上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

プロレスに休業補償を 異例集結で統一組織創設!?

プロレス7団体の選手、関係者(撮影・中島郁夫)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で興行を自粛している新日本プロレスなど国内プロレス7団体の選手、関係者が15日、都内で元文部科学相の馳浩衆院議員(58)に要望書を提出した。プロレスは選手間の接触が多く、観客席との距離も近いため、興行再開の見通しが立たない。苦しい自粛期間を耐えるため簡易検査キットの早期普及、選手の休業補償の2点を訴えた。

永田町の衆院議員会館に、スーツのプロレスラーの姿があった。新型コロナウイルス感染拡大の中、密集、密閉、密接の「3密」が当てはまるプロレス興行は、ほとんどが中止や延期。どの団体も興行が収入の大部分を占めるため、長期化すれば団体存続の危機にもつながる。そんな中、新日本プロレス、スターダムの親会社である株式会社ブシロード木谷高明取締役(59)を発起人とし、簡易検査キット早期普及、選手の休業補償について、プロレスラーでもある馳議員に要望書を提出した。

他のスポーツ、エンターテインメント界も止まっている状況。苦しいのはプロレス界だけではないと理解しながら動いたのは、補償という安心を得て長期の自粛後に無事興行を再開するためだ。木谷氏は現在、国内で開発が進む簡易検査キットの普及を求めたことについて「無観客試合をする上でも、選手の安心につながる」と説明。同時に、興行再開時に観客への安全、安心にもつながるとした。

休業補償を求めたのは、プロレスラーの多くが年俸制など団体と特殊な契約を結んでおり、社員でもフリーランスでもないため。国からの補償の対象となるかをスポーツ庁、経済産業省の担当者に確認。前年同月比で収入が半減した個人事業主に最大100万円を給付する「持続化給付金」で補償可能と説明を受けた。他にも団体、選手が利用できる補償があり、馳議員からも「つなぎ役になる」と協力を約束された。

各団体を代表して新日本プロレス棚橋弘至(43)、全日本プロレス諏訪魔(43)、ノア丸藤正道(40)、DDTのHARASHIMA、スターダム岩谷麻優(27)、東京女子坂崎ユカ、ディアナ井上京子(50)が出席。全員が現状を報告した。棚橋は「メジャースポーツのプロ野球、サッカー、大相撲が試合を再開し、プロレスはしんがり、一番最後でもいい。プロレスができるようになる時に、エンタメ、スポーツ業界が復活という形になる」と覚悟を示した。

団体の垣根を越えた異例の集結だが、集まったのは木谷氏が声をかけた一部にすぎない。馳議員は「苦言を呈するようですが…」と木谷氏に統一組織創設を要望。木谷氏も「今後、チャリティーやオールスター戦の実現のためにも、あったほうがいい。音頭をとりますよ」と前向き。苦難の時だからこそ、それを乗り越えるための“プロレス協会”設立が実現するかもしれない。【高場泉穂】

東京女子プロレスの坂崎ユカ

関連するニュースを読む

新日本など7団体が馳浩議員に休業補償など要望書

馳浩衆議院議員(右)に要望書を提出するブシロード木谷高明取締役(撮影・中島郁夫)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で興行を自粛している新日本プロレスなど国内プロレス7団体の選手、関係者が15日、都内で馳浩衆議院議員(58)に要望書を提出した。

発起人は新日本プロレス、スターダムの親会社である株式会社ブシロードの木谷高明取締役(59)。無観客試合実施や興行再開時に必要となる簡易検査キットの早期普及、選手の休業補償の2点について要望した。

各団体を代表して、新日本プロレス棚橋弘至(43)、全日本プロレス諏訪魔(43)、ノア丸藤正道(40)、DDTのHARASHIMA、スターダム岩谷麻優(27)、東京女子坂崎ユカ、ディアナ井上京子(50)が、それぞれ現状に言及した。

新日本プロレスは3月1日から約1カ月半、興行を中止している。棚橋は「選手は試合再開の時を待ちながら、道場で時間を分けて選手が集中しないようにして練習に励んでいます」と現状を説明した。

棚橋はその上で、「メジャースポーツのプロ野球、サッカー、大相撲が試合を再開し、プロレスはしんがり、一番最後でもいいんじゃないかと思っている。プロレスができるようになる時にエンタメ、スポーツ業界が復活という形になるかと思います」と覚悟を示した。

約30分の会合を終え、馳議員は簡易検査キットの導入に関しては「医療機関を受診した後に活用されるもの」と慎重な姿勢を示しつつ、補償支援については「企業、選手、興行に対してそれぞれのメニューがある。つなぎ役をさせていただく」と協力を約束した。

また「苦言を呈するようですが…」と、プロレス界の統一組織の創設を要望。「まとめ役の木谷さんに宿題としてお伝えしたい」と団結を求めた。

木谷氏は「今後、チャリティーやオールスター戦の実現のためにもあったほうがいい。音頭をとりますよ」と“プロレス協会”実現へ前向きだった。

要望書を受け取り話をする馳浩衆議院議員(撮影・中島郁夫)
新日本プロレス棚橋弘至(撮影・中島郁夫)
東京女子プロレス坂崎ユカ(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

DDTグループ「活力にして」20大会動画無料公開

HARASHIMA(2018年3月15日撮影)

DDT、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレスのDDTグループ3団体は10日、新型コロナウイルス感染拡大予防にともなうイベント自粛要請、休校要請などの状況を受け、過去20大会の動画を無料公開すると発表した。11日から31日まで同グループの動画サービス「DDT UNIVERSE」で順次公開する。

各団体の選手もコメントを発表。DDTのHARASHIMAは「楽しんで、笑って、元気を与えられたらいいな。良かったら観てみてね!」。東京女子の坂崎ユカは「会場で会えなくてさみしい気持ちだけど、みんな想っている事は一緒だよ! 私たちの試合映像を見て少しでも気持ちが明るくなってくれたら私たちもうれしいです」。ガンバレ☆プロレスの今成夢人(34)は「期間限定ではありますが、僕たちの興行を見て楽しんでいただき、明日への活力にしていただければ幸いです」と視聴を呼びかけた。

関連するニュースを読む

DDT丸藤「こちらは明るく楽しく」両国で防衛宣言

DDT21周年記念両国大会で、KO―Dタッグ選手権試合を行う王者HARASHIMA、丸藤組と、挑戦者の関本、樋口組(撮影・桝田朗)

 DDTは15日、都内のホテルで25日に両国国技館で開催する旗揚げ21周年記念大会の主要出場選手による記者会見を開催した。KO-Dタッグ選手権試合は、挑戦者の関本大介、樋口和貞組を王者HARASHIMA、丸藤正道(ノア)組が迎え撃つ。樋口は「自分はこの両国でも後楽園でも、3カウントで負け、大阪ではHARASHIMAにKOされた。大きな借りを、関本との“関口”組で返したい」と話した。関本も「追われる者より、追う者の方が強い。もう、戦いは始まっている。取るか取られるか2つに1つ。やってやります」と入れ込んだ。

 これに対し王者組のHARASHIMAは「両国大会まであと10日。今すぐにでも試合したい。前哨戦もいっぱいやって、KOしたりしているので、その勢いで両国もきっちり勝ちたい」と自信を見せた。

 丸藤は「相手が非常に黒くて、暗い。こちらは明るく楽しく両国で取ったベルトを、両国で防衛したい。DDTで取ったベルトだが、そろそろ外に出て防衛してもいいんじゃないか。そのためにも、今回必ず防衛したいと思います」と話した。また、タッグを組むHARASHIMAに対し「ノアのファンからHARASHIMAはノアに上がらないのか? とよく質問を受ける。HARASHIMAにノアのリングを体感してもらってもいいのか、ボクはすでに先の方を見ています」と、ノア参戦を誘っていた。

関連するニュースを読む

石川修司が初代D王GP王者、リング上で「恋」熱唱

DDTの第1回D王GPで初代チャンピオンに輝いた石川修司(撮影・桝田朗)

<DDT:後楽園大会>◇28日◇後楽園ホール

 第1回D王グランプリ(GP)2018の優勝決定戦が行われ、Bブロック1位の石川修司(42=フリー)が、Aブロック1位のHARASHIMAを破り、初代王者となった。

 序盤は、HARASHIMAのフットスタンプやランニング・ダブルニー(蒼魔刀)などで攻め立てられ、石川が劣勢。中盤も、エルボーの打ち合いなど互角の展開となったが、終盤に体力で勝る石川が、ラリアットや膝蹴りでリズムをつかむ。最後は、強烈な膝蹴りをHARASHIMAの顔面にたたきこみ、ジャイアントスラムで試合を決めた。この結果、3月25日の両国国技館大会メインで、石川は竹下幸之介(22)の持つKO-D無差別級王座への挑戦が決定した。

 昨年全日本プロレスで3冠ヘビー級王座を獲得するなど、ブレークした勢いは今年も健在。優勝トロフィーと賞金200万円をゲットした石川は、ダムネーションの仲間と、リング上で星野源の「恋」を熱唱。「両国で竹下に勝って、もう一度恋を歌います」と会場のファンと約束した。

関連するニュースを読む

棚橋がDDT両国大会でHARASHIMA仕留める

<DDT:両国大会>◇23日◇東京・両国国技館

 新日本のG1クライマックス覇者、棚橋弘至(38)が出場した。16日のG1決勝戦から1週間で再び両国のリングに上がり、DDTのエースHARASHIMAと団体の威信をかけたエース対決に臨んだ。

 コーナートップから場外へのハイフライフローやエプロンでのドラゴンスクリューなど非情な攻めでHARASHIMAを攻め立てた。途中、強烈なひざ蹴りの反撃を受けたが、最後はハイフライフロー2連発で仕留めた。

 試合後は、HARASHIMAに「オレもまだまだだから」と話しかけ、エースとしてさらに精進するよう促した。「4試合連続で両国で試合できてうれしかった」。G1後の夏休みはわずか4日。新日本だけでなく、プロレス界全体の発展を願う棚橋は、全力でプロレスをアピールした。

関連するニュースを読む