上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

ヘビー級統一王者と前王者再戦 再び番狂わせあるか

ヘビー級の3団体統一王者のアンディ・ルイス(29=米)と、前王者アンソニー・ジョシュア(29=英)のダイレクト・リマッチが12月7日、サウジアラビアの首都リヤド近郊のディリヤで行われることになった。両者は今年6月1日に米国ニューヨークで対戦し、圧倒的不利とみられたルイスが最初のダウンから立ち上がって4度倒し返し、7回TKO勝ちで戴冠を果たしている。ジョシュアが雪辱を果たすのか、それともルイスが返り討ちにするのか。この注目の試合には「CLASH ON THE DUNES(砂丘の激突)」というイベント・コピーがつけられている。

今年6月の初戦は、ジョシュアに挑戦するはずだった選手がドーピング違反で出場不可能となり、代役としてルイスに白羽の矢が立った経緯があった。試合まで1カ月を切った時点でのことだった。ルイスは33戦32勝(21KO)1敗という好戦績を残していたが、22戦全勝(21KO)の3団体王者には歯が立たないと見られていた。戦前のオッズは16対1でジョシュア有利というものだった。

はたして3回、ジョシュアの左フックでルイスがダウン。ダメージは深刻ではなかったが、関係者やファンの多く、そしてジョシュア自身もそのまま王者のペースで試合が進むと思ったはずだ。ところがジョシュアが仕留めにかかったことで両者の距離が縮まり、これを機に戦況が一変。寸胴体型のルイスの回転の速い連打が筋骨隆々の王者を捉え、たちまちジョシュアから2度のダウンを奪う。7回、さらにルイスはジョシュアから2度のダウンを奪いTKO勝ちを収めた。

再戦の舞台としてはニューヨークや英国など複数の会場が候補に挙がっていたが、サウルアラビアの投資家グループが1億ドル(約106億円)を提示してイベントを誘致したと伝えられる。

ところで、ヘビー級では過去にも何度か大番狂わせが起こってきた。1978年には10対1で有利とみられたモハメド・アリ(米)がレオン・スピンクス(米)に敗れ、1990年には東京ドームでマイク・タイソン(米)がジェームス・ダグラス(米)に10回KO負けを喫したこともあった。このときのオッズは42対1だった。2001年には9度の防衛を重ねていた絶対王者、レノックス・ルイス(英)が20対1で有利とみられていたにも拘らずハシム・ラクマン(米)に5回KOで敗れる大波乱もあった。アンディ・ルイスの殊勲はレノックス・ルイス対ラクマン以来の衝撃だったといえる。

ただ、興味深いデータもある。アリは7カ月後の再戦でスピンクスに雪辱を果たして王座を奪回。再戦ではないが、タイソンに勝ったダグラスは8カ月後の初防衛戦でイベンダー・ホリフィールド(米)にあっさり3回KO負けを喫してしまう。レノックス・ルイスは7カ月後、ラクマンとの再戦で4回KO勝ちを収め王座を取り戻しているのだ。ちなみにアリ対スピンクス再戦、レノックス・ルイス対ラクマン再戦のオッズはいずれも5対2

で前王者有利。ダグラス対ホリフィールドは9対5で挑戦者有利と出ていた。そして実際の試合もそのとおりの結果に落ち着いている。

アンディ・ルイス対ジョシュア再戦のオッズは11対4でジョシュア有利と出ている。「初戦はあくまでもジョシュアのポカ、今度こそ実力どおりの結果になるだろう」という予想が大勢を占めているのだ。再び番狂わせが起こるのか、それともジョシュアが主役の座に返り咲くのか。年末が待ち遠しい。

頑張ってほしい“おっさん”32歳栃煌山

栃煌山(2016年9月11日撮影)

年は取りたくない。名古屋場所が終わり、大阪に戻って家で朝起きたら、右肩が痛い。肘を曲げても、前後左右、どっちに腕を振っても脂汗をかくほど痛い。我慢できず病院に行った。「先生、これって、いわゆる50肩ですか?」。すると即答で「そうですよ。気をつけてくださいね」。…気をつけるも何も、寝てただけやのに…。54歳にもなると、若い頃には想像もせんかったことが起こるもんです。

そう言えば碧山がよく年のことを口にします。「僕もう、おっさんですよ、おっさん」。いやいや、まだ33歳やん。「そうですよ、もう33歳ですよ。おっさんですよ」。…相撲の世界では確かにそうか。

体重150キロ以上が当たり前の関取衆は、一般人には想像もつかん負担を体に掛け続けてます。毎日稽古して、年に6場所、計90日もガツンと相撲をとってるわけで程度の差こそあっても膝、腰、首と体中を痛めてします。おまけに場所の合間は巡業で全国行脚。バス移動がほとんどやけど、これがまたきつい。何せ、あの巨体です。長時間座ったままやと腰に来るしね。そうなると、ゆっくりけがを治す暇もない。

今、頑張ってほしい、心配に思う“年頃”のお相撲さんが何人かいますが、32歳の栃煌山もその1人です。

07年春場所の新入幕から幕内の座を74場所守ってきた。ちなみに現役では白鵬の91、琴奨菊の85、鶴竜の76に次ぐ4番目の記録やから、すごいことです。ところが、東前頭12枚目で迎えた名古屋場所は5勝10敗と負け越した。秋場所の幕内キープは微妙な状況です。

彼はすごく真面目です。朝稽古では全体メニューが終わった後、居残りで付け人相手に立ち合いの確認をするのがルーティン。最近は自分の“軽さ”が気になっているようで「踏み込み、立ち合いの低さ、強さ」を求めて、四股、てっぽう、すり足、股割りといった相撲の基礎稽古を見直す日々を送っています。186センチ、156キロの体は、大型化が進む角界ではむしろ小柄の部類に入りつつあるのも事実。名古屋場所では「1歩目はよくなってきたんですけど、まだ2歩目以降でなかなか力が(相手に)伝わらない」とこぼしてました。

もう2歳になる長女稟(りん)ちゃんがいます。「パパって呼んでくれるようになったんですけど、僕やなく、壁に貼ってる僕のカレンダーを指さして“パパ、パパ”言うんですよね」。稟ちゃんが物心ついて、はっきり「パパ」とわかるまで、三役の常連やった“強い栃煌山”であるために、あと一踏ん張りも二踏ん張りもせなあきません。

私たちマスコミはどうしても新鮮な若手、新顔に飛びつきがちです。でも、いわゆる“おっさん”つまりベテランが強くて初めて、若手も輝く。栃煌山のような踏ん張りどころのお相撲さんに注目して、ぼちぼち秋場所取材の準備を始めようかと思ってます。50肩を治してから。【加藤裕一】

(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

衝撃KO負け堀口恭司、右パンチ「全然覚えてない」

朝倉に敗れコーナーでぼうぜんとする堀口(撮影・前岡正明)

<RIZIN18>◇18日◇愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

アウトサイダー上がりの格闘家朝倉海(25)がRIZIN、ベラトールの総合格闘技2団体同時世界王者堀口恭司(28)をKOで下し、地元愛知で金星をあげた。

堀口が初めてのKO負けを喫した。1発目の右のパンチをくらった後は「全然覚えてない」。相手のカウンター狙いは想定内だったが「一瞬の隙をつかれた」と反省。すがすがしい表情で朝倉に「ありがとうと言いたい」と話し「またベルトをかけて戦い、そこでしっかり勝つ」とリベンジを誓った。

堀口(右)を攻める朝倉(撮影・前岡正明)

アウトサイダー朝倉海、ダイナマイトに学び堀口KO

堀口(左)を破って喜ぶ朝倉(撮影・前岡正明)

<RIZIN18>◇18日◇愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

アウトサイダー上がりの格闘家朝倉海(25)がRIZIN、ベラトールの総合格闘技2団体同時世界王者堀口恭司(28)をKOで下し、地元愛知で大金星をあげた。

1回、カウンターで右のストレートをヒットさせ、堀口をよろめかせる。そのままラッシュでパンチとキックをたたみかけ、2冠王者堀口を沈めた。事件が起きた。4カ月前からボクシング元WBA世界スーパーフェザー級王者内山高志氏の元でパンチの技術を学び、1発の威力も以前より増していた。朝倉は「勝てないって言った人多かったけど、そんなことなかったでしょ」とうれしそうに客席を眺めた。

すべて想定内だった。右のカウンターが決まったのも「作戦通り」。さらに「当たっても1発で倒れないと分かっていた」。セコンドについた兄未来の「柔らかく冷静に戦えば勝てる」との助言通り、緻密な攻めで勝利を引き寄せた。対戦を受けてくれた堀口に感謝した上で「もう1回戦うのが筋。大みそかにベルトをかけて戦いたい」と再戦を熱望した。今回用意した作戦は「ほんの一部しか出してない。温存できた」とニヤリ。再びの勝利で伝説をつくる。【高場泉穂】

RIZIN18 堀口恭司対朝倉海 堀口恭司(右)に右を放つ朝倉海(撮影・前岡正明)

40歳パッキャオ 敗北=引退の団体統一戦に挑む

6階級制覇の実績を持つスーパースター、WBA世界ウエルター級王者のマニー・パッキャオ(40=比)が20日(日本時間21日)、米国ネバダ州ラスベガスで同じWBAウエルター級のスーパー王者、キース・サーマン(30=米)と拳を交える。試合はWBA団体内の統一戦として行われる。フィリピンの上院議員でもある40歳のパッキャオにとっては、敗北=引退を意味する重要な戦いとなる。

パッキャオは19キロもの体重の壁を破って32歳になる直前に6階級制覇を成し遂げたが、以後はライバルのファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)に失神KO負け(12年12月)を喫したり、フロイド・メイウェザー(米)との世紀の一戦で敗れたり(15年5月)と、かつての勢いは影を潜めていた。2年前、世界的には無名だったジェフ・ホーン(豪)に12回判定負けを喫してWBO世界ウエルター級王座を失ったときは、多くの関係者やファンが引退のタイミングが来たと思ったほどだった。

しかし昨年7月、1年ぶりのリングで歴戦の強者、ルーカス・マティセ(亜)から3度のダウンを奪って7回TKO勝ちを収めて現在の王座を奪い、世界王者として18年12月に40歳の誕生日を迎えた。フライ級での初戴冠が19歳で、スーパー・バンタム級、スーパー・フェザー級、ライト級で王座獲得を果たした20代を経て、30代前半にウエルター級とスーパーウエルター級も制覇。その結果、10代、20代、30代、40代で世界王者という前人未到の記録を樹立した。早熟かつ晩成という、スポーツ選手だけでなく誰もが羨むようなことをやってのけたわけだ。16歳でプロデビューしてから24年、パッキャオにとってはこれが71戦目となる(61勝39KO7敗2分)。

一方のサーマンも実績十分の実力者だ。12年のキャリアで30戦29勝(22KO)1無効試合の戦績を残しており、6年前にWBA世界ウエルター級暫定王座を獲得後、正王者からスーパー王者に昇格しながら8度の防衛をこなしてきた。左フックや右クロスはタイミングが抜群で破壊力もある。73パーセントのKO率はパッキャオの56パーセントを大きく上回っている。ただ、直近の3年ほどは王者経験者など手強い相手と苦戦続きで、加えて右肘を手術したり左拳を痛めたりしたため活動が不活発だった。今年1月、約2年ぶりにリングに上がったが、格下相手に苦戦を強いられた。

オッズは4対3でサーマン有利という数字でスタートしたが、試合が近づくにつれて13対10、6対5、8対7、12対11、20対19と接近。7月に入ると11対10でパッキャオ有利に逆転した。これでも分かるように、両者の総合力は拮抗しているとみられている。それだけに試合当日のコンディションや戦術が勝負を分けるカギになりそうだ。サウスポーのパッキャオはいつものように揺さぶりをかけながら踏み込んで左ストレートを狙うものと思われる。これに対しサーマンがどう迎え撃つか。右ストレートのカウンターがクリーンヒットすれば6階級制覇王者も立っていられないだろう。逆にパッキャオの左ストレートか左ボディブローが絶妙のタイミングで命中すれば、サーマンが膝を折るシーンが見られるかもしれない。

経験値の高い世界王者同士の試合だけに、駆け引きを含め初回から目の離せない攻防が展開されそうだ。

イバン・ホリフィールドは偉大な父に追いつくことができるのか

クルーザー級とヘビー級で世界王者になったイベンダー・ホリフィールド(56=米)の息子、イバン・ホリフィールド(21=米)がスーパーウエルター級のプロボクサーとしてスタートすることになった。24日、トレーニング拠点のある米国テキサス州ヒューストンで発表したもので、親子での世界王者を目指す。

父ホリフィールドは84年ロサンゼルス五輪銅メダリストで、プロ転向後は1年8カ月でWBA世界クルーザー級王者になり、統一戦でIBF王座とWBC王座も獲得。その後、ヘビー級に階級を上げ、90年10月にジェームス・ダグラス(米)を3回KOで屠って2階級制覇を成し遂げた。ジョージ・フォアマン(米)やラリー・ホームズ(米)らを退けて3度の防衛を果たしたが、リディック・ボウ(米)に敗れて王座を失った。96年11月にはマイク・タイソン(米)に11回TKO勝ちを収めてヘビー級で3度目の戴冠を果たし、翌年の再戦では耳を噛みちぎられたが、相手の失格(反則負け)によって防衛に成功。37歳のときに4度目の王座につき、ヘビー級では最多の戴冠記録をつくった。

身長189センチ、体重100キロ前後と最重量級では小柄な方だったが、ハートの強さと戦術でカバーし、ボウとの3試合やタイソンとの初戦など数々の名勝負を残した。5度目の戴冠を目指して48歳まで戦い続け、27年間で57戦44勝(29KO)10敗2分1無効試合の戦績を残して引退した。

イバンは11人きょうだいの6番目で、アマチュアで85戦70勝15敗の戦績を収めている。154ポンド(約69.8キロ)が体重リミットのスーパーウエルター級にあって身長185センチと体格に恵まれている。プロ転向に際しては父親と同じメインイベンツ社とプロモート契約を結び、同じく父親がコンビを組んでいたコンディションニング・コーチの指導を仰いでいる。現時点ではデビュー戦は未定だが、イバンは「私を支えてくれるチームに感謝したい。世界チャンピオンというゴールを目指して日々努力していく」と決意を口にしている。

ただ、130年を超える近代ボクシングの歴史上、兄弟の世界王者が30例を超しているのに対し親子の世界王者はエスパダス親子、スピンクス親子、バスケス親子、チャベス親子、アリ親娘、ユーバンク親子の6例しかない。年齢が近いため切磋琢磨しながら同じ目標を目指せる兄弟と異なり、20歳~30歳の年齢差がある親子となると環境や価値観に大きな違いが出てくる。そのあたりが数字に表れているのではないだろうか。現にジョー・フレージャー(米)、ロベルト・デュラン(パナマ)、カルロス・サラテ(メキシコ)、アーロン・プライアー(米)といった歴史に名を刻む名王者の息子たちも父親の背中を追いかけたが果たせなかった。

イバン・ホリフィールドは偉大な父親に近づき、いつの日か追いつくことができるのだろうか。

女王浜崎朱加「ノンタイトルだからこそ」鮮やか快勝

アム・ザ・ロケットを破った浜崎朱加(撮影・前岡正明)

<RIZIN18>◇18日◇愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

RIZIN女子スーパーアトム級王者浜崎朱加(37)がアム・ザ・ロケット(23=タイ)を1回3分29秒腕ひしぎ十字固めで下し、女王の強さを見せつけた。

1回、激しい攻防からすぐにグラウンドになだれ込む。1度はアムにマウントを取られ窮地に追い込まれたが、すぐに体を翻し、上のポジションを取り返した。そのまま腕を取って、ねじるように絞め上げ、勝負を決めた。相手のアムはムエタイで80戦以上の戦績を持ち、柔術も黒帯。強靱(きょうじん)な体を持つ強敵だったが、浜崎のうまさが上回った。

浜崎は「ノンタイトルだからこそ負けられないと思った。強い選手を呼んでいただいて、勝ててほっとしてます。スーパーアトム級には強い選手が集まってきているので、防衛していきたいと思います」と声を弾ませた。

アム・ザ・ロケットを破った浜崎朱加(撮影・前岡正明)

浅倉カンナ連敗ストップ ファンからの声援に涙も

1R、アリーシャ・ザペテ(左)にパンチを放つ浅倉カンナ(撮影・前岡正明)

<RIZIN18>◇18日◇愛知・ドルフィンズアリーナ◇総合5分3回、肘あり49キロ契約

浅倉カンナ(21)がアリーシャ・ザペテラ(24=米国)を2-1の判定で下し、2連敗からの復活白星をあげた。

昨年12月の浜崎朱加との同王座戦に敗れ、4月の山本美憂戦でも判定負け。RIZIN2連敗を喫した。今回の相手ザペテラは前回対戦した山本と同じレスリング出身。しかも20年東京五輪出場を狙う現役トップ選手。前回の屈辱を想起しそうな状況でも、浅倉はひるまなかった。

序盤から打撃で果敢に攻め、2回もテークダウンを狙う相手をうまくかわし、パンチでプレッシャーをかけ続ける。最終3回にはタックルでコーナーに押しつけられるなどヒヤリとする場面もあったが、すぐ立ち上がりハイキックで反撃。左ストレートをあてるなど最後まで打撃中心で攻め、相手の得意なグラウンド勝負に持ち込ませなかった。

試合後、浅倉はリング上で「正直試合内容はパッとしなかった。こうしてマイク持つのは久々でうれしいです」と感慨深く話し、「前回(山本)美憂さんに負け、(階級で)一番下になったんですけど、ここからはい上がっていきます」と明るく宣言した。退場時にはファンからの声援に思わず涙した。【高場泉穂】

ファンにあいさつする浅倉カンナ(撮影・前岡正明)

朝倉海が金星2冠王者堀口恭司にKO勝ち「感謝」

試合後、写真に納まる朝倉海(左)堀口恭司(撮影・前岡正明)

<RIZIN18>◇18日◇愛知・ドルフィンズアリーナ◇総合5分3回肘あり61キロ契約

事件が起きた。アウトサイダー上がりの格闘家朝倉海(25)がRIZIN、ベラトールの総合格闘技2団体同時世界王者堀口恭司(28)をKOで下し、地元愛知で金星をあげた。

1回、カウンターで右のストレートをヒットさせ、堀口をよろめかせる。そのままラッシュでパンチとキックをたたみかけ、2冠王者堀口を沈めた。朝倉は「勝てないって言った人多かったけど、そんなことなかったでしょ」と笑顔で勝利を喜んだ。

すべて想定内だった。右のカウンターが決まったのも「右を合わせるという作戦だったので作戦通り」。さらに「当てられるのは想定していたので、その後冷静に戦おうと心がけていました」。セコンドについた兄未来からの「柔らかく冷静に戦えば勝てる」の助言通り、緻密な作戦を実行し、勝利を引き寄せた。

「無理だっていって、挑戦しないんじゃなくて、挑戦することの大切さをたくさんの人に伝えたかった」と朝倉。世界屈指の実力を持つ堀口をKOで倒せたことで大きな自信を得た。試合後にはすぐ堀口にかけより、膝をついて頭を下げた。「メリットはなかったと思うので、盛り上げてくれるために受けてくれて感謝しています」とあらためてリスペクトを口にした。

約8カ月ぶりの実戦。しかも相手は過去最強の相手堀口。下馬評では不利とみられる中、「死んでもいい」と覚悟を決めてこの一戦に臨んだ。戦いに飢えていた。17年にRIZINデビューして以来、昨年の大みそかまで4連勝していたが、今年4月は相手の負傷により試合が流れ、6月は自身が試合直前に眼窩(がんか)底骨折。ドクターストップで欠場した。

この間、基礎を見つめ直した。13年から「アウトサイダー」で活躍してきたが、打撃技術は「自分なりに考えてきた」という独学。4カ月前からはボクシング元WBA世界スーパーフェザー級内山高志氏の門をたたき、パンチのフォームを一から学んだ。パンチだけでなく、あらゆる面で技術を向上させ、自信を持ってリングにあがっていた。「成長した部分は計算できないはず。パニックになると思う」と話していた通り、変化した姿で堀口とファンを驚かせ、価値ある勝利をつかんだ。【高場泉穂】

堀口(右)を攻める朝倉(撮影・前岡正明)

那須川天心バースデーあいさつ「どんどん活躍する」

誕生日にファンにあいさつする那須川天心(撮影・前岡正明)

<RIZIN18>◇18日◇愛知・ドルフィンズアリーナ

この日21歳の誕生日を迎えた“キックボクシング界の神童”那須川天心(21)が、休憩時間にリングにあがってあいさつした。

9月16日に幕張メッセで行われる立ち技世界一を決めるRISEWORLD SERIES決勝に向け、「全力を注いで頑張ってきた」と話し、「そこをクリアしたらRIZINにあがって、盛り上げたい」と6月の16大会以来となる参戦を約束した。

さらに自ら「僕の誕生日なんですよ。RIZINの試合の日に誕生日を迎えるなんてもってますよね」とアピール。「おめでとう、って言ってもらえたらすごいうれしいです。21歳の那須川天心もどんどん活躍するんで、応援よろしくお願いします。最高の誕生日になりました」と話し、拍手喝采を浴びた。

誕生日にファンにあいさつする那須川天心(撮影・前岡正明)