM17>◇24日◇さいたまスーパーアリーナ◇9270人

 桜庭和志(42=Laughter7)が、約9カ月ぶりの実戦復帰で惨敗した。昨年大みそかのDynamite!!でウエルター級王者ザロムスキーにTKO負けして以来となる今年初戦。ウエルター級ワンマッチで総合格闘技9戦全勝中の新鋭ヤン・カブラル(28=ブラジル)に打撃、グラウンドともに圧倒され、2回2分42秒に肩固めでギブアップ負けした。ミドル級からウエルター級に転向2戦目だが、昨年から4連敗。桜庭は「試合をやってみて、コンディションのつくり方を失敗したと感じた。また頑張ります」と再起を誓った。

関連するニュースを読む

宇野タイトル戦から後退/DREAM

<DREAM17>◇24日◇さいたまスーパーアリーナ◇9270人

 総合格闘技のパイオニア宇野薫(36=UCS)がタイトル戦から一歩後退した。フェザー級ワンマッチで、リオン武(31=シューティングジム横浜)と対戦。1回、右ストレートでダウンを喫すると、次はカウンターでの右ハイキックでダウン。そのまま1回4分18秒、KO負けとなった。

 今年5月のウィッキー聡生戦で判定勝利し、再びフェザー級タイトル戦線に復帰。リオン戦に勝てば、DREAM同級王者高谷裕之への挑戦者決定戦の形で、川尻達也-ヨアキム・ハンセンの勝者と対戦する見通しだった。宇野は「打撃を警戒し過ぎました。パンチが強かったですね」と淡々と話した。

関連するニュースを読む

中村がハリスに判定負け/DREAM

<DREAM17>◇24日◇さいたまスーパーアリーナ◇9270人

 ミドル級ワンマッチで、旧PRIDEで活躍していた中村和裕(32=吉田道場)が、元UFCファイターに敗れた。UFCで3勝1敗の戦績を残すジェラルド・ハリス(31=米国)と5分3回で激突。パワーを生かして突っ込んできたハリスのタックルをしのぎ、ハイキックやパンチ連打の打撃を繰り出して競り合った。しかし最後に持ち上げられてリングに落とされて3回を終了。1-2のわずかな差で惜敗した。

 負けた中村は「向こうに先手先手で取られました」と反省。勝ったハリスも「スピードと手数は私の方が上だが、中村の心意気は私よりも上回っていた」と話していた。

関連するニュースを読む

北岡2-1判定勝ち/DREAM

<DREAM17>◇24日◇さいたまスーパーアリーナ◇9270人

 DREAM初参戦同士のライト級の戦いは、北岡悟(31=LOTUS)が、2-1の判定でヴィラミー・シケリム(24=ブラジル)を破った。1回から果敢にタックルに飛び込み、3回にはグラウンドで下から首を極めて優勢に戦った。

 「勝ってよかった。負けたら脱落みたいな部分があるので、勝ち負けがすべてだと思っている」と振り返った。

 判定にまでもつれたことに「面白いか面白くないかで、僕に期待されていることを考えると今日は駄目。これくらいしかできないのかという悔しさもある。でも、勝ったからこそ、続けられる」と話していた。

関連するニュースを読む

所1回戦で姿消す/DREAM

<DREAM17:バンタム級世界トーナメント1回戦>◇24日◇さいたまスーパーアリーナ◇9270人

 7月のトーナメントで優勝してDREAMバンタム級初代日本王者になった所英男(34=リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)が、1ー2の判定でアントニオ・バヌエロス(32=米国)に敗れ、1回戦で姿を消した。飛び込もうとするバヌエロスと距離を保ち、グラウンドで右腕を取りにいったが極めきれなかった。

 所は「自分より強かった、という感じ。下になった時間が長すぎた。“ダメ元精神”が足りなかった」。バヌエロスは「興奮している。勝ててうれしい。打撃、テークダウンとも、私の方が良かった」と話した。

関連するニュースを読む

川尻減量でキレ「新しい姿を見せたい」

前日計量を1発クリアした川尻は、引き締まった体に力を入れてガッツポーズ

 今日24日開催のDREAM17(さいたまスーパーアリーナ)に出場する川尻達也(33=T-BLOOD)が、フェザー級転向後の初戦快勝でタイトル戦線に名乗りを上げる。23日、都内で前日計量に臨み、リミットを100グラム下回る64・9キロで一発クリア。同級ワンマッチのヨアキム・ハンセン戦へ「新しい川尻達也の姿を見せたい」と誓った。

 ライト級時代より10キロ以上の減量に成功。「鏡を見て自分でも細くなったと思う」と笑うが、スピードと技のキレが増した。今回がフェザー初戦ながら、インパクトを残す勝ち方をすれば、王者高谷への挑戦権獲得レースで優位に立てる。親交のある3人組ロックバンド「B-DASH」の生演奏で入場予定だ。

関連するニュースを読む

DREAM前日計量を全22選手クリア

 DREAM17(24日、さいたまスーパーアリーナ)の前日計量が23日、都内のホテルで行われ、出場全22選手が計量をクリアした。ライト級からフェザー級に転向した川尻達也(33=T-BLOOD)が、リミットを100グラム下回る64・9キロで終えるなど、日本人選手は全員が1発クリアした。バンタム級世界トーナメントに出場するエイブル・カラム(24=米国)は、台風の影響で来日が1日遅れてコンディション調整に苦しみ、リミットから1・8キロオーバー。2度の再計量を経て、61キロジャストに整えた。

 試合順と対戦カードは次のとおり。

 ▼第1試合(無差別級ワンマッチ)ミノワマン-バル・ハーン

 ▼第2試合(バンタム級世界トーナメント1回戦)ユサップ・サーデュラエフ-ホドルフォ・マルケス・ディニス

 ▼第3試合(バンタム級世界トーナメント1回戦)今成正和-エイブル・カラム

 ▼第4試合(バンタム級世界トーナメント1回戦)大塚隆史-ビビアーノ・フェルナンデス

 ▼第5試合(バンタム級世界トーナメント1回戦)所英男-アントニオ・バヌエロス

 ▼第6試合(ミドル級ワンマッチ)中村和裕-ジェラルド・ハリス

 ▼第7試合(ライト級ワンマッチ)北岡悟-ヴィラミー・シケリム

 ▼第8試合(ウエルター級ワンマッチ)桜庭和志-ヤン・カブラル

 ▼第9試合(フェザー級ワンマッチ)宇野薫-リオン武

 ▼第10試合(フェザー級ワンマッチ)川尻達也-ヨアキム・ハンセン

 ▼第11試合(ライト級ワンマッチ)青木真也-ロブ・マックロー

関連するニュースを読む

台風余波ビビアーノDREAM会見を欠席

 明日24日開催のDREAM17(さいたまスーパーアリーナ)バンタム級世界トーナメントに出場する優勝候補のビビアーノ・フェルナンデス(31=ブラジル)が、台風余波に巻き込まれた。22日、都内で行われた出場外国人選手の公式会見を欠席。前日21日の来日便が台風を避けて新千歳空港に着陸し、一夜明けたこの日、新千歳から成田空港を経由して都内入りしたが間に合わなかった。笹原イベントプロデューサーは「台風もビビアーノを追うように北上して、さらに遅れたのでは。減量が大変だと思う」と気の毒がった。

関連するニュースを読む

DREAM追加カードにミノワマン

 DREAM17(24日、さいたまスーパーアリーナ)の追加カードが20日、主催者側から発表された。第1試合の無差別級ワンマッチで、ミノワマン(35=フリー)とバル・ハーン(33=モンゴル)が対戦する。

関連するニュースを読む

DREAMメーンは青木対マックロー

 24日にさいたまスーパーアリーナで行われるDREAM17の試合順が17日、発表された。全10カードのうち、メーンはDREAMライト級王者青木真也(28=パラエストラ東京)-ロブ・マックロー(34=米国)に決まった。なおセミファイナルはフェザー級に転向したばかりの川尻達也(33=T-BLOOD)-ヨアキム・ハンセン(32=ノルウェー)となった。

 注目の日本人対決となる宇野薫(36=UCS)-リオン武(31=シューティングジム横浜)は第8試合、今季初戦となる桜庭和志(42=Laughter7)は第7試合でヤン・カブラル(28=ブラジル)と対戦する。

関連するニュースを読む

桜庭9カ月ぶり復帰戦へドラえもん!?

長時間に及ぶドラえもんのイラスト制作で練習相手を“KO”し、ご満悦の桜庭

 24日DREAM17(さいたまスーパーアリーナ)に出場する桜庭和志(42=LAUGHTER7)が“オレ流調整”で約9カ月ぶりの復帰戦に臨む。16日、都内で練習を公開。練習相手の背にパソコンを乗せ、イラスト制作ソフトで「ドラえもん」を描く内容。「集中し小技を使うので(格闘技と)似た部分がある」とウエルター級ワンマッチのヤン・カブラル戦へ効果を話した。

関連するニュースを読む