上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

キック2冠石月がRISE参戦、日本タイトル目指す

シャドーに取り組む石月

新潟県在住のプロキックボクサーでDBS日本ムエタイスーパーフェザー級、KROSS×OVER同級の2冠王者の石月祐作(30=KAGAYAKI)が「RISE 146」(23日、東京・後楽園ホール)のスーパーフェザー級戦に出場する。RISE参戦は19年11月以来、約1年3カ月ぶりで、同級3位竹内皇貴(26=チームドラゴン)と対戦。RISEのランキングは4位で上位の竹内に勝てば日本タイトル挑戦の可能性が見えてくる。

   ◇   ◇   ◇

感じているのは落ち着きと、いい緊張。「コンディションは今までになくいい」。石月は自信を潜ませる。2つ目のタイトルKROSS×OVERスーパーフェザー級王者に就いた昨年10月以来の試合。「あの後、もっとパンチの切れを出そうと思って練習してきた」。対戦相手の竹内の戦績は18戦10勝8敗で上位ランカーとの戦いも多い。「負けるかもしれない、と思うくらいの相手に勝っていかないと強くなれない」。難敵は望むところだ。

伊達皇輝代表(45)は「倒して勝たなければ。上を狙うための大切な試合」とあえてプレッシャーをかけた。昨年2冠を獲得した勢いがある。フェザー級世界王者の那須川天心(22)を抱えるRISEは人気が高く、ネットの生中継もある。上位の竹内に勝ってアピールできれば現在、チャンヒョン・リー(28=韓国)が持つ日本タイトル挑戦の道が見えてくる。

前回のRISE出場時は野辺広大(25)に判定負け。その後は他団体の試合で3連勝し2つのタイトルを手にした。移動などでマッチメークにハンディがある地方ジムでの複数タイトル獲得は関係者から高く評価されている。「田舎から出て行って都会を荒らす。そういうのもいいでしょう」とにやり。その実力を証明する。【斎藤慎一郎】

◆石月祐作(いしづき・ゆうさく)1990年(平2)10月9日生まれ、三条市出身。三条第一中から加茂農林へ。高校中退後、15年スポーツ道場「KAGAYAKI」に入門。16年アマチュアの全日本トーナメント優勝。17年8月に「RISE」でプロデビューし、18年スーパーフェザー級新人王を獲得。戦績12戦10勝(6KO)2敗。170センチ。血液型B。

キックボクサー石月祐作が新潟・燕市長に2冠を報告

燕市の鈴木市長(左)に2つ目のタイトル獲得を報告した石月(KAGAYAKI提供)

燕市の格闘技ジム「KAGAYAKI」のプロキックボクサー石月祐作(30)がこのほど、燕市役所に鈴木力市長(60)を表敬訪問した。

10月25日に行われたキックボクシングKROSS×OVERスーパーフェザー級王座決定戦で勝利し、タイトルを獲得。8月9日のDBS日本ムエタイスーパーフェザー級タイトルマッチでの王座奪取に続く、2冠を報告をした。

2つのベルトを携えた石月を鈴木市長が祝福した。「有言実行ですね。素晴らしい」。石月は「ありがとうございます」と笑顔で答えた。DBS王座獲得後に表敬訪問した際、すでに決まっていた10月の一戦でのタイトル奪取を鈴木市長に誓っており、約束を果たし、堂々の再会になった。

2冠は向上を刺激している。石月は「世界タイトルを狙います。もっとすごいベルトを持ってきます」と再び鈴木市長に宣言。飛躍を誓った。

関連するニュースを読む

ムエタイ石月が初戴冠、ジム仲間や同僚に感謝の涙

ベルトを巻き、勝利の喜びに浸る石月(提供=KAGAYAKI)

<DBS日本ムエタイスーパーフェザー級タイトルマッチ>◇9日◇宮城・ドラゴンボクシングスタジアム

挑戦者・石月祐作(29、KAGAYAKI)が王者の作田良典(35、GETOVER)に2回1分43秒KO勝ちし、初の王座に就いた。07年創設のスポーツ道場「KAGAYAKI」(燕市)からも初の王者誕生になった。

汗まみれの石月の顔にうれし涙が混じった。「つい、込み上げてきました」。リング上でベルトを巻くとジムの仲間や勤務先の同僚の顔が脳裏に浮かんだ。29歳の遅咲き王者は「支えてくれた人たちのおかげです」と真っ先に感謝を口にした。圧勝だった。2回、右ストレート、右ローキック、左ボディーを次々とヒットさせ、3度のダウンを奪ってKO。「考えていた通りの展開」と理想的な試合運びだった。

新型コロナウイルス感染防止のため、入場は関係者らに制限され、新潟からの応援団はほとんどいなかった。石月も新潟に戻った後は外出を控え、11日にPCR検査を受ける予定。「皆さんへの報告はそれからです」。今後計画されている祝勝会で関係者やファンにベルトを披露する。

関連するニュースを読む

遅咲きボクサー石月 元やんちゃがタイトル戦に挑む

「自分の戦いをするだけ」と、自然体でタイトルに挑む石月(2020年7月31日、KAGAYAKI)

キックボクシング「RISE」に参戦しているプロキックボクサー石月祐作(29、KAGAYAKI)が9日、DBS日本ムエタイスーパーフェザー級タイトルマッチ(宮城・ドラゴンボクシングスタジアム)で、王者の作田良典(35、GETOVER)と対戦する。25歳でプロ入りした遅咲きが初のタイトル挑戦で同ジム初の王座獲得を目指す。

   ◇   ◇   ◇   ◇   

気合を入れるたび、自然と大声が出る。試合直前の練習、石月は伊達皇輝代表(44)が構えるミットに力強く蹴りをヒットさせる。「得意のパンチ」だというストレートの連打は息が上がるまで続ける。「コンディションは今までにないくらいいい」。今回対戦する王者・作田はK-1のリングにも上がるベテラン。「相手の対策よりも自分の戦いをするだけ」と、07年創設のジム、そして自身初のタイトル獲得へ気負いはない。

伊達代表は「もっと早くタイトルに挑戦させてもよかった」と語る。石月は、キック界の“神童”那須川天心(21)も参戦する「RISE」で実績を積んできた。18年にはスーパーフェザー級新人王を獲得しており実力は証明済みだ。10月には30歳になる。キックボクシングを始めたのは25歳。20代前半が伸び盛りの世界にあって遅い方だ。ただ「年齢は関係ない」と伊達代表が言うように、それをハンディにはしていない。

普段はプレス加工業の「ミノル」(燕市)で午前8時30分から勤務。勤務を終えた後、1時間ほどランニングをしてからジムで汗を流す。練習は週6日。休日は総合格闘技の映像を見て研究もする。体重は1カ月で落ちるように67キロをキープ。日々、ストイックに過ごし実力をつけてきた。

10代のころは「やんちゃでした」と笑う。「好きでけんかをしていた」。今は正々堂々とリングで戦い、試合後にお互いをたたえ合う瞬間が何よりも充実している。「お客さんを楽しませたい。まず、目の前のタイトルを取る」と、王者として新潟に戻ってくる姿をイメージした。【斎藤慎一郎】

◆石月祐作(いしづき・ゆうさく)1990年(平2)10月9日生まれ、三条市出身。三条第一中から加茂農林へ。高校中退後、15年にスポーツ道場「KAGAYAKI」に入門。16年にアマチュアの全日本トーナメントで優勝。17年8月に「RISE」でプロデビュー。戦績10戦8勝(5KO)2敗。170センチ。血液型B。

力強いキックを打ち込む石月(右)(2020年7月31日、KAGAYAKI)

関連するニュースを読む