上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

小結→三段目→十両、静かに常幸龍を支えた妻の思い

豪風(下)をはたき込みで破った常幸龍(撮影・河田真司)


東十両14枚目常幸龍(30=木瀬)が再び関取定着へ奮闘している。秋場所13日目のこの日、西十両6枚目豪風(39=尾車)を破り8勝5敗。2015年九州場所以来の十両勝ち越しを決めた。

14場所ぶりの十両復帰でも気負う様子はない。「けがする以前との変化は特にない。普通ですよ」。11年夏場所の初土俵から、5場所で十両昇進。4年前の秋場所で小結まで昇進したが、右膝のけがの影響で三段目まで番付を落とした。三役経験者が三段目陥落後に十両へ返り咲くのは明治以降では初となる。

無給の幕下では生活費だけでなく、リハビリのための治療費も負担となった。ただ、貯金を切り崩す生活に、真美夫人(32)は文句も励ましの一言も発しなかったという。「僕たちは土俵の上で結果を残すしかない、と分かってくれていた」。相撲に口を出さない妻がありがたかった。

長男心絆(しんば)ちゃんは4歳、2月に生まれた次男日彩(ひいろ)ちゃんはハイハイができるようになった。心絆君は相撲が分かるようになったが「テレビで見た方がきれいなので」と照れ隠し。十両定着、さらに幕内復帰へ。今は十両の中で番付最下位。幕下の足音が聞こえなくなったときに、自信を持って家族を招待したい。【佐藤礼征】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

「九死に一生」式守与之吉 土俵に戻る

九州場所で土俵に復帰する式守与之吉


幕内格行司の式守与之吉(49=宮城野)が、ギラン・バレー症候群を克服して土俵に戻ってくる。今年の初場所から5場所連続で休場中。秋場所の土俵には上がっていないが、事務方として国技館に出勤できるまでに回復した。「九死に一生を得ました。本場所は、九州場所から土俵に上がります」と声をはずませた。

発症したのは、昨年12月8日の宮崎市巡業の朝。前夜から肩が上がらず「疲れかな?」と思って一夜明けると、症状が重くなっていた。顔を洗うことも、着替えることもできない。現地で診察を受けると、そのまま入院を勧められた。四肢に力が入らなくなる難病「ギラン・バレー症候群」だった。巡業で滞在していたため荷物は十分でなく、まずは緊急帰京。空港では自力で歩けず、車いすでの移動を強いられるほどに病状が進行した。

東京に戻って入院。5日間点滴を受け、回復を待った。病気になった明確な原因は分からなかった。その後、リハビリを開始。「今年の3月までは、自分で起き上がることもできませんでした。寝たきりの時はこたえました。復帰できないと、半分以上はあきらめていました」。

一時は体重が10キロ以上も減った。「リハビリの先生の献身が、折れた心を救ってくれました。『治る病気なんです』と言って、手や足を持ち上げてくれました」。歩けるようになったのは、4月から。それでも、大相撲中継は見る気になれなかった。「自分が土俵に立つ時間は心苦しくて、気の焦りもありました。その時間はあえて院内を歩いたりしていました。ニュースや結果は耳に入りましたが、1~7月は見ていないんです」と振り返った。

6月14日に退院。再発の恐れはなくなり、本格復帰への準備を進めている。9月の秋場所からは国技館に出勤し、行司仲間から「おめでとう!」との声を掛けられた。ファンも多く、館内で気づいた人たちに驚かれる毎日だ。

休場中は、日本相撲協会の配慮で病名は伏せられていた。だが回復した今、与之吉は「公表してもらってかまいません。なってしまったものは、仕方ないですし」と前を向く。

30日の日馬富士引退相撲から土俵に立ち、本場所後の秋巡業に参加しつつ、九州に入る。「こんなに長い間空けたことはなかったので、楽しみも不安も半々です。初心に戻る感じですね」。今や表情は明るく、血色もいい。もう間もなく、あのはつらつとした「ハッキヨイ」の声が土俵に戻ってくる。【佐々木一郎】

(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

貴公俊が再出発の1歩 謹慎中は部屋全体が後押し

土俵の上で体を動かす貴公俊(2018年6月25日撮影)


 名古屋場所の新番付発表が行われた6月25日。これまで三重・桑名市に構えていた宿舎を今年から愛知・瀬戸市に移転した先の稽古場で、貴公俊(21=貴乃花)は黙々と四股を踏んでいた。稽古の最後には十両貴ノ岩と一緒に、体幹を鍛えるトレーニングで汗を流して終了。稽古見学者が連れてきた犬と屈託のない笑顔で触れ合い、帰り際に3カ月間の葛藤を吐露した。

 「たった1場所の休みでしたけど、半年ぐらい休んだ感覚でした。自分がやってしまったことなので何とも言えませんが、歯がゆいというかやり切れない気持ちでした」。新十両で臨んだ3月の春場所。不慣れな付け人の不注意により起こったミスに怒り、支度部屋で暴行。途中休場を余儀なくされ、5月の夏場所出場停止処分を科された。

 春場所では十両だった番付も、名古屋場所では西幕下49枚目まで落とした。3月は156キロあった体重も一時は「食欲がなくなって6キロ落ちました」。ただ、稽古は欠かさなかった。春場所後も出場停止となった夏場所中も、1日も休まずに稽古に励んだ。そして夏場所中は、毎日相撲中継に見入った。「部屋の関取の取組は当然。幕内上位も見てましたし、十両の取組も見てました。でも見すぎると…」。自分が土俵の上に立っていない現実に、気持ちが押しつぶされそうになったが「力士である以上、土俵に立つのが当たり前だけど、土俵に立てるありがたみが分かりました」と前向きにとらえた。

 それでも気持ちを奮い立たせるのは、容易ではなかった。夏場所に出場できないのに続く、連日の猛稽古。「正直、意味あるのかなって思った時もありました」と見失いかけた時もあったという。そんな時、師匠の貴乃花親方(元横綱)から「時間があるようでないから体をしっかり鍛えとけ」と、ハッパを掛けられた。

 さらに弟の十両貴源治が夏場所で10勝の好成績を残し「弟が結構勝ってて『くそっ』と思った」と発奮材料にした。と同時に「もう1度一緒に土俵入りがしたいなと思いました」と希望が湧いた。師匠や弟、貴乃花部屋全体が背中を押してくれた。

 そして迎えた7月の名古屋場所。場所前に「名古屋は入門して1回も負け越していないので験がいい場所です。優勝はノルマ。応援してくださった人たちのために結果を出したい」と意気込んでいた通り、謹慎明けの場所で白星を積み重ねていった。気が付けば幕下の全勝は白鷹山との2人だけに。幕下優勝をかけた13日目、十両返り咲きに花を添えたい白鷹山との意地のぶつかり合いの末、復活優勝を果たすことはできなかった。

 取組後は無言を貫き、貴ノ岩の付け人として仕事を全うした。自分の取組後の数時間後。貴ノ岩の取組が終わり、宿舎に戻るために迎えの車に乗り込もうとした際に、ようやく言葉を発した。「今は考えられないです。頭がボーっとしてしまって」と完全燃焼。それでもすぐに切り替えられたのか「来場所に向けてこの気持ちは忘れないようにしたいです」と語気を強めた。過ちを犯した春場所8日目の3月18日から、124日経過した名古屋場所13日目の7月20日。貴公俊はようやく再出発の1歩を踏み出した。【佐々木隆史】

けがの苦しみ知る阿夢露スポーツトレーナーで再出発

断髪式で師匠の阿武松親方から止めばさみを入れられる元前頭の阿夢露(2018年6月16日撮影)


 ロシア出身で夏場所前に引退した元幕内力士の阿夢露(あむうる、34=阿武松)が16年にわたる力士生活に別れを告げた。さる16日、部屋近くの千葉・幕張本郷にあるホテルで関係者約150人が出席して断髪式が行われ、最後に師匠の阿武松親方(元関脇益荒雄)が止めばさみを入れた。

 手塩にかけて育てた弟子の、第2の人生の船出に、師匠は16年前に思いをはせた。「場所前に『力士になりたい』と訪ねてきましたが、ちゅうちょしました。細い体を見て『モデルさん?』って。『ロシアに帰って考え直したら』と言ったんです」。2人きりで対面した焼き肉店でのことだった。

 一時帰国した阿夢露だったが、すぐに再来日し「やりたいです」と直訴。その熱意にほだされて入門を許可。以後、師匠いわく「宝くじに当たったような真面目な力士として、部屋の手本だった。ケガに次ぐケガにもあきらめず、へこたれずにやってきました」と目を潤ませる。10年かけて12年初場所で新十両に。外国出身力士では史上2位のスロー昇進だった。

 だが、晴れのその場所で右膝前十字靱帯(じんたい)を断裂。序二段まで番付を下げたが、約2年をかけて関取に復帰。「トレーナー、治療の先生、病院の先生が『チーム・アムール』として、ロシアの真面目な青年を幕内に引っ張り上げようと応援してくれた」(阿武松親方)のが実を結び、4場所後には待望の新入幕、その1年後には最高位の東前頭5枚目まで番付を上げた。こちらの方は、外国出身力士で1位のスロー出世だった。

 192センチ、125キロの細身の体で、相撲は「左前みつしか武器がない」(同親方)という性格そのままに、愚直に前に出る相撲で活躍した。やはり三役からケガで幕下まで陥落しながら大関の座を射止めた、同じ東欧(ジョージア)出身の栃ノ心(春日野)も多忙なスケジュールを縫って、断髪式後のパーティーに駆けつけた。言葉や文化の壁、重傷を乗り越えるなど、同じような境遇で歯を食いしばってきた“戦友”に、部屋も一門の壁もない。

 ケガに悩まされてきた相撲人生。第2の人生は、経験を生かしスポーツトレーナーを目指すという。「ケガも多かったけど、いろいろな先生にみてもらった。自分もスポーツ選手を支えたい」。資格を取るために、まずは4月から日本語学校に通っている。「簡単な漢字は書けるけど、もっと勉強しないといけないから」。日本での永住権も持っているそうで「国籍を変えることはないけど、日本に残ります」と言う。焦らず腐らず土俵生活を送ってきた苦労人は、第2の人生も地道にコツコツと積み上げて行く。それが成功への道であることは、身に染みて分かっている。

初土俵から8年半の隆の勝、挫折乗り越え幕内世界へ

番付表を手に笑顔を見せる新入幕の隆の勝(2018年8月27日撮影)


苦労したのが報われて、年齢を重ねてはい上がってくるのも味があっていい。一方で、活性化のためには若手の台頭が不可欠だ。9月9日に初日を迎える大相撲秋場所(両国国技館)でまた一人、生きの良い新入幕力士が出てきた。初土俵から8年半で幕内の座を射止めた23歳の隆の勝(千賀ノ浦)だ。

両国国技館内で行われた8月27日の番付発表会見では、喜びのコメントがあふれていた。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)を隣に着席しても終始、笑みを満面にたたえ「めちゃめちゃ、うれしいっす。幕内はテレビで見る世界。番付の一番上に名前が出るのは本当にうれしいっす」。大勢の報道陣を前に、現役時代は、その柔和な笑顔から「ドラえもん」の愛称があった師匠も、汗をかきかき笑みを浮かべていた。先代(元関脇舛田山)から16年4月に部屋を継承して初めての幕内力士。関取としても隆の勝が第1号で、喜びもひとしおだろう。

その隆の勝にも挫折の時はあった。初土俵から幕下までは約2年で通過。群雄割拠の険しい幕下で10場所務めた後、1度だけ三段目に落ちた。すぐに幕下に戻った後、5場所後に再び三段目へ。この滞留も1場所だけにとどめたが、この時期が「壁にぶち当たって(十両に)上がれないかも、と思い心が折れかけた」という挫折の時だった。それも「親方や身内、回りのいろいろな人たちから応援の声をもらった。それが支えだった」と奮起。稽古量は増え、また師匠の「稽古場の相撲を取ればいい、というアドバイスで気持ちをうまく切り替えられるようになった」と精神的な安定もプラスになった。

昨年九州場所で晴れて、新十両に昇進。しこ名を先代の現役時代から1文字もらった「舛の勝」から、現師匠の1字をもらった「隆の勝」に改名し十両を5場所で通過。自信をもって「実りの秋」を迎える。

先場所は東十両4枚目で13勝2敗。これが自信になってか、秋場所の抱負を「勝ち越しはもちろん、三賞を狙いたい」と意気込む。年齢が近く、出稽古を積みライバル視する阿武咲(22=阿武松)、阿炎(24=錣山)も、新入幕で三賞を受賞し、その後のジャンプアップへとつなげた。そんなことも意識しての目標設定。押し相撲に磨きをかけ、怖いもの知らずで幕内の世界に飛び込む。

【渡辺佳彦】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

2人の十両力士が締め込みに込める思い

白鷹山(右)を寄り切りで破った天空海(撮影・狩俣裕三)


明日の幕内入りを目指して、しのぎを削る十両力士。いろいろな思いを胸に1日一番に集中する中、2人の力士が締め込みに特別な思いを込めて本場所に臨んでいる。

新十両の初場所以来の十両返り咲きとなった天空海(立浪)は、ライムグリーンの締め込みを締めている。初場所は青色だったが心機一転。実は、度重なるケガなどで道半ばで引退した、弟弟子の元十両力真から譲り受けたもの。「十両に上がったら締めて下さい」と言われたという。しかも力真が締めることなく引退したため、新品のままだった。「力真の気持ちも引き継いで勝ち越して恩返しをしたい」と誓った。

翔猿(追手風)は、銀色から金色に変えた。本来は名古屋場所で使う予定だったが、間に合わずに今場所から使用。春、夏場所で2場所連続7勝8敗だったため験直しで替えた。「銀の上は金。いつかは金星を取るぞ、という気持ちも入っています」と話した。兄弟子の遠藤も金色の締め込み。2人の“ゴールデンコンビ”が、そろって金星を挙げる日が待ち遠しい。唯一、身に着ける物だけに、関取のこだわりが詰まっている。【佐々木隆史】

井上尚弥がスパー打ち上げ「選ばれたことを誇りに」

6回のスパーリングを消化し、計120回にわたるスパーリングを打ち上げたWBA世界バンタム級王者井上尚弥(右)


10月7日にボクシングの階級最強を決める賞金争奪トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)を控えるWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が22日、横浜市の所属ジムでスパーリングを打ち上げた。

挑戦者となる同級4位フアンカルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)と同じサウスポーの練習パートナーを相手に6回を消化。6月からスタートしたスパーリング数は計120回に到達した。井上は「いつも通りにスパーリングができました。ラウンド数もいつもと同じ。減量も順調に進んでいます」と確かな手応えを口にした。

5月25日にジェイミー・マクドネル(英国)をわずか112秒で下し、18日後にはスパーリングも開始。7月20日の組み合わせ抽選会(ロシア)でパヤノが挑戦者に決まった後からはサウスポーのフィリピン人練習パートナーを招き、入念な準備を進めてきた。14年12月のオマール・ナルバエス(アルゼンチン)戦以来となる「左」への意識も十分にできている。ついに約2週間後に迫ったWBSS開幕戦。井上は「日本人で初めて(エントリー選手に)選ばれたことを誇りに思って決勝まで行きたいですね。何が何でも優勝して、先につなげていきたい」と自然と気持ちも盛り上がっていた。

6回のスパーリングを消化し、計120回にわたるスパーリングを打ち上げたWBA世界バンタム級王者井上尚弥(左)

英乃海、翔猿、海猿…えっ3兄弟!?

英乃海


 某インターネット大相撲中継チャンネルが初日の8日、十両英乃海は「実の弟に十両の翔猿と序二段の海猿がいる」と紹介した。ん? 翔猿は確かに弟だが、海猿は…。早速、海猿に話を聞くと「今日で10回以上は言われてますよ」と苦笑いした。続けて「正也(翔猿)さんが詳しく知っています」。

 取組後、翔猿に事情を聴くと笑顔で明かしてくれた。海猿は16年初場所で、「海渡」のしこ名で初土俵を踏んだ。涼しげで切れ長の目が、自分と似ているということもありかわいがった。時にはツーショット写真を撮って、自身のインスタグラムなどに「弟です」などと投稿。伏線は張られていた。

 そして、春場所後の春巡業で翔猿が、芸人のゆんぼだんぷ藤原らに海渡を三男だと冗談で紹介。タイミング良く? 春場所で海渡は「海猿」に改名。「英乃海の海と翔猿の猿を取って海猿にしたんです」と、作り話をした。それをゆんぼだんぷ藤原が、ツイッターで拡散して冗談話が独り歩きしてしまい世に広まった。

 間違いではあるが、翔猿は全く気にする様子はなく「今度は3人で写真撮ります」と今後も“3兄弟”をアピールするという。皆さん、間違わないようお気を付け下さい。【佐々木隆史】

翔猿
新弟子検査時の海猿(2016年1月6日撮影)

貴公俊、処分明け初白星「親方、ファンに恩返しを」

貴公俊の取組を見守る貴乃花親方(撮影・岡本肇)


 西幕下49枚目貴公俊(21=貴乃花)は、自然と笑みをこぼした。春場所中の付け人への暴力行為により下った、夏場所出場停止処分。その処分明け最初の取組で、東幕下49枚目琴欣旺を寄り切りで破って白星を挙げた。「久しぶりに緊張した。(休場は)1場所だけど懐かしい感じがしました」と本土俵に立った喜びをかみしめた。

 立ち合いで鋭く踏み込み、一気に寄り切った。圧勝にも見えたが実は取組直前、土俵に上がろうとした時に右膝が外れるアクシデントに見舞われていた。しかし、その場で自分ではめ直して土俵に上がった。「気合が張りすぎました」と、気持ちが空回りするほどに力が入っていた。

 しかし謹慎中、気持ちは落ちに落ちていた。そんな時、スマートフォンでインターネットを見ていると、10年に起こった大相撲の野球賭博問題の記事が目に入った。記事を読んでいるうちに、謹慎処分を受けながらも今なお、幕内上位で活躍する先輩力士の存在を知った。「僕と同じように謹慎を受けても、上位で活躍しているのに励みを受けました」と発奮材料にした。

 当然、これでゴールではない。「結果を残して残念な気持ちにさせた親方、ファンの方に恩返しがしたい。心も体も強い力士になりたい」。まずはみそぎの場所を全うする。【佐々木隆史】

稀勢の里、横綱対決制し10勝目も千秋楽へ引き締め

支度部屋から引き揚げる稀勢の里(撮影・河田真司)

<大相撲秋場所>◇14日目◇22日◇東京・両国国技館


進退を懸けて出場している稀勢の里(32=田子ノ浦)が、鶴竜との横綱対決を制し、2ケタ白星を挙げた。

立ち合いで右から張って左を差したが、上体を起こされる苦しい体勢。一時、両者の動きが止まったが、稀勢の里が左からのすくい投げを打つと、鶴竜を土俵際に追い詰め、最後は休まず攻めて寄り切った。

新横綱だった昨年3月の春場所で横綱戦2連敗後、8場所連続休場を経て、前日13日目の白鵬戦でも敗れており、この日の鶴竜戦が横綱昇進後、初の横綱戦白星となった。

横綱を破っての10勝目で、進退問題解消に大きく前進。それでも、支度部屋では「明日(23日=千秋楽)まだありますから」と、気を引き締めていた。

鶴竜(右)を寄り切りで下す稀勢の里(撮影・河田真司)