上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

三浦隆司と内山高志の引退、ボクシング界の世代交代

三浦隆司

 偶然の一致だが、今年のボクシング界は世代交代年になった。拳を交えたスーパーフェザー級の元世界王者が、7月に1日違いで引退を表明した。記憶と記録に残る2人だった。

 三浦隆司を初取材したのは09年、日本王座に3度目の挑戦の時だった。初挑戦は小堀に負け、再挑戦は矢代に引き分け、再戦でダウン応酬の末に雪辱の王座獲得。喜びのあまり幼なじみと結婚宣言し、トレーナーから「本当に大丈夫?」と冷やかされていた。まだ横浜光ジムで、初々しい地方出身青年の印象だった。

三浦隆司

 11年の世界初挑戦では内山高志からダウンを奪うも逆転負けした。心機一転して帝拳ジム移籍には驚いた。当初は日本王者だった叔父の薦めで、帝拳ジムに体験入門した。初の高校6冠で同期の粟生が注目され、いつしか姿を消したと聞いていたからだ。

 ジムに一番長くいる選手だった。多くは2時間程度だが、三浦は4時間近いこともあった。バーベルを素手でコツコツたたく姿が印象的だった。普段もリングでも外見にこだわりなく、世界をとっても同じトランクを使った。東北人らしく多くはしゃべらず。寡黙な野武士のような風貌にも好感が持てた。

 内山の世界初挑戦の時は勝てないと思った。体制が問題だった。洪トレーナーが渡辺会長と意見が合わず直前にジムを離れた。急きょチーム内山を結成。役割分担して一丸で支えたが、デビューから指導していた元アマ韓国代表の穴は大きかった。王座奪取は内山のさまざまな能力の高さあってのもの。大人だったのを見落としていた。

 ワタナベジムは来る者を拒まないおおらかムードだが、内山がいると緊張感が出る。トレーナーは同じアマ出身者が多いがいずれも年下。何事も内山が一番熟知していた。拓大では荷物番をやらされた屈辱もあり、特に体育会系の日常の自己と周囲への厳しさが原点、原動力だった。

内山高志

 練習を始めるには、1回3分の間は入り口で待つルールがある。インターバルになると「お願いします」とあいさつして入れる。昔はなかった内山流のけじめ。合宿所も荒れがちだったが、内山が入寮してから規律が確立され、寮生が集合してロードワークなども恒例になったと聞く。

 どこのジムも練習中は1回3分、休憩1分のタイマーを鳴らす。昨年だったが、タイマーがだいぶ古くなり、休憩1分がだいぶ短くなっていた。「スタミナがつく」の声も出ていたが、内山は「時間の間隔を体に染み込ませないといけないのに」と怒っていた。しばらくしてタイマーが新品になった。

 ボンバー・レフトとKOダイナマイト。乱立気味で世界王者の価値観が薄れる中で、個性的ボクサーとしての存在感があった。何よりも強打は魅力があり、たっぷり楽しませてもらった。【河合香】

閉じる

大鵬孫の納谷幸之介が大嶽部屋入門へ 九州で初土俵

幕下力士との対抗戦で貴健斗(左)を寄り切りで破る納谷幸之介

 大相撲の元横綱大鵬(故人)の孫で元関脇貴闘力の三男、納谷幸之介(17=埼玉栄高3年)が、大鵬道場の大嶽部屋へ入門し、11月の九州場所で初土俵を踏むことになった。

 埼玉栄高相撲部の山田道紀監督が23日、東京・お台場での大相撲夏巡業の会場で「あくまで予定」としながら、10月の愛媛国体後に入門すると明かした。

 この日の巡業では埼玉栄と幕下力士による対抗戦が行われ、納谷は3番目に登場。190センチ、160キロの恵まれた体格で、21歳の有望株、貴健斗(貴乃花)を攻め立てて寄り切りで破ってチームの勝利に貢献した。「すごくいい経験になった。前に出ることだけを考えた。しっかりやれば出来るんだなと思った」と手応えを口にした。

 山田監督によると納谷は「教え子の中でも3本指に入る努力家。人の3倍は努力する。こっちが止めないといつまでも稽古をやる」と稽古の虫。「花相撲とはいえ、勝ったことは彼にとっていいことになった」と感心し「まずは関取を目指して欲しい」と期待をかけた。

ガッツポーズをする納谷幸之介

閉じる

亀海喜寛、憧れのコットに挑み世界王座を手にするか

 日本スーパー・ライト級、東洋太平洋ウェルター級の元王者、亀海喜寛(34=帝拳)が26日(日本時間27日)、米国カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターでWBO世界スーパー・ウェルター級王座決定戦に臨む。相手は4階級制覇の実績を持つ元世界王者、ミゲール・コット(36=プエルトリコ)。知名度も実力もあるビッグネームを相手に、亀海は異国の地で世界王座を手にすることができるのか。

 アマチュアを経て05年にプロデビューした亀海は日本とアジア圏では最強の称号を得たが、世界の頂に挑むのは34歳にして初のことだ。11年以降、亀海は中量級の層が厚い米国に主戦場を移して8戦をこなし、3勝(3KO)3敗2分という結果を残している。判定で敗れはしたものの元世界4階級制覇王者のロバート・ゲレロ(米)と激闘を展開するなどして認知度を上げ、昨年は世界挑戦経験者のヘスス・ソト・カラス(メキシコ)と連戦。初戦は引き分けだったが、再戦では8回終了TKOで圧勝している。丈夫な体を生かして圧力をかけ、中近距離で強打を叩きつける攻撃的なスタイルは、ボクシングの本場でも受け入れられている。キャリア12年目を迎えた亀海は、「実力がついてきていると感じている」と話している。32戦27勝(24KO)3敗2分。

 迎え撃つコット(45戦40勝33KO5敗)は2000年シドニー五輪出場後にプロ転向し、スーパーライト級、ウエルター級、スーパー・エルター級、ミドル級の4つの階級で世界一になった実績を持つ。勝利こそ逃したがフロイド・メイウェザー(米)、マニー・パッキャオ(比)らスーパースターとも拳を交えたことがあるトップ選手だ。亀海自身も「(コットは)無冠時代から憧れていた選手」と話している。身長、リーチとも170センチとスーパーウエルター級では小柄だが、前傾姿勢から飛び込んで強打を振り抜くこともあれば、フットワークをつかいながら正確な左ジャブを突いて切り込むなど、幅広いボクシングを身につけている。

 総合的な戦力、経験値で勝るコット有利は動かせず、オッズも4対1で元4階級制覇王者に傾いている。最近の試合がそうであるように、体格で劣るコットは今回もリスクを低く抑えるため足と左ジャブでコントロールしようと試みるものと思われる。これに対し亀海がどこまでプレッシャーをかけて追い込むことができるか。そのあたりがカギになりそうだ。

 このところ日本のボクシング界は元WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志(ワタナベ)と元同級WBC王者の三浦隆司(帝拳)が引退。さらに山中慎介(34=帝拳)が13度目の防衛に失敗するなど明るいニュースから遠ざかっている。そんな負の連鎖を断ち切ることができるか。亀海が勝てば輪島功一(三迫)、工藤政志(熊谷)、三原正(三迫)、石田順裕(グリーンツダ)に続き、スーパーウエルター級では日本のジム所属選手としては5人目の世界王者誕生となる。

閉じる

大露羅やせてるはずが歴代最重量、小錦超えちゃった

健康診断で採血を受ける大露羅(撮影・柴田隆二)

 大相撲の健康診断が22日、東京・両国国技館内で行われ、ロシア出身で三段目の大露羅(おおろら、34=山響)が自己最重量となる288キロを計測し、元大関小錦の285キロを上回り、歴代最重量となった。1月の健康診断では、当時自己最高の283・8キロを計測。最近は食生活に気を使っていたが、7カ月で約5キロ増量した。

 21年間守られていた記録が破られた。1月の健康診断で283・8キロを計測していた大露羅が体重計に乗る。デジタル数字がみるみる上昇した。小錦の285キロを超えて、288キロで止まり、歴代最重量を更新した。「狙ってはないんだけど」と困惑しながらも「これで永遠に名前が残る」と少し誇らしげな表情で話した。

 想定外の記録更新だった。1月の健康診断以降は、部屋の近くをウオーキングするなどの運動を取り入れた。さらに食生活も改善。かつて焼き肉店で最大50人前を注文し、ラーメン丼のご飯を4杯分とラーメン6杯を食べたこともあった。しかし、今は「昼は食べるけど、夜はあまり食べていない」と摂生していた。普段は体重計に乗らず、この日が久しぶりの測定。「体の調子も良くてやせているかなと思ったんだけど。びっくりした」と戸惑った。

 思いあたる節がないわけではない。前日午後11時。最近、体に吹き出物ができたため抗生物質を服用しているが、空腹を避けるため、おにぎりを1つ食べたという。「あのおにぎりが効いたね」と冗談めかした。

 15年に急逝した先代師匠の北の湖前理事長(元横綱)から、どのように声をかけられるか問われると「バカ野郎って言われますよ」と苦笑い。「一緒にサウナ行ったり、歩いたりしてました」と懐かしがった。そして「(現役生活は)長くはないかもしれないけど頑張る」と奮起した。【佐々木隆史】

 ◆大露羅敏(おおろら・さとし)本名ミハハノフ・アナトーリ・ワレリリエチェ。1983年4月26日、ロシア生まれ。初土俵の00年春場所では既に190キロ。最高位は11年九州場所の東幕下43枚目。通算357勝357敗7休。191センチ、288キロ。

歴代の重量力士

閉じる

比嘉大吾10・22初防衛戦 具志堅会長衝撃発言?

WBC世界フライ級の初防衛戦へ向けて気合のパンチを披露する比嘉。後方は笑顔で肩をもむ白井・具志堅スポーツジムの具志堅会長(撮影・小沢裕)

 ボクシングのWBC世界フライ級王者比嘉大吾(22=白井・具志堅)の初防衛戦が決まった。同級6位トマ・マソン(27=フランス)と10月22日に東京・両国国技館で対戦が、23日に都内で発表された。WBA世界ミドル級1位村田諒太(31=帝拳)が同級王者アッサン・エンダム(33=フランス)と再戦がメインのダブル世界戦となる。

 会見では具志堅会長がいきなり「次は減量失敗しそうだ」と言い出した。さらに「おいしいもの食べなきゃできる」。比嘉はお祝い続きで「何回もおいしいものを食べに行き、王者を実感した」という日々を送ってきた。さらに前回一時はパニックになるほど苦しんだだけに「しっかり落としていい状態にして、挑戦者の気持ちでKOで倒します」と神妙に答えた。

 村田ともに日仏対決となったが、比嘉は「パリに行って見たいけど印象はない。硬いフランスパンぐらい」と言い、相手の顔も会見資料で初めて見た。「顔は負けているけど、気合では負けない。かいくぐって中に入って接近戦に持ち込みたい」と話した。

 5月にデビューから無傷の13連勝で世界王者になったが、オールKOで奪取は国内で初だった。具志堅会長と同じ21歳で世界王者の目標を達成し、次は同じ沖縄生まれの浜田の15連続KOを抜く日本新記録が目標。あと3つ。まずはV1へ向けて、9月からは長野・車山で走り込みの2次キャンプに入る。

閉じる

4横綱が初のそろい踏み 全員が横綱土俵入りを披露

巡業で初めてそろった4横綱。左から稀勢の里、日馬富士、白鵬、鶴竜

 大相撲の夏巡業が23日、東京・お台場で行われ、負傷のため休場していた白鵬と鶴竜の2横綱が合流した。1月の初場所後に稀勢の里の昇進により17年ぶりとなった4横綱が春巡業以降で初めてそろい踏みし、全員が横綱土俵入りを披露した。

 左膝痛で13日から一時離脱していた白鵬は日馬富士と取組を行った。久々に4横綱がそろったことに「気持ちがいいね」と笑みを浮かべたが、患部の状態については「駄目だね。まだ力が入らない」と首をひねった。

 7月の名古屋場所で右足首を痛めた鶴竜は土俵入りだけを務め「うれしい。やっぱり居場所はここ」と歓声に感謝。今年は途中休場が3場所と苦しみながら、10日に32歳の誕生日を迎えた。「神様が僕を試している。負けないで、はね返したい」と決意を語った。

 左足首の負傷で名古屋場所を途中休場した稀勢の里は稽古を回避し、土俵入りだけを行った。4横綱が出そろった状況に「自分のやれることをしっかりやっていく」と表情を引き締めた。夏巡業は27日まで行われる。

閉じる

中邑がタイトル再挑戦に意欲「マハルを倒したんだ」

WWEヘビー級王者マハル(右)にキンシャサを決め、たぎる中邑(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:スマックダウン>◇22日(日本時間23日)◇米ニューヨーク州ブルックリン・バークレイズ・センター

 「ロックスター」中邑真輔(37)が、タイトル再挑戦に強い意欲をみせた。

 WWEヘビー級王者ジンダー・マハル(31)の配下にあるシン・ブラザーズとの1対2のハンディキャップ戦で圧倒的な強さを誇示し、リングに乱入してきたマハルにもキンシャサ(ボマイェ)で圧倒。もう中邑の頭にはWWE王座への再チャレンジしかない。試合後のインタビューでは、胸にある気持ちを爆発させるように宣言した。

 「ジンダー・マハルを倒したんだ。オレが欲しいのはWWEタイトルだ、WWEヘビー級選手権だ!」。

 インタビュアーの質問を遮るような態度で、流ちょうな英語を駆使しながら、再びチャンスを狙う姿勢を示した。

 9月16日にはエディオンアリーナ大阪で開催されるWWE大阪大会に出場する予定だ。王者マハルに再挑戦できるのか。日本人初のWWEヘビー級王者として凱旋(がいせん)できるのか。それとも大阪大会で再挑戦が実現するのか。今後の展開に注目を集まる。

閉じる

「ボンバー・レフト」三浦、王座奪還へ「アラクラン」に挑む

 元WBC世界スーパーフェザー級王者で現1位の三浦隆司(33=帝拳)が15日(日本時間16日)、米国カリフォルニア州イングルウッドのフォーラムで同級王者、ミゲール・ベルチェルト(25=メキシコ)に挑む。2代前のベルト保持者でもある三浦にとっては15年11月以来の返り咲きがかかった大事な試合となる。代名詞となった「ボンバー・レフト」が炸裂するか。

 三浦は13年4月に当時のWBC王者、ガマリエル・ディアス(メキシコ)から4度のダウンを奪って9回TKO勝ち、世界王座に駆け上った。初防衛戦はメキシコで行い、ダウン応酬のすえ判定勝ち。V2戦からV4戦までは3試合連続KO勝ちを収めた。サウスポーから繰り出す左ストレートは破壊力十分で、3階級上のウェルター級並みのパワーがあるといわれる。その一方、攻撃型の選手にありがちな防御の甘さが課題として残っている。5度目の防衛戦ではそこを突かれ、フランシスコ・バルガス(32=メキシコ)に9回TKO負けを喫して王座を失った。

 しかし、リスクを恐れずに積極的に仕掛けて出る三浦の攻撃ボクシングは米国やメキシコのファンにも受け入れられ、ラスベガスで行われたバルガス戦は年間最高試合に選ばれたほどだ。今年1月には再び渡米、2位の選手に12回KO勝ちを収めて指名挑戦権を手にした。36戦33勝(24KO)3敗2分。

 そんな三浦の挑戦を受けるベルチェルトは今年1月、三浦に勝ったバルガスを11回KOで破って戴冠を果たした。昨年3月にはWBOの暫定王座も獲得した実績も持っている。

 まだ評価を定める段階ではないが、一戦ごとに強くなっている選手といえる。32戦31勝(28KO)1敗と高いKO率(約88パーセント)を誇り、「アラクラン(サソリ)」というニックネームがある。左右のパンチとも“毒性”は強い。バルガス戦を含め10連続KO勝ち中で、若くて勢いがある。

 ともにパンチ力に自信を持っているが、得意とする距離は若干、ベルチェルトの方が長い。三浦としては中長距離に身を置いて相手の左ジャブ、右ストレートに脅かされるような展開は避けたいところだ。上体を振って圧力をかけ、ボディブローでベルチェルトの戦力を削ぎ落とし、そのうえで「ボンバー・レフト」を叩きつけられれば王座奪還は現実のものになりそうだ。

閉じる

総合格闘技界に新星 那須川天心、衝撃的強さのワケ

那須川天心

 総合格闘技界に、すごい選手が現れた。かつての山本“KID”徳郁や、魔裟斗を超えるかもしれない。RIZIN横浜アリーナ大会で、わずか67秒の衝撃KO勝利を演じた那須川天心(18)だ。昨年12月29日に、キックボクシング界から総合格闘技に参戦。デビュー戦をKOで飾ると、主催者に直訴して2日後の31日に出場。今度は1本勝ちを収め、前代未聞のデビュー戦2連勝を飾っていた。

 那須川は、対戦相手のフランチェスコ・ギリオッティーと対戦した。「開始20秒ぐらいで、相手の動きは見切っちゃいました。打った打撃は全部当たって、相手をコントロールできた」と、冷静に言ってのけた。5月20日に後楽園ホールで、キックボクシングのISAK世界バンタム級王座の初防衛戦が決まっていた。「次の試合があるので、早く倒そうと思っていた」というが、不慣れな総合の試合で思った通りのKOができるところが、並の選手とは違うところだ。

 キックボクシング界では、早くから「神童」「天才」の名前をほしいままにしてきた。格闘技アニメで見たワザを試合で初めて使ってKOしたり、観戦にきた先輩の得意技をとっさに試合で出したりと、その逸話にはこと欠かない。ハデなKO勝ちがトレードマークになっているが、那須川の強さの秘密は卓越したディフェンス力にある。

 「打ち合っているように見せといて、自分だけ当てるのが一番いいんです」というのが、那須川の真骨頂だ。空手からキックに転向した小学時代。常に那須川の相手は、自分より学年の上の選手だった。「自分の倍ぐらいの選手と対戦して、真っ向勝負しても勝てない。一発もらったらダメージが大きいし、それが命取りになることもある。だから、父とずっとディフェンスの練習をしてきました」と話す。

 高校1年の時に通ったボクシングの帝拳ジムでは、名伯楽の葛西裕一トレーナーに指導を受けた。「1カ月間、ずっと左ジャブとガードの練習だけだった。そこで、相手のパンチを避ける技術を学んだ」と話す。同ジムからは、素質を見込まれボクシングの世界王者になれると勧誘されたという。

 キック、総合、ボクシングと無限の可能性を秘めた那須川だが、当面はキックに軸足を置くという。「20歳までに、キック界を統一することが目標。その後は、ボクシングからも声がかかっているし、いろいろ選べる状況」と、しっかり将来を見据えている。20歳でどんな選択をするのか。これからのキック、総合の戦いとともに目が離せない。【バトル担当=桝田朗】

閉じる

大鵬孫納谷と初戦の雷神矢口、有刺鉄線バットで威嚇

会見で納谷幸男(左)に有刺鉄線バットを手に詰め寄る雷神矢口と仲裁に入る初代タイガーマスク(撮影・村上幸将)

 横綱大鵬の孫の納谷幸男(23)と、9月14日のリアルジャパンプロレス東京・後楽園大会でのプロレスデビュー戦でシングルマッチ30分一本勝負で戦う雷神矢口が23日、都内のリアルジャパンプロレス本部で会見を開いた。

 席上で、矢口が有刺鉄線を巻いたバットを納谷の胸ぐらに突きつけるなど、早くも“場外戦”が展開された。

 今回のデビュー戦は、矢口から度重なる対戦要求があったが、リアルジャパンプロレス主宰の佐山サトル(59)が、凶器の使用なども辞さない大仁田厚率いる邪道軍の戦い方が危険すぎると固辞した経緯があった。ただ、納谷が18日から21日まで石川県羽咋市の妙成寺で行った合宿で「自信がついた。自信を持った状態でやれると、自分の方から先生にお願いしました」と、自ら佐山に対戦を希望し、実現したと明らかにした。

 矢口は「巨人、大鵬、卵焼き。一時代を築いたすばらしい偉大な大鵬親方を、俺は尊敬している」と、納谷の祖父大鵬へのリスペクトを口にした。その上で「見た限りは、遺伝子は120%受けていると思うよ。でもね、強さだけは世襲制じゃないんだな。本人がどれだけ努力して、修羅場をくぐってきたか。25年の修羅場をくぐり抜けた俺と対戦するのは100万光年早いんだよ」と挑発した。

 矢口は納谷との対戦を要求し続けた理由として、納谷の父で元関脇の貴闘力(49)が鈴木みのると組み、14年4月16日に東京・代々木競技場第2体育館で行ったプロレスデビュー戦で、大仁田とタッグを組んで戦ったが敗れたこと。2戦目も戦って敗れたが、その後、貴闘力が焼き肉店の経営に乗り出したため、試合の機会がないまま恨みが残っていると吐露した。

 また貴闘力のデビュー戦で、当時リアルジャパンプロレスの練習生でセコンドについていた納谷が大仁田を捕獲し、貴闘力が矢口に張り手を浴びせてフォール勝ちするのを“アシスト”したことも恨んでいると訴えた。矢口は「試合で絡まないおかげで、あんなうまい焼き肉を俺が食いに行けなくなった。それに、こいつが手を出したおかげで負けたのも、腹が立っているんだよ。だから、こいつと真っ先にやらせろと言ったんだよ」と息巻いた。

 ところが、納谷が当時のことを「覚えていない」と挑発を受け流し、矢口の印象を聞かれても答えないなど相手にしない姿勢を示した。さらに「もちろん、勝つ自信があります」と言ったことに矢口が激怒。「何、この野郎。ふざけんじゃねーよ、お前。何が勝つ自信があるだよ!!」と言い、矢口は納谷の胸ぐらをつかんで有刺鉄線バットを突きつけた。

 佐山が間に入ると、矢口は怒りをにじませながら退場。納谷と矢口の間に、後戻りできない因縁が刻み込まれた。【村上幸将】

会見に出席した左から納谷幸男、初代タイガーマスク、雷神矢口(撮影・村上幸将)

閉じる