上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

鶴竜、背水の陣だった初場所 師匠が語るV逸の原因

鶴竜(2018年1月26日撮影)


 12年夏場所の旭天鵬以来となる、栃ノ心の平幕優勝で幕を閉じた初場所。自慢の怪力を武器に初日から千秋楽まで好調を維持して、14勝1敗と大勝。安定感のある相撲に記者は連日、「もしかしたら」の思いが強まっていった。しかし1敗を喫した7日目。「もしかしたら」の対象は、栃ノ心に土を付けた横綱鶴竜(32=井筒)に変わった。

 4場所連続休場中の鶴竜は、初日から10日目まで白星を並べて単独首位に立っていた。横綱白鵬、稀勢の里が途中休場して、“1人横綱”で臨んでいた分、力も入っていた。そして何より、師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)が次に出場する場所で進退を懸けることを明言していたからこそ、さらにやる気に満ちあふれていた。しかし、11日目に初黒星を喫すると、ずるずると4連敗…。支度部屋でもネガティブな発言が目立った。

 敗因はどこにあったのか。2連敗を喫した翌日の13日目に、いつもは多くを語らない井筒親方が、こう分析した。

 「序盤はスピードもあったし反応も早かった。疲れのピークじゃないですかね。引いてね。下がった時はダメ。攻めてる時はいいんだけど。ちょっと疲れたり、負けたりすると悪いクセが出る。10連勝したことで余計なことを『もしかしたら』と考えたかもしれない。とりあえず2桁勝てて、背水の陣の場所でどこかで安心したかもしれない。安心感と優勝したい気持ちが矛盾したと思う。勝ち急いだと思う」。

 そしてぽつりと

「私自身も安心しましたね」。

 弟子の背水の陣の場所に、師匠も大きなプレッシャーを背負っていた。

 油断して負けた、気持ちが切れて負けたと言えばそうかもしれないが、実は左足首が限界を感じていた。昨年の1月ごろから疲労がたまると軟骨同士がぶつかって痛みが出ていたといい、毎場所後半は衝撃緩和のためにヒアルロン酸を打って土俵に上がっていたという。初場所も中盤からやはり痛みが出ていて、朝稽古を休み整体で治療を行うなどして、昨年春場所以来に15日間を完走した。

 そして場所後には、左足首の遊離軟骨を除去するために内視鏡手術を受けた。春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)は出場できるのか、と思ったが「(春場所に)間に合わせるために早めにやった」と前向きだった。次こそは、賜杯を抱けるだろうか。

決勝進出は誰?WBSSスーパーミドル級準決勝に要注目


 前回、賞金トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のクルーザー級の準決勝について触れたが、今週末17日(日本時間18日)と来週末24日(同25日)には、英国とドイツでスーパーミドル級の準決勝を迎える。初戦を勝ち上がった4人ともヨーロッパの選手で、そのうち3人が英国の人気者ということもあって大きな注目を集めている。

 17日に英国マンチェスターでは、WBAスーパーミドル級スーパー王者ジョージ・グローブス(29)対元WBA世界ミドル級暫定王者クリス・ユーバンク・ジュニア(28)という英国人対決が行われる。

 グローブスは14年、当時のWBA、IBF王者カール・フロッチ(英)に再挑戦した際にはロンドンのウェンブリー・スタジアムに7万人の大観衆を集めたこともある人気選手で、昨年5月に4度目の挑戦で念願の世界王座を獲得。10月のWBSS初戦では24戦全勝だった相手を4回にボディブローでKO、準決勝に駒を進めるとともに初防衛を果たしている。戦績は30戦27勝(20KO)3敗。

 対するユーバンク・ジュニアは元世界2階級制覇王者の息子としても知られる。話題先行型ではなく、技量も高く評価されている実力派で、15年には史上6例目の親子世界王者になっている。この3年間は8戦全勝(7KO)と倒しまくっている。WBSS準々決勝では初回に右アッパーでダウンを奪い、3回には左フックで戦慄的なKO勝ちを収めて評価を上げた。戦績は27戦26勝(20KO)1敗。勝てば2階級制覇となる。

 グローブスは「彼は自分が勝つ運命にあると信じているようだが、それは間違いだ。彼の時代なんか来やしないよ」とライバルを挑発しているが、オッズは3対2でユーバンク・ジュニア有利と出ている。

 その1週間後の24日、ドイツのニュルンベルクではWBC1位、WBO2位のカルム・スミス(27=英)と、元WBA、WBOライトヘビー級王者ユルゲン・ブレーマー(39=独)が対戦する。こちらはスミスの評価が高く、6対1のオッズで有利とみられている。

 スミスは英国では有名な「スミス4兄弟」の末弟で、3男(リアム・スミス)に続く兄弟世界王者の期待を背負っている。191センチの長身から繰り出す鋭い右ストレートが主武器で、5年のキャリアで23戦全勝(17KO)をマークしている。無冠ながらスーパーミドル級最強の声もあるほどだ。

 自国開催のアドバンテージを持つブレーマーは、ライトヘビー級から階級を落としてトーナメントに参戦。初戦では22戦全勝のホープを下して準決勝に上がってきた。18年以上のキャリアで52戦49勝(35KO)3敗の戦績を残している連打型のサウスポーだ。

 この4人のうち誰と誰が決勝に進出するのか。ユーバンク・ジュニアとスミスの下馬評が高いが、強靭なハートを持つグローブス、経験豊富なブレーマーが予想を覆す可能性もある。17日と24日、ヨーロッパで行われる2試合に要注目だ。

王者グローブスが2度目防衛、5月のWBSS決勝へ

<プロボクシング:WBAスーパー世界スーパーミドル級タイトルマッチ12回戦>◇17日◇英マンチェスター・マンチェスターアリーナ


 スーパー王者ジョージ・グローブス(29=英国)が2度目の防衛に成功した。3-0の判定で同級2位クリス・ユーバンクJr.(28=英国)を下し、賞金トーナメントのワールドボクシングスーパーリーグ(WBSS)準決勝を兼ねたタイトル戦を制した。

 これで24日にドイツ・ニュルンベルクで開催が予定される、もう1つのWBSS準決勝、WBC世界同級1位カラム・スミス(27=英国)-同級8位ユルゲン・ブリーマー(39=ドイツ)の勝者と5月に同決勝を兼ねた3度目の防衛戦に臨むことになった。

ぬきてるみ王座獲得ならず、敵地で0-3判定負け


 女子ボクシングのIBF世界スーパーフライ級タイトルマッチが17日、アルゼンチン・クトラルコで行われ、同級1位の挑戦者ぬきてるみ(29=井岡弘樹)は王者デボラ・ディオニシウス(アルゼンチン)に判定0-3で敗れ、王座獲得はならなかった。

 ぬきは9勝(6KO)3敗、ディオニシウスは27戦全勝(6KO)。

大関→十両、照ノ富士へ経験者・元大関雅山が助言

照ノ富士(17年9月14日撮影)


 3日目から休場した元大関で東前頭10枚目の照ノ富士(26=伊勢ケ浜)に、かつての自身を重ねてエールを送る人がいる。元大関雅山の二子山親方(40)だ。照ノ富士は先場所までの3場所は左膝痛などが影響して休場し、今場所は「2型糖尿病で約1週間程度の療養を要す」との診断書を提出。再出場しなければ来場所の十両転落は確実な状況だ。二子山親方は「照ノ富士は若いのだから、もう1度はい上がってほしい。力はある。燃え尽きたら終わる」と気力の重要性を訴え、再浮上に期待した。

 22歳で大関となった二子山親方は在位8場所、24歳の時に陥落した。照ノ富士も23歳で昇進した大関を14場所務めたが、25歳の昨年11月九州場所で関脇、今場所から平幕へと番付を落とした。昭和以降、元大関で十両まで番付を落としたのは大受、雅山、把瑠都の3人しかいない。把瑠都は引退前は休場続きで、番付では十両に名を連ねたが、実際には出場していない。十両の土俵に立った最後の元大関は雅山となっている。

 二子山親方は大関陥落から約9年後、幕内に返り咲いた。その後も小結まで番付を戻すなど、大関陥落後に関脇以下を史上最長の68場所務めた。35歳で引退した13年春場所は十両として取り切り3勝12敗。千秋楽に3勝目を挙げるなど、最後まで目の前の一番に全力だった。「まだ燃え尽きていなかった。絶対にチャンスがくると信じていた。最終的には(幕内に)上がれなかったけど腐らず稽古を続けることが大事」。当時を振り返り、復活を期待していた。【高田文太】

暴行問題で乱立 無責任コメンテーターたちに物申す

貴乃花親方


 今や日本中が相撲コメンテーターだ。元横綱日馬富士関(33)による、平幕貴ノ岩(27=貴乃花)への暴行問題が発覚した11月14日以降、街ではこの話題を論じている人をよく見かける。漫才のネタになれば大きな笑いが起きるほど、今回の経緯は日本中に浸透。テレビでこの話題を扱っていない日はない。

 動きのない日でも、前日までの流れをおさらいする形でワイドショーなどは報じている。そんな時は、スタジオにゲストで呼ばれている芸能人や文化人のコメントを中心に、番組が進行するケースが多い。相撲とはまったく関係のない肩書の人も、暴行問題についてトークを展開している。

 それぞれの事情は痛いほど分かる。きっと「本当は相撲は詳しくないけど…」と思いながら出演している人も多いはず。それでも、せっかくの出演機会をキャンセルするのはもったいない、誰かに物申すキャラクターで定着しているから、と心の中で何とか折り合いをつけて出演しているのだろう。制作者サイドも、今はこの話題が旬だから何とかこれで押し通そう、いや押し通さざるを得ない、という状況で放送していることもよく分かる。それでも、土足で人の家に乗り込むような言動は控えるべきだろう。

 最低限の下調べ、その世界の事情を放送前に知ろうとする努力は必要だろう。例えば今回の問題で、日本相撲協会危機管理委員会の鏡山部長(元関脇多賀竜)が、貴乃花部屋へ文書を届けに行く姿が度々生中継された。芸能人らから「これはパフォーマンス」「自分たちはやっているとアピールするため、わざとワイドショーで生中継される時間に訪問している」といった声をよく耳にした。

 どんな職種の仕事でも、平日の日中、常識的な訪問時間には、常にワイドショーが放送されているため、避けようもない。計5度の訪問が正午以降、午後3時までに集中していたのも、相撲界では午前中は稽古があり、執行部の親方衆はその後、両国国技館内にある協会に出勤。そこから打ち合わせして出かけるとなれば、必然的にそのぐらいの時間になる。

 また、各部屋とも同様に朝稽古をして、午後3時以降は力士が体を休めたり、夕食の準備をしていたりということが多いため、訪れるならその時間帯が最適だ。相手が電話に出ず、郵便で届けようとすれば余計に1日遅れるが、20分ほどの距離だから届けるのは、時間が迫る中では普通の選択。そもそも、生中継するかどうかはテレビ局が勝手に判断することであり、生中継でなくても結局はその様子が繰り返し放送される。

 相撲界にはたしかに独特な文化がある。例えば、通称「相撲時間」と呼ばれ、約束の時間よりも何事も早く始まる。親方や現役力士、行司、呼び出しらは皆、番付や地位が下の人から先に集まるように心がけている。最後に到着する人でも、予定の30分~1時間前ということも多く、そろった段階で物事が始まってしまう。新弟子検査など、新弟子の人数が少ない時には、検査する側の最後の親方が入った時間に始まり、当初の予定開始時刻には検査どころか、片付けまで終わって全員引き揚げていることもある。協会に呼ばれたある親方が、当初予定の8時間以上前から待機していた姿を見たこともあった。

 そんな独特な世界だからこそ、どういう概念、しきたりが根底にあるのか、発信する立場であれば特に事前に知ろうとする努力が必要なように感じる。出演者も制作者も、この問題を扱っている間の一時的なものかもしれないが、それで飯を食っているプロなのだから。

 最近、この問題に関してテレビに出演する機会が増えたという関係者は「実は上手な司会者は『この人にこのことを聞いたら、本職で立場がなくなってしまう』という話は振らない」と話していた。今後の関係に気を使うこともなく、無責任に何でもかんでも批判することほど簡単なことはない。暴行問題も佳境に入った。これまで自由に発言していた人が、どうやってこの問題を結ぶのか。年末年始のどさくさに紛れてうやむやにするのか。コメンテーターの力量も問われるのではないかと、勝手に注目している。【高田文太】

東関部屋が部屋開き「まず最初に関取を出すこと」

部屋開きに参列した先代東関親方(撮影・小沢裕)


 大相撲の東関部屋が18日、1月の初場所後に東京・墨田区から葛飾区に移転したのを機に、新しい部屋で部屋開きを行った。同じ高砂一門の八角親方(元横綱北勝海)、先代東関親方(元関脇高見山)の渡辺大五郎氏らが出席。平幕の北勝富士、千代大龍ら同門の関取衆も参加し、稽古も行われた。東関親方(元前頭潮丸)は「こういう形でいろいろな方にも来てもらってうれしいです」と笑顔を見せた。

 弟子思いの新しい部屋が完成した。150坪の広大な敷地に2階建ての建物で1階に稽古場、風呂場、ちゃんこ場、大広間を作った。東関親方のこだわりで「力士の生活が1階だけで全部できるように。3階建てとかも考えたけど、ケガした力士でも2階に上がることなくね」と弟子への配慮があった。

 2階の半分は妻真充(まみ)さんと、1月31日に生まれたばかりの長女ひかりちゃんと過ごすための“愛の巣”にした。もう半分には20畳程の部屋と、関取用に2つの個室を用意。しかし、現在部屋には関取が不在で「まず最初にすることは関取を出すこと」と意気込みを語った。

 最寄りの柴又駅には、外国からの観光客も多い柴又帝釈天がある。東関部屋と言えば、ハワイ出身の元関脇高見山、元横綱曙が所属していたことから「うちの部屋はそういう色があるからね。外国の方にも稽古場に来てもらって、帝釈天にも足を運んでもらえれば」と地域活性化を願った。

部屋開きを行い大きな看板の前で記念撮影する東関親方(右)と真充夫人(撮影・小沢裕)

3横綱にファン厳しい声も「僕が横審なら引退勧告」

土俵入りする横綱稀勢の里(2017年10月4日撮影)


 4横綱のうち3人が、またいなくなった。全休の鶴竜、3日目からの日馬富士に続き、稀勢の里。3横綱休場は2場所連続だ。最初に4横綱がそろったのは1917年(大6)夏場所で太刀山、鳳、2代目西ノ海、初代大錦。以降、今場所まで計78場所あるが、4人皆勤は12場所だけで、最近では90年九州場所(千代の富士、北勝海、大乃国、旭富士)までさかのぼる。一方、3人休場も9場所だけ。4人皆勤も3人休場も珍しい。ともに2場所連続となれば、異例といえる。

 昭和以降初の2場所連続の3人休場が、場所を観戦したファンの目にどう映るのか。熊本・上益城町在住の56歳の男性会社員は「日馬富士、鶴竜に加え、稀勢の里も、僕が横審にいたら、引退勧告ですね。負傷を押しての春場所優勝を加味したとしても、です」と手厳しい。福岡市在住の70代女性は「稀勢の里は久々の日本人横綱だし頑張ってほしい。来年春ぐらいまで休んで、それでダメなら辞めないと仕方ないけど」。初観戦の福岡市在住の44歳男性会社員は「すごく残念ですが、場所を見て考えが変わりました。どの力士もまじめで、ピリッとしている。横綱も元気に戻ってきてほしい」と話した。

 横綱なのにふがいない、横綱だから大変だ…。見方はそれぞれあるが、相撲ファンは厳しく温かい目で見守っている。【加藤裕一】

那須川公開スパ中止、古傷左足首「折れているかも」

元WBC世界スーパーフェザー級王者三浦隆司さん(右)とポーズをとる那須川天心(撮影・野上伸悟)


 キックボクシング界の神童、那須川天心(19)が17日、千葉・新松戸のTEPPENジムで予定されていた公開スパーリングを左足首負傷のため中止した。

 那須川は、父の弘幸氏(48)のジムオープン記念で、ボクシングの元WBC世界スーパーフェザー級王者三浦隆司さん(33)と公開スパーリングを行う予定だった。しかし、12日のKNOCK OUT大田区大会のスアキム戦後に古傷の左足首が腫れ、足をつけない状態となった。父弘幸氏は「月曜日に精密検査を受けるが、折れているかもしれない」と語り、3月24日のRISE後楽園大会は出場回避の可能性が高くなった。

朝赤龍「思い出残る引退相撲に」 長男と土俵入り

元関脇朝赤龍の錦島親方(2017年5月15日撮影)


 新たな船出の日-。そう思えば胸が躍る。ただ、同時にそれは長年の“相棒”との別れでもある。そうなると思いは複雑だ。「約18年か。寂しくなるんじゃないかな…。切った後、どんな髪形になるのかな?」。2月4日に引退相撲(両国国技館)を控える元関脇朝赤龍の錦島親方(36)は、断髪式ではさみを入れられるマゲに手を伸ばしながら静かに話した。

 引退相撲では十両、幕内取組のほか綱締め実演や初っ切り、髪結い、相撲甚句など通常の余興が行われるほか、取っておきの「ご披露」を用意している。同親方の最後の土俵入りだ。部屋の十両格行司・木村朝之助先導のもと、4歳になる長男と2人で務める。「来てくださる皆さんの思い出に残る引退相撲にしたい」と同親方。物心両面で支援してくれた関係者、ファン、何かと気にかけていた病気に苦しむ子供も観戦に来てくれる。さらに新たな思いも。「初めて相撲を見に来た人が『また相撲を見に行こう』『今度は本場所を見たい』と思ってくれたらうれしい」。真面目で実直な人柄そのままに、最後の土俵も立派に務める。【渡辺佳彦】