上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

亀田興毅氏プロモート興行の会見、アベマTVで異例中継「公開オファーです」皇治に出場求める

8・14興行に出場する力石(左から3人目)、但馬(右から3人目)ら。中央右は興毅会長、左は大毅副会長(2022・6・25 ANAクラウンホテル 撮影・実藤健一)

プロボクシングの3150ファイトクラブあらためKWORLD3ジム主催初の興行について、追加カードを含めて元世界3階級制覇王者の亀田興毅氏(35)が25日、大阪市内のホテルで会見。その模様をアベマTVが中継する異例の会見となった。

「3150FIGHT vol.3」として8月14日にエディオンアリーナ大阪のメイン競技場で開催する。プロモーターライセンスを取得した興毅会長は、この興行からプロモート業に専念するため、肩書も「創立者」を意味するファウンダーに変える。

すでにメインは日本ヘビー級1位の但馬ミツロ(27)が史上最短2戦目でのタイトル奪取をかけて、韓国同級王者イ・ソンミン(31)との対戦が発表されている。新たにセミファイナルとして東洋太平洋スーパーフェザー級王座を獲得した力石政法(28=緑)の初防衛戦が組まれた。同級14位のトムジュン・マングバッド(フィリピン)と対戦。力石は「自分は1試合1試合に人生をかけて、負けたら終わりと思って戦っている。今回も同じ。頑張りたい」と意気込んだ。

興毅ファウンダーは、「公開オファーです」と、立ち技格闘技の人気選手、皇治(33=TEAM ONE)に出場を求める意向を明かした。以前からボクシング転向をすすめており、今回も実現すれば、日本ボクシングコミッション(JBC)の管轄外で、4回戦を計画するという。

8・14に初防衛戦に臨む東洋太平洋王者の力石(2022・6・25 ANAクラウンホテル 撮影・実藤健一)

関連するニュースを読む

亀田興毅氏のKWORLD3ジム主催で初興行開催 8・14エディオンアリーナ大阪

8・14興行に出場する但馬ミツロ(左)ら選手と亀田興毅会長(左から2人目)(撮影・実藤健一)

プロボクシングで、3150ファイトクラブあらためKWORLD3ジム主催初の興行について、元世界3階級制覇王者の亀田興毅氏(35)が15日、大阪市内のジムで会見した。「3150FIGHT vol.3」として8月14日にエディオンアリーナ大阪のメイン競技場で開催する。

興毅会長はプロモーターライセンスを取得。この興行からプロモート業に専念するため、肩書も「創立者」を意味するファウンダーに変える。

世界戦が行える大規模な会場で、ボクシング界の未来を見据えた改革を打ち出す。そのひとつが「プラットフォーム構想」。これまではジム主体で行ってきた興行の垣根をなくし、地方で埋もれている好選手の発掘などを目的に全国規模で出場選手を募る。

「現状はボクシングだけで食えている選手は少ない。それを打破したいんで、破格のファイトマネーとかいろいろやっていきたい」と興毅会長。多くの選手が集うイメージを「シン亀田駅」と話し、来年には東京進出のプランも明かした。

メインは但馬ミツロ(27)の日本ヘビー級タイトルマッチを予定。史上最短2戦目でのタイトル奪取をかけて、韓国同級王者のイ・ソンミン(31)と対戦する。但馬は「これ(日本タイトル)をとってこそのスタート。勝って、海外の強いやつと戦っていくイメージ」。目標は日本人初の世界ヘビー級王者。壮大な夢に向かい、興毅会長とともにスタートを切る。

8・14に日本タイトルに挑む但馬ミツロ(右)と亀田興毅会長(撮影・実藤健一)
8・14に日本タイトルに挑む但馬ミツロ(中央)と亀田興毅会長(左)、大毅副会長( 撮影・実藤健一)

関連するニュースを読む

亀田興毅会長の「3150ファイトクラブ」が「KWORLD3」に名称変更「誤解生んでしまう」

3150ファイトクラブの亀田興毅会長(2021年3月撮影)

元世界3階級制覇王者の亀田興毅氏(35)が会長を務める3150ファイトクラブが、登録名称を「KWORLD3」に変更した。日本ボクシングコミッション(JBC)が20日、公式サイトで発表した。

興毅会長は「興行イベント名である“3150FIGHT”は、所属ジムに関係なく、全国のプロボクサーがあこがれるプラットフォームになることを目指しています。ジム名が“3150ファイトクラブ”のままでは類似した名称なので誤解を生んでしまうため、今回、ジム名を変更することに決めました」と明かした。

「3150FIGHT」は次回、8月14日にエディオンアリーナ大阪のメインアリーナと世界戦規模で行う予定。興毅氏も会長から創立者を意味する「ファウンダー」に肩書を変える。

組織、体制の変更は近日中に発表の予定。興毅氏は「業界を震撼(しんかん)させる発表になると思います」と予告した。

関連するニュースを読む

亀田興毅会長が仕掛けた「3150FIGHT」出場へ若手サバイバル戦「選手1人1人が主役」

3150ファイトクラブの亀田興毅会長

<ボクシング:ノンタイトル戦>◇14日◇大阪・豊中市の176BOX

元世界3階級制覇王者で3150ファイトクラブの亀田興毅会長(35)が新たに仕掛けた興行が行われた。

「3150FIGHT~SURVIVAL~VOL.0」と銘打たれた。若手ボクサーが、大きな舞台に立つためのサバイバル戦。8月14日にエディオンアリーナ大阪のメインアリーナで予定する「3150FIGHT」の出場権をかけて戦う、実験的でもある興行だった。

興毅会長は「今、選手のリングがない状態。この大会はみんなに見てもらいたい。選手1人1人が主役」と力説する。メインの竹嶋宏心(3150ファイトクラブ)と山崎海斗(六島)の契約58・0キロ8回戦は、山崎の判定勝ち。勝者の山崎は「長所の右ストレートやフックの返しなどが出せた」と振り返った。

興毅会長は「3150FIGHTは(今回より)華やかな大きい舞台。どれだけのことをするか見ていてほしい」。コロナ禍にあっても負けず、ボクシング界の発展のためにいろいろと仕掛けていく。その第1弾で手応えを得た。次回大会からは「会長」ではなく「創立者」を意味する「ファウンダー」と肩書を変える。興毅ファウンダーは今後も「パイオニア」であり続ける。【波部俊之介】

関連するニュースを読む

亀田会長「3150FIGHT~SURVIVAL~」メインイベント延期を発表 福永宇宙が感染

元世界3階級制覇王者で3150ファイトクラブの亀田興毅会長(35)は6日、5月14日に大阪・豊中市内で開催する興行のメインイベント延期を発表した。

20年度の全日本新人王スーパーバンタム級を制し、10戦10勝(5KO)のホープ、福永宇宙(24=黒潮)が新型コロナウイルスに感染し、試合までにコンディションを整えることは難しいと判断された。山下賢哉(JBスポーツ)との契約56・5キロ8回戦を予定していた。

14日の興行は「3150FIGHT~SURVIVAL~VOL.0」と命名。若手ボクサーたちが「3150FIGHT」の出場権もかけて戦う、実験的な興行と位置づけ、メインは竹嶋宏心(3150ファイトクラブ)と山崎海斗(六島)の契約58・0キロで行う8回戦が組まれていた。

関連するニュースを読む