上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

メイウェザーが19年に復帰戦、亀田家とタッグ組む

会見で笑顔を見せるメイウェザー(撮影・足立雅史)


50戦無敗の5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)が17日、都内で会見し、2019年に復帰戦を行うと発表した。現役復帰となれば、17年8月26日に米総合格闘技UFC2階級制覇王者コナー・マクレガー(アイルランド)のボクシングデビュー戦の相手として対戦し、10回TKOで勝利し、当時新記録の50連勝を飾って以来。メイウェザーは「ボクシングが恋しいことはなかったが、好きなので新しいチームと共に新しい世界に進みたい」と意気込んだ。

今回の復帰戦は、メイウェザーの会社「メイウェザー・ホールディングス」と、日本初の3階級制覇を達成した亀田興毅(31)と弟の亀田和毅(27)らが所属する協栄ジムと、ローラやダレノガレ明美らが所属する芸能事務所LIBELAと共同で「TMT(The Money Team)Tokyo」という会社を立ち上げる一環だ。日本で新たなビジネスを展開するといい、メイウェザーは「日本は好きで8回、来た。これからも来ることになるだろう。ナイトクラブ、ボクシングのビジネスを展開したい。亀田兄弟とコラボレーションし、アジアでもボクシングを展開したい」と語った。来月も来日し、ベンチャービジネスについて話を進めるといい、「東京はビジネスが伸びるのにいいと思い(新規ビジネスを立ち上げる地に)選んだ」と語った。

15日に都内で再会した、6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(39=フィリピン)との15年5月に判定勝ちして以来の再戦については「先日、偶然に会った。米ショータイムと今後の展開を話したい」と再戦に含みを残した。

メイウェザーは2015年9月14日に米ネバダ州ラスベガスで行われたWBA、WBC世界ウエルター級タイトルマッチで、WBA同級暫定王者アンドレ・ベルト(米国)に3-0の判定で勝ち、56年に無敗で引退した伝説の元ヘビー級王者ロッキー・マルシアノ(米国)の49戦全勝に肩を並べる49勝(26KO)の記録を残し、38歳で引退を表明。「これでキャリアは終わりだ。私はすべてを成し遂げた。お金も十分にあるし、これ以上やるべきことはない。(全勝記録は)次のメイウェザーが破ってくれればいい」などと語った。

ところが、17年8月にマクレガーのボクシングデビュー戦の対戦相手として“現役復帰し、スーパーウエルター級12回戦を戦い、10回TKO勝ちした。区切りの50連勝を飾り、試合後に「これが私の最後の試合です。今日が最後」と、改めて引退を宣言。マルシアノの全勝記録を超えたことについては「彼(マルシアノ)は伝説。わたしもいつかなれれば」と語っていた。

亀田興は「メイウェザーからアドバイスをうけて、米国のように盛り上げていこうと…うれしく思う。将来的にメイウェザーの選手と日本人選手が戦い、盛り上がって行ければな、と。力の指標をマネーとすると、行ききった選手。ボクシングは、まだ厳しい。世界王者になってもバイトしなければいけない子もいてて…変えたい。その中、メイウェザーとやっていくと明るい未来があるのではないか。若い世代で、それをやっていきたい」と抱負を語った。【村上幸将】

会見に臨むメイウェザー(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

王者ゴロフキン初黒星…判定への不満は口にせず

アルバレス(左)のパンチをかわすゴロフキン(AP)

<プロボクシング:2団体統一(WBAスーパー、WBC)世界ミドル級タイトルマッチ12回戦>◇15日(日本時間16日)◇米ネバタ州ラスベガス、Tモバイル・アリーナ


2団体統一(WBAスーパー、WBC)世界同級タイトル戦は、挑戦者のカネロこと元2階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)が、王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に2-0の判定勝ちで初黒星をつけ、1年ぶりの再戦に決着をつけた。

8年間保持した王座を失ったゴロフキンは言葉少なに会場を後にした。判定への不満は口にせず、後半盛り返す展開に「良い試合だった。彼より良い戦いをした」とだけ言った。

関連するニュースを読む

アルバレス新王者「またやってもいい」再戦へ含み

ゴロフキン(右)に強烈なパンチを出すアルバレス(AP)

<プロボクシング:2団体統一(WBAスーパー、WBC)世界ミドル級タイトルマッチ12回戦>◇15日(日本時間16日)◇米ネバタ州ラスベガス、Tモバイル・アリーナ


今年最大のビッグマッチはメキシコの至宝に軍配が上がった。挑戦者のカネロこと元2階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)が序盤から前に出る積極性で、王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と渡り合い、2-0の僅差判定勝ちで新王者についた。ミドル級新記録の通算21度目の防衛を阻み、プロ初黒星も与え「明白な勝利だ」と誇った。

1年前は引き分け。5月の再戦は自身のドーピング違反で延期となり、6カ月の出場停止処分明けだった。疑惑の目を向けられ続け、怒りを抱えていた。1年前の守備的戦術ではなく、効果的なボディーなど、打ち合って強者を証明。「人々が望むなら、またやってもいい」と3度目の決戦へ含みを持たせた。

ゴロフキンを下し新王者に輝いたアルバレス(AP)

関連するニュースを読む

村田諒太「遠ざかる」王者ゴロフキン初黒星で統一戦

テレビ出演後に取材対応する村田

<プロボクシング:2団体統一(WBAスーパー、WBC)世界ミドル級タイトルマッチ12回戦>◇15日(日本時間16日)◇米ネバタ州ラスベガス、Tモバイル・アリーナ


ボクシングのミドル級頂上決戦は、WBA世界同級王者村田諒太(32=帝拳)にとって、長く険しい道を強いる結果となった。

15日(日本時間16日)に米ラスベガスで開催された2団体統一(WBAスーパー、WBC)世界同級タイトル戦は、挑戦者のカネロこと元2階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)が、王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に2-0の判定勝ちで初黒星をつけ、1年ぶりの再戦に決着をつけた。生中継したWOWOWでゲスト出演を終えた村田は「遠ざかりますよね、興行的には。またしんどい道が始まる」と率直な心境を述べた。

ゴロフキンとは青写真が描けていた。交流があり、WBA王座統一戦として東京ドームでのビッグマッチに関心も示していた。10月20日にラスベガスで同級2位ブラント(米国)とのV2戦が控える村田も、次々戦に据えていた。対してアルバレスは、米国での人気は群を抜き、日本に呼べる可能性は低い。興行的な観点から「2、3段階ステップを踏まないと、カネロは出てこない。たどり着けないと思う」と分析した。

現実は厳しい。ただ、「いちいち揺れ動いていてもしょうがない。次の試合に集中するだけ。証明すべきことがまだまだある」。新たな覚悟を固め、より本場でアピールする必要性を口にした。【阿部健吾】

関連するニュースを読む

村田諒太、カネロ勝利にビッグマッチ「遠ざかった」

新王者となったアルバレス(AP)


ボクシングのミドル級頂上決戦は、WBA世界同級王者村田諒太(32=帝拳)にとっては、長く険しい道を歩む結果となった。

15日(日本時間16日)に米ラスベガスで開催された2団体統一(WBAスーパー、WBC)世界同級級タイトルマッチ12回戦。挑戦者のカネロこと元2階級制覇王者サウル・アルバレス(28=メキシコ)が、8年間王者だったゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)に2-0の判定勝ちでプロ初黒星をつけ、1年ぶりの再戦に決着をつける結果となった。生中継したWOWOWでゲスト出演を終えた村田は、アルバレスの勝利に「遠ざかりますよね、興行的には。またしんどい道が始まる」と率直な心境を述べた。

遠ざかる理由は、ゴロフキンとの縁にあった。ミドル級に君臨し続けた絶対王者とは交流があり、WBA王座統一戦として東京ドームでのビッグマッチに関心も示していた。10月20日に米ラスベガスで同級2位ロブ・ブラント(米国)とのV2戦が控える村田も、次々戦の明確な目標として、国内ボクシングの恩返しという意味でも、標的を明確に定めていた。ゴロフキンが勝ってほしい…。戦前にはその気持ちはあったはずだ。

メキシコ出身のアルバレスは、米国での人気は群を抜いており、日本に呼べる可能性は限りなく低い。興行的な観点から、「2、3段階ステップを踏まないと、カネロは出てこない。たどり着けないと思う」と冷静に現実を見据えた。

正直ショックはあるだろう。ただ、「いちいち自分自身が揺れ動いていてもしょうがない。次の試合に集中するだけ」と気持ちは切れてはいない。むしろ、新たな覚悟を決め、より本場でアピールする必要性も痛感している。「証明すべき事がまだまだある」と泰然と述べた。

村田諒太(2018年6月13日撮影)

関連するニュースを読む

アルバレス、絶対王者ゴロフキン下す!村田の動向は

新王者となったアルバレス(AP)

<プロボクシング:2団体統一(WBAスーパー、WBC)世界ミドル級タイトルマッチ12回戦>◇15日(日本時間16日)◇米ネバタ州ラスベガス、Tモバイル・アリーナ


今年最大のビッグマッチ「ミドル級頂上決戦第2弾」は、メキシコの至宝の勝利に終わった。挑戦者のカネロこと元2階級制覇王者サウル・アルバレス(28=メキシコ)が、8年間王者であり続けたゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)に2-0の判定勝ち(115-113、115-113、114-114)でプロ初黒星をつけ、1年ぶりの再戦に決着をつけた。

アルバレスは50勝(34KO)1敗2分け、ゴロフキンは38勝(34KO)1敗1分けとなった。

立ち上がりからアルバレスの積極性が目立った。ゴロフキンの重くコンスタントなジャブを恐れずに、前に出た。2回には左のアッパーをカウンターで顔面にヒットさせるなど、リズムをつかんだ。ゴロフキンは4回に左の多彩な連打で正面から突破口を探り、シャープなアッパーも披露したが、アルバレスの勢いは止まらない。5回には連打のボディーブローを的確に集め、ゴロフキンを後退させた。

流れが変わったのは終盤になってから。スタミナの影響か手数が減ったアルバレスに対し、ゴロフキンのペースが落ちない。10回には右ストレートを顔面に打ち込み、相手を下がらせた。ボディーブローの影響で動きに鈍さは出たように感じさせたが、序盤の劣勢を盛り返してみせた。12回を戦い抜くと、最後は互いに抱擁した。

ともに一発でパスした前日計量の写真撮影時には、アルバレスがゴロフキンに挑発的に額を付き合わせ、関係者が制止に入る一触即発状態になった。1年前、引き分けに終わった「第1弾」ではあった互いへの尊敬の念は消えうせたとともに公言して臨んだ戦いだった。すべてはドーピング問題に起因していた。

引き分けで再戦の機運が高まり、5月に決着戦が組まれたが、アルバレスのドーピング違反が発覚。陽性反応を示したクレンブテロールは、メキシコの家畜に使用されてはいるが、筋肉増強剤にあたる禁止薬物だった。「メキシコで食べた牛肉が汚染されていた」と故意ではないと主張し、出場停止6カ月という短期間の処分で済んだが、これに対してゴロフキンは疑問を突きつけた。「薬物入りの牛肉を誤って食べたという彼の主張は信じない」と批判したことで、両者は一気に敵対モードとなった。リスペクトなき頂上決戦はそうして初戦と互いの心情を変えながら、ゴングの時を迎えていた。

勝利のリングで、アルバレスは「セコンドが接戦だと教えてくれた。感情が高ぶって言葉がありません。みなさんに感謝します。自分を信じてくれたみなさん、ありがとう」と声を張り上げた。ゴロフキンについては、「彼は素晴らしいパンチャー」「栄誉ある素晴らしいライバル。必要な存在。良い試合ができた」とも述べた。3度目の戦いについては「もし再戦、三度目の正直を求めるなら、しっかり家族との休みを取ってやりたい」とした。

WBA世界ミドル級王者村田諒太(32=帝拳)の動向にも大きく影響してくる決戦は、アルバレスの勝利で幕を下ろした。

注目の大一番で拳を交えるゴロフキン(左)とアルバレス(AP)

関連するニュースを読む

井上拓真、夢の兄弟同時王者へ 来春にも世界初挑戦

ヤップに勝利した井上拓真(中央)は兄尚弥(左)と父真吾トレーナーと記念写真でポーズを決める(撮影・滝沢徹郎)

<プロボクシング:WBC世界バンタム級指名挑戦者決定12回戦>◇11日◇東京・後楽園ホール


世界3階級制覇王者井上尚弥の弟で同級10位の拓真(22=大橋)が世界初挑戦の切符をつかんだ。同級3位マーク・ジョン・ヤップ(29=六島)に3-0の判定勝ちを収めた。序盤はカウンターパンチを軸に攻め、5回途中には左フックでダウンを奪って試合の主導権を握った。最終回に出てきたヤップとの打ち合いにも負けずに競り勝った。同じ階級での兄弟王者を目指し、来春にも世界挑戦が実現しそうだ。

最後まで倒しにいった。5回に左フックでダウンを奪い、途中採点でも優位に立つことを知りながら井上は「気持ちは最後までKOを狙う」とこだわった。12回フルラウンド終了時には勝利を確信し「スピードは自分の方が上だと思っていた」。東洋太平洋王者でもあるヤップを下し、自信に満ちた笑顔をみせた。

来春にも世界初挑戦が組まれる。現在、空位のWBCバンタム級は1位ウーバーソ(フランス)と4位ウォーレン(米国)による王座決定戦が来月に開催予定。この勝者が2位ペッチソーチット(タイ)との初防衛戦を終えてから挑戦-との通知がWBCから所属ジムに届いている。兄尚弥から「十分に力がある。2人で(バンタム級を)独占できれば」とエールをもらった弟は「兄と同じ階級で、(世界奪取は)小さい頃からの夢なので必ずかなえたい」と、日本2組目となる兄弟王者への自信を示した。

ヤップ(左)に右ストレートを見舞う井上拓真(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

井上尚弥&拓真兄弟で来春にもバンタム王座独占!?

ヤップに勝利した井上拓真(中央)は兄尚弥(左)と父真吾トレーナーと記念写真でポーズを決める(撮影・滝沢徹郎)

<ボクシング:WBC世界バンタム級指名挑戦者決定戦12回戦>◇11日◇東京・後楽園ホール


世界3階級制覇王者で現WBA世界バンタム級王者井上尚弥(25)の弟で同級10位の井上拓真(22=ともに大橋)が判定で同級3位マーク・ジョン・ヤップ(29=六島)を下し、次期指名挑戦者となった。

現在、WBCバンタム級は前王者ルイス・ネリ(メキシコ)の体重超過による王座剥奪のために空位。それを受けた10月の王座決定戦、この勝者の指名試合を待ってから、井上の挑戦となる。早ければ来春にも世界初挑戦が実現する。所属ジムの大橋秀行会長は「私見ですが、兄尚弥のWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)決勝と一緒にやるパターンもあるかもしれない」と兄弟世界戦の可能性を口にした。

兄尚弥は10月7日のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)との初防衛戦を皮切りに階級の世界最強を決めるトーナメント、WBSS優勝に向けてスタートを切る。WBSSには3団体の王者が出場しており、優勝すれば日本初の3団体統一王者になる。尚弥も「自分が優勝して拓真も(世界戦で)勝てば、兄弟2人で独占。それもいいですよね。十分に(世界ベルトを奪う)力はあると思うので」とエールを送った。

日本勢ではWBA、WBC承認時代、亀田兄弟がフライ級を独占。世界ではクリチコ兄弟が、4団体でヘビー級を独占した。日本でIBF、WBOも承認された現在、兄弟で4団体制覇となれば国内初となる。兄弟のトレーナーで父の真吾氏は「その(独占)形になるなら、ぜひしてもらいたいですね。それまでトレーニングあるのみです」と一家の目標を掲げていた。

関連するニュースを読む

井上拓真、連勝中のヤップ下し世界挑戦切符勝ち取る

ヤップ対井上拓 8回、ヤップ(左)に右ストレートを見舞う井上(撮影・滝沢徹郎)

<プロボクシング:WBC世界バンタム級指名挑戦者決定12回戦>◇11日◇東京・後楽園ホール


同級9位井上拓真(22=大橋)が世界挑戦切符をつかんだ。東洋太平洋同級王者の同級3位マーク・ジョン・ヤップ(29=六島)との一戦。序盤はほぼ互角の戦いから、5回に右ストレートでダウンを奪った。6回にも右アッパーでロープまで飛ばし、3-0の判定勝ちを収めた。

5回にヤップの左フックと相打ちで、右ストレートを打ち込んだ。ヤップはロープまで吹っ飛び、立ち直った。ヤップはスリップをアピールも、レフェリーはダウンと判定した。6回には頭を下げて出てくるところへ、右をアッパー気味に繰り出す。再びヤップをロープまで下がらせた。

最終12回はヤップが最後の反撃に来たが、井上は下がることなく打ち合った。採点はジャッジ1人が1点差も、後2人は5、7ポイントと差がついた。「やっと終わって、勝ってホッとした」と胸をなで下ろした。

ヤップは国内のバンタム級トップ選手を次々と撃破し、10連勝中だった。「一番の強敵で不安もあったが、世界の切符がとれてよかった」と笑み。WBCの緑のベルトにちなみ、髪にグリーンのラインを入れた。「世界挑戦は全部緑にしようかと思うけど、キモイかな」と笑わせた。

現在WBO王座は3月にネリ(メキシコ)が計量失格で剥奪後は空位が続いている。1位ウーバーリ(フランス)と4位ウォーレン(米国)の王座決定戦が予定され、勝者は2位ペッチ(タイ)と対戦が義務付けられている。井上はこの勝者に挑戦する。

16年12月に1度は世界挑戦が決まったが、右拳を痛めて中止となった。WBA同級王者の兄尚弥(25=大橋)はすでに3階級制覇。後れを取ったが「必ず一発で仕留めたい。小さいころの夢をかなえる」とリング上から宣言した。

関連するニュースを読む

大竹秀典1回TKO負け、日本人最年長王座奪取失敗

大竹秀典(2018年7月撮影)

<プロボクシング:WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦>◇25日(日本時間26日)◇米アリゾナ州グレンデール・ヒラ・リバーアリーナ


37歳1カ月の日本人最年長王座奪取を狙った同級6位大竹秀典(金子)が1回TKO負けを喫した。王者アイザック・ドグボエ(23=ガーナ)の強烈な左フックを浴びてダウン。続いてもらった右フックでスタンディングダウンも許した。その直後に連打を受けてレフェリーストップ。同回2分18秒、TKO負けとなった。

14年11月、英国でWBA同級王者クイッグ(英国)に判定負けを喫して以来、約3年9カ月ぶり2度目の世界戦にも敗れた大竹は「1回(で負け)というのは、なかなか厳しい現実」と悔しがった。

関連するニュースを読む

大竹秀典1回TKO負け、37歳最年長王者ならず

大竹秀典

<プロボクシング:WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦>◇25日(日本時間26日)◇米アリゾナ州グレンデール・ヒラ・リバーアリーナ


WBO世界スーパーバンタム級6位大竹秀典(37=金子)が1回TKOで同級王者アイザック・ドグボエ(23=ガーナ)に敗れ、王座奪取を逃した。

序盤から攻め込まれ、強烈な左フックを浴びてダウンを喫すると、続いて右フックを受け手スタンディングでのダウンも許した。

何とか対抗しようと試みるが、右ボディー、左フック、右フックと次々と連打を食らったところでレフェリーストップ。1回2分18秒、TKO負けとなってしまった。これで大竹の戦績は31勝(14KO)3敗3分け。2度目の防衛に成功したドグボエの戦績は20勝(14KO)無敗となった。

大竹は14年11月、英リバプールでWBA世界同級王者スコット・クイッグ(英国)に0-3の判定負けを喫して以来、約3年9カ月ぶり2度目の世界挑戦で、日本人最年長となる37歳1カ月での世界ベルト奪取を目指していた。


関連するニュースを読む

大竹秀典の勝負メシは「うなぎ」前日計量余裕のパス

WBO世界スーパーバンタム級王者アイザック・ドグボエの写真を手に気合を入れる大竹秀典(2018年7月31日撮影)


25日(日本時間26日)のボクシングWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦の前日計量は24日(同25日)に米グレンデールで行われ、同級6位大竹秀典(37=金子)はリミット55・3キロよりも200グラム少ない55・1キロでパスした。

同級王者アイザック・ドグボエ(23=ガーナ)も400グラム少ない54・9キロでクリア。計量後に現地の日本料理店で「勝負メシ」のうなぎを食べた大竹は約3年9カ月ぶり2度目の世界戦。勝てば、長谷川穂積の35歳9カ月を抜く日本最年長の王座奪取となる。

関連するニュースを読む

大竹秀典、王者ドグボエともに前日計量クリア

大竹秀典(2018年7月撮影)


ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦は25日(日本時間26日)、米アリゾナ州グレンデールのヒラ・リバーアリーナで開催される。2度目の世界挑戦となる同級6位大竹秀典(37=金子)は24日(同25日)、同地で開かれた前日計量に出席。121ポンド(約54・88キロ)でパスした同級王者アイザック・ドグボエ(23=ガーナ)に対し、121・4ポンド(約55・06キロ)でクリア。両者ともにリミット122ポンド(約55・34キロ)よりもアンダーだった。

大竹にとっては14年11月、英リバプールでWBA世界同級王者スコット・クイッグ(英国)に0-3の判定負けを喫して以来、約3年9カ月ぶりの世界戦となる。37歳1カ月での世界ベルト奪取となれば、長谷川穂積の保持する35歳9カ月を抜く日本人最年長記録となる。

関連するニュースを読む

八重樫vsロマゴン 9・5代々木で激突

 WBC世界フライ級タイトルマッチが9月5日、東京・代々木第2体育館で行われる。

 王者・八重樫東(31=大橋)と対戦する元世界2階級制覇王者で同級1位のローマン・ゴンサレス(27=帝拳、ニカラグア)が25日、都内の帝拳ジムで練習を公開した。

来月5日の八重樫東戦を前に会見を行ったゴンサレス(撮影・玅見朱実)

王者八重樫東(31=大橋)-12回戦-ローマン・ゴンサレス(27=ニカラグア)

公開スパーリングを行ったゴンサレス(左)だったが、手の内を見せることなく2回終了(撮影・玅見朱実)

練習を公開したゴンサレス(撮影・玅見朱実)

関連するニュースを読む