上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

気になる左対策/山中慎介氏が伊藤雅雪V2戦を展望

米キシミーで2度目の防衛戦に臨むWBO世界スーパーフェザー級王者伊藤雅雪(GettyImages)

ボクシングWBO世界スーパー・フェザー級王者伊藤雅雪(28=横浜光)が25日(日本時間26日)、米フロリダ州キシミーで元五輪戦士の同級7位ジャメル・へリング(33=米国)との2度目の防衛戦に臨む。昨年7月に同地でクリストファー・ディアス(24=プエルトリコ)からダウンを奪って王座決定戦を制し、約1年ぶりに験のいいキシミーに戻ってきた。12年ロンドン・オリンピック(五輪)に出場した実績を持つ長身サウスポーの挑戦者とのV2戦は決して楽観視できないカード。12回防衛を誇る元WBC世界バンタム級王者山中慎介氏(36)が試合展望を予想した。

◇◇◇◇

-昨年7月のディアスとの試合を振り返って

山中氏 試合前、伊藤選手は「積極的に行く」と言ってはいましたが、正直いって本当に行けるのかどうか疑問に思っていたところはあります。でも、予想以上に積極的に攻めて出たので驚きました。以前とは気持ちが違ったんでしょう。

-昨年12月の初防衛戦も解説を務めてましたが、どう成長を感じたか

山中氏 世界タイトルを獲得したときよりも、さらに強くたくましくなりましたよね。自信をつけたこともあって、一段と成長してすごみを増したと感じました。自分で志願して海外でトレーニングしているほどなので、本当に強くなりたいという思いがあるんでしょう。その強い気持ちがリングの上でも出ていますね。

-伊藤はどんな選手

山中氏 まず見た目がイケメンですよね(笑い)。で、ボクシング以外では優しい性格です。ボクシングに関しては東洋太平洋チャンピオン時代もシャープな面はありましたが、最近はそこに攻めて出る姿勢と力強さが加わりました。

-攻めて出る姿勢とは

山中氏 最近の世界戦2試合は気持ちが前に出ているので、以前よりも重心が少し前にかかるようになっているんですよ。それがパンチに伝わる力になっているので、重み、威力、強さやすごみにつながっているんです。前に出ながら繰り出すパンチと下がりながら打つパンチでは体重の乗り方が違いますからね。それに伊藤選手は世界チャンピオンという現状に満足していないし、もっと上に行きたいという思いが見えますね。だからキラキラしているんじゃないですか。

-アマ経験がないままプロになった伊藤の潜在能力は

山中氏 まだ28歳でしょう? 今の時代でアマチュア経験がないままここまで来るだけでもすごいことだと思います。特別な運動能力、センスがあるんでしょう。まだ開発されていない能力、伸びしろがあると思います。

-アマ経験がない部分の不安面は

山中氏 サウスポーとの戦い方に関してはどうなのか、そのあたりが気になります。アマチュア出身者の場合、仮にプロでサウスポーとの対戦経験が少なくても戦い方に慣れていることが多いものなんです。でも、アマチュア経験がない選手の場合、サウスポーとの戦い方に不慣れなことがあるんです。これまでに伊藤選手がどれだけ力のあるサウスポーと戦ってきたか、そしてどう戦うか、そのあたりが気になりますね。

-へリングは長身のサウスポー。

山中氏 しかもオリンピックに出場しているんですよね。長身サウスポーというだけで戦いにくく敬遠されがちなのに、加えてオリンピックに出ているほどの実力者というわけですから、ちょっと厄介かもしれないですね。

-現役時代の山中氏は長身サウスポー。自分よりも少し背の低い右構え選手と対戦する際のカギとは

山中氏 僕の場合は距離を一番大事にしていました。こちらのパンチは当たるけれど相手のパンチは届かない、その距離から踏み込んで打つわけです。右構えの相手との試合では利き手、つまり僕の左手、相手の右手を気にして戦いました。すでに構え合ったときの位置は相手の左フックが当たらない距離なので、踏み込んで打ってくる右を警戒しました。へリングが僕と同じスタイル、考えかどうかは分かりませんが…。

-伊藤の注意する点は

山中氏 伊藤選手にとってへリングは戦いにくいタイプかもしれないけれど、攻めていく姿勢が重要になるでしょうね。まして伊藤選手は注目されているなかでアピールしたいはずなので。警戒する相手のパンチとしては、右ジャブから絶妙なタイミングで放たれる左ストレートでしょうか。その左に注意しながら、パンチの軌道やタイミングを見極めて攻めていくことが要求される試合になると思います。ときには強引に攻めて出なければいけない場面もあるかもしれませんね。

-伊藤にエール

山中氏 スーパーフェザー級には海外でも人気と実力のある選手が集まっているので、伊藤選手はただ勝つだけではなく内容も問われる立場になっていますよね。だから「また伊藤の試合を見たい」と思わせるような戦いをしてもらいたいですね。彼は(3階級制覇王者)ワシル・ロマチェンコ(31=ウクライナ)との対戦を目標にしているんでしょう? その目標設定はすごくいいと思います。ロマチェンコの名前を出したとき、伊藤選手はすごくギラギラしていましたから。強がっているのではなく、ワクワクしている感じでした。挑戦する気持ちを忘れていない証拠だと思います。だから、今回もみんなの期待に応えるような勝ち方をしてほしいですね。

◆テレビ放送 WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦、王者伊藤雅雪(横浜光)-同級7位ジャメル・ヘリング(米国)は26日午前11時からWOWOWライブで生中継

関連するニュースを読む

伊藤雅雪「本物証明」20戦全勝の指名挑戦者に完勝

初防衛に成功し両手を広げて喜ぶ伊藤(撮影・たえ見朱実)

<プロボクシング:WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦>◇30日◇東京・大田区総合体育館

WBO世界スーパーフェザー級王者伊藤雅雪(27=伴流)が、7回TKOで初防衛に成功した。日本人5人目の米国で奪取から5カ月ぶりの凱旋(がいせん)試合で、同級1位エフゲニー・チュプラコフ(28=ロシア)と対戦。5回から距離をとって攻勢となり、7回に2度コーナーに追い込むと相手陣営がギブアップ。7回2分11秒TKO勝ちで、初の日本での世界戦でメインを飾った。

伊藤は右ボディーでコーナーに追い込むと、顔面へ連打でラッシュした。相手はマウスピースを吐き出し時間稼ぎも、再びコーナーにくぎ付けにしてラッシュ。相手陣営が試合役員にギブアップを伝え、レフェリーストップ勝ち。ダウンはなかったが7回TKOで、メインとしてトリプル世界戦をきっちり締めた。

前の2試合は判定に終わっていた。「KOで締めたかった。結果は納得。KOは求めていたし、求められていた」と笑顔。7月に日本人として37年ぶりに米国で王座奪取。ダウンを奪う快勝も「相性がよかった」「フロック」という声も聞こえてきた。20戦全勝の指名挑戦者を退けて、本物と証明してみせた。

6回まで1ポイントも奪われていないが、序盤はKO狙いで空回りした。低い姿勢で頭から突っ込まれて抱きつかれた。「接近戦にこだわって付き合ってしまった」。3回にはセコンドから「距離をとってワンツースリー」と指示され、5回からその動きができた。「セコンドに救われた。チームワークの勝利」と感謝した。

王座獲得後に吉岡里帆らが所属の芸能事務所「エー・チーム」と契約した。目立ちたがり屋のイケメン王者だが、たたき上げの頑張り屋でもある。15年に日本王座初挑戦も判定負け。当時は不織布製造販売会社の営業マンで計量後は仕事に戻った。米ロサンゼルスでのスパー合宿の合間に、現地で展示会をこなしたこともあった。

高1で同級生だった夫人との間には2女もできていた。睡眠時間5時間のサラリーマンボクサーに「潮時」も考えたが、歯を食いしばって世界を目指した。ボクサーに専念したのは16年。幾多の苦労が報われ、約1000人の応援にも応える初防衛だった。

駒大高3年でジムに入門した時はライセンス取得が目標だった。デビューすると「ウィキペディアに載る」、東洋太平洋王者になると「世界」と目標を上げて実現してきた。次の目標にはWBC王者ベルチェルトとの対戦を挙げた。「かなわないと思われる相手と質のある試合をしたい」。伊藤の夢は続く。【河合香】

◆伊藤雅雪(いとう・まさゆき)本名伊藤雅之。1991年(平3)1月19日、東京都江東区生まれ。駒大高ではバスケットボール部でダンクができた。高3で伴流ジムに入門し、09年にプロデビュー。交通事故で左手首骨折を乗り越え、12年全日本フェザー級新人王。15年に東洋太平洋スーパーフェザー級、16年にWBOアジア太平洋同級王座を獲得。18年7月にWBO世界同級王座決定戦で、日本人として37年ぶり5人目の米国、10人目となる海外で王座奪取した。174センチの右ボクサーファイター。家族は衣理香夫人と2女。

7回、チュプラコフ(左)に右ストレートを放つ伊藤(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

伊藤雅雪、狙い通りのTKO防衛に「結果は納得」

7回TKOで初防衛を果たした伊藤雅雪(撮影・たえ見朱実)

<ボクシング:WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦>◇30日◇東京・大田区総合体育館

WBO世界スーパーフェザー級王者伊藤雅雪(27=伴流)が7回TKOで初防衛に成功した。

日本人5人目の米国で奪取から5カ月ぶりの凱旋(がいせん)試合で、同級1位エフゲニー・チュプラコフ(28=ロシア)と対戦。5回から距離をとって攻勢となり、7回に2度コーナーに追い込むと相手陣営がギブアップ。7回2分11秒TKO勝ちで、初の日本での世界戦でメインを飾った。

伊藤は右ボディーでコーナーに追い込むと、顔面へ連打でラッシュした。相手はマウスピースを吐き出して時間稼ぎも、再びコーナーにくぎ付けにしてラッシュ。相手陣営が試合役員にギブアップを伝え、レフェリーストップ勝ち。ダウンこそなかったが7回TKOで、メインとしてトリプル世界戦をきっちり締めた。

前の試合は判定に終わっていた。「KOで締めたかった。結果は納得。KOは求めていたし、求められていた」と笑顔。7月に日本人として37年ぶりに米国で王座奪取。ダウンを奪う快勝も「相性がよかった」「フロック」という声も聞こえてきた。20戦全勝の指名挑戦者を退けて、本物と証明して見せた。

6回まで1ポイントも奪われていないが、序盤はKO狙いで空回りした。低い姿勢で頭から突っ込まれて抱きつかれた。「接近戦にこだわって付き合ってしまった」。3回にはセコンドから「距離をとってワンツースリー」と指示され、5回からその動きができた。「セコンドに救われた。チームワークの勝利」と感謝した。

「凱旋して日本でベルトを巻く姿を見せられてうれしい」と喜んだ。7月の世界戦は米フロリダ州での開催で、約50人が日本から応援に来た。そのうち十数人は両親、妻子らの家族だった。今回は20倍の約1000人がチケットを買ってくれた。その応援にも応える初防衛だった。

駒大高3年でジムに入門した時はライセンス取得が目標だった。デビューすると「ウィキペディアに載る」、東洋太平洋王者になると「世界」と目標を上げて実現してきた。次の目標にはWBC王者ベルチェルトとの対戦を挙げた。「かなわないと思われる相手と質のある試合をしたい」。伊藤の夢は続く。

7回、チュプラコフ(右)をコーナーに追い詰めTKO勝ちを収めた伊藤(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

伊藤雅雪が初防衛、心ない「フロック」の声封じた

1回、チュプラコフにパンチを見舞う伊藤(右)(撮影・たえ見朱実)

<プロボクシング:WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦>◇30日◇東京・大田区総合体育館

WBO世界スーパーフェザー級王者伊藤雅雪(27=伴流)が初防衛に成功した。

同級1位エフゲニー・チュプラコフ(28=ロシア)と、米国での王座獲得から5カ月ぶりで凱旋(がいせん)防衛戦。王座を奪取した攻撃的ファイトを見せた。3回には偶然のバッティングで左目上から流血するアクシデントもあったが、連打でたたみかけた7回、相手陣営がたまらずタオルを投入。初の日本での世界戦でメインを張り、TKO勝利で今年国内最後の世界戦を締めた。

試合後は「素直にうれしい。これだけたくさんの人の前でベルトをまいた姿を見せることができてうれしいです」と笑顔で声を張り上げた。

伊藤は7月に日本人として37年ぶり5人目となる、米国で王座を奪取した。4回にはダウンを奪う快勝も「相性がよかった」「フロック」という声も聞こえてきた。

さらにプロとアマの違いはあるものの、業界では日本ボクシング連盟山根会長の問題が大騒動へ発展していた。伊藤の影は薄く「話を持っていかれて寂しい」とガッカリしていた。「初防衛して王者としての実力を示したい」と臨み、20戦全勝(10KO)の指名挑戦者を退けて見せた。

世界初挑戦は米フロリダで、初めての海外での試合だった。今回は初の国内での世界戦でメイン。連日の行事も終始笑顔でこなし「いろんな意味で日本の方が楽。今までで一番いい状態で、100%が準備ができた」と話していた。前回は家族を含めて約50人だった応援も、20倍の約1000人になっていた。

15年からエルナンデスと岡辺の両トレーナーに指導を受け、米ロサンゼルスでのスパーリング合宿が試恒例になった。今回は1日20回こなす日もあり、300回以上のスパーを積んだ。以前はカウンターパンチャーが、積極的に前へ出る攻撃スタイルへと改造してきた。

挑戦者のチュプラコフには身長7・5センチ、リーチで13センチ上回っていた。このサイズ差も生かして、ジャブを繰り出し、先手先手をとって試合を支配する作戦だった。

世界初挑戦では初回から前に出て、今までになかった連打を何度も打ち込んだ。今回は接近戦で30センチ程度の空間をはさんでのジャブも磨いてきた。「前回つかんだ感覚から完成形が見えて来た」と手応えを得ていた。

14年にはオーディションに合格し、JRAのテレビCMで竹野内豊と共演している。王座獲得後の8月には、女優の吉岡里穂らが所属する芸能事務所「エー・チーム」と契約した。目立ちたがり屋のイケメン王者。今後はテレビ出演も増えそうだ。

V2戦は来春を予定し、統一戦やビッグネームとの対戦を熱望する。駒大高3年でジムに入門した時はライセンス取得が目標だった。デビューすると「ウィキペディアに載る」、東洋太平洋王者になると「世界」と目標を上げて実現してきた。

「僕には一撃必殺のパンチもないですし、井上尚弥君みたいなスペシャルな選手にもまだまだなれないですけど、ハートがある。そういう気持ちをどんどん見せていって、僕にしかなれないチャンピオンになっていきたい。来年はもっと大きな試合をして、強い相手とどんどん戦っていきたい」と伊藤。次なる目標へ飛躍を誓った。

関連するニュースを読む