上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

高梨knuckle美穂が判定勝ち「詰めが甘く」

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1女子ミニマム級 MIO対高梨knuckle美穂 MIO(左)に判定勝ちする高梨(撮影・清水貴仁)

<K-1:WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

女子ミニマム級で元Krush女子アトム級王者の高梨knuckle(ナックル)美穂(27)が、元シュートボクシング(SB)日本女子ミニマム級王者のMIO(25)に3-0の判定勝ちをした。MIOは地元大阪でのK-1デビュー戦を勝利で飾ることができなかった。

前蹴りでリーチに劣る相手に距離をつかませない頭脳的な戦略を見せた。スキを見つけるとすかさずワン・ツーでポイントを稼いだ。ほぼクリーンヒットをもらわず完璧な勝利だった。

KO決着を望んでいた高梨は「詰めが甘くて倒すことができなかった。コロナが落ち着いて、トーナメントができるようになったら、外国人とやりたい」と語った。MIOは「調子が悪かったわけでもない。自分の距離がつかめなかった。(高梨とは)ライバルとしてからんでいけたらなと思います」と話した。

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1女子ミニマム級 MIO対高梨knuckle美穂 MIO(左)にパンチを浴びせる高梨(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1女子ミニマム級 MIO対高梨knuckle美穂 MIO(右)にパンチを浴びせる高梨(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

RENA妹分のMIO「こんな状態で試合はやめて」

RENAの様子を投稿した女子シュートボクサーのMIOのツイッター

大みそかのRIZIN14大会(さいたまスーパーアリーナ)に向けた減量に失敗して失格となったRENA(27)に対し、妹分の女子シュートボクサーMIO(23)がねぎらいの言葉を送った。

30日に自身のツイッターで、「今日RIZINの計量前、最後の調整をしていたRENAちゃんが倒れてしまいました。7月の2連戦からホルモンバランスが凄く乱れてて今回も女性の周期と減量が重なり苦しんでました。女子アスリートしかわからないと思いますが悔し泣きしているRENAちゃんを見て私も涙が出ました。とにかく早く回復してほしい…」とつぶやき、マスクをして横たわっているRENAの写真を掲載した。

RENAは対戦相手のフランソワと新たな契約体重を話し合い、合意すれば試合を実施する見通し。しかし、MIOは「そして周囲から試合を望まれていま悩んでるみたいだけど私はこんな状態で試合なんて本当に心配だからやめてほしいのが本音です」ともツイートした。

関連するニュースを読む

“修斗のカリスマ”推薦で格闘代理戦争にMIO参戦

AbemaTV「格闘代理戦争3rdシーズン」への参戦が決まったMIO(左)と佐藤ルミナ氏

RIZINなどで活躍する女性総合格闘家RENA(27=シーザージム)の後輩で、シュートボクシング日本ミニマム級王者のMIO(23=シーザージム)が、インターネットテレビ局AbemaTV「格闘代理戦争3rdシーズン」(土曜午後10時)に“修斗のカリスマ”佐藤ルミナ氏(44)の推薦選手として参戦することが2日、明らかになった。6日放送の第2話から出演する。

「格闘代理戦争」は、格闘技界の次世代スターを誕生させるべく、レジェンドや大物格闘家が若手の選手を推薦、指導する様を追う格闘ドキュメンタリー番組で、17年11月12日に1stシーズンの放送が始まった。9月29日に始まった「-3rdシーズン」は今、最も熱いと評判の“ジョシカクMMAこと、女子の総合格闘技がテーマとなった。

MIOはMMAに初挑戦する。既に佐藤氏の指導のもとで初めての練習を終え、「格闘技を始めた時に感じて以来の楽しさ」と好感触を口にしている。佐藤氏も「MIO選手と自分の、選手と指導者としての相性がいい」と話すなど、充実ぶりを隠さなかった。

「-3rdシーズン」には、亡き山本“KID”徳郁さんの弟子・辻本拳也を下し「-2ndシーズン」で優勝したユン・チャンミンを指導した秋山成勲、総合格闘家の青木真也、相撲界からも現役力士の石浦が、元修斗世界ライト級王者宇野薫のサポートを受けて初参戦を表明している。

関連するニュースを読む

7月14日IGF大阪でシュート試合

尾方健一シュートボクシング協会代表(左)とサイモン猪木IGF取締役

 IGFは27日、7月14日の大阪大会(ボディメーカーコロシアム)でシュートボクシングのカードを組むことを発表した。10年女子世界王者RENA(20)-MIO(17)、日本フェザー級王者ナグランチューン・マーサM16(33)-同級3位元貴(21)の2試合。サイモン猪木取締役(38)は「シュートボクシングとIGFのイメージは共通する。迫力ある試合を期待する」。尾方健一シュートボクシング協会代表(37)は「アーツやレバンナの弟子で、いい選手はシュートに出場させたい」と話した。

関連するニュースを読む

IGF大阪大会でシュートボクシング

尾方健一シュートボクシング協会代表(左)とサイモン猪木IGF取締役

 IGFは27日、都内で会見して7月14日の大阪大会(ボディメーカーコロシアム)でシュートボクシングのカードを組むことを発表した。10年女子世界王者RENA(20)-MIO(17)、日本フェザー級王者ナグランチューン・マーサM16(33)-同級3位元貴(21)のエキシビション2試合。

 RENAは練習中に右足を骨折して、昨年11月以来8カ月ぶりの試合復帰。尾方健一シュートボクシング協会代表(37)は「復帰の試合を大きな会場で出来ることを感謝しています。うまく次の試合につなげられれば。シュートボクシングらしいスピード感ある戦いと投げ技、絞め技を見せられれば。IGFのピーター・アーツやジェロム・レバンナの弟子で、いい選手はシュートボクシングに出場させたい」と今後の交流を見据えた。

 IGFのサイモン猪木取締役(38)は「シュートボクシングは、カール・ゴッチさんとかIGFとカラーが共通するところがある。出来たら、ウチの選手もシュートボクシングに行って、お互いに業界を盛り上げていければ」と話した。

関連するニュースを読む

女子高生パンチ!JKS48が開幕/SB

1回戦を突破したMIO

<SHOOT BOXING2012~Road to S-cup~act.2>◇13日◇後楽園ホール

 48キロ以下の女子高生ファイター限定のトーナメント「JKS48」が開幕。優勝候補でRENAの妹分MIO(16=及川道場)は1回戦で吉良優輝(15=魁塾)と対戦した。パワーで押される場面もあったが、キレのあるパンチで応戦。2度の投げを決めてシュートポイント2を獲得し、判定ながら貫禄の勝利を収めた。試合後は「プレッシャーがないと言ったらウソになるけど、自分の戦いをしていくだけ。優勝してRENAちゃんに近づきたい」と笑顔を見せた。

 また、大塚尚子(17=シーザージム新小岩)がRANNA(15=P-WOSH空手)にTKO勝利。MIOとともに「Girls S-cup2012」(8月開催)で行われる準決勝戦に駒を進めた。

関連するニュースを読む

MIOは悔しい反則勝ちデビュー

プロデビューしたMIO

<シュートボクシング「Girls S-cup2011」>◇19日◇東京・SHIBUYA-AX◇1093人

 RENA(20=及川道場)の妹弟子MIO(16=同)のプロデビュー戦は悔しい結果に終わった。RENAのコスチュームでリングに上がったMIOは山田よう子(32=PUREBRED)と対戦。打撃でロープ際に追い込んだが、山田はレフェリーの制止を聞かずグラウンドで絞めあげる。再開後もルールを無視した戦いを続ける山田に2枚目のレッドカードが提示され試合終了。記念すべきデビュー戦はわずか112秒の反則勝ちで終わった。MIOは「今日はこんな試合になってしまいましたが、次からはもっと練習して強くなって、次こそは本当に勝てるようにします」と唇を噛みしめた。

関連するニュースを読む

RENAの妹弟子MIOがデビューへ

デビューの決まったMIO(シュートボクシング協会提供)

 シュートボクシング協会は「Girls S-cup2011」(8月19日、SHIBUYA-AX)で美女格闘家RENA(20=及川道場)の妹弟子MIO(16=同)がプロデビューすることを発表した。元世界アームレスリング王者の山田よう子(32=PUREBRED)と対戦する。

 MIOは小学生で入門し、アマチュア選手権のジュニア部門で数々のタイトルを奪取。先輩RENAに憧れ、プロデビューを目指していた。MIOは「夢だったプロの舞台に立てることになって本当に嬉しい。RENAちゃんのように強くて、テレビでも注目されるような選手になれるように頑張ります」と意気込みを語った。

関連するニュースを読む