上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

貴景勝人気うなぎ上りグッズ売り上げも懸賞もトップ

貴景勝タオルを掲げて応援するファン(2019年3月10日撮影)

土俵に上がると、会場内は「貴景勝」の名前が書かれた薄いブルーのタオルで染まる。準ご当地場所で大関とりの貴景勝。実力はもちろんのこと、人気もうなぎ上りだ。エディオンアリーナ大阪では相撲グッズの売店が全部で7店。しこ名が書かれたタオル、ボールペン、キーホルダーなど…全ての売店で貴景勝関連のグッズが売れ行き1位だ。

特にタオルは応援グッズの中でも花形になる。最も規模の大きい2階の売店では、1日200枚以上を入荷して、そのうち半数以上が貴景勝のタオルだという。女性販売員は「新しく届いたなと思ったらすぐになくなる。圧倒的1番人気です」と明かした。

広告塔としても台頭しつつある。力士を指定する懸賞も初場所前の58本から約4倍の約250本で全体トップ。「甲子園記念館」で貴景勝に懸賞を出した阪神電鉄では、大相撲に懸賞を出すのは初めての試みという。同社広報部は「プロモーションの一環として出しました。貴景勝関は阪神地域に位置する芦屋市出身。甲子園と大相撲は長い歴史という意味でもつながりがあるので」と説明した。ちなみに春のセンバツ甲子園は春場所14日目の13日に開幕する。球春到来が先か、昇進当確が先か。【佐藤礼征】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

ファンにサインする貴景勝(撮影・清水貴仁)

母校、実質部員ゼロ若佐竹が奮闘 入部者呼び込む 

記者の質問に答える若佐竹(撮影・河田真司)

大関とりに挑む貴景勝の千賀ノ浦部屋が場所前稽古を行った勝山高。その相撲部OBでただ1人の大相撲力士が、大阪市平野区出身、東序二段16枚目若佐竹(20=西岩)だ。この日は敗れ1勝5敗となったが「学校も応援してくれているし、期待に応えたいです」。表情は明るかった。

高校相撲は埼玉栄、鳥取城北などが有名だが、競技人口は少ない。全国で相撲部がある高校は154校で総部員数は917人。ちなみに男子サッカー部は4058校、16万5351人(いずれも日本高体連HPから、昨年8月現在)。同相撲専門部の川村久夫事務局長は「小中学生らが相撲をとる各地域の道場などが頑張ってくれて、この10年間ほどは横ばい」という。大阪の公立高で唯一相撲部がある勝山高は今春、部員2人が卒業してマネジャー1人となり、実質0に。大谷登部長らが毎週土曜日、地域の子どもたちに土俵を開放して競技普及に励む。

若佐竹は高卒以上の新弟子入門基準ギリギリの身長167センチで角界入り。「これといってやりたいことがなく、でも相撲なら“やりきれるかな”と思って」。大きなことは言わないが、昨年2月にできた若い西岩部屋で、一番弟子として黙々と頑張る。その姿が母校に入部希望者を呼び込むかもしれない。【加藤裕一】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

土俵に上がり四股を踏む若佐竹(撮影・河田真司)

白鵬が豪栄道下し無傷13連勝、逸ノ城1敗 春場所

白鵬(左)が寄り切って豪栄道を下し無傷の13勝目(撮影・奥田泰也)

<大相撲春場所>◇13日目◇22日◇エディオンアリーナ大阪

42度目の賜杯を狙う横綱白鵬(34=宮城野)は、大関豪栄道(32=境川)を寄り切って無傷の13連勝とした。豪栄道は10勝3敗で優勝戦線から後退した。白鵬が14日目(高安戦)に勝ち、1敗で追う逸ノ城が敗れれば「平成最後の場所」で白鵬の優勝が決まる。

横綱鶴竜(33=井筒)は、大関栃ノ心(31=春日野)を寄り切って10勝3敗。栃ノ心は6勝7敗となりかど番脱出へ苦しい星勘定となった。

大関高安(29=田子ノ浦)は、大関昇進を狙う関脇貴景勝(22=千賀ノ浦)に押し出され3敗目、優勝争いから一歩後退した。貴景勝は9勝4敗となり今場所を含めた直近の3場所の勝利数合計は33勝となった。

先場所初優勝のの関脇玉鷲(34=片男波)は、前頭5枚目の千代大龍(30=九重)に押し出され8敗目、悔しい負け越しとなった。千代大龍は7勝6敗。

小結御嶽海(26=出羽海)は、前頭4枚目逸ノ城(25=湊)にはたき込まれて負け越し。逸ノ城12勝1敗と星を伸ばした。

人気力士の前頭筆頭遠藤(28=追手風)は、前頭筆頭の魁聖(32=友綱)を寄り切って5勝8敗。魁聖は2勝11敗。

優勝争いは全勝白鵬、1敗で逸ノ城、2敗力士はおらず、優勝は白鵬と逸ノ城に絞られた。

貴景勝(右)は押し出しで高安を破る(撮影・奥田泰也)
栃ノ心(左)を寄り切って10勝目を挙げた鶴竜(撮影・上田博志)
魁聖(右)に寄り切りで勝利する遠藤(撮影・上田博志)
玉鷲(右)を押し出した千代大龍(撮影・上田博志)

白鵬が全勝、逸ノ城は1敗守る/13日目写真特集

<大相撲春場所>◇13日目◇22日◇エディオンアリーナ大阪

42度目の賜杯を狙う横綱白鵬(34=宮城野)は、大関豪栄道(32=境川)を寄り切って無傷の13連勝とした。

トップの白鵬を1差で追う前頭4枚目逸ノ城(25=湊)は小結御嶽海(26=出羽海)に勝利し1敗を守った。

【全勝】白鵬

【1敗】逸ノ城

13日目の取組模様を写真で振り返ります。


白鵬(13勝0敗)寄り切り豪栄道(10勝3敗)

大相撲春場所13日目 白鵬(左)が寄りきりで豪栄道に勝利(撮影・奥田泰也)=2019年3月22日、エディオンアリーナ大阪

白鵬(左)が寄り切って豪栄道を下し無傷の13勝目(撮影・奥田泰也)

豪栄道(左)に寄り切りで勝利する白鵬(撮影・上田博志)

豪栄道(左)に寄り切りで勝利する白鵬(撮影・上田博志)=2019年3月22日、エディオンアリーナ大阪


栃ノ心(6勝7敗)寄り切り鶴竜(10勝3敗)

鶴竜(左)が寄り切って栃ノ心に勝利(撮影・奥田泰也)

栃ノ心(左)に寄り切りで勝利する鶴竜(撮影・上田博志)

栃ノ心(左)を寄り切って10勝目を挙げた鶴竜(撮影・上田博志)

貴景勝に負け引き揚げる高安(撮影・奥田泰也)


高安(10勝3敗)押し出し貴景勝(10勝3敗)

貴景勝(右)は押し出しで高安に勝利する(撮影・奥田泰也)

貴景勝(右)は押し出しで高安を破る(撮影・奥田泰也)

高安(右)に押し出しで勝利する貴景勝(撮影・上田博志)

高安(右)に押し出しで勝利する貴景勝(撮影・上田博志)


千代大龍(7勝6敗)押し出し玉鷲(5勝8敗)

千代大龍(右)が押し出しで玉鷲に勝利(撮影・奥田泰也)

玉鷲(右)に押しだしで勝利する千代大龍(撮影・上田博志)

玉鷲(右)を押し出した千代大龍(撮影・上田博志)


御嶽海(5勝7敗)叩き込み逸ノ城(11勝1敗)

逸ノ城(右)がはたき込みで御嶽海に勝利する(撮影・奥田泰也)

逸ノ城(右)がはたき込みで御嶽海に勝利する(撮影・奥田泰也)

御嶽海(右)にはたき込みで勝利する逸ノ城(撮影・上田博志)

逸ノ城に負け引き揚げる御嶽海(撮影・奥田泰也)


魁聖(2勝11敗)寄り切り遠藤(5勝8敗)

遠藤(右)が寄り切って魁聖に勝利(撮影・奥田泰也)

魁聖(右)に寄り切りで勝利する遠藤(撮影・上田博志)


碧山(10勝3敗)送り出し嘉風(10勝3敗)

碧山(左)に送り出しで勝利する嘉風(撮影・上田博志)

嘉風(左)が送り出しで碧山に勝利(撮影・奥田泰也)


明生(9勝4敗)上手出し投げ琴奨菊(11勝2敗)

琴奨菊(左)に上手出し投げで勝利する明生(撮影・上田博志)


佐田の海(4勝9敗)寄り切り豊ノ島(3勝10敗)

佐田の海(左)が寄り切って豊ノ島に勝利(撮影・奥田泰也)


石浦(6勝7敗)きめ出し大翔鵬(6勝7敗)

石浦(右)にきめ出しで勝利する大翔鵬(撮影・上田博志)

体重超過で王座剥奪のネリ、井上尚弥への挑戦希望

チーズケーキとコーヒー飲料を手に息巻くネリ

プロボクシング前WBC世界バンタム級王者で同級1位のルイス・ネリ(24=メキシコ)が、年内にWBC正規王者ナルディーヌ・ウバーリ(フランス)かWBA正規王者井上尚弥(大橋)に挑戦したい意向を示した。

21日(日本時間22日)、母国のティファナで契約を結ぶフェルナンド・ベルトラン・プロモーターらと記者会見に出席。同プロモーターはウバーリと井上尚の名前を挙げ、今後、数カ月以内に米国で挑戦させる方向性を打ち出した。

ネリ自身も「(WBA世界同級スーパー王者ノニト・)ドネアととも対戦したい。素晴らしい戦いができる。私の才能、そして準備さえできていれば、どの王者でも勝てると思う」と自信をみせた。

18年3月に山中慎介(帝拳)との試合前日の計量で、体重超過して王座を剥奪されたネリは、6カ月の出場停止処分を受けた。同年10月に再起戦を行い、3回KO勝ち。同12月にもノンタイトル戦で7回TKO勝ちを収めた後、米プロモート大手のPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)と契約。

3月16日、米アーリントンでの再起3戦目では元IBF世界スーパーフライ級王者マクジョー・アローヨ(プエルトリコ)から4度のダウンを奪い、4回終了TKO勝ちを収めていた。

10月、1回KO勝ちでパヤノ(手前)を倒しガッツポーズする井上尚

辰吉丈一郎「イチローすごい、うちはまだ現役で」

辰吉丈一郎(18年12月3日撮影)

マリナーズ・イチロー外野手(45)が21日、現役引退を発表した。

過去にイチローとの対談から親交のあるプロボクシング元WBC世界バンタム級王者辰吉丈一郎(48)は「本当にお疲れさまやね。長い間、日本に勇気を与える偉業を成し遂げてきた。お互い20代のころから(の付き合い)やけど、ほんまにすごいと思う。うちはまだ現役で頑張るよ」と語った。

炎鵬が9場所ぶり「かいなひねり」で勝ち越し

大相撲春場所13日目 炎鵬(左)がかいなひねりで若元春に勝利(撮影・奥田泰也)

<大相撲春場所>◇13日目◇22日◇エディオンアリーナ大阪

人気小兵力士の西十両2枚目炎鵬(24=宮城野)が8勝5敗と勝ち越しを決め、新入幕に大きく前進した。若元春との立ち合いで低く潜り込み、タイミングよく相手の左手を右手で引き込み、転がした。

決まり手「かいなひねり」は、三段目優勝を決めた17年秋場所4日目、大翔岩に決めて以来9場所ぶり3度目。「久しぶりに使いました。相手が前に出てくるのがわかってたんで、あそこは狙ってました」。学生相撲から宮城野部屋に入門した17年春、横綱白鵬に「ひねり王子」と呼ばれた業師の面目躍如だ。

今場所4日目に右肩を打撲。患部にテーピングを貼って土俵に上がる苦しい場所が続く。「その苦しい中で体が動いている。場所前から“幕内に上がる”という気持ちが大きいんじゃないか、と思います」。白鵬の横綱土俵入りで、兄弟子の東前頭15枚目石浦とともに「露払い&太刀持ち」を務める夢が、小さな体を奮い立たせる。

幕内力士の動向にもよるが、新入幕に大きく近づいたのは間違いない。「まだ残り2日あるんで」。白星を重ね、より確実にするつもりだ。

16年目、癒し系力士の唐津海が3度目の三段目優勝

三段目優勝し、笑顔でガッツポーズをする唐津海(撮影・河田真司)

<大相撲春場所>◇13日目◇22日◇エディオンアリーナ大阪

三段目は、西39枚目の唐津海(30=玉ノ井)が7戦全勝で昨年夏場所以来、3度目の優勝を果たした。

ここまで6戦全勝で3人が並んでいたが、琴宮倉(21=佐渡ケ嶽)が序二段で全勝だった狼雅(20=二子山)に敗北。直接対決の太一山(21=千賀ノ浦)との勝者が優勝決定の一番となり、突き放しから距離を取り、勝機を見逃さず右から強烈に突き落とし、優勝を決めた。

今場所好調の要因は「土俵際で残れたこと」。1番相撲では土俵際にいっぺんに持って行かれたが「残れたのが(場所を通じて)良かった」と振り返った。土俵生活も16年目に入った。10年初場所の序二段を含めれば、各段優勝は4度目。この1年で2度の三段目優勝に、関係者からは「また優勝しちゃったな」と手荒い言葉で? 祝福された。

来場所は再び幕下に上がることから唐津海本人も「また(幕下に)戻っちゃう。ボコボコにされそうで怖い」と言って周囲の爆笑を誘うなど、周囲を和やかにする“癒やし系”力士といえそうだ。

新弟子が半年間、通う両国国技館内にある相撲教習所では、稽古場の教官を約4年前から務める。「教える立場として(本場所で対戦する時は)若い力士に負けられないなという気持ちが半分。その半面、勝ったらかわいそうだなと思う」と気は優しくて力持ちを地で行く。

最高位は8年前の11年九州場所での西幕下12枚目。今後の目標は「教官として教える立場上、幕下や三段目ぐらいじゃないと『何だコイツ』と思われるから」と現状の地位を維持すること。「その中でチャンスがあれば」と殊勝に目標を口にしていた。

太一山を突き落としで破る唐津海(撮影・小沢裕)

元貴公俊の貴ノ富士、同じ過ちはしない精神面が成長

春場所8日目、水戸龍を寄り倒しで破る貴ノ富士(撮影・上田博志)

「付け人とのコミュニケーションで、去年と同じ間違いはしたくなかった」。今場所の初日を出した3日目の支度部屋。西十両13枚目貴ノ富士(21=千賀ノ浦)は、間を置きながら、淡々と決意を語った。付け人は、もともと千賀ノ浦部屋に在籍していた幕下舛東欧、1年前に入門した序二段貴正樹らがつき、サポートに徹している。貴ノ富士は「初めてついてくれたけど、ちゃんとついてくれている」と感謝した。

あれから1年がたった。昨年初場所で新十両を決めながら、この日と同じ春場所8日目の同年3月18日に付け人を暴行。謹慎処分を受け、幕下に陥落した。貴公俊(たかよしとし)から改名した1月の初場所で再十両を決めた。1年ぶりとなる十両の舞台は、ここまで3勝5敗。「全ての力を使ってもいいくらい、相撲だけに集中したい」と意気込んでいる。

場所前の2月23日には双子の弟、十両貴源治との「貴源治・貴ノ富士双子後援会」の発起会が行われるなど、背負うものが増えた。「自分のことよりも、応援してくれるいろんな人の思いも背負っている」。21歳。1年前より、精神面の成長を実感している。【佐藤礼征】

双子の弟・貴源治(左)と貴公俊時代の貴ノ富士(2017年4月30日撮影)

棚橋、SANADAが4強入り ニュージャパン杯

<新日本:浜松大会>◇20日◇静岡・アクトシティ浜松◇観客2406人

ニュージャパン杯の準々決勝2試合が行われ、棚橋弘至(42)が昨年王者のザック・セイバーJr.(31)との昨年決勝同カードを制し、4強入りした。

関節技で急所の右膝を攻められたが、ジャパニーズクラッチホールドで勝利。4月6日マディソンスクエアガーデン大会でのIWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイト(26)への挑戦権まであと2勝にせまった。もう1つの試合では、SANADA(31)がコルト・カバナ(38)を絞め技Skull endで破った。

23日の長岡大会では棚橋対SANADA、オカダ・カズチカ対石井智宏の準決勝が行われる。