上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

村田戦の裏でWBO王座決定戦 どうなるミドル級トップ戦線

20日(日本時間21日)、米国ネバダ州ラスベガスで村田諒太(32=帝拳)対ロブ・ブラント(28=米)のWBA世界ミドル級タイトルマッチが行われるが、同じ日、マサチューセッツ州ボストンでは同じ階級のWBO王座決定戦が挙行される。ドーピング違反が発覚したビリー・ジョー・サンダース(29=英)が11日に王座を返上したため、急遽、1位のデメトリアス・アンドレイド(30=米)と2位のウォルター・カウトンドクワ(33=ナミビア)が拳を交えることになったのだ。20日、リングのなかではどんな動きがあるのだろうか。

ミドル級では9月15日、サウル・カネロ・アルバレス(28=メキシコ)が、8年間に20度の防衛を誇ったゲンナディ・ゴロフキン(36=カザフスタン)を僅差の判定で破ってWBAスーパー王座とWBC王座を獲得したばかりだ。そのアルバレスは12月15日に1階級上のスーパーミドル級でWBA王座に挑戦することが内定しており、その結果しだいでは転級も考えられる状況といえる。

こうしたなか20日にWBAとWBOのミドル級タイトルマッチが行われるわけだが、2試合ともすんなりと挙行にこぎ着けたわけではない。村田対ブラントはWBAが義務づけたカードで、8月には興行権入札が行われたが、村田側は参加せず、ブラント側が落札。

一時は村田が王座を返上する可能性まで浮上したが、その後、両陣営が条件合意に達したという経緯がある。

それ以上に慌ただしかったのがWBOタイトルマッチだ。サンダースのドーピング違反が表面化したのが9月下旬で、試合を管理するマサチューセッツ州のコミッションがサンダースの出場を不可と決めたのが試合10日前のことだった。これを受けサンダースに挑戦する予定だったアンドレイドは、待機状態にあった2位のカウトンドクワと暫定王座決定戦を行うことが決定。その後、11日になってサンダースが王座を返上したためアンドレイド対カウトンドクワ戦が正王座の決定戦になったという経緯がある。

アンドレイドは08年北京五輪ウェルター級ベスト8の実績を持ち、プロではスーパーウエルター級でWBO王座とWBA王座を獲得している。身長185センチ、リーチ187センチの大柄な技巧派サウスポーで、25戦全勝(16KO)と負け知らずだ。カウトンドクワは5年前のデビュー戦で判定勝ちのあと16連続KO中の強打者だが、世界的強豪との対戦経験は皆無で、アフリカ大陸を出て戦ったこともない。17戦全勝(16KO)とKO率は高いが、実力そのものは未知といえる。順当にいけばアンドレイドが2階級制覇を成し遂げそうだが、カウトンドクワがKOで戴冠を果たすようなことがあるとミドル級トップ戦線は大荒れ状態に陥る可能性もある。

村田対ブラント、そしてアンドレイド対カウトンドクワ。日本時間の21日、米国からどんなニュースがもたらされるのだろうか。

稽古が楽しそう 秋巡業に見た稀勢の里の余裕

稀勢の里(2018年10月5日撮影)

9月の秋場所を10勝5敗で9場所ぶりに皆勤した、横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が、現在行われている秋巡業で精力的に稽古を重ねている。

秋巡業は10月3日に開始。栃木・足利市で行われた5日に、前頭隆の勝にぶつかり稽古で胸を出し、秋巡業で初めて稽古土俵に上がった。甲府市で行われた10日には、前頭佐田の海を相手に三番稽古を行い、相撲を取る稽古も再開。佐田の海には10番取って全勝だったが、付け入る隙を与えない完勝ばかりだった。

佐田の海とは、秋場所前の夏巡業中にも何日も胸を合わせ、勝敗では常に圧倒していた。だが内容では、必ずといっていいほど、何番かは一方的に敗れることもあった。勝敗で圧倒していたのも、稀勢の里の方が34キロ重い体格差を生かした「体力勝ち」の部分が大きかった。だが甲府市では、低く鋭い立ち合いから左を差し、腰が高くなる悪癖ものぞかせず、相手に何もさせずに寄り切る相撲が目立った。

横綱相撲の理想とも言われる、相手を受け止めつつ先手を奪っている「後の先」の域に達するまでには至っていないかもしれない。それでも、私が以前担当していた7、8年前、主に三役として大関を目指していたころのように、ガムシャラに強さを求めていたころと同じように映った。相撲好きの少年がそのまま大人になったような、若々しさ、いきいきとした雰囲気が全身から出ていた。

8場所連続休場から進退を懸けて臨んだ秋場所、さらにその前の夏巡業では、明らかにピリピリと張り詰めた空気をかもし出していた。それが今回の巡業では、自ら明るい雰囲気をつくって報道陣と談笑することまである。足利市での巡業では、隆の勝に約8分間もぶつかり稽古で胸を出した後に「新聞だと『軽めの調整』って書かれちゃうのかな。よく『軽めの調整』『軽めの稽古』って書かれるけど、四股やすり足だけでも軽くないんだから。1度やってみる? そうしたら軽くないんだなって分かるでしょ」と、笑って話していた。何度も隆の勝にぶつかられ、胸を真っ赤に腫らしながらも冗談っぽく話せるほど、心身ともに余裕が出てきた。

秋場所千秋楽後に行われたパーティーでは、後援者らに向けて「優勝争いはかなわなかったですが、また来場所、もっともっと強くなって優勝争いに絡み、また、いい報告をできるように一生懸命頑張ります」と宣言した。懸念された相撲勘が戻りきらない中で、秋場所は2ケタ勝った。そこに上積みする形で、秋巡業ではその後、関脇御嶽海らとも稽古を重ねている。何より、稽古が楽しそうだ。同じ相手と立て続けに何番も取る、本来は体力的にきつい三番稽古でさえ“軽めの調整”に見えてしまうほどの余裕が見える。表情にも明らかに自信が戻ってきた。稀勢の里が、再び優勝争いの中心に戻ってくる日は、遠くないかもしれない。

【高田文太】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

Cody、前王者アルディスに敗れNWA王座陥落 

Cody(2018年10月8日撮影)

<米プロレス:NWA70周年記念大会>◇20日(日本時間21日)◇米テネシー州ナッシュビル・フェアグラウンズ・スポーツアリーナ

新日本プロレスのIWGP・USヘビー級王座とNWA世界同級王座を保持する2冠王者Cody(33=米国)がNWA王座から陥落した。

前王者ニック・アルディスと3本勝負の防衛戦に臨み、お互いに1本ずつ奪った後、最後の3本目でCodyが丸め込みを返されて3カウントを奪われ、王座を失った。老舗団体の記念大会でもあり、会場には歴代王者となるドリー・ファンクJr.(77)やWWE殿堂入りも果たしているジェフ・ジャレット(51)らも来場していた。

Codyは9月1日のシカゴで開催した自主興行「オール・イン」でアルディスを下して王座を獲得し、親子2代で同王者となっていた。なお王座保持期間は50日間だった。

(デーブ・レイブル通信員)

ファンの声に「いいよ」二所ノ関親方の写真

10日、名古屋場所の会場に姿を見せた二所ノ関親方

 昨年10月に頭部を手術した二所ノ関親方(61=元大関若嶋津)が、3日目に取材に対応した。一時は意識不明の重体で、安否を気遣うファンの声は多数。名古屋場所の会場内を、つえなどを使わず自力で歩く中、そんなファンの声を伝えると、二所ノ関親方は「そうか、いいよ」と、写真撮影に快く応じた。手術後、初めての取材対応だった。

 実は3月の春場所前の時点で、会話もできるほど回復していた。だが、それが知れ渡ると、見舞客が後を絶たなくなる可能性があった。当時、ある部屋関係者に「話せるとはいっても、まだ流ちょうではないし、体力を使うので、その情報を出すのは控えてほしい。親方は気を使う人。見舞いに来てくれた方には、一生懸命応対してしまうから」と言われた。見舞客の応対で体調を悪化させては本末転倒。記者失格かもしれないが静観することにした。

 今回、二所ノ関親方が取材に応じたと複数の部屋関係者に伝えると、いずれも「ぜひ報じてください」と返答された。自転車で転倒した際に左脳を強く打ち、右半身はやや反応がにぶいという。だが補助付きではない普通のはしも使いこなし、家族との散歩が日課で稽古にも顔を出すという。部屋関係者の明るい対応に、今後のさらなる回復を確信した。【高田文太】

井上尚弥「対策を練る」対戦決まったロドリゲスに

IBF世界バンタム級王者ロドリゲス(右から2人目)と向き合うWBA世界同級王者井上(大橋ジム提供)

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)に参戦中のWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)は、来春予定の準決勝(米国開催濃厚)でIBF世界同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)と対戦することが決まった。

20日(日本時間21日)、米オーランドでロドリゲスが同級3位ジェイソン・マロニー(27=オーストラリア)に2-1で判定勝ちし初防衛に成功。試合を視察していた井上はリングに上がり、IBF王者とにらみ合った。

「来年戦うことを楽しみに、ワクワクしています」とリング上で自身初の2団体統一戦に臨める喜びを口にした井上は、視察後に「期待していたファイトに到達していなかった。前半のキレ、鋭いカウンター、そこを含めて対策を練っていきたい」と淡々と話した。また大橋会長は「とても強い王者の印象に変わりはない」と警戒していた。

WBOはアンドラーデ…次々変わるミドル王者顔触れ

WBOミドル級王者となったアンドラーデ(AP)

<プロボクシング:WBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦>◇20日(日本時間21日)◇ラスベガス・パークシアター

WBA世界ミドル級王者村田諒太(32=帝拳)が完敗で王座から陥落した。2度目の防衛戦で同級3位ロブ・ブラント(28=米国)に0-3(110-118、109-119×2)の判定負けを喫した。

村田-ブラント戦と同じ20日、米ボストンでWBOミドル級王座決定戦も行われ、1位アンドラーデ(米国)が2位カウトンドグワ(ナミビア)を下して新王者になった。薬物違反でサンダース(英国)が返上した王座だった。

9月にはアルバレス(メキシコ)がWBAスーパー、WBO同級王者ゴロフキン(カザフスタン)を下したばかり。そのゴロフキンが剥奪されたIBF同級王座は今月27日、1位デレイビャンチェンコ(ウクライナ)-3位ジェイコブス(米国)で争われるなど、ミドル級王者の顔ぶれが変わりつつある。

12回を戦い終え、ガッツポーズをする挑戦者ブラント(右)を前にぼう然と立ちつくす村田(撮影・菅敏)

最速3階級王者ロマチェンコ、リナレス再戦否定せず

笑顔で取材に応じたロマチェンコ

史上最速で3階級を制したWBA世界ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(30=ウクライナ)が20日(日本時間21日)、米ラスネガスのパークシアターで取材に応じた。

WBA世界ミドル級タイトルマッチが行われる会場で、前座に出場する選手の応援のために来場していた。WBO同級王者ホセ・ペドラザ(29=プエルトリコ)の統一戦が12月8日(日本時間9日)にニューヨーク州で開催される。

5月12日にWBA世界ライト級タイトルマッチで王者ホルヘ・リナレス(帝拳/ベネズエラ)に10回KO勝ちして、12試合目での3階級制覇を遂げた。「光速対決」と銘打たれた通り、無類のスピードと技術が交錯した一戦は、今年の年間最優秀試合候補に挙げられる。6回にはリナレスの近距離からの右ストレートを顔面に受けてプロ初ダウンを喫したが、「とても興味深い戦いで、興味深い選手だった。(ダウンも)大きな経験になった。楽しかったよ」と振り返った。再戦の可能性についても「問題ないよ」と否定しなかった。

試合で痛めた肩の調子は良く、12月に向けて「十分な休養も取ったし、スタイルのチェックと、気持ちの整理をしたい」と述べた。日本のファンへのメッセージを求められると、「いつも見てくれてありがとう。コンニチハ」と笑顔をみせた。

西岡利晃氏「ブラントをほめるべき」香川照之も称賛

WBA世界ミドル級タイトルマッチ 12回、顔面に挑戦者ブラントのストレートを受ける村田(撮影・菅敏)

<プロボクシング:WBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦>◇20日◇ラスベガス・パークシアター

ボクシングWBA世界ミドル級王者村田諒太(32=帝拳)が、20日に米ラスベガスで2度目の防衛に失敗した。

DAZNが独占生中継したが、東京のスタジオで観戦したゲスト2人は、苦渋に満ちた顔で王座を奪ったロブ・ブラント(28=米国)を評価した。

元WBC世界スーパーバンタム級王者西岡利晃氏(42)は「ブラントをほめるべき試合だった。よく研究していて、万全の準備をしてきていた。彼には最高の試合だった」と話した。

タレントでボクシング通の香川照之(52)は「ブラントのスタミナが落ちると思っていたが、それが最後まで落ちなかった。ブラントがよかった」とほめていた。

WBA世界ミドル級タイトルマッチ 12回を戦い終え、コーナーに戻り、厳しい表情を見せる村田(撮影・菅敏)

井上「楽しみ」ロドリゲス戦後リング上がり健闘誓う

IBF世界バンタム級王者ロドリゲス(右から2番目)と向き合うWBA世界同級王者井上(左から2番目)(大橋ジム提供)

<ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)1回戦:IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦> ◇20日(日本時間21日)◇米フロリダ州オーランド・CFEアリーナ

王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)が2-1の判定で同級3位ジェイソン・マロニー(27=オーストラリア)を下し、初防衛に成功した。

試合を視察していたWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が、リングに上がって準決勝で対戦することになったロドリゲスと健闘を誓い合った。

試合後、プロモーターのカレ・ザワーランド氏の立ち会いのもと、ロドリゲスと対峙(たいじ)した井上は「今日はおめでとう」と祝福。その上で「来年戦うことを楽しみに、ワクワクしています」と自身初の2団体統一戦に臨める喜びを口にした。今回の視察ではWBSSからのインタビューにも応じ「ロドリゲスと準決勝で対戦できることを楽しみにしている。いつもKOは公言していないが、心の中ではいつも考えている」と口にしていた。

IBF世界バンタム級王者ロドリゲス(右から2番目)とリング上で対面するWBA世界同級王者井上(左から2番目)(大橋ジム提供)
WBSSプロモーターのザワーランド兄弟(左2人)とリングサイドに座るWBA世界バンタム級王者井上(左から3番目)と大橋会長(大橋ジム提供)

大橋会長「パワー感じた」井上と対戦ロドリゲス警戒

リングサイドで大橋会長(右)とロドリゲス-マロニー戦を視察するWBA世界バンタム級王者井上尚弥(大橋ジム提供)

<ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)1回戦:IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦>◇20日(日本時間21日)◇米フロリダ州オーランド・CFEアリーナ

王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)が2-1の判定で同級3位ジェイソン・マロニー(27=オーストラリア)を下し、初防衛に成功した。

これでWBA世界同級王者井上尚弥(25=大橋)は、来年2月にも米国で開催が予定されるWBSS準決勝ででIBF王者ロドリゲスと対戦することが決まった。

井上とともに試合視察した所属ジムの大橋秀行会長(53)は判定勝利となったロドリゲスについて「右のカウンター、左のカウンターとスピードとパワーを感じました」とあらためて警戒。戦前からロドリゲスの勝利を予想していたこともあり「とても強いチャンピオンの印象に変わりはありません」と気持ちを引き締めていた。

WBSSプロモーターのザワーランド兄弟(左2人)とリングサイドに座るWBA世界バンタム級王者井上(左から3番目)と大橋会長(大橋ジム提供)