上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

皇治、那須川に敗れるも「効いた攻撃はなかった」

皇治(左)に飛び膝蹴りを決める那須川(撮影・中島郁夫)

<RIZIN24>◇27日◇さいたまスーパーアリーナ

7月にRIZINに電撃移籍した皇治(31=TEAM ONE)が、キックボクシング界の「神童」那須川天心(22=TARGET/Cygames)に、0-3の判定で敗れた。

立ち上がりから、那須川がスピードを生かした攻撃で圧力をかけると、膝蹴り、パンチで一気にペースをつかんだ。2回に入ると皇治も積極的に距離を詰めたが、那須川はローキック、ノーモーションの左ストレートなどを冷静に返した。

有効打を奪えずに敗れた皇治は「ダウンを奪われない競技ではない。結果を出せずに素直に情けないし、自分にがっかりしているが、効いた攻撃はなかった。(那須川は)スピードはあるが、パンチとか蹴りは全然強くなかった。ただ、全部出し切れなかったのも天心君のうまさ。距離を取るのもうまかった。もっと殴り合いたかった」と振り返った。

試合後の公式会見では、ファンが待望する那須川天心とK-1のエース武尊戦についても言及。両者と対戦したことで、2人の印象を問われると「俺が言えることではないが、唯一(2人と)やった俺が喋れるとしたら、武尊の方が強い」ときっぱり。「やったら面白いし、いつかやってくれればいいですよね。リング上でも(那須川に)『分かってるやろ』っていう話はした。格闘技界を盛り上げるためにも、そういうカードが実現しないといけない」と夢対決の実現を願った。

皇治(下)に飛び膝蹴りを決める那須川(撮影・中島郁夫)
皇治(左)にパンチを浴びせる那須川(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

那須川天心が皇治に判定勝利「熱いファイトできた」

皇治(左)にパンチを浴びせる那須川(撮影・中島郁夫)

<RIZIN24>◇27日◇さいたまスーパーアリーナ

キックボクシング界の「神童」那須川天心(22=TARGET/Cygames)が、元K-1ファイターで、7月にRIZINに電撃移籍した皇治(31=TEAM ONE)に3-0の判定で勝利した。

試合が始まると同時に、那須川が左の蹴りを中心に圧力をかけ、膝蹴り、スピードを生かしたパンチで一気にペースをつかんだ。残り30秒を切ると、皇治も反撃を試み、両手を広げて挑発。2回に入ると皇治が積極的に距離を詰めにかかったが、那須川はローキック、ノーモーションの左ストレートなどで冷静に応戦した。

3回は那須川がさらに攻め手を強めたが、皇治も被弾覚悟で反撃。意地と意地がぶつかり合う熱戦は判定にもつれ込み、有効打で上回った那須川が勝利をつかんだ。

リング上でインタビューに応じた那須川は「試合前から(皇治に)あおられて、むかついていたが、熱いファイトができてよかった。もう少し冒険して打ち合いにいってもよかったが、ほぼ何ももらわなかったので良かった。僕にはたくさん夢がある。今後も注目し続けてくれたらうれしい」とアピールした。

皇治(左)に飛び膝蹴りを決める那須川(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

山崎秀晃崖っぷちから王座「K1で生きてきた証明」

スーパーライト級王座奪取に成功し、会見に出席した山崎(撮影・南谷竜則)

22日のK-1スーパーライト級タイトルマッチ(エディオンアリーナ大阪)で、王座奪取に成功した山崎秀晃(33)が一夜明けた23日、大阪市内で会見を行った。

14年からK-1に参戦も、同ベルトを手に入れたのは今回が初めて。負けたら引退と決め、崖っぷちで挑んだ33歳は「今、手元にベルトがあることに非常に満足しています。K-1で生きてきた証明ができた」と改めてその喜びを語った。

前王者の安保瑠輝也(24)はこの試合を最後に階級を上げることを示唆していたが、山崎は「(安保から)連絡をもらって、(階級を)アップ予定だったけど、とどめると言っていた。スーパーライト級は激戦区で、そのなかで、率先して(強さを)証明していく存在になりたいと思っています」と遅咲きの王者が新たな歴史をつくる。

関連するニュースを読む

椿原龍矢「再戦を」江川優生試合3週間前に左足骨折

王者江川に勝利し、会見に出席した椿原(撮影・南谷竜則)

22日の「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」のスーパーファイトで椿原龍矢(21)に判定で敗れたフェザー級王者の江川優生(22)が23日、試合の3週間前に左足の人さし指を骨折していたことがわかった。

激戦から一夜明け、大阪市内で会見に出席した中村拓己プロデューサーによれば、走ることもできない状態だったが、3月もケガで欠場していたことから今回は出場を決断したという。「江川選手からはタイトルマッチで再戦したいということを聞いています」と報告。時期は未定だが、万全の状態で実現できるように調整する考えを明かした。

椿原は「タイトルマッチは光栄でうれしい。チャンピオン、早くケガを治して、僕と再戦よろしくお願いします」と語った。

関連するニュースを読む

武尊が豪快な技披露!才賀紀左衛門のK1復帰を歓迎

K-1 WORLD GP2020 スペシャルエキシビションマッチ 武尊対才賀紀左衛門 特別試合で激しい攻防をみせる武尊(左)と才賀(撮影・清水貴仁)

<K-1:WORLD GP 2020 JAPAN>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

スーパーフェザー級王者の武尊(29)が、総合格闘技で知られる才賀紀左衛門(31)とスペシャルエキシビジョンマッチで対戦した。

エキシビジョンマッチらしく武尊は胴回し回転蹴りを披露するなど、豪快な技を見せた。パンチで才賀を追い込む場面も見られ、実力を証明した。

武尊は久しぶりにK-1のリングに立った才賀に「紀左衛門君が帰ってきてくれて、その気持ちに応えようと今日の試合に出ました」と話した。才賀は「みんなの前でやれて自分の実力がわかった。ここから盛り上げていく」と語った。

武尊は11月3日に福岡国際センターでKrush同級王者のレオナ・ペタスの挑戦を受ける。

K-1 WORLD GP2020 スペシャルエキシビションマッチ 武尊対才賀紀左衛門 特別試合で激しい攻防をみせる武尊(右)と才賀(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

高梨knuckle美穂が判定勝ち「詰めが甘く」

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1女子ミニマム級 MIO対高梨knuckle美穂 MIO(左)に判定勝ちする高梨(撮影・清水貴仁)

<K-1:WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

女子ミニマム級で元Krush女子アトム級王者の高梨knuckle(ナックル)美穂(27)が、元シュートボクシング(SB)日本女子ミニマム級王者のMIO(25)に3-0の判定勝ちをした。MIOは地元大阪でのK-1デビュー戦を勝利で飾ることができなかった。

前蹴りでリーチに劣る相手に距離をつかませない頭脳的な戦略を見せた。スキを見つけるとすかさずワン・ツーでポイントを稼いだ。ほぼクリーンヒットをもらわず完璧な勝利だった。

KO決着を望んでいた高梨は「詰めが甘くて倒すことができなかった。コロナが落ち着いて、トーナメントができるようになったら、外国人とやりたい」と語った。MIOは「調子が悪かったわけでもない。自分の距離がつかめなかった。(高梨とは)ライバルとしてからんでいけたらなと思います」と話した。

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1女子ミニマム級 MIO対高梨knuckle美穂 MIO(左)にパンチを浴びせる高梨(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1女子ミニマム級 MIO対高梨knuckle美穂 MIO(右)にパンチを浴びせる高梨(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

瓦田脩二「まだまだだな」SEIYA破るも満足せず

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1ライト級 瓦田脩二対SEIYA 打ち合う瓦田(左)(撮影・清水貴仁)

<K-1:WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

ライト級スーパーファイトで瓦田脩二(26)が、SEIYA(23)を判定で破った。

序盤、180センチの長身を生かした長いリーチの左で相手をコーナーに追い詰めると、打ち下ろすような右をヒットさせた。

だが、相手も粘り最終ラウンドにもつれ込んだ。瓦田は「パンチのテクニックを磨いてきたので、1ラウンドは自分のリズムでできたが、まだまだだな」と勝利も満足せず、次を見据えた。

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1ライト級 瓦田脩二対SEIYA 攻め立てる瓦田(右)(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1ライト級 瓦田脩二対SEIYA 攻め立てる瓦田(右)(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

山崎秀晃が引退隣り合わせも王座奪取、安保1回KO

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ安保瑠輝也対山崎秀晃 タイトルを奪取する山崎(撮影・清水貴仁)

<K-1:WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

スーパーライト級タイトルマッチで挑戦者山崎秀晃(33)が、王者安保瑠輝也(24)を1回KO勝ちで粉砕。2年前の同じ会場での屈辱を晴らし、悲願の王座奪還を果たした。

初回から山崎が攻めまくった。早々にダウンを奪うと、同1分19秒、カウンターの左で顎を打ち抜いた。王者が天井を見て崩れ落ちた瞬間、新王者は腕を突き上げ喜びを爆発させた。

18年12月、延長戦の末KO負け。その後4連勝と勝ちを重ねたが、前日の計量では安保に「差を見せつける」と言われ悔しさを味わった。

その一方で、リングに上がる直前まで不安と戦っていた。負けたら引退とこの試合を現役生活の「集大成」と位置づけていた。「このまま終わってしまうんじゃないかという思いが大半だった」と振り返った。

タイトルマッチが決定しても自分を追い込むまでには至らなかった。練習仲間に「走りに行こう」と引っ張られ、甘さを打ち消すことができた。「諦めずにがんばってきた。神様がしっかり見てくれていた。『もう少しがんばれよ』ということだと思います。(今は)ホッとしてますし、K-1で生きてきた証明をすることができた。最高です」と腰に巻いたチャンピオンベルトを見つめた。【南谷竜則】

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ安保瑠輝也対山崎秀晃 1回、いきなり安保(右)からダウンを奪う山崎(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

K1椿原が番狂わせ 王者江川に判定勝ちで男泣き

K-1 WORLD GP2020JAPAN -58kg契約 江川優生対椿原龍矢 判定勝ちに歓喜する椿原(右)(撮影・清水貴仁)

<K-1:WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

フェザー級のスーパーファイトで椿原龍矢(21)が、K-1同級王者の江川優生(22)に判定勝ち。番狂わせを起こした。

江川の攻撃が空を切った。左フックをかわされ、膝蹴りはガードで無傷。一方で椿原は横に逃げながら、左ハイキックや前蹴りで相手との距離を保ち、ガードが甘くなった隙にワンツーを決めた。

判定は1人がドロー、2人が椿原にポイントを付けた。21歳はリング上で男泣き。「(今回は)ベルトがないけど、いけるんだったらベルトに挑戦させてください。これをリングの上から言うのは夢だった。やったー!」と喜びを爆発させた。

K-1 WORLD GP2020JAPAN -58kg契約 江川優生対椿原龍矢 江川(左)にパンチをヒットさせる椿原(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

卜部功也が延長勝ち「教えることで学べている」K1

K-1 WORLD GP2020JAPAN -63.5kg契約 卜部功也対篠原悠人 篠原(右)に連打を浴びせる卜部(撮影・清水貴仁)

<K-1:WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

元K-1ライト級王者の卜部功也(30)が63・5キロ契約のスーパーファイトで、元krushスーパーライト級王者の篠原悠人(22)を破り、約1年2カ月ぶりの復帰戦を勝利で飾った。

卜部が2回、篠原が3回にそれぞれワンツーでダウンを奪った。3回終了後1人が卜部、2人がドローの判定で延長戦へ。卜部が左のミドルを要所で決め、相手の攻撃意欲をつぶし延長を制した。

卜部は19年7月以来のリング。その間、自らのジムを立ち上げた。「ジムで教えることで自分も学べている。足りないものを学ばせてもらった」と語った。

K-1 WORLD GP2020JAPAN -63.5kg契約 卜部功也対篠原悠人 2回に篠原(右)からダウンを奪う卜部(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN -63.5kg契約 卜部功也対篠原悠人 篠原(左)にキックを見舞う卜部(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN -63.5kg契約 卜部功也対篠原悠人 篠原(左)をロープ際に追い込む卜部(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

K1杉本仁「パワーがすごくて」加藤久輝に判定勝ち

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1クルーザー級 加藤久輝対杉本仁 延長戦で加藤(右)からダウンを奪う杉本(撮影・清水貴仁)

<K-1 WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

クルーザー級のスーパーファイトで杉本仁(29)が、加藤久輝(38)を延長の末判定勝ちした。

延長開始直後、スタミナ切れの相手の顔面に右ストレートを打ち込みダウンを奪った。その後も、逃げる相手を追い込み、3-0で勝利した。

杉本は「今日の試合は延長で判定だったが、勝てて良かった。(加藤は)思った通りパワーがすごくて圧力があった」とホッとした表情を見せた。加藤は「38歳に延長戦はきつい。1ラウンドはいいところまで攻めたが、ちょっとずつ失速した」と無念そう。

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1クルーザー級 加藤久輝対杉本仁 延長戦で攻勢に出る杉本(右)(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1クルーザー級 加藤久輝対杉本仁 延長戦、終了間際に大技を出す加藤(左)、しかし杉本がガードする(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

TETSU判定勝利「早く勝ったよと言いたい」K1

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1スーパー・フェザー級 パンチを浴びせるTETSU(左)(撮影・清水貴仁)

<K-1 WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

スーパーフェザー級のTETSU(19)が、スーパーファイトで西元也史(なるふみ、22)を3-0の判定で破った。

1回に相手の左で攻撃の出ばなをくじかれた。だが、2回中盤に渾身(こんしん)の右ストレートで顎を打ち抜き、ぐらつかせると、一気にラッシュを掛けた。倒すには至らなかったが、地元大阪で勝ち名乗りを上げた。

勝利しさわやかな笑顔を見せた19歳は「(2回の右ストレートは)全然覚えていないが、練習したことが自然に出たと思う。お父さんとか練習仲間が見に来てくれた。早く『勝ったよ』と言いたい」と語った。

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1スーパー・フェザー級 キックをみせるTETSU(右)(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

近藤拳成「まだまだ」ドクターストップでTKO勝ち

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1スーパー・ライト級 近藤拳成対泰斗2度のダウンを奪う近藤(右)(撮影・清水貴仁)

<K-1 WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

大阪の近藤3兄弟の次男でスーパーライト級の拳成(21)が、泰斗(32)の顔面を陥没させる強打でTKO勝ちした。

1回残り約1分から右ストレートを顔面に決めコーナーに追い詰めると、左でけん制しながら右の連打でダウンを奪った。さらに、2回再びパンチの連打で2度目のダウンを奪った。3回開始直後、泰斗の右こめかみ付近が陥没していることからドクターストップ。勝負が決まった。

指導者の兄大成(27)とK-1甲子園2017、2018の65キロ王者・魁成(19)を弟に持つ格闘技一家で育った。「自分はまだまだ。来年1年練習して、65キロの世界のベルトを取る。弟の魁成と一緒に応援お願いします」と語った。

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1スーパー・ライト級 近藤拳成対泰斗2度のダウンを奪う近藤(右)(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1スーパー・ライト級 近藤拳成対泰斗2度のダウンを奪う近藤(右)(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

現役消防士の三井大揮、黒田勇斗に判定負け K-1

K-1 WORLD GP2020JAPAN プレリミナリーファイト スーパー・バンタム級 黒田勇斗対三井大揮 ジャンピングニーをヒットさせる黒田(右)(撮影・清水貴仁)

<K-1 WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

京都の現役消防士ファイターでスーパーバンタム級の三井大揮(29)が、黒田勇斗(21)に3-0の判定負けを喫した。

168センチ。真っ黒に日焼けし、鍛え上げた筋肉でガードを堅め、174センチとリーチの長い相手の攻撃をかいくぐった。だが、懐に飛び込んだ途端に膝蹴りで阻まれ突き放された。KOを狙った最終ラウンドでは逆にコーナーに追い詰められた。ダウンはなかったものの痛い敗北を喫した。

K-1 WORLD GP2020JAPAN プレリミナリーファイト スーパー・バンタム級 黒田勇斗対三井大揮 コーナーで相手に攻め立てる黒田(右)(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

K1安保瑠輝也「相手は集大成、僕は上に行こうと」

計量を終えたスーパーライト級王者の安保(左)と挑戦者の山崎(右)(撮影・南谷竜則)

K-1の「WORLD GP 2020 JAPAN」が22日、エディオンアリーナ大阪で行われる。スーパーライト級タイトルマッチに出場する王者安保瑠輝也(24)は21日、大阪市内で公開計量し、挑戦者山崎秀晃(33)に必勝宣言をした。

2人は18年に「年間最高試合」に選ばれる激闘を演じ、安保がKO勝利。今後階級を上げることも視野に入れている王者は「相手は『この試合が集大成』と言っているが、僕はこれから上に行こうとしているので、その差を見せつけたい」と語った。

関連するニュースを読む

K1王者安保、挑戦者山崎に返り討ち宣言 公開計量

計量を終えたスーパーライト級王者の安保(左)と挑戦者の山崎(右)(撮影・南谷竜則)

K-1の「WORLD GP 2020 JAPAN」(22日、エディオンアリーナ大阪)で行われるスーパーライト級タイトルマッチの公開計量が21日、大阪市内であり、王者の安保瑠輝也(あんぽ・るきや、24)が18年に破った挑戦者の山崎秀晃(33)に返り討ち宣言をした。

2人は2年前も同じ会場で対戦。「年間最高試合」と評価される激戦で、安保が延長戦の末、左ハイキックでKO勝利を挙げた。安保は山崎の印象を問われ「山崎選手は2年前と何も変わってない」と挑発。自身はゲーオ・ウィラサクレック(タイ)との同タイトルマッチ2連戦に勝利したことを挙げ「戦ってきた相手が違う。僕は強くなってるのでその差を見せつけたい」と余裕の表情を見せた。

山崎は「2年もたっているのでレベルも上がっていると思います。過去は過去で、今は今。しっかりぶつかりたい」と語った。

関連するニュースを読む

K1弘輝「好きになりそう」朝久泰央に“先制口撃”

計量を終えにらみ合う弘輝(右)と朝久(左)(撮影・南谷竜則)

K-1の「WORLD GP 2020」が、22日にエディオンアリーナ大阪で行われる。21日、スーパーファイトに出場するライト級の弘輝(23)が、対戦相手の朝久泰央(たいおう、22)に“先制口撃”した。

この日、大阪市内で行われた計量をパスした2人は、向き合うとバチバチのにらみ合い。弘輝が左のアッパーを寸止めすると、負けじと朝久も右の拳を相手の顔面に触れるぐらいに近づけて、お返しした。

だが、その後の会見では一転して、弘輝が優勢だった。意気込み語る朝久を見て「かわいいしゃべり方。好きになりそうです」と冷やかした。意表を突いた“先制パンチ”を受けた朝久は「ありがとうございます」と苦笑するなど、たじたじだった。

計量後の会見で笑顔を見せる弘輝(右)と朝久(左)(撮影・南谷竜則)

関連するニュースを読む

那須川と対戦の皇治、私服姿で「練習?やらない」

「RIZIN.24」で対戦する那須川天心(左)と皇治(20年8月27日撮影)

総合格闘技イベント「RIZIN 24」(27日、さいたまスーパーアリーナ)で、那須川天心(22=TARGET/Cygames)と対戦する、元K-1ファイターの皇治(31=TEAM ONE)が21日、オンラインで公開練習を行った。「公開練習」ながら、私服姿で姿を見せると、すぐにサングラスをかけ「練習? やらないですよ。秘策があるので、見せないです」と質疑応答のみの対応となった。

減量など調整について聞かれても「試合は大丈夫。やることは1つなんで。覚悟は試合が決まった時からできている。日本中がひっくり返るような試合をする」と豪語。「減量? 腹が減るんでマイナスしかないが、それを言い訳にはしない。不利になると言われるけど、痩せて男前に磨きがかかってきた」とジョークを交えて応えるなど、強気な姿勢を貫いた。

スピードとテクニックを武器とする那須川に対し、皇治は「根性で対抗する」ときっぱり。「ファイターとして強くなることが目標ではなく、天心を泣かすためだけのトレーニングをしてきた。何が起こるか、楽しみにしておいてほしい」と話した。

関連するニュースを読む

那須川「出していない必殺技たくさんある」皇治戦へ

「RIZIN.24」で対戦する那須川天心(左)と皇治(20年8月27日撮影)

今月27日の総合格闘技イベント「RIZIN 24」(さいたまスーパーアリーナ)に出場する那須川天心(22=TARGET/Cygames)が19日、オンラインで練習を公開した。

元K-1ファイターの皇治(31=TEAM ONE)との対戦に向け、マスボクシングなどで汗を流すと、「最高潮に仕上がっている」と好調をアピール。大会は当日午後8時から、フジテレビ系で全国放送(一部地域を除く)される。「まだ出していない必殺技がたくさんあるので、使えるチャンスがあれば使おうと思っている。ぜひ生で見てもらえたら」とPRした。

関連するニュースを読む

K1がサイバーエージェントと出資契約を締結

サイバーエージェントとK-1のコラボロゴ(C)K-1

「K-1WORLDGP」「Krush」「KHAOS」などを運営するM-1スポーツメディアがサイバーエージェントと出資契約を締結する。K-1実行委員会が18日、発表した。

サイバーエージェントが手掛けるテレビ&エンターテインメント「ABEMA」では開局以来、「K-1WORLDGP」「Krush」「KHAOS」を生中継し、今年3月22日の「K'FESTA.3」ではABEMAの全スポーツ中継で歴代最多の視聴数を記録した。また、格闘番組「格闘代理戦争」はK-1が協力し、3シリーズが実施されているほか、サイバーエージェントの子会社OENの支援により、オンライン特化型の新ライン「K-1DX」もスタートした。

こうした状況にあって、M-1スポーツメディアではサイバーエージェントからの出資を通じ、K-1コンテンツのさらなる拡充を目指す。同社広報は「我々は日本発の立ち技格闘技K-1を競技として確立させ、格闘技の枠を超えたメジャースポーツに成長・発展させることで“100年続くK-1”を目指していきます」としている。

関連するニュースを読む