上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

村田戦の裏でWBO王座決定戦 どうなるミドル級トップ戦線

20日(日本時間21日)、米国ネバダ州ラスベガスで村田諒太(32=帝拳)対ロブ・ブラント(28=米)のWBA世界ミドル級タイトルマッチが行われるが、同じ日、マサチューセッツ州ボストンでは同じ階級のWBO王座決定戦が挙行される。ドーピング違反が発覚したビリー・ジョー・サンダース(29=英)が11日に王座を返上したため、急遽、1位のデメトリアス・アンドレイド(30=米)と2位のウォルター・カウトンドクワ(33=ナミビア)が拳を交えることになったのだ。20日、リングのなかではどんな動きがあるのだろうか。

ミドル級では9月15日、サウル・カネロ・アルバレス(28=メキシコ)が、8年間に20度の防衛を誇ったゲンナディ・ゴロフキン(36=カザフスタン)を僅差の判定で破ってWBAスーパー王座とWBC王座を獲得したばかりだ。そのアルバレスは12月15日に1階級上のスーパーミドル級でWBA王座に挑戦することが内定しており、その結果しだいでは転級も考えられる状況といえる。

こうしたなか20日にWBAとWBOのミドル級タイトルマッチが行われるわけだが、2試合ともすんなりと挙行にこぎ着けたわけではない。村田対ブラントはWBAが義務づけたカードで、8月には興行権入札が行われたが、村田側は参加せず、ブラント側が落札。

一時は村田が王座を返上する可能性まで浮上したが、その後、両陣営が条件合意に達したという経緯がある。

それ以上に慌ただしかったのがWBOタイトルマッチだ。サンダースのドーピング違反が表面化したのが9月下旬で、試合を管理するマサチューセッツ州のコミッションがサンダースの出場を不可と決めたのが試合10日前のことだった。これを受けサンダースに挑戦する予定だったアンドレイドは、待機状態にあった2位のカウトンドクワと暫定王座決定戦を行うことが決定。その後、11日になってサンダースが王座を返上したためアンドレイド対カウトンドクワ戦が正王座の決定戦になったという経緯がある。

アンドレイドは08年北京五輪ウェルター級ベスト8の実績を持ち、プロではスーパーウエルター級でWBO王座とWBA王座を獲得している。身長185センチ、リーチ187センチの大柄な技巧派サウスポーで、25戦全勝(16KO)と負け知らずだ。カウトンドクワは5年前のデビュー戦で判定勝ちのあと16連続KO中の強打者だが、世界的強豪との対戦経験は皆無で、アフリカ大陸を出て戦ったこともない。17戦全勝(16KO)とKO率は高いが、実力そのものは未知といえる。順当にいけばアンドレイドが2階級制覇を成し遂げそうだが、カウトンドクワがKOで戴冠を果たすようなことがあるとミドル級トップ戦線は大荒れ状態に陥る可能性もある。

村田対ブラント、そしてアンドレイド対カウトンドクワ。日本時間の21日、米国からどんなニュースがもたらされるのだろうか。

稽古が楽しそう 秋巡業に見た稀勢の里の余裕

稀勢の里(2018年10月5日撮影)

9月の秋場所を10勝5敗で9場所ぶりに皆勤した、横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が、現在行われている秋巡業で精力的に稽古を重ねている。

秋巡業は10月3日に開始。栃木・足利市で行われた5日に、前頭隆の勝にぶつかり稽古で胸を出し、秋巡業で初めて稽古土俵に上がった。甲府市で行われた10日には、前頭佐田の海を相手に三番稽古を行い、相撲を取る稽古も再開。佐田の海には10番取って全勝だったが、付け入る隙を与えない完勝ばかりだった。

佐田の海とは、秋場所前の夏巡業中にも何日も胸を合わせ、勝敗では常に圧倒していた。だが内容では、必ずといっていいほど、何番かは一方的に敗れることもあった。勝敗で圧倒していたのも、稀勢の里の方が34キロ重い体格差を生かした「体力勝ち」の部分が大きかった。だが甲府市では、低く鋭い立ち合いから左を差し、腰が高くなる悪癖ものぞかせず、相手に何もさせずに寄り切る相撲が目立った。

横綱相撲の理想とも言われる、相手を受け止めつつ先手を奪っている「後の先」の域に達するまでには至っていないかもしれない。それでも、私が以前担当していた7、8年前、主に三役として大関を目指していたころのように、ガムシャラに強さを求めていたころと同じように映った。相撲好きの少年がそのまま大人になったような、若々しさ、いきいきとした雰囲気が全身から出ていた。

8場所連続休場から進退を懸けて臨んだ秋場所、さらにその前の夏巡業では、明らかにピリピリと張り詰めた空気をかもし出していた。それが今回の巡業では、自ら明るい雰囲気をつくって報道陣と談笑することまである。足利市での巡業では、隆の勝に約8分間もぶつかり稽古で胸を出した後に「新聞だと『軽めの調整』って書かれちゃうのかな。よく『軽めの調整』『軽めの稽古』って書かれるけど、四股やすり足だけでも軽くないんだから。1度やってみる? そうしたら軽くないんだなって分かるでしょ」と、笑って話していた。何度も隆の勝にぶつかられ、胸を真っ赤に腫らしながらも冗談っぽく話せるほど、心身ともに余裕が出てきた。

秋場所千秋楽後に行われたパーティーでは、後援者らに向けて「優勝争いはかなわなかったですが、また来場所、もっともっと強くなって優勝争いに絡み、また、いい報告をできるように一生懸命頑張ります」と宣言した。懸念された相撲勘が戻りきらない中で、秋場所は2ケタ勝った。そこに上積みする形で、秋巡業ではその後、関脇御嶽海らとも稽古を重ねている。何より、稽古が楽しそうだ。同じ相手と立て続けに何番も取る、本来は体力的にきつい三番稽古でさえ“軽めの調整”に見えてしまうほどの余裕が見える。表情にも明らかに自信が戻ってきた。稀勢の里が、再び優勝争いの中心に戻ってくる日は、遠くないかもしれない。

【高田文太】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

WBOはアンドラーデ…次々変わるミドル王者顔触れ

WBOミドル級王者となったアンドラーデ(AP)

<プロボクシング:WBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦>◇20日(日本時間21日)◇ラスベガス・パークシアター

WBA世界ミドル級王者村田諒太(32=帝拳)が完敗で王座から陥落した。2度目の防衛戦で同級3位ロブ・ブラント(28=米国)に0-3(110-118、109-119×2)の判定負けを喫した。

村田-ブラント戦と同じ20日、米ボストンでWBOミドル級王座決定戦も行われ、1位アンドラーデ(米国)が2位カウトンドグワ(ナミビア)を下して新王者になった。薬物違反でサンダース(英国)が返上した王座だった。

9月にはアルバレス(メキシコ)がWBAスーパー、WBO同級王者ゴロフキン(カザフスタン)を下したばかり。そのゴロフキンが剥奪されたIBF同級王座は今月27日、1位デレイビャンチェンコ(ウクライナ)-3位ジェイコブス(米国)で争われるなど、ミドル級王者の顔ぶれが変わりつつある。

12回を戦い終え、ガッツポーズをする挑戦者ブラント(右)を前にぼう然と立ちつくす村田(撮影・菅敏)

ジョシュアvsポベトキン いよいよ23日にゴング

ヘビー級トップ戦線の主役のひとり、WBA、IBF、WBO3団体統一王者、アンソニー・ジョシュア(28=英)が22日(日本時間23日)、英国ロンドンのウェンブリー・スタジアムで元WBA王者のアレクサンデル・ポベトキン(39=露)を相手に通算6度目の防衛戦を行う。WBC王者のデオンテイ・ワイルダー(32=米)との4団体統一戦プランもあるジョシュアが大一番に向けて存在感を示すのか、それともポベトキンが番狂わせを起こすのか。KO決着が確実視されている注目カードだ。

12年ロンドン五輪のスーパーヘビー級金メダリストでもあるジョシュアは、プロ転向から2年半後の16年4月にIBF王座を獲得。17年4月、元王者のウラジミール・クリチコ(ウクライナ)を11回TKOで下した際にはWBAから「スーパー王者」の称号を与えられた。そして今年3月にはWBO王者のジョセフ・パーカー(26=ニュージーランド)に12回判定勝ち。この試合でデビューからの連続KOは20で止まったが、引き換えに三つめのベルトを手に入れた。身長198センチ、リーチ208センチ、体重約110キロの恵まれた体格から速くて正確な左ジャブを突き、射程が合うと破壊力のある右ストレートを打ち抜く。最近は接近戦でアッパーを突き上げるなど攻撃の幅を広げつつある。

21戦全勝(20KO)のジョシュアは人気面でも際立っている。直近の3試合を見てみると、ウェンブリー・スタジアムで行われたクリチコ戦が約9万人、カーディフのプリンシパリティ・スタジアムが会場となった17年10月のカルロス・タカム(37=カメルーン/仏)戦とパーカー戦でも各7万8000人を集めているのだ。この3試合だけでも合計24万6000人の集客となる。最重量級の世界王者に相応しい人気、注目度といえる。今回も実績と知名度のあるポベトキンが相手だけに、ウェンブリー・スタジアムに7万人超の観客が見込まれている。

そのポベトキンは04年アテネ五輪のスーパーヘビー級金メダリストで、プロでは35戦34勝(24KO)1敗の戦績を残している。この1敗は5年前にクリチコに喫したもので、以後は8連勝(6KO)と好調だ。今年3月にはジョシュア対パーカーの前座に出場し、ダウン応酬のすえ豪快な5回KO勝ちを収めている。身長188センチ、リーチ191センチ、体重約103キロと体格ではジョシュアに及ばないが、下から潜り込むようにして打つ左右のパンチは相手にとって脅威といえよう。

とはいえ総合的な戦力と若さに加え地の利もあるジョシュア有利は絶対的なものとみられており、オッズは9対1と出ている。ジョシュアが左ジャブで距離を計り、打ち下ろしの右ストレートでKO勝ち、という可能性が最も高そうだ。

現在のヘビー級はジョシュアを軸にして、統一戦プランが浮上しているWBC王者のワイルダー、さらに戦線復帰した元3団体王者のタイソン・フューリー(30=英)、ワイルダーと激闘を展開した元WBA暫定王者のルイス・オルティス(39=キューバ)、そしてポベトキンと役者が揃っている。こうしたなか、順当にジョシュアが次に駒を進めるのか、それともポベトキンが番狂わせを起こして準主役に躍り出るのか。22日(日本時間23日)、ロンドンのウェンブリー・スタジアムに要注目だ。

圧倒的不利予想の呂斌、史上最速プロ2戦目での戴冠なるか

 WBA世界ライトフライ級12位にランクされる呂斌(ルー・ビン 23=中国)が7月15日、マレーシアの首都クアラルンプールで同級王者のカルロス・カニサレス(25=ベネズエラ)に挑む。16年リオデジャネイロ五輪に出場した経験を持つ呂は昨年9月のデビュー戦で3回TKO勝ちを収めており、これがプロ2戦目となる。勝てば現WBA世界ライト級王者のワシル・ロマチェンコ(30=ウクライナ/米)らが持つ「3戦目」を更新する史上最速の戴冠記録となる。この日のメインカードは、6階級制覇の実績を持つマニー・パッキャオ(39=比)がルーカス・マティセ(35=亜)に挑むWBA世界ウェルター級タイトルマッチだが、記録のかかる前座試合も注目を集めそうだ。

 呂はアマチュア時代に12年ユース世界選手権で優勝し、13年アジア選手権では銅メダルを獲得。21歳のときにはリオデジャネイロ五輪にも出場した(ライトフライ級2回戦で敗退)。昨年9月に北京でプロデビュー戦を行い、3回TKO勝ちを収めた。相手は17戦8勝(6KO)9敗という戦績のタイの選手だったが、この試合で呂は空位のWBCアジア・ライトフライ級シルバー王座を獲得。世界戦の計画が浮上した今年になって、取ってつけたようにランキング入りを果たした。中国系ファンの動員を狙ったマッチメークといわれてもいる。

 サウスポーの呂は細かく動きながら出入りしてワンツーを繰り出すボクサーファイター型で、今回の挑戦が決まってからフィリピンに遠征。パッキャオと一緒にトレーニングしてアドバイスをもらい、モチベーションを上げている。

 そんな呂の挑戦を受けるカニサレスは4年のプロキャリアで21戦20勝(16KO)1分のレコードを残している強打者だ。16KOのうち12度は3ラウンド以内でけりをつけており、速攻型ともいえる。16年12月に来日して当時のWBA王者、田口良一(31=ワタナベ)に挑戦したが、このときは前半でリードしたものの中盤から田口の追い上げにあい引き分けに終わった。その後、IBF王座も獲得した田口がスーパー王者に格上げされたことにともない今年3月にWBA王座決定戦が行われ、カニサレスは小西伶弥(24=真正)に判定勝ちを収め戴冠を果たしている。呂との試合が初防衛戦となる。

 130年超の近代ボクシングの歴史上、最も少ない試合数で世界王座を獲得したのはセンサク・ムアンスリン(タイ=1975年にWBCスーパーライト級王座獲得)とロマチェンコ(2015年にWBOフェザー級王座獲得)の「3戦目」だが、呂が勝てばこれを更新することになる。しかし、ムエタイ(キックボクシング)で豊富な経験があったうえプロでも世界ランカーを連破したセンサクと、アマチュア時代に五輪連覇を果たし、プロデビュー戦で世界ランカーを一蹴したロマチェンコと比べると、呂の実績は心許ないものといえる。

 また、呂が戴冠を果たせば熊朝忠(シオン・チャオ・チョン=2012年にWBCミニマム級王座獲得)、雛市明(ゾウ・シミン=2016年にWBOフライ級王座獲得)に次いで中国3人目の世界王者となる。

 圧倒的不利の予想を覆し、呂は新たな歴史を刻むことができるか。

Cody、前王者アルディスに敗れNWA王座陥落 

Cody(2018年10月8日撮影)

<米プロレス:NWA70周年記念大会>◇20日(日本時間21日)◇米テネシー州ナッシュビル・フェアグラウンズ・スポーツアリーナ

新日本プロレスのIWGP・USヘビー級王座とNWA世界同級王座を保持する2冠王者Cody(33=米国)がNWA王座から陥落した。

前王者ニック・アルディスと3本勝負の防衛戦に臨み、お互いに1本ずつ奪った後、最後の3本目でCodyが丸め込みを返されて3カウントを奪われ、王座を失った。老舗団体の記念大会でもあり、会場には歴代王者となるドリー・ファンクJr.(77)やWWE殿堂入りも果たしているジェフ・ジャレット(51)らも来場していた。

Codyは9月1日のシカゴで開催した自主興行「オール・イン」でアルディスを下して王座を獲得し、親子2代で同王者となっていた。なお王座保持期間は50日間だった。

(デーブ・レイブル通信員)

因縁の再戦ゴロフキンvsアルバレス 勝つのはどっちだ

今年最大の注目カードといわれ、ふたりの合計報酬額が100億円を超える可能性があるスーパーファイト、ゲンナディ・ゴロフキン(36=カザフスタン/米)サウル・カネロ・アルバレス(28=メキシコ)の世界ミドル級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米国ネバダ州ラスベガスで行われる。両者は昨年9月に拳を交え、ゴロフキンが攻めアルバレスが迎え撃つという展開になったが、ジャッジ三者の見解が分かれて12回引き分けという結果に終わっている。あれから1年、ゴロフキンの持つWBAスーパー王座とWBC王座がかかった因縁のリマッチは、初戦とほぼ同じ3対2でゴロフキン有利というオッズが出ている。

両者の初戦を見た人の80パーセントほどがゴロフキンの勝利を推し、15パーセントが引き分け、アルバレスの勝利と採点した人は本人を含めて5パーセント程度だったのではないだろうか。「判定に関しては私の仕事ではないのでコメントは控えたい」とゴロフキンが言えば、アルバレスは強気の姿勢は崩さず、「全12ラウンドのうち7か8ラウンドは私が押さえたはず」と勝利をアピールしたものだ。こうした因縁から再戦は必然とみられた。事実、いったんは5月5日にリマッチが決定した。

ところが、発表の直後にアルバレスのドーピング違反が発覚。そのためアルバレスは自ら5月の再戦を辞退した。ラスベガスでの試合を管理するネバダ州アスレチック委員会が2月に遡ってアルバレスに半年の出場停止を言い渡すなか、ゴロフキンは代役を相手に20度目の防衛戦を行い豪快な2回KO勝ちを収めている。初戦の判定に加えアルバレスのドーピング違反も加わり、両者間の因縁は一層深くなったといえる。

リングを下りれば紳士で知られるゴロフキンだが、今回は珍しく感情を隠そうとせず、「アルバレスは尊敬できるスポーツマンとはいえない」とライバルを切り捨てている。試合に関しては「彼はスピードとテクニックの面で優れているが、私は私の仕事をするだけだ」と攻撃的なボクシングを貫くとしている。一方のアルバレスは「外野の声は聞こえている。今回はそれもモチベーションになっている。最初からKOを狙っていく」と完全決着で汚名返上を狙うつもりだ。

39戦38勝(34KO)1分のゴロフキンが初戦のようにプレッシャーをかけながら前進して自慢の強打を叩き込むチャンスをうかがい、52戦49勝(34KO)1敗2分のアルバレスが細かく立ち位置を変えながらカウンターで迎撃する展開になりそうだ。初戦では互いに警戒心が強かったためか両者とも得意とするボディブローが少なかった。それを含め両陣営の戦術にも注目したい。

この試合では、人気で勝るアルバレスに5000万ドル(約55億円)~6000万ドル(約66億円)、勝てばミドル級史上最多、130年を超える近代ボクシングでも全階級通じて4位タイの連続21度の防衛となるゴロフキンに4000万ドル(約44億円)の報酬が見込まれている。課金システムのペイ・パー・ビュー(PPV)の契約件数によっては合計報酬額が100億円を超えそうだ。

1カ月後にWBA王座のV2戦を控える村田諒太(32=帝拳)をはじめ、WBC暫定王者のジャモール・チャーロ(28=米)らも注目するミドル級頂上決戦。どちらの手が挙がるのか。

悩める納谷 幕下の壁

花道を引き揚げる納谷(2018年9月21日撮影)

元横綱大鵬の孫、東幕下60枚目納谷(18=大嶽)が幕下の壁にはね返された。3勝4敗と初土俵以来、初めての負け越しを経験。来場所は再び三段目に陥落することが濃厚だ。

今場所の六番相撲で3勝目を挙げ、星を五分に戻しても「今場所はずっとモヤモヤした気持ちがある」。四つにならず立ち合いで突き放して前に出る相撲。三段目までは通過できたが、幕下力士の踏み込みには圧力があった。勢いを止められ、今場所は勝ち負けにかかわらず「2歩目、3歩目が出なかった」と何度も反省を口にした。

師匠の大嶽親方(元十両大竜)は、悩める弟子を場所前から不安視していた。「何か変だったんだよね。迷いなのかな。本人は『全然大丈夫です』と言うんだけど」。稽古でもあっさり負けてしまう場面が目立っていたという。ただ「こっちからガミガミ言っても仕方ないから」と、求めるのは自主性。小手先の技術もいつか必要になるが「今はガムシャラに前へ出続けて欲しい」と多くは求めず、温かく見守る姿勢だ。

「元横綱の孫」という代名詞がのし掛かるが「気負うことなく頑張りたい」と納谷。大器はゆっくりと階段を上るつもりだ。【佐藤礼征】

(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

米大手HBOテレビが今年限りでボクシング中継から撤退へ

米国のボクシング放送の核となってきたケーブルテレビ局の大手、HBO(ホーム・ボックス・オフィス)が今年限りでボクシング中継から撤退することになった。同局はヘビー級王者、マイク・タイソン(米)や6階級制覇王者のオスカー・デラ・ホーヤ(米)、マニー・パッキャオ(比)らスーパースターの注目ファイトをペイ・パー・ビュー(PPV=有料視聴)で生中継するなどしてきたが、近年は契約選手の減少や視聴件数で苦戦が続いていた。

タイムワーナーの系列会社でもあるHBOテレビは、1973年1月にジャマイカの首都キングストンで行われたジョー・フレージャー(米)対ジョージ・フォアマン(米)の試合を放送したのを皮切りに、45年以上にわたってボクシング中継を続けてきた。91年4月のイベンダー・ホリフィールド(米)対ジョージ・フォアマン(米)=約140万件、99年9月のデラ・ホーヤ対フェリックス・トリニダード(プエルトリコ)=約140万件、2007年5月のデラ・ホーヤ対フロイド・メイウェザー(米)=約240万件、10年5月のメイウェザー対シェーン・モズリー(米)=約150万件、11年11月のパッキャオ対ファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)第3戦=約140万件、12年5月のメイウェザー(米)対コット=約150万件と、PPVの契約件数で100万件超えを連発するなどボクシング放送には欠かせない局となっていた。PPVは番組視聴のために1件あたり概ね6000円~8000円程度の金額を支払うことが多く、100万件で60億円~80億円を生む計算になる。それが選手の報酬に還元されるため放送局と出場選手双方にメリットがあるシステムといえる。

しかし、近年はライバル局のショータイムに押され気味の状態が続き、さらに有力プロモート会社のトップランク社が1年前に対抗局のESPNと契約を交わしたため、HBOは看板選手のパッキャオやワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、テレンス・クロフォード(米)らを失うことになった。ストリーミング配信サービスのDAZNがボクシングの映像配信に参入してきたことも、HBOの厳しい状況に拍車をかけることになった。こうしたなか今年9月、HBOは最後の切り札ともいえるゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)対サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)の注目ファイトをPPVで生中継。110万件の視聴件数を記録したものの、デラ・ホーヤ、メイウェザー、パッキャオらが打ち出した数字には遠く及ばなかった。その1週間前、井岡一翔(SANKYO)らが出場した軽量級のイベント「SUPERFLY3」もHBOテレビで生中継されたが、ピーク時で約35万件視聴と低調だったと報告されている。

このあと10月27日に米国ニューヨークで行われるダニエル・ジェイコブス(米)対セルゲイ・デレビャンチェンコ(ウクライナ)のIBF世界ミドル級王座決定戦がHBO最後の放送になる予定だ。ただ、2019年以降に関して定期的な放送は予定されていないというが、単発でボクシングを中継する可能性はあるという。

最近はDAZNのほかフェイスブックによる映像配信も行われるなどボクシングを含むスポーツ中継の方法が劇的に変化している。HBOの撤退はそんな流れのなかで起こったといえよう。

アニマル・ウォリアーNWA70周年大会に特別出場

アニマル・ウォリアー

米国老舗プロレス団体NWAは4日(日本時間5日)、WWE殿堂入りのアニマル・ウォリアー(58)が、21日のNWA70周年記念大会に、特別出場すると発表した。

アニマルは21日に米ナッシュビルで開催の同大会に、クリムソンとジャックス・ダン組の特別マネジャーとして出場。クリムソン組は、オープン・チャレンジで名乗りを上げたタッグチームと対戦する。アニマルは80年代に筋肉ムキムキで顔にペイントをしたホークとザ・ロード・ウォリアーズを結成し、日本でも大暴れした。(デーブ・レイブル通信員)