上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

「九死に一生」式守与之吉 土俵に戻る

九州場所で土俵に復帰する式守与之吉


幕内格行司の式守与之吉(49=宮城野)が、ギラン・バレー症候群を克服して土俵に戻ってくる。今年の初場所から5場所連続で休場中。秋場所の土俵には上がっていないが、事務方として国技館に出勤できるまでに回復した。「九死に一生を得ました。本場所は、九州場所から土俵に上がります」と声をはずませた。

発症したのは、昨年12月8日の宮崎市巡業の朝。前夜から肩が上がらず「疲れかな?」と思って一夜明けると、症状が重くなっていた。顔を洗うことも、着替えることもできない。現地で診察を受けると、そのまま入院を勧められた。四肢に力が入らなくなる難病「ギラン・バレー症候群」だった。巡業で滞在していたため荷物は十分でなく、まずは緊急帰京。空港では自力で歩けず、車いすでの移動を強いられるほどに病状が進行した。

東京に戻って入院。5日間点滴を受け、回復を待った。病気になった明確な原因は分からなかった。その後、リハビリを開始。「今年の3月までは、自分で起き上がることもできませんでした。寝たきりの時はこたえました。復帰できないと、半分以上はあきらめていました」。

一時は体重が10キロ以上も減った。「リハビリの先生の献身が、折れた心を救ってくれました。『治る病気なんです』と言って、手や足を持ち上げてくれました」。歩けるようになったのは、4月から。それでも、大相撲中継は見る気になれなかった。「自分が土俵に立つ時間は心苦しくて、気の焦りもありました。その時間はあえて院内を歩いたりしていました。ニュースや結果は耳に入りましたが、1~7月は見ていないんです」と振り返った。

6月14日に退院。再発の恐れはなくなり、本格復帰への準備を進めている。9月の秋場所からは国技館に出勤し、行司仲間から「おめでとう!」との声を掛けられた。ファンも多く、館内で気づいた人たちに驚かれる毎日だ。

休場中は、日本相撲協会の配慮で病名は伏せられていた。だが回復した今、与之吉は「公表してもらってかまいません。なってしまったものは、仕方ないですし」と前を向く。

30日の日馬富士引退相撲から土俵に立ち、本場所後の秋巡業に参加しつつ、九州に入る。「こんなに長い間空けたことはなかったので、楽しみも不安も半々です。初心に戻る感じですね」。今や表情は明るく、血色もいい。もう間もなく、あのはつらつとした「ハッキヨイ」の声が土俵に戻ってくる。【佐々木一郎】

(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

ジョシュアvsポベトキン いよいよ23日にゴング


ヘビー級トップ戦線の主役のひとり、WBA、IBF、WBO3団体統一王者、アンソニー・ジョシュア(28=英)が22日(日本時間23日)、英国ロンドンのウェンブリー・スタジアムで元WBA王者のアレクサンデル・ポベトキン(39=露)を相手に通算6度目の防衛戦を行う。WBC王者のデオンテイ・ワイルダー(32=米)との4団体統一戦プランもあるジョシュアが大一番に向けて存在感を示すのか、それともポベトキンが番狂わせを起こすのか。KO決着が確実視されている注目カードだ。

12年ロンドン五輪のスーパーヘビー級金メダリストでもあるジョシュアは、プロ転向から2年半後の16年4月にIBF王座を獲得。17年4月、元王者のウラジミール・クリチコ(ウクライナ)を11回TKOで下した際にはWBAから「スーパー王者」の称号を与えられた。そして今年3月にはWBO王者のジョセフ・パーカー(26=ニュージーランド)に12回判定勝ち。この試合でデビューからの連続KOは20で止まったが、引き換えに三つめのベルトを手に入れた。身長198センチ、リーチ208センチ、体重約110キロの恵まれた体格から速くて正確な左ジャブを突き、射程が合うと破壊力のある右ストレートを打ち抜く。最近は接近戦でアッパーを突き上げるなど攻撃の幅を広げつつある。

21戦全勝(20KO)のジョシュアは人気面でも際立っている。直近の3試合を見てみると、ウェンブリー・スタジアムで行われたクリチコ戦が約9万人、カーディフのプリンシパリティ・スタジアムが会場となった17年10月のカルロス・タカム(37=カメルーン/仏)戦とパーカー戦でも各7万8000人を集めているのだ。この3試合だけでも合計24万6000人の集客となる。最重量級の世界王者に相応しい人気、注目度といえる。今回も実績と知名度のあるポベトキンが相手だけに、ウェンブリー・スタジアムに7万人超の観客が見込まれている。

そのポベトキンは04年アテネ五輪のスーパーヘビー級金メダリストで、プロでは35戦34勝(24KO)1敗の戦績を残している。この1敗は5年前にクリチコに喫したもので、以後は8連勝(6KO)と好調だ。今年3月にはジョシュア対パーカーの前座に出場し、ダウン応酬のすえ豪快な5回KO勝ちを収めている。身長188センチ、リーチ191センチ、体重約103キロと体格ではジョシュアに及ばないが、下から潜り込むようにして打つ左右のパンチは相手にとって脅威といえよう。

とはいえ総合的な戦力と若さに加え地の利もあるジョシュア有利は絶対的なものとみられており、オッズは9対1と出ている。ジョシュアが左ジャブで距離を計り、打ち下ろしの右ストレートでKO勝ち、という可能性が最も高そうだ。

現在のヘビー級はジョシュアを軸にして、統一戦プランが浮上しているWBC王者のワイルダー、さらに戦線復帰した元3団体王者のタイソン・フューリー(30=英)、ワイルダーと激闘を展開した元WBA暫定王者のルイス・オルティス(39=キューバ)、そしてポベトキンと役者が揃っている。こうしたなか、順当にジョシュアが次に駒を進めるのか、それともポベトキンが番狂わせを起こして準主役に躍り出るのか。22日(日本時間23日)、ロンドンのウェンブリー・スタジアムに要注目だ。

2人の十両力士が締め込みに込める思い

白鷹山(右)を寄り切りで破った天空海(撮影・狩俣裕三)


明日の幕内入りを目指して、しのぎを削る十両力士。いろいろな思いを胸に1日一番に集中する中、2人の力士が締め込みに特別な思いを込めて本場所に臨んでいる。

新十両の初場所以来の十両返り咲きとなった天空海(立浪)は、ライムグリーンの締め込みを締めている。初場所は青色だったが心機一転。実は、度重なるケガなどで道半ばで引退した、弟弟子の元十両力真から譲り受けたもの。「十両に上がったら締めて下さい」と言われたという。しかも力真が締めることなく引退したため、新品のままだった。「力真の気持ちも引き継いで勝ち越して恩返しをしたい」と誓った。

翔猿(追手風)は、銀色から金色に変えた。本来は名古屋場所で使う予定だったが、間に合わずに今場所から使用。春、夏場所で2場所連続7勝8敗だったため験直しで替えた。「銀の上は金。いつかは金星を取るぞ、という気持ちも入っています」と話した。兄弟子の遠藤も金色の締め込み。2人の“ゴールデンコンビ”が、そろって金星を挙げる日が待ち遠しい。唯一、身に着ける物だけに、関取のこだわりが詰まっている。【佐々木隆史】

近藤朱里がUFC北京大会出場、シャオナンと対戦

11月のUFC北京大会出場が発表された近藤朱里


UFCジャパンは20日、女子ストロー級の近藤朱里(29)が11月24日に中国で開催予定のUFC北京大会に出場すると発表した。

対戦相手は地元出身のヤン・シャオナン(29=中国)に決まった。近藤にとっては5月のUFCチリ大会でボテーリョに1回TKO負けし、プロ初黒星を喫して以来の再起戦となる。8月下旬に自らのツイッターで対戦内定を報告していた近藤は「精いっぱい頑張ります!! 応援よろしくお願いします!!」とつづっていた。

リコシェ、ダンと王者対決もエラ突然乱入し反則裁定

英国王者ピート・ダン(右端)と対戦したNXT北米王者リコシェ(左端) (C) 2018WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:NXT大会>◇19日(日本時間20日)◇米フロリダ州ウインターパーク・フルセイル大学


ドラゴンゲートや新日本プロレスのジュニア戦線で活躍した現NXT北米王者リコシェ(29)が王者対決に臨んだ。WWE英国王者ピート・ダンと両王座を懸けて激突した。

王者同士の対決はお互いの実力を探りながらスタートし、ダンの得意の関節技で左腕を集中攻撃を受けたリコシェはトペ・スイシーダやシューティングスタープレスで果敢に攻め込んだ。両者いずれも互角の攻防をみせたが、リコシェがリバース式フランケンシュタイナーを決めて勢いづき、DDT、雪崩式フランケンシュタイナー、フェイスバスターと繰り出して追い詰めた。ダンの三角絞めなどでピンチに陥ると、これを強引に外して垂直落下式ブレーンバスターを成功させて両者ともにダウンという見応え十分の展開だった。

しかし抗争中のアンディスピューテッド・エラが突然、乱入して試合をぶち壊した。ウォー・ライダーズが駆けつけたものの、試合は反則裁定となってしまった。

村田諒太対ゴロフキン戦可能性残っていると本田会長

ミット打ちで右ストレートを打ち込む村田諒太(撮影・阿部健吾)


ボクシングのWBA世界ミドル級王者村田諒太(32=帝拳)の今後について本田明彦会長が20日に取材に応じ、元3団体統一同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との対戦の可能性が残っていると明かした。

15日に米国で行われた2団体統一(WBAスーパー、WBC)世界同級タイトルマッチで、挑戦者の元2階級制覇王者アルバレス(メキシコ)に0-2の判定負けで初黒星を喫したが、以前より両者の間で東京ドームでの興行の交渉が進んでいた。王座陥落したことで消滅と思われたが、「評価は落ちていない。タイトルが無くても戦う価値がある選手」と8年間も王者であり続けた実績を分析。「ゴロフキンの気持ちしだい」と述べた。村田は10月20日に米ラスベガスで同級2位ロブ・ブラント(米国)との2度目の防衛戦を迎えるが、「内容が問われる。圧倒的に勝たないといけない」と見定めた。

村田本人はこの日は都内のジムで調整に励み、「あと1カ月ですね。調子は良い」と強調した。ゴロフキンを含め、今後のマッチメークを円滑に進めるためにも、内容が問われる一戦になる。

田口良一、現役続行表明「あれで終わっていいのか」

現役続行を表明した田口良一(中央)と渡辺均会長(左)、梅津宏治トレーナー


前WBA&IBF世界ライトフライ級王者田口良一(31=ワタナベ)が20日、都内のジムで現役続行を表明した。

5月にヘッキー・ブドラー(30=南アフリカ)に敗れて王座を陥落したが、再戦で雪辱を目標に掲げた。陣営は王座奪回後はフライ級に上げて、2階級制覇を目指すプランも明かした。

ブドラー戦では日本人3人目の統一王者で初防衛に、WBA王座は日本歴代6位に並ぶV8を逃した。「いい引き際」と、家族、友人、先輩の元世界王者内山高志氏らに1度は引退すると伝えた。大半から続行を希望されたが、以前から考えていた飲食店経営の準備にとりかかろうとしていた。

3週間後に体を動かし始めると、悔しさが湧いてきた。「心身ともうまくいかなかった。不完全燃焼でふに落ちない。あれで終わっていいのか」という気持ちが強くなった。「とにかくブドラーにリベンジしたい」と6月中旬には現役続行を決断した。渡辺会長も「オプションもあるのでできると思う」と、即再戦への交渉に入る。

減量苦もあるため、フライ級も視野に入れている。同級では24日にWBO王者木村と3階級制覇を目指す田中が日本人対決する。田口と田中の王座統一戦が注目されていた時期もある。渡辺会長は「勝者とやれるようなら面白い」と話す。

再出発へ「心機一転で変化をつけ、一からスタートしたい」と話す。そこで元日本王者の梅津トレーナーと練習していくことにした。入門時の洪トレーナーと同じ門下生で気心は知れている。9年間ついていた石原トレーナーもサポートしていく。1週間前から本格ジムワークを始め、ブドラー対策にも取り組んでいる。田口は「まだ伸びシロがあり、さらに強くなっていく」と再び世界の舞台を目指す。

現役続行を表明した田口良一(中央)と渡辺均会長(左)、梅津宏治トレーナー

貴公俊が再出発の1歩 謹慎中は部屋全体が後押し

土俵の上で体を動かす貴公俊(2018年6月25日撮影)


 名古屋場所の新番付発表が行われた6月25日。これまで三重・桑名市に構えていた宿舎を今年から愛知・瀬戸市に移転した先の稽古場で、貴公俊(21=貴乃花)は黙々と四股を踏んでいた。稽古の最後には十両貴ノ岩と一緒に、体幹を鍛えるトレーニングで汗を流して終了。稽古見学者が連れてきた犬と屈託のない笑顔で触れ合い、帰り際に3カ月間の葛藤を吐露した。

 「たった1場所の休みでしたけど、半年ぐらい休んだ感覚でした。自分がやってしまったことなので何とも言えませんが、歯がゆいというかやり切れない気持ちでした」。新十両で臨んだ3月の春場所。不慣れな付け人の不注意により起こったミスに怒り、支度部屋で暴行。途中休場を余儀なくされ、5月の夏場所出場停止処分を科された。

 春場所では十両だった番付も、名古屋場所では西幕下49枚目まで落とした。3月は156キロあった体重も一時は「食欲がなくなって6キロ落ちました」。ただ、稽古は欠かさなかった。春場所後も出場停止となった夏場所中も、1日も休まずに稽古に励んだ。そして夏場所中は、毎日相撲中継に見入った。「部屋の関取の取組は当然。幕内上位も見てましたし、十両の取組も見てました。でも見すぎると…」。自分が土俵の上に立っていない現実に、気持ちが押しつぶされそうになったが「力士である以上、土俵に立つのが当たり前だけど、土俵に立てるありがたみが分かりました」と前向きにとらえた。

 それでも気持ちを奮い立たせるのは、容易ではなかった。夏場所に出場できないのに続く、連日の猛稽古。「正直、意味あるのかなって思った時もありました」と見失いかけた時もあったという。そんな時、師匠の貴乃花親方(元横綱)から「時間があるようでないから体をしっかり鍛えとけ」と、ハッパを掛けられた。

 さらに弟の十両貴源治が夏場所で10勝の好成績を残し「弟が結構勝ってて『くそっ』と思った」と発奮材料にした。と同時に「もう1度一緒に土俵入りがしたいなと思いました」と希望が湧いた。師匠や弟、貴乃花部屋全体が背中を押してくれた。

 そして迎えた7月の名古屋場所。場所前に「名古屋は入門して1回も負け越していないので験がいい場所です。優勝はノルマ。応援してくださった人たちのために結果を出したい」と意気込んでいた通り、謹慎明けの場所で白星を積み重ねていった。気が付けば幕下の全勝は白鷹山との2人だけに。幕下優勝をかけた13日目、十両返り咲きに花を添えたい白鷹山との意地のぶつかり合いの末、復活優勝を果たすことはできなかった。

 取組後は無言を貫き、貴ノ岩の付け人として仕事を全うした。自分の取組後の数時間後。貴ノ岩の取組が終わり、宿舎に戻るために迎えの車に乗り込もうとした際に、ようやく言葉を発した。「今は考えられないです。頭がボーっとしてしまって」と完全燃焼。それでもすぐに切り替えられたのか「来場所に向けてこの気持ちは忘れないようにしたいです」と語気を強めた。過ちを犯した春場所8日目の3月18日から、124日経過した名古屋場所13日目の7月20日。貴公俊はようやく再出発の1歩を踏み出した。【佐々木隆史】

口数少なく態度で示す 退路断った稀勢の里の挑戦

大相撲秋場所の土俵祭りに臨む稀勢の里(撮影・河田真司)


ファンはもちろん、多くの相撲関係者も、やめてほしいなどと思っていない。何よりも本人が、復活を信じ、現役を続けたいと稽古している。それでも結果が伴わなければ、やめなければならない状況だと腹をくくっている。そんな力士生命をかける思いで秋場所(9日初日、東京・両国国技館)に臨むのが、横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)だ。7月の名古屋場所の休場を表明した際に「来場所、すべてをかけて頑張っていきたい」と、決意を語っていた。

稀勢の里は第72代横綱。江戸時代前期の初代明石志賀之助から数えて、横綱はわずか72人しかいない。師弟ともに横綱というケースは少ないが、稀勢の里の師匠も元横綱隆の里の故先代鳴戸親方。現役時代は口数も少なく、師匠としては「朝稽古」が午後まで続くことも当たり前という、厳しい指導で知られる。その隆の里の師匠も「土俵の鬼」と呼ばれた元横綱の初代若乃花。口数の少なさ、厳しい稽古は、その初代若乃花を引き継いだ。極めて少ない、3代続く横綱の系譜を継いだ稀勢の里が、口数が多いわけもない。言い訳はせず、土俵で結果を示してきた。

口数の少ないことで、誤解されかねないこともある。秋場所初日のちょうど1カ月前となる8月9日。地元茨城県の龍ケ崎市で行われた巡業で、稀勢の里は朝稽古の土俵に立たなかった。その3日前の8月6日から、関取衆相手に本格的な稽古を再開し、翌7日まで2日連続で相撲を取っていた。同8日は稽古土俵に立っていなかったが、幼少期を過ごした龍ケ崎市で目いっぱい稽古するための休養だと、報道陣は勝手に思い込んでいた中で、肩すかしを食った格好となった。「9月場所で活躍できるよう、しっかり頑張りたい」などと、稽古を休んだ理由について、多くは語らなかった。

だが龍ケ崎市での巡業の取組を終えて、花道を引き揚げる際に、明らかに異変があった。地元ファンの盛大な拍手と声援に笑顔をつくることもできず、険しい表情で歩いていた。後日、実は左足裏に傷ができていて「龍ケ崎の時が一番ひどかった」と話している。多くを語らないことで、その日は、地元ファンに稽古も見せず、交流も少なめと、冷たい態度を取ったようにも見られたはず。だが立っているだけでも痛みを感じる中で、稽古場には姿を見せて四股を踏み、横綱土俵入りも取組も行った。龍ケ崎市の巡業の翌日、福島・白河市での巡業では稽古場にも来ることができず、土俵入りも回避したことを考えれば、その時点での目いっぱいのファンサービスだった。

秋場所の出場意思を表明した9月6日も「やるべきことは、やってきた」と、短い言葉に決意を込めた。それまでの稽古を振り返り「良かったり悪かったりというのが、逆に良かったと思う」と、けっして順調ではなかったことも自覚している。それでも「しっかりと準備はできた」と言い切った。8場所連続休場で、相撲勘が鈍くなるのも当たり前。言い訳したくなる状況でも、出場する以上は「準備はできた」と断言し、退路を断って臨む秋場所。横綱として歴代最長の連続休場明けの、誰も経験したことのない挑戦が、いよいよ幕を開ける。

【高田文太】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

金足農OB豪風「私立倒す、これ以上の快感ない」

母校・金足農高の化粧まわしを締めて土俵入りした豪風(2018年8月19日撮影)


記念すべき第100回夏の甲子園は、大阪桐蔭の史上初となる2度目の春夏連覇で幕を閉じた。今年も数々の名勝負が生まれたが、特に公立の星と言われた金足農(秋田)の活躍には、多くの大相撲ファンもくぎ付けになったのではないか。と同時に「あの人も金足農だよね」と思った方も多いはず。そうです。ベテランの十両豪風(39=尾車)の母校です。

金足農が準決勝進出を果たした翌日の19日、札幌市で行われた夏巡業で報道陣から囲まれた豪風は、目を輝かせながら母校への思いを爆発させた。

「今まで眠っていた感情、細胞が後輩たちに覚まさせてもらった。長くやっていると忘れていくものがあるけど、それを覚まさせてもらった。ベスト8になるだけでもすごいことなのに。言い方は悪いけど、地方の公立校が強化選手を集めた私立の高校を倒す、これ以上の快感はないですよね。秋田には秋田商とか大曲工とかあるけど、金足農というのがもうね」

話し出すと止まらなかった。他にも近江戦でのサヨナラ2ランスクイズや、エース吉田輝星について熱弁したり。最後には「球児は何食べてるんでしょうね。やっぱりニンニクとかビタミンB1たっぷりの豚肉とか食べてもらいたいね。お米もあきたこまちを食べてね」と、もはやOBというよりは親目線だった。

それもそのはず。長男海知君は現在10歳で「自分の息子より6、7歳上ぐらいだから子どものような感覚だよね。何度も涙が流れそうになったから、人前では試合を見られなかった」とこっそり見ていたとか。さらに「途中からは最初の整列だけで泣けてました」と涙なしでは見られなかったという。

優勝こそ逃したが、後輩たちの勇姿は豪風の心を動かした。「北海道にいた時にベスト8、準々決勝進出とかがあって、決勝の日の秋田巡業も盛り上がっていたけど、関東でもかなり盛り上がっていたのにびっくりした。会場でも『金足農業』って言ってくれるファンが多かった」と感動。だからこそ「次は自分の番ですよ」とモチベーションが高まった。

名古屋場所では東十両筆頭の位置で4勝11敗。秋場所(9月9日、東京・両国国技館)では、十両中位から下位が濃厚だ。大きく負け越してしまえば最悪、幕下への陥落もあり得る状況。ただ悲愴(ひそう)感は当然ない。「とてつもない力になりましたから。これも何かの縁だなと。ここで先輩の背中、意地を見せないといけない。見せてやりますよ」と鼻息を荒くした。狙うはもちろん、後輩たちが果たせなかった“優勝”の二文字だ。【佐々木隆史】