上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

総合格闘技界に新星 那須川天心、衝撃的強さのワケ

那須川天心

 総合格闘技界に、すごい選手が現れた。かつての山本“KID”徳郁や、魔裟斗を超えるかもしれない。RIZIN横浜アリーナ大会で、わずか67秒の衝撃KO勝利を演じた那須川天心(18)だ。昨年12月29日に、キックボクシング界から総合格闘技に参戦。デビュー戦をKOで飾ると、主催者に直訴して2日後の31日に出場。今度は1本勝ちを収め、前代未聞のデビュー戦2連勝を飾っていた。

 那須川は、対戦相手のフランチェスコ・ギリオッティーと対戦した。「開始20秒ぐらいで、相手の動きは見切っちゃいました。打った打撃は全部当たって、相手をコントロールできた」と、冷静に言ってのけた。5月20日に後楽園ホールで、キックボクシングのISAK世界バンタム級王座の初防衛戦が決まっていた。「次の試合があるので、早く倒そうと思っていた」というが、不慣れな総合の試合で思った通りのKOができるところが、並の選手とは違うところだ。

 キックボクシング界では、早くから「神童」「天才」の名前をほしいままにしてきた。格闘技アニメで見たワザを試合で初めて使ってKOしたり、観戦にきた先輩の得意技をとっさに試合で出したりと、その逸話にはこと欠かない。ハデなKO勝ちがトレードマークになっているが、那須川の強さの秘密は卓越したディフェンス力にある。

 「打ち合っているように見せといて、自分だけ当てるのが一番いいんです」というのが、那須川の真骨頂だ。空手からキックに転向した小学時代。常に那須川の相手は、自分より学年の上の選手だった。「自分の倍ぐらいの選手と対戦して、真っ向勝負しても勝てない。一発もらったらダメージが大きいし、それが命取りになることもある。だから、父とずっとディフェンスの練習をしてきました」と話す。

 高校1年の時に通ったボクシングの帝拳ジムでは、名伯楽の葛西裕一トレーナーに指導を受けた。「1カ月間、ずっと左ジャブとガードの練習だけだった。そこで、相手のパンチを避ける技術を学んだ」と話す。同ジムからは、素質を見込まれボクシングの世界王者になれると勧誘されたという。

 キック、総合、ボクシングと無限の可能性を秘めた那須川だが、当面はキックに軸足を置くという。「20歳までに、キック界を統一することが目標。その後は、ボクシングからも声がかかっているし、いろいろ選べる状況」と、しっかり将来を見据えている。20歳でどんな選択をするのか。これからのキック、総合の戦いとともに目が離せない。【バトル担当=桝田朗】

閉じる

減量失敗の前王者「食べて寝て回復」終盤猛攻で勝利

大森に勝ったマーロン・タパレス(撮影・奥田泰也)

<プロボクシング:WBO世界バンタム級タイトルマッチ12回戦>◇23日◇エディオンアリーナ大阪

 計量失敗で王座を剥奪されたタパレスが大森を沈めた。

 ボディー攻めに膝が落ちかける場面もあったが、10回に右フックから強烈な左ストレートでダウンを奪う。11回開始からラッシュをかけ、16秒でレフェリーがストップした。前日は涙で謝罪も「食べて、ゆっくり寝て回復した。大森はパワーや動きが成長した」と余裕で振り返った。今後は階級を上げる意向だ。

閉じる

日馬富士、満身創痍の体支える「秘密兵器」とは?

愛用してい治療機器を紹介する日馬富士

 4月2日の三重・伊勢神宮奉納大相撲を皮切りに始まった春巡業も残りわずか。朝8時から稽古が始まり、子どもとの稽古、相撲甚句、初っ切り、横綱の綱締め実演に取組…。巡業に参加してる全力士が、打ち出しの午後3時までフル稼働している。ふぅー、っと一息つきたいところだが、すぐに次の日の巡業先までバス移動。2、3時間の長旅は当たり前で、日もすっかり沈んだ頃に宿舎に到着するハード日程だ。

 そんな中、けがを抱えながら参加する力士も少なくない。春場所後に右膝に水がたまり「急にあちこちに痛みが出てきた」と話すのは横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)。古傷の左肘にも痛みが出るなど満身創痍(そうい)だが、気力を振り絞り巡業に参加している。

 故障した体を支えているのが、日本電気治療協会が推奨している低周波治療機器による「ハイボルト療法」と呼ばれる治療法だ。巡業に駆けつけて治療を行った杉浦直行理事によると「従来の電気治療機器が家庭用ホースの水だとすれば、このハイボルト療法は消防車のホース」と説明。神経の興奮を下げるのと、インナーマッスルの腫れ、炎症をなくす効果があるという。さらに「ミトコンドリアが活性して眠っている力が出てくるんです」と力説した。

 電気治療が苦手な力士も多いが、1度効果を実感するとクセになるという。日馬富士も最初は苦手としていたが、あまりの効果にとりことなり、1日1時間半はハイボルト療法を行っているという。「早く治る。これは本当にすごい」と数百万円する治療機器を自腹で購入したほどだ。

 「けがは稽古しながら治すもの」と話すのは某親方。根性論も必要だが、時代の流れとともに少しずつ環境も変化している。ジムに通ったり、個人的にトレーナーを雇ったり、電気治療やサプリメントを使ったり、科学の進歩をうまく利用する力士は多い。本場所、巡業と1年中働きっぱなしなだけに「我々は治療してすぐに相撲を取れないといけない」と日馬富士。最高のパフォーマンスをするためには時間も、お金も惜しまない。【佐々木隆史】

閉じる

井岡一翔の次戦、統一戦実現か日本人初4階級制覇か

11回、ノクノイ(左)の顔面に強烈なパンチを放つ井岡(撮影・加藤哉)

<プロボクシング:WBA世界フライ級タイトルマッチ12回戦>◇23日◇エディオンアリーナ大阪

 ダブル世界戦が行われ、井岡一翔(28=井岡)が5度目の防衛に成功した。自身初の4連続KOこそ逃したが、同級2位ノクノイ・シットプラサート(30)に3-0の大差判定勝ち。元同ライトフライ級王者具志堅用高の持つ「世界戦14勝」の日本記録に並んだ。今後は他団体王者との統一戦実現か、スーパーフライ級で日本初の4階級制覇を視野に入れる。井岡の戦績は22勝(13KO)1敗。

 井岡勝利の流れが決まった終盤は、コンビネーションの雨あられだった。ダブル、トリプル、フォースまで及ぶ左の連打。右も織り交ぜ、ジャブ、アッパー、ストレートをボディー、顔面へ。11回にノクノイをぐらつかせた。12回もあと1歩だった。

 「KOで仕留めたかったけど、ダメでした。勝ったけど、すごく悔しい」。具志堅の世界戦14勝に並んだが「正直、内容に全然満足できないし恐縮です」。日本の世界戦13連続防衛記録も持つレジェンドに敬意を表しつつ、悔しすぎる完勝を振り返った。

 誤算があったとすれば、タイ国内で61連勝を誇ったノクノイのタフさ。それと挑戦者の急所を守るファウルカップの位置が5センチほど高く、通常ならボディーの範囲まで及んでいたこと。「あんなに上げるなんて…」と父の一法会長(49)。その影響で3回にローブローで減点1を食らった。ボディーを有効に使う勝利の方程式が微妙にズレた。それでも8000人の観衆は沸き、格の違いは見せた。

 試合のポスターに書かれたキャッチフレーズは「THE ONE AND ONLY 唯一無二の存在へ」。現在、国内ジム所属の世界王者は10人いるが、絶対の存在になりたい。「ボクシングという枠を超えて伝えられるものがあると思う」と、ジャンルにとらわれたくもない。例えば、野球のイチロー。「他にも数多くの選手、スラッガーがいるけど、誰もが(イチローだけは)違う目で見ている」。前人未到の領域に踏み込みたい。

 今年の大目標は他団体王者との統一戦。WBO同級王者で中国の鄒市明(ゾウ・シミン)らを候補に「プロモーターとして、いいマッチメークをしていく」という一法会長は、一方で「スーパーフライなら王座を狙える」と、本人次第で日本初の4階級制覇も視野に入れている。

 試合後のマイクパフォーマンスで王者は「具志堅さんの記録に並べたのは、支えてくれるみなさん、ファン、そしてフィアンセである彼女のおかげです」とコメント。婚約者の歌手谷村奈南の話題を持ち出す余裕もあった。唯一無二の存在へ。井岡は確かに歩を進めている。【加藤裕一】

<他団体フライ級王者>

 ★WBC ファン・エルナンデス(30=メキシコ) 11年8月にWBC世界ミニマム級王者井岡(当時)の初防衛戦で0-3判定負け。5月20日に比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)と初防衛戦を行う。

 ★WBO 鄒市明(ゾウ・シミン、35=中国) 北京、ロンドン五輪のライトフライ級(48キロ)で2大会連続金メダル。

 ★IBF 現在空位。昨年12月に元WBO世界ライトフライ級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)が王座返上。

 ◆井岡一翔(いおか・かずと)1989年(平元)3月24日、堺市生まれ。元世界2階級王者井岡弘樹氏のおい。大阪・興国高で史上3人目の高校6冠。08年東農大中退でプロ転向。7戦目での世界王座獲得は当時の国内最速記録。165センチ、右ボクサーファイター。

閉じる

白鵬が20歳貴景勝指名 正代、宇良に続き若手指名

 大相撲の春巡業は23日、東京・町田市で行われ、横綱白鵬(32=宮城野)が、朝稽古でまたも若手を指名した。

 小結正代(25)と前頭宇良(24)に続き、春場所で敢闘賞の20歳の貴景勝を指名。勢いのある若手を物ともせず14番取って全勝。力の差は歴然にも見えたが「三賞取ったしどんなものなのかなと。土俵際で押し込む力があった。勢い、実力を発揮していた」と褒め言葉がこぼれた。6場所ぶり38度目の優勝へ調整は順調ながら「コツコツとね。飛ばしすぎずに」と高ぶる気持ちを抑えた。

閉じる

体重差4キロ…大森将平が計量失敗前王者に敗れる

10回、マーロン・タパレスのパンチにダウンする大森(撮影・奥田泰也)

<プロボクシング:WBO世界バンタム級タイトルマッチ12回戦>◇23日◇エディオンアリーナ大阪

 世界初挑戦の大森将平(24=ウォズ)が宿敵に屈した。前日22日に体重超過でベルトを剥奪された、前王者タパレスに11回TKO負け。キャリア唯一の黒星を喫した15年12月のリベンジを狙ったが、京都のジムから初となる世界王座を逃した。大森の敗戦により、王座は空位となった。

 満身創痍(そうい)の11回、大森に戦う力は残っていなかった。コーナーで棒立ちになると、16秒でTKO負けを告げるゴングが鳴った。10回の終盤には左アッパーからの右フックでダウン。口から血があふれ、試合後は病院に直行した。

 6回に受けた左アッパーが効いた。右のあごと奥歯を折られ劣勢に陥った。相手は前日計量で制限体重53・5キロを0・9キロオーバー。この日の試合前、61キロに達したタパレスと大森の体重差は約4キロ。敗戦直後に右の奥歯を抜いた教え子を見て、大森昌治会長(56)は「スカッと勝ちたかった。(相手は)よく喜べるよな。意味が分からんわ」と、行き場のないもどかしさを口にした。

 昨年の大みそかにはIBFバンタム級王者ハスキンス(英国)との世界戦が決定しながら、王者のケガで実現せず。ジム創設20年目で何とか初の世界戦にこぎ着けたが、今回も試合前から振り回された。大森会長は「練習が足りていないということですわ」とした上で「運が悪いのか、タイミングなのか…」とポツリ。南京都(現京都広学館)高の先輩山中慎介に続けと磨き上げた「魔の左」。その代名詞でも、苦境は切り開けなかった。【松本航】

 ◆大森将平(おおもり・しょうへい)。1993年(平5)2月2日、仙台市生まれ。2歳で京都に転居。南京都高3年時に国体バンタム級準優勝。11年4月にプロデビュー。「魔の左」の異名を持つ172センチの左ボクサーファイター。

閉じる

比嘉大吾が巻き起こす沖縄の熱い風

昨年11月の東洋太平洋フライ級タイトルマッチでパンチを見舞う比嘉大吾

 沖縄の2文字が目に留まるな。そう思っていた年末年始だった。

 政治の話はもちろんだが、本稿に至ってはボクシングの話。亜熱帯気候育ちのボクサーたちが、17年のリングを騒がしそうな予感がしている。

 最大注目は東洋太平洋フライ級王者、比嘉大吾(21=具志堅・白井)の世界取り。具志堅用高会長の特集映像を見たことがきっかけで宮古島市の宮古工業高で競技を開始した新鋭は、ここまで11戦11勝(11KO)のパーフェクトレコードを積み上げる。同会長からの直々のスカウトにより上京して5年あまり。「会長と同じ21歳で世界王者に」を命題に掲げ、そのリミットは今年の誕生日前日の8月8日まで。2月4日には「世界前哨戦」を目する試合を組んだ。準備は着々と。

 沖縄県生まれの世界王者(暫定はのぞく)が生まれなくなって久しい。最後にベルトを持ち帰ったのは92年4月にWBAジュニアウエルター級王者となった平仲明信。72年に本土返還されて以降、76年に具志堅用高が初めて世界一の冠を頂いた。那覇での凱旋(がいせん)パレードは何十万人という人であふれたという。それからは上原康恒、渡嘉敷勝男、友利正、新垣諭(当時IBFはJBC非公認)、浜田剛が誕生。81年には高校総体で12階級中6階級で沖縄県勢が占めるという勢いも。その中の1人が平仲だった。

 その後に訪れた四半世紀に及んだ沈黙に終わりを告げ、再び主役に躍り出る可能性を秘めるのが、「具志堅の秘蔵っ子」「具志堅2世」である比嘉だ。物語の葉脈は十分に太い。

 もっとも、比嘉だけが17年の希望ではない。昨年暮れの全日本新人王決定戦では、全12階級中3階級を制覇。スーパーライト級吉開右京(19=島袋)は、沖縄県出身者として03年の前堂真人以来となる最優秀選手賞に輝いた。中学から高1までは野球に打ち込み、「団体競技より個人競技の方があっている」とボクシングを志し、美里高2年時にボクシングの同好会を立ち上げてからまだ3年弱。その試合ぶりを見た関係者から「(93年新人王で元世界王者の)畑山隆則の当時を見ているかのような衝撃だった」と称賛される大器で、17年の勝ち上がり方も逃せない楽しみだ。

 昨年末に新人王が行われた後楽園ホールには比嘉も姿を見せ、吉開、ライト級王者の小田翔夢(18=琉球)らと集合写真を撮る一幕もあった。のちに、この3ショットが世界的にも貴重な「あの頃」の1枚になるかも。そんな想像もふくらませつつ、17年のボクシング界に沖縄からの熱い風を感じたい。【阿部健吾】

閉じる

ボクシング界変える? 金メダリスト村田諒太の挑戦

村田諒太

 ボクシングという競技は紀元前の古代ギリシャ五輪からあった。他は陸上中心で、レスリングとともに歴史のある格闘技。当時は無差別級というか体重制限なく、時間も無制限だった。18世紀に競技となった当時も同じで、体格差の優劣は明らかだった。

 そのうちヘビーとライトという2つの階級制になり、19世紀半ばには3番目にミドル級ができた。重い階級と軽い階級の中間というわけだ。リミットは154ポンド超(69・9キロ)~160ポンド(72・5キロ)。現在は17階級あるが、最軽量ミニマム級から13番目、最重量ヘビー級からから5番目になる。

 中間の階級と言っても、近代ボクシングが始まった英国を中心に欧米をベースに考えられたもの。日本などのアジアでは重量級に位置付けられる。何しろ、日本は95年の竹原まで、世界挑戦すらなかった。

 竹原への期待は薄く、それまでのテレビ中継局は見送り、別の東京ローカルで深夜に録画放送だった。しかし、3回に左ボディーでダウンを奪って見事に王座を奪取。「広島の粗大ごみが勝てた」の名言を残した。その後の挑戦も保住、淵上、石田と3人しかいない。

 厚い壁に、12年ロンドン五輪金メダリスト村田が5月に挑む。試合発表はプロ転向会見した同じホテルの会場。相手は当初の標的から変わり、カメルーン生まれのフランス人エンダムとの王座決定戦となった。

 相手はこれまでヌジカムと呼ばれ、04年アテネ五輪8強後にプロ入り。10年からWBA2度にWBOと3度暫定王座獲得。昨年12月は右1発で1回22秒KOでの奪取だった。2敗は世界戦で6度と4度のダウンも判定負けに持ち込んだ。今回38戦目とキャリアあり、テクニックある右ボクサーと言える。

 村田は今回13戦目となる。7戦目で初の世界ランカーに判定、8戦目で元ランカーに判定勝ち。昨年は元米国王者らに4KOと成長を見せたが、経験の差は大きい。帝拳ジムの本田会長も「きつい勝負になる。村田の頭と体力の勝負」と言った。

 ついに言うべきか、ようやくと言うべきか。本田会長は「挑戦は1、2年早いが、いろいろ事情もある」とも吐露した。最強のゴロフキンが3団体を統一し、マッチメークがより難しい中でのチャンス。日本人が好きな五輪の金メダリストだが、あれから5年が経過し、テレビ局の待ち切れない状況もあるようだ。

 日本の現役世界王者は10人になったが、もう一つ盛り上がりに欠く。黄金のバンタムとよく言われるが、海外では黄金のミドルと言われる。古くはロビンソン、その後もハグラー、レナード、ハーンズらが王者になった。村田も名を連ねることができるか。今年というより、今後のボクシング界の命運を左右する一戦と言えるだろう。【河合香】

閉じる

前夜搬送の大石豊、救急車内で意識戻る 現役引退へ

初防衛戦へ気合十分の東洋太平洋スーパーウエルター級王者大石豊(右)と井岡弘樹会長(2017年4月12日撮影)

 東洋太平洋スーパーウエルター級前王者大石豊選手(32=井岡弘樹)は搬送中の救急車内で意識を取り戻したことが23日、分かった。

 22日にエディオンアリーナ大阪第2で行われた初防衛戦で、同級9位ラーチャシー・シットサイトーン(31=タイ)に12回TKO負け。キャンバス上で意識を失い、その後に救急搬送されていた。開頭手術などは行われなかったが、脳内に出血がみられ、ライセンスの失効に該当するため、現役は引退の方向となる。

閉じる

大森将平TKO負け!タパレス計量失敗で王座は空位

マーロン・タパレスに右ストレートを出す大森将平(撮影・奥田泰也)

<プロボクシング:WBO世界バンタム級タイトルマッチ12回戦>◇23日◇エディオンアリーナ大阪

 世界初挑戦のWBO世界バンタム級6位大森将平(24=ウォズ)が、前王者マーロン・タパレス(25=フィリピン)に11回TKOで敗れた。

 前日にはタパレスが調印式を欠席。直前まで減量に努めて臨んだ計量で体重オーバーし、王座を剥奪されていた。大森が敗れたため王座は空位のままとなる。

 大森は昨年12月、タパレスと対戦し無残な2回TKO負けを喫した。「魔の左」と称される強力な左ストレートを武器に、リベンジを狙ったが因縁の相手に再び敗れた。

閉じる