上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

白鵬破ってこそ世代交代 若手とのせめぎ合い楽しみ

横綱白鵬

大関貴景勝(22=千賀ノ浦)がケガから復帰してかど番脱出なるか、番付発表前の現時点で三役候補の阿炎(25=錣山)、竜電(28=高田川)、朝乃山(25=高砂)ら上位総当たりの有望株がどんな活躍を見せるか、小兵の炎鵬(24=宮城野)は土俵狭しと動き回り幕内の座を守れるのか-。大相撲名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズアリーナ)も見どころは満載。その中の1つに、横綱白鵬(34=宮城野)の復活優勝成るか-もある。現時点で出場の明言はないが、名古屋に向け前向きに調整を進めている。

史上最多を独走する42度の優勝を誇る白鵬だが、最近5度の優勝のうち4度は、前場所を休場(途中休場3)して成し遂げている。本来なら1度しか使われないであろう「復活劇」の言葉も、白鵬の場合、毎度おなじみのフレーズになっている。白鵬の強さを如実に表しているのか、蛇ににらまれたカエルのような他力士の力のなさか-。どちらとも言えるような状況だ。

“勤続疲労”もあり、若い頃よりケガをしやすくなり、また回復が遅くなることもあり、無理を避けている。結果が求められる横綱として土俵に上がる以上、ぶざまな姿は見せられないから慎重にもなるだろう。しっかり治して土俵復帰するのは当然。その上で賜杯を手にし続けている。

こんなデータもある。昨年1月の初場所から、令和最初の場所となった今年5月の夏場所までの9場所で何と、初優勝力士が5人も誕生した。栃ノ心、御嶽海、貴景勝、玉鷲、朝乃山で、いずれも関脇以下。そして全てに共通するのは、白鵬が休場している場所ということだ(全休2、途中休場3)。鬼の居ぬ間の何とやら…ではないが、白鵬不在の場所は何かが起こる。逆に言えば残された横綱、大関陣のふがいなさが浮き彫りになっている。

私が以前に相撲担当だったころにも、同じような展開があった。91年名古屋場所から93年春場所までの11場所で、いずれも三役以下の6人もの初優勝力士を輩出した。ただしこの間、番付上からも不在の場所もあるなど、千代の富士のような絶対的な壁となる横綱がいなかった。

休場が相次ぐとはいえ、依然として孤高の横綱として君臨し、若手の壁として立ちはだかり続ける白鵬。その壁をブチ破ってこそ、真の世代交代はやってくる。並み居る挑戦者たちを蹴散らすのか、絶対王者の牙城を崩すのか、そのせめぎ合いが見たい。【渡辺佳彦】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

アイスリボン女性ファン獲得へサービスも試合も魅力

アイスリボン弓李生誕祭のメイン「お菓子デスマッチ」。酢いかのボトルを星いぶきの鼻におしつける柊くるみ(撮影・高場泉穂)

「リングにかける男たち」という題のコラムコーナーですが、今回は女子プロレスと女性ファンについて記したいと思います。

先月28日、プロレス好きの女性の友人に誘われ、女子プロレス団体「アイスリボン」の道場マッチを見に行きました。プロレス担当となり半年がたちましたが、これまで取材機会はなく、道場へも行ったことがありませんでした。一人の客として、3000円のチケットを購入し、参りました。

JR西川口駅を降り、線路沿いの暗い道を10分ほど歩くと、道場入り口の蛍光灯の光が見えてきます。平日の夜。悪さをしているようなワクワクした気持ちで中に入りました。驚いたのは、私たち女性2人組に対する並々ならぬおもてなしでした。見渡すところ大半が常連とみられる男性ファン。その中で受け付けを済ますと、スタッフの方が「女性の方が通ります!」と通路を空け、最前列へと通してくれました。

試合が始まっても、サービスは続きます。第1試合のタッグマッチでは見目麗しいジュリア選手、テキーラ沙耶選手とハイタッチ。大量の菓子を凶器に使用したメインの「お菓子デスマッチ」では、セコンドの星ハム子選手が近くにいる私たちにふ菓子やじゃがりこを「食べます?」と分けてくれました。狭い道場だからこそだったかもしれませんが、選手との距離の近さにぐっと心をつかまれました。

そうしたサービス抜きで、試合自体も見応えあるものでした。試合形式は、3分ごとにタッグパートナーを入れ替えるという「変則タッグマッチ」、出場3人が弓李選手の衣装を着て試合する「弓李なりきりマッチ」など多才。特に前述の「お菓子デスマッチ」は、特に面白く、菓子がリングに散らばるさまは前衛的ですらありました。酢いかのボトルを鼻に押しつける攻撃は本来のデスマッチに勝るとも劣らない激しさがありました。魅力的な選手も多く、雪妃真矢選手の美しさにほれぼれし、入場曲に戸川純を使う松本都選手のアングラ感と素晴らしい受けにも感銘を受けました。美人、かわいい、キッチュ、ぽっちゃりなどさまざまなキャラの選手がそろい、推し選手を見つけるのもいいと思います。

私自身は、アイスリボンの道場マッチはコアなファンが多いと以前から耳にしていたため、身構えて道場に乗り込みました。しかし、排他的な雰囲気は一切なく、むしろ楽しめました。

まるで「覆面調査」のようになってしまいましたが、ぜひ記事にしたいと思い、女性ファンへのサービスについてアイスリボンに問い合わせると広報の方から以下、丁寧な返答が送られてきました。

「道場マッチは自由席となります。基本は、チケットの購入順の整理番号で、好きな席に座れます。早く前売りを買った方が、好きな席を確保出来る。その中で、女性、女性を伴う男性(1人に1人)、中学生以下のお子様をお連れの方は整理番号に関係なく、優先的に着席が可能となっています。これは、今の道場が出来る前から(09年道場設立以前から)行っています。その他、後楽園ホールや横浜文体といった大箱での大会では、レディースシートとして、割引(&記念品進呈の場合もあり)を行っています。女性ファンの割合は1割に満たない状態です。(ニコニコの動画視聴などでも、女性2割に満たないなど、圧倒的に男性が多い状況)。そのために、女性に来て欲しいと、ずっと(サービスを)行っていますが…。(客席の雰囲気もありますし、またレスラーに憧れて目指す女性が出て来ないとダメなので)。ここ数年のプ女子もあり、若干増えましたが、劇的な増加は無いです。以前にTBSの番組企画で、女性限定の興行を行ったのですが、その時の会場の盛り上がりなどすごかったので、コンテンツ的には、女性(プ女子)にも受け入れられるとは思っています。とにかく、見てもらう、会場に来て欲しいと思います」

確かに、新日本、全日本、ノアなど男性のプロレス団体の客席には女性ファンが多数いますが、アイスリボンに限らず女子プロレスの興行で女性ファンの割合は私の見た目でかなり少ないです。

美しく、激しく戦う女性を見て燃える(萌える?)心情は男性、女性関係ありません。かつて長与千種とライオネス飛鳥の「クラッシュギャルズ」は、熱狂的な女性ファンに支えられていました。アイスリボンの方が言うように、とにかく一度見ればはまる方も少なくないでしょう。「リングにかける女たち」に女性が熱狂する。そんな風景がもっと増えることを期待します。【高場泉穂】

アイスリボン弓李生誕祭のメイン「お菓子デスマッチ」の途中で、セコンドの星ハム子からもらったふ菓子(撮影・高場泉穂)

「地獄の墓堀人」がR・レインズ救出、鐘の音で降臨

レインズ(右奥)の救援に登場したジ・アンダーテイカーは舌を出して決めポーズ (C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇24日◇ワシントン州エバレット・エンゼル・オブ・ザ・ウインズ・アリーナ

「地獄の墓堀人」ジ・アンダーテイカーが、「ビッグドッグ」ローマン・レインズの救出に登場した。

因縁が続くシェイン・マクマホン、ドリュー・マッキンタイアと1対2のハンディキャップ戦に挑んだレインズがマッキンタイアの鉄製ステップ攻撃やクレイモア2発を浴びてダウン。さらにシェインがコースト・トゥ・コーストを狙おうとすると、急に会場が真っ暗に。鐘の音が鳴り響き、会場内が明るくなると、リングにはアンダーテイカーが降臨していた。

まずはチョークスラムでシェインをマットにたたきつけたアンダーテイカーは、マッキンタイアも殴り倒して場外へと蹴散らした。

最後は舌を出して首を斬る決めポーズを披露し、2人ににらみをきかせた。試合後、7月14日のPPV大会エクストリーム・ルールズ(ペンシルベニア州フィラデルフィア・ウェルズ・ファーゴ・センター)で、レインズとタッグを組み、シェイン、マッキンタイア組と対戦することが発表された。デッドマンとビッグドッグの共闘に注目が集まる。

ビッグブーツでマッキンタイア(左)を蹴散らすジ・アンダーテイカー  (C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

井上はドネアと WBSS3階級の全決勝カード決定

15日(日本時間16日)にラトビアの首都リガでクルーザー級のダブル世界戦が行われ、WBOタイトルマッチでマイリス・ブリエディス(34=ラトビア)が3回TKO、IBF暫定王座決定戦ではユニエル・ドルティコス(33=キューバ)が10回KOでそれぞれ勝利を収めた。この2試合は最強決定トーナメント、「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のクルーザー級準決勝も兼ねていた。これにより井上尚弥(26=大橋)が勝ち残っているバンタム級を含め、実施されている3階級の全決勝カードが決まった。

WBSSは17年9月に欧米の有力プロモーターが提携してスタートした賞金トーナメントで、シーズン1ではクルーザー級とスーパー・ミドル級の2階級で実施された。両階級とも世界王者を含む実力者8選手がエントリー。クルーザー級では3試合を勝ち抜いて4団体王座を統一したオレクサンデル・ウシク(32=ウクライナ)、スーパー・ミドル級では決勝でWBA王座を獲得したカラム・スミス(29=英国)が優勝した。

シーズン2はバンタム級、スーパー・ライト級、そしてクルーザー級の3階級で実施され、昨年10月に始まった。そのオープニング・イベントでは井上が元王者のファン・カルロス・パヤノ(35=ドミニカ共和国)を芸術的な右一発で70秒KO。今年5月の準決勝ではIBF王者のエマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)から3度のダウンを奪って2回KO勝ち、決勝に駒を進めている。このバンタム級では、もう一方の櫓を5階級制覇王者のノニト・ドネア(36=比)が勝ち上がってきた。

この井上対ドネアを含む決勝3カードは以下のとおりだ。

<バンタム級>

WBA&IBF王者井上尚弥(26歳=大橋 18戦全勝16KO)対WBAスーパー王者ノニト・ドネア(36歳=比 45戦40勝26KO5敗)

<スーパー・ライト級>

WBA王者レジス・プログレイス(30=米国 24戦全勝20KO)対IBF王者ジョシュ・テイラー(28=英 15戦全勝12KO)

<クルーザー級>

WBO王者マイリス・ブリエディス(34=ラトビア 27戦26勝19KO1敗)対IBF王者ユニエル・ドルティコス(33=キューバ 25戦24勝22KO1敗)

3階級とも世界王者同士の統一戦となる。井上対ドネアは新旧スター対決、プログレイス対テイラーは米英の全勝対決、クルーザー級はラトビア出身者対キューバ出身者のカードとなる。

決勝戦は10月~12月の間に行われる可能性が高いが、時期だけでなく開催地も未定だ。

主催者側の発表が待ち遠しい。

横綱DNA持つ琴鎌谷、重圧から逃げず新十両に前進

支度部屋へ引き揚げる琴鎌谷(撮影・河田真司)

横綱のDNAを持つ逸材が、新十両へ前進した。東幕下2枚目琴鎌谷(21=佐渡ケ嶽)が7番相撲で勝ち越しを決めて4勝3敗。3連勝から3連敗したが「師匠に『十両とか考えずラクにいけ』と言われて吹っ切れた」。父は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)で、母方の祖父は元横綱琴桜。3代にわたって関取の座をつかむ勢いだ。

「先代は雲の上の存在だと思っている」と、偉大な祖父に敬意を払う。5歳から相撲を始めたが、小4で祖父が亡くなると、意識が一変。師匠は「先代が亡くなった直後に『埼玉栄中にいきたい』って言い出したんだよな」と明かす。親元を離れて、高校相撲の名門、埼玉栄高の付属中学への進学を決意。小5から自発的に地元のサッカークラブに入り、将来の角界入りに向けて下半身を強化した。

血筋を重圧に感じることもあった。中学、高校、入門当時と常に注目を浴びる日々。「勝つたびに周囲から言われて気にすることもあった。今は、他の人にはできない経験だと思えている。自分の実力で、自分を押し上げたい」。将来的な目標は、師匠と先代の番付に追いつくこと。道半ばだが、1歩前進した。【佐藤礼征】

(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

琴鎌谷(左)は押し出しで美ノ海を下す(撮影・小沢裕)

39年前フレーズだけで高揚「熊殺し」に感謝の意

80年2月、異種格闘技戦でアントニオ猪木(左)にハイキックを浴びせるウィリー・ウィリアムスさん

空手家ウィリー・ウィリアムスが他界した。

80年2月、39年前か。中学の教室は大騒ぎやった。

「そんなん猪木が勝つに決まってるやんけ」

「アホ! 極真が負けるか」

ウィリー・ウィリアムスVSアントニオ猪木の格闘技世界一決定戦を前に、クラスメートのテンションは異常に高かった。私はプロレスに目覚める前で、どちらかと言えば“空手派”やったけど、別にどっちゃでも…という程度で話に加わってた。ただ、あのフレーズには仰天した。

「ウィリーは熊殺しやねんぞ」

熊? ウソやろ?

「知らんの? 映画見てへんの?」-。

いや、見てへんけど…。

極真空手の創始者・大山倍達が“牛殺し”で“ゴッドハンド”と呼ばれていることを、その後に知った。「牛と来て、熊かい」と思った。後年、漫画「グラップラー刃牙」でフルコンタクト空手「神心会」総帥愚地独歩(おろち・どっぽ)に“虎殺し”いうエピソードが登場するけど、これは完全に牛→熊の流れでしょう。

熊殺し。異名としては最強クラスやがな。要は人間離れ。愚地独歩かて「誰も信じちゃくれねえって」と言いふらしてませんから…あ、漫画やけど。ただ、ほんまならすごい、とんでもない。当時はインターネットがなかった。検索サイトも、動画サイトもなくて、情報源と言えばほぼ活字。それも東スポ以外は月刊雑誌やった。「どうやって殺したんや。とどめは拳? ひじ? 膝か?」と想像がふくらんだもんです。

だから、おもしろかった。フタを開けてみんとわからんから、テレビ中継をドキドキして見た。リングサイドは、新日本プロレスと極真空手の両陣営が殺気立って一触即発状態やった。「こんなん公開げんかやないか」と見てる方も興奮する。ほんまに手に汗握ってました。

これから先、あんな思い、ときめきはもうないでしょうね。情報があふれかえって、スマートフォン(多機能携帯電話)をちょちょっと触ったら、何でもわかる。それはそれで便利やけど、どっちが幸せなんかは微妙ちゃいますかね。昔話で、うなぎを焼くにおいをかぐだけで、飯を食うっちゅうのがありますが、それと似てるかな。その試合があるという情報だけで楽しむ。推理して、イマジネーションを妄想レベルに膨らませ、堪能する。それは超絶のエンターテインメントです。

昭和を生きたオッサンをワクワクドキドキさせてくれた。「熊殺し」なるフレーズは、ロマンの極み。ウィリー・ウィリアムスさん、ありがとうございました。(敬称略)

【加藤裕一】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「リングにかける男たち」)

80年2月、アントニオ猪木(左)と握手をかわすウィリー・ウィリアムスさん

リコシェUS王座初戴冠 AJスタイルズ宣戦布告か

サモア・ジョーを下し、US王座を初めて獲得したリコシェ(左)(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:PPV大会ストンピング・グラウンズ>◇23日◇ワシントン州タコマ・タコマドーム

ドラゴンゲート、新日本プロレスなどで活躍した「ハイフライヤー」リコシェがUS王座を初戴冠した。

同王者サモア・ジョーに挑み、パワー殺法に押されながらも延髄斬り、オーバーヘッドキックの連続蹴り攻撃、スワンダイブ式のミサイルキック、月面水爆も放って反撃した。ハンドスプリング・エルボーをキャッチされ、原爆固めを食らい、王者得意のコキーナ・クラッチ(胴絞め裸絞め)に捕まったが、ロープを使って辛うじて回避。ダブル・ニーでマットに寝転がせてから必殺の630度スプラッシュを成功させ、3カウントを奪ってみせた。NXTからロウ昇格後、初タイトルとなるUS王座を獲得。WWEのCOO(最高執行責任者)も務めるトリプルHらの祝福を受けていた。

新US王者となったリコシェはバックステージでベルトを持って写真撮影していると、AJスタイルズ、カール・アンダーソン、ルーク・ギャローズの「ザ・クラブ」が登場。3人がウルフパックポーズを決める中心で、リコシェは嫌そうな表情。するとAJスタイルズから「明日のロウで会おうぜ」と宣戦布告とも取れる言葉を投げかけられた。

AJスタイルズがリコシェ下す 必殺技で3カウント

US王者リコシェ(左下)にフェノメーナル・フォアアームを狙うAJスタイルズ(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇24日◇ワシントン州エバレット・エンゼル・オブ・ザ・ウインズ・アリーナ

元WWEヘビー級王者AJスタイルズがUS王座を初戴冠したばかりのリコシェとのシングル戦を制した。

23日のPPV大会ストンピング・グラウンズの試合後に「明日のロウで会おう」とAJスタイルズがリコシェに予告した通り、メインイベントで組まれた一騎打ち。試合途中、AJスタイルズの「ザ・クラブ」のルーク・ギャローズ、カール・アンダーソンがセコンドについたものの、AJスタイルズが説得し、介入なしを確認して試合が再開した。

AJスタイルズがペレキックやリバースDDTで攻め込むと、リコシェからはスワンダイブ式月面水爆で反撃を受けた。リコシェの630度スプラッシュをかわすと、必殺のフェノメナール・フォアアームをたたき込み、3カウントを奪取した。空中戦も交えた両者のファイトは、AJスタイルズが制し、試合後は両者ともに健闘をたたえ合っていた。

US王者リコシェ(左)の健闘をたたえるAJスタイルズ(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

WWE王者カップル、異例ミックスタッグ王座戦決定

エバンス(手前下)らを返り討ちにしたロウ女子王者リンチ(左)とユニバーサル王者ロリンズ(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇24日◇ワシントン州エバレット・エンゼル・オブ・ザ・ウインズ・アリーナ

ユニバーサル王者セス・ロリンズ、ロウ女子王者ベッキー・リンチの王者カップルが、異例のミックスタッグ(男女混合)形式による王座戦に臨むことが決まった。

リングに立った両王者は前日23日のPPV大会で下したバロン・コービン、レイシー・エバンスの襲撃を受けた。ロリンズはコービン、リンチはエバンスに襲われたものの、ロリンズはスリングブレイド、リンチもエクスプロイダーで返り討ちにした。あきらめの悪いコービンから「また彼女に助けられたな、ロリンズ。ベッキーがいなければ、オレはユニバーサル王者だったのに。いつでもミックスタッグ戦で勝負してやるぞ」と侮辱。さらにエバンスからも「(次期PPV大会)エクストリーム・ルールズで勝負しよう」と挑発を交えて要求された。

さらにコービンから「ユニバーサル王座とロウ女子王座をかけた勝者総取り戦だ!」とタイトルを懸けることも追加されたものの、王者カップルはすべてをけ入れた。これで7月14日のPPV大会エクストリーム・ルールズ(ペンシルベニア州フィラデルフィア・ウェルズ・ファーゴ・センター)で勝者タッグ総取りとなるミックスタッグ王座戦が正式に決定した。

コービン(左)を迎撃するユニバーサル王者ロリンズ (C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

井上尚弥、来月中旬メドにWBSS決勝の会場決定へ

5本のベルトを体に巻き付けガッツポーズする井上(撮影・河田真司)

ボクシングWBA・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)が年内に臨む予定のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝の会場について、所属ジムの大橋秀行会長(54)は25日、来月中旬を目標に決める方針を示した。

同会長は「村田諒太選手の世界戦(7月12日)あたりを目標に試合会場、日程などを決められば。まもなく決まると思います」と明かした。WBSS決勝の相手となる5階級制覇王者のWBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)は米西海岸が拠点。ただ来日経験も多く、同じアジア勢でもあるため、日本開催にも柔軟に対応できるという。

WBSS主催者はスーパーライト級、クルーザー級を含めた3階級の決勝開催地の興行権を世界各国に売り出している。運営資金を集めたいWBSSは高額提示する開催地を選択するため、オイルマネーが豊富な中東なども候補に挙がっている。

父でトレーナーの井上真氏(左)とミット打ち練習をする井上尚(撮影・河田真司)