上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

ワタナベ3人娘「光栄、感謝」世界戦&東洋太平洋だ

ワタナベジムの3人娘。左からチャオズ箕輪、古川夢乃歌、宮尾綾香(撮影・阿部健吾)

 ボクシングのワタナベジムは12日、都内の同ジムで会見を開き、12月13日に東京・後楽園ホールで「ワタナベ3人娘」が世界戦、東洋太平洋戦を行うと発表した。

 元WBA女子世界ライトミニマム級王者で、9月に大橋ジムから移籍してきた宮尾綾香(33)はWBO女子世界アトム級王者池山直(47)に挑戦。

 WBA女子世界ライトミニマム級王者の古川夢乃歌(22)は、東洋太平洋女子ライトフライ級王者岩川美花(33)を相手に初防衛戦と、ダブル世界戦を組む。

 宮尾は「移籍して1発目に世界戦を組んでいただき、光栄だし、感謝しています」、8月に王座に就いた古川は「自覚を持つことが大事」と述べた。

 元アマチュア全日本女子選手権7連覇のチャオズ箕輪(29)はプロ3戦目でカーリング・リヴァス(27=フィリピン)と東洋太平洋フライ級王座決定戦を行う。

 プロ2戦目でKO勝ちした10月の韓国の試合では、リング上に芝、血だらけという過酷な環境も経験したとし、「アマではやったことがない環境を経験できた」とタフさも獲得して、プロ初タイトル奪取に自信をみせた。

関連するニュースを読む

古川夢乃歌3回TKO 世界初挑戦でLミニマム王者

<WBA女子世界ライトミニマム級王座決定戦10回戦>◇13日◇埼玉・草加市文化会館ホール

 日体大4年で初挑戦の同級2位古川夢乃歌(22=ワタナベ)が、3回TKOで新王者になった。2度目の挑戦となった同級3位西村聡美(35=折尾)を初回から攻め、左フックでぐらつかせた。2回にはクリーンヒットも浴びたが、3回に相手を下がらせると、左に続く右ストレートで横倒しのダウンを奪う。ここでレフェリーがストップし、3回1分59秒TKO勝ち。13歳違いのママさんボクサーを打ち負かした。

 古川は「1回にいいのが当たったが詰められなかった。3回にいってみようと思って仕留められた」と屈託なく話した。2月にタイで東洋太平洋フライ級王座を獲得したが、今回は3階級下での世界初挑戦。1カ月半で8キロ落とした。渡辺会長は「常識的にはよくない。落ちないかとも思ったし、苦戦すると思った」と話すも、思わぬ快勝でジム2人の女子王者誕生となった。古川は「うれしいがこれからが大事。いろいろチャンスがあって楽しみ。みんな雲の上の人ばかり」と話す。試合後は我慢してきた大好きなかき氷を楽しみにしていた。

関連するニュースを読む

女子ボクシング宮尾と小関が10・22に王座統一戦

統一戦での対戦が決まったWBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾(左)とWBC女子世界アトム級王者・小関

 プロボクシングのWBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾綾香(31=大橋)とWBC女子世界アトム級王者・小関桃(33=青木)が、10月22日に東京・後楽園ホールで団体王座統一戦を行うことが正式決定し、25日に発表された。

 両者は横浜市内の大橋ジムでそろって会見。国内最多15度の防衛記録を持つ小関は「前回の試合後に自分が宮尾選手とやりたいと言った。最高のタイミングで、最高の相手。決まってうれしく思う。最終的には圧倒的に勝ちたい」。宮尾は「いつかやるのではと思っていた。ついに来たという盛り上がりがある。2本のベルトを持ち帰りたい」とそれぞれ意気込みを語った。

 大橋秀行会長は「この試合が起爆剤となって、女子ボクシングが盛り上がっていけば」と話した。

関連するニュースを読む

女子Lミニマム級の宮尾綾香10・25V5戦

 ボクシングの大橋ジムは22日、WBA女子世界ライトミニマム級王者宮尾綾香(31)が、10月25日に長野・千曲市(戸倉体育館)で、同ミニマム級12位の西村聡美(折尾)と5度目の防衛戦を行うと発表した。横浜市内のジムで会見した宮尾は「初の地元凱旋(がいせん)でとても楽しみ。成長した姿を見てもらいたい」と話した。また、同会場では元東洋太平洋2階級制覇王者西沢ヨシノリ氏の引退セレモニーも行われる。

関連するニュースを読む

女子王者宮尾、10月地元で5度目防衛戦

ノンタイトル戦に勝利した宮尾

 ボクシングのWBA女子世界ライトミニマム級王者宮尾綾香(30=大橋)が、10月25日に地元長野・千曲市で5度目の防衛戦を行うことが決定した。7日、東京・後楽園ホールで行われたノンタイトル10回戦の試合後に、大橋秀行会長が明らかにした。試合ではタイ人選手を得意のスピードで圧倒。8回1分39秒にレフェリーストップによるTKOで勝利した。「地元での試合は特別な気持ち。祖父母に1度は見てもらいたいと思っていた」と話した。

関連するニュースを読む

宮尾が大橋会長のアドバイスで4度目防衛

ワンソンチャイジム(左)に強烈な右ストレート打ち込む宮尾(撮影・鈴木正章)

<プロボクシング:WBA女子世界ライトミニマム級タイトルマッチ10回戦>◇3日◇東京・後楽園ホール

 王者宮尾綾香(30=大橋)が大橋秀行会長(48)の体を張ったアドバイスに応え、KOで4度目の防衛に成功した。

 同級10位ブアンゲルン・ワンソンチャイジム(21=タイ)と対戦。初回から右ストレートがきれいに決まった。試合前のミット打ちで大橋会長が「右ストレートをかぶせろ」とアドバイス。その時にパンチを顔面に浴びせてしまったが、このアドバイスが効いた。5回には連打でコーナーにうずくまらせ、相手は戦意喪失で10カウントで通算2度目のKO勝利となった。

 「冷静にいけて、セコンドの声通りにパンチが決まった。倒しきれなかったが、結果的にKOできてよかった。今年のいいスタートになった」と宮尾。21年目となったジムで今年初戦を飾り、4月のダブル世界戦へも弾みがつく。会長は「体を張ったかいがあった」と喜んだ。

関連するニュースを読む

宮尾綾香「女の熱い戦いをみせたい」

笑顔をみせる王者・宮尾綾香(左)と挑戦者ワンソンチャイジム(撮影・藤中栄二)

 3日に東京・後楽園ホールで開かれる女子トリプル世界戦の調印式は2日、都内で開かれた。

 4度目の防衛戦に臨むWBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾綾香(大橋)、13度目の防衛戦となるWBC女子世界アトム級王者・小関桃(青木)、初防衛戦を控えるIBF女子世界ライトフライ級王者・柴田直子(ワールドスポーツ)は各挑戦者とともに調印書にサイン。グローブチェックも完了し、試合成立となった。

 宮尾は「体調も大丈夫。ひなまつりなので女の熱い戦いをみせたい」とあいさつ。小関は「最後は自分の手が上がっているイメージで戦いたい」と話した。また柴田は「しっかり自分のボクシングをして、IBFのベルトを守りたい」と口にした。

関連するニュースを読む

大橋会長、井上尚弥の最速王者を「確信」

ジム開設20周年パーティーで大橋会長があいさつ(撮影・山崎安昭)

 大橋ボクシングジム(大橋秀行会長)は15日、横浜市内のホテルでジム設立20周年の記念祝賀会を開催した。

 大橋会長が東日本ボクシング協会の会長就任7年も記念する同パーティーには、新旧の世界王者ら約500人の来賓が集まった。

 現在、ジムにはWBC世界フライ級王者・八重樫東(30)、WBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾綾香(30)が在籍。4月6日には東京・大田区総合体育館で、東洋太平洋ライトフライ級王者・井上尚弥(20)がプロ6戦目の日本最速記録で世界挑戦するなどジムも勢いに乗っている。 大雪の中、祝賀会を無事に開催できた大橋会長は「この日を一生忘れません。お集まりいただき、ありがとうございます。本日、歴史的な大雪があり、私は(井上)尚弥が歴史的な(日本最速)記録をつくることを確信しました。これからも世界王者を10人、20人と生み出していくつもりです」とあいさつしていた。

関連するニュースを読む

宮尾、大橋会長にマッチメークお礼のチョコ

宮尾(左)からバレンタインチョコを手渡される大橋会長

 WBA女子世界ライトミニマム級王者の宮尾綾香(30=大橋)が14日、4度目の防衛戦をマッチメークしてくれた所属ジムの大橋秀行会長(48)にお礼のチョコレートをプレゼントした。3月3日、東京・後楽園ホールで同級5位ブアンゲルン・ワンソンチャイジム(20=タイ)とのV4戦が14日、横浜市内の大橋ジムで発表された。バレンタインデーだった同日の世界戦発表会見後、報道陣の前で大橋会長にチョコを手渡した。突然のプレゼントに同会長も「今日、これで4つめのバレンタインチョコです」と顔をほころばせた。

 ひな祭りに今年最初の防衛戦が決まった宮尾は「やっとつかんだ世界ベルト。大事に温めていきたい」とブアンゲルン戦への意欲を示した。

関連するニュースを読む

3・3ひな祭りに女子トリプル世界戦

3・3女子トリプル世界戦に臨む、左から宮尾綾香、小関桃、柴田直子の世界女王トリオ

 3月3日、東京・後楽園ホールで女子トリプル世界戦が開催されることが14日、発表された。

 WBA女子世界ライトミニマム級王者の宮尾綾香(30=大橋)が同級5位ブアンゲルン・ワンソンチャイジム(20=タイ)と4度目の防衛戦、WBC女子世界アトム級王者の小関桃(31=青木)が同級10位アンゴー・ワンソンチャイジム(17=タイ)と13度目の防衛戦、IBF女子世界ライトフライ級王者の柴田直子(32=ワールドスポーツ)が同団体スーパーフライ級8位グアダルペ・マルティネス(21=メキシコ)と初防衛戦に臨むことが決まった。

 宮尾は「ひな祭りに女子だけの興行。女の熱い戦いをみせたい」と言えば、小関は「若い挑戦者ですが、ムエタイで66勝4敗と化け物の戦績がある。警戒している」と話した。柴田は「2人の世界王者に負けじといい試合をみせたいと思います」と意気込んでいた。

関連するニュースを読む

宮尾V3、会長絶賛に涙/ボクシング

ベルトを肩にかける宮尾(撮影・鈴木正章)

<プロボクシング:WBA女子世界ライトミニマム級タイトルマッチ10回戦>◇28日◇東京・後楽園ホール

 WBA女子世界ライトミニマム級王者宮尾綾香(30=大橋)が3度目の防衛に成功した。同級1位グレッチェン・アバニエル(28=フィリピン)と対戦。前半は苦戦も中盤からスピードある足にパワーで逆転し、3-0の判定勝ち。

 宮尾が苦戦の中に成長を見せる防衛となった。1位指名の相手に後半は速い出入りにパワーアップしたパンチで逆転。「最終回は五分と思って勝負した」とダウン寸前に追い込んだ。大橋会長は「パワーもつき、見せられるボクシングだった」と絶賛。「それが一番うれしい」と宮尾は涙した。長野・千曲の地元から応援団も駆けつけた。大橋会長は凱旋(がいせん)防衛戦の可能性も口にした。

関連するニュースを読む

宮尾3-0判定勝ちでV3/ボクシング

アバニエルに判定勝ちしベルトを肩にポーズをとる宮尾(撮影・鈴木正章)

<プロボクシング:WBA女子世界ライトミニマム級タイトルマッチ10回戦>◇28日◇東京・後楽園ホール

 王者宮尾綾香(30=大橋)が3度目の防衛に成功した。同級1位グレッチェン・アバニエル(28=フィリピン)との指名試合。

 前半はカウンターをもらって苦戦し、ポイントもリードされた。後半に入ると、本来のスピードある足を生かした出入りから、パワーアップしたパンチを見舞って逆転。最終回にはダウン寸前に追い込み、2~4ポイント差の3-0で判定勝ちした。「自分に勝ちたかった。感極まった」とリング上では涙した。大橋会長から「今まで一番いい試合」とほめられ、「それが一番うれしい」とまた涙が落ちた。

関連するニュースを読む

宮尾3度目の防衛戦「気負わずにいく」

WBA女子世界ライトミニマム級王者宮尾(左)と挑戦者アバニエル(撮影・柴田隆二)

 WBA女子世界ライトミニマム級タイトルマッチの調印式と計量が、27日に都内で行われた。

 王者宮尾綾香(30=大橋)は46・0キロ、同級1位グレッチェン・アバニエル(28=フィリピン)は45・2キロと、ともにリミット以下でクリアした。大橋会長以下、ジムの世界王者経験者は2度防衛が最高。

 宮尾は3度目の防衛戦で「中身は違うので、数字だけでも残せたらいい」と意欲を見せる。今回は初めて長野・千曲市の地元から、バス2台で応援団も駆けつける。「いつも通りに気負わずにいき、納得してもらえる試合をしたい」と話した。28日に東京・後楽園ホールで行われる。

関連するニュースを読む

宮尾綾香が明日のV3戦へ予備検診

予備検診に臨んだWBA女子世界ライトミニマム級王者宮尾(右)と挑戦者のアバニエル

 WBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾綾香(30=大橋)が26日、同級1位グレッチェン・アバニエル(フィリピン)との3度目の防衛戦(28日=後楽園ホール)を控え都内で予備検診を受診。また、同日はIBF女子ミニフライ級王座決定戦で同級6位・江畑佳代子が3度目の世界戦に挑む。

関連するニュースを読む

宮尾、アバニエルともに予備検診異常なし

王者宮尾(右)と挑戦者のアバニエル(撮影・奥山将志)

 28日に東京・後楽園ホールで開催されるWBA女子世界ライトミニマム級タイトルマッチの予備検診が26日、都内で行われた。

 3度目の防衛戦となる同級王者・宮尾綾香(30=大橋)、指名挑戦者の同級1位グレッチェン・アバニエル(27=フィリピン)はともに異常はなかった。

 宮尾は「(V3戦だからと)気負わず、目の前の試合に集中したい」とコメント。アバニエルは「私は打ち合うことも、アウトボクシングも出来る。心身ともに好調なので、試合が待ち切れない」と意気込みを話した。

関連するニュースを読む

宮尾綾香28日V3戦へ自信

練習を公開したWBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾綾香

 WBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾綾香(30=大橋)が、鍛え直した強打で初の指名試合をクリアする。同級1位グレッチェン・アバニエル(28=フィリピン)とのV3戦(28日、東京・後楽園ホール)を控えた25日、横浜の所属ジムで練習を公開。ミット打ちなどでパンチ力の強化を図ってきたことを明かし「少しでもダメージを与えたい」と殴り倒すイメージを持ってリングに立つつもりだ。

関連するニュースを読む

宮尾綾香「悪役になっても」王座守る

28日のV3戦に向け、練習を公開したWBA世界ライトミニマム王者・宮尾綾香

 28日に東京・後楽園ホールで3度目の防衛戦を控えるWBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾綾香(30=大橋)が25日、横浜市内の所属ジムで練習を公開した。

 自身初の指名試合として同級1位グレッチェン・アバニエル(28=フィリピン)と拳を交える宮尾は「相手は母国の台風による影響もあってベルトを持ち帰って国を元気にしようと思っていると思います。でもやすやすベルトは渡せない。悪役になってもいいから王座を守りたいと思います」との意気込みを示した。

 大橋秀行会長(48)も「母国のスター、パッキャオの復活を見て燃えているだろうし、フィリピン人のモチベーションの高さには警戒したい」と話した。

関連するニュースを読む

江畑3度目の世界挑戦はダブル女子世界戦

3度目の世界挑戦が決まった東洋太平洋女子フライ級王者の江畑(撮影・藤中栄二)

 東洋太平洋女子フライ級王者の江畑佳代子(37=ワタナベ)が11月28日、東京・後楽園ホールでIBF女子世界ミニマム級王座決定戦に出場することが18日、発表された。

 同級3位の江畑は同級1位のナンシー・フランコ(24=メキシコ)と同王座をかけて激突する。同日に東京・五反田のワタナベジムで会見に臨んだ江畑は「3度目の世界挑戦。『三度目の正直』で奪いたい」との意気込みを示した。

 同興行では、WBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾綾香(30=大橋)が同級1位グレッチェン・アバニエル(27=フィリピン)との3度目の防衛戦も予定。ダブル女子世界戦となる。

関連するニュースを読む

女子王者 宮尾V3戦は最強1位相手

3度目の防衛戦の対戦相手を発表した宮尾

 大橋ジムは9日、11月28日に行われるWBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾綾香(30=大橋)の3度目の防衛戦(東京・後楽園ホール)の対戦相手が、同級1位のグレッチェン・アバニエル(27=フィリピン)に決まったと発表した。宮尾は同日、神奈川県内の同ジムで大橋秀行会長、松本好二トレーナーとともに会見。「会長からは強い選手だと聞いている。ボクシングをあまり見たことがない人にも分かりやすい試合で勝ちたい」と闘志を燃やした。

関連するニュースを読む

宮尾綾香V3戦相手はアバニエルに決定

3度目の防衛戦の対戦相手を発表した宮尾

 大橋ジムは9日、11月28日東京・後楽園ホールで行われるWBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾綾香(30)の3度目の防衛戦の対戦相手が、同級1位のグレッチェン・アバニエル(27=フィリピン)に決まったと発表した。同日、神奈川県内の同ジムで会見した宮尾は「会長から強い選手だと聞いている。ボクシングをあまり見たことがない人にも分かりやすく、きれいな試合をしたい」と闘志を燃やした。

関連するニュースを読む