上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

井岡ら米国で日本選手の試合続々 旋風巻き起こすか


 去る7月28日に米国フロリダ州キシミーでWBO世界スーパーフェザー級王座を獲得した伊藤雅雪(27=伴流)に続けとばかり、8月から9月にかけて元世界3階級制覇王者の井岡一翔(29=SANKYO)ら、日本のトップ選手が相次いで米国のリングに上がる。旋風を巻き起こすことができるのか、注目と期待を集めている。

 先陣を切るのはWBAスーパーウエルター級14位の亀海喜寛(35=帝拳 33戦27勝24KO4敗2分)だ。8月17日(日本時間18日)、カリフォルニア州インディオで22戦19勝(12KO)2敗1分のグレグ・ベンデティ(28=米国)と対戦する。亀海は昨年8月に世界的なビッグネーム、ミゲール・コット(プエルトリコ)とのWBO王座決定戦で12回判定負けを喫しており、これが1年ぶりの再起戦となる。過去に9度も米国のリングに上がっており経験は十分。豪快なKO勝ちが期待される。

 25日(日本時間26日)にはアリゾナ州グレンデールでWBOスーパーバンタム級6位の大竹秀典(37=金子 36戦31勝14KO2敗3分)が、同級王者アイザック・ドグボエ(23=ガーナ)に挑む。大竹は14年11月に英国でWBA王座に挑んで12回判定負けを喫したが、以後は9連勝(5KO)と復調している。ただ、王者のドグボエは12年ロンドンオリンピック(五輪)出場の経験を持つうえ、プロでも19戦全勝(13KO)と勢いがあるだけに、大竹にとっては厳しい戦いが予想される。

 9月8日(日本時間9日)には井岡(23戦22勝13KO1敗)がカリフォルニア州イングルウッドのリングに上がる。相手はスーパーフライ級でWBCとWBOで3位にランクされるマクウィリアムス・アローヨ(32=プエルトリコ)。昨年4月のWBAフライ級王座5度目の防衛戦で勝利を収めたのを最後に引退していた井岡にとっては、これが1年5カ月ぶりの実戦となる。父親のジムを離れ、米国のプロモーターと契約を交わすなど環境を一新、4階級制覇を目指して復帰戦に臨む。相手のアローヨは2度の世界挑戦には失敗しているものの20戦17勝(14KO)3敗の戦績を残している実力者。楽観視できない相手といえる。

 9月14日、カリフォルニア州フレズノで行われるWBCスーパーライト級タイトルマッチ、ホセ・カルロス・ラミレス(25=米国)対アントニオ・オロスコ(30=米国/メキシコ)の前座には、同級WBA4位、WBC9位、IBF5位、WBO3位にランクされる岡田博喜(28=角海老宝石)が出場する。岡田は先ごろ、WBAミドル級王者の村田諒太(32=帝拳)も提携している米国のトップランク社とプロモート契約を締結。これが本場のリング初登場となる。35戦27勝(11KO)6敗2分のクリスチャン・ラファエル・コリア(35=アルゼンチン)を相手に、自慢の強打を披露することができるか。存在感を示せば世界挑戦が具体化する可能性もあるだけに、内容も問われることになりそうだ。

 日本勢の活躍に期待したい。

軽い体重も理想求めた石浦、秋場所の取り組みに期待

石浦


 腰痛で巡業を休んでいた関脇逸ノ城が復帰した。名古屋場所に10キロ増の体重230キロで臨んだことで、腰が悲鳴を上げたとか。「220キロまでにしないと…」と話しているらしい。そりゃあ、身長が193センチあるとはいえ、230キロはなあ…。重さは強力な武器とはいえ、やり過ぎは考えものですわな。

 重い人にも悩みはある。しかし、角界の場合、軽い人の悩みはもっと深い。名古屋場所千秋楽の7月22日、石浦がこぼしていた。

 「場所前は悪くなかった。地に足が着いてるし、柔軟性もあった。でも、場所が始まると力感がない、立ち合いとかの感覚も1歩ずれているというか、遅くて。いろいろ工夫したけど、うまくいきませんでした」

 東前頭15枚目。千秋楽を白星で締め、何とか7勝8敗にまとめたが、表情がさえない。本当の悩みはもっと深いところにあった。

 「僕の目標は“押して、押して”なんだけど、今の取り口はそれとかけ離れてしまっている。勝っても、変化によるところが多くて…。今年に入って、ずっとそう。情けないですよ」

 173センチ、116キロ。新入幕の16年九州場所で10勝5敗とブレークし、生きのいい小兵力士として注目を集めた。最高位は昨年春場所の東前頭12枚目。同年九州場所で十両に陥落したが、1場所で幕内に返り咲いた。巨大化が進む角界にあって、サイズを考えれば、健闘している。ところが、本人はまるで納得していない。

 昔から、理想の力士がいる。元関脇鷲羽山。70年代から80年代にかけ「ちびっ子ギャング」の異名をとり、土俵を沸かせた。多彩な技を駆使したが、人気を集めた最大の要因は“小兵なのに正攻法”な取り口にあったとされる。石浦は、そこに敬意と憧れを持つ。

 「やっぱり鷲羽山さんのような相撲がとりたい。うちの父(鳥取城北高相撲部総監督・石浦外喜義氏)には“あの相撲は(幕内力士の)平均体重が140キロの時代だからできたんだ”と言われます。でも、今の時代にそれができたら…と思うんです」

 鷲羽山の現役時175センチ、112キロのサイズは、確かに石浦に近い。近いが、時代が、状況が悪い。

 「自分の好きな相撲を、人に言われて曲げたらダメ。理想を求めたい。もう1回、考え直さないといけないと思っています」

 夏巡業もそろそろ終わり、9月8日から秋場所が始まる。石浦が悩んだ末にどんな準備をして、どんな相撲をとるのか。楽しみに待ちたい。【加藤裕一】

リコシェNXT北米王座奪取、得意空中戦で王者葬る

NXT北米王座を奪取したリコシェ (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:NXTテイクオーバー大会>◇18日(日本時間19日)◇米ニューヨーク州ブルックリン・バークレイズセンター


 新日本プロレスのジュニアヘビー級戦線でも活躍した「ミスター・ハイフライ」リコシェが、NXT北米王座を奪取した。

 同王者アダム・コールに挑戦。「コールの名前はベルトから消され、リコシェに置き換えられる」と王座奪取に自信たっぷりの挑戦者は、トップレベルの攻防を展開。得意の空中戦に持ち込んだものの、コールのカウンタースーパーキック、ラスト・ショットを食らった。

 辛うじて2カウントで返したリコシェは背後からのコールの攻撃をかわし、フランケンシュタイナーで迎撃。さらにトップロープからの攻撃をエプロンに回避しようとした王者に対し、トップロープを飛び越えてハリケーンラナで場外に投げ飛ばした。最後はトップロープから630スプラッシュを豪快に成功させて3カウントを奪い、激闘を制した。

NY証券取引所に中邑真輔、ハンマーで取引終了合図

ニューヨーク証券取引所を訪れたUS王者中邑(左から2番目)。左端はスマックダウン女子王者カーメラ、右端はラシュリー (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved


 WWEスマックダウン所属のUS王者中邑真輔(38)が19日(日本時間20日)、米ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで開催される真夏の祭典サマースラムで、前王者ジェフ・ハーディとの防衛戦に臨む。中邑の王座奪取後から「毒蛇」ランディ・オートンを加えた3人の抗争が続いており、試合は波乱含みだ。

 そんな注目のUS王座戦を控え、中邑はスマックダウン女子王者カーメラ、ボビー・ラシュリーとともにWWEも上場しているニューヨーク証券取引所を訪問し、サマースラムのPRを展開。17日の取引終了を告げる「クロージング・ベル」のセレモニーに参加し、中邑はハンマーをたたいて場内をわかせていた。

ニューヨーク証券取引所でWWEサマースラムをPRしたUS王者中邑左から2番目)左端はカーメラ、右端はラシュリー (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

英タイソン・フューリーが復帰2連勝 ボクシング


 ボクシング元世界ヘビー級統一王者タイソン・フューリー(30=英国)が復帰2連勝を飾った。18日に英アイルランド・ベルファストでのノンタイトル10回戦で、フランチェスコ・ピアネッタ(イタリア)に大差の判定勝ちを飾った。

 初回に相手の連打をノーガードで再三かわして会場を沸かせたが、攻撃ではジャブから右ストレートと基本にパターンで見せ場は作れず。6回に連打で攻勢、終盤はサウスポーで攻勢も判定となった。レフェリーのみが採点し、100-90のフルマークで6月の2年7カ月ぶりの再起から2連勝となった。

 勝利コールとともに、WBC王者デオンタイ・ワイルダー(32=米国)がリングインした。2人はフェイスオフ。フューリーは「今夜は10回かかったが、ラスベガスではお前をノックアウトする」とほえれば、ワイルダーは「この試合は必ず実現する。ベストとベストの対決だ」とアピール。11月か12月にラスベガスで対戦が見込まれている。

 WBC世界フライ級タイトルマッチは、王者クリストファー・ロサレス(ニカラグア)が4回KO勝ちした。4月に日本で計量失格の比嘉大吾(白井・具志堅)からを奪ったベルトの初防衛を果たした。

石井智宏、王者返り咲きへ 鈴木みのるに挑戦

石井智宏(2018年7月13日撮影)


 新日本プロレスの石井智宏(42)が英団体王者返り咲きの好機をつかんだ。

 17日(日本時間18日)に英団体RPWのロンドン大会に出場。RPW英国ヘビー級王座の次期挑戦者決定戦と銘打たれたウォルターとのシングル戦に臨んだ。ゴツゴツした肉弾戦を繰り広げると最後は垂直落下式ブレーンバスターで沈め、勝利した。これで7月に同ベルトを奪われた現王者鈴木みのるへの挑戦権を得た。石井は新日本マットでもIWGPヘビー級王者ケニー・オメガへの挑戦が決定的で、2冠奪取を狙う。(デーブ・レイブル通信員)

「ハイフライヤー」リコシェ、宿敵に裏切られ敗れる

勝ち名乗りを受けるサリバン(奥)の目の前で大の字に倒れるリコシェ (C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:NXT大会>◇23日(日本時間24日)◇米フロリダ州ウインターパーク・フルセイル大


 「ハイフライヤー」リコシェがライバルの裏切りでフォール負けを喫した。16日の前週大会で、NXT王座次期挑戦者決定戦を乱入でぶち壊したラーズ・サリバンに対し、同挑戦権を争ったライバルのベルベティーン・ドリームとタッグを結成して2対1のハンディ戦に臨んだ。

 ドリームにサリバンの動きを封じてもらったリコシェはスワンダイブ式ミサイルキック、さらにダブルスーパーキック、ダブルフォールと連携したチームワークを発揮。数的優位を生かし、パワーに勝る巨体を誇る相手の攻撃をはねのけ、ドリームのクロスボディ、リコシェも450スプラッシュと大技を決め、追いつめた。ところが技を狙うリコシェが、ドリームに裏切られ、ローリングデスバレードライバーを食らってしまった。「くたばれ」と吐き捨て、リングを立ち去ったドリームを横目に、立ち上がれない状況に陥ると、最後はサリバンのフリーク・アクシデントを食らってフォール負け。まさかのハンディ戦で黒星を喫した。

何が起こったのか 11人→6人に減少した日本の世界王者


 先週はフィリピン勢の躍進について書いたが、それと反比例するかのように日本からの世界王座流出が目立つ。2018年がスタートしたときには日本のジム所属選手として11人の世界王者がいたが、7月30日の時点で6人にまで減少してしまったのだ。この7カ月の間に何が起こったのか。

 昨年12月30日、31日に日本人選手の出場する世界戦が合計5試合行われ、WBAライトフライ級王者の田口良一がIBF王者との統一戦に12回判定勝ちを収めるなど、5人の王者が揃って防衛を果たした。そのため日本のボクシング界は、以下のように11人の世界王者を擁して新年を迎えた。

◆ミニマム級 IBF王者=京口紘人(ワタナベ) WBO王者=山中竜也(真正)

◆ライトフライ級 WBA&IBF王者=田口良一(ワタナベ) WBC王者=拳四朗(BMB)

◆フライ級 WBC王者=比嘉大吾(白井・具志堅) WBO=木村翔(青木)

◆スーパーフライ級 WBO王者=井上尚弥(大橋)

◆スーパーバンタム級 IBF王者=岩佐亮佑(セレス)

◆スーパーフェザー級 IBF王者=尾川堅一(帝拳)

◆ライト級 WBA王者=ホルヘ・リナレス(帝拳)

◆ミドル級 WBA王者=村田諒太(帝拳)

 このうち、尾川は昨年12月の戴冠試合前のドーピング検査で陽性反応を示したとして2月に王座獲得自体を取り消され、比嘉は4月のV3戦を前に規定体重をつくれず失格。この時点で王座を剥奪され、コンディションが整わないまま臨んだ試合では9回TKO負けを喫した。ふたりともリングの外で世界王座を失ったわけで、ドーピング違反、計量で失格という日本初の事例となってしまった。

 リナレス、田口、山中の3人はいずれも防衛戦で敗れて王座を手放した。3階級制覇王者のリナレスは5月12日、アメリカでワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と激闘を展開したが、ボディブローを浴びて10回TKO負けを喫した。その8日後、田口は元ミニマム級王者のヘッキー・ブドラー(南ア)に敗れ、3年以上君臨したトップの座から陥落。そして山中は7月にフィリピン選手に完敗を喫した。

 また、井上は3月にWBOスーパーフライ級王座を返上して上のクラスに転向。5月にはWBAバンタム級王座を獲得して3階級制覇を成し遂げた。無冠の時期は2カ月半と短かった。同じく京口はライトフライ級への転向のため7月に王座を返上している。

 こうしたなか拳四朗、木村、村田は防衛戦で勝利を収めて王座をキープ。井上と、8月16日に2度目の防衛戦を控えている岩佐、さらに7月28日に米国でWBOスーパーフェザー級王座を獲得したばかりの伊藤雅雪(27=伴流)を加えた6人が、現在の日本のジム所属の世界王者ということになる。

 今後、この数字が再び増えていくのか、それとも減るのか。まずは16日の岩佐のV2戦に注目したい。

未成年の同行不可となった巡業は本来修行の格好の場

柏巡業の土俵下で準備運動する栃ノ心


 酷暑の中、大相撲の夏巡業が行われている。相撲人気復活を示すように、今巡業は7月29日の岐阜・大垣市を皮切りに、8月26日の東京・KITTE場所まで29日間で26カ所を巡行するハードスケジュールだ。

 中部、近畿から北信越、関東をへて東北、北海道、再び関東に戻り秋場所番付発表(8月27日)まで続く全国行脚。力士も大変だが、30年近く前に担当だったころも、空前の相撲ブームに沸き、今以上の過密日程だった。当時、現役だった親方衆に聞いても「我々の頃の方が、きつかったよ」と振り返る。

 その巡業は、若い衆にとっても絶好の修行の場となる。関取衆の付け人であるのは、通常の部屋にいる時と同じ。だが、巡業となると負荷のかかり具合が違ってくる。日々、巡業地を転々とするため、あの数十キロはある関取衆の明け荷を担ぎ運ばねばならない。今はまだ、大型トラックに運び込むだけでいいが、昔は鈍行列車での移動はざら。腰を折り曲げながら、延々と歩きながら担ぐ姿は痛々しいほどだった。

 また、巡業に出なければ、わずかでも持てる自分の時間なども、移動や関取衆が就寝するまでの雑用で一切ない。若い衆の仕事、といってしまえばそれまでだが、見ている側からすると、気の毒にさえ思える。

 ただ一方で、あれこそが約700人いる力士の中から選ばれし70人の関取になるための、これ以上ない発奮材料になるとも思う。「早く、こんな苦しい生活から抜け出したいと、何度思ったことか。巡業から帰るたびに、何とか脱出したい、苦しい思いをするのは稽古だけでいいとね」。以前に担当していた時、晴れて関取になった、ある親方の回想だ。時代遅れの言葉かもしれないが、若い衆にとって巡業は、ハングリー精神を養う場でもあった。

 今、行われている夏巡業から、力士や裏方ら未成年の協会員の同行が見送られることになった。ある関係者はその理由を「未成年者は未熟で飲酒や喫煙に手を出しかねない。でも巡業では親方衆の目が行き届かないことも多いので、部屋で責任を持って指導するのが好ましいということ」と説明している。昨冬の九州巡業では力士の夜の動向を、相撲取材以外の媒体が宿舎で“潜入チェック”するなど、格好のえじきになりかねない。リスク管理という側面から今回の決定に至ったのだろう。

 だがそれは、本来の巡業の意義を否定するものだ。繰り返すが、若い衆には修行の格好の場でもある。少子化の時代に、力士数の減少は致し方なく、物理的に付け人不足にもなる。また近い将来的にも、10代の関取が誕生することもある。角界にとっては喜ばしいことだが、それでも「10代不参加」となるのだろうか。今回の決定が、暫定的なものであってほしいと願う。常識的な行動をとっていさえすれば、年齢制限など不要なのだから。【渡辺佳彦】

ドヘニー殺気立つ「顔見たくない」岩佐パネルを拒否

王者岩佐亮佑の写真パネルと撮影は拒否した挑戦者TJ・ドヘニー(撮影・河合香)


 ボクシングで世界初挑戦するIBF世界スーパーバンタム級1位TJ・ドヘニー(31=アイルランド)が、10日に都内のジムで練習を公開した。

 シャドーに始まり、ミット、サンドバッグと軽めもたっぷりと汗をかいた。リミットの55・3キロまではあと8ポンド(約3・6キロ)で「減量もコンディションもバッチリ。うまくいっていっている」と話した。

 この2年間は米国人のヘクター・ベルムドス・トレーナーの下で練習を積んできた。岩佐亮佑は昨年9月に小国(角海老宝石)から王座を奪ったが、小国がベルトを奪った王者グスマン(ドミニカ共和国)を指導していたのがベルムデス・トレーナー。世界王者を5人育てている。ドヘニーは「トレーナーのためにも仕返しをしたい」と一層力が入る。

 岩佐の写真パネルと撮影を求められたが「顔も見たくない」と断固拒否した。得意パンチは「すべて」と強気。「人生の最後のゴールは誰にも邪魔させない」。シドニーで待つ妻子に吉報を届けるつもりだ。

ファイティングポーズの挑戦者TJ・ドヘニー(撮影・河合香)