上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

宮尾綾香「不安ある」スパー0で世界2階級制覇挑戦

WBO女子世界ミニマム級王座決定戦に向けた前日計量をクリアした宮尾(右)と多田(提供:ワタナベジム)

ボクシングのWBO女子世界ミニマム級王座決定戦は3日、東京・後楽園ホールで開催される。

今年1月に開催された同決定戦の即再戦で、IBF女子世界アトム級3位宮尾綾香(37=ワタナベ)とWBC女子世界ミニフライ級11位多田悦子(39=真正)が王座返り咲きを目指して激突する。

2日には都内で前日計量に臨み、宮尾、多田ともに47・5キロでクリアした。

WBOベルトの色に合わせ、レッドのヘアカラーとなった宮尾は「赤は情熱的な色。やる気を出す、テンションが上がる色なので。あとはWBOベルトの赤もありです」と初めてのレッドヘアに気合十分。新型コロナウイルスの影響で出げい古ができず、多田と同じ長身サウスポーとのスパーリングを1度もやれなかったという。自身初体験という「スパーリングゼロ」での世界2階級制覇への挑戦となるものの「不安はありますが、割り切ってこれで仕上げるとトレーナーとも決めてやってきた」との覚悟を口にした。

一方の多田は不退転の決意を表明。過去、WBA、IBF、WBOの3団体で女子ミニフライ級王座を獲得してきたが、今年に入って右大腿(だいたい)部肉離れを手術寸前まで悪化させていたことを明かし「私は最終章。もう一丁、上のステージにいけると思っている。最終目標はWBC王座獲得なので。この試合も自信を持ってリングに上がることが調整方法。ダンスしているようなボクシングができると思います」と自信をのぞかせていた。

関連するニュースを読む

佐伯霞「気付いたら倒れて」最速タイ4戦目世界奪取

プロ4戦目でWBO女子世界ミニマム級王座を奪取した佐伯霞(撮影・加藤裕一)

<プロボクシング:WBO女子世界ミニマム級王座決定戦10回戦>◇27日◇エディオンアリーナ大阪

WBO女子世界ミニマム級王座決定戦10回戦が27日、エディオンアリーナ大阪で行われ、佐伯霞(22=真正)がプロ4戦目で世界王座を奪取した。

エリザベス・ロペス(27=メキシコ)に右カウンターを決め、6回にTKO勝ちした。4戦目の世界奪取は、08年の富樫直美(WBC女子ライトフライ級暫定王座)と並ぶ国内最速タイ記録。「全然感覚がなくて、気づいたら相手が倒れていた。ちょっとビックリ…エヘ■」。11年に14歳で世界女子ジュニア選手権48キロ級で金メダルを手にし、プロではデビュー1年で世界を手にした。同級のタイトルは多田悦子(真正)が昨年12月に獲得した後、WBC女子ミニマム級で4団体制覇を狙うため返上していた。※■はハートマーク

プロ4戦目でWBO女子世界ミニマム級王座を奪取した佐伯(撮影・加藤裕一)

関連するニュースを読む

佐伯霞TKOで世界王座「強い王者になりたい」

プロ4戦目でWBO女子世界ミニマム級王座を奪取した佐伯霞、右はトレーナー兼プロボクサーの与那覇勇気(撮影・加藤裕一)

<プロボクシング:WBO女子世界ミニマム級王座決定戦10回戦>◇27日◇エディオンアリーナ大阪第2競技場

元世界女子ジュニア48キロ級金メダリストの佐伯霞(22=真正)がプロ4戦目で世界王座を奪取した。エリザベス・ロペス(27=メキシコ)に6回1分5秒TKO勝ち。4戦目の世界奪取は、08年の富樫直美(WBC女子ライトフライ級暫定王座、富樫はJBC公認後3試合、公認前に海外で1試合)と並ぶ国内最速タイ記録となった。

鮮烈なKO劇だった。低い体勢でブルファイトを仕掛けるロペスが入ってくる瞬間、アゴをカウンター気味の右で撃ち抜き、前のめりにマットに沈めた。

「(当たった)感覚が全然なくて、気づいたら相手が倒れていて、ちょっとビックリしました、エヘ」

リング上のインタビューのしゃべり口調は癒やし系でやや天然だが、ファイトは理路整然、完璧だ。ダンスのような足運びと、突き刺す左ジャブ。機を見て一気に、高速の連打を見舞う。「蝶(ちょう)のように舞い、蜂のように刺す」とうたわれたモハメッド・アリのよう。

5回にも左ジャブ一発でダウンを奪うなど、5回までの採点はジャッジ3者ともフルマークで佐伯だった。アマチュアで培った技術は並じゃない。

世界女子ジュニアで金メダルを手にした11年には、ボクシングの年間表彰で“モンスター”井上尚弥とともに、アマチュア新鋭賞を受賞したが、近大を中退して昨年4月にプロテストに合格した。プロに憧れ、プロに飛び込んだだけに、プロ意識は高い。

「女子は判定が多くてわかりにくいし、男子より迫力にかけると思います。だから、ボクシングを知らないちっちゃい子からおじいちゃん、おばあちゃんまで、誰が見ても(勝者が)わかるような、強いチャンピオンになりたいです」

ベビーフェースに、ユル~い雰囲気、だが、圧倒的に強い。男子に比べ、世間の認知度が低い女子プロボクシング界で“ツヨカワ”の佐伯は救世主になるかもしれない。【加藤裕一】

プロ4戦目でWBO女子世界ミニマム級王座を奪取した佐伯(撮影・加藤裕一)

関連するニュースを読む