上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

宮尾綾香「王者に返り咲く」池山直と世界戦で再戦

世界王者江畑佳代子(左)と元世界王者宮尾綾香

ボクシングのワタナベジムが26日、女子世界戦2試合を発表した。

11月20日に東京・後楽園ホールでのWBAアトム級暫定王座決定戦で、元WBA王者宮尾綾香(35)が元WBO王者池山直(49=フュチュール)と再戦する。挑戦予定だった王者がケガで設定された。宮尾は2年前に右ひざのケガで池山に負けた雪辱へ「前回は途中で終わった。王者に返り咲く」。WBOミニフライ級王者江畑佳代子(42)は12月1日にエディオンアリーナ大阪でV2戦となる。挑戦者は元王者多田悦子(37=真正)に「楽しみ。技術戦になる。敵地もベルトを持ち帰る」と誓った。

池山直(16年6月13日撮影)

関連するニュースを読む

国内最速王者狙う松田恵里、宮尾ら世界戦へ意気込み

左から松田恵里、世界王者江畑佳代子、元世界王者宮尾綾香

ボクシング女子世界戦2試合が26日に都内で発表された。

元WBAアトム級王者宮尾綾香(35=ワタナベ)が11月20日に東京・後楽園ホールで、元WBO王者池山直(49=フュチュール)との再戦でWBA暫定王座決定戦に出場する。WBOミニフライ級王者江畑佳代子(42=ワタナベ)は12月1日にエディオンアリーナ大阪で、元WBA、IBF王者多田悦子(37=真正)の挑戦を受ける。

宮尾は16年に池山のV5戦で対戦も、スリップダウンの際に右ひざ前十字靱帯(じんたい)を断裂し、6回TKO負けした。今年6月の再起まで1年半のブランクを作ったが「まだ恐怖もあるが、今月に完治したと言われた。ここまで帰ってこれたが、しっかりベルトをとりたい」と話した。当初は挑戦予定だった王者のケガで暫定王座が設定された。池山は昨年7月のV6後に引退宣言から復帰戦となる。「前回は途中で終わってしまった。帰ってきてくれてうれしい」と雪辱のチャンスを歓迎した。

江畑は昨年5月に6度目の挑戦で悲願の王座を獲得し、今回は2度目の防衛戦となる。多田とは女子が未公認前からの仲だが、アマ時代は2階級の差があった。「私が年上も、経験では向こうが上。階級も違い、対戦するとは思ってもいなかった。楽しみ。技術戦になる。敵地だけど必ずベルトを持ち帰る」と誓った。

また、大阪のセミでは東洋太平洋アトム級王座決定戦があり、松田恵里(24=テンカウント)と慶美奈代(26=真正)が対戦。アマ経験者の松田は国内最速の2戦目で王座を狙う。「2戦目で挑戦はびっくりも、ありがたい。このチャンスをつかみたい」と目を輝かせた。

関連するニュースを読む

天海ツナミが2階級制覇、江畑佳代子は初防衛成功

WBO女子ライトフライ級王者となってベルトを巻いて笑顔を見せる天海(撮影・松本俊)

<プロボクシング:女子ダブル世界戦>◇8日◇東京・後楽園ホール

 女子ダブル世界戦が8日に東京・後楽園ホールであり、WBOライトフライ級は天海ツナミ(33=アルファ)が新王者で2階級制覇となった。

 3回からパンチを見切って一方的攻撃。チャオズ箕輪(ワタナベ)が棄権で8回終了TKO勝ちした。09年にWBAスーパーフライ級王者となり、5度目の防衛に失敗後の3度挑戦は失敗。5年8カ月ぶりで王座に返り咲きに「海外の経験が生きた。しっかり海外で勝って価値あるベルトにしたい」と話した。WBOミニフライ級は江畑佳代子(ワタナベ)が0-2の判定で初防衛した。

関連するニュースを読む

江畑佳代子、挑戦者と一緒にイチゴのもぐもぐタイム

王者江畑佳代子(左)と挑戦者パク・ジヒョン

 女子ダブル世界戦の前日計量が7日に都内であり、4選手とも1回でパスした。

 8日に東京・後楽園ホールでV1戦のWBOミニフライ級王者江畑佳代子(ワタナベ)は大好きなイチゴを手に計量。挑戦者パク・ジヒョンにもおすそ分けし「減量で1週間だけ我慢した。もぐもぐタイムです」と平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)カーリング女子銅メダルのLS北見にあやかった。WBOライトフライ級王座決定戦のチャオズ箕輪(ワタナベ)は「9階級制覇の1本目をとる」と言えば、天海ツナミ(アルファ)は2階級制覇へ「倒して勝ちたい」と宣言した。

関連するニュースを読む

江畑佳代子「もぐもぐタイム」計量クリア後にイチゴ

王者江畑佳代子(左)と挑戦者パク・ジヒョン

 ボクシングの女子ダブル世界戦の前日計量が7日に都内で行われた。4選手とも1回でクリアした。初防衛戦となるWBOミニフライ級王者江畑佳代子(42=ワタナベ)は47・5キロ、パク・ジヒョン(32=韓国)は47・0キロ。ともにリミットの47・6キロを下回ってクリアし、8日に東京・後楽園ホールで対戦する。

 江畑は大好きというイチゴを一粒手にして計量器に乗った。ともに計量を終えると挑戦者パクにも一粒おすそ分けした。「1週間だけ減量で我慢していた。もぐもぐタイムです」と女性らしいパフォーマンスを見せた。初挑戦から7年目にして、昨年5月に6度目の挑戦で悲願の王座についた。広告代理店で化粧品などを担当するOLは1月42歳になったが「基本相手は年下なので、年齢は気にしない。最後まで落ちない相手なので、油断はできない」と気を引き締めていた。

関連するニュースを読む

チャオズ箕輪が天海ツナミ挑戦 3・8女子W世界戦

チャオズ箕輪(2016年9月21日撮影)

 ボクシングの女子ダブル世界戦が15日に発表された。3月8日に東京・後楽園ホールで、WBOライトフライ級王座決定戦ではチャオズ箕輪(ワタナベ)が6戦目で世界初挑戦し、2階級制覇を狙う天海ツナミ(アルファ)と対戦する。

 5度目の挑戦でWBOミニフライ級王者となった42歳の江畑佳代子(ワタナベ)は、パク・ジヒョン(韓国)との初防衛戦となる。

関連するニュースを読む

王者江畑佳代子は初防衛戦、3・8女子ダブル世界戦

江畑佳代子

 ボクシングの女子ダブル世界戦が15日に発表された。3月8日に東京・後楽園ホールで、WBOライトフライ級王座決定戦ではチャオズ箕輪(30=ワタナベ)と天海ツナミ(33=アルファ)が対戦する。WBOミニフライ級王者江畑佳代子(42=ワタナベ)は、パク・ジヒョン(32=韓国)との初防衛戦を迎える。

 チャオズは全日本7連覇の実績があり、16年プロデビューから6戦目での世界挑戦となる。天海は09年にWBAスパーフライ級に次いで階級制覇がかかる。この王座は5階級制覇した藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が返上したもの。

 メインの江畑は初挑戦から7年目にして、昨年5度目の挑戦で悲願の王座についた。この日は女子のみの興行となり、東洋太平洋1試合と日本王座戦3試合もあり、6大タイトル戦となった。

関連するニュースを読む