上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

英雄パッキャオが牽引、更に勢い増すフィリピン旋風


 フィリピンのボクサーというと、ほとんどの人は6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(39)を真っ先に思い浮かべるだろう。その英雄に引っ張られ、このところ同国出身の軽量級選手たちの奮闘が目立つ。24日(日本時間25日)には3階級制覇の実績を持つドニー・ニエテス(35)と、元2階級制覇王者のブライアン・ビロリア(37)が米国カリフォルニア州イングルウッドで揃って世界戦のリングに上がる。ニエテスはIBF世界フライ級王座の初防衛戦、ビロリアはWBA世界フライ級王座決定戦に臨む。さらに3月1日には岩佐亮佑(28=セレス)の持つIBF世界スーパーバンタム級王座に同級13位のエルネスト・サウロン(28)が挑戦することになっている。さらなるフィリピン旋風が巻き起こるか。

 21世紀に入ってから、フィリピンのボクシング界は米国で大成功を収めたパッキャオに牽引されてきたといっていいだろう。パッキャオは無名の状態で渡米し、並み居る強豪をバッタバッタと倒してスーパースターの座に上り詰め、3年前のフロイド・メイウェザー(米)戦では約140億円を稼いだほどだ。

 これに続いたのがノニト・ドネア(35)だ。貧しい環境で育ち少年時代に家族で米国に移住していたドネアは、フライ級からフェザー級までの5階級で世界王座を獲得。「フィリピンの閃光」として一時代を築いた。

 24日の試合に出場するニエテス(45戦40勝22KO1敗4分)はミニマム級とライトフライ級で王座についたあと、昨年4月にフライ級王座も獲得。パッキャオ、ドネアに続いてフィリピン人として3人目の3階級制覇を成し遂げた。今回の初防衛戦では元ライトフライ級、フライ級王者のファン・カルロス・レベコ(34=亜 42戦39勝19KO3敗)の挑戦を受ける。レベコは3度の来日経験があり、井岡一翔(井岡)には2敗しているものの世界戦だけで17戦14勝(8KO)3敗という戦績を残している強豪だ。接戦が予想されるなか、ニエテスは王座を守ることができるか。

 ビロリア(45戦38勝23KO5敗2無効試合)は井岡が返上して空位になったWBA世界フライ級王座をアルテム・ダラキアン(30=アゼルバイジャン/ウクライナ 15戦全勝11KO)と争う。ビロリアはハワイ生まれだが、両親がフィリピン人で自身も生後9カ月から5歳までフィリピンで過ごしたことがある。ライトフライ級とフライ級で世界一になった実績を持ち、勝てば5年ぶりの返り咲きとなる。

 フライ級では今月4日に15連続KO勝ちを収めたばかりの比嘉大吾(22=白井・具志堅)がWBC王座に君臨している。統一戦を熱望している比嘉は24日に行われるライバルたちの試合を観戦することになっており、結果と交渉しだいではニエテス、あるいはビロリアとの対戦が現実味を帯びてきそうだ。

 その4日後にはサウロン(24戦21勝8KO2敗1分)が岩佐に挑む。スピードとテクニックを併せ持つ王者にどこまで迫ることができるか。予想は岩佐有利だが、サウロンの攻撃力は侮れない。

 前後するが、今月3日にはIBF世界スーパーフライ級王者のジェルウィン・アンカハス(26)が米国で4度目の防衛戦を行い、10回TKO勝ちを収めたばかりだ。さらに4月にはパッキャオが米国、ドネアが英国のリングに上がる予定になっている。フィリピン勢の活躍は、しばらく続きそうな気配だ。

比嘉大吾が目指す羽生、小平の「すばらしい」強さ


 19日に都内ホテルで行われたボクシングの世界戦発表会見で、WBC世界フライ級王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)を鍛え上げる名物トレーナー、野木丈司氏(57)に話を聞いた。

防衛戦が決まりポーズをとるWBC世界フライ級王者の比嘉大吾(2018年2月19日撮影)

 「羽生さん、小平さん、ああいうすばらしさに近づきたいですよね」。

 4月15日に横浜アリーナで愛弟子が挑む同級2位クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)との防衛戦に向けた調整について質問を向けると、いの一番にそんな感嘆が返ってきた。

 前日18日に平昌五輪スピードスケート女子500メートルで小平奈緒が金メダルを獲得したばかり。17日にはフィギュアスケート男子で羽生結弦が66年ぶりの2連覇を成し遂げた。

 同氏は元プロボクサーながら千葉・佐倉高時代は陸上部に在籍。シドニー金メダリストの女子マラソン高橋尚子らを育てた小出義雄監督の薫陶を受けた。五輪を観戦しているのは五輪競技(ボクシングはアマチュアが参加)出身の出自もあるだろうが、すごく視野が広く、比嘉の強さの源を感じた。

野木丈司トレーナー(左)と二人三脚でフィジカルトレに臨む比嘉大吾

 というのは、その「すばらしさ」についてこう続けたから。「全体的な強さがある。だからああいう状態でも勝てるんですよね」。それは右足首の負傷で試合は4カ月ぶりのぶっつけだった羽生を指した言葉で、「それがあるから自信もあるし、動きも美しくなると思うんです」と25連勝とした小平のスケーティング技術にも対象を向けた。そして、「大吾も最近の発言をみるとね…」。

 比嘉は2月4日に37年ぶりとなる故郷沖縄での世界戦で、1回KOで日本記録に並ぶ15連続KO勝ちで防衛に成功した。その時を振り返り、「『調子悪くても自分の方が少し上』と言っていたでしょう。いいですねえ、あれは」とニッコリした。「勝負の舞台では100%の力を出せないものですよね。ただ絶対的な力量差があれば、それでも相手を封じ込めることはできる。本人も(普段から)猛練習している意味を理解しているのかな」。猛烈な練習の意図を自然と体得していそうな教え子の発言だった。

15連続KO勝ちで防衛に成功した比嘉大吾(左)は具志堅用高会長と笑顔を見せる(2018年2月4日撮影)

 次戦は日本新記録の16連続KO記録がかかる。試合間隔2カ月にも、比嘉は「何の問題もない。1回から12回のどこかで必ず倒す」と意に介さない。「すばらしい」強さでの快勝を期待したい。【阿部健吾】

ノア杉浦貴、拳王にフォール勝ち ベルト奪取へ弾み

3・11横浜大会のGHCヘビー級選手権前哨戦で王者拳王にフォール勝ちした杉浦貴

<プロレスリングノア:後楽園大会>◇22日◇後楽園ホール


 GHCヘビー級選手権の前哨戦で、挑戦者の杉浦貴(47)が王者拳王(33)にフォール勝ちし、ベルト奪取へ弾みをつけた。

 セミの3WAY戦で、清宮海人を交え対戦も、清宮は眼中になく、2人は激しい攻防を展開した。終盤、拳王がペースをつかみ、杉浦の上に清宮を重ね、その上からジャンピング・フットスタンプ。さらに、蹴暴(PK)で勝負あったかに思われたが、杉浦は、一瞬のすきを突き、フランケンシュタイナーから拳王を丸め込み、11分15秒、勝負を決めた。

 杉浦は「おい、チャンピオン。びっくりしたよ。こんなに簡単に負けてよ。前哨戦で、大丈夫か?」と王者を挑発した。さらにインタビュールームでは「完璧に勝つのもいいが、あのくらいでいい。3・11横浜は、完全にあいつをKOして勝つ」と3月11日の横浜文化体育館でのタイトル戦へ向け、自信をみなぎらせた。

リナレス近未来の大舞台へ、勝利&内容問われるV3戦


 WBA世界ライト級王者、ホルヘ・リナレス(32=帝拳)の3度目の防衛戦が27日(日本時間28日)、同級15位のメルシト・ヘスタ(30=比/米)を相手に米国カリフォルニア州イングルウッドで行われる。すでに3階級制覇を成し遂げているリナレスにとっては通過点と位置づけられる試合だが、ビッグマッチのプランも浮上しているだけに取りこぼしは許されない。スピードとテクニックでサウスポーの挑戦者を圧倒することができるか。

 リナレスは14年12月にWBC世界ライト級王座を獲得し、フェザー級、スーパーフェザー級に続き3階級制覇を達成。2年前、そのWBC王座のV3戦を前に拳を負傷したため“休養王者”に格下げされたが、復帰戦ではWBA王座を獲得して鬱憤(うっぷん)をはらした。昨年3月には前王者を返り討ちにし、9月には12年ロンドン五輪金メダリストを退けた。いずれも12回判定勝ちだったが、2試合ともダウンを奪って貫録を示している。02年12月に日本でプロデビューを果たしてから15年、故国ベネズエラのほかメキシコ、アルゼンチン、米国、英国、パナマなど世界各地のリングに上がり46戦43勝(27KO)3敗のレコードを残している。

 そのリナレスには現WBC世界ライト級王者のミゲール・マイキー・ガルシア(30=米 37戦全勝30KO)、WBO世界スーパーフェザー級王者、ワシル・ロマチェンコ(29=ウクライナ/米 11戦10勝8KO1敗)らとの対戦プランが持ち上がっている。ともに世界的な知名度が高いスター選手で、彼らに勝てばリナレス自身がもう一段上のステージに上がることができる。

 そういった意味でも今回の防衛戦は、勝利はもちろんのこと内容も問われる試合といえる。挑戦者のヘスタはキャリア14年、34戦31勝(17KO)1敗2分の戦績を残しているサウスポーで、世界挑戦は2度目となる。12年12月のIBF王座挑戦は12回判定負けに終わったが、以後は6戦5勝(3KO)1分と復調している。リナレスとはスパーリングをしたことがあり「彼の戦い方は頭に入っている。難しい試合になることは覚悟しているが、何が起こるか分からないのがボクシング。勝って世界王者になる」と意気込んでいる。

 体格に加え経験値、さらにスピードやテクニックなど個々の戦力でもリナレスが上回っており防衛が濃厚とみられているが、打たれ脆い面があるだけに油断はできない。存在感を示したうえで近未来の大舞台に繋げることができるか。リナレスのV3戦に要注目だ。

「白姫」完敗でリングネーム返上 仙台女子プロレス

DASH・チサコに完敗した白姫


 仙台女子プロレスの白姫美叶こと岩田美香(21)がDASH・チサコに完敗し、リングネーム返上を宣言した。22日、宮城・仙台市宮城野区文化センターでシングル戦に挑み17分31秒、ホルモンスプラッシュから片エビ固めで沈んだ。

 試合後、ふがいない内容にチサコからはマイクで「全然まだまだだね~ショック」と吐き捨てるように言われた。

 対して白姫はマット上でリングネーム返上を宣言した。1カ月前のホーム戦では首を負傷し、当初のカードが流れていたが、復帰戦で粘りを見せられなかった。「自分の甘さがあった。1発のエルボーでも気持ちのデカさが違った」。次戦からは本名の岩田美香で戦う見込み。

中邑真輔の最新プロモ公開「アーティスト」再確認

ロイヤルランブルを制し、レッスルマニアのロゴに手を向ける中邑 (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:スマックダウン大会>◇20日(日本時間21日)◇米アリゾナ州フェニックス・トーキング・スティック・リゾート・アリーナ


 「ロックスター」中邑真輔(37)の最新プロモーション映像が公開された。

 1月のPPV大会で開催されたロイヤルランブル戦で30選手の中から勝ち残り、日本人初優勝の快挙を成し遂げた「アーティスト」ぶりを振り返る内容で、4月8日のレッスルマニア34大会(米ニューオーリンズ)でのヘビー級王座挑戦権を獲得し、上昇気流に乗る活躍ぶりを紹介された。

 新日本プロレス時代にはボマイェと呼ばれていた必殺技もキンシャサ(ニー・ストライク)として米国でも定着。入場から観客を最高潮に盛り上げる「たぎる」パフォーマンスも人気を集めていることが強調されている。

 WWE最大の祭典では、ヘビー級王者AJスタイルズ(40)への挑戦を熱望する中邑。日本人初の同級王座獲得の快挙にも期待がかかっている。

引退しても輝く内山高志の実績、人柄、人望、営業力

内山高志(2017年7月29日撮影)


 最後の晴れ舞台は謝罪で始まった。

 「窮屈になって申し訳ありません。こんなに来ていただけると思っていませんでした」

 破壊力あるパンチで世界王座を11度防衛した内山高志氏は、引退記念パーティーでこうあいさつして頭を下げた。

 12月4日の都内の一流ホテルの大宴会場。立すいの余地のないほど、後援者、友人、ファンに関係者が約1000人も詰めかけた。当初は700人想定も、声を掛けた9割の人が来てくれたという。拓大では下積みも経験し、卒業後は観光バスの営業マンなどもしていた。王者時代に1000枚を越すチケットを売ったこともある。

 世界王者が引退を決めても、ほとんど記者会見しない。最近はSNSで表明も多く、日本ボクシングコミッションに引退届を出して終わりもある。相撲などと違って寂しい限りだが、内山氏は7月に会見し、盛大な引退パーティーを開催し、来年には後楽園ホールでの引退式も予定する。実績、人柄、人望、営業力をあらためて知らされた。

 その宴の最中に後楽園ホールのリングで凱旋(がいせん)報告した王者がいた。前日に大阪で東洋太平洋とWBOアジア太平洋のミドル級2冠となった秋山泰幸。東洋太平洋王者太尊に挑み、2回にゴング後パンチで減点も、5回に2度目のダウンを奪うとタオル投入。王座決定戦だったもう1本のベルトも手にし、2度目の王座挑戦で番狂わせの新王者になった。

 内山氏と同じ38歳。国内は37歳定年も昨年にランカーの定年が延長され、秋山は改正後に王座獲得第1号になった。夏に所属していた名門ヨネクラジムが閉鎖となり、移籍初戦でもあった。ワタナベジムには男女合わせて28人目の王者。現役男子は23人目だが、移籍してから王座獲得は7人目になる。

 渡辺会長は「今があるのは内山のおかげ」と話す一方で「秋山が王者になるとは男冥利(みょうり)」と自慢した。75年に故郷栃木・今市で国鉄マンながらジムを開き、81年に五反田へ出てきて、今や日本プロボクシング協会会長も務めるまでになった。

 内山は最初にミットを受けて世界王者になると確信したという。いわば別格で、会長には「来る者は拒まず」の大方針があり、移籍選手も多い。荒川は唯一世界挑戦経験があるが、残る6人はたたき上げでノーランカーが大半。会長は「捨てられた選手でも、必ずチャンスはつくる」を信条にしている。

 ジムの偉大なる存在はいなくなったが、格こそ違えどまた1人王者が誕生した。再生工場長の手腕を発揮。「今がボクシング人生で一番楽しい」と会長はご満悦だった。【河合香】

王者吉野修一郎1回TKOで初防衛「ここは通過点」

初回TKOで初防衛した吉野

<ボクシング:日本ライト級タイトルマッチ10回戦>◇8日◇東京・後楽園ホール


 ボクシングの日本ライト級王者吉野修一郎(26=三迫)が初回TKOで初防衛に成功した。

 8日に東京・後楽園ホールで、同級1位斉藤正樹(チーム10カウント)を右でダウンさせ、さらに連打でレフェリーストップ勝ちした。豪快にデビュー7連勝も「ここは通過点もキャリアを積んでいきたい。月間賞とチャンピオンカーニバルのMVPがほしい」と目を細めた。

 WBOアジアパシフィック・バンタム級は王者勅使河原弘晶(輪島功一スポーツ)が3-0判定で初防衛した。

八重樫東3月に再起戦が決定「不安もありますが」

3月26日に後楽園ホールで再起戦に臨む元3階級制覇王者の八重樫(左)と2度目の防衛戦に臨む東洋太平洋フェザー級王者清水


 プロボクシング元3階級制覇王者の八重樫東(34=大橋)が4階級制覇を見据えて3月26日、東京・後楽園ホールでフランス・ダムール・パルー(34=インドネシア)とのスーパーフライ級10回戦に臨むことが10日、発表された。

 昨年5月、IBF世界ライトフライ級タイトルマッチでミラン・メリンド(フィリピン)に1回KO負けし、3度目の防衛に失敗して以来となる再起戦。同日に横浜市内の所属ジムで会見した八重樫は「10カ月ほど空いて不安もありますが、楽しみです」と声をはずませた。

 同10月、日本男子初の4階級制覇を目指してスーパーフライ級への転級を表明。当初は同12月30日で再起戦を計画されていたものの「ダメージの抜け具合をみたかった。悩んだりしながらも方向性を明確に決めてやってきた。しっかりやっていきたい」と口にした。

 なお同興行のメインでは、12年ロンドン五輪バンタム級銅メダリストで東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(31=大橋)が同級14位権景敏(25=韓国)との2度目の防衛戦に臨む。

2度目の防衛戦に臨む東洋太平洋フェザー級王者清水(左から3番目)と再起戦に臨む元3階級制覇王者八重樫(同2番目)左端は松本トレーナー、右端は大橋会長

井上尚弥3階級制覇へ5月WBAバンタム級王者挑戦

井上尚弥


 3階級制覇を目指すWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が、5月にも東京でWBA世界バンタム級正規王者ジェイミー・マクドネル(31=英国)に挑戦することが濃厚となった。

 マクドネル陣営のプロモーター、エディー・ハーン氏は14日、米メディアに井上との防衛戦に臨む交渉を進めていることを明かした。