上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

現状維持は後退 変化を恐れない村田諒太と内藤哲也

変化を恐れないこと。そんな決意が担当する2つのスポーツで聞かれた秋だった。

ボクシングの村田諒太(32=帝拳)。10月20日(日本時間21日)に米ラスベガスで行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチ、2度目の防衛戦で同級3位ロブ・ブラント(米国)に敗れて王座陥落した。日本人2人目のミドル級王者は1年でベルトを手放すことになったが、試合から一夜明けた会見では「練習も100%できましたし、こうしておけば良かったというのはない。過程においてやってきた自信はある」と後悔はないとした。

過程、その中でつぶやいた言葉がある。「諸行無常ですよね。物事に同じことはない。常に変化しないと」。決戦まで残り1カ月を切った時期だった。ミット打ちでひたすら右ストレートの距離感を確かめていた。「相手を倒すパンチって、だいたい振り切ってないですよね。振り切ったところで当たると力が伝わらない。考えれば当たり前なんですけど」。腕が伸びきった瞬間にインパクトを迎えても、押し出す力が欠ける。最も効果的なパンチは軌道の途中、振り抜く余力を残した地点で当てること。 「何でこんな当たり前のことを今更やっているんですかね」。その自嘲気味の言葉には失望の気持ちはなかった。自分のだめ出ししながら、どこか向上の余地を楽しむかのような、自分の現在地点を冷静に捉えられている事を、とても前向きに考えているように感じられた。それが印象的だった。

敗戦から一夜明け、腫れ上がった目をサングラスで隠し、会見する村田(2018年10月21日撮影)

プロレスラーの内藤哲也(36)。新日本プロレスのユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(L・I・J)」のリーダー。随一の人気を誇る男が最近口にしてきた言葉がある。「一歩踏み出す勇気」。4月29日、震災から復興しようとしていた熊本大会のリング上で語ったフレーズだった。「変わらないこと、諦めないことはもちろん大事。でも、変わろうとする思い、変わろうとする覚悟、そして、一歩踏み出す勇気も俺は大事なことじゃないかなと思います」。そこから時が経ち、その進言が自らに跳ね返った。

7月の米ロサンゼルス大会でメンバーの高橋ヒロムがけがを負い、長期欠場することになった。そこからL・I・Jは4人で戦ってきたが、ある決断をした。「ただ待つわけでなく、一歩踏み出すことも大事なんじゃないかなと思いました。4人で待つのではなく、5人で高橋ヒロムの帰りを待つ。つ・ま・り、新たなL・I・Jとして、高橋ヒロムの帰りを待ちたいと思います」。そして10月8日、両国大会で第6の男、ドラゴンゲートで活躍してきた鷹木信悟の加入が発表された。新メンバー加入でまたどう変化がもたらされるのかが注目されている。

内藤哲也(2018年7月13日撮影)

トップ選手の中には、現状維持は後退という考えの選手が多い。その覚悟が人を魅了する姿を生み出している。【阿部健吾】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「リングにかける男たち」

村田諒太が帰国「調整含め自分の実力」今後は休養へ

米ラスベガスから帰国したボクシングの村田(撮影・小沢裕)

ボクシングの前WBA世界ミドル級王者村田諒太(32=帝拳)が23日、2度目の防衛戦を戦った米ラスベガスから帰国した。20日(同21日)に同地のパークシアターのメインとして同級3位ロブ・ブラント(米国)と対戦し、0-3で判定負け。約1年保持した王座を失っていた。

試合から2日たったが、いまだに顔の腫れは引かず、サングラス姿で応対。「気付いたら、あと1時間半で着きます、と」と、心身の疲労から機内では熟睡したという。

今後、どのような決断をするのか。「飛行機の中で決めるものでもない。何も変わってないですね」「簡単に、ああしたら、こうしたら決まりですというものでもない」と、周囲と話し合いながら考えるとした。

9月上旬に引いた風邪の影響が長引き、コンディション面では万全ではなかったとみられるが、「調整力も含めて自分の実力。あの場で出たものはすべて実力として受け入れるしかない」とした。今後しばらくは休養に入る。

米ラスベガスから帰国したボクシングの村田諒太。サングラスで隠された目元や耳には腫れが残っていた(撮影・小沢裕)

花月V5「期待はずれ」遺恨試合で木村花を失神KO

ワールド・オブ・スターダム選手権で5度目の防衛に成功した王者花月(撮影・桝田朗)

<スターダム:後楽園大会>◇23日◇後楽園ホール

赤いベルト、ワールド・オブ・スターダム選手権は、王者花月が、挑戦者の木村花を退け、5度目の防衛を果たした。

大江戸隊を造反して離脱した木村との遺恨試合は、リングアウト、反則裁定なしのデスマッチに近い戦い。入場でいきなり襲撃した木村が、序盤は優位に試合を進めた。しかし、花月も大江戸隊の援護を受け反撃。パイプイスでの殴り合いや、テーブルを使ってのブレーンバスターなど、やりたい放題の試合となった。最後は花月が、16分46秒、変則アームロックで木村を失神させレフェリーストップ勝ち。花月は「レフェリーストップは、ちょっと期待外れでがっかり。あいつとは、こういう試合を何度やってもいい。次はレフェリーストップなんていらないでしょう」と話していた。

稽古が楽しそう 秋巡業に見た稀勢の里の余裕

稀勢の里(2018年10月5日撮影)

9月の秋場所を10勝5敗で9場所ぶりに皆勤した、横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が、現在行われている秋巡業で精力的に稽古を重ねている。

秋巡業は10月3日に開始。栃木・足利市で行われた5日に、前頭隆の勝にぶつかり稽古で胸を出し、秋巡業で初めて稽古土俵に上がった。甲府市で行われた10日には、前頭佐田の海を相手に三番稽古を行い、相撲を取る稽古も再開。佐田の海には10番取って全勝だったが、付け入る隙を与えない完勝ばかりだった。

佐田の海とは、秋場所前の夏巡業中にも何日も胸を合わせ、勝敗では常に圧倒していた。だが内容では、必ずといっていいほど、何番かは一方的に敗れることもあった。勝敗で圧倒していたのも、稀勢の里の方が34キロ重い体格差を生かした「体力勝ち」の部分が大きかった。だが甲府市では、低く鋭い立ち合いから左を差し、腰が高くなる悪癖ものぞかせず、相手に何もさせずに寄り切る相撲が目立った。

横綱相撲の理想とも言われる、相手を受け止めつつ先手を奪っている「後の先」の域に達するまでには至っていないかもしれない。それでも、私が以前担当していた7、8年前、主に三役として大関を目指していたころのように、ガムシャラに強さを求めていたころと同じように映った。相撲好きの少年がそのまま大人になったような、若々しさ、いきいきとした雰囲気が全身から出ていた。

8場所連続休場から進退を懸けて臨んだ秋場所、さらにその前の夏巡業では、明らかにピリピリと張り詰めた空気をかもし出していた。それが今回の巡業では、自ら明るい雰囲気をつくって報道陣と談笑することまである。足利市での巡業では、隆の勝に約8分間もぶつかり稽古で胸を出した後に「新聞だと『軽めの調整』って書かれちゃうのかな。よく『軽めの調整』『軽めの稽古』って書かれるけど、四股やすり足だけでも軽くないんだから。1度やってみる? そうしたら軽くないんだなって分かるでしょ」と、笑って話していた。何度も隆の勝にぶつかられ、胸を真っ赤に腫らしながらも冗談っぽく話せるほど、心身ともに余裕が出てきた。

秋場所千秋楽後に行われたパーティーでは、後援者らに向けて「優勝争いはかなわなかったですが、また来場所、もっともっと強くなって優勝争いに絡み、また、いい報告をできるように一生懸命頑張ります」と宣言した。懸念された相撲勘が戻りきらない中で、秋場所は2ケタ勝った。そこに上積みする形で、秋巡業ではその後、関脇御嶽海らとも稽古を重ねている。何より、稽古が楽しそうだ。同じ相手と立て続けに何番も取る、本来は体力的にきつい三番稽古でさえ“軽めの調整”に見えてしまうほどの余裕が見える。表情にも明らかに自信が戻ってきた。稀勢の里が、再び優勝争いの中心に戻ってくる日は、遠くないかもしれない。

【高田文太】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

スターダム王者渡辺桃6度目防衛「2冠が今の目標」

ワンダー・オブ・スターダム王座の6度目の防衛を果たした渡辺桃(撮影・桝田朗)

<スターダム:後楽園大会>◇23日◇後楽園ホール

ワンダー・オブ・スターダム選手権は、王者渡辺桃が、挑戦者岩谷麻優を下し6度目の防衛に成功した。

「スターダムのアイコン」と呼ばれる岩谷と、若きエースの対決は、互いの意地をかけた激闘となった。エルボー合戦からキック合戦と一歩も引かない戦いは、岩谷の技術の高さに、渡辺のパワーで一進一退の攻防が続いた。最後は、19分57秒に渡辺がピーチ・サンライズを岩谷に決め勝利。

渡辺は「11月に(タッグリーグの)ゴッデス・オブ・スターダムを取って、ゴッデス・オブ・スターダム王座に挑戦したい。(所属するユニットの)クイーンズ・クエストはベルトの総取りをねらっているので。タッグを取って、ワールド・オブ・スターダム王座と2冠が今の目標」と壮大な目標を口にした。

村田、進退は熟考 痛々しく腫れた顔で語った今後

敗戦から一夜明け、腫れ上がった目をサングラスで隠し会見する村田(撮影・菅敏)

【ラスベガス(米ネバダ州)21日(日本時間22日)=阿部健吾】ボクシングの前WBA世界ミドル級王者村田諒太(32=帝拳)が、進退について熟考することになった。20日(同21日)の2度目の防衛戦で同級3位ロブ・ブラント(米国)に0-3で判定負けしてから一夜明け、取材に対応。今後について周囲と相談して考える旨を示した。再戦の選択肢も残すが、貫いてきたスタイルで完敗した事実は大きく、すぐに結論を出すのは難しくなった。

試合を終えて約14時間後。「目が目なのでサングラスですいません」と断りを入れた村田の顔は、痛々しく腫れていた。ボクシング人生で初めて刻まれたダメージの大きさを抱えながら、慎重に言葉を探した。

「それはあまりイメージしてないですね。イメージするだけ無駄な話で。その通りにいくことではない。納得する形で周りの方と話していかないと」

今後について。期限などを設けて結論を出すのかと問われ、そう切り返した。納得する決断がでる時期がいつか、当人も分からないだろう。夢にみたラスベガスの世界戦での敗戦、完敗という現実。失望感、虚無感にさいなまれているだろう内面に向き合い、何かを決めるのはしばらく時間がかかりそうだ。「振り返って、ああいう経験が良かったなと思うのが人生。それがあるから今があると思えるように、これからの人生を歩んでいきたい」と自らを鼓舞するように言った。

帝拳ジムの本田会長は進退に関し、「村田の場合はいろいろ背負うものが大きすぎる。ただ、やればいいというものではない」と説明。契約する米大手プロモーター、トップランク社のアラム氏が来春の再戦を示唆したが、「ゆっくり話し合って」と述べるにとどめた。敗因は「我々全員の油断」とし、9月上旬に風邪をひき調整が遅れたことが最後まで響いたと明かした。

日本人未踏の地を切り開いてきた村田。その歩みをしばし止め、決断を下すことになった。

12回を戦い終え、ガッツポーズをする挑戦者ブラント(右)を前にぼう然と立ちつくす村田(撮影・菅敏)

井上だけでなく田中恒成にも注目を次戦は全国中継で

激しく打ち合う田中恒成(右)と木村翔(2018年9月24日撮影)

WBA世界バンタム級王者井上尚弥が“70秒KO”をして、WBC世界ライトフライ級王者拳四朗がV3を達成した7日、会場の横浜アリーナで、東京の記者から「え?」という一言を聞いた。私が「最近、おもろい試合が多いから、ええよな。田中-木村戦もめちゃおもろかったし」と言うと「田中の試合って、そんな良かったんですか?」と返された。

…そんな良かったんですかて…めちゃめちゃええ試合やったがな…って君、知らんか…。

9月24日、名古屋の武田テバオーシャンアリーナで行われたWBO世界フライ級タイトルマッチ。挑戦者の同級1位田中恒成が、王者木村翔を2-0の僅差判定で破った。プロ12戦目の世界3階級制覇は、パウンド・フォー・パウンド最強とされるWBA世界ライト級スーパー王者ロマチェンコに並ぶ世界最速タイの快挙になった。

それ以上にタフな王者に、スピード&テクニックが際立つ挑戦者が真っ向から打ち合いに応じた内容が、すごかった。どつき合い、拳闘。どんな言葉を使っても、表現が陳腐になるほどの死闘。井上の“70秒KO”もええけど、現時点で年間ベストバウトを選ぶなら田中-木村戦に勝るものはない。そう思う。

ところが、テレビ中継はCBCによる中部ローカルの生放送。関東地区は後日録画放送。関西地区に至っては放送自体なかった。

テレビ局にはテレビ局の事情があるでしょう。「数字(視聴率)が取れないから」とか「スポンサーがつかないから」とか。放送枠の問題もあるか。慈善事業やないですからね。

ウチらの業界かて、ネタの「価値」と同時に「売れる紙面」を考える。読者が見たら「何でこれが1面やねん」ということは、ままあると思います。だから、わかる。わかるけど、今回ばかりはやりきれん思いが残った。

ここからは、半分愚痴ですわ。

田中-木村戦は戦前から、おもろい試合になることは分かってた。北京、ロンドン五輪のライトフライ級で金メダルをとった中国の英雄・鄒市明(ぞう・しみん)から、敵地に乗り込み、KOでベルトを奪い、初防衛戦、V2戦もKOで防衛した王者木村のラッシングファイトに、挑戦者田中がどう挑むのか? ボクシングファンの興味をそそる要素はてんこ盛りやった。

それなのに、全国中継できませんか? まあ仮にできんにしても、録画中継をせんエリアがあるなんて、いくら何でも、それはないんと違います? あの試合を見れんかった関西のボクシングファンは大損です。命を削るような殴り合いを演じた2人も、気の毒やないですか。

世界3階級王者田中は、ボクシング担当歴の浅い、素人記者の私が見てもすごいです。所属の畑中ジムの畑中清詞会長に「次の試合は全国中継で?」と意向を聞くと「もちろん。それ以外は考えてない」。初防衛戦は来年3月あたりが有力です。活字メディアが一生懸命頑張っても、テレビには絶対かなわん一面もある。だからこそ、次こそは、何とぞよろしくお願いいたします。

【加藤裕一】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「リングにかける男たち」)

WBOはアンドラーデ…次々変わるミドル王者顔触れ

WBOミドル級王者となったアンドラーデ(AP)

<プロボクシング:WBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦>◇20日(日本時間21日)◇ラスベガス・パークシアター

WBA世界ミドル級王者村田諒太(32=帝拳)が完敗で王座から陥落した。2度目の防衛戦で同級3位ロブ・ブラント(28=米国)に0-3(110-118、109-119×2)の判定負けを喫した。

村田-ブラント戦と同じ20日、米ボストンでWBOミドル級王座決定戦も行われ、1位アンドラーデ(米国)が2位カウトンドグワ(ナミビア)を下して新王者になった。薬物違反でサンダース(英国)が返上した王座だった。

9月にはアルバレス(メキシコ)がWBAスーパー、WBO同級王者ゴロフキン(カザフスタン)を下したばかり。そのゴロフキンが剥奪されたIBF同級王座は今月27日、1位デレイビャンチェンコ(ウクライナ)-3位ジェイコブス(米国)で争われるなど、ミドル級王者の顔ぶれが変わりつつある。

12回を戦い終え、ガッツポーズをする挑戦者ブラント(右)を前にぼう然と立ちつくす村田(撮影・菅敏)

闘病しながらUFCと契約を続けたKIDさんの思い

米メディアの取材に対し、流ちょうな英語で対応していた姿が印象的だった。11年2月、格闘技の聖地、米ラスベガス。今月18日に死去した山本“KID”徳郁さん(享年41)が初めてUFCに参戦した時のことだ。高校中退後、4年間の米留学の経験があり、通訳は必要なし。UFCデイナ・ホワイト社長との会話も弾んでいた。もう何年も前からUFCにいたような雰囲気に見えた。

11年2月、米ラスベガスのUFC初参戦前の公開練習で現地メディアのインタビューを英語で応じる山本“KID”徳郁さん(中央)

前座カードにもかかわらず、UFCから異例の要請を受け、メインカードの選手と公式会見に出席した。ホワイト社長から「KIDが私にファイト・オブ・ザ・ナイト(MVP)とノックアウト・オブ・ザ・ナイト(KO賞)を取ると言った」と明かされ、会見の盛り上がりは頂点に達した。急きょ試合順も第3試合から第4試合に格上げされ、ネット生中継も決まった。「メインしか呼ばれない会見に呼ばれて光栄」と感謝したKIDさんには、米国でも暗闇の荒野に道を切り開いてしまうようなオーラを放っていた。

この11年からUFCに軽量級のバンタム級(61・2キロ以下)が新設された。「今まで『オレの階級』がなかった。UFCバンタム級の中心になりたい。集大成のつもりでやる」と明確な目標を掲げた。姉美憂と妹聖子がレスリングで世界女王だったこともあり「UFCはランキング、王座、階級が決まっていて世界の強いヤツが集まる。UFCのベルトが事実上、世界トップ。世界一になりたい」とこだわっていた。

KIDさんが33歳で迎えたUFCデビュー戦は得意の打撃をかわされ、何度もタックルを浴びて判定負け。「殴り合うことしか考えていなかった。ルールを知らないのも準備不足」と反省した。運命のいたずらか、そのデビュー戦の相手デミトリアス・ジョンソン(米国)は12年に新設されたフライ級(56・7キロ以下)でUFC王座を獲得。UFC最多の11度防衛に成功し、王座陥落するまでパウンド・フォー・パウンド(階級を超越した最強選手)1位に君臨した。「たら」「れば」を言えばきりがないが、UFCがあと5~6年早く軽量級を新設すれば、KIDさんが「オレの階級」で日本人初のUFCベルトを手にしていたかもしれない-と今でも思う。

11年2月、UFCの要請を受けて急きょ公式会見に出席した山本“KID”徳郁さん

7年前、あのUFC公式会見で、KIDさんが壇上に設置されたUFCベルトをじっくり眺めていた姿を覚えている。闘病しながら「集大成のつもり」の言葉通り、UFCとの契約を続けた。実現しなかったが、オクタゴン(金網)の中で英語の勝利者インタビューに応じるKIDさんは、きっと格好良かったに違いない。

【藤中栄二】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「リングにかける男たち」)

アンダーテイカー、DXへ宣告「お前たちの最後」

トリプルH(手前右)ショーン・マイケルズ(同左)の前に現れたジ・アンダーテイカー(C)2018WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇22日(日本時間23日)◇米ロードアイランド州プロビデンス・ダンキンドーナツ・アリーナ

「地獄の墓堀人」ジ・アンダーテイカーが弟ケインとともに墓場からの映像で登場し、11月3日のPPV大会クラウン・ジュエルで対戦する再結成されたトリプルHとショーン・マイケルズのユニット「D-ジェネレーションX」を葬る自信をみなぎらせた。

ロウのリングに登場したDXユニットから「オレたちは現在進行形でベターな存在だ! クラウン・ジュエルでは破壊兄弟(アンダーテイカーとケイン)を倒す」と挑発。すると突然、会場が暗転し、鐘の音とともに墓場からの映像で登場したアンダーテイカーとケイン。2人は「再結成は殺りくの前兆だ。お前たちの最後の試合になる。自身の失敗により地獄で苦しむことになるだろう。お前達は決して安らかに眠ることはない(ネバー・レスト・イン・ピース)」と宣告した。

2人のいる墓場にはトリプルHとマイケルズの墓石が用意されており「お前たちはここに埋まることになるだろう」と忠告した。

決めポーズを取るトリプルH(左)とショーン・マイケルズ(C)2018WWE,Inc.AllRightsReserved