上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

亀田興毅会長「夢を実現させたい」日本人初の世界ヘビー級王者育成に意欲

12月16日に大阪で開催する興行の発表会見に臨んだ3150ファイトクラブの亀田会長(中央)と参戦するヘビー級の但馬(左端)と元WBA世界ミニマム級王者宮崎

ボクシング元世界3階級制覇王者の315Oファイトクラブ亀田興毅会長(34)が日本人初の世界ヘビー級王者育成に強い意欲を示した。

16日、都内で会見を開き、12月16日にメルパルクホール大阪で3150ファイトVOL・1大会を開催すると発表。緑ジムから移籍してきたアマ5冠の日本ヘビー級ホープ但馬(たじま)ミツロ(26)が同興行でプロデビューを果たすことが決まった。対戦相手は現在調整中だ。

亀田会長は「(但馬は)身体が大きいし非常に身体能力が高い。まずは『但馬改造計画』を進め、少し身体を絞っていきたい。日本人の世界ヘビー級王者という長年の日本ボクシング界の夢を実現させたい」と大きな期待を寄せた。

ヘビー級のマーケットは金銭的なことも含めて世界に広がっている。同会長は「海外でのマーケットは広いので、活躍していけば商品価値はどんどん上がっていくと思います」と強調。WBC世界同級王者タイソン・フューリー(英国)が前王者の同級1位デオンテイ・ワイルダー(米国)との3度目対決で数百万ドルを稼いでいる例を挙げながら「(但馬は)活躍できると思っています。この選手が100億稼ぐぐらいになったら、自分は『かばん持ち』したいと思います」と育成に力を入れる考えだ。

そんな亀田会長の大きな期待を受け、但馬は「これまでの重量級が見せられなかったことをみせようと思います」と気合を入れ直していた。

12月16日に大阪で開催される3150ファイトVOL1大会の会見に臨んだ亀田興毅会長(中央)と参戦するヘビー級の但馬(左)。右は元世界王者の宮崎

関連するニュースを読む

亀田興毅氏「大成功収めたい」3150ファイトクラブが12・16大阪興行

12・16大阪で開催される3150ファイトVOL.1大会の会見に臨んだ亀田興毅会長(中央)と参戦するヘビー級の但馬(左端)、元世界王者宮崎

ボクシング元世界3階級制覇王者亀田興毅氏(34)が会長を務める315Oファイトクラブは16日、12月16日にメルパルクホール大阪で「3150ファイトVOL・1」大会を開催すると発表した。元WBA世界ミニマム級王者宮崎亮(33)が所属選手として現役復帰戦を予定。今年6月に腰痛でプロデビューが中止となっていたアマ5冠の日本ヘビー級ホープの但馬(たじま)ミツロ(26)が緑ジムから移籍。同興行でプロデビューを予定している。 亀田会長は「まず1回目、大成功を収めたい。見ている人にボクシングが面白いと思ってもらえるように。ボクシング界に自分なりの恩返ししたい」と口にした。5年ぶりの現役復帰戦となる宮崎は「興毅社長に感謝して、しっかり仕上げて試合に立とうと思います」と意気込み十分。但馬は「これまでの重量級が見せられなかったことをみせようと思います」と意気込んだ。

また3150ファイトクラブ所属の船橋真道(25)、佐々木る玖(19)のプロ2戦目、福重浩輝(28)、北田章大(24)、檜皮田知也(26)の3人がそれぞれ4回戦デビューする予定だ。対戦相手は今後発表される。なお興行はABEMAで生中継される。

9月25日、大阪・豊中市で自主興行を予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大を受けて断念。今回が仕切り直しの興行となる。

関連するニュースを読む