上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

比嘉大吾「特別な王者に」15連続KOでV2宣言

にらみ合うWBC世界フライ級王者比嘉(左)と挑戦者フエンテス


 プロボクシングWBC世界フライ級王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が、日本記録に並ぶ15連続KO勝利への自信と手応えを口にした。4日に沖縄県立武道館で開催される2度目の防衛戦を控え、2日には那覇市内で2階級制覇王者となる同級9位の挑戦者モイセス・フエンテス(30=メキシコ)と調印式に出席。同じ沖縄出身の元WBC世界スーパーライト級王者浜田剛史らの持つ15連続KO勝ちに王手をかけている比嘉は「KOで勝ちたい。絶対に(15連続KOを)やらないといけない。それがあるから注目されている。KOで勝てば王者として注目されるし。特別な王者として見られる。狙っていきたい」とキッパリと宣言した。

 師匠の具志堅用高会長(62)は81年3月8日、自らがWBA世界ライトフライ級王者として臨んだ14度目の防衛戦以来となる沖縄県での世界戦に感慨深げ。「私の世界戦以来、37年ぶりで、比嘉大吾がボクシングブームを沖縄に持ってきてくれると信じている」と大きな期待を寄せていた。

関連するニュースを読む

小西伶弥3・18世界初挑戦 カニサレスと無敗対決

小西伶弥(17年9月2日撮影)


 15戦無敗のWBA世界ライトフライ級2位小西伶弥(24=真正)が世界初挑戦する。同級1位カルロス・カニサレス(24=ベネズエラ)との王座決定戦を3月18日に神戸ポートピアホテルで行うことが26日、所属ジムから発表された。同僚のWBO世界ミニマム級王者山中竜也の初防衛戦とダブル世界戦となる。

 神戸市内で会見した小西は「全力で勝ちにいく。(階級を)上げることで力を発揮できる。(山中と)仲良く2人でチャンピオンとして終われれば」と意気込んだ。昨年12月に日本ミニマム級王座の2度目防衛に成功し、階級を上げての世界挑戦に照準を合わせていた。

 WBAのライトフライ級は田口良一が昨年12月にIBFとの統一王者となったため、正規王座は空位。カニサレスは16年12月に田口と引き分けた以外は19勝負けなしの強豪で、ベルトをかけた無敗対決となる。

関連するニュースを読む

井岡一翔が引退発表も、復帰「ゼロとはいえない」

引退を発表する井岡一翔(撮影・横山健太)


 ボクシング世界3階級を制した前WBA世界フライ級王者の井岡一翔(28=井岡)が12月31日、横浜市内で記者会見し、現役引退を表明した。「ボクシングを始めたきっかけだった世界3階級制覇を達成したので」と理由を説明した。引退届は30日に日本ボクシングコミッション(JBC)に受理された。ただ、国内ジム所属選手最多タイ「世界戦14勝」を誇る男に体力面の問題はない。情熱を取り戻し現役復帰となれば、米国など海外進出が有力な選択肢になりそうだ。

 井岡が「引退」で沈黙を破った。

 「ボクシングを始めた時のきっかけだった3階級制覇を成し遂げることができたので、引退しようと決めました。満足しています。でも(15年12月31日に3階級制覇を決めたレベコとの)再戦で勝ってこそ王者と思っていたので…。5度目の防衛戦の前に(引退を)決めました」

 4月23日にノクノイを下し5度目の防衛。元WBA世界ライトフライ級王者具志堅用高の日本記録「世界戦14勝」に並んだ。翌24日の会見以来250日ぶりの公の場。この日は父の井岡一法会長(50)がおらず、1人きり。週刊誌などで父との確執が報じられたが「父、両親があって今の自分があると感謝しています」。引退も「気持ちを伝えて『分かった』と言ってもらった」とした。

 世界最速のデビュー18戦で世界3階級を制した。それが、引退の決め手だった。「おじさん(元世界2階級王者井岡弘樹氏)の時から3階級制覇が井岡家の夢。幼い頃から、それを途方もないことだと感じていた」という。復帰については「その思いがあれば、ここにはいません。ただ、ゼロとは言えない」。今後については「次のビジョンのイメージはある。応援してくださった方に、さらに期待を持ってもらえると確信しています」と話すにとどめた。

 衝撃の決断だが、井岡はまだ28歳。プロのキャリアは23試合で、高い防御技術で強烈なダメージもほとんど受けていない。体力的な問題はなく、達成感を経て、再び情熱を取り戻せば、再起は十分考えられる。

 その場合、舞台は海外が有力な選択肢になる。現時点で「(海外は)全く考えていない」と話したが、ライセンス再取得が必要な国内復帰に比べ、海外はプロモーターと契約、現地コミッションの承認を得れば活動できるため、障害は少ない。「世界3階級王者」の肩書も心強い。「唯一無二の王者になりたい」が口癖の男がラスベガス、アトランティックシティーなど“本場”を選んでも不思議はない。可能性を残し、名王者がグローブを置いた。

関連するニュースを読む

井岡一翔が引退表明、15年に世界最速3階級制覇

井岡一翔


 ボクシング世界3階級を制した前WBA世界フライ級王者の井岡一翔(28=井岡)が31日、横浜市内で会見し、現役引退を表明した。30日に日本ボクシングコミッション(JBC)に引退届を受理された。

 この日放送されたTBS系列「KYOKUGEN」内で生中継された会見の中で「引退を決意しました」と話した。

 井岡は4月23日のノクノイ戦で5度目の防衛に成功し、元WBA世界ライトフライ級王者の具志堅用高が持つ国内ジム所属選手の日本記録「世界戦14勝」に並んだ。しかし、その後はボクシングから離れ、5月17日に歌手谷村奈南(30)と結婚。拠点を大阪から都内に移していた。

 陣営はWBA1位のアルテム・ダラキアンと大みそかに防衛戦を行う準備を進めたが、調整不足を理由にキャンセル。11月9日には王座を返上していた。その際、父の井岡一法会長(50)は「2つに1つ。スイッチが入れば、3カ月あれば試合の準備はできる。モチベーションがないなら、引退せな仕方がない」と話し、去就が注目を集めていた。

 ◆井岡一翔(いおか・かずと)1989年(平元)3月24日、大阪・堺市生まれ。元世界2階級王者井岡弘樹氏のおい。興国で高校6冠。08年に東農大を中退しプロ転向。11年2月に当時国内最速の7戦目で世界王座獲得。12年6月にWBA、WBCミニマム級王座統一。同12月にWBA世界ライトフライ級王者となり2階級制覇。15年4月に同フライ級王座も獲得し、世界最速18戦目で3階級制覇。身長165センチの右ボクサーファイター。22勝(13KO)1敗。

関連するニュースを読む

田口が統一王者、木村&京口初防衛/ボクシング詳細

<プロボクシング:トリプル世界戦>◇31日◇東京・大田区総合体育館

 ボクシングのトリプル世界戦でWBA世界ライトフライ級王者、田口良一(31=ワタナベ)がIBF同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)との団体王座統一戦に勝利し、7度目の防衛と日本人3人目となる2団体統一王者を果たした。

 WBO世界フライ級王者の木村翔(29=青木)は、元世界王者の同級1位五十嵐俊幸(33=帝拳)との日本人対決を制し初防衛に成功。

 IBF世界ミニマム級王者の京口紘人(24=ワタナベ)は、同級3位カルロス・ブイトラゴ(26=ニカラグア)を下し初防衛。

トリプル世界戦

田口が7度目防衛、統一王者に

◆WBA・IBF世界ライトフライ級王座統一戦12回戦

WBA王者田口良一(31=ワタナベ)判定
3-0
IBF王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)

【1回】互いに探りを入れるように左ジャブを繰り出す立ち上がり。終盤、相手の間合いに踏み込んだメリンドが連打を放ち、左アッパーが田口の顔面をとらえる

【2回】再三、距離を詰めてパンチを繰り出すメリンドを、田口が慎重にさばく。2分過ぎ、田口の左ボディーがメリンドをとらえる

【3回】田口が距離を詰めにかかるが、メリンドが細かいパンチで対応し中に入らせない。メリンドが偶然のバッティングで左目付近をカット

【4回】互いに懐に入ろうと隙をうかがうが、突破口を開けず。田口は遠い距離から飛び込むようにボディを放つ

【5回】距離を詰めようとする田口に対し、メリンドもパンチを集めて応戦

【6回】互いに前に出ようとするが、跳ね返され主導権を握れない

【7回】中盤に入り田口が連打を浴びせ、前に出ようとしたメリンドにさらに右ストレートを放つ

【8回】手数を集める田口。メリンドが大振りとなったフックがかわされ、バランスを崩してよろける場面も

【9回】メリンドの攻勢に田口はやや押され気味。田口は左頭部をカットし出血

【10回】田口が接近戦に打って出る。激しい連打にメリンドがクリンチ。田口はさらに頭をつけて接近戦から左右のボディー。メリンドに距離をとらせない。ラウンド終了のゴングが鳴ると、田口は左手を突き上げ歓声に応える

【11回】リング中央で激しく打ち合う

【12回】両者が最後の力を振り絞り、リング中央で激しいラッシュ。田口がジャブからのワンツーで攻め立てると、メリンドはクリンチで逃れる。さらに連打で追い込むが、メリンドが再びクリンチ。大きな「田口コール」の中、最後まで手数を止めないまま両者の打ち合いが続いた。ゴングが鳴り、勝利を確信した田口は両手を突き上げた。判定は116-112、2者が117-111の3-0で田口が勝利

<コメント>

◆田口「最高にうれしいです。苦しかったですけど、本当に勝てて良かったです。こうして2つのベルトをまいて感慨深いです。自分がボクシング始めた時の夢が世界チャンピオン。世界チャンピオンになって新たな夢が7回防衛と、統一チャンピオンになるということでした。その夢がかなってうれしく思います。ボクシングを続けてきて本当に良かった。来年も厳しい年になると思うんですけど、また精進して、(ジムの)先輩の内山(高志)さんの意志を受け継いで、ワタナベジムを引っ張っていきたいと思います」

7回、メリンド(左)にパンチを見舞う田口(撮影・ たえ見朱実)

WBA・IBF世界ライトフライ王座統一戦 12回、メリンドにパンチを見舞う田口(撮影・ たえ見朱実)

12回を終え、勝利を確信した田口(左)は両手を挙げる。右はメリンド(撮影・河野匠)

メリンドを下し、統一王者となった田口は2本のベルトを肩に掛けてガッツポーズを見せる(撮影・河野匠)

◆WBO世界フライ級タイトルマッチ12回戦

王者が初防衛

王者木村翔(29=青木)9回TKO五十嵐俊幸(33=帝拳、同級1位)

【1回】互いに動きながらジャブを繰り出す立ち上がり。中盤過ぎから木村が前に出て左右に大きなフックを放つが、足を使い距離を測る五十嵐にさばかれる

【2回】強引に前に出る木村。五十嵐にさばかれても、ひるまず圧力をかけ続ける。終了間際に木村の左フックに後ずさりしたが、五十嵐だったが左ストレートを返す

【3回】前に出る木村を五十嵐がさばく展開は変わらず。終了間際の木村の有効打で、五十嵐が左目の上をカット。

【4回】突進を止めない木村に対し、五十嵐が足を止めて接近戦で打ち合う場面も。木村は左フックを空振りしても五十嵐のガードの上から強引に右ストレートを続ける

【5回】前に出続ける木村に対し、五十嵐が細かいパンチで応戦

【6回】リング中央で互いが打ち合う場面が目立つ。細かいパンチを重ねる五十嵐に対し、木村は重いパンチを上下に打ち分ける。木村も右目尻をカットしたもよう

【7回】木村に対し、五十嵐が再び距離をとって応戦

【8回】中盤過ぎに木村の右ストレートがヒット。五十嵐がたまらずクリンチで逃れる

【9回】2分20秒過ぎ、木村が五十嵐のガードの上から強引な連打。強烈な右ストレートがヒットし五十嵐がひるむと、中央から一気にコーナへ押し込む。なおも連打を繰り出す木村の前に五十嵐のガードが耐えきれず。棒立ちとなった顔面に連打が打ち込まれる。レフェリーが間に入って試合終了

<コメント>

◆木村「僕の力が本当に試される試合だと思っていた。五十嵐選手はラストチャレンジということもあって、すごく根性の強い選手でしたけど、勝ててほっとしてます。サウスポーには苦手意識があったけど、実際立ち会ってみて、右も左も関係ないことにも気づけた。五十嵐選手に感謝したいです。去年の大みそかから比べると、本当に1年でこんなに人生って変わるのかと思います。目標だったV1を達成しましたけど、僕はまだまだ強くなれると思っている。来年ももっと強くなってこのリングに上がりたいです」

WBO世界フライ級 9回、五十嵐俊幸をコーナーに追い込んだ木村翔はTKO勝ち(撮影・ たえ 見朱実)

9回、五十嵐(右)をロープ際に追い込んで連打を浴びせる木村(撮影・河野匠)

9回TKOで五十嵐(右)を下す木村(撮影・河野匠)

◆IBF世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦

王者が初防衛

王者京口紘人(24=ワタナベ)8回TKO×カルロス・ブイトラゴ(26=ニカラグア、同級1位)

7回、ブイトラゴに左アッパーを見舞う京口(撮影・ たえ見朱実)

8回、ブイトラゴにTKO勝ちした京口(撮影・ たえ 見朱実)

関連するニュースを読む

田口良一「大トリ」大役にコスチュームを金色に一新

調印式を終えポーズをとるWBA王者田口(左)とIBF王者メリンド(撮影・野上伸悟)


 プロボクシングWBA世界ライトフライ級王者、田口良一(31=ワタナベ)が「ゴールド魂」で、2団体統一王座を狙う。今日31日、東京・大田区総合体育館で開催されるトリプル世界戦のメインでIBF世界同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)と団体王座統一戦で激突。30日の前日計量では規定体重より100グラム下回る48・8キロ、メリンドも200グラム少ない48・7キロでクリアした。

 「大トリ」の大役に合わせ、コスチュームを一新した。これまで通りにブルーを基調とした上で、ゴールドのラインをガウン、トランクス、シューズに入れた。「前試合が銀だった。今回は金」と大舞台への思いを刻んだ。2団体統一王者となれば井岡、高山勝成に続き、日本人3人目となる。「世界に4団体あり、お客さん的には誰が強いか分からないので統一戦は分かりやすい。明日、絶対に勝つ」と意気込んだ。

関連するニュースを読む

田口良一2冠統一へ、セカオワSaori小説に刺激

中学の同級生、SEKAI NO OWARIのSaoriによる小説「ふたご」を手にする田口


 ボクシングWBA世界ライトフライ級王者田口良一(31=ワタナベ)が中学の同級生に負けじと2冠を狙う。31日にIBF同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)との団体王座統一戦(東京・大田区総合体育館)を控え、29日は都内で予備検診に出席。メリンドよりも身長10センチ、リーチも5センチほど上回り「大みそかを楽しみにしてほしい」とクールな表情で統一王者への意欲を示した。

 中学時代の同級生でロックバンド、SEKAI NO OWARIのピアノ担当Saori(31)による初の小説「ふたご」が直木賞候補に入った。音楽に加え、小説家でもトップを狙う幼なじみの活躍は大きな刺激。「負けないように、ボクもIBF王座を獲得しないといけない」と発奮。井岡一翔、高山勝成に続く日本3人目の2団体統一王者になるため、静かに燃えていた。

 ◆田口と拳を交えるメリンドのコメント 田口がちょっと大きいが、身長、リーチは関係ない。ボクシングをやるので、バスケットをやるわけではないから。どんどん団体を統一するのが目標だ。素晴らしいショーをお届けしてみせる。

関連するニュースを読む

王者メリンド「若い顔をしている」田口良一を挑発

団体王座統一戦で激突するWBA世界ライトフライ級王者田口の写真を手に、自信に満ちた表情をみせるIBF同級王者メリンド


 12月31日に東京・大田区総合体育館で、プロボクシングWBA世界ライトフライ級王者田口良一(31=ワタナベ)と団体王座統一戦に臨むIBF世界同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)が28日、都内のジムで練習を公開した。

 報道陣から手渡された田口の写真に向け、ぐっと拳を突きつけて勝利を予告。印象を問われると「(田口は)若い顔をしている。ボクシングの経験がないようにみえる」と挑発的な言葉を並べた。勝利すれば2団体統一王者となるが「ここで勝ってWBC、WBOのベルトも取りにいきたい」との目標を掲げた。

関連するニュースを読む

田口良一「ツヨカワ」卒業、「謙虚な王様」になる

「Humility King」と刺しゅうされた新シューズを披露する田口(撮影・河野匠)


 プロボクシングWBA世界ライトフライ級王者・田口良一(31=ワタナベ)がツヨカワ(強くてかわいい)卒業で2団体統一王者の称号をつかむ。31日に東京・大田区総合体育館で、IBF同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)との団体王座統一戦に備え、21日に都内の所属ジムで練習を公開。14年12月の王座奪取から7度目の防衛戦。優しい端正な顔立ちから「つよかわいい」と評されてきた田口は1日に31歳の誕生日を迎え「もうツヨカワはいいかなと…」と強さを追求する姿勢を示した。

 新調したリングシューズの足首位置には「Humility King(謙虚な王様)」と刺しゅうした。「戦略」「タフネス」といったキーワードも候補に挙がったが、王者対決にふさわしいものに絞った。「団体がいろいろあり、誰が強いのか分からない状態。メリンドに勝てば強さが証明される」と同級のキングを目指す姿勢の表れだ。

 当初、王座統一戦を約束した前WBO同級王者・田中恒成(畑中)は王座を返上し、フライ級に上げた。田中から直接謝罪を受けた田口は「理由を教えてくれた。ボクは今いる階級で頑張ろうと思いました。最強を目指したい」と気持ちを高ぶらせた。【藤中栄二】

関連するニュースを読む

王者田口良一、王座統一戦へ「強さが証明される」

公開練習を前に記念撮影に納まる田口(撮影・河野匠)


 プロボクシングWBA世界ライトフライ級王者・田口良一(31=ワタナベ)が21日、都内の所属ジムで練習を公開した。

 12月31日、東京・大田区総合体育館で、IBF世界同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)との団体王座統一戦に備え、同門の木元紳之輔(20)とのスパーリングに臨んだ。1月1日に亀田3兄弟のいとこ、亀田京之介(協栄)と対戦(東京・ディファ有明)する木元を相手に、接近戦やスピードあふれる連打を放つなど多彩な攻撃をみせた。田口は「落ち着いて、毎日過ごせているかなと思います」と充実の笑み。7度目の防衛戦でもある統一戦へ、順調な調整ぶりをうかがわせた。

 IBF王者メリンドとは約2年前に出会っている。初防衛成功後の15年7月、フィリピン・セブ島合宿の際に遭遇し「あの時から風格とオーラがあって強い印象を受けた」と振り返る。運命的に両拳を交えることになり「いろいろな団体があり、強いのが誰が分からない状態。メリンドに勝てば、強さが証明されると思います」と強調。お互いに世界王者としてリングで対峙できる大みそかを待ち望んでいた。

公開スパーリングで相手を攻める田口(撮影・河野匠)

関連するニュースを読む

田中恒成フライ級転向 田口に謝罪したことを明かす

WBO世界ライトフライ級王座返上を説明する田中恒成。左は畑中ジムの畑中清詞会長(撮影・加藤裕一)


 前WBO世界ライトフライ級王者の田中恒成(22=畑中)が6日、名古屋市内で会見し、フライ級への転級を正式表明した。12月1日付で同王座を返上。陣営はWBOに、来年3、4月に同フライ級王座の挑戦者決定戦を行えるよう要請しており、ミニマム、ライトフライ級に続く、来年中の世界3階級制覇を目指す。田中は現在デビュー10戦、達成すれば、井岡一翔の同18戦を更新する世界最速記録になるのは間違いない。

 同席した畑中清詞会長は「今年の年頭からライトフライは今年いっぱいの予定でした。今の階級では(減量が)健康管理の点でも非常に厳しい」と転級理由を説明した。

 田中はかねてよりWBA世界ライトフライ級王者田口良一との統一戦を熱望し、12月31日の実現に向け、交渉を進めていたが、9月のパランポン戦で両目を眼窩(がんか)底骨折したためにプランが消滅した。「田口選手とお互い本気になっていた。田口選手には『すんません』しかありません」。気持ちの整理をつけるため、前日5日に都内のワタナベジムまで1人で出向き、田口の練習が終わるまでジムの外で待ち、直接謝罪した。「どうしても一言謝りたかった。大人の対応をしてくれました。『フランクにいこうよ』といってもらった。スッキリしました」と話した。

 現在フライ級の世界王座は井岡一翔の返上で空位になったWBAのほか、比嘉大吾が持つWBC、木村翔が持つWBOのベルトなどがある。畑中清詞会長(50)は「誰が、というのはない。挑戦者はやっていただく立場なので」。将来的に、日本ジム所属選手には前人未到の「5階級制覇」の野望がある。田中は「それはデビュー5戦目で(世界)ミニマム級王座を取った時に『5』にひっかけて、適当に言っただけ」としながらも「今となっては5階級制覇することになると思います」と当然のように言い放った。

関連するニュースを読む

木村翔が元王者の五十嵐俊幸と大みそかに初防衛戦

都内のホテルで記者会見に臨んだWBO世界フライ級王者・木村翔


 プロボクシングWBO世界フライ級王者・木村翔(28=青木)が12月31日に東京・大田区総合体育館で、元WBC同級王者の同級1位・五十嵐俊幸(33=帝拳)と初防衛戦に臨むことが21日、発表された。

 同日に都内のホテルで会見した木村にとって、7月に同級王者・鄒市明(中国)を11回TKO勝ちして以来の世界戦。「格で言ったら五十嵐選手が上。ボクのパンチもしっかり当たればKO決着になるかなと思う。ボクが王者ですが、挑戦者の気持ちで初防衛に成功したい」と口調を強めた。

 五十嵐は13年8月に八重樫東(大橋)に判定負けし、世界王座を失って以来の世界戦。「大舞台は4年半ぶり。すごく興奮していますし、楽しみにしています」と意気込んだ。

 なお同日同会場では、WBA世界ライトフライ級王者・田口良一(30=ワタナベ)-IBF世界同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)の団体王座統一戦、IBF世界ミニマム級王者・京口紘人(23)-同級3位カルロス・ブイトラゴ(25=ニカラグア)も行われる。

関連するニュースを読む

田口良一「攻守ともに一流の相手」V7統一戦に意欲

肩を組み記念撮影する田口(左)と京口(撮影・狩俣裕三)


 プロボクシングWBA世界ライトフライ級王者・田口良一(30=ワタナベ)が12月31日に東京・大田区総合体育館で、IBF同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)と団体王座統一戦に臨むことが17日、発表された。7度目の防衛戦で王座統一できれば、WBO同級王者・田中恒成(22=畑中)と日本初の3団体統一戦の夢も広がる大一番だ。IBF世界ミニマム級王者・京口紘人(23)も同日、同級3位カルロス・ブイトラゴ(25=ニカラグア)と初防衛戦に臨む。

 日本人3人目の2団体統一王者を目指す田口が拳を交えるのは、5月に3階級制覇王者・八重樫東を下したメリンドとなる。田口は「攻守ともに一流の相手。激闘して勝ちたい」と声をはずませた。今回から中継局がテレビ東京からTBSに変更。中継局問題もクリアされ、田中との王座統一戦も現実的になった。田口は「勝ち続けて田中君と試合をやりたい」と2団体王座統一だけに集中する。

関連するニュースを読む

京口紘人「相手は見えない」消えるパンチで初防衛だ

大みそかに行われるダブル世界戦の会見で自身のボードを背にポーズを決める京口(撮影・狩俣裕三)


 プロボクシングの大みそかのダブル世界戦が、17日に都内で発表された。

 12月31日に東京・大田区総合体育館で、IBF世界ミニマム級王者京口紘人(23=ワタナベ)は、同級3位カルロス・ブイトラゴ(23=ニカラグア)と指名試合での初防衛戦となる。メインはWBA世界ライトフライ級王者田口良一(30=ワタナベ)がIBF世界同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)と団体王座統一戦となった。

 大みそかの試合は京口にとって2年連続だが、昨年はまだ6回戦だった。初の世界戦に「特別な人間しか立てない舞台で光栄なこと。楽しみであり、怖さもあるが、勝つことに変わりない」と意欲を口にした。7月に8戦目で世界初挑戦し、国内最短の1年3カ月で世界王座を手にした。「王者になって成長できていると自覚があり、伸びている自信もある」と話す。

 その中で秘策パンチにも磨きをかけている最中だ。「練習の中で試行錯誤して、最近使い出した。当たれば確実に倒れるパンチで、相手は見えないはず。一発で倒すイメージ。新しい自分を見せたい。注目して楽しみにして」。中身は当日お披露目と明かさなかったが、KO防衛に自信満々だ。

 挑戦者ブイトラゴは4度目の世界挑戦で悲願がかかる。戦績は30勝(17KO)2敗1分け1無効。「2敗1分けはどれも世界戦。今度こそと取りに来る相手にしっかり打ち勝つ」。同じニカラグアの英雄ロマゴンことゴンサレスの後継者とも呼ばれる。京口は「スケール小さい。オレの方がロマゴンより」と豪語する。京口は小6で辰吉に指導を受け、今も「丈ちゃん」呼ぶ。王座について「初めてほめられた」という辰吉イズムの後継者のプライドもある。

 最近、上京した母に築地で高級すしを振る舞った。「もっと親孝行するために王者で年を越す」と誓った。

大みそかに行われるダブル世界戦の会見で、記者の質問に答える京口(撮影・狩俣裕三)

関連するニュースを読む

田口良一V7達成で3団体統一戦へ「すごいカード」

大みそかに行われるダブル世界戦の会見で相手のミラン・メリンドボードにこぶしを出す田口(撮影・狩俣裕三)


 プロボクシングWBA世界ライトフライ級王者・田口良一(30=ワタナベ)が12月31日、東京・大田区総合体育館で、IBF世界同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)と団体王座統一戦に臨むことが17日、発表された。

 田口にとって7度目の防衛戦で、ビッグマッチを迎え「今の気持ちは意外に落ち着いている。これから不安も出るかと思いますが、絶対の自信を持ちたいと思います」と決意を新たにした。

 過去、日本人出場の2団体王座統一戦は4試合あり、井岡一翔、高山勝成がミニマム級で2団体統一王者となっている。田口は「勝つことが第1でKO勝ちできれば。こういったチャンスはめったにない。さらにすごいカードを実現したいので絶対に勝ちたい」と口調を務めた。

 本来ならばWBO王者・田中恒成(畑中)との王座統一戦になるはずが、田中の両目負傷の影響で、メリンドとの王座統一戦に方向転換されていた。田口は「お互いが勝ち続ければ試合はやれると思うのでメリンド戦を考えています」と気持ちを切り替えている。

 今回から中継局がテレビ東京からTBSに変更された。これでネックとなっていた中継局の問題も解消。WBAとIBFの王座統一に成功すれば、田中との3団体王座統一戦も現実味を帯び「すごいカード」になる。2017年最後のボクシング世界戦という大トリを務める田口は「強い相手に勝って評価してもらいたい。王座統一、7度目の防衛という目標ができたので頑張りたい」と責任感もにじませた。

大みそかに行われるダブル世界戦の会見で相手のミラン・メリンドボードを背に記者の質問に答える田口(撮影・狩俣裕三)

関連するニュースを読む

田口良一、12月31日にメリンドと団体王座統一戦

田口良一(17年7月22日撮影)


 プロボクシングWBA世界ライトフライ級王者・田口良一(30=ワタナベ)が12月31日、東京・大田区体育館で、IBF世界同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)と団体王座統一戦に臨むことが17日、発表された。田口にとって7度目の防衛戦で、ビッグマッチを迎える。日本人では4団体(WBA、WBC、IBF、IBF)承認後、過去4試合しかない団体王座統一戦となる。

 またIBF世界ミニマム級王者・京口紘人(23=ワタナベ)も同日、同級3位カルロス・ブイトラゴ(23=ニカラグア)と初衛戦に臨むことが発表された。

関連するニュースを読む

井岡王座返上、引退も 会長の父が明かした理由

井岡一翔の王座返上を発表する井岡ジムの井岡一法会長(撮影・加藤裕一)


 ボクシング世界3階級を制したWBA世界フライ級王者の井岡一翔(28=井岡)が王座を返上したと9日、父の井岡一法会長(50)が大阪市内のジムで発表した。同級1位アルテム・ダラキアン(30=ウクライナ)と12月31日に6度目の防衛戦を行う予定だったが、同会長は「準備が間に合わないので、いったん(ベルトを)返上しようということになった」と説明。11年から6年連続で行ってきた“大みそかのファイト”は途切れる。

 一翔は4月23日に5度目の防衛に成功し、元WBA世界ライトフライ級王者具志堅用高の「世界戦14勝」の日本記録に並んだ。その後、5月17日に歌手の谷村奈南と結婚し、9月にハワイで挙式。現在は都内で暮らしている。夏場以降話し合いを重ねてきたという同会長は「新婚やし、いろいろ生活の準備があるようです。プライベートのこと、夫婦のことに口は出せない」と、一翔が私生活に時間を割いていることを明かした。

 一翔も28歳。ブランクが長引けば選手生命に影響を及ぼす。同会長は「2つに1つやから。本人にスイッチが入れば、3カ月あれば試合の準備はできる。モチベーションがないなら、引退せな仕方がない。仮に身を引くなら、引退式もやる」と引退の可能性もにおわせた。その一方で「でも、やる気はあると思いますよ。週に3、4日走ってると言うてるし、体重もキープしてる。やる気がなければ、しませんよ」と弟子であり息子の“復活”に期待をかけた。【加藤裕一】

 ◆井岡一翔(いおか・かずと)1989年(平元)3月24日、大阪・堺市生まれ。元世界2階級王者井岡弘樹氏のおい。興国で高校6冠。08年に東農大を中退しプロ転向。11年2月に当時国内最速の7戦目で世界王座獲得。12年6月にWBA、WBCミニマム級王座統一。同12月にWBA世界ライトフライ級王者となり2階級制覇。15年4月に同フライ級王座も獲得し、世界最速18戦目で3階級制覇。身長165センチの右ボクサーファイター。22勝(13KO)1敗。

4月、5度目の防衛に成功し「5」のポーズをとる井岡一翔

関連するニュースを読む

具志堅会長、拳四朗にKO術…あしたのためにその一

初防衛から一夜明け、報道陣の質問に答える具志堅会長(左)の横で爆笑する比嘉(中央)。右は拳四朗(撮影・浅見桂子)


 WBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(25=BMB)が初防衛から一夜明けた23日、都内のホテルで会見を行い、レジェンドから金言を授かった。

 会見には同じく初防衛に成功した同フライ級王者比嘉大吾が同席。その横に座った元WBA世界ライトフライ級王者で白井・具志堅スポーツジムの具志堅用高会長が、拳四朗にアドバイスを送った。「体幹も強くなってきたよね。ただ1つだけ…。攻めて、その次が大事。手をたくさん出せば、相手は倒れるんです。いいパンチを当てた、次が大事!」。

 拳四朗は11戦全勝5KOだが、2度の世界戦はいずれも判定勝ちに終わった。基本的に「KOにはこだわらない」が「知名度を上げたい。そのためには強くなること」というだけに、KO勝ちの必要性は認識している。「おっしゃる通りと思います。試合を振り返ったら“もう1回(まとめに)いけたかな”と思う部分はある。その分、楽してたのかなとも思う。僕は1回(パンチを)まとめて終わり、という部分がありますから」。自分と同じ階級で13度も防衛を重ねた大先輩の言葉は重い。「やっぱり次はKOで決めたいですから」と話した。

 前日の初防衛後、リング上でテレビカメラに向かって両手でVサイン、最後は投げキッスまで送った“癒やし系王者”はこの日、会見前に友人と浅草周辺の食べ歩きを楽しんだ。どら焼き、イチゴ大福、メンチカツ、ホイップクリーム入りメロンパン…。「メロンパンが一番おいしかったかな。ホイップクリームが大好きやし」と笑う。

 今後は約10日間のオフを過ごし、練習を再開する。次戦は5月に王座を奪った前王者ガニガン・ロペス(メキシコ)とのリマッチで、父の寺地永会長は「次もトリプル世界戦に入れてもらうのがベスト」と、過去2度の世界戦同様に村田、比嘉とともに防衛戦を行うことになりそう。V2戦は初のKO防衛が、青写真になる。

互いに初防衛から一夜明け、チャンピオンベルトを肩にかけ笑顔を見せる比嘉(左)と拳四朗(撮影・浅見桂子)

関連するニュースを読む

田中恒成、新愛称“ドリームボーイ”に「好きです」

2度目の防衛戦に向け、練習を公開したWBO世界ライトフライ級王者田中恒成(撮影・加藤裕一)

 デビュー8戦で日本最速タイの世界2階級王座を手にしたWBO世界ライトフライ級王者田中恒成(22=畑中)が21日、同級13位パランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)との2度目の防衛戦(9月13日、エディオンアリーナ大阪)に向け、名古屋市内の同ジムで練習を公開した。

 シャドーボクシングで体をほぐした後、フィリピンから招いたパートナーと4ラウンドのスパーリングを実施。「疲労がたまってくる時期ですが、そうでもない。調整は順調です」と言う通り、軽快な動きを見せた。

 2度目の防衛戦は、その先を見据えたステップボードだ。猛烈アピールしてきたWBA世界ライトフライ級王座田口良一との統一戦。5月20日の初防衛戦後、マイクを握ってリング上に田口をまねき上げて“了承”をもらい、畑中清詞会長からもGOサインを受け取った。それだけに絶対につまずけない戦いになる。

 「油断じゃないけど、オレが勝って当たり前というムードがあって、それに見合った結果を残せるか。そこに意義がある。最低条件がKO。自分の思い通りの試合がしたい」と語った。

 5度目の世界戦にして初めて、TBS系で全国中継される。従来の異名「中京の怪物」も「いいか、嫌かと言えば、嫌。まあ昔はそうでもなかったんですが…」と“卒業”する。ただ、強豪ボクサーにはつきもののキャッチコピーは「あればうれしい」と歓迎で「スピードに関連するようなものがあれば」という。

 ならばと、畑中会長は「僕は前から言ってるけど“ドリームボーイ”です。夢の5階級制覇を狙うんやからね」。田中は「う~ん、嫌じゃない。好きですよ」。“中京の怪物”あらため“ドリームボーイ田中恒成”が、満を持して全国デビューを飾る。

畑中清詞会長にグローブをつけてもらうWBO世界ライトフライ級王者田中恒成(撮影・加藤裕一)

関連するニュースを読む

V6田口良一が後輩イジり、京口は「ツヨかわいい」

赤黒く腫れた京口(右)の顔をいじる田口(撮影・神戸崇利)

 ボクシングのIBF世界ミニマム級新王者京口紘人(23=ワタナベ)が24日、前王者ホセ・アルグメド(メキシコ)を3-0の判定で下した前日から一夜明けて都内のジムで会見した。

 6度目の防衛に成功したWBA世界ライトフライ級王者田口良一(30=ワタナベ)は初めていじり役に回った。これまでは先輩の内山の隣でいじられ役だったが、今回の隣は後輩の京口。右頬が腫れ上がり、どこかかわいらしい姿に「これこそ『ツヨかわいい』」と自身の愛称を譲る冗談で、笑いを誘った。次戦はWBO同級王者田中恒成との統一戦を希望。「レベルアップしたい」と決戦に備える。

関連するニュースを読む

新王者の京口紘人「公開処刑や」顔面アンパンマン化

激戦で赤黒く腫れた顔を気にする京口(撮影・神戸崇利)

 新王者がアンパンマンになっちゃった!? 23日に行われたボクシングのIBF世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦で、世界初挑戦で王座獲得した京口紘人(23=ワタナベ)が24日に都内のジムで一夜明け会見に臨んだが、冒頭響いた声は「公開処刑やな! 」。その右頬は赤く大きく腫れ上がり、自ら「アンパンマン」と笑うしかない状態になっていた。

 4度目の防衛戦を狙った前王者ホセ・アルグメド(メキシコ)との激しい攻防を3-0の判定で制したが、頭から突っ込んで変則的にパンチを打ってくるスタイルに手を焼いた。顔面同士が当たる場面も多く、結果的には「痛くもないし、骨にも異常はないと思う。血がたまっているのかな」と、片面がまんまるの顔ができあがった。

 痛々しいというより、どこか愛嬌(あいきょう)のあるその姿に、前日に6度目の防衛を果たしたWBA世界ライトフライ級王者田口良一(30=ワタナベ)も興味津々。自らの愛称「ツヨかわいい」を持ち出し、「これこそ『ツヨかわいい』」と冗談交じりの一言で笑いを誘った。京口本人は「いやいやいや、アンパンチャンプ、ちゃいますから。これは今回限定。こっからはこんな顔を腫らさないようにします」と先輩からの思わぬ愛称禅譲をやんわり断り、初防衛戦となる次戦の快勝を誓っていた。

赤黒く腫れた京口(右)の顔をいじる田口(撮影・神戸崇利)

関連するニュースを読む

田中恒成が田口を「最強の相手」、統一戦機運高まる

6度目の防衛に成功した田口はラウンドガールとの記念撮影で目いっぱい背伸びして身長を合わせる(撮影・松本俊)

 WBA世界ライトフライ級王者田口良一(30=ワタナベ)が、3試合ぶりのTKOで6度目の防衛に成功した。初回から左ボディーを軸に、指名挑戦者の同級1位ロベルト・バレラ(24=コロンビア)を攻め続けて圧倒。ダウンは奪えなかったが、レフェリーストップで9回24秒TKO勝ち。

 リングサイドで観戦したWBO世界ライトフライ級王者の田中は、田口を同級で「最強」と称賛した。以前から田中との統一戦を希望しており、「口に出してきたことで『やらざるを得ない』雰囲気をつくってきた。機運が高まったのは思惑通りだけど、統一戦の実現と、その勝利までが思惑。最強の相手」と話した。9月13日に2度目の防衛戦が予定されるが「間違いなく負けない」と自信たっぷり。畑中会長も「ぜひ年内に、統一戦を」と後押しする構えだ。

関連するニュースを読む

京口最速王者、体小さく弱かった「劣等感強くした」

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ ホセ・アルグメドに判定勝ちし、新チャピオンに輝いた京口(撮影・たえ見朱実)

<プロボクシング:IBF世界ミニマム級選手権>◇23日◇東京・大田区総合体育館◇3500人

 IBF世界ミニマム級9位の京口紘人(23=ワタナベ)が4度目の防衛を狙った王者ホセ・アルグメド(28=メキシコ)を3-0の判定で下し、世界初挑戦で王座獲得した。9回にダウンを奪い、接戦をものにした。デビュー1年3カ月での王者誕生は、日本最速記録。小6でボクシングに転向した空手一家の末っ子。元世界王者の辰吉丈一郎にも指導を受けた「ダイナマイト・ボーイ」が頂点に駆け上がった。今回はダブル世界戦で、WBA世界ライトフライ級王者田口良一(30)は6度目の防衛に成功した。

 京口が京口らしい一言を放ったのは、勝利の会見の終わりだった。「いや~、鼻くそでしたね。全然満足できない!」。自分は強いと思えるかと聞かれると、大きく腫れた右頬を緩め、笑った。関西出身のしゃべり好きは、最短の階段を駆け上がった感想を、そう締めた。

 激しい接近戦だった。中1から2年間、大阪帝拳ジムで教えを受けた辰吉丈一郎の左ボディー。上体を少し左に倒して角度をつける武器。これまでのプロ7戦と同じくアルグメドに打ち込み続けたが、頭から突っ込んでくる王者に手を焼いた。仕留められない。中盤には右拳も痛めた。

 一進一退の攻防を破ったのは9回だった。ボディーを警戒させ続け、空いた顔面に左フック。「がむしゃらだった」。ぐらつかせ、最後は右でダウンを奪った。辰吉直伝ボディーが布石となり、決定打となった。

 辰吉と出会う前、弱さに向き合う日々だった。父寛さん(49)は空手の師範。兄、姉に続いて3歳で空手を始めたが、「強くなかった」。自身の初優勝は小3。「2人は20回以上。比べられない」。体が小さく、「保育園では親がいじめの心配をしていた」。小学校低学年の時には「ちび」という言葉に過敏に反応した。周囲は「一番センスがある」と評価してくれたが、体重が倍もある相手に勝てないのは無理もなかった。

 小6の冬、出合ったのがボクシングだった。階級制。「体のハンディがない」。のめり込んだ。「小4で自分が弱いと分かった。今も強いと思ったことはない。でも、弱いのを知っているから努力できる。劣等感が僕を強くしてくれた」。プロ入り後は、あえて重いグローブをつけて鍛えた。1日4回の計量も毎日。KO量産にも「僕はおごらない」と励んできた。

 愛称「ダイナマイト・ボーイ」は、ジムの先輩内山高志の「KOダイナマイト」から拝命した。この日は判定。試合後に先輩からねぎらわれると「鎮火しないように頑張ります」と誓った。辰吉と同じ8戦目で世界王者となったが、「今日みたいな試合をしてたら怒られる」と反省しきり。

 まだ「鼻くそ」。そう思えることも強さの源。「次戦、初防衛戦で(今日の気持ちを)しっかりぶつけます!」。ベルトを巻き、強さを追う。【阿部健吾】

関連するニュースを読む

V6田口が異変乗り越え作戦敢行、年末の統一戦前進

6度目の防衛に成功した田口はラウンドガールとの記念撮影で目いっぱい背伸びして身長を合わせる(撮影・松本俊)

<プロボクシング:WBA世界ライトフライ級選手権>◇23日◇東京・大田区総合体育館

 WBA世界ライトフライ級王者田口良一(30=ワタナベ)が、3試合ぶりのTKOで6度目の防衛に成功した。初回から左ボディーを軸に、指名挑戦者の同級1位ロベルト・バレラ(24=コロンビア)を攻め続けて圧倒。ダウンは奪えなかったが、レフェリーストップで9回24秒TKO勝ち。9月にWBO世界同級王者田中恒成(22)が2度目の防衛に成功すれば、いよいよ年末には王座統一戦に挑む。

 田口が初回のゴングから攻めた。スロースターターが「最初から行こう。8回までにスタミナを使い切る。あとは気持ちで」という作戦で飛ばした。何度も何度もロープに、コーナーにと追い込み、「初回から効いていた」という得意の左ボディーをねじ込んだ。

 7回から相手はクリンチ、ホールドに逃げ回り、ロープに座り込むようなシーンもあった。ついに9回に連打を見舞うとレフェリーストップの快勝だった。

 毎試合のように体調を崩したが、今回は万全だった。ところが、試合前に両足ふくらはぎがつるような異変を感じた。減量による水分不足のようだが、作戦は変えなかった。前回は足を使われてボディーも不発で引き分け。「後手後手でみなさんに無駄な時間を使わせた」。おわびも込めた4度目のTKO防衛だった。

 リングインすると、テレビ中継ゲストのWBO王者田中と目があった。この時は会釈。試合後はリング上で握手を交わした。田中が9月にV2すれば、いよいよ団体統一戦だ。「願ってもない。名古屋でもどこでも。勝てばまた自信になる」。田中も「応援していた。今は横並び。必ず勝って向き合いたい」と応じた。

 日本の世界王者のV6は15人目で大場政夫、ガッツ石松らを抜き、輪島功一、川島郭志らに並んだ。誇れる歴代11位も、この階級はWBC拳四朗と日本人王者が3人並ぶ。「王者でも最強と言えない。勝ち抜きたい」。今度は田中を応援し年末決戦の決定を待つ。【河合香】

関連するニュースを読む

田口良一V6「勝てば自信に」田中恒成と統一戦希望

田口(右)は積極果敢に攻め、バレラを9回TKOで下す(撮影・松本俊)

<プロボクシング:WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦>◇23日◇東京・大田区総合体育館

 王者田口良一(30=ワタナベ)が、3試合ぶりのTKOでV6に成功した。指名挑戦者の同級1位ロベルト・バレラ(24=コロンビア)を初回から左ボディーを軸に攻め続けた。ダウンは奪えなかったが圧倒し、レフェリーストップで9回24秒TKO勝ち。WBO世界同級王者田中恒成(22=畑中)が9月13日に大阪でV2に成功すれば、いよいよ年末には2団体統一戦に挑む。

 スロースターターの田口が、初回から得意の左ボディーを軸に攻めた。「最初から行こう。8回までにスタミナを使い切る。あとは気持ちで」と飛ばした。何度も何度もロープにコーナーに追い込み、9回に連打でレフェリーストップの快勝。前回は足を使われてボディーも不発で引き分けに「後手後手でみなさんに無駄な時間を使わせた。下げてしまった評価をふっしょくしたかった」。雪辱となる4度目のTKO防衛だった。

 次はいよいよ2団体統一戦が見込まれる。田口はリングインするとテレビ中継ゲストの田中と目があい、この時は会釈、試合後はリング上で握手をかわした。「願ってもない。名古屋でもどこでも。正直100%ではないが、どちらが勝つか分からないような試合をしたい。勝てば100%自信になる」。田中は「応援してました」と言ったが、田口も「ボクも勝つと信じてます」。今度は応援して決戦決定を待ち望む。

関連するニュースを読む

王者田口良一6度目防衛、バレラを9回TKOで下す

<プロボクシング:WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦>◇23日◇東京・大田区総合体育館

 王者の田口良一(30=ワタナベ)が、同級1位のロベルト・バレラ(コロンビア)を9回TKOで下し、6度目の防衛を果たした。

関連するニュースを読む

田口良一V6へ「常に先手で」前日計量を一発クリア

調印式、計量を終え写真に納まるWBC世界ライトフライ級の田口良一(右)とロベルト・バレラ(撮影・鈴木正人)

 23日のダブル世界戦の前日計量が、22日に試合会場の東京・大田区総合体育館で行われた。WBA世界ライトフライ級王者田口良一(30=ワタナベ)と、挑戦者の同級1位ロベルト・バレラ(24=コロンビア)は、ともにリミットちょうどの48・9キロで一発クリアした。

 田口は王者ながら今回も好きな青いグローブを選択し、6度目の防衛戦とあって落ち着いた表情だった。「前回は納得いかない試合だった。払拭(ふっしょく)するために、常に先手で勝ちにいく。自分を信じて力を出せば問題なく勝てる」と、静かな口調にも自信を見せた。計量後はいつも通りにファミレスのデニーズで食事。「胃のためにも時間をかけて食べ過ぎないようにしたい」と最後まで気の緩みはない。

 一方のバレラは田口を再三にらみつけたり、前日の予備検診同様に挑発を続けた。「大変いい体調で試合を待つだけ。国のため、息子のために王者になる」。現在母国コロンビアには世界王者不在で、兄に続くベルト奪取でその空白を埋めるつもりだ。

関連するニュースを読む

田口良一V6確信、体形近い挑戦者ボディー効きそう

ロベルト・バレラ(右)ににらまれ苦笑いを浮かべる田口(撮影・横山健太)

 23日のボクシング・ダブル世界戦の予備検診が、21日に試合会場の東京・大田区総合体育館で行われた。WBA世界ライトフライ級王者田口良一(30=ワタナベ)は、同級1位バレラ(コロンビア)より身長、リーチとも約3センチと差が少なく、作戦にも手応えを得た。

 初対面にバレラがにらんだり「ベビーフェースをモンスターのように腫れさせる」と挑発してきた。田口はほとんど目を合わせずにかわしたが、弱点は再確認した。「身長が同じぐらいの相手は久しぶり。ボディーを打っていきたい」。

 前回は約10センチ低い相手に、ボディーが不発で引き分けた。サイズがある分細身の脇腹にスキができ、さらにバレラはロープを背にする場面が多い。まずは得意の左ボディーで弱らせる。

 バレラは左カウンターがいいが、田口陣営は肩が下がる欠点も見いだした。最後は右ストレートのクロスで仕留めるつもりだ。田口は「最高の仕上がり」とV6を確信していた。

関連するニュースを読む

王者田口良一、挑戦者バレラの挑発に目を合わせず

ロベルト・バレラ(右)ににらまれ苦笑いを浮かべる田口(撮影・横山健太)

 23日のダブル世界戦の予備検診が、21日に試合会場の東京・大田区総合体育館で行われた。

 WBA世界ライトフライ級は王者田口良一(30=ワタナベ)が、同級1位ロベルト・バレラ(24=コロンビア)よりも身長、リーチともに約3センチ上回った。

 初対面にバレラが「怖い印象を与えたい」と、顔をのぞき込んだり、にらんだりして挑発してきた。田口は「こういうのは好きじゃない」と嫌がり、ほとんど目を合わさなかった。

 田口は身長、リーチ、首回り、胸囲、視力など、数値自体はいずれも前回より下回った。「今回は計測がきつかった」と苦笑いだったが、いい感触もあった。「身長が同じぐらいの相手は久しぶり。ボディーを打っていきたい」。前回は引き分けと苦戦したが、今回は得意のパンチで仕留めるつもりだ。

 一方のバレラも自信満々で絶口調だった。「王者はベビーフェースだが、試合をしたらモンスターのように顔が腫れあがるだろう」と豪語した。

予備検診を受ける田口(左)。右は様子を見つめるロベルト・バレラ(撮影・横山健太)

関連するニュースを読む

田中恒成のV2は全国中継「言葉が見つかりません」

WBC世界ライトフライ級王座の2度目の防衛戦を発表した2階級王者田中と(左)と畑中会長

 WBO世界ライトフライ級王者田中恒成(22)が20日、名古屋市内で2度目の防衛戦を発表した。

 同級14位パランポン・CPフレッシュマート(32)と9月13日、エディオンアリーナ大阪で対戦する。IBF世界スーパーバンタム級王者小国と同級3位岩佐の日本人対決とのダブル世界戦として、TBS系で全国生中継される。田中は5度目の世界戦にして初の“全国デビュー”だ。「あがりますね。言葉が見つからない」。勝てば、念願であるWBA世界ライトフライ級王者田口との統一戦に大きく前進する。「持っているものをすべて出して、圧倒的なボクシングを見せるつもりです」と気合十分だった。

関連するニュースを読む