上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

小関桃2階級制覇 1年かけ磨きかけた接近戦で圧倒

黒木優子に右ストレートを浴びせる小関桃(右)(撮影・菊川光一)

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇17日◇福岡市九電記念体育館

 WBC世界女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦は17日、福岡市の九電記念体育館で行われ、1階級下の同アトム級王者で挑戦者の小関桃(35=青木)が3-0の判定で王者黒木優子(26=YuKOフィットネス)を破り2階級制覇を達成した。

 アトム級で男女を通じて日本人最多の17連続防衛中の小関は「1階級上の王者に福岡で勝つことに価値がある」と1年前から戦術を徹底。接近戦でのアッパーやボディー攻撃で主導権を握り圧倒した。「目の前のことばかり考えてきたので先は考えられない」というほど全力を注いで戴冠。黒木は地元で6度目の防衛に失敗した。

WBC女子世界ミニフライ級タイトルマッチを制した小関桃(左端)と6度目の防衛に失敗した黒木優子(撮影・菊川光一)

関連するニュースを読む

小関桃が黒木優子倒し2階級制覇、過酷スパー実った

WBC女子世界ミニフライ級タイトルマッチを制した小関桃(左端)と6度目の防衛に失敗した黒木優子(撮影・菊川光一)

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇17日◇福岡市九電記念体育館

 1階級下の同アトム級王者で挑戦者の小関桃(35=青木)が3-0の判定で王者黒木優子(26=YuKOフィットネス)を破り、2階級制覇を達成した。「最初からストップまで手を出し続けるつもりだった」と、1回から前に出る強気の攻撃で圧倒。アトム級で男女を通じて日本人最多の17連続防衛中の勢いのまま、1年前から戦術を徹底してきた接近戦でのアッパーやボディー攻撃で主導権を握った。軽量級男子との過酷なスパーリングや練習の日誌書きなどの努力も実った。

 黒木は地元で6度目の防衛に失敗した。試合後、リング上で泣くほどの悔しがりようで「まずは(WBC女子世界ミニフライ級王者の)返り咲きを目標に、どこかでチャレンジしたい」と復活を誓った。

関連するニュースを読む

黒木優子が判定で5度目防衛「KO勝ちしたかった」

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇18日◇福岡市・九電記念体育館

 チャンピオンの黒木優子(YuKO)が挑戦者で前チャンピオンの安藤麻里(フュチュール)を3-0の判定で下し、5度目の防衛を果たした。

 地元福岡市出身で25歳の黒木は得意の左をうまく使い、2回と5回にダウンを奪った。

 終盤は接近戦に持ち込まれ、パンチの応酬を仕掛ける挑戦者に苦戦したが、逃げ切った。通算22戦17勝(8KO)4敗1分け。

 ▽黒木優子の話 KO勝ちしたかった。安藤さんの気持ちに押された部分があった。5度の防衛だが、まだ青い。これからまだまだ成長できると思っている。

関連するニュースを読む

黒木優子、5度目の防衛戦へ「KO勝ちしたい」

 世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級チャンピオンの黒木優子(YuKO)が5度目の防衛戦(福岡市九電記念体育館)を翌日に控えた17日、福岡市内で調印式と前日計量に臨み「KO勝ちをしたいのが一番。練習してきたことを出すだけ」と抱負を述べた。

 調印式には「白星という意味で」と真っ白なドレス姿で登場。挑戦者の安藤麻里(フュチュール)は2014年5月にベルトを奪取した相手で、25歳の黒木は「久しぶりにお会いする。燃えるものがある」と語った。安藤は「黒木選手がベルトを持っていてくれたことに感謝している。勝ちたい」と雪辱を期した。

 計量は、サンタクロースの衣装に着替えて臨んだ黒木が47・3キロ、安藤が47・6キロでともに1回でパスした。

関連するニュースを読む

黒木優子が判定で3度目防衛 女子ミニフライ級

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇20日◇福岡市・九電記念体育館

 チャンピオンの黒木優子(YuKO)が挑戦者で同級4位のナンシー・フランコ(メキシコ)を3-0の判定で下し、3度目の防衛に成功した。

 地元福岡市出身の黒木は接近戦を仕掛ける相手と適度な距離を取り、得意の左ストレートなどで有効打を奪った。

 戦績は20戦15勝(7KO)4敗1分けとなった。

関連するニュースを読む

黒木優子が判定で秋田屋まさえを下し2度目の防衛

秋田屋まさえ(左)を攻める黒木優子(共同)

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇9日◇大阪府豊中市・アクア文化ホール

 王者の黒木優子(YuKO)が挑戦者の秋田屋まさえ(ワイルドビート)に3-0で判定勝ちし、2度目の防衛を果たした。

 戦績は24歳の黒木が18戦13勝(6KO)4敗1分け、この日が37歳の誕生日だった秋田屋は17戦9勝(3KO)6敗2分けとなった。

関連するニュースを読む

黒木優子「わくわく」秋田屋まさえと防衛戦

秋田屋(右)との防衛戦が決まった黒木(共同)

 世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級王者の黒木優子(YuKO)が5月9日に大阪府豊中市のアクア文化ホールで秋田屋まさえ(ワイルドビート)と2度目の防衛戦に臨むことが24日発表された。

 28日に24歳になる黒木は豊中市内で記者会見し「まさえさんは憧れの選手。複雑だけど、わくわくしている」と語った。試合当日が37歳の誕生日となる秋田屋は4度目の世界挑戦。「年齢が年齢なのでそうチャンスはない。チャンピオンになりたい」と意気込んだ。

関連するニュースを読む

黒木優子が判定勝ち、地元福岡で初防衛

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇1日◇福岡市・アクロス福岡

 チャンピオンの黒木優子(YuKO)が、挑戦者で同級2位のカティア・グティエレス(メキシコ)を2-1の判定で下し、初防衛に成功した。

 地元出身の黒木は、強力なパンチを放つ相手とうまく距離を取りながら攻め、着実にポイントを稼いだ。

 戦績は17戦12勝(6KO)4敗1分けとなった。

関連するニュースを読む

黒木優子、初防衛戦「ベルトは渡さない」

調印式後にポーズを取る、WBC女子ミニフライ級王者の黒木優子(左)と挑戦者グティエレス

 世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級王者の黒木優子(YuKO)が、11月1日にアクロス福岡で行われるタイトルマッチ10回戦へ向け、31日に調印式と前日計量へ臨み、地元での初防衛戦に「ベルトは渡さない。地元での興行なので、倒せるなら倒したい」と意気込んだ。

 同級2位の挑戦者カティア・グティエレス(メキシコ)の印象については「パンチ力がある。もう少し背が低いと思っていたが、自分と同じぐらいだった」と話した。前日計量は両選手とも1回でパスした。

 23歳の黒木は5月に新王者になった。

関連するニュースを読む

黒木優子が11月に初防衛戦

 WBC女子ミニフライ級王者の黒木優子(YuKO)が11月1日に福岡市のアクロス福岡で初防衛戦を行うことが8日、発表された。

 同級2位のカティア・グティエレス(メキシコ)の挑戦を受ける。

関連するニュースを読む

女子ボクシング池山直5・17世界挑戦へ

 ボクシング女子の池山直(フュチュール)が5月17日に大阪市のアゼリア大正ホールで世界ボクシング機構(WBO)女子アトム級王座決定戦に臨み、フィリピン選手と闘うことになった。所属ジムが11日に発表した。

 当日は世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級王者の安藤麻里(フュチュール)の初防衛戦とダブル世界戦となる。

関連するニュースを読む

安藤麻里が5月に黒木優子と初防衛戦

 WBC女子ミニフライ級チャンピオンの安藤麻里(フュチュール)が5月17日に大阪市のアゼリア大正ホールで同級10位の黒木優子(YuKO)と初防衛戦を行うと、安藤の所属ジムが28日に発表した。

関連するニュースを読む

安藤麻里が5月に初防衛戦

 世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級チャンピオンの安藤麻里(フュチュール)が5月17日に大阪市のアゼリア大正ホールで同級10位の黒木優子(YuKO)と初防衛戦を行うと、安藤の所属ジムが28日に発表した。

 世界ボクシング協会(WBA)女子ライトミニマム級初代王者の安藤は、昨年12月にWBC女子ミニフライ級王座決定戦で判定勝ちし、2階級制覇を達成した。

関連するニュースを読む

安藤が涙「勝てて良かった」/ボクシング

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級王座決定戦10回戦>◇14日◇大阪市・アゼリア大正ホール

 安藤麻里(26=フュチュール)は世界戦3連敗中の苦境を脱し、僅差の判定で2階級を制覇した。

 「勝ちにこだわった。勝てて良かった」とリング上でうれし涙を流した。

 内容は低調だった。自身で「汚いボクシングになってしまった」と振り返るように、3回にダウンを奪われて以降も強打を浴び続けた。強い気持ちで前に出てポイントは盛り返したが、相手の反則での減点がなければドローの試合。「(出来は)技術的に半分いっているかどうか」という反省を生かせるかが、今後の鍵となりそうだ。

関連するニュースを読む

安藤、判定Vで2階級制覇/ボクシング

勝利をおさめ、ベルトを巻き笑顔を見せる安藤(撮影・田崎高広)

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級王座決定戦10回戦>◇14日◇大阪市・アゼリア大正ホール

 同級3位の安藤麻里(26=フュチュール)は同級4位のハセス・ノリエガ(メキシコ)に2-1で判定勝ちした。WBA女子ライトミニマム級前王者の安藤は2階級制覇を達成した。

 安藤は3回にダウンを喫するなど劣勢だったが、ひるまずに攻めて打ち合いを制した。

 安藤の戦績は17戦11勝(5KO)6敗。

関連するニュースを読む

38歳藤岡が判定勝ちで新王者/ボクシング

<プロボクシング:WBA女子スーパーフライ級タイトルマッチ10回戦>◇13日◇東京・後楽園ホール

 挑戦者で同級2位の38歳、藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が35歳のチャンピオン、山口直子(白井・具志堅スポーツ)に3-0で判定勝ちし、新王座に就いた。

 山口は3度目の防衛に失敗した。

 世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級王座を返上して挑んだ藤岡は11戦全勝(6KO)、山口は18戦15勝(13KO)3敗となった。

関連するニュースを読む

安藤が12月にノリエガと王座決定戦

 ボクシングのフュチュールジムは4日、世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級3位の安藤麻里(25)が、12月14日に大阪市のアゼリア大正ホールで同級4位のハセス・ノリエガ(メキシコ)と王座決定戦を行うと発表した。

 同級王座はチャンピオンの藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則ジム)がタイトルを返上し空位となっている。安藤は世界ボクシング協会(WBA)女子ライトミニマム級前王者で、1度防衛に成功している。

関連するニュースを読む

藤岡奈穂子 階級変更タイトル返上

 日本ボクシングコミッションは27日、WBC女子ミニフライ級チャンピオンの藤岡奈穂子(38=竹原慎二&畑山隆則)が24日付でタイトル返上届を提出したと発表した。藤岡は階級を上げ、11月13日に東京・後楽園ホールでWBAスーパーフライ級王者の山口直子(35=白井・具志堅スポーツ)に挑戦する。

関連するニュースを読む

最年長記録!37歳の藤岡V2/ボクシング

6回、ビクトリア・アルゲッタに右フックを浴びせる藤岡(共同)

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇28日◇宮城県大崎市・古川総合体育館

 37歳のチャンピオン、藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が同級3位のビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)を3-0の判定で下し、2度目の防衛に成功した。

 東日本大震災の復興支援イベントとして行われた試合で、大崎市出身の藤岡は終始相手を圧倒し、男女を通じて日本のジム所属選手の最年長世界王座防衛記録をマークした。戦績は9戦全勝(5KO)。

関連するニュースを読む

藤岡、判定で2度目防衛/ボクシング

6回、アルゲッタに右フックを浴びせる藤岡(共同)

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇28日◇宮城県大崎市・古川総合体育館

 37歳のチャンピオン、藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が同級3位のビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)を3-0の判定で下し、2度目の防衛に成功した。

 東日本大震災の復興支援イベントとして行われた試合で、大崎市出身の藤岡は終始相手を圧倒し、男女を通じて日本のジム所属選手の最年長世界王座防衛記録をマークした。戦績は9戦全勝(5KO)。

関連するニュースを読む