上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

アスカ「もう1度、ロウ女子王者に」意気込み再戦もリプリー戦無効試合に

ロウ女子王者リプリー(左)にアスカロックを仕掛けようとする前王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEロウ大会は12日(日本時間13日)、米タンパで開かれ、前ロウ女子王者アスカ(39)が王座奪回のチャンスをシャーロット・フレアーに邪魔された。11日のレッスルマニア37大会でリア・リプリーに敗れ、王座陥落したが、同日に再戦の王座挑戦が決定。「今度は私の番。昨日のワシとちゃいまんねん。もう1度、ロウ女子王者になる」と意気込んで王者リプリーに挑んだが、場外戦に入るとフレアーの襲撃に見舞われて無効試合に。5月16日のPPV大会に向け、三つどもえの抗争が始まった。

関連するニュースを読む

前WWEヘビー級王者マッキンタイアが5月16日PPV大会で王座再挑戦

5月16日のPPV大会でWWEヘビー級王者ラシュリー(左)に挑戦するマッキンタイア(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇12日(日本時間13日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

前WWEヘビー級王者ドリュー・マッキンタイアが5月16日のPPV大会レッスルマニア・バックラッシュで現王者ボビー・ラシュリーに再挑戦することが決まった。

レッスルマニア37大会第1日にラシュリーに敗れ、王座奪回できなかったマッキンタイアは、王者の仲間MVPとリングで向き合うと「もう1度、王座に挑戦してクレイモア(ランニング式飛び蹴り)でラシュリーを遠くへ蹴り飛ばしてやる。そしてオレが新WWEヘビー級王者だ」と再戦を要求した。

そこに「巨獣」ブラウン・ストローマン、「毒蛇」ランディ・オートンというレッスルマニアに勝利した2人が姿をみせ、次々と王座挑戦を表明してきた。そのまま3WAY形式の王座挑戦者決定戦が決定。マッキンタイアはオートンとともにストローマンによる鉄製ステップ攻撃を受けたものの、隙を突いたオートンのエレベイテッドDDTからのRKOでストローマンを撃退。フォールしようとしたオートンに対し、マッキンタイアがクレイモアで蹴り倒して3カウントを奪ってみせた。

これでレッスルマニアに続き、次回PPV大会での王座挑戦権をつかんだマッキンタイアは試合後、ステージに姿をみせたMVPににじり寄った。だが、背後からTバー、メイスに襲撃され、大きなダメージを与えられていた。

オートン(手前)に強烈なクローズラインを見舞ったマッキンタイア(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

黒い血流した小悪魔ブリスが悪霊から離脱?「楽しいことは始まったばかり」

ブランコに乗って登場し、不敵な笑みをみせたアレクサ・ブリス(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇12日(日本時間13日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

「小悪魔」アレクサ・ブリスが「ザ・フィーンド(悪霊)」ブレイ・ワイアットの洗脳から離脱したような意味深な発言を展開した。

ブランコに乗ったブリスは、11日のレッスルマニア37大会第2日、ワイアット-ランディ・オートン戦での自らの行動に言及。特大オルゴールボックスの上に姿をみせた際、黒い血に染まった姿をワイアットに公開。動揺したワイアットは隙を突かれ、オートンにRKOを食らって敗れていた。

「レッスルマニアは楽しかった~。なぜ、私があんなことをしたのかストーリーで説明してあげる」と前置きしたブリスは「ある日、少女はダークネスに助けられた。ダークネスは少女を守り、新しいことを教えて育てた。しかし、少女はダークネスが必要ないと気づいたのかも。分かっているのは彼女が本当に邪悪なものを解き放ったってこと。楽しいことはまだ始まったばかりよ」と解説した。

さらに新たな友達として不気味なパペットを紹介し、不敵に笑っていた。

関連するニュースを読む

アスカ王座奪回狙うも元盟友フレアーに邪魔された 三つどもえ抗争の恐れ

ロウ女子王者リプリー(左)にアスカロックを仕掛けようとする前王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇12日(日本時間13日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

前ロウ女子王者アスカが王座奪回の好機を元盟友に邪魔された。

11日のレッスルマニア37大会第2日の防衛戦でリア・リプリーに敗れ、王座陥落したアスカは第3試合でダイレクトリマッチでの王座挑戦が決定すると気合十分。「今度は私の番。昨日のワシとちゃいまんねん! もう1度、ロウ女子王者になる」と意気込んでリングに立った。

「もう1度、アスカを倒すことができることを証明するだけだ」と王者としての風格をみせた新王者リプリーに対し、ミサイルキックやヒップアタックで猛攻を仕掛けた。ドロップキックやクローズライン(ラリアット)を浴びながらもアスカがアスカロックで絞めるなど大技の攻防を展開したが、場外戦に入ると、シャーロット・フレアーの介入に見舞われた。鉄製ステップにたたきつけられる襲撃を受けた。さらに防護壁にたたきつけられ、リプリーもビックブーツで沈められていた。

リプリー-アスカ戦前、先にフレアーはリングに立ち「(先に)私が王座挑戦を表明したのにアスカは返答せずにリアの挑戦を受諾した」と自らの新型コロナウイルス感染による欠場のことを触れずに一方的にアスカを批判。さらにリプリーに対して「私はチャンスを盗んだりしない。私が戦うべきだった王座戦を楽しむといい」などと皮肉交じりに横取りされたような主張を展開。5月16日に開催が発表されているPPV大会レッスルマニア・バックラッシュに向け、アスカ、リプリー、フレアーによる三つどもえの抗争が始まりそうな気配だった。

フレアー(左端)に襲撃されたロウ女子王者リプリー(右前)とアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

王座陥落アスカ、リプリーとの王座戦翌日リマッチもフレアー乱入で無効試合

王座陥落翌日にロウ女子王座に挑戦したアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇12日(日本時間13日)◇米フロリダ州タンパ・ユエンリンセンター

前ロウ女子王者アスカ(39)が元盟友に王座返り咲きのチャンスをぶち壊された。11日(日本時間12日)の祭典レッスルマニア37大会第2日に挑戦者リア・リプリー(24)に敗れて王座陥落したが、一夜明けたロウ大会第3試合でロウ女子王座戦のダイレクトリマッチが組まれた。

試合開始後、パワフルな新王者に何度も投げられながらも腕ひしぎ逆十字などの関節技で反撃。場外乱闘に入ると、WWE女子タッグ王座を一緒に奪取したパートナーのシャーロット・フレアー(35)に乱入され、突き飛ばされた。そのままノーコンテスト(無効試合)裁定に。終了ゴング後もフレアーによる暴走行為は収まらず、アスカはリプリーとともに襲われ続け、王座奪回することはできなかった。

リプリー-アスカ戦前、フレアーはリングに登場し、先にレッスルマニアでロウ女子王者アスカに挑戦表明しながら、自身の新型コロナウイルス感染によって欠場中にNXTから昇格したばかりのリプリーに王座挑戦権利を奪われていた。それを「横取り」と主張。ロウ女子王座戦乱入時には大きなブーイングも浴びていた。5月16日に開催が発表されているPPV大会レッスルマニア・バックラッシュに向け、アスカ、リプリー、フレアーの三つどもえの抗争が始まりそうだ。

関連するニュースを読む

悪霊ワイアットが謎残してオートンに敗北 黒い血でそまったブリスにひるむ

リング付近に設置されたボックスの中から登場し、オートン(右)をにらみつけたワイアット(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第2日>◇11日(日本時間12日)◇米フロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアム

「ザ・フィーンド(悪霊)」ブレイ・ワイアット(33)が、謎を残しながら「毒蛇」ランディ・オートン(41)とのシングル戦に敗れた。

オープニングマッチで因縁のオートン戦が組まれたワイアットは、洗脳している「小悪魔」アレクサ・ブリス(29)によって回されたリングサイドの巨大オルゴールボックスから登場。ボックス頂上からジャンピング式クローズライン(ラリアット)をオートンに見舞うと開始ゴングが鳴った。

オートンの首をねじって雄たけびをあげたワイアットは、場外戦で解説席にたたきつけられるとマンディブルクローで反撃を開始。オートンにエレベイテッドDDT3発からRKOを狙われると再びマンディブルクローで応戦した。必殺のシスター・アビゲイルを仕掛ける態勢に入ると、四方のリングポストから火柱が上がり、黒い血で染まったブリスが巨大オルゴール上に現れると、不覚にもワイアットがひるんでしまった。その隙を突いたオートンにRKOをたたき込まれ、3カウントを許した。

勝利後、逃げるようにリングを立ち去ったオートンをみつめながら、ワイアットはブリスとともに取り残されたものの、そのまま会場は暗転。気がつけば、謎を残したまま姿を消していた。

突然、ボックスから黒い血を流しながら姿をみせた「小悪魔」ブリス(左)を見つめるワイアット(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
リング四方から火柱が立ち上がる中、オートン(左から2番目)にシスター・アビゲイルを仕掛けるワイアット(同3番目)(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

王者レインズが計5万人観客の祭典を防衛締め

防衛成功したWWEユニバーサル王座ベルトを掲げるレインズ(右から2番目)。左端はポール・ヘイマン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第2日>◇11日(日本時間12日)◇米フロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアム

第2日も2万5675人のファンが集結した祭典のメインイベントで、最後にリングに立っていたのはWWEユニバーサル王者ローマン・レインズ(35)だった。1月の男子ロイヤルランブル戦を制したエッジ(47)、そして3月のPPV大会で追い詰められたダニエル・ブライアン(39)の挑戦者2人を迎えた3WAY形式での防衛戦はレインズがパイプいす攻撃で決着させた。

王座戦は3選手が入り乱れた攻防を展開。場外でレインズのいとこで王者のセコンドに入ったジェイ・ウーソがスーパーキックでブライアンとエッジに襲い掛かるアシストを受け、レインズは優勢に試合を進めた。ウーソがエッジのDDTを鉄製階段の上で浴びて排除されると、レインズは苦戦を強いられた。ブライアンの顔面ストンピングからイエスロックで絞められ、ギブアップ寸前まで追い詰められた。と同時にエッジのクロスフェイスも受けて大ピンチに陥った。

レインズはエッジのスピアーを食らったものの、ブライアンのレフェリーの足を引っ張る“裏技”で2カウントで難を逃れた。先に顔面へのパイプ椅子攻撃でブライアンを沈めたエッジに対し、レインズがスピアーからの顔面へのパイプいす攻撃でKO。エッジをブライアンに重ね、そのまま2人ともフォールした。

ウーソの絶妙アシスト受けながら挑戦者2人から勝利を挙げたレインズは年間祭典で王座防衛に成功。WWEの「絶対王者」であることを認めさせる勝利となった。

今年のレッスルマニアは2日間合計で5万1350人の観衆が集結。2日連続でチケットも完売と発表された。なお来年のレッスルマニア38大会は22年4月3日、米ダラスのAT&Tスタジアムで開催される。

ブライアン(手前左)、エッジ(手前右)にパイプいす攻撃を加えるWWEユニバーサル王者レインズ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
エッジ(左)にクローズラインを打ち込むWWEユニバーサル王者レインズ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

ゼイン裏切った米人気ユーチューバー、オーエンズからスタナー葬

ケビン・オーエンズ(手前)のスタナーを浴びるユーチューバーのローガン・ポール(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第2日>◇11日(日本時間12日)◇米フロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアム

登録者数2600万人を誇る米人気ユーチューバーのローガン・ポール(26)が年間最大の祭典に初「参戦」し、まさかのスタナー葬を浴びて倒れる失態をみせた。ケビン・オーエンズ(36)との遺恨シングル戦に臨んだサミ・ゼイン(36)の応援ゲストとして駆けつけ、両者のシングル戦を視察した。

試合は応援していたゼインがオーエンズのスーパーキック2発からのスタナーでマットに顔面を打ちつけてフォール負け。試合後にはポールがリングに上がると、オーエンズに握手を求めた。「俺のゲストだろ」とクレームを入れてきたゼインを突き飛ばして仲間割れ。あらためてオーエンズの勝利を祝福していると、眉間にしわを寄せたオーエンズに握手するふりをして捕獲され、そのままスタナーで沈められてしまった。

ポールはプロボクサーのライセンスも保持している。当初は2月にボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(44)とのエキシビション戦が計画されていたが、諸事情で延期されたばかり。レッスルマニア後、WWEオーエンズ、ゼインらとの遺恨が始まるのか。

サミ・ゼイン(右端)とリング上で口論するユーチューバーのローガン・ポール(左端)。中央はケビン・オーエンズ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

アスカ、4回目祭典出場「すべてに感謝」王座陥落でベルトを失い「くそー」

挑戦者リプリー(右)のトラースキックを浴びるロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第2日>◇11日(日本時間12日)◇米フロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアム

ロウ女子王者アスカ(39)が祭典で王座陥落した。

成長著しい挑戦者リア・リプリー(24)を迎え撃ったものの、相手必殺のリップタイド(変形ストレッチボム)を食らってフォール負けを喫した。試合後には自らのSNSを英語で更新。4回目のレッスルマニア出場に「すべてに感謝」とした上で、ベルトを失い「くそー」と投稿した。

序盤から「やってみろ!コラ」と挑発しながらドロップキック2発で攻め込んだアスカは、「チャンピオンだろ!オラ」と挑戦者に馬乗り状態で殴られた。ミサイルキックからスピンキック、ヒップアタックと連続攻撃をヒット。チャンスにコーナートップに向かうとミサイルキックを浴びて場外に吹き飛ばされた。

負けられないアスカはエプロンでリプリーを捕獲し、場外DDTを放って脳天から地面に突き刺した。

ストンプ連打からプリズムトラップを浴びながらもアスカも腕ひしぎ逆十字固めからアスカロックと関節技を続けたが逃げられ、胸板への強烈キックをかわされると、リプリーに担ぎ上げられて最後は相手必殺技に沈んだ。

昨年5月11日から335日間、保持し続けていた同王座から陥落。日本勢がレッスルマニアでWWEシングル王座の防衛戦に臨むのは98年の第14回大会でTAKAみちのくがWWFライトヘビー級王座の防衛に成功して以来23年ぶりだったが、アスカは王座を死守できなかった。

関連するニュースを読む

WWE祭典でアスカ王座陥落、リプリーの必殺技リップタイドに沈む

4回目のレッスルマニア出場となったロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第2日>◇11日(日本時間12日)◇米フロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアム

4回目の祭典出場となったロウ女子王者アスカ(39)が防衛に失敗した。挑戦者リア・リプリー(24)に蹴りを止められた後、腕をクラッチしながら担ぎあげられ、リップタイド(変形ストレッチボム)でマットにたたきつけられ、フォール負け。昨年5月11日から335日間、保持し続けていた同王座から陥落してしまった。

「やってみろや、コリャー」とビンタとエルボー連打で先制したアスカはピンチに陥ると1年1カ月ぶりにWWEの会場に戻ってきた2万人以上のファンから「レッツゴー、アスカ!」の声援を受けた。大観衆からの応援を背に受け、足首固め、投げっぱなしジャーマン、ヒップアタックで応戦した。

ドロップキックでコーナートップから落とされたアスカはエプロンへのフェイスバスターも浴びた。すると同じエプロンから旋回式DDTでリプリーを脳天から場外へとたたき落とした。リングに戻り、再びアンクルホールドで右足を痛めつけたものの、コーナーへ投げ飛ばされ、スワンダイブ式ブレーンバスターで投げられた。腕ひしぎ逆十字固め、アスカロックでリプリーの動きを止めた。ロープの反動を生かし、胸板に強烈なキックを浴びせるとかわされ、そのままリプリーに担ぎ上げられて必殺リップタイドで沈められた。

アスカにとってカイリ・セイン(32)と保持したWWE女子タッグ王座に続く2年連続の防衛戦だったが、いずれも防衛失敗となった。日本勢がレッスルマニアでWWEシングル王座の防衛戦に臨むのは98年のレッスルマニア14大会でTAKAみちのくがWWFライトヘビー級王座の防衛に成功して以来23年ぶりだったが、アスカは王座を死守することができなかった。

関連するニュースを読む

WWE王者ラシュリー防衛成功 1年ぶり有観客で挑戦者を絞め落とす

詰め掛けた2万5000人以上の歓声に包まれ、MVP(右)とともに王座防衛をアピールしたWWEヘビー級王者ラシュリー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第1日>◇10日(日本時間11日)◇米フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアム

オールマイティ(全能)と呼ばれるWWEヘビー級王者ボビー・ラシュリーが挑戦者となる前王者ドリュー・マッキンタイアを返り討ちし、王座防衛に成功した。

第1試合で防衛戦が組まれたラシュリーは2万5000人以上が集結したファンの高揚感に包まれながら躍動。約1年1カ月ぶりとなるWWE有観客試合で、必殺のハートロックで絞め、失神によるレフェリーストップ勝利を挙げた。

ラシュリーがショルダー・タックルでマッキンタイアを防護壁にたたきつければ、負けじとマッキンタイアも腕ひしぎ逆十字固めやネックブリーカーで反撃する熱い展開。すぐに王者はスパインバスターから得意のハートロックを狙ったものの、これは回避された。挑戦者のアラバマスラムやフューチャーショックDDT3連打、さらにトペ・コンヒーロまで浴びた王者だが、見た目通り、そのスタミナは無尽蔵だった。

マッキンタイアのキムラロック(腕がらみ)で追い詰められ、トドメのクレイモアを狙われたものの、味方セコンドのMVPの介入にとって回避。その隙に疲労蓄積で動けなくなったマッキンタイアを捕獲した。すぐに得意のハートロックで絞めあげてマッキンタイアを失神に追い込み、レフェリーストップによる勝利を収めた。

新日本プロレス時代、IWGPインターコンチネンタル初代王者だったMVPとともにベルトを掲げたラシュリーは祭典での王座防衛をアピールしていた。

関連するニュースを読む

グラミー受賞者のバッド・バニーWWEデビュー戦勝利 前王者との遺恨決着

ザ・ミズ(下)を殴りつけるバッド・バニー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第1日>◇10日(日本時間11日)◇米フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアム

グラミー受賞者のプエルトリコ出身アーティスト、バッド・バニー(27)がWWEデビュー戦で勝利を飾った。

友人レスラーのダミアン・プリースト(38)とタッグを組み、リング内外で遺恨が続いた前WWEヘビー級王者ザ・ミズ、ジョン・モリソン組を下し、プロレスラー初陣で白星を挙げた。

余裕をかまし、挑発的なミズに対してバニーはジャブをヒット。さらにハリケーン・ラナ、モリソンにも頭突きで攻め込んだ。しかしモリソンとの連係技を仕掛けたミズに裸絞めで苦しめられた。モリソンにも解説席にたたきつけられ、ピンチに陥った。何とかプリーストの躍動で逃れ、2人同時のファルコンアローで反撃。さらにプリーストがトペ・スイシーダ、バニーもコーナートップからのボディープレスを2人に成功させた。白熱の攻防からバニーがプリーストに担がれたミズに向け、ボディープレスを成功させて3カウントを奪った。これでミズ、モリソンとの遺恨に決着をつけた形となった。

場外にいたザ・ミズ(右下)、モリソン(左下)にボディープレスを放ったバッド・バニー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

AJスタイルズがタッグ王座奪取「ビッグな勝利」巨人用心棒オモスが圧倒

オモス(下)に肩車されながらロウタッグ王座ベルトを誇示するAJスタイルズ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第1日>◇10日(日本時間11日)◇米フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアム

AJスタイルズ(43)がリングデビューを果たした巨人用心棒とのタッグでロウタッグ王座を獲得した。抜群の連係技を誇る同タッグ王者ニュー・デイ(コフィ・キングストン、エグゼビア・ウッズ組)を撃破した。

これまでAJスタイルズの用心棒として会場に現れていた身長221センチのオモスとのコンビネーションを寸断され、王者組の心理戦や連係攻撃でリズムをつかめずに苦戦を強いられた。しかし、AJスタイルズは屈しなかった。キングストンの顔面を蹴り上げ、なんとか交代すると、オモスは怪力を最大限に発揮。ショルダータックルやバックブリーカーを決めて王者組を圧倒した。

さらにオモスの肩に飛び乗ったAJスタイルズが得意のフェノメナル・フォアアーム弾でウッズを片づけると、オモスが豪快なスパインバスターでキングストンを沈め、3カウントを奪取した。AJスタイルズはSNSを通じ「ビッグな夢、ビッグな勝利」と投稿。ビッグなオモスに肩車されながら、王座ベルト2本を掲げ、王座戴冠をアピールしていた。

オモス(左端)の肩から飛び上がり、フェノメナル弾をウッズ(右端)にたたき込むAJスタイルズ(左から2番目)(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

女子RRを制したビアンカ・ブレア王座初奪取 レッスルマニアメインを飾る

結んだ長い髪を王者サーシャ・バンクス(右端)に引っ張られたビアンカ・ブレア(左端)(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第1日>◇10日(日本時間11日)◇米フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアム

今年1月の女子ロイヤルランブル(RR)戦を制したビアンカ・ブレア(32)が勢いそのままにスマックダウン女子王座の初奪取に成功した。

女子RR戦を制して得た王座挑戦権で自ら指名した同王者サーシャ・バンクス(29)を必殺技キス・オブ・デス(KOD)で撃破。祭典のメインイベントで新王者となった。

バンクスの豪快なトペ・スイシーダに対し、ブレアは細身に似合わない怪力を生かし、そのまま捕獲して放り投げた。さらにランニング・ダブルニーを防護壁に誤爆したバンクスにバーティカル・スープレックスやスタンディング式シューティングスターから450度スプラッシュを放ったが、ヒザの剣山で迎撃されてダメージを負った。

逆に王者のトルネードDDTやフロッグスプラッシュ、得意のバンク・ステートメントで絞められた。何とかロープ回避すると、バンクスの攻撃がターンバックルに誤爆したチャンスを逃さなかった。450度スプラッシュから、引っ張られた自らの髪の毛を逆に生かしてムチ攻撃。最後はバンクスを担ぎあげ、KODを決めてフォール勝ちした。家族も観戦する中、メイン戦で王座初戴冠という偉業を成し遂げた。

試合後、自らのSNSを通じ「やったよ! スマックダウン女子王者だ」と喜びをつづったブレアは16年5月にWWEと契約。同年9月、NXTデビュー。女子トーナメントのメイ・ヤングクラシック2回戦ではカイリ・セイン(宝城カイリ)とも対戦した。今年1月には30人出場時差式バトルロイヤルとなる女子ロイヤルランブル戦で、最後にリア・リプリーを排除して初制覇していた。

王者サーシャ・バンクス(右下)を下し、スマックダウン女子王座を初戴冠したビアンカ・ブレア(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

ハルク・ホーガン「歴史を築くぞ!」嵐のレッスルマニア開会宣言

レッスルマニア37大会のオープニングに登場したハルク・ホーガン(右)とタイタス・オニール(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第1日>◇10日(日本時間11日)◇米フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアム

強い雨と強風で大会スタートが大幅に遅れた年間最大の祭典レッスルマニアは、「超人」ハルク・ホーガン(67)による嵐の開会宣言で幕を開けた。

フロリダ州出身のタイタス・オニール(43)ともに第1試合前にMCとして登場。悪天候が収まらない中で「今夜、歴史を築くぞ! 明日夜も歴史を築くんだ!!」などと絶叫。昨年3月上旬のロウ大会以来、約1年ぶりの有観客となったスタジアムは大きな歓声に包まれた。

WWEは第1日となった10日の入場観客数を2万5675人、チケットはソールドアウトと発表した。オープニングで登場したWWEのビンス・マクマホン会長は「もっとも大切なのはファンのみなさんです。パンデミックの中で来場していただいたこと、WWEファミリーを代表し、御礼申し上げます。レッスルマニアへ、ようこそ」と感謝の言葉を口にした。

当初は7万5000枚のチケット販売を計画していたものの、新型コロナウイルス感染拡大が続くこともあり、NFLスーパーボウルの観客数を参考に2万5000人前後に決めたとみられる。WWEは「地域の健康ガイドラインに沿い、レッスルマニアでは限られた人数のチケットが販売された。観客は社会的距離を保ち、座っていた」との声明も発表。追加の安全対策としてスタジアム入場前に健康診断と体温チェック、マスク着用義務、モバイルチケット、会場全体の消毒強化も強調していた。

関連するニュースを読む

王者レインズが祭典前に王座防衛宣言「お前たちの夢は俺がつぶす」

3WAY形式WWEユニバーサル王座戦に向けて意気込む3選手。左からエッジ、王者レインズ、ブライアン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇9日(日本時間10日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

WWEユニバーサル王者ローマン・レインズ(35)が最大の祭典での防衛成功をふてぶてしく宣言した。

10、11日(日本時間11、12日)に米フロリダ州タンパで年間最大の祭典レッスルマニア37大会が開催。第2日にダニエル・ブライアン(39)とエッジ(47)を挑戦者に迎え、3WAY形式の防衛戦を控える。

アンドレ・ザ・ジャイアント・メモリアル・バトルロイヤルを制覇したジェイ・ウーソ、スポークスマンのポール・ヘイマンとともに大会エンディングに登場したレインズは「レッスルマニアのメイン戦に出場して勝つだけだ。ブライアンは俺からタップを奪うことはできないし、エッジの復帰ストーリーはこれで終わりになる。お前たちの夢は俺がつぶして、王座ベルトを掲げた俺を全世界が認めることになる」とWWEトップに君臨し続ける自信を示した。

一方、挑戦者2人も王座奪取に強い決意を表明した。オープニングに姿をみせたブライアンは「俺のキャリアで最も大きい試合だ。レインズをタップさせて、エッジの頭を蹴り飛ばしてやる。ユニバーサル王者として祭典のリングを下りれるのか? と質問されたら、答えはイエスだ」と王座奪取を誓った。また祭典のメイン戦のためにリング復帰したエッジは「俺はふさわしいリスペクトを受けていない。ロイヤルランブルを制して復帰するまで9年かかったんだぞ。俺はパートタイマーではなくR指定のスーパースターだ。次は俺がユニバーサル王者になる」と自らのレスラー人生を懸け、王座戦に集中する姿勢をみせていた。

関連するニュースを読む

中邑真輔、アンドレ杯バトルロイヤルで惜しくも準V

ジェイ・ウーソ(右)にスピンキックを放った中邑真輔(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇9日(日本時間10日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

「キング・オブ・ストリングスタイル」中邑真輔(41)がアンドレ・ザ・ジャイアント・メモリアル・バトルロイヤルで惜しく準優勝となった。

けいれん式ストンピングでリコシェやキング・コービンに襲いかかった。次々と脱落者が出る中、中邑は奮闘。エンジェル・ガルザを場外に蹴り落し、ジェイ・ウーソ、キング・コービンとリングに生き残った。

2人がかりで攻撃を受けた中邑だが、何とかランニング・ニーでコービンを脱落に追い込んだ。最後の一騎打ちとなったウーソからスーパーキックを浴びながらも、STOからのキンシャサで反撃。ダメージで動けないウーソを落とそうとすると、寸前のところで逆に投げ飛ばされ、まさかの脱落となった。ラストの2人まで残ったものの、最後の最後でウーソに優勝を持っていかれてしまった。

また戸沢陽(35)も出場したものの、得意の忍術を狙ったところでセドリック・アレキサンダー、シェルトン・ベンジャミンの2人に場外へと投げ飛ばされてしまった。

ジェイ・ウーソ(右)にキンシャサを放った中邑真輔(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
ジェイ・ウーソ(奥)にリングから落とされる中邑真輔(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

昨年レッスルマニア出場カイリ・セインが入門指南/WWEの世界(1)

WWEの「アンバサダー」を務めるカイリ・セイン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレスWWEには現在、中邑真輔(41)、アスカ(39)、紫雷イオ(30)らが在籍し、第一線で活躍している。

10日(日本時間11日)からは2日間にわたり、米タンパで年間最大の祭典レッスルマニア37大会が開催。世界中のプロレスファンが注目している。日刊スポーツ・コムでは「WWEの世界」と題し、米最大規模マットの話題を届ける。第1回はWWEの「アンバサダー」として活動するカイリ・セイン(32)が登場。レッスルマニアからのWWE入門を勧めた。【取材・構成=藤中栄二】

 ◇   ◇   ◇

85年3月、米ニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデンで開催された第1回大会から数え、今年で37回目を迎えるレッスルマニア。ハルク・ホーガンの登場で全米のプロレス熱が一気に高まり、レッスルマニアが始まった。レッスルと、ホーガンのキャッチフレーズ「ハルカマニア(ハルク狂)」をミックスさせた名称のイベントは現在、10万人規模のスタジアムで開催されている。

カイリは「レッスルマニアはWWE入門にうってつけです。見始めるにはベストタイミングだと思います。いろいろな試合が詰め込まれている。戦国で言うと天下分け目の戦。さまざまな国の将軍が集まって一騎打ちするイメージですね」と口調を強める。WWEはライバル団体だったWCW、AWA、ECWなどの米プロレスの歴史を受け継ぎ、各選手のキャラクターが際立つ試合や因縁が生まれている。

「感動する試合もあれば、本当に面白い試合、選手に火をつけてしまうような奇想天外な展開もあったり、女子の試合もある。バラエティーに富んでいる。こんな面白い団体なんだと分かります。WWEを見ようかと迷っている方、少しWWEが気になっている方に伝えたい。『今ですよ』と」

今年のレッスルマニアで注目の女子試合は王者アスカ-リア・リプリーのロウ女子王座戦、王者サーシャ・バンクス-ビアンカ・ブレアのスマックダウン女子王座戦の2カードだ。カイリは「(シングル戦としては)4人しか出られない狭き門。実力だけでなく、運も必要で、いろいろな流れが重なり、選ばれた。すごいと思いますし、プロ意識として出られずに悔しいと感じる選手もいると思います」と明かす。

特にアスカ-リプリー戦について、カイリは「入門編として言うと、アスカさんは、もう横綱。心技体が整い、誰もが認める存在です。リア選手は私のほぼ同期ですが、1~2年ほどチャンスをもらえなかった。本当に悔しい思いをしながら、ここまで上がり詰めてきた。同期として誇り」と喜ぶ。

リプリーとはWWE時代、同じマンションに住み、仲も良かったという。日本マットに参戦経験もあり、日本好きな一面も。昨年のレッスルマニア36大会でドラゴンボールのベジータのコスチュームで試合をしていたという。カイリは「2人ともレベルの高い選手。リア選手は未来を担う存在だと思いますし、すごい戦いになる」と分析した。

昨年のレッスルマニア36大会で、カイリはアスカとWWE女子タッグ王者として防衛戦に臨んだ。挑戦者のアレクサ・ブリス、ニッキー・クロス組に敗れはしたものの、反響は大きく、現在の自らのSNSの総フォロワー数は110万人近くに増えたそうだ。カイリは「PPVは世界配信されています。私にも中国語、スペイン語、インド語、多くの言語のメッセージを頂きました。そうやって世界中の方に応援していただけるのは本当にうれしいです」と注目度の大きさが世界規模になっている現状を明かした。

レッスルマニア37大会はWWEイベントとしても1年以上ぶりに有観客で開催する舞台。カイリは「観客の声援は選手の何よりの特効薬です。それだけで本当にうれしいし、いつも以上の力を出せる、限界を超えられる。最高の舞台になります」と締めくくった。1年間続いたストーリーの終幕であり、新たなストーリーの幕開けとなる年に1度の祭典。米国、日本、欧州だけでなく、世界各国に多くのファンを持つWWEワールドへの入門として最高のタイミングとなる。

○…WWEのプロモーションとしてカイリ・セインがレッスルマニアのゲスト解説を務める。14日にJ SPORTSスポーツ・オンデマンド他で放送される日本語実況版に登場するカイリは「プロレスを知らない方、WWEの大ファンの方も聞いてうれしいような、私しか知らないバックステージのエピソードなどを伝えたい。選手の人間性や人柄をプラスし、試合をどうやって見たらいいのかを分かりやすく伝えることができたら。私の解説でも、ぜひ」とPRした。

レッスルマニア37大会からのWWE入門を勧めたカイリ・セイン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

王者アスカが完全復活宣言「私の強みはタフさ」防衛戦直前インタビュー

前歯破折、脳しんとうからリング復帰後初の防衛戦に臨むロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレスWWEのロウ女子王者アスカ(39)が前歯負傷と脳振とうからの完全復活を宣言した。10、11日(日本時間11、12日)に米フロリダ州タンパで年間最大の祭典レッスルマニア37大会が開催。第2日となる11日にリア・リプリー(24)との防衛戦を控える。

2月22日のロウ大会でのタッグ戦でシェイナ・ベイズラー(40)に顔面を蹴られた際に前歯を破折。軽度の脳振とうの症状も見られたが、3週間ほどでリング復帰。カムバック後初の防衛戦を控えるアスカが日刊スポーツのインタビューに応じた。

 ◇   ◇   ◇

米セントピーターズバーグで開催された2月22日のロウ大会だった。シャーロット・フレアーと組み、WWE女子タッグ王者ナイア・ジャックス、ベイズラー組とノンタイトル戦に臨んだ際、マットに倒れたところで顔面にベイズラーの強烈キックを浴び、前歯が折れた。意識はあったものの、検査結果は重傷だった。

アスカ 脳振とうの検査があってチェックして、少しあると。(医療)スタッフと連絡を取りながらで。リングの上でどれぐらい動けるかのチェックもあって、ようやくクリアになって復帰できました。

米メディアには、リング復帰まで1カ月以上と報じられていたが、3週間後となる3月15日のロウ大会からカムバックした。しかし前歯の破折も深刻だった。

アスカ 結局、4カ所のクリニックに行きました。レントゲンを何回撮影したことか。1週間後に手術を受けて。全身麻酔で記憶もない大掛かりな手術でした。完治まで6カ月かかるそうです。治療費用も多分、ベンツのSクラスぐらい(約1500万円)かかると思います。試合の負傷なので私が払うことはないと思いますけれど(苦笑)。

WWEにも負傷欠場が少ない「鉄人」ぶりを認められている存在だけに長期離脱はアスカ自身も驚いたという。

アスカ 本当にビックリしました。(WWEの)プロデューサーたちも私を「タフ」と言ってくれるようなイメージだったので。だから選手、プロデューサー、スタッフから心配するメッセージが届きましたが、私の強みはタフさ。経験、技術面もリビング・レジェンド(生ける伝説)なんですけど、強みはタフというところなのです。

アスカの強靱(きょうじん)さを証明する米メディア調査の記録がある。WWEの歴代女子王座(ロウ女子、スマックダウン女子、NXT女子、NXT UK女子、ディーバス、WWE女子王座、WWE女子タッグ)の総戴冠日数が昨年12月8日に通算1000日間を突破した。

現役女子で首位を独走中で、歴代でも2位(歴代1位はファビュラス・ムーアの1万775日とされる)。2位フレアーの989日、3位ベイリーの951日を大きく上回る。昨年12月20日から今年1月31日までフレアーと女子タッグ王座も保持した2冠王者の時期もあるため、リプリー戦当日の総戴冠日数は1166日となる。

アスカ ちょっと米国行く前に想像した以上のことが起きている。信じられないですね。でも、いつも私はWWEのトップ、世界のトップだという気持ちで戦っています。

挑戦者のリプリーは身長171センチ、体重62キロの大型選手。身長160センチ、体重62キロのアスカにとって難敵なのは間違いない。

今回の相手は背が高くて、技術もある選手。経験は私の方がありますが、どんなに攻撃を受けても、私のタフさをみせたい。立ち向かっていく気持ち、プロレスで立ち向かっていくところを見てほしい。日常で嫌なことがあっても戦いを見て、生きるパワーにしてほしいです。レッスルマニアは4回目ですが、プロレスイベントの頂点ですし、レスラーのあこがれ。私にとっても特別な舞台。ロウ女子王者として防衛戦できるのは夢のようです。

顔面の大ダメージから復帰したアスカが、最大の祭典でタフネスな防衛成功をみせつける構えだ。

◆アスカ 1981年(昭56)9月26日、大阪市生まれ。本名・浦井佳奈子。04年6月、華名(かな)のリングネームでプロレスデビュー。AtoZで活動後、06年3月、慢性肝炎による体調不良で一時引退。07年9月に現役復帰。フリー選手として活動後、15年10月にNXTでWWEデビュー。連勝記録を続け、17年5月にはWWE史上最長記録となる174連勝に到達。同年10月にロウに昇格。昨年5月にロウ女子王座を獲得し、女子グランドスラム(ロウ、スマックダウン、NXT、女子タッグ)を成し遂げた。160センチ、62キロ。

レッスルマニア37大会で開催されるロウ女子王座戦の調印式に臨んだ王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
レッスルマニア37大会でリア・リプリー(右)の挑戦を受けるロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

グラミー賞歌手バッド・バニーがプロレスデビュー!大物参戦レッスルマニア

今年1月のWWE登場からザ・ミズと抗争を繰り広げてきたバッド・バニー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWE年間最大の祭典となるレッスルマニア37大会は10、11日(日本時間11、12日)の2日間、米フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムで開催される。

レッスルマニアには、これまで数多くのアーティストやセレブリティが登場。ボクシング界から元統一ヘビー級王者マイク・タイソン、50戦無敗のまま引退表明した元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー、また他競技からもNHLのロブ・グロンコウスキー、NBAのシャキール・オニールらが「参戦」した。

アーティスト界ではスヌープ・ドック、Run DMCやキッドロック、映画界からはミッキー・ローク、アーノルド・シュワルツェネッガーらが登場。スポーツやエンターテインメント各界から試合やセコンド、ライブパフォーマンスなどで祭典に花を添えている。今年は米国ポップ・クイーン、ビービー・レクサが愛国歌「アメリカ・ザ・ビューティフル」を斉唱することが決定。そして、何より今年グラミー賞を受賞したプエルトリコ出身アーティスト、バッド・バニーがWWEで試合デビューする。ダミアン・プリーストとタッグを結成し、前WWEヘビー級王者ザ・ミズ、ジョン・モリソン組と激突することが決まった。

16年にシングル「Diles」でデビューしたバニーは20年2月、2作目のソロアルバム「YHLQMDLG」をリリースして全米2位をマーク。音楽界で最も権威ある第63回グラミー賞では同アルバムで「ラテンポップ・アーバンアルバム賞」を受賞している。20年11月にリリースされた3作目のアルバムに収録される「Booker T」のミュージックビデオには元WWEレスラーのブッカーTが出演。21年1月のPPV大会ロイヤルランブルではバッド・バニーがブッカーTとともにライブパフォーマンスを披露していた。その後、WWEロウ大会の舞台でミズとの抗争が勃発し、タッグ戦で激突することが決定した。バニー、プリースト組-ミズ、モリソン戦は第1日の10日(日本時間11日)に組まれている。

98年のレッスルマニア14大会に登場したマイク・タイソンはWWF王座戦の立会人を務めた(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
08年のレッスルマニア24大会でビッグショーとノーDQ戦でファイトしたメイウェザー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
バックステージでプリースト(左)と向き合うバッド・バニー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む