上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

下から刺激 木瀬部屋願う「関取10人」


 93年春場所、二子山部屋勢が10人も幕内に名を連ねた。優勝は小結若花田、準優勝は大関貴ノ花。史上最多の「同一部屋幕内10人」は翌夏場所まで続いた。

 その伝説には及ばないが、木瀬部屋が「関取10人」を視野に入れている。力士数37人は、佐渡ケ嶽部屋の41人に次ぎ2番目。関取数は幕内に宇良、徳勝龍の2人、十両に英乃海ら4人と現在6人。幕下には関取予備軍の上位15枚目までの5人を含め、15人もいる。

 元十両の28歳、西幕下5枚目志摩ノ海は「ウチは下からガンガン来るから厳しい。宇良の時のように、もう下に抜かれるのはごめんです」。すでに4勝2敗と勝ち越した。自己最高位西幕下3枚目の24歳、木崎は「部屋内の競争は感じます。僕は次勝って、来場所が(十両昇進の)勝負です」。3勝3敗。残る一番は絶対落とせない。

 元小結の29歳、東幕下9枚目常幸龍は、この日敗れて3勝3敗となった。小結の時「木瀬部屋がかつての二子山部屋のように…」と口にした男は「十両も大事ですが、やはり幕内で相撲をとってなんぼですよ」。お互いが刺激し合って、部屋全体がレベルアップすることを願っている。【加藤裕一】

前相撲含まぬ新連勝記録なるか


 白鵬の内弟子、西三段目18枚目炎鵬(18=宮城野)が、同20枚目本多を下して、初土俵から20連勝を飾った。史上6位タイの記録だが、協会関係者は頭を悩ませていた。1位は元小結板井の29連勝で、前相撲の3勝が含まれている。炎鵬には前相撲の2勝が含まれていない。初土俵からの連勝記録者が出る度に「なぜか?」と問い合わせがあるという。答えはこうだ。

 前相撲は新弟子検査に合格した力士が、本場所で相撲を取ること。現在は、中日に行われる新序出世披露の順番決めの役割があり、1人が1日に2番取ることもある“非公式戦”だ。

 しかし、73~86年は特定の場所を除き、今と違って取組表に前相撲が載り、1人1日1番。成績を伸ばした力士は中日以降に、序ノ口力士と相撲を取っていたこともあり、“公式戦”扱い。板井は、この時期に前相撲を取っていたので3勝が含まれる。炎鵬は29連勝について「無理ですよ」と苦笑い。協会関係者は「すぱっと記録を抜いてもらいたい」と期待する。3勝の差は大きいが、それに負けじと炎鵬は突き進む。【佐々木隆史】

朝乃山9勝、三賞&史上初新入幕幕尻V可能性残した

浴びせ倒しで大栄翔を下す朝乃山(左)(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇13日目◇22日◇東京・両国国技館


 朝乃山が大栄翔を浴びせ倒しで破り9勝目。通算100回目出場を白星で飾った。

 4敗力士がバタバタ倒れる中、日馬富士とともに豪栄道に1差。三賞や史上初の新入幕幕尻Vの可能性を残すも「ない」を笑いながら連発。14日目の相手が13枚番付上の阿武咲と知った時は「ずるい」と苦笑も「楽しんで取りたい」と頼もしかった。

五味隆典はTKO負け UFC最後の試合飾れず

キムにTKO負けを喫しぼうぜんとした表情を見せる五味(撮影・河野匠)

<UFC:日本大会>◇23日◇さいたまスーパーアリーナ


 日本総合格闘技界のレジェンド、五味隆典(39)が、キム・ドンヒョン(韓国)にTKO負けし、UFC最後の試合を勝利で飾ることができなかった。

 五味は、試合開始から相手の出方をうかがうも、右ストレートを浴びダウン。パウンドからパンチの連打を浴びて、レフェリーに試合を止められた。1回1分30秒のTKO負けで、何もできずに終わり、場内は静まりかえった。勝ったキムは「五味選手は高校時代からあこがれの選手、ヒーローでした。彼はストライカーなので、彼のボクシングレンジに入らないよう、距離を取り、自分から攻めることを考えた。チームメートに感謝したい」と喜びいっぱいに話していた。

サキ、初のUFCでKO勝利「私はまだまだ強い」

グーカン・サキ

<UFC:日本大会>◇23日◇さいたまスーパーアリーナ


 元K-1ワールドGP王者のグーカン・サキ(33=トルコ)が、初のUFC参戦を豪快なKO勝利で飾った。

 ライトヘビー級の試合で、ブラジルのエンリケ・ダ・シウバと対戦。1回4分45秒に、左フック1発でダ・シウバを殴り倒した。サキは、08年のK-1ワールドGPハワイ大会で優勝。総合格闘技は04年に1回だけ試合をして敗れている。試合後サキは「2年半、格闘技界から離れていたが、私はまだまだ強い」と胸を張った。

療養中の高山善広「頑張ります」入院中の写真公開

高山善広のツイッターより


 頸髄損傷および変形性頸椎症と診断され、療養中のプロレスラー高山善広(50)が22日、ブログを更新し、4日に首から下の体が動かせない重傷を負っていたと明らかにして以来、初めて「皆様からのご声援に応えられるよう頑張ります」とコメントを発表した。

 「病室にて!」と題した投稿には、療養中の写真も掲載。右眼は開いているものの左目は開きにくい様子で、首にはテープのようなものが貼られている。

 高山は、応援する会「TAKAYAMANIA」のスタッフの代筆により、以下のメッセージを発表した。

 「TAKAYAMANIAの皆さま、いつも応援ありがとうございます。皆様からのご声援に応えられるよう頑張ります! 高山善廣 代筆 TATAYAMANIA スタッフ」(原文のまま)

 高山は5月4日のDDT豊中大会の試合中に頸髄を痛め、試合後に救急搬送されていた。そして4日の公式ブログで「頸髄損傷および変形性頸椎症という診断が下り、現在、首から下が動かない状況の中、厳しいリハビリ、けがと闘っております」と報告した。

日馬富士に自力V復活「1人横綱」覚悟が呼び込んだ

嘉風(右)を破る日馬富士(撮影・鈴木正人)

<大相撲秋場所>◇13日目◇22日◇東京・両国国技館


 横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)に自力優勝が復活した。2差で単独トップの大関豪栄道が敗れ、その後の一番で関脇嘉風を下し1差と迫った。千秋楽では豪栄道との直接対決が確実で、16年名古屋場所以来9度目の賜杯が視野に入ってきた。5敗力士までの16人に優勝の可能性が残る、荒れる秋場所を“1人横綱”が締める。

 日馬富士に賜杯が近づいた。前日の黒星で2差に縮まった豪栄道が目の前で連敗。「自分の立ち合いでいこうと思った」と肩の力は抜けていた。結びの一番は今場所一の低く鋭い踏み込みで、嘉風に頭からぶつかった。左を差して右上手を取り、相手に何もさせずに一気に寄り切った。1差に迫り、支度部屋で優勝を狙うかと報道陣に問われると「もちろん」と即答した。

 土俵に上がり続けてきたからこそ、チャンスは回ってきた。3日目から3連敗すると10日目に今場所4個目の金星を配給。武蔵丸以来16年ぶりの屈辱だった。11日目の朝、部屋での稽古を終えて「何と言ったらいいか…」と迎えの車のドアに寄りかかり悲愴(ひそう)感を漂わせていた。それでも休場の選択肢は選ばなかった。「言い訳はできない。相撲を続けることが大事」と決意した。その後3連勝で踏ん張ると、最大3差だったトップとの差が縮まっていた。

 昭和以降初の3横綱が初日から休場となった今場所は、さらに2大関も休場する緊急事態。だからこそ“1人横綱”の覚悟がある。「続けることが大事。一番一番に対する気持ちは変わらない。勝負ごとなので1人が勝って1人が負ける。何があるか分からない」。今日23日に勝てば、優勝争いは千秋楽で対戦が確実な豪栄道との直接対決にもつれ込む。最後まで勝ち続ければ優勝が手に入る。【佐々木隆史】

 ◆八角理事長(元横綱北勝海)の話 豪栄道は張り差しに行った分、当たりが弱くなった。引いては駄目と意識するほどそうなる。1差になり追い詰められたのでは。こうなれば開き直るだけ。優勝争いとしては面白い。朝乃山も最後まで勝ってほしい。

 ◆幕内後半戦の藤島審判長(元大関武双山)の話 豪栄道は悪い相撲で勝った癖が、ここ一番で出ている。星は有利だが連敗で気持ちは五分では。日馬富士は大逆転の芽が出てきて息を吹き返した。朝乃山の新入幕優勝もないわけではない。

 ◆低レベル優勝 1場所15日制が定着した49年(昭24)夏場所以降、最少勝利数での優勝は11勝4敗で2回しかない。72年初場所の前頭栃東と96年九州場所の大関武蔵丸が記録。なお豪栄道が残り2番●●で5敗になった場合、現時点で5敗までの16人に優勝の可能性がある。ただ、13日目終了時点で2差からの逆転優勝例はなく、データでは豪栄道と4敗の2人の3人に優勝は絞られる。

加藤V1も「出直しです」/ボクシング

挑戦者近藤に判定勝ちし、防衛した加藤(撮影・狩俣裕三)

<プロボクシング:日本ライト級タイトルマッチ10回戦>◇6日◇東京・後楽園ホール◇1950人

 日本ライト級王者の加藤善孝(27=角海老宝石)が、初防衛に成功した。元王者で同級1位の近藤明広(26=日東)に2-1の判定で勝利を収めた。

 加藤は不完全燃焼の初防衛だった。王座初挑戦に失敗した09年12月以来となる近藤との再戦だったが、アウトボクシングに徹する近藤に攻撃のリズムを崩された。中盤以降の打ち合いで手数で勝り、辛うじて判定で逃げ切ったが「1歩の踏み出しに思い切りがなく、自分の距離で戦えなかった。また一から出直しです」と厳しく自己採点した。

豪栄道金縛り状態「う~ん」動けずまさかの連敗失速

貴景勝(後方)に、はたき込みで敗れた豪栄道(撮影・鈴木正人)

<大相撲秋場所>◇13日目◇22日◇東京・両国国技館


 豪栄道が悪夢の2連敗で後続との差は1となった。

 押し相撲の貴景勝を立ち合い直後にはたき、後退しながらさらに2、3度はたいたが、逆にはたかれた。緊張の金縛りにあったような取り口に、納得いかない点を問われて「う~ん…全部」。前日の黒星の影響が「多少あったかもしれない」とこぼした。それでも、今日14日目に勝ち、日馬富士と朝乃山が負ければ優勝が決まる。「気合を入れて。悔いのないように」と声を絞り出した。

井上尚弥いつかはWBCバンタム級、名王者継承憧れ

井上(左)は特製グッズを身につけた黒岩県知事とポーズ


 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24)が「日本伝統のベルト」へのあこがれを口にした。21日、元東洋太平洋同級王者の弟拓真(21=ともに大橋)、父真吾トレーナーと神奈川県庁に黒岩県知事を表敬訪問し、米国デビュー戦をTKO勝利で飾った9日のV6戦を報告。今後の目標として、「バンタム級に上げるなら、WBCですね。日本人になじみがある。そこはいきたい」と奪取を誓った。

 すぐにではない。同ベルトは8月にV13戦に挑んだ山中慎介が敗れたばかり。その後、相手のネリに薬物陽性反応が出て、先行きが不透明となっている。あくまで「いつか」の話だが、2度王者となった辰吉、長期政権を築いた長谷川、山中の名前を挙げ、「名王者ばかり。そこに名前を残したい」と継承を志した。

 将来ではなく直近では年末に国内で試合を予定する。スーパーフライ級で「形を残したい」と統一戦を希望し、他団体の王者の動向をうかがうが、標的としたIBF王者アンカハスは11月に指名試合があることが判明。「(大橋)会長が猛烈に交渉してくれている」としながらも、年末は階級を上げない方向。「そこで体重を見て、いけるなら来春まで待つことも考えたい」と見込んだ。【阿部健吾】