上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

この秋、ミドル級とヘビー級でスーパーファイト実現


 この秋、ミドル級とヘビー級でスーパーファイトが実現することになった。ミドル級はWBAスーパー王座とWBC王座を持つゲンナディ・ゴロフキン(36=カザフスタン/米)対元2階級制覇王者、サウル・カネロ・アルバレス(27=メキシコ)の再戦で、試合は9月15日、米国内で行われる。ヘビー級はWBAスーパー、IBF、WBOの3団体王者、アンソニー・ジョシュア(28=英)対WBC王者、デオンタイ・ワイルダー(32=米)の4団体統一戦。こちらは10月か11月、英国開催で両陣営が合意している。4選手とも4000万ドル(約44億円)以上の報酬が見込まれている。

 昨年9月の初対戦では12回引き分けに終わったゴロフキン対アルバレスの再戦は、当初5月5日に行われる予定だった。しかし、アルバレスのドーピング違反が発覚したことで一時は空中分解した。その後も両陣営は辛抱強く交渉を続け、やっと条件合意に達したという。もめていた報酬の分配については21度目の防衛を目指すゴロフキンが42・5%なのに対し、集客能力と人気で上回るアルバレスが57・5%という比率に落ち着いた。それでもゴロフキンは4000万ドルを手にするとみられている。アルバレスの代役を相手に2回KO勝ちを収めた5月のV20戦の保証報酬が100万ドル(約1億1000万円)だったことを考えると、文字通り桁違いの金額ということになる。アルバレスの方は約60億円の報酬になる見込みだ。

 開催地は確定していないが、米国ネバダ州アスレチック・コミッションによるアルバレスの資格停止が8月に解除になることから、初戦と同じ同州ラスベガスのT-モバイル・アリーナが最有力視されている。戦績はゴロフキンが39戦38勝(34KO)1分、アルバレスが52戦49勝(34KO)1敗2分。現時点でのオッズは7対4でゴロフキン有利と出ている。

 21戦全勝(20KO)のジョシュアと、40戦全勝(39KO)のワイルダーのヘビー級4団体王座統一戦は、最重量級の英米対決という付加価値もあり、ゴロフキン対アルバレスの再戦を上回る規模になりそうだ。両陣営は開催地を含めて今春から本格的な交渉を続けてきたが、やはり一時は先送りになる可能性もあった。しかし、ワイルダーに5000万ドル(約55億円)の報酬が約束され、さらに初戦は英国、再戦を行う場合は米国開催という付帯条件がついたことで実現することになった。当初は9月開催を予定していたが、先にゴロフキン対アルバレスが決定したため「10月か11月を考えている」(ジョシュア側のプロモーター、エディ・ハーン氏)という。

 驚異的なKO率(ジョシュア=95%、ワイルダー=97・5%)を誇る全勝のハードパンチャー対決だけにジャッジ不要の試合になることは確実といえる。こちらもオッズは7対4でジョシュア有利という数字が出ている。

 この秋、ボクシング界は大きな盛り上がりをみせそうだ。

けがの苦しみ知る阿夢露スポーツトレーナーで再出発

断髪式で師匠の阿武松親方から止めばさみを入れられる元前頭の阿夢露(2018年6月16日撮影)


 ロシア出身で夏場所前に引退した元幕内力士の阿夢露(あむうる、34=阿武松)が16年にわたる力士生活に別れを告げた。さる16日、部屋近くの千葉・幕張本郷にあるホテルで関係者約150人が出席して断髪式が行われ、最後に師匠の阿武松親方(元関脇益荒雄)が止めばさみを入れた。

 手塩にかけて育てた弟子の、第2の人生の船出に、師匠は16年前に思いをはせた。「場所前に『力士になりたい』と訪ねてきましたが、ちゅうちょしました。細い体を見て『モデルさん?』って。『ロシアに帰って考え直したら』と言ったんです」。2人きりで対面した焼き肉店でのことだった。

 一時帰国した阿夢露だったが、すぐに再来日し「やりたいです」と直訴。その熱意にほだされて入門を許可。以後、師匠いわく「宝くじに当たったような真面目な力士として、部屋の手本だった。ケガに次ぐケガにもあきらめず、へこたれずにやってきました」と目を潤ませる。10年かけて12年初場所で新十両に。外国出身力士では史上2位のスロー昇進だった。

 だが、晴れのその場所で右膝前十字靱帯(じんたい)を断裂。序二段まで番付を下げたが、約2年をかけて関取に復帰。「トレーナー、治療の先生、病院の先生が『チーム・アムール』として、ロシアの真面目な青年を幕内に引っ張り上げようと応援してくれた」(阿武松親方)のが実を結び、4場所後には待望の新入幕、その1年後には最高位の東前頭5枚目まで番付を上げた。こちらの方は、外国出身力士で1位のスロー出世だった。

 192センチ、125キロの細身の体で、相撲は「左前みつしか武器がない」(同親方)という性格そのままに、愚直に前に出る相撲で活躍した。やはり三役からケガで幕下まで陥落しながら大関の座を射止めた、同じ東欧(ジョージア)出身の栃ノ心(春日野)も多忙なスケジュールを縫って、断髪式後のパーティーに駆けつけた。言葉や文化の壁、重傷を乗り越えるなど、同じような境遇で歯を食いしばってきた“戦友”に、部屋も一門の壁もない。

 ケガに悩まされてきた相撲人生。第2の人生は、経験を生かしスポーツトレーナーを目指すという。「ケガも多かったけど、いろいろな先生にみてもらった。自分もスポーツ選手を支えたい」。資格を取るために、まずは4月から日本語学校に通っている。「簡単な漢字は書けるけど、もっと勉強しないといけないから」。日本での永住権も持っているそうで「国籍を変えることはないけど、日本に残ります」と言う。焦らず腐らず土俵生活を送ってきた苦労人は、第2の人生も地道にコツコツと積み上げて行く。それが成功への道であることは、身に染みて分かっている。

盟友ハンセン「本当に悲しい」ベイダーさん悼む

90年2月、ハンセン(左)にドロップキックを見舞うベイダーさん


 日米マット界で活躍し、18日に肺炎のため63歳で亡くなった米国人プロレスラー、ビッグバン・ベイダーさん(本名=レオン・ホワイト)の死を、盟友のスタン・ハンセン(68)が悼んだ。ハンセンは、90年2月の新日本東京ドーム大会で、ベイダーさんと一騎打ち。その後、全日本ではタッグを組み活躍した。「びっくりしたよ。本当に悲しい。本当にタフなやつで、底知れない力を持っていた。すばらしい選手だったよ」と話した。

 ベイダーさんは、新日本のIWGPヘビー級王座、全日本の3冠ヘビー級王座両方を外国人として唯一獲得し、日米で人気を誇った。1カ月前から重傷の肺炎にかかり、懸命な闘病生活の末亡くなった。公式ツイッターで発表したのは息子のジェシーさんで、ハンセンは「オレの息子セイバーと子ども同士が同じ年代で親近感もあった。本当に切ないよ」と話した。(デーブ・レイブル通信員)

井上拓真よ「兄尚弥のような強い王者に」大橋会長

兄尚弥(左)と軽めのスパーリングを消化した井上拓真


 ボクシングWBC世界バンタム級9位井上拓真(22=大橋)が9月11日、東京・後楽園ホールで、同級3位で東洋太平洋同級王者マーク・ジョン・ヤップ(29=六島)と指名挑戦者決定戦(12回戦)に臨むことが21日、発表された。WBC王座は空位で勝てば世界戦は約束される。3階級制覇王者で現WBA世界同級王者の兄尚弥と同じ階級で狙う世界ベルトに「少しだけ複雑」としながら「小さい頃からの夢ですし、兄弟王者になりたい」と目標を掲げた。

 師匠の大橋会長は「ヤップ選手は一番強いと言われているが、拓真には普通の選手。兄尚弥のような強い王者を目指してほしい」と大きな期待を寄せていた。

猪木「ベイダー選手との戦い、記憶に残っている」

88年7月、ベイダーさん(左)に延髄斬りを見舞う猪木


 日米マット界で活躍し、IWGPヘビー級王座、3冠ヘビー級王座両方を外国人として唯一、獲得した米国人プロレスラー、ビッグバン・ベイダーさん(本名レオン・ホワイト)が18日(現地時間)に肺炎のため63歳で亡くなった。

 アントニオ猪木のコメント ビッグバン・ベイダー選手の突然の訃報に対し驚いております。彼とは何度も戦い、それぞれの試合が鮮明に記憶に残っております。心よりベイダー選手のご冥福をお祈り致します。

今年も開催WWE女子「メイ・ヤング・クラシック」

昨年に引き続き、今年も開催される女子トーナメント、メイヤング・クラシック(C)2018WWE,Inc.All Rights Reserved


 昨年初めて開催されたWWEの女子トーナメント、メイ・ヤング・クラシックが今年も8月8、9日に米フロリダ州オーランドのフルセイル大学で行われることが21日(日本時間22日)に発表された。

 WWE殿堂入りの名女子レスラーとなるメイ・ヤングから命名された同トーナメントで、昨年は世界各13カ国から集結した32選手で争われ、現在、NXTで活躍中のカイリ・セイン(宝城カイリ)が優勝した。なお今年は世界12カ国から32選手が集結する。出場選手は後日発表される。

 WWEの最高執行責任者(COO)で、元同団体ヘビー級王者のトリプルHは「私たちはメイ・ヤング・クラシックを再び開催できること、そして世界中から集まった32人の女子トップタレントによる世界的なショーケースをお見せできることにとても興奮しています。昨年の大会はWWEの女子改革における重要な標石となりました。そして今年のイベントがさらなる壁を突破することになるでしょう」とコメントした。

ヤップ、井上尚弥の弟拓真戦に自信「多分KOね」

井上拓との世界王座挑戦者決定戦が決まり、ご機嫌の東洋太平洋バンタム級王者マーク・ジョン・ヤップ(撮影・加藤裕一)


 ボクシングのWBC世界バンタム級王座挑戦者決定戦が、同級3位マーク・ジョン・ヤップ(29=六島)と同級9位井上拓真(22=大橋)で、9月11日に東京・後楽園ホールで行われることが21日、発表された。

 勝者は同級1位ノルディ・ウーバーリ(31=フランス)-同級2位ペッチ・CPフレッシュマート(24=タイ)の同級王座決定戦勝者に挑戦する予定。

 東洋太平洋同級王者のヤップはこの日、大阪市の六島ジムで会見。相手は“モンスター”井上尚弥の実弟というサラブレッドだが「チャンスね。アイ・ウォント・トゥ・ビカム・ワールドチャンピオン(世界王者になりたい)。拓真? いける、いける。多分KO(勝ち)ね」と、懸命に英語と日本語を織り交ぜ、自信満々に言い放った。

 ヤップは07年1月に母国フィリピンでプロデビュー。14年に元世界3階級王者・長谷川穂積氏のスパーリングパートナーとして来日した際、同ジムの枝川孝会長がポテンシャルにほれこみ、同年に同ジム入りした。

 全体の戦績は41戦29勝(14KO)12敗と平凡だが、拠点を日本に移してからの4年弱は、東洋太平洋タイトル奪取、防衛3回など11戦10勝(4KO)1敗。右オーソドックスのハードパンチャーとして才能を開花させた。

 枝川会長は「最初は荒削りで“ええもの持ってるただの人”やったけど、順調に力をつけてきた」と言い、井上戦にも余裕の表情。「戦い方は2つ。(井上の)兄貴のモンスターみたいにドン、ドンと踏ん張って、バン、バンと仕留めるか、いつも通りに足を使って出入りして、流れで決めるか。どっちもできるように準備するけど、打ち合いに来てくれたら、チャンスやね」と青写真を明かす。

 会場は東京。アウェーでの戦いになるが、ヤップは「拓真とどっちがパンチがある? 私! オフコース!」。故郷にいる両親と6人の兄弟姉妹のためにも「家を買いたい」という男が、ジャパニーズドリームをつかむつもりだ。

井上拓

元東洋王者徳島尚の息子空吾、デビュー戦TKO勝利

元東洋太平洋フライ級王者の父尚さん(右)とプロデビュー戦を喜ぶ徳島空吾(撮影・藤中栄二)

<プロボクシング:スーパーフライ級4回戦>◇21日◇東京・後楽園ホール


 元東洋太平洋フライ級王者で元日本ミニマム級王者の徳島尚(ひさし)氏(50)を父に持つ徳島空吾(18=ワタナベ)がTKO勝利でプロデビュー戦を飾った。

 同じくプロデビュー戦だった戸田祥司(29=横浜さくら)と拳を交え、的確なボディー打ちで相手の体力を削り、強烈な右ストレートからの連打でダウンを奪取。立ち上がった相手に連打をまとめ、2回47秒、レフェリーストップによるTKO勝利を収めた。

 大阪・枚方市から駆けつけた尚氏が見守る中でTKO勝ちし「始まる前は緊張しましたが、リングに上がったら楽しめました。練習で少しずつボディー打ちを練習していた。(KOは)チャンスがあればと思っていました」と思い通りの試合展開に満足そうな笑みを浮かべた。将来的な目標には父親のなしえなかった「世界チャンピオンです」と掲げた。尚氏は「自分はリングで楽しんだことがないので、うらやましいですね」と成長した息子の姿を頼もしそうに見つめた。

 渡辺均会長は「性格がいいし、本当にいい子。お父さんの育て方が良かったのだと思う。来年の新人王に出場させるかは相談してきめたい」と期待を寄せていた。

 ◆徳島空吾(とくしま・くうご)1999年(平11)8月22日、大阪・枚方市生まれ。元東洋太平洋フライ級王者の父尚氏の小学校時代から自宅などでボクシングの練習を開始。父が徳島スポーツボクシングジムの会長就任した小学5年から本格的にジムワークを開始する。中宮中2年時にはアンダージュニア全国大会で優勝。興国高を経て、ワタナベジムに加入。名前の由来は父の好きなアニメ「ドラゴンボール」の主人公孫悟空。身長173センチの右ボクサーファイター。

2回TKO勝ちでプロデビュー戦を飾った元東洋太平洋フライ級王者徳島尚氏の息子、空吾(右)(撮影・藤中栄二)

93年ぶりにフィリピン選手同士の世界戦が実現


 IBF世界スーパーフライ級王者のジェルウィン・アンカハス(26=比)は26日(日本時間27日)、米国カリフォルニア州フレズノで同級1位の指名挑戦者、ジョナス・スルタン(26=比)を相手に5度目の防衛戦に臨む。フィリピンの選手同士が世界戦で拳を交えるのは93年ぶり2度目のことになる。

 日本では白井義男氏が1952年に初めて世界王者になったが、フィリピンはそれよりも29年早い1923年にパンチョ・ビラが米国で世界王座を獲得している。そういった面でもビラはマニー・パッキャオらの大先輩といえる。ちなみに世界王者の輩出数では日本が追い抜き、現在は89人(日本ボクシングコミッション認定下)を数える。対してフィリピンは39人となっている。興味深いのはフィリピンの歴代世界王者のうち半数近くがサウスポーであるという点だ。日本は約25パーセント、メキシコは15パーセント前後だから、いかにフィリピンのサウスポー比率が高いかが分かるだろう。

 さて、フィリピンの初代世界王者となったビラは1925年5月2日、フィリピンのマニラで4度目の防衛戦に臨んだが、そのときの相手が同国人のクレバー・センシオだった。試合では23歳のビラが20歳のセンシオに15回判定勝ちを収めている(当時の世界戦は15回戦制)。これも余談になるが、ビラは2カ月後のV5戦で敗れて王座を失い、その10日後に化膿した歯の毒が原因で亡くなった。センシオも11カ月後、10回判定負けを喫した試合の翌朝に脳出血で死亡している。

 これで同胞対決が忌み嫌われたわけではないのだろうが、以後93年間もフィリピン人同士の世界戦が組まれることはなかった。6階級制覇のパッキャオ、5階級制覇のノニト・ドネア、60年代に活躍したフラッシュ・エロルデなど知名度も実力もある選手たちも世界戦で同胞と戦うことはなかった。

 こうしたなか今回のアンカハス対スルタンはIBFの指名試合として行われる。イベントの宣伝デザインには、両選手の写真とともにモノクロのビラのポーズ写真も配されている。イベントのコピーは「Meet & Greet」。邂逅と歓迎とでも訳せばいいのだろうか。

 サウスポーのアンカハスは31戦29勝(20KO)1敗1分の戦績を誇る強打者で、最近の6年間は16戦全勝(15KO)という手のつけられない強さを発揮している。目下4連続KO防衛中だ。挑戦者のスルタンは15年11月の初来日試合で10回判定負けを喫しているが、以後は5連勝(4KO)と勢いを取り戻している。通算戦績は17戦14勝(9KO)3敗。

 下馬評では、パッキャオのMPプロモーションズ、そのパッキャオや村田諒太(帝拳)が契約を交わしている米国のトップランク社と提携しているアンカハスが圧倒的有利とみられている。しかし、戦闘スタイルや感情面など同国人対決は意外に戦いにくい一面もあるだけに、内容と結果が気になるところだ。

 なお、8月18日にはフィリピン人同士の3度目の世界戦となるドニー・ニエテス(36)対アストン・パリクテ(27)のWBOスーパーフライ級王座決定戦がセブ市で行われることが決まっている。

 ビジネス面の成否にもよるが、これを機に今後は軽量級を中心にフィリピン人同士の世界戦が増えそうな気配だ。

中井りん、7・29復帰戦決定 RIZIN発表

中井りん(2018年2月23日撮影)


 総合格闘技のRIZINは20日、都内で会見し7月29日のさいたまスーパーアリーナ大会の追加カードを発表した。

 中井りん(31=修斗四国道場)が、16年12月29日以来のRIZIN復帰戦を杉山しずか(31)と行う。中井は同大会後に活動を休止し、2月のDEEP有明大会で1年2カ月ぶりに復帰。キム・ヨンギにTKO勝ちしていた。

 そのほかKINGレイナ対ケイトリン・ヤング、ストラッサー起一対住村竜市朗、ロッキー・マルティネス対侍マーク・ハント、日沖発対朝倉未来、矢地祐介対ブルーノ・カルバーリョの試合が決定した。